コロコロコミックにアイマスシリーズを題材にした漫画が連載されてたら
1 : ダーリン   2018/11/20 17:26:12 ID:uA8g2/rRlA

ライバル「Princess Be Ambitious!!に菊地真だと!血迷ったか!?」
ヒロイン「そうよ、主人公!真様のようにかっこいいアイドルにはかっこいい曲で行くべきだわ」
主人公「まあ見てなって」
ネンジュージョシムキュー
ヒロイン「嘘、スコアがどんどん伸びていく」
主人公「菊地真はPrincess属性なんだぜ!」
ヒロイン「知らなかったわ…」
ライバル「だがこの曲が似合うアイドルは他にいるはずだ!貴様の人選は明らかにミスだ!!」
主人公「…真はな、可愛い女の子になりたくってアイドルになったんだよ…」
ライバル「!?」
主人公「女子の魅力を全力で歌ってるこの曲は真に眠る本来の魅力を引き出す!見た目だけで人を判断し、才能を引き出せないようなやつにプロデューサーを名乗る資格はねぇ!!」
ヒロイン「スコアがライバルくんを超えた…主人公の勝ちね!」
ライバル「才能を引き出す、か…主人公、次は負けない…」
坂上「やったな、主人公くん!」
主人公「坂上博士!俺やったぜ!」
坂上「君のプロデューサー道は始まったばかりだ、これからも精進したまえ」
ヒロイン「私もこれから真様のことをもっと知っていくようにするわ」
主人公「おっしゃあ!!俺も負けねぇ!そしていつか親父を超えるんだ!!」
来月号に続く

2 : Pチャン   2018/11/20 17:29:43 ID:TkkN.WgavU

よし
>>1ちゃん今から読み切り描くんだ

3 : おにいちゃん   2018/11/20 17:29:44 ID:CB9RXofPqc

親父もプロデューサーとか嫌すぎる…

4 : 仕掛け人さま   2018/11/20 17:58:49 ID:UxShouJLtg

そのうちアイマスを題材にしたトーナメントが始まったり、アイマスを使って世界を征服する悪の組織と戦ったりするんだろうな

5 : プロデューサーはん   2018/11/20 18:07:50 ID:.nGnfmr5YU

リボンザムすなーっ!

6 : Pさぁん   2018/11/20 18:38:53 ID:n2MrVyn7PI

四天王A(ミリ担当)「四天王D(シャニ担当)がやられたようだな…」

四天王B(デレ担当)「ククク…奴はアイマス四天王の中でも最弱…」

四天王C(エム担当)「子供如きにやられるとは我らの面汚しよ…」

7 : ごしゅPさま   2018/11/20 19:10:36 ID:p0fkVK3bw6

・ゲーム拳必殺50連打で曲レベル56をフルコンする。
・必撃連打「百八竜」で曲レベル56をフルコンする。
・フルコンしたら、ウィニングスマホ(注:思い切り空に放り投げる)
・ああああ、年がバレるバレる…………


これがボンボンだったら、主人公がアイドルにドットチェンジ(誰も知らねえよ)してライブするんだぜきっと。

8 : 箱デューサー   2018/11/20 20:12:08 ID:o60NHcugZc

作者:穴 久 保 幸 作

9 : 兄ちゃん   2018/11/20 20:16:51 ID:lOOLWIdPMs

作者によってはアイマス界でもタブーと思われるウンコやチンコが出てきてしまう

10 : 兄ちゃん   2018/11/20 20:20:22 ID:8ZVA0oZr86

かっこつけすぎて次のページででんじゃらすじーさんにロケットランチャー打たれてそう

11 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/20 20:28:45 ID:UfX8COcnSs

黒ちゃんがアイドルプロデュースを利用しての世界征服を目指す

12 : ハニー   2018/11/20 21:27:11 ID:xp.aqy.2jo

ステージでうんこすなーっ!

13 : Pさぁん   2018/11/20 22:07:16 ID:ym043w0cy2

P「よーし俺も人肌脱ぐぞー」
春香「ほんとに裸になった!」
からのズッコケポーズするアイドル一同

14 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/20 22:33:11 ID:2FTlU9NU0U

アイドルではなく、中の人をモデルにしたキャラの漫画とかありそう
マツイくんみたいな感じの

15 : お兄ちゃん   2018/11/20 22:43:08 ID:I4mTZ6ltUU

ハンドスピナー虎牙道の話する?

