杏奈、甜花、杏の無人島0円生活
1 : 我が友   2019/04/22 19:21:26 ID:fXmecCU.7A
765P「テレビの仕事が来たけど杏奈しかスケジュール空いてないな」
346P「テレビの仕事が来たけど杏しかスケジュール空いてないな」
283P「テレビの仕事が来たけど甜花しかスケジュール空いてないな」

Ps「ま、いっか。喜んでお受けいたします、と」
30 : 高木の所の飼い犬君   2019/04/23 10:59:08 ID:HSKQHVniHE
876なら絵理ちゃんを寄越そう
あの子電波の届かない所に行くとダメになるから
31 : Pさぁん   2019/04/23 11:24:51 ID:U9wl5h5042
お前ら舐花ちゃんナメすぎだろ
やれば出来る子だぞ(出来るとは言ってない)
32 : Pちゃん   2019/04/23 12:34:16 ID:2NmenvO76k
舐花「む、昔は……石を割って……ナイフを作ってたって……見た!」
杏奈「杏奈も……ゲームで……見ました」
杏「んじゃ、やってみよっか」

舐花「……えーい」

カチン

舐花「割れない……(涙)」


スタジオ有野「大丈夫か、この子ら」
33 : P君   2019/04/23 12:53:35 ID:VBpGdfT5As
黒曜石って、ある場所にはゴロゴロしてるけど、ない場所には無いからな。
34 : 夏の変態大三角形   2019/04/23 13:17:19 ID:nAbwuyWmJk
????「甜花ちゃああああああああああぁぁぁん!むかえにきたよーーー!!!(遠泳)」
35 : 師匠   2019/04/23 20:38:05 ID:C/uNGqWvZo
>>34
お仕事があるって言うたやろがい!
36 : 我が下僕   2019/04/23 20:42:13 ID:Dd30O2OR56
あの二人が仕事ごときで諦めるとでも…?
37 : あなた様   2019/04/23 20:43:54 ID:2NmenvO76k
そもそも泳いで迎えに来たとして

どうやって帰るんだよ
38 : ぷろでゅーさー   2019/04/23 20:55:33 ID:MesA.P3C5U
行きつけの無人島だったら、やよいと伊織が使っている小屋があるはずだ
ただし、食糧・・・
39 : Pちゃま   2019/04/23 21:00:58 ID:aBdtupUcBE
ロケ中のまつり姫が通りすがればイケる!
40 : 兄(C)   2019/04/23 21:26:25 ID:ubj6n4Gk2w
>>37
千雪さんがPにお願いして後からすぐ迎えにくるよ
41 : Pさぁん   2019/04/23 22:01:09 ID:MesA.P3C5U
>>40
そして、Pを置き去りにして帰るよ(ぷちます感
42 : Pしゃん   2019/04/24 00:25:01 ID:LDG0M2yyVU
>>41
やっぱ千雪は薄情な女ばい!
うちがPを迎えに行くばい!
43 : EL変態   2019/04/24 00:28:53 ID:p9wvaQZ4PM
なんでPがロケに着いてきてんだ
44 : 兄(C)   2019/04/24 00:32:04 ID:oPWDlTjQ7M
こうして考えると姫のロケなんかおかしいよなw
45 : P殿   2019/04/24 09:04:23 ID:/sSBpZTE6o
>>38
最悪スペさん踊り食い出来るみたいだから…
46 : プロヴァンスの風   2019/04/24 09:04:30 ID:RXZt8Mt9Q6
>>43
ぷち時空でも無人島(無人島とは言っていない)ロケに着いてきているし
47 : P殿   2019/04/24 09:15:30 ID:rVHij8ahiw
>>42
千雪「恋鐘ちゃん、霧子ちゃんが無人島ロケさせられたらどう思う?」
恋鐘「はぁ〜?そげんこつさせんばい!」
千雪「じゃあ、霧子ちゃんにそんな事をさせたプロデューサーさんは?」
恋鐘「無人島に置き去りばい!・・・はっ」
千雪「そう、これはお仕置きよ」
恋鐘「千雪さんは薄情じゃなかとね、全部プロデューサーが悪いとよ」
48 : ダーリン   2019/04/24 09:47:18 ID:k4/m50PbGE
舐花「川の石に……石をぶつけたら……魚が取れるって……見た!」
杏奈「杏奈も……漫画で……見ました」
杏「んじゃ、やってみよっか」

※石打漁(ガッチン漁)は河川によっては禁止されています。
※今回は特別に許可を得て収録しております。

舐花「……えーい」

カツーン ポチャン

杏奈「……えいっ」

スカッ ポチャン

舐花杏奈「……」(三角座り)

スタジオ有野「この子らほんま大丈夫かなぁ」
49 : Pーさん   2019/04/24 10:35:20 ID:NDNmwZetz6
よし、2日目に土屋アンナ呼ぼう
50 : プロちゃん   2019/04/25 12:21:18 ID:QVX5Czyo/g
杏「もっと大きな石じゃないとだめなんじゃない?」
舐花「!」
杏奈「杏さん……すごい……です」
杏「んじゃ、やってみよっか」

杏「んぎぎぎ……」
舐花「舐花も……手伝う!」
杏奈「杏奈も……手伝い……ます!」

杏&舐花&杏奈「いっ、せい、のーせっ!」

ドスン

舐花「……全然……届かない(涙)」
杏「だねぇ」
杏奈「……」
51 : der変態   2019/04/25 14:08:01 ID:gxs2aQ2wq.
杏「…罠なら」
杏奈「あ、狩りゲーの…?」
舐花「それ!」
52 : ボス   2019/04/25 14:46:17 ID:PEnDhvrOys
>>29
夜の娯楽にはなるだろうし、いい画が撮れそうだとは思うが……
53 : ハニー   2019/04/25 15:23:30 ID:Pdob9lsmqA
>>51
(トラップツールが)ないです
54 :   2019/04/25 19:12:45 ID:KFV8vuqqS6
>>53
杏「雷光虫もゲネポスの麻痺牙もないよ、ネットは…探せばあるかもしれないけど、そもそも動物を狙うのは現実的じゃないと思うよ?」

