【百合注意】雪歩「可憐ちゃんからポーカーフェイスの極意を教わりますぅ!」
1 : そなた   2020/08/26 06:24:18 ID:XT1IsvJP/Y
苦手な人のために百合注意としましたが、粘膜接触はありません 
猟奇的な描写もなく、健全なゆきかれです ほんとだよ?
2 : 師匠   2020/08/26 06:24:31 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「非担当が間違いやすい特技ランキング上位……可憐ちゃんのポーカーフェイス! というわけで、今日はよろしくね、可憐ちゃん!」

可憐「え? え……? その、急に言われても、ど、どうやって教えられるのか私……」

雪歩「大丈夫! 私のほうで可憐ちゃんからポーカーフェイスを習得する方法を考えてきたから」

可憐「そ、そうなんですか。えっと、それはどんな方法なんですか?」

雪歩「まずね、ポーカーフェイスっていうのは、ようするに自分の感情を表に出さずに無表情だったり、時には真逆の表情を貫くってことだよね」

可憐「は、はい」

雪歩「つまり、我慢の面なんですぅ」

可憐「我慢?」
3 : 監督   2020/08/26 06:24:43 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「うん。ってことで、失礼するね、可憐ちゃん」

可憐「え? なんで近づいて―――」

雪歩「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこ先輩!!!」クスグリホ

可憐「!?!? ひゃっ、あははははは、ゆ、雪歩ちゃ、んっ!? そ、そんなっ、い、いきなり、んっ、あはあはは」

雪歩「ほら、可憐ちゃん、ちゃんとポーカーフェイスしてなきゃだよ」キリッ

可憐「い、いやっ、あはははああ、はぁっ、ひゃ、そ、そんなの、あはあはは、無理、んっ、ですっ!」

雪歩「!! ばるんばるんしてますぅ! 可憐ちゃん、もしかしてちんちくりんな私に見せつけているの?」

可憐「んっ、ち、ちがっ、ひゃはあっ、はははははは、ダ、ダメ、い、いっかい止め、んっ」
4 : プロデューサーちゃん   2020/08/26 06:24:53 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「それじゃあ、一回休憩ね」ヤメホ

可憐「はーっ、はーっ、ぜーっ。も、もう雪歩ちゃん……!」

雪歩「?」キョトンホ

可憐「と、とぼけた顔しないでください……! い、いきなりくすぐるなんて、うう……」

雪歩「顔真っ赤にしている可憐ちゃん可愛すぎますぅ!(ご、ごめんね。でも先に断わっておくと笑わないかなって)」

可憐「ん……。あの、それでポーカーフェイスの参考には、な、なりましたか……?」

雪歩「え?」

可憐「へ?」
5 : プロヴァンスの風   2020/08/26 06:25:05 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「可憐ちゃんをくすぐることに精一杯だったよ」キリッ

可憐「キリッとされても、こ、困ります…!」

雪歩「うーん……よしっ、閃きましたあ!」

可憐「な、なんですか」

雪歩「動画を撮影しておこっか。私が可憐ちゃんをくすぐるところ」

可憐「なぜ!?」

雪歩「そうしたら、何度も可愛い可憐ちゃんの姿を見直せて、しかもポーカーフェイスの勉強もできる。一石二鳥ですぅ!」

可憐「い、嫌です……!」
6 : P殿   2020/08/26 06:25:16 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「ええっ!? 可憐ちゃん、ど、どどどどうして!?」

雪歩「だって、私のこんな姿……雪歩ちゃん以外には見られたくないから……////」

雪歩「か、可憐ちゃん……!」

雪歩「雪歩ちゃん……私ずっと前から雪歩ちゃんのことが―――」

可憐「ひ、独り芝居やめてもらっていいですか……?」

雪歩「―――はっ!! つい妄想トリップしてしまいましたあ……えへへ」

可憐「えっと、べ、別の方法は考えてきていないんですか?」
7 : 兄ちゃん   2020/08/26 06:25:28 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「ないよ?」

可憐「え、えぇ……。で、でも、ポーカーフェイスを習得したいのは、雪歩ちゃんなんだから、どちらかというと雪歩ちゃんがくすぐられる側のほうがいいんじゃ……」

雪歩「!! つ、つまり、可憐ちゃんが私をくすぐり攻めにして、私がそれに耐えるってこと? そ、そんなの……ありですぅ」

可憐(ありなの!?)