16 : 箱デューサー   2018/11/20 22:46:17 ID:.nGnfmr5YU

>>14
ゴーゴーゴクウ!えりこちゃん みたいな感じか

17 : プロデューサー殿   2018/11/20 23:06:37 ID:0UWmPb9bsY

春香がギエピーみたいな役どころするギャグ漫画じゃないのか

18 : 1   2018/11/20 23:46:14 ID:WeIKbZo.S6

先生「こら主人公!また学校でアイマスしてるのか!!」
主人公「げ、先生!」
先生「スマホは没収だ」
主人公「そんな~、今大事なイベントがあるんだよ~」
先生「問答無用!放課後職員室に来るように」
~下校~
相棒「それはついてなかったね、主人公」
主人公「上位報酬もらえなかったら恨むぜ先生…あれ、こんなところにゲーセン?」
相棒「入ってみようか」
主人公「おい見ろよ相棒!あのゲーム台…アイドルマスターって書いてあるぜ!」
相棒「まさかこんなところで幻のアーケード版アイマスに出会えるなんて…」
先生「主人公、相棒、お前たちこんなところで何してるんだ?」
主人公「先生こそ何してんだよ?」
先生「あぁ、お前たちには言ってなかったが、先生な、Pなんだ。アケマスの頃からの」
主人公&相棒「えええええええええええええぇ~!!」

19 : 彦デューサー   2018/11/21 01:45:56 ID:zzKtoRl5VQ

スーパーハルカくん
デンジャラス未来ちゃん

20 : プロデューサー   2018/11/21 03:36:49 ID:tU2t67guwY

せめてベイブレードとかロックマンぐらいであってほしい・・・ビーダマン(タマゴ世代)でも良いが

コロッケとかビーダマン(ヤマト世代)だとうんちんが出てくるから・・・ちと女の子には厳しいか・・・

21 : バカP   2018/11/21 07:08:20 ID:xOxJUDIXI6

出したアイドルのキャラカラーの排泄物がアイドルの声でしゃべっちゃうやつだそれ。

22 : ハニー   2018/11/21 08:19:43 ID:zzKtoRl5VQ

宇宙人田中琴葉もあるな

23 : Pチャン   2018/11/21 08:21:35 ID:zzKtoRl5VQ

ペットの数的に学級王ガナハとか

24 : ご主人様   2018/11/21 14:03:08 ID:N.7CfX3w4I

ギエP

25 : 1   2018/11/21 17:45:50 ID:8fDbup916c

四天王「我がフローズンワードの力を使って地球を氷漬けにしてくれるわ!わーははは!」
主人公「仲間思いの恵美を利用して人々を苦しめるなんて、お前は絶対許さねぇ!!」
四天王「何を熱くなっている?たかがゲームのキャラ…プログラムではないか」
主人公「アイドルは"生きて"るんだよ!聞こえねぇのか!?恵美の悲しみが!琴葉の怒りの声が!!」
四天王「そんなものは幻聴にすぎん!!このまま貴様もくたばるがいいぞ!!」
主人公「うおおおおお!!俺たちは負けねぇ!!!」スリスリスリ
転校生「どうしたんや主人公?スマホを身体に擦りつけとる場合やないで!」
ライバル2「いや、違う!主人公はスマホに溜まった熱を身体に集めてるんだ!」
親友「主人公クンの身体が燃えたぎってマース!」
主人公「行くぜ琴葉!恵美を取り戻すぞ!!」
親友「ボクのエレナの力も使ってくだサーイ!」
転校生「デレステからも参戦や!行くで茜ぇ!!」
ライバル2「なんて美しいハーモニーだ…」
主人公「うおおおおおお!!俺たちの価値だ四天王ぅ!!」
四天王「そんな馬鹿なああああああ!!」チュドーン

26 : プロデューサー様   2018/11/21 17:57:59 ID:lnz5/A5sdA

>>25
こういうコロコロ特有の勢いとノリで敵を倒す展開嫌いじゃないよ

27 : そなた   2018/11/21 18:11:58 ID:8ZYjQlfwWY

デンジャラスPさん

28 : プロデューサーちゃん   2018/11/21 18:48:29 ID:tU2t67guwY

ロコロココミック・・・

29 : ごしゅPさま   2018/11/21 20:03:16 ID:mdSe0L964w

アニキとかだと連載ありそうだけどな
バンドリもやっていたし

30 : Pチャン   2018/11/21 21:02:19 ID:u3Rt8aj8QU

あのループの輪刃を一回戦で下す佐々木千枝

31 : Pしゃん   2018/11/21 22:30:58 ID:DfGm3XCZH2

三好紗南「炎のコマ!」

32 : ご主人様   2018/11/22 00:19:41 ID:jn1SG4ZdF2

Masque:Radeがデコピン一つで戦う話?