杏奈「どう…して?」

杏「仮に捕まえられたとして、杏達に解体出来ると思う?」

甜花「……じゃ、じゃあ…お魚?」

杏「まあそうなるよね」
55 : おにいちゃん   2019/04/25 20:17:03 ID:7TigERsrl2
杏「今は・・・まだ潮は引いてるね、海岸を探索しよう」
甜花「???」
杏「海は思ってる以上にゴミだらけなんだよ、漂着したゴミに使えそうな物があるかも」
甜花「!?」キュピーン
甜花「」猛ダッシュ
杏「」
杏奈「」
甜花「杏ちゃああああああん!杏奈ちゃああああああん!ここに・・・いっぱ、い・・・」パタリ
杏「杏奈ちゃん、どうしようか」
杏奈「あのまま・・・は、マズい、よ・・・ね」

甜花ちゃん、体力が尽き気絶
56 : 下僕   2019/04/26 00:27:10 ID:djtKa1SUPE
やる気と意識は高い甜花ちゃん超可愛い
57 : プロデューサーちゃん   2019/04/26 01:00:00 ID:wtk7Sl4mqw
甜花「」ズリズリ…

杏「お…重い(甜花ちゃんを引きずりながら)」ズリズリ

杏奈「下が砂浜で…良かった…ね(同じく甜花ちゃんを引きずりながら)」ズリズリ

杏「疲れた〜ここまでは潮も満ちて来ないよね…今日はここで野宿かなぁ」

杏奈「甜花…さんは何を見つけた…のかな…?」

杏「さあねー…あの後潮が満ちてきちゃったからなー、甜花ちゃんが行こうとしてた辺りも今は海の中…明日甜花ちゃんに聞いてみようよ、それじゃおやすみー」

杏奈「…おやすみ…なさい」
58 : プロデューサーくん   2019/04/26 12:36:43 ID:ggws/XTYPE
一日なんも食ってねぇ!w
59 : Pチャン   2019/04/26 12:40:26 ID:BCuhOYClU.
引きずった時にえぐった砂の中からアサリとハマグリが!
60 : 番長さん   2019/04/26 13:15:17 ID:dijfPSVZbw
きっと杏が飴を分けてるよ
61 : バカP   2019/04/26 15:18:34 ID:tHeYRaUUAY
杏奈「ウ~ン ムニャムニャ…ロコ………」

杏奈「!……」ムクッ

杏奈「何か…変な夢見た…気が…あれ?…ここ…そうか無人島…」

杏「zzz…」

杏奈「杏さん…は、まだ寝てる…甜花さん…は…」
62 : 夏の変態大三角形   2019/04/26 15:33:19 ID:3.jPhLFeQU
あんロコスレ民だ!
ロコせ!
63 : 番長さん   2019/04/26 17:00:11 ID:0iHhbn2jsc
>>61
甜花「あ・・・杏奈ちゃん・・・」
杏奈「甜花、さん・・・どうしたの?」
甜花「甜花・・・襲われちゃった」クルッ
ヤシガニ「やあ」
杏奈「え?何・・・それ?」
甜花「背中に、張り付いて・・・取れないの・・・重たい」
杏「んぐ、が・・・おはよう・・・って何そのデカイザリガニ!」
甜花「こっちに、行ったら・・・こんなのが、一杯、落ちてて・・・」
杏「それ、ヤシの実じゃん!」
杏奈甜花「???」
杏「それ、穴開けたら中にジュース入ってるんだよ」
杏奈甜花「!?」
64 : 彦デューサー   2019/04/27 00:11:12 ID:0WwXFq2ZIc
問題は穴が開くか・・・
65 : ご主人様   2019/04/27 00:39:54 ID:M7/Wlb671Y
>>63
杏「まあ、任せなさい」
杏奈甜花「??」
杏「甜花ちゃん、昨日のゴミが沢山あったところに行こう」
甜花「うん・・・」バタッ
杏奈「あ・・・」
ヤシガニ「」
杏「そりゃ、こんな重そうなザリガニ背負ってたらねぇ」
甜花「甜花・・・疲れちゃった」
杏「甜花ちゃんは木陰で休んでて、杏と杏奈で行ってくるよ」
甜花「うん・・・頑張って」
66 : 変態インザカントリー   2019/04/27 00:47:52 ID:M7/Wlb671Y
杏奈「ここ、かな・・・?」
杏「凄いねぇ、ゴミの山だよ」
杏奈「先の・・・尖った、釘みたいの、探すよ・・・」
杏「お、杏奈ちゃん出来るねぇ」
杏奈「えへへ・・・」
杏「う〜ん・・・あ、あった!これで火を起こせるよ」つ瓶底
杏奈「杏、ちゃん・・・これで良い?」つバールのようなもの
杏「おぉ、バールかぁ・・・杏奈ちゃんナイス」
杏「じゃあ、甜花ちゃんの所へ戻ろう」
67 : ダーリン   2019/04/27 01:33:17 ID:DKnpWJq06Y
Q.甜花ちゃんの体力は小学生レベルである
〇か×か
68 : プロデューサーちゃん   2019/04/27 09:25:00 ID:hl672odbOY
ヤシガニについてググッたらハサミで挟む力はライオンレベルとか毒性自体はないけど腐ったものや死んだ肉も食べてしまうせいか稀にヤバい菌やら毒やらが含まれていることがあるから素人が調理するのはかなり危ないとか色々怖い事が書かれてたな
69 : そなた   2019/04/27 10:13:00 ID:de1YM9SSYE
ヤシガニは某アニメしか思い浮かばねえ
70 : プロデューサーさん   2019/04/27 11:51:01 ID:Pg0Bg3UTww
大丈夫?甜花ちゃん今頃捕食されてたりしない?
71 : プロデューサーさま   2019/04/27 15:23:02 ID:M7/Wlb671Y
>>66
杏「あ〜疲れた〜」
甜花「あ・・・お帰り」
杏「じゃあ、杏奈ちゃんはヤシの実に穴開けてね、杏は寝る」
甜花「あ、あの!甜花は?」つヤシガニ
杏「じゃあ、甜花ちゃんは火を起こして、はいっ」つ瓶底
甜花「!?わかった!」
杏「そこに、綿毛と枝拾ってあるから、あ、杏奈ちゃん穴開いたら起こして」
杏奈「うん、わかった」
杏「(もう飴も残り少ないけど、火と水があればなんとかなるかな)…zzz」
72 : Pーさん   2019/04/27 22:33:12 ID:M7/Wlb671Y
杏奈「ヤシの実、硬い・・・」ガシュッ
杏奈「あ、空いた・・・?」
甜花「杏奈ちゃん・・・火・・・付いたよ」
杏奈「じゃあ・・・杏さん、起こさないと・・・って、スゴイね、火」パチパチ
杏「ggg…zzz、ぐがっ…あちっ!うわあ!火事だ!」
甜花「杏ちゃん!火・・・付いたよ!」キャンプファイヤー!
杏「うわぁ・・・薪なんてどこにあったの?杏は小枝しか持ってこなかったんだけど」
甜花「あそこ!」→座礁して転覆した木造船
杏「」
甜花「甜花・・・役に立った?」
杏「甜花ちゃんって、もしかしてスゴイんじゃ・・・?」
杏奈「ジュース・・・美味しい」
73 : おにいちゃん   2019/04/28 00:25:24 ID:R0Nb47vQZ6
杏「あ、杏奈ちゃん穴空いたんだね」
杏奈「うん・・・美味しい」
杏「良し、じゃあ・・・甜花ちゃんそのザリガニ食べるよ」
甜花「え?食べちゃうの?かわいそう・・・」
杏「杏も杏奈ちゃんも甜花ちゃんも、まだここに送られてから何も食べてないんだよ」
ヤシガニ「食べるの?食べちゃうの」ナミダメ
杏奈「杏、さん・・・杏奈も、かわいそう、だと思う・・・よ」
杏「はぁ〜・・・分かったよ、でも明日から食べ物探しだよ」
甜花「甜花・・・頑張りましゅ!」
74 : Pちゃん   2019/04/28 08:21:12 ID:XwVGppZ7mM
ー夜ー
甜花「杏奈ちゃん・・・甜花も、、ジュース飲みたい」
杏奈「・・・はい」つバールのようなもの
甜花「」
杏奈「ふふ・・・冗談、だよ・・・はい」つ穴を開けたヤシの実
甜花「美味しい・・・」
杏奈「杏奈・・・貝が、一杯・・・埋まってる、所、覚えた・・・よ」
杏奈「だから・・・明日は・・・貝を拾います」
甜花「うん・・・」ウツラウツラ…
杏「ぐがー…んむっ…zzz」
75 : 高木の所の飼い犬君   2019/04/28 10:24:31 ID:Z14DJEBwts
某TV局会議室