雪歩「――よしっ! 可憐ちゃんの気持ちはよくわかりましたあ! 萩原雪歩、可憐ちゃんのくすぐりに耐えてみせますぅ!」

可憐「え、えっと……」

雪歩「どうする? 脱いだ方がいいかな///」ハジライホ

可憐「なぜ!? そ、そのままで、いいですから……!」
8 : プロデューサーはん   2020/08/26 06:25:37 ID:XT1IsvJP/Y
可憐「じゃ、じゃあ、はじめますね」

雪歩「優しくしてね」ドキドキホ

可憐「こ、こちょこちょこちょこちょこちょ……」

雪歩「ひゃうっ、はぁ、はぁんっ、んっ、ひっ、んっ、はぁ、んーっっ」ガマンホ

可憐(な、なんだかいけないことをしている気分、です……!)

雪歩「んっ、ひゃひゃひゃひゃひゃ!!!!」

可憐(笑い声が独特!?)

雪歩「わ、私も、ま、負けていられないですぅ!」
9 : 変態インザカントリー   2020/08/26 06:25:48 ID:XT1IsvJP/Y
可憐「!?」

雪歩「こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ!!!!」

可憐「ひゃっ!! な、なんで雪歩ちゃんも、あはははは、く、くすぐってくるんです、んっ、はぁっ、はははははは」

雪歩「んっ、はははははあははは、ひっ、はぁ、んっ」

可憐「はぁっ、んっ、ひゃっ、あはははははは」

雪歩「――――わっ!?」コロビホ

可憐「!? 危ない、雪歩ちゃん―――っ!」
10 : Pチャン   2020/08/26 06:25:59 ID:XT1IsvJP/Y
可憐「あ………」オシタオシノミヤ

雪歩「え?」オシタオサレホ

可憐「だ、大丈夫ですか? け、怪我していませんか……?」メトメガアウー

雪歩「う、うん」ドキッ

可憐「今、どきますから―――」

雪歩「か、可憐ちゃん」ギュッ

可憐「え?」

雪歩「――――い、いいよ。しても」メトジホ
11 : お兄ちゃん   2020/08/26 06:26:13 ID:XT1IsvJP/Y
可憐「???? あのー……雪歩ちゃん?」

雪歩「くっ、まだフラグが立っていなかったみたいですぅ!」カイガンホ

可憐「えっと……それでポーカーフェイスの何かコツは掴めましたか……?」タチアガリー

雪歩「え? いや、まったく」タチアガリホ

可憐「…………」

雪歩「…………」

可憐「じゃ、じゃあ、私はこれで」スゴスゴ

雪歩「ま、待って! お詫びにお茶淹れてくるから! 40秒で支度するから!」
12 : do変態   2020/08/26 06:26:25 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「はい、どうぞ。冷たい麦茶」コトッ

可憐「あ、ありがとうございます」

雪歩「それと、これも。冷蔵庫に入れていたの、うっかり忘れちゃっていたの」

可憐「これは……水羊羹?」

雪歩「うん。食べてみて」

可憐「えっと、でも、手づかみというわけには……あの、楊枝かフォークってありますか?」

雪歩「あっ、ちょっと待っていてね………こういうこともあろうかと、菓子楊枝~」

可憐(ド○えもんが秘密道具出す調子……!)
13 : プロデューサーはん   2020/08/26 06:26:35 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「これを使って切り分けて、と。はい、あ、あーん///」

可憐「え? じ、自分で食べられますよ?」

雪歩「そっか、可憐ちゃん……先輩に恥をかかせる気なんだ。ふーん……」ビューッ

可憐(唐突な先輩風!)