33 : 兄ちゃん   2018/11/22 02:24:55 ID:Oz32eTTLN6

>>32
さてはお前さんクラッシュビーダマン世代だな?

34 : ごしゅPさま   2018/11/22 02:44:25 ID:/7iWVTJ7OI

>>32
予選のマスカーレースで恋心マスカレード仮面と共闘しそう

35 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/22 12:22:05 ID:BnB6uK2FFo

アイドルが全員昆虫になってるマンガとかありそう

36 : 彦デューサー   2018/11/22 12:28:44 ID:/7iWVTJ7OI

>>35
アイマスムチッ子物語

37 : 兄ちゃん   2018/11/22 12:29:04 ID:vG365fMVRo

ムシキングに莉嘉を出そう

38 : プロデューサー   2018/11/22 12:29:47 ID:p1.tPsGsQc

>>35
テントウムシハナコならぬテントウムシユリコ

39 : ダーリン   2018/11/22 17:43:15 ID:yYGXKbf3TM

ゾイドに乗る響

40 : 1   2018/11/22 18:02:16 ID:fKIrDJG0Ck

主人公「ゆ、指がああ!!」
坂上「アイマス仙人との過酷な修行で彼の体力は限界のようだ…」
相棒「がんばれ、主人公!!」
ヒロイン「そうよ!負けないで!!」
四天王2「終わりね坊や、お姉さんをここまで追い詰めたことは褒めてあげるけど所詮はこの程度…やはり『あのお方』が出るまでもなかったわね」
主人公「うるせぇおばさん!動く指がある限りタップし続けられる!俺のプロデュースはまだ終わってねぇ!!」
四天王2「おば!?そう…なら二度とスマホを握れない身体にしてあげるわ!!あの世で後悔なさい!!」
仙人「主人公!今じゃ!"あの技"を使うのじゃ!!」
主人公「アイマス仙人!よっしゃあ!行くぜ!!必殺!空中足指連打!!」
坂上「これは!空中にスマホを投げて、空高くジャンプすることで落下速度と合わさり高速でタップする可能となる伝説の奥義!!」
仙人「格闘技においても拳より蹴りのほうがダメージが大きい。それを応用させることでライブでさらなる爆発力を生み出すことが出来るのじゃよ」
四天王2(この坊や、『あのお方』と同じ技を!やはり坊やは『あのお方』の!?)
主人公「フルコン完了おおおおおおう!!」ビシッ
四天王2(完敗よ…二度とスマホを握れなくなったのは私だったわね…)チュドーン

41 : そなた   2018/11/22 19:06:18 ID:7ICEOmfH8.

>>7

で、たまに竜拳法を使うアイドルと共演するんだろ、知ってる知ってる。

42 : 我が友   2018/11/22 19:15:47 ID:vG365fMVRo

>>40
坂上さんなにやっとん

43 : プロデューサー   2018/11/22 21:04:20 ID:yYGXKbf3TM

>>1のコロコロ風SSで坂上さんが解説キャラになってるの笑える

44 : プロデューサーはん   2018/11/23 02:29:17 ID:0BgyFN2mVg

ヨーヨーをうまく回せない紬

45 : プロデューサーさん   2018/11/23 07:21:29 ID:B5ylz4looY

坂上「主人公くん!この衣装を使うんだ‼︎」
主人公「こ、これは…⁈伝説のチャイルドスモック!」

46 : ごしゅPさま   2018/11/23 15:05:36 ID:3.E9jWBWP2

黒シルエットの男の手にかかって死んだ社長を生き返らせるためにアイドルたちと共に禁貨を集めるプロデューサの漫画

47 : おやぶん   2018/11/23 15:14:47 ID:0BgyFN2mVg

>>46
響子「このフライパンはマンモス三頭分の重さです」

48 : おやぶん   2018/11/23 17:39:37 ID:gw.Mp55CJ.