晶葉「…と、繋がったぞ。上空のドローンからの映像だ」
律子「ゴメン、こっちにも映像回して」

きらり「杏チャン…大丈夫そう?」
百合子「杏奈ちゃんも…」
甘奈「……」

律子「まだまだ元気そうね、良かったわ」
律子「プロデューサー?まだ待機でお願いします」

無人島沖7000m(水平線のちょっと先)
豪華客船【イオリチャンプリンセス号】甲板上

765P「分かった」
346P「まだ待機か」
283P「思ったより頑張ってますね」

亜季『潜伏、順調であります!いつでもサポート出来るであります』ムセン
76 : お兄ちゃん   2019/04/28 15:03:44 ID:KbLfzJukqI
甘奈が大丈夫じゃないんですが
77 : 高木の所の飼い犬君   2019/04/28 17:34:46 ID:XwVGppZ7mM
>>75
ー翌朝ー
杏「今日は、食べ物を探します」
杏奈「杏、さん・・・杏奈、貝たくさん・・・ある所・・・見つけた、よ」
杏「おぉいつのまに」
杏奈「甜花さん・・・をここまで、運んだ・・・時、見つけ・・・ました」
甜花「」
杏「良し、じゃあ杏奈ちゃんは貝を拾ってきて」
杏「杏と甜花ちゃんは、他の事をやるよ」
杏奈「うん・・・いっぱい採ってくるね」
78 : 高木の所の飼い犬君   2019/04/28 17:44:00 ID:XwVGppZ7mM
ー杏奈sideー

杏奈「ここ・・・だよ、ね」ザー
杏奈「まだ・・・水が、引いて・・・ない」ジャプ…
杏奈「足、気持ちいい・・・けど暑い」コツン
杏奈「あ・・・居た」つハマグリの様な貝
杏奈「足で、採れば・・・楽」
杏奈「ジュース、飲みながら・・・で良いよね」

ー杏奈は二枚貝類を20個手に入れたー
79 : プロデューサーさん   2019/04/28 19:46:12 ID:EpvO2HSLu6
杏奈の素足で獲った二枚貝

20万円からスタートです
80 : 変態大人   2019/04/28 19:51:25 ID:6RU3onbKU2
仕事を脱走した甘奈「千雪さん!頑張って甜花ちゃんだけでも連れ帰ろうね!」
同じく脱走した千雪「ええ、甘奈ちゃん。きっと寂しくて泣いているわ」(2人で手こぎボートで向かうスタイル

きらり「にょわ…にょわわ…にょわわ…」

百合子(杏奈のあんな姿やこんな姿を妄想ちう)
81 : Pサン   2019/04/28 21:35:13 ID:6ZmLbdc3q.
>>78
ー杏甜花sideー
甜花「あ、あの!杏ちゃん・・・甜花達は、何を・・・するの?」
杏「甜花ちゃんがアレ見つけてくれたから、中の物が残ってたら拝借しよう」