可憐「あ、あーん」

雪歩「お茶に飲まれよ!」グイッ

可憐「もがっ」モグモグ

可憐「…………! すごく美味しい、です」
14 : おやぶん   2020/08/26 06:26:46 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「ほんと?」

可憐「は、はい。えっと、どことなく高級な香りもしますし、もしかして有名なお店のものなんですか?」

雪歩「ううん、実は手作りなの」

可憐「雪歩ちゃんの?」

雪歩「つい昨日、いっしょにオフだった春香ちゃんにも手伝ってもらったんだけれどね。○○子作りに挑戦してみよーって話になって」

可憐(なぜ、和菓子作りを伏字に?)

雪歩「だから、まあ、この水羊羹は私と春香ちゃんの愛の結晶と呼ぶこともやぶさかではないけれど」

可憐(そうかな……)
15 : プロデューサーさん   2020/08/26 06:26:58 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「で、でもね! 可憐ちゃんに食べてもらいたいって思って、持ってきていたんですぅ! お口にあったなら、よかったあ……えへへ」

可憐「雪歩ちゃん……ふふっ」

雪歩「えっと、じゃあ、はい」

可憐「?」(菓子楊枝を渡された?)

雪歩「わ、わかるよね?」

可憐「はい……あとはちゃんと自分で食べますね」

雪歩「ええっ!?」

可憐「なんて、冗談ですよ♪ はい、雪歩ちゃん。あーん」
16 : 3流プロデューサー   2020/08/26 06:27:12 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「!! ………んっ」クイツキホ

雪歩「もう、可憐ちゃんの意地悪……」モグモグ

可憐「あ、あの1つ訊いてもいいですか?」

雪歩「ん? なんでもいいよ。私の性感帯がどこかっていう話?」

可憐「いえ、さっきの『お茶に飲まれよ』っていうのは……?」

雪歩「あー、そこ聞いちゃうか、気になっちゃうよねー、どうしよっかなー」

可憐「……ご馳走様でした。では、そろそろ私……」

雪歩「うう、可憐ちゃんはいけずですぅ」
17 : 彦デューサー   2020/08/26 06:27:24 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「あのね、この前、とあるTVの番組でいっしょになった別の事務所の子が、特徴的な挨拶をもっていて、いいなーって。それで私なりにアレンジしてみたの」

可憐「? それって、つまりはその子のパ、

雪歩「ちがうよ!! インスピレーションからボーンしたリスペクトのエクスプロージョンってやつですぅ!」

可憐(ロコちゃんみたいになっている!?)

雪歩「もう失礼しちゃいますぅ」

可憐「ふふっ……あの、私、思うんです」

雪歩「? 何の話?」

可憐「雪歩ちゃんにポーカーフェイスなんて、ひ、必要ないかなって」
18 : 兄(C)   2020/08/26 06:27:52 ID:XT1IsvJP/Y
雪歩「えっ? どうして?」

可憐「だ、だって……ころころ表情を変える雪歩ちゃん、その、とっても可愛いから……♪」

雪歩「……っ」ドキッ

可憐「な、なーんて、私ったら、調子に乗って、ご、ごめんなさい」

雪歩「むむむ……そ、そういうの私が可憐ちゃんに言って締めくくるはずだったのに……」ツブヤキホ

可憐「?? あの、今、なんて……よく聞こえませんでした」

雪歩「だから―――――お茶に飲まれよ!!(お茶のおかわりはどうですか?)」テレカクシホ

可憐「え、えぇ……? もう雪歩ちゃんったら……てへへ」

おわりですぅ
19 : 箱デューサー   2020/08/26 06:43:08 ID:fK150CDfrU
おつー
なぜ動画に残さなかったのか!
20 : 貴殿   2020/08/26 07:20:26 ID:8frxzvmhdo
亜利沙(抜かりはありません)
21 : プロデューサー君   2020/08/26 10:41:06 ID:BSxTfU.Q6c
>>20
律子(よし、正座)
名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。