>>46
必殺技はハンバーg最上静香「ウードンです!」

49 : 1   2018/11/24 00:48:26 ID:EzqNE9cFDs

秋葉原
メイド「いってらっしゃいませご主人様♪」
ライバル「ふん」スタスタ
シュ!ザクッ!
ライバル(名刺!?)「なにものだ!?」シュ!
???「ホホホ見事な名刺投げ…相当のプロデューサー力をお持ちのようだ…おっと申し遅れた、わしは四天王3!単刀直入に言います、あなたを組織に勧誘に来ました」
ライバル「俺は誰とも組む気はない。俺の隣にいていいのはアイドルたちだけだ」
四天王3「わしの誘いを断るというのならば、名曲『隣に…』の歌詞にもあるように、二度と想い人に逢えない場所へと誘いましょうぞ」
ライバル「ふん、食後の運動にはちょうどいい!場所を移すぞ、ここではSNSに晒される」
四天王3「他のPに迷惑が掛からないようにとの配慮。素晴らしい気遣いだ」
同時刻~愛増小学校~
主人公「SSRゲットだぜ!!」ジョボジョボ
ヒロイン「おバカ!屋上で立ちションすなー!!」
相棒「」ズッコケ

50 : バカP   2018/11/24 00:51:10 ID:naA89tceIs

SNSに晒されるワロタ

51 : プロデューサー様   2018/11/24 01:08:37 ID:NJdI1i3fbU

アキえも~ん!なんか道具出してよ!

52 : プロデューサーはん   2018/11/24 13:38:52 ID:n1F.YDdQ9E

でんじゃらすちーちゃん

53 : Pチャン   2018/11/24 17:07:21 ID:.eme9bzWA6

ヒロインは涼ちん

後日、作者自身が薄い本を出して、編集部にこっぴどく怒られる

54 : 1   2018/11/24 18:28:13 ID:EzqNE9cFDs

ライバル「一応貴様の担当アイドルを聞いておこうか」ゴゴゴゴゴ
四天王3「答えよう、わしに″担当アイドル″はいない」
ライバル「ちっ!とぼけたじじいだ!ならすぐころしてやる!双翼の…『独奏歌』!!」
四天王3「何!?双剣を召喚して攻撃じゃと!?これは厄介・・・とでも言うと思ったかな?」バシッ
ライバル「双剣をはじいただと!?バカな、スキのない攻撃だったはずだ!?」
四天王3「先ほど君が投げ飛ばした名刺のデザイン、そしてその厨二感全開の服装を見れば君がダークイルミネイトPであることは明白。後は繰り出してくる攻撃を予測して対処すればいいだけ」
ライバル「くっ!ならばこれはどうだ!『双翼の独奏歌』!『我が混沌のサバト・マリアージュ』!!」
四天王3「双剣に加えて空間への直接干渉ですか…無意味ですね!!はっ!!!…とこんな感じに簡単に打ち消せるのですy・・・、!?何ですかその構えは!?」
ライバル「対主人公用に開発した技をまさか貴様のような老いぼれに使うことになるとは屈辱だぜ・・・!くらえっ!『ローリング△さんかく』!!!!」
四天王3「ぐはっ!」
ライバル「かーらーのー!!」ビュン
四天王3「飛んだ!?よく見たら奴の体が鉄のように…まさか…これは!?」
ライバル「『メタル桃子』だけどおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
四天王3「ぐああああああああああああ!!」ドカーン
ライバル「やったか!?」

55 : ダーリン   2018/11/24 18:52:06 ID:naA89tceIs

やってない

56 : おやぶん   2018/11/25 23:53:43 ID:OlbeT9uEDU

死人が出る系のライブバトル漫画

続編で主人公がライブに命かけるヤツなんてこの世にいねーだろとか言ってしまう

57 : プロデューサー殿   2018/11/25 23:56:11 ID:xMd3Y/jrPU

>>56
それ言っちゃファン、泣くよーーーーーっ!!!

58 : Pちゃま   2018/11/26 06:21:03 ID:V47PpjVKs6

稲川名人物語
……だから、誰も知らねえつうに

59 : 1   2018/11/26 12:19:18 ID:UMrobfYS2.

四天王3「『参りました』『御見それしました』とでも言うと思ったか?やれやれ、新調したスーツに汚れがついてしまったではないですか」
ライバル「バカな・・・!俺の3つの奥の手のうちの2つを使ったというのにその程度のダメージ・・・だと・・・!?」
四天王3「高ランクPは担当アイドルへの許容が大きすぎて二次創作要素まで取り入れパワーアップすると聞きますが、わしの想像以上にあなたの器は大きいようだ…素晴らしい、ならばあなたというPに敬意を表してお見せしましょう、私の力の一部をね・・・」
ライバル「ぐああっ!!」(空からの攻撃だと・・・どういうことだ)
四天王3「ヌービアム…」
ライバル「ロボットだと!?どういうことだ!?なんだその力は!!?」
四天王3「かつて坂上博士が開発し、封印した古代の力・・・私はその力を呼び覚まし、操ることに成功しました、そう、私だけが!この世界で唯一!この力を扱えるのだ!!この『XENOGLOSSIA』をね!!!」
ライバル「担当アイドルがいないと言ったのは、そういうことだったのか・・・」
四天王3「さてライバルくん、チェックメイトです。安心してください、ころしたりはしませんよ。あなたを保護して組織の洗脳技術で私の忠実な手ごまにしてあげますよ」
ライバル「おれが・・・ここで、負けるのか・・・」
四天王3「さようなら、ライバル君」
『俺たちはもうP仲間だ!』『また再戦しようぜライバル!』『全国大会で会えるの楽しみにしてるぜ!!』
ライバル「くそっ!ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」
ドッカーン!!!!
四天王3「ハーハッハッハッハッハ!!」