ー木造船内ー
杏「うわぁ・・・凄いね」
杏「でも、コレとコレと・・・コレは無理かな」
甜花「(何してるんだろう・・・)」
杏「良し、後は・・・甜花ちゃん」
甜花「ひゃ、ひゃい!」
杏「まず、この切れたアルミの缶を2つと、かすがいを持って行こう」
82 : プロデューサー様   2019/04/28 21:44:35 ID:6ZmLbdc3q.
杏「今居る木陰は雨が降ってきたらびしょ濡れになっちゃうでしょ」
杏「だから即席の小屋を作ります」
甜花「甜花に・・・出来るかな・・・?」
杏「大丈夫だよ、即席だから」
杏「この缶とかすがいを置いてきたら・・・コレとコレ、直角で薄い木でしょ?」
甜花「うん・・・」
杏「この二つを木に挿し掛けて、ヤシの葉っぱで屋根を作ろう」
甜花「!?甜花、葉っぱ集める」ガシッ
杏「おわぁ!甜花ちゃん、落ち着いて(凄い力・・・)」
杏「多分、杏奈ちゃんが帰ってくる頃だし、貝の御馳走をいただこうよ」
杏「この缶で色々出来そうだし」
甜花「・・・うん!」
83 : ご主人様   2019/04/29 13:04:19 ID:MhnO6qORWI
ーお昼、木陰ー
杏奈「ただいま・・・」
杏奈「二人共、居ない・・・この、缶・・・なんだろう?」
杏「ぐぎぎ・・・」ズルズル
甜花「!?杏奈ちゃん!ただいま!」
杏奈「お帰り・・・それ、何ですか?」
杏「ふ〜疲れた・・・コレで雨風をしのごうと思ってね」
杏「それはともかく、その貝を食べよう」
杏奈「どうするの?」
杏「その缶に少し海水を入れて、煮るだけ」
甜花「甜花、も・・・お腹、空いた」
杏奈「じゃあ、準備・・・してくるね」
84 : 仕掛け人さま   2019/04/29 14:16:03 ID:Zv5P5lOmuQ
普通にSSスレになっとんな
続けてどうぞ
85 : Pはん   2019/04/29 14:35:18 ID:GBmTPOfSGs
765P「なあ…」
283P「どうしましたか?」
765P「いや、これ番組だよな」
346P「そうですよ?無人島サバイバルっていう」
765P「番組スタッフはどこにいるんだ?」
346P「!」
283P「それは…えっと」企画書トリダシ

『類似の番組を超えた本格サバイバル番組です。インドア系アイドルに手付かずの無人島でノーサポートの一週間を過ごしてもらいます。今まで知らなかったアイドルたちの別の一面が垣間見られます(スタッフは帯同しません)』
※撮影はドローンと島中に仕掛けた隠しカメラによって行います。
86 : 変態大人   2019/04/29 14:50:12 ID:GBmTPOfSGs
346P「あー、亜季、聞こえるか」ムセン
亜季『こちら現地、感度良好であります』
346P「その島は隠しカメラと監視ドローンで番組撮影してるらしい…映らずに動けるか?」
亜季『カメラの位置は既に76ヶ所まで把握しているであります』
亜季『ひらけた場所では池袋博士から預かった光学迷彩を使用するであります』
346P「わかった、引き続き頼む」
亜季『了解であります』オーバー

