576 : プロデューサー殿   2018/12/23 20:14:05 ID:C70AgD2sog

じゃあ色んな意味で大成功ってことで



未来「……おおっ、なんか今まで作ったどのドリンクよりも上手くできた気がする…!」

未来「見た目もいいし匂いも…うん、ほのかなハチミツの香り。あとは味さえ良ければ…」ゴク…

未来「………お、美味しいっ!もう完璧じゃん!こんな完璧に作れたこと今までないよ、まさに最高傑作!」

未来「でへへ~これならみんな喜んで飲んでくれるよね。早速水筒に詰めてっと」

未来「う~…けっこう早いけどもう劇場に行っちゃおう!とにかくこの最高傑作を誰かに飲ませたーいっ!」ドタドタ…

父「ふぁ~朝からやかましい子だなまったく…」

未来「あ、お父さんおはよっ。ミキサーにジュース余ってるから飲んでいいよ。行ってきまーす!」

父「余り物か…そこはお父さんのためにとか言ってほしかったなぁ…」

~~

静香「行ってきます。今日は遅くなるから」

母「晩御飯はどうするの?」

静香「向こうで食べてくる」

母「じゃあこれ持って行きなさい」

静香「え…お金なんて別に」

母「子供が遠慮しないの。せめてジャンクフードなんかじゃなくいいお店で食べてちょうだいね」

静香「…いらないってば。打ち上げで済ますから」

母「打ち上げ?」

静香「ライブの打ち上げ。アイドルの」

母「あぁ、そういうこと」

静香「…一応、私も出演で」

母「ご馳走になったお礼だけはきちんとなさいね」

静香「……わかってるわ。行ってきます」


静香(…少しもライブの事、触れてくれないのね。当然っちゃ当然か)

静香(別に、だからどうしたってことも無いけど。親の応援なんて…)チラ


父「…」ペラ…


静香「…」


ガチャ…バタン