60 : 我が友   2018/11/26 13:15:46 ID:g5XLaDefZU

もはやなんでもありだな…

61 : お兄ちゃん   2018/11/26 14:15:17 ID:AedYdVbLe6

>>58

連続タップでスイカを割るんだっけ?

62 : 1   2018/11/27 14:50:38 ID:KIxMNcPw3Y

主人公「俺は四天王を二人も倒した男!今日も絶好調!誰にも負ける気がしないぜ!」
四天王4「ほう、その程度で調子に乗っているようではいつか足元をすくわれることになるぞ」
主人公「誰だ!?」
四天王4「俺は四天王4!主人公、貴様にアイマスファイトを申し込む!!」
???「ちょーっと待ちな!!」ヒャッハー
相棒「なんかいかにもな感じの人たちが来ちゃったー!」
賞金稼ぎ「俺たちは賞金稼ぎだ!四天王、貴様を倒せば俺たちの名が上がる!覚悟しr」
四天王4「失せろ!」バッ!
賞金稼ぎ「ギャー!!」チュドーン
ヒロイン「一瞬で全員爆発した!?」
四天王4「金に目がくらんだハエ共が…俺が用があるのは主人公、貴様のみ!」
主人公「…いいぜ!挑まれた勝負から逃げるつもりはねぇぜ!ルールはそっちが決めな!!」
四天王4「そういうと思って用意してある」バサッ
主人公「これは、カードの山…まさかこれは!?」
四天王4「そう!『ヴァイスシュヴァルツ』だ!3時間くれてやる!アイマスデッキを組み俺と戦え!!」

63 : Pくん   2018/11/27 14:55:00 ID:G3VYS/y.W6

一番コロコロらしい戦い方になってきたな
デュエマ思い出すわ

64 : 兄ちゃん   2018/11/28 22:08:12 ID:uLuFJrNKPo

ジョーカーズを作り出す静香
なお画力のせいでグロいクリーチャーしか出来ない模様

65 : 箱デューサー   2018/11/28 22:34:47 ID:b04clb7hU2

なに!デュエマスではないというのか!?

66 : ごしゅPさま   2018/11/28 23:08:07 ID:omgMg.n09.

Duel M@sters

67 : 1   2018/11/29 00:11:01 ID:ibKRSh8.gA

相棒「約束の時間から1時間も過ぎてる…主人公どうしたんだろ?」
ヒロイン「早く来なさいよ!あんなおっかないのと一緒なんて心が休まらないわ!」
四天王4「…」
主人公「待たせたな!TB03買いに寄ってたら遅れちまったぜ!」
ヒロイン「そんなのことより!何よその恰好!?」
主人公「これ?カードバトルだからな、切札勝舞のコスプレしてきたぜ!こういうのって形から入らないといけないなと思ってさ~」←松本大先生ごめんなさい
ヒロイン「…恥ずかしいから脱いで、今すぐ」
主人公「ったくしょうがねーなー…うわっ!勢い余ってパンツまで脱いじまったぜ!」ポコチーン
ヒロイン&相棒ズッコケ
四天王4「重役出勤とはいい度胸だ、三流プロデューサー…しぬ覚悟はできてるんだろうな?」
主人公「そう慌てんなよ、俺の作った最強デッキでお前をズタボロにしてやるぜ!」
四天王4「…一応確認しておくが、高ランクP同士のアイマスファイトではダメージはリアルに受けることになる。さらに今回、加えてルールを追加する!敗者のデバイスを破壊する!」
主人公「デバイス…スマホのことだな…いいぜ、絶好調の俺ならこの勝負も余裕勝ちできるからな!」
四天王4「井の中の蛙め、貴様に現実を見せてやる!」
二人「「アイマスファイトーゴー!!」」