346P「なんとかなるようだ」
283P「凄いですね…」
87 : バカP   2019/04/29 18:17:06 ID:MhnO6qORWI
杏奈「杏、さん・・・これくらい?」
杏「良いんじゃない?
杏「じゃあ、甜花ちゃんの作ったキャンプファイヤーに焚べます」
ー10分後ー
一斗缶「」グツグツ
杏「もうちょっとかな・・・」パカッ
杏「お、開いたね」
甜花「凄い・・・」
杏奈「杏奈も・・・お腹、空いた」パカッ
杏「じゃあ・・・甜花ちゃん、コレで貝を引き揚げて」つ即席の火箸
甜花「さっき、杏ちゃんが・・・棒に何か、巻き付けてたやつ?」ヒョイヒョイヒョイ
杏「そうだよ、切るものは無かったけどね・・・」
杏「あと、缶は水気が飛ぶまで火にかけとこう、完全に殺菌出来るし」
88 : お兄ちゃん   2019/04/29 18:35:40 ID:MhnO6qORWI
杏奈「杏さん、この貝・・・全部、食べれるの?」
杏「わかんない・・・だけど、緑とか黒色の部分は食べれないかなぁ」ツン、ジャリ…
杏「うん、ダメだね・・・砂が詰まってる」
甜花「緑と、黒の所、を・・・取れば、良いの?」
杏「うん」
杏奈「杏奈・・・いきます」パクッ
杏「どう?」
杏奈「おいひい・・・」モッキュモッキュ
杏「甜花ちゃん、食べよう」
甜花「うん」
89 : プロヴァンスの風   2019/04/29 21:25:11 ID:JTh8PuQawg
ーお食事中ー
杏「」モッキュモッキュ
甜花「」モッキュモッキュ
杏奈「」モッキュモッキュ
3人「ご馳走様でした!」
杏「じゃあ、杏は寝る・・・と言いたいけど3人で小屋を作ります」
杏「甜花ちゃんは、ヤシの葉っぱを集めてね」
甜花「うん!」
杏「杏と杏奈ちゃんは、挿し掛けを作ろう」
杏奈「うん・・・頑張る」
90 : 5流プロデューサー   2019/04/29 21:31:27 ID:Jl8G.ezjSc
面白い
91 : 箱デューサー   2019/04/30 01:14:42 ID:dbq6pPLlMY
ー建造前ー
杏「うん、この辺が良いかな?」
杏奈「???」
杏「杏奈ちゃん、ここちょっと盛り上がってるでしょ?」
杏奈「??うん・・・」
杏「ここに草を沢山引いて、ここと、ここにこの木を挿し掛けると・・・」
杏奈「!?わかった・・・、後ろは・・・森、みたい、だし・・・風除け、にもなる」
杏「杏奈ちゃんは、出来る子だねぇ」
杏奈「えへへ・・・」
杏「甜花ちゃんは、恐らく屋根に曳く分の3倍は・・・いや、5倍はヤシの葉っぱ取ってくるから草は十分」
杏「じゃあ、・・・やりますか」
92 : バカP   2019/04/30 01:23:12 ID:dbq6pPLlMY
ー建造中ー
杏奈「うん、重・・・い」
杏「頑張って!もうちょっとで枝に掛かるよ!」
杏奈「ううぅ〜!」ガキッ
杏「オッケー!杏奈ちゃん頑張った!」
杏奈「杏奈・・・もう、ダメ・・・疲れ、た」ペタン
杏「次は杏の番かぁ〜、よし!」
杏「ぐぎぎ・・・重い・・・」
杏奈「杏、さん・・・もうちょっと」
杏「ぐおお・・・あ、滑った」ガキッ
杏「あ、嵌った・・・ふう、疲れた」
杏「ちょっとだけ休憩しよう、あれ?杏奈ちゃん何食べてるの?」
93 : Pたん   2019/04/30 01:31:23 ID:dbq6pPLlMY
杏奈「そこに・・・たくさん、落ちてる・・・はい」つ果物
杏「おお、これは美味しそう・・・」パクッ
杏「マンゴーかな?」ムシャムシャ
ー1時間後ー
杏「じゃあ、杏奈ちゃん、紐を作ろう」
杏奈「ヒモ、あります・・・さっき、拾い、ました」
杏「え?どんなヒモ」
杏奈「こっち、です」
杏「あぁ、網かぁ、コレは良いね」
杏「切るものが無いから、火で焼き切っちゃおう」
94 : Pくん   2019/04/30 01:44:24 ID:dbq6pPLlMY
ー木陰ー
甜花「葉っぱ、一杯!集まった!」
甜花「でも、甜花一人じゃ・・・全部、持てない」
甜花「あ・・・コレ、なんだろう?」つヒョイ
甜花「キレイ・・・」
甜花「眠く、なって・・・きちゃった」
甜花「うぅ・・・zzz」
杏「ただいま〜、ありゃ、甜花ちゃん葉っぱの上で寝ちゃってる」
杏奈「凄い、こんなに・・・たくさん」
杏「これは、甜花ちゃんを甘く見てたなぁ」
杏「10倍はあるね」
甜花「・・・」スースー…
95 : お兄ちゃん   2019/04/30 02:04:06 ID:dbq6pPLlMY
ー夕方ー
甜花「・・・うん?」パチ
甜花「あ・・・寝ちゃった」orz
杏奈「あ、甜花・・・さん、起きた」
甜花「杏奈ちゃん、ごめんなさい!」
杏奈「???」
甜花「甜花、寝ちゃった・・・から、お手伝い・・・出来なくて」
杏「あ、甜花ちゃん、おはよう」
杏「さあさあ、こっちへ来たまえ」
ー挿し掛け小屋ー
甜花「凄い・・・」
杏「凄いのは甜花ちゃんだよ、葉っぱ沢山集めてくれたからね」
杏奈「下も・・・葉っぱで、フカフカ・・・です」
甜花「甜花・・・役に、立った?」
杏「杏は口だしてるだけだけど、甜花ちゃんと杏奈ちゃんはちゃんと役に立ってるよ」
96 : Pさぁん   2019/04/30 02:12:51 ID:dbq6pPLlMY
杏奈「えへへ・・・」
甜花「・・・うれしい」グスッ
杏「後は、火をこっちに持ってきて貝を食べよう」
杏「杏は火を持ってくるから、杏奈ちゃんは・・・この辺に石を並べて」ガリガリ
杏「大きくなくて良いからね」
杏奈「・・・わかった」
杏「甜花ちゃんは、船の残骸に行って薪になる様な木を持ってきて」
甜花「!わかった!」
97 : プロデューサー   2019/04/30 02:26:19 ID:dbq6pPLlMY
ー杏sideー
杏「ふぅ、ようやく何とかなりそうかな・・・」キラッ
杏「???、あぁ〜そういう事ね・・・他にもあるね、コレは」
ー隠しカメラ前ー
杏「うん、コレは他に誰か居るなぁ・・・」
杏「亜季サン、居るんでしょ?」
亜季「(え?気付かれた?)」光学迷彩ON
杏「って、見えないんだけどね」
亜季「・・・(コレはマズイ)」
杏「取り敢えず、このカメラは壊しておきますか」ガシッ
亜季「杏殿、それだけは・・・それだけは!」
杏「じゃあ、こうしよう」
98 : プロデューサーさん   2019/04/30 06:36:41 ID:i5lWSvSUqY
【イオリチャンプリンセス号甲板上】
765P「日も暮れたな…あと5日か、一週間って長いな」
346P「杏がぐーたら出来ない時は頼りになるのは知ってたけど…予想以上だった」
283P「甜花もです…杏さんの指示があるとはいえ」
765P「頑張れ、みんな…!」
99 : バカP   2019/04/30 07:04:19 ID:i5lWSvSUqY
【同時刻・無人島近海?ボート上】
甘奈「甜花ちゃあああん!」
千雪「甜花ちゃーん!」

甘奈「どうしましょう千雪さん、真っ暗になっちゃいました」
千雪「甜花ちゃんも怖がってると思うの…急ぎましょう!」

甘奈「甜花ちゃーん!」
千雪「甜花ちゃーん!」

【同所上空】
麗花「あれあれ〜?真っ暗な海から声が?」
麗花「あ、みーつけた♪」ヒュー

ドン!

甘奈「うわっ!何なに?!」
麗花「はーい♪こんばんわ〜伝言でーす!」ピッ
スピーカー『初めまして、346プロの木場という者だ』
スピーカー『共演のアルストロメリアの二人を探してくれとの依頼でね…直ぐに行くからそこを動かないように』
100 : ぷろでゅーさー   2019/04/30 07:30:03 ID:i5lWSvSUqY
【15分後・オスプレイ機内】
木場「全く…何の装備も無しに外洋に出るなんて」操縦中
甘奈「だって…」
千雪「……」
木場「彼女には優秀なうちと765さんのアイドルが付いてる…それにサポートも。だから安心して自分達のやるべき事をやるんだ」
甘奈・千雪「……」