68 : バカP   2018/11/29 00:22:04 ID:.yXPX0ZpLY

スーパーマリオくんみたいなボケ

69 : 1   2018/11/30 14:57:55 ID:MBse.qE3mM

主人公「うわああああああ!!」(後ろに吹っ飛んで壁を貫通し民家共々爆発)
四天王4「俺の勝ちだ、約束通りデバイスは破壊する」
主人公「ハァハァ…そうは…させねぇ…!」ブン
四天王4「腕力による反撃か?見苦しいやつだ、恥をしれ!」ゴゴゴゴゴ
相棒「四天王4が自分の体にスマホをこすり付けて炎を纏った!まさかこの技は!?」
主人公「ぐわっ!じ、『ジレるハートに火をつけて』…お前まさか…」
四天王4「俺も貴様と同じ、田中琴葉担当Pだ!そして、デバイスは…破壊する!」バキッ!
主人公「やめろおおおおおおお!!うわああああああああああ!!」
四天王4「慢心だけならまだしも、負けた後の見苦しい行動…貴様はもうPではない、ただの負け犬、いや負け蝿だ!」
ヒロイン「酷い…アカウントまで破壊するなんて…」
四天王4「哀れな貴様にもう一つ教えておいてやる、俺は貴様の生き別れの兄!そして組織のボスとは!俺たちの父親だ!!」
相棒「な、なんだって!?」
四天王4「ハエが…もう貴様に用などないわ!!」シュバッ
突然の雨
主人公「ちくしょおおおおおおおおおおおおおお!!」

70 : Pくん   2018/11/30 15:07:05 ID:Y43Hb4/3mU

これがホビー漫画なら新しい機体が出るやつ

71 : 仕掛け人さま   2018/11/30 15:16:28 ID:odJov9FV66

>>70
新しいカードを手に入れるのかもしれない
BWDも元々貰い物だし

72 : 1   2018/12/01 01:24:55 ID:KVmESB6Iw2

坂上「助手の中川くん、゛例のあれ"はどうなっているかね?」
中川「ばっちりです!これにはフェティシズムを感じざるを得ませんね!」
坂上「そ、そう…」
相棒「うわあああああああん!!坂上博士!!大変だよおおおおお!!」
坂上「相棒君!?どうしたんだ、顔中涙と鼻水まみれだぞ!とりあえずこれで拭きなさい」
相棒「あ、ありがとうございます」ゴシゴシチーン
中川「ちょっと!それ僕の白衣なんだけど!!」
相棒「実はかくかくしかじかで」
坂上「な、なんだって!主人公くんが四天王の一人にやられてしまっただって!?」
中川「しかもその男は主人公君の生き別れの兄だったってマジ!?」
相棒「はい・・・それと・・・これ、去り際にあいつが置いていった紙切れ・・・」
中川「紙?中にはなんて?」ペラッ
相棒「ら、ラスト・アクトレスの…犯人の名前が…」
中川「非道すぎる!人間の所業ではないっ!!」机ドンッ
坂上「とにかくこうしちゃいられない!相棒君、中川君!すぐにでも主人公君の家に行くぞ!!」

73 : せんせぇ   2018/12/04 14:26:00 ID:seDQz9g5oI

母「主人公、今日の宿題終わったの?」
主人公「今はそんな気分じゃない…俺の部屋から出てってくれ…」
母「あんたのことだからアイマスでこてんぱんにされて落ち込んでるってところだと思うけど、図星よね?」
主人公「そうだよ、手も足も出なかった…あれ以来、アイドルの姿も声も聞こえなくなった…もう俺にアイマスをやる資格なんて…」
---玄関
坂上「主人公くん、お邪魔するぞ!」(中川は別行動)
主人公「ぎゃああああああ!!」
相棒「主人公が階段から落ちてきたぁ!!」
主人公「何すんだよ母ちゃん!?」
母「一度負けたくらいでアイマスやめるですって?好きなことを投げ出すような半端者に、お母さんは育てた覚えはないわよ?」
主人公「わかったから!頭鷲掴みにして持ち上げるのやめてくれぇ!」
相棒「ヒエッ、相変わらず怒らせると怖いお母さんだ」
坂上「私としたことが動揺して持ってきたシャンパンを自らぶっかけてしまったよ」ビシャビシャ
???「その話、私もまぜてもらってもいいかしら?」
坂上「な、なぜ君がここに!?」

74 : 彦デューサー   2018/12/04 14:49:14 ID:wMe4CBQQM.

新キャラか

75 : プロデューサーちゃん   2018/12/04 15:00:09 ID:d/ea09dAYY

もしかして・・・わかt・・・いやそんなハズは

76 : Pしゃん   2018/12/05 10:21:00 ID:QXzb9TU8Yg

プライドを傷つけられ残虐な性格になった北斗と男装して付き従う加蓮

77 : 1   2018/12/05 14:29:19 ID:6ybqZBtsTE

相棒「誰です?この仮面の女の人は?」
坂上「名人だ。最古参のPでもありアイマスファイトを世界に広めた実力者でもある。人呼んで『アサミンゴス名人』!」
相棒「あっ!も、もしかしてあなたは如月千早役の…」
母「大ファンです!サインください♪」ヌッ
名人「ごめんなさい、一応正体は秘密ってことになってるから」
母「あら、残念」シュン
相棒(主人公に負けず劣らずのアイマスバカだ、流石母子)
名人「それはそうと博士、私は主人公君を認めていません。彼のようなメンタルダメダメ坊やは今後の戦いに足手まといになるだけですから」
主人公(くそっ!悔しいけど言い返せねぇ!)
坂上「しかしだな名人!彼は『怪人MOON NIGHT事件』『真実の白事件』『魔王ドーターンの同担当殲滅事件』等の多くの事件を解決した功績が…」
名人「それは今までの相手が弱かった、つまり運が良かっただけのこと。組織の強大さはあなたも知っているはずですよ?だからこそあなたは多くのPを支援して組織との全面対決に備えているのでは?」
坂上「し、しかし今まで頑張ってきた彼をここで切り捨てるなんて…!」
主人公「もういいよ、博士。この人の言う通りだ。今の力を失った俺がいたって皆に迷惑かけちまうだけだ」
坂上「主人公くん…」

78 : 1   2018/12/05 14:44:17 ID:6ybqZBtsTE

ライバル2「主人公、結論を出すのはまだ早いのではないかな?」
主人公「その声はライバル2!どこから声が!?」
ライバル2「ここだ!とうっ!!」
相棒「空から降ってきたーっ!」ガビーン
ライバル2「久しぶりだね、諸君!」キラキラ
母「この背景キラキラで薔薇構えてるイケメン君は誰かしら?」
坂上「ライバル2くん、主人公くんと互角の力を持つPですよ」
ライバル2「実はずっとハワイにいたんだ」
相棒「サングラスにアロハシャツ、浮き輪抱えてココナッツジュース持って現れれば誰だって察しはつくよ」
ライバル2「はははっ!流石相棒君!なかなかの洞察力だ!」<相棒ズッコケ中

ライバル2「そして名人、お噂はかねがね。いきなりですが僕とアイマスファイトしてくれませんか?」
坂上「い、いきなり何を言い出すんだライバル2くん!」
ライバル2「主人公、今の君に足りないものは『情熱』だ。僕と名人の戦いを見てそれを取り戻してほしい!」
名人「へぇ、いいわよ相手してあげる。君ちょっと強そうだし私も久々に楽しめそうね」
ライバル2「決まりですね、さあ奏でましょうか、我々の協奏曲を…!」

79 : 1   2018/12/05 20:32:32 ID:6ybqZBtsTE

おまけ

相棒「ところでさ、どうしてハワイ帰りからここにきたわけ?」
ライバル2「僕の情報網を甘く見ないでほしい。彼が四天王に倒されたことはすでに把握している。何故なら永遠のライバルである主人公のことは24時間365日監視している。あっ、安心してくれたまえ!もちろんプライバシーの配慮は…」
母「お母さん、なんだか主人公の交友関係に不安を覚えてきたわ」
相棒(序の口です、とは言えないなぁ)ドヨーン

80 : 彦デューサー   2018/12/05 21:21:56 ID:sal3b2yCTQ

(実は最近お気に入り。更新があると嬉しくなる)