麗花「あ、真奈美さん♪私はこれで!」
木場「ああ、ありがとう麗花くん」
麗花「じゃあ、またね♡」ダイブ

甘奈・千雪「え…えーー!!」
甘奈「あ、あの人飛び降りちゃった!」
千雪「何にも持ってませんでしたよ!?」
木場「なに、麗花くんに心配は無用だ」
木場「そんな子たちが甜花さんをサポートしている…安心だろう?」bスマイル
甘奈・千雪「」
101 : Pたん   2019/04/30 09:38:29 ID:evejhOLp8w
>>97
杏「あー、あー、テステス、プロデューサー、聞こえる?」
283346765P「!?」
杏「まさか、隠しカメラで一部始終撮ってたとは思わなかったよ」
346P「杏・・・どうやって・・・亜季!亜季はどうした!」
杏「まあ、それじゃなきゃロケにならないんだけど・・・趣味悪いなぁ」
亜季「プロデューサー殿!申し訳ありません、見つかってしまいました」
346P「潜伏してる亜季すら見つけるとは・・・杏、何が望みだ?」
杏「コレが終わったら、1ヶ月の休暇を要求する!勿論、甜花ちゃんと杏奈ちゃんもね」
102 : 番長さん   2019/04/30 13:52:19 ID:evejhOLp8w
346P「一月・・・杏、今総選挙で大事な時期なのはわかってるんだよな?」
杏「亜季さんが居るところを見ると、島の反対側にボートでもあるんでしょ?杏達はそれで帰ろうかな〜?」
283P「346Pさん、我々の負けですよ、これは」
765P「双葉さんがこれほどとは・・・」
346P「ぐぬぬ・・・わかった、要求を飲もう」
杏「オッケー、交渉成立だね、じゃあ、杏は何も見なかったことにするよ・・・じゃあね」
亜季「プロデューサー殿、申し訳ありません・・・」
346P「いや、亜季のせいじゃない、戻ってきてくれ」
亜季「イエッサー」
103 : ダーリン   2019/04/30 13:59:37 ID:evejhOLp8w
ー杏奈sideー
杏奈「うんしょ、うんしょ・・・」ゴトン
杏奈「うん、これくらい・・・かな?」→釜
杏奈「上から、土・・・かけたら・・・雨、降っても、大丈夫・・・だよね?」
杏奈「疲れ、ちゃった・・」ウトウト…
ー甜花sideー
甜花「薪!いっぱい!」フンス!
甜花「でも、もう・・・暗くなっちゃう」
甜花「中に、入れれば・・・濡れない、よね!」
甜花「甜花!戻る!」
104 : Pくん   2019/04/30 20:30:23 ID:evejhOLp8w
ー即席小屋ー
杏「ただいまぁ」
杏「って、二人共寝てる・・・」
杏奈甜花「・・・」スースー…
杏「で、甜花ちゃんの薪はわかるとして・・・コレは?」→釜
杏「杏奈ちゃんが作ったのかな・・・まあいいや、火種を入れよう」
ー夜ー
杏奈「ん・・・、あ、杏さん・・・おはよう」
杏「をあーあんじゅちゃむおーばべなよ」モッキュモッキュつ貝
杏奈「いただき、ます・・・」パク
杏「んんんっ!ぐがっ!・・・ふう〜お腹いっぱい、でさ、杏奈ちゃん」
杏奈「???」モッキュモッキュ
杏「この、どう見ても釜に見えるやつ作ったの杏奈ちゃん?」
105 : 兄ちゃん   2019/04/30 20:49:17 ID:evejhOLp8w
杏奈「杏奈、ちょっとしか・・・石、置いてない・・・です」
杏「あ〜、甜花ちゃんか」
杏奈「杏奈、疲れて・・・寝ちゃって、今・・・見て、ビックリ・・・しました」
甜花「ん〜〜〜」パチ
杏「おはよう」つ貝
甜花「あ・・・!?杏ちゃん、甜花・・・杏奈ちゃん、手伝ったよ!」
杏「見た見た凄いよ甜花ちゃん、でも、まずはコレを食べようよ」つ貝
甜花「うん!」ポタ…
杏「甜花ちゃん、雨降ってきたよ、こっちに来ないと濡れちゃうよ」
甜花「ヴァ〜い・・・」モッキュモッキュ
杏奈「杏、さん・・・雨、降るの・・・知ってた、の?」
106 : do変態   2019/04/30 22:00:00 ID:V/GKdggaX.
亜季暇そうだなw
杏じゃなくて亜季を出せばよかったのに
107 :   2019/05/01 01:19:23 ID:oYxh7/yyKI
>>105
杏「いやあ、杏もいつかは降るだろうなくらいにしか思ってなかったよ」
杏「2人のおかげだよ」
杏奈甜花「えへへ・・・」
杏「じゃあ、杏はもう寝るよ、おやすみ」
杏奈甜花「おやすみなさい」
ー杏就寝後ー
杏奈「甜花、さん・・・杏奈、目が冴えて・・・眠れない」
甜花「甜花・・・もう、寝ちゃい・・・そう」ウツラウツラ
甜花「…zzz」
杏「ぐおー、ぐがっ、んむむ…zzz」
杏奈「・・・百合子、さん、杏奈・・・頑張ってるよ」
杏奈「杏奈も、寝よう・・・」
108 : do変態   2019/05/01 13:28:45 ID:oYxh7/yyKI
ー3日目の朝ー
甜花「ん・・・なーちゃん・・・!?朝!」
杏奈「・・・んぅ、あ・・・甜花、さん・・・おはよう、ございます」
杏「ぐがー、ぐあー・・・zzz…」
甜花「あ・・・杏奈、ちゃん・・・おはよう」
杏奈「甜花・・・さん、杏奈、お水・・・探したい、です」
甜花「ジュース・・・ダメ、なの?」
杏奈「ジュース、は・・・いつか、なくなっちゃう、から」
杏奈「でも、お水・・・どうしたら、見つかる・・・か、わかりません」
杏奈「一緒、に・・・探して、ください」
甜花「!?」ジワァ…
甜花「甜花で、良いの?」
杏奈「お願い・・・します」
109 : P様   2019/05/01 20:42:37 ID:oYxh7/yyKI
ー3時間後ー
杏「んっん!うわぁ〜あ、よく寝た・・・」
杏「あれ?2人はどこ行ったんだろ?・・・まさか、ね」…チャーン!
杏「ん?遠くから声が聞こえる・・・」…ズチャーン!
杏「・・近付いてくるこの声は、甜花ちゃんだな」アンズチャーン!!
甜花「杏ちゃん!・・・はい、お水!」
杏「あ、あ〜ありがとう、どうしたのこのお水?しかもペットボトルで」
甜花「杏奈ちゃん、と・・・お水探しに行ってた!」
杏奈「甜、花・・・さん、速すぎ・・・です」ヨロヨロ…ペタン
杏「杏奈ちゃん、水場見つかったんだね」
杏奈「違い、ます・・・川の水、を、濾過?・・・しました」
杏「あ、木陰の炭使ったか・・・杏奈ちゃん、やっぱり出来る子だねぇ」
杏奈「甜花・・・さんが、たくさん、持って・・・くれました」
甜花「甜花、頑張った!」
110 : Pサマ   2019/05/01 23:01:10 ID:uaWVoCHJ2k
甜花ちゃんがフィジカル担当になってるの草生える
111 : プロデューサーちゃん   2019/05/01 23:56:31 ID:8p82OJzR6U
ろ過した後に煮沸せな(アカン)
112 : レジェンド変態   2019/05/02 14:12:28 ID:WcLSLSc712
そういえばヤシガニさんは・・・
113 : ごしゅPさま   2019/05/02 17:34:46 ID:fW2Bs7VvXo
>>112
ヤシガニさんは、甜花ちゃんのペットになりました
>>111
さては、君は杏だな?

>>109
杏「あと4日だし、そのまま飲みたいところだけど・・・一応沸騰させよう」
杏奈甜花「???」
杏「終わった後に、お腹壊すの嫌でしょ?念には念を入れて・・・だね」グキュー
甜花「甜花、お腹空いちゃった・・・」
杏奈「杏奈、も・・・」
杏「貝も後3個だから、また採りに行かないとね」
114 : プロデューサー   2019/05/03 01:58:34 ID:OCeT1Bhqfo
ー食事後ー
杏「お腹いっぱい・・・ゲフッ」
甜花「あ、あの!・・・杏ちゃん」
杏「ん〜?どうしたの?」
甜花「甜花、お昼寝をいっぱいしたくて・・・」
杏奈「杏奈、も・・・いっしょに、お昼寝・・・したい」ギュッ
甜花「あ・・・杏奈、ちゃん」
杏「じゃあ、みんなでお昼寝だね・・・」
115 : プロデューサー君   2019/05/03 03:53:06 ID:wO2WuBz.6E
(甜花ちゃんのお休み要求が)出たわね
116 : 5流プロデューサー   2019/05/03 13:39:37 ID:OCeT1Bhqfo
ーお昼寝中ー
765P「小屋の中が見える場所にカメラを設置出来たのはラッキーでしたね」
346P「亜季が、杏なら必ずあそこに小屋を建てようとするって言ってましたが、確かにラッキーですね」
283P「大和さんって、自衛隊の出身なんですか?」
346P「いえ、違いますよ、ただのサバイバリストです」
283P「」
117 : プロデューサークン   2019/05/03 16:17:51 ID:OCeT1Bhqfo
ー午後3時、即席小屋ー
杏「んぐぐ・・・苦しい・・・やめろ・・・きらり」うなされ中
甜花「…zzz」杏を抱き枕中
杏奈「・・・zzz」杏を抱き枕中
杏「うわあ!」ビクッ
甜花「ん〜、あ・・・杏ちゃん、どうしたの?」
杏奈「・・・」スースー…
杏「杏はなんで2人にがっちり挟まれてるのかな?」
甜花「どうして・・・かな?」
杏奈「う・・・ん、おはよう・・・ございます」ポケー
ー杏は前から甜花、後ろから杏奈にガッチリホールドされていますー
杏「杏奈ちゃんは、甜花ちゃんと一緒に寝てたはずなんだけどなぁ・・・」
杏奈「杏、さん・・・柔らかくて、抱き枕・・・みたい、だから」ポケー
杏「とにかく、そろそろ晩御飯を調達しよう、起きるよ」
甜花「あ、あと・・・5分・・・」ギュー
杏奈「あ、あと・・・5分・・・」ギュー
杏「むぐぐ・・・ぎゃー!!」
甜花杏奈「♪」
118 : 5流プロデューサー   2019/05/04 01:25:01 ID:ny5Vdn6xeQ
ー30分後ー
杏「・・・」ムッスー
甜花「あ、杏ちゃん・・・」正座中
杏奈「ごめん・・・なさい」正座中
杏「とりゃ!」デコピン
甜花杏奈「痛っ」
杏「はいっ、これでおしまい、貝採りに行くよ」
甜花「うんっ!」
杏奈「はい」
119 : P君   2019/05/04 03:12:04 ID:zq8iJT314I
ー砂浜ー
杏「杏奈ちゃん、貝ってどこにあるの?」
杏奈「こう・・・です」足でグリグリ
杏「あ〜、砂に隠れてるのかー」足でグリグリ
杏「あ、居たかな?」コツン
甜花「・・・」足でグリグリ
甜花「!?」コツン
甜花「杏奈ちゃん、これ・・・楽しい!」つ貝
杏奈「いっぱい、居る・・・みたい、だから・・・」
杏「曇りだし、採れるだけ採ろう、あと4日あるしね」
ー二枚貝を30個収穫したー
120 : Pサマ   2019/05/04 20:05:41 ID:nJicNPP1SQ
杏「そういえばさ、ここから先の岩場にはまだ行ってないよね」
甜花「!?」キュピーン
杏奈「甜花、さん・・・1人、は・・・危ない、よ?」ガシッ
甜花「甜花、お昼寝・・・いっぱいしたから、役に・・・立たないと」ジワァ
杏「は?甜花ちゃん役に立ってるじゃん、甜花ちゃんが居なかったら、即席の小屋も火も無かったんだよ?」
杏「あと4日は、みんなで行動しよう、ね?」
杏奈「甜花、さん・・・」ギュッ
杏「じゃあ、まず戻って貝を食べよう」
甜花「・・・うん!」
121 : Pチャン   2019/05/04 21:12:16 ID:W3NmI5USa.
三人の中で甜花ちゃんの精神年齢、ぶっちぎりで低くてかわいい
122 : P殿   2019/05/05 00:08:52 ID:bH8OvNHeyU
ー即席小屋ー
杏「・・・」モッキュモッキュ
杏奈「・・・」モッキュモッキュ
甜花「・・・」モッキュモッキュ
杏奈「お腹・・・いっぱい、です」ポタ…
杏「むぐぐ・・・ふぅ」ポタタ…
杏「あ、これは凄い雨が来そう」サァァ…
甜花「・・・」ウツラ…ウツラ…
杏「よし、今日はもう寝よう」
杏奈「・・・はい♪」
ー3日目終了ー
123 : Pチャン   2019/05/05 10:49:10 ID:bH8OvNHeyU
ー4日目朝ー
杏「ぐぐぐ・・・やめろ・・・きらり・・・zzz」
杏奈「んぅ?」パチ
甜花「・・・にへへ・・・zzz」
杏奈「・・・」ポケー
杏奈「雨・・・凄い・・・」ポケー
杏奈「寝よ・・・」ギュッ
杏「ぐえっ・・・zzz」
124 : 師匠   2019/05/05 11:27:28 ID:bH8OvNHeyU
ー午前10時、即席小屋ー
甜花「ん〜・・・あっ・・・」パチ
杏「zzz…」ギュー
ー杏が甜花に抱きついて寝ていますー
甜花「杏ちゃん・・・」ナデナデ
杏奈「んぁ・・・あ、おはよう・・・ございます」
甜花「あ、杏奈ちゃん・・・おはよう」ナデナデ
杏奈「杏奈も・・・やって、良いですか?」
甜花「うん」ナデナデ
杏「えへへぇ・・・きらりぃ」
杏奈「・・・」ナデナデ
杏「うひぃ・・・でへへ・・・」
125 : そなた   2019/05/05 12:37:22 ID:k2FE9lLufA
杏「・・・ん、あ〜?」パチ
甜花「・・・」ナデナデ
杏奈「・・・」ナデナデ
杏「・・・杏はどうして2人に撫でられてるのかな?」
甜花「甜花、杏ちゃんに・・・抱き枕、されたから・・・」
杏「へ?あ!」パッ
杏奈「杏、さん・・・かわいい」
杏「ぐぬぬ・・・///」
ーイオリチャンプリンセス号ー
346P「うお!強・・・誰か!誰かきらりを止めてくれ!」
きらり「Pちゃん離すにぃ!きらり、今から杏ちゃんをぎゅーってしてなでなでしに行くんだにぃ!」
765P「どうした!」
346P「きらりを止めてくれ!・・・ぐっ」ズルズル…
きらり「杏ちゃん今行くにぃ!」プスッ、チュー…
きらり「」
126 : Pちゃま   2019/05/05 12:45:11 ID:k2FE9lLufA
清良「あらあら、ダメよ・・・きらりちゃん、杏ちゃん達今凄く頑張ってるんだから」
きらり「・・・」
346P「清良さん、助かりました」
清良「きらりちゃんが、こんなに取り乱すなんて・・・」
346P「良かったら、清良さん達も見ますか?」
283P「どうしたどうした、凄い音がしたんだがって、諸星さん!」
765P「原因は確かめとかないとな」
清良「そうね、見ましょう」
283P「なんだ?何を見るんだ?」
346P「見ればわかる」
127 : Pはん   2019/05/05 17:53:28 ID:bH8OvNHeyU
ータイムシフト中ー
清良「あら〜、杏ちゃんかわいい・・・これは、きらりちゃんンの気持ちもわかるわねぇ」
346P「杏にこんな一面もあるとは・・・もっときらりと組ませるべきだなこれは」
283P「こう見ると、小学校低学年に見えますね」
765P「(杏奈と相性良さそうだな…)あっ!」
346P「どうした?」
765P「すまん、亜利沙が・・・どうやって島に入ったのかはわからんが」
346P「あ、この全身迷彩でカメラ構えてるの松田さんか・・・言われなきゃ気付かなかった」
346P「亜季、聞こえるか?すまんが島に上陸して1人回収してきてくれ」
亜季「?誰か体調でも崩しましたか?」→甲板上
346P「いや、島に上陸したアイドルが他にも居た・・・松田亜利沙は分かるな?」
亜季「3人以外に人の気配はしなかったハズですが・・・」
765P「亜利沙は、一切の気配を消すことが出来るんだ・・・すまん、回収頼む」
亜季「イエッサー!」
128 : Pサマ   2019/05/05 18:33:03 ID:bH8OvNHeyU
ータイムシフト中ー
清良「あら〜、杏ちゃんかわいい・・・これは、きらりちゃんンの気持ちもわかるわねぇ」
346P「杏にこんな一面もあるとは・・・もっときらりと組ませるべきだなこれは」
283P「こう見ると、小学校低学年に見えますね」
765P「(杏奈と相性良さそうだな…)あっ!」
346P「どうした?」
765P「すまん、亜利沙が・・・どうやって島に入ったのかはわからんが」
346P「あ、この全身迷彩でカメラ構えてるの松田さんか・・・言われなきゃ気付かなかった」
346P「亜季、聞こえるか?すまんが島に上陸して1人回収してきてくれ」
亜季「?誰か体調でも崩しましたか?」→甲板上
346P「いや、島に上陸したアイドルが他にも居た・・・松田亜利沙は分かるな?」
亜季「3人以外に人の気配はしなかったハズですが・・・」
765P「亜利沙は、一切の気配を消すことが出来るんだ・・・すまん、回収頼む」
亜季「イエッサー!」
129 : プロヴァンスの風   2019/05/05 18:47:51 ID:bH8OvNHeyU
ー即席小屋ー
甜花「雨、止まない・・・ね」サー
杏「これじゃ、何処にも行けないかぁ・・・」サー
杏奈「・・・?」フイ
杏「杏奈ちゃん、どうしたの?木になんかあるの?」
杏奈「あの木、から・・・パシャパシャって、音が・・・する」
杏「んんん?杏には雨のサーって音しか、聞こえないけどなぁ・・・」
亜利沙「(我が心、既に空なり・・・空故に無)」パシャ、パシャ
杏奈「・・・亜利沙、さん?」
亜利沙「ギクゥッ!」
杏「あ、見えた、迷彩柄の服にペイントなんだ・・・」
亜利沙「あ、亜利沙なんて人は居ませんよー」ピュー
亜利沙「それじゃっ」ガシッ
亜季「…」ニッコリ
亜利沙「」
ー亜利沙、潜入に成功するものの杏奈に見破られ連れ戻されるー
名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。