81 : 1   2018/12/06 15:57:50 ID:H.hrzuT/12

>>80
ありがとうございます!
------------------------------------------------------------------------------
---町内
ヒロイン「主人公、どうしてるのかしら?好物のカレー作って持っていこうと思うけど食べてくれるかな?ま、べ、別に!あいつのためなんかじゃないけど!ただの料理の練習してて!余ったから処理してもらおうとしただけなんだからね!!」
マドンナ「あなた、何一人でぶつぶつ言っていらっしゃるんですか?」
ヒロイン「…げっ!マドンナ…!」
マドンナ「ごきげんよう、ヒロインさん」
ヒロイン(マドンナ…私たちと同じ小学校のクラスメイト。成績優秀スポーツ万能、おまけに美人で学校の人気者…けどこいつ…)
マドンナ「ところであなた、主人公様のお宅に行く所かしら?奇遇ですね、私もです♪愛しの主人公様のためにクッキーを焼いたので食べていただこうかと」
ヒロイン(何故か主人公に惚れている!ちなみにこの子はPではないどころかアイマスをよく知らない一般人なのよね)
ヒロイン「言っとくけど、あいつ今落ち込んでると思うからいつものテンションで絡むとウザがられるわよ?」
マドンナ「何ですって!?主人公様が落ち込んでいる!?はっ!もしかしてこれは…」
主人公様を励ます→いい雰囲気になって恋人に→そして結婚!
マドンナ「絶好のチャンスじゃないですか!主人公様ぁ!あなたのマドンナが今参ります!!」ビュン
ヒロイン「チャンスって何よ、ってちょっとー!何一人で先に行こうとしてんのよぉ!!」

82 : 1   2018/12/06 16:13:24 ID:H.hrzuT/12

おまけ

マドンナ「私に追いつけると思っているんですか?私が長距離走学年女子1位であることをお忘れのようですね!」
ヒロイン「させるかぁ!!」つ自転車
マドンナ「あなたさっきまでお弁当箱しか持ってなかったのにどこからそれ出したんですか!ドラえもんですか!?」
ヒロイン「真様のホイールステッカー仕様のこの自転車があれば無敵よ!アーハッハッハ!」ビュン

83 : プロデューサー   2018/12/06 23:35:04 ID:nQXbwXuM8A

こんなのがありますよ?

84 : プロデューサーさん   2018/12/07 01:42:33 ID:uXqL/31ww.

>>83
わろた
よくできてんな

85 : 1   2018/12/07 14:52:51 ID:VoU9XDhFh2

ライバル2「ルールはスコア勝負!デレステで秘密のトワレのMasterで勝負しましょう!」
名人「ええ、構わないわ」
ライバル2「行くよ、僕のエンジェル智絵里」スマホにキス
相棒「出た!ライバル2の『ホーリーフィンガー』!彼のもう一つの顔、それは天才ピアニスト!」
坂上「見事だ!ピアノによって鍛えられた指先のしなやかさでアイコンを次々とさばいているっ!!」
主人公(やっぱあいつ強え…、もしかして名人にも勝てるんじゃ……!?な、名人のやつ…!)
相棒「名人が目隠しをしながらゲームをしているっ!?しかも…今のところミス一つなくっ!!」
名人「ちょっとしたハンデよ、こうでもしないと私のワンサイドゲームになっちゃうでしょ?」
主人公(どうすんだよ、ライバル2!こんな化物に勝てんのかよ!)
ライバル2(面白いじゃないか、流石名人…!だが僕も負けないさ!)
ライバル2「あなたが『リミッターを付ける』ならば!僕は『リミッターを解除』する!!」
坂上「!?手袋を外した途端、ライバル2君がスピードを上げた!!」
相棒「こんな重い手袋を身に着けながら今までプレイをしてたのか!?」
名人(へぇ、やるじゃないあの子)
ライバル2「美しく舞い踊れ、僕のアイドルたち…!」

86 : そなた   2018/12/07 21:47:20 ID:4koQQipvrw

>>83
すげぇ

87 : 1   2018/12/07 22:49:01 ID:UBcxcDH/ME

>>83 番外編
相棒「お小遣い貯めてやっとコガドウコミック買えたぞ!家に帰って読もうっと!」
ガキ大将「おい、いいもん持ってんじゃねーか!俺様によこせ!」
相棒「何するんだ、返してくれ!」
ガキ大将「あん?てめぇ文句あんのかおい!」
ヒロイン「あるに決まってるでしょ?カツアゲなんかして恥ずかしいと思わないの?」
相棒「ヒロインちゃん!それに主人公も!」
ヒロイン「あんたなんてけちょんけちょんにしてやるわよ……主人公がね!」
主人公「俺がかよ!」ガビーン
ガキ大将「上等だ!アイマスファイトだコラ!!」
主人公「ハンドスピナー乱れうち!inFRAME!!」←FRAME P
ガキ大将「覚えてろよー!」(空に吹っ飛ぶ)
相棒「ありがとう、主人公!」
主人公「いいってことよ、長い付き合いだしな!だ・か・ら・さ!」
相棒「?」
主人公「コガドウコミックは俺が先に読むぜ!」
ヒロイン「次は私ね~!」
相棒「とほほ、結局こうなるのね」

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 5MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -