おままごとするアイドルとP その4
1 : プロデューサー   2019/04/23 23:12:16 ID:.Q/aMRkywA

おままごとにルールはないので、特撮色や吸血鬼色が強くても無問題(と言い張ってるだけ)
寧ろ、書いてる方が困惑してんだから・・・

取り扱い説明
特撮色強めの所P(共作)
だれ?らじガチ勢の誰デューサー

前回のおままごと↓
http://imasbbs.com/patio.cgi?read=6659&ukey=0&cat=765

【画像版】もよろしく↓
http://imasbbs.com/patio.cgi?read=6665&ukey=0&cat=765

342 : おやぶん   2019/05/14 02:36:15 ID:0ghpdHmh4k

>>341
紬「ハァ!?知事代行?」
琴葉「黒埼知事が体調不良で倒られてその代行にってセンスイさんが指示したそうよ」
あずさ「それは本当ですか校長先生?」
順二郎「うむ、本人の口からもそう聞いているよ」
茜「ありゃりゃりゃ~こりゃPちゃんはいずれ国をてに入れる気ですなぁ~」
律子「それは流石にないでしょ。・・・多分」
紬「どうするんですか!育さんが抜けたのにP先生も抜けると!」
琴葉「育は戻ってくるみたいよ?」
可憐「そうなの?」
琴葉「全部押し付けるみたい・・・」
茜「こりゃ酷い」
紬「本当にあの人はバカなのではないでしょうか?」
あずさ「言っちゃダメよ紬ちゃん」
律子「分かってたことだけどね」
琴葉「今に始まった気とじゃないですし」

343 : do変態   2019/05/14 06:42:31 ID:n.TRMHQDUk

>>342
テオス「え、24、5年前・・・?」
P「そんくらいだよ、まつりの眷族になったのはな・・・」
莉緒「向こう見ずな性格がね・・・」
恵美「あー、そんな事も話してたね・・・」
テオス『(まるで偶然の神にでも愛されてるか如くのデタラメ具合・・・!』
紗代子「響を助けたことがきっかけで、まつりさんの眷族を外れたんだもんね・・・」
P「色々、あったな・・・」
ジュリア「元はハルシュタインの勢力だったもんな、ビッキーは」
響「そういえば、そうなんだよね」
歩「人ですら、怪しいのか・・・」
晶葉『解剖させてくれ!』
響「嫌だぞ!」フシャー
風花「あ、あれ・・・?」
伊織「諦めなさいな、そもそもデタラメばかりの街なんだから・・・」
千鶴「さて、ご飯にしますわよ。どうせなら、食べていきなさいな」
光「よし、麗奈を呼んでこよう!」
P「そういう訳だよ、テオス。吸血鬼で天使なのが俺らだ・・・」
テオス「もう、どうでもよくなってきました・・・(然り気無く寄り添う音葉」
聖「むー・・・」
P「風呂、入っかなぁ・・・」

344 : Pちゃん   2019/05/14 13:29:10 ID:mzY3EJz/uw

>>343
茄子(幻影)「翻弄されてますねテオス様~」
テオス「何用ですか、幸運の女神・・・」
芳乃(幻影)「かの者は愛されております故~」
ほたる「要するに主人公補正ですね」
テオス「メタ発言過ぎますよ運命の三女神一同・・・」
茄子(幻影)「ですが彼は確かに無敵ですが~」
芳乃(幻影)「本人も気付いて居ない重大な弱点があります~」
ほたる「恐らく周りもこれには気付いてないかもしれません」
テオス「それは一体なんですか?」
聖「・・・なんですか・・・?」
茄子(幻影)「それは・・・・」
・・・
P「フィ~風呂は良い物だな~」
メフィスト(壁越し)『知事代行襲名おめでとう』
P「男の風呂を除くとは偉く特殊な趣味をお持ちだな・・・」
メフィスト『タイミングが此処しかないからね。私個人は君に興味がある』
P「それで俺に何か用か。悪いが俺はお前達全員を倒す気で居る」
メフィスト『構わないよ。それも運命なのだからね』
P「止めないのか?」
メフィスト『言っただろ私個人は君に友好を結びたい位に興味が有ると』
P「目的はなんだ・・・」
メフィスト『真なる魔王の復活を阻止したい事かな・・・?いずれまた会おう『第四真祖』』消える音葉
P「一体何がしたかったんだアイツは・・・」

345 : Pさん   2019/05/14 14:21:33 ID:1nTsWnRSIo

>>344
P「(『真なる魔王』。『救世主のミライ』が顕現したように、『魔王の小宮果穂』が出てこないという可能性も無くはないのがなぁ・・・」チャプ
P「(もしくは別の存在が居るのか・・・」
P「(まぁ、今は明日からの引き継ぎだな。後はユキナとレイナの話を総合すると、琴葉と『何かしら』あるのがそろそろみたいだからなぁ・・・」
P「(そこで回避すると、ユキナとレイナが・・・」ブクブクブクブク
・・・
P「という訳なんで、今日から育に引き継いでいくから・・・」
育「復帰早々・・・」ズーン
P「いいか、これ以上の出世はおろか、降格だってあり得たんだぞ・・・」
育「えっ・・・」
P「理事会を説き伏せるのだって、苦労したんだからな・・・」
育「そうだったんだ・・・」
P「後は律子と茜。二人もやってもらうからな」
茜「えっ・・・!」
律子「嘘でしょ・・・」
P「しゃーないだろ、一人で回らないんだから・・・」
律子「そうね・・・」
茜「まぁ、教頭だからね。頑張るよ・・・」
P「後、俺さ>>342で随分なディス受けてるよね。おかしくない・・・?」

346 : プロデューサークン   2019/05/14 14:57:37 ID:mzY3EJz/uw

>>345
紬「言葉の通りですが何か?」
P「おい」
紬「そもそも何でいきなり政界デビューするんですか?それがバカだと言ってるんです」
P「仕方ないだろ!これは仕組まれたんだ!陰謀だ!」
琴葉「NOと言える社会人のなると子供の頃に仰った貴方は消えたの?」
P「随分と小さい頃の記憶を引っ張りでして来るな君は・・・」
律子「何時決まったんですか?」
P「俺も知らない所で西園寺とセンスイさんの政界の大御所に仕組まれたんだよ!」
あずさ「あらあら、センスイさんは相変わらずPさんを後継者にしたいのね」
琴葉「これも全てはアサギに手を出したのが事の発端ですからね」
可憐「諦めましょう・・・」
P「金と力を持つ者が全ての勝者か・・説辛い世の中になったな・・・」
順二郎「君はきっとそう言う星の下で産れたんだろうね。なにセンスイも君の事を思ってる筈さ」
P「フフゥ~ン、だと良いが・・・」

347 : P様   2019/05/14 16:13:08 ID:1nTsWnRSIo

>>346
律子「そういえば、中等部に2人ほど転入してきたのだけれど、悠利さんの遠戚らしいわね・・・」
琴葉「へぇー、この娘たち悠利さんの親戚だったのね・・・」
紬「面識があるのですか・・・?」
琴葉「最近の話よ。助けてもらったというか・・・」
・・・
(夕方)
P「さて、そろそろ帰るか・・・」
ミライ「お疲れ様・・・!」
P「救世主の方か・・・」
ミライ「大丈夫、パパに用は無いの・・・」
P「お前が無くても、俺はあるんだよな。子供の非行を止めるのは親の役目だからな・・・!」カマエ
ミライ「じゃあ、守ってみせてよ・・・」カマエ
ガララッ
琴葉「あれ、まだ居たの・・・」
P「行くぞ、琴葉!」ダッ
琴葉「えっ、ちょっPくん!?」
ミライ「流石に速いね、でも、これならどうかな・・・」
(エレクトロ・アクセラレータに疾風を重ね掛けする音葉)
・・・
P「速い・・・!(お姫様抱っこをしている音葉」
琴葉「あれって、救世主のミライちゃんだよね・・・?」
P「そうだ、こないだと同じだな。何故、琴葉なのか・・・」
琴葉「私だって言うよりも、デストレイピアだよね・・・」
P「(人払いでやり過ごせればいいが・・・」
続く
※話のメインがP・琴葉・ミライじゃなかったら、書いても大丈夫

348 : 兄(C)   2019/05/14 19:10:05 ID:Hta8pEUt8w

>>347
加蓮「嘘・・・第二真祖の血縁者が来てたの?」
凛「直ぐに帰ったけどね」
奈緒「そういや加蓮も真祖だったよな?」
加蓮「うん、アタシのお婆ちゃんが第二真祖の血縁者でアタシはその孫」
奈緒「由緒ある家の奴がこんな芋ばっかり食べてるの見たら嘆くだろな」
凛「それは言えてる」
加蓮「悪い?ポテトは私の血で肉なんだよ!」
奈緒「嫌な血肉だな。吸血鬼の誇りどこ行った!」
加蓮「芋の前に敗れ去った。誇りで飯が食えるか!」
奈緒「威張るな!」
凛「ハイハイ」
奈緒「そもそも病弱なのにフライドポテト食ってんじゃねぇよ!病人は粥でも食ってろ!」
加蓮「アタシは芋で治す!」
凛「加蓮、ポテトはエリクサーじゃないよ?」

349 : 変態インザカントリー   2019/05/14 20:57:35 ID:RoUciJktu6

>>347
(使用されていない区画の一室)
P「よし・・・!」パチン
琴葉「大丈夫なの・・・?」
P「あぁ、救世主の方には悪いが当面は・・・」
・・・
ミライ「見つけた・・・!」バコーン
(式神と幻想蝙蝠(ホロウバッツ)の合わせ技だった音葉)
ミライ「(カチン」
P式神「(神速のスピードで駆けていく音葉」
ミライ「もう、どっちなのー!」
・・・
琴葉「うわ・・・」
P「それでやり過ごすしか無いだろ・・・」
琴葉「(あれ、これってもしかして・・・」
P「しっかし、何だって、まぁ・・・」ブツブツ
琴葉「(二人きり・・・」トゥンク
P「(出来ることなら、バレる前に仕掛けたいが・・・」
琴葉「ごめんね、恵美・・・」ポソッ
P「ん、何か言ったか琴葉・・・」
(MTMされている音葉)
琴葉「///(愛しそうに唇を触れる音葉」
P「琴葉・・・」
琴葉「やっぱり、ダメ・・・!」ジワッ
P「何がダメなんだよ・・・」
琴葉「貴方を諦めるなんて、私には・・・」フルフル
P「・・・」
琴葉「お願い、一度でいいから・・・」
(優しく抱き締める音葉)
P「ごめんな・・・」
琴葉「・・・!」
P「ずっと、我慢させてて・・・」
琴葉「Pくん・・・!」
(特別な時が流れる音葉)
・・・
(グランド中央)
P「よう・・・!」
ミライ「琴葉さんは・・・?」
P「隠れてるよ・・・」
ミライ「何かあったんですか・・・?」
P「そうだな・・・」
琴葉『負けないで・・・!』
P「長年待たせた、ツケを払ったってところか(天使化しつつデストレイピアSKRを構える音葉」ジャキッ
ミライ「それって・・・(青ざめる音葉」
続く

350 : ダーリン   2019/05/14 21:01:11 ID:RoUciJktu6

>>349
P「救世主のミライ。ここで終わりにしよう・・・」
(デストレイピアSKRが発光している音葉)
ミライ「デストレイピアが・・・!」
P「『コイツ』は生まれ変わるんだ、琴葉を、俺たちを、この街を助けるために・・・!」
(更に強く発光する音葉)
ミライ「目が開けて・・・」
P「これは俺のケンカ、いや俺たちのケンカだ!」
(デストレイピアが姿を変える音葉)
ミライ「それは・・・」
P「今からコイツの名は『セッカロウ』だ・・・」
ミライ「デストレイピアが失われた・・・」
P「行くぜ、ミライ・・・」









『お父さんの大変ありがたい説教の時間だ・・・!』

351 : EL変態   2019/05/14 21:12:22 ID:Hta8pEUt8w

>>350
メフィスト『ハッピーバースデイ。新たなる剣よ。この本によるとそれの誕生を待っていたよ。残る2つの魔剣の解放を待っているよ』
メフィスト『それこそが真なる魔王の誕生を『完遂』させる神器なのだからね』
メフィスト『そしてこれは君たちに向ける啓示だ。宇宙より新たなる脅威が2つ迫ってきているh。一つは個、一つは群。どうやって攻略するのか見物だ』
・・・
川島「えぇ~P君居ないの~?」
恵美「一応まだ教師だからね」
川島「折角単独取材しようと思ったのに~」
千鶴「ただの代行ですわよ?」
川島「代行でも彼のコネクションは興味深いのよ!」
伊織「ゲスいわこのアナウンサー」

352 : Pちゃま   2019/05/14 23:25:14 ID:RoUciJktu6

>>351
千鶴「それにしても、帰りが遅いですわね・・・」
伊織「今日からだっけ、引き継ぎって・・・」
恵美「育からは愚痴のようなラインは来てるけど・・・」
『・・・』
『まさかねぇ・・・』
恵美「(胸騒ぎがする・・・」
紗代子「あれ・・・?」
千鶴「どうしましたの、紗代子?」
紗代子「未来、知らない?」
恵美「え?」
紗代子「姿が見当たらないの・・・」
・・・
P「おりゃあ!」ブゥン
ミライ「きゃっ!」
ミライ「(剛烈でも押される、なら・・・」シップウ
ミライ「スピード勝負!(一瞬で右斜めに回り込む音葉」
P「・・・」パチン
ミライ「(ここからなら、って・・・!?」
(空気爆発をくらう音葉)
ミライ「何故・・・!?」
P「視えたからな・・・」
ミライ「未來視・・・!?」
P「さて、お前の相手もここまでだ・・・!」
ミライ「(出た、パパの『悪い癖』」
P「それは違うぞ」
ミライ「え・・・」
P「やるのは、俺じゃない・・・!」
「はぁーっ!(ソバットを叩き込む音葉」ガキィン
ミライ「エレクトロ・アクセラレータ・・・!?」







未来「ここからは、私が相手だよ。ミライ!」

353 : プロデューサーちゃん   2019/05/15 01:51:27 ID:mNpZI0sJUs

>>352
ドクトルG「大幹部がこれで4人減った事になるな致し方ない!」
カオリ「では如何する積りですかドクトルG?」
ドクトルG「こいつを使う元々は細胞を摘出する為に冷凍睡眠状態だが・・・奴に対抗できる強さを持つ」
マコト「これは『アマゾン』?」
ドクトルG「正確に言うならアマゾンのオリジナル・・・『アマゾンオリジン』だ!」
シズカ「これが兄さんに対抗できるとでも?」
シホ「どう見ても勝てる見込みが無いわ」
ドクトルG「出来るとも何故ならこいつは・・・Pの細胞で出来ている!」
シズカ「どういう意味ですか!?」
ドクトルG「正確に言うならPと誰かの遺伝子が組み込まれた生まれた始まりのアマゾンだと言う事だ!」
カオリ「しかしあの人の子にこんな不気味な化け物はいませんが?」
シホ「それともまた別の人を孕ませたのでしょうか?」
ドクトルG「さぁな?だがそんな事はどうでもよい。目覚めさせる時が来たのだ!」
カオリ「この怪物がどう扱うべきか許可を得る必要がありそうね」
ドクトルG「(どういう訳か戦闘術も使えるのでな・・・お陰であの時に捕獲に時間が掛かり過ぎてしまったよ)」
ドクトルG「(自我の無い怪物でありながらあそこまで戦闘術を行使できるのも奴の血と言う訳か・・・)」
ドクトルG「(楽しませて貰うぞ・・・未来のPの息子)」
アマゾンオリジン(見た目千尋オリジナル態)「・・・・・・」
・・・
レイナ「そう言えば・・・ユウと『チヒロ』はどうしたのかしら・・・」
ユキナ「美穂さんに飛ばして貰う際に妨害されて時間がずれてしまったから心配です」
レイナ「・・・弟二人を救えないなんて・・・」
ユキナ「チヒロを早く見つけないと・・・あの子が『完全な怪物』になる前に・・・」

354 : 千翼やんけ・・・   2019/05/15 06:55:21 ID:Fm.dXuVFOI

>>353
ミライ「今の私は『戦闘術』と『適合者』をミックスさせたハイブリッドだよ。パパならともかく・・・」
P「果たして、そうかな・・・?」
ミライ「えっ・・・」
P「『適合者』だけが強さの先を進んでると思わない方がいい・・・」
未来「見せてあげる、『輝きの向こう側』を!」パチン
(エレクトロ・アクセラレータの外装が変わる音葉)
ミライ「(オーラが変わった・・・!?」
P「(ここまでとはな・・・」
未来『エレクトロ・アクセラレータ・スターフォー!(アナザー衣装)』バチバチ
ミライ「だけど、疾風のスピードには」シュババ
未来「パパはやらせないよっ!」シュババ
ミライ「速い・・・!?」
未来「はぁーっ!」バコーン
ミライ「くっ・・・!」
P「(スターフォーは強力だが、時間制限がある。そのタイミングで適宜助けてやらんとな・・・」

355 : バカP   2019/05/15 09:26:45 ID:BWrl5Q1aA2

>>354
ローズ「我らが王よ此処に居りましたか」
アーク「・・・ローズか」
ローズ「何をしているにですか?」
アーク「・・・此処から街が見える」
ローズ「何故でしょうか?」
アーク「・・・失った記憶の中に街が合ったが違うみたいだ」
ローズ「そうですか。そう言えばドクトルGが実験体を動かす気であるようです」
アーク「そうかい、関係ない」変身を解く音葉
ユウ「僕らオルフェノクの野望にはね」
・・・
果穂「う~ん」ムクリ
夏葉「あら果穂?お昼寝はもう終わり?」
樹里「寝付きが良くないみたいだな?どうした」
智代子「怖い夢でも見たの?」
果穂「いえ、怖いと言うよりよく分からない夢でした!」
凛世「どういう事でしょうか?」
果穂「そうですね!宇宙から隕石が落ちてきてその中から人が出てくる夢でした!」
夏葉「まるで映画ね。隕石に宇宙人って」
樹里「だな」
智代子「子供らしくて良いじゃん」
凛世「そうですね」
果穂「あっ!皆さんアタシの事バカにしてますね!」

356 : 高木の所の飼い犬君   2019/05/15 11:15:00 ID:oIOsYr7yhI

>>355
P「(そろそろだな・・・」
P「未来!」
未来「うん、分かってる!」パチン
ミライ「何を・・・?」
未来「ドリーミングピンク・スターフォー!」
ミライ「衣装が変わった・・・!?」
未来「いっくよー!」バコーン
ミライ「(くっ、ようやく慣れてきたところに戦法を丸々変えてくるなんて・・・」
未来「パパ!」
P「拘束(バインド)!」
ミライ「しまった・・・!?」
未来『素敵なキセキ!』
ミライ「(ここまでか・・・!」ウツムキ
『まだ、終わる訳にはいかないのだよ・・・』カチッ
P「その声・・・!」
(時が止まる音葉)
ミライ「メフィストさん・・・」
メフィスト「デストレイピアは失われたが、目的は達成された」
ミライ「え・・・?」
メフィスト「今日のところはここまでにしよう。『彼女』も強くなってはいるが、次に上回っていれば問題ないよ」
ミライ「分かりました・・・」
(時間が再び動き出す音葉)
未来「あれ、居なくなっちゃった・・・?」
P「(にゃろう、時を止めて動けなくしてたな・・・」
・・・
メフィスト「流石だね、『吸血鬼の王』。時が止まる前に人払いを掛けていたとは・・・」

357 : プロデューサーちゃん   2019/05/15 11:39:23 ID:BWrl5Q1aA2

>>356
P「ミライの開放は失敗したがデストレイピアの新しい姿は解放をされたな」
未来「そうだね♪」
恵美「そうかそうか」
千鶴「帰りが遅いから心配しましたわ」
伊織「それより別の用件が有るんじゃない?」
P「奥さん方何故此処に居るのかな?」
恵美「夫を心配するのは妻の務めだよ?」
P「そうかそうか、ですが目が笑ってないね皆様」
千鶴「あら気のせいではありませんの?」
伊織「そうそう、琴葉と『禁則事項』してたのも気のせいかしら?」
P「あらやだ。プライバシーがないわ」
恵美「琴葉、本人から聞いたからね」
P「イヤーーーーーーー!」

358 : プロデューサーちゃん   2019/05/15 13:48:31 ID:oIOsYr7yhI

>>357
琴葉「Pくん、大丈夫・・・?」
P「大丈夫に見えるか・・・?」
琴葉「あはは・・・」
恵美「(そういえば、ユキナとレイナって・・・」
P「(そうなんだよ、ここなんだよ・・・」
千鶴「(って事は・・・」
伊織「あの二人は15~6年後の未来から・・・」
未来「パパ、私疲れちゃった・・・」
P「そうだな。恵美、先に帰ってくれ。片付けがまだ終わってない・・・」
千鶴「明日になさいな」
伊織「必要最低限の物は持ってきたわ」
P「(この、隙の無い布陣は・・・!」
恵美「琴葉も送ってくね。もう遅いし」
琴葉「じゃ、お言葉に甘えちゃおうかな・・・」
P「仕方ないか・・・・」
・・・
ギドラ「状態はどうだ・・・?」
シャドームーン「ようやく、カケラを全て排出したところだ・・・」
ギドラ「エンドナイフのカケラは・・・」
シャドームーン「海中深くに沈めた」
ギドラ「なっ・・・」
シャドームーン「ブラックサンの施しなど要らぬ・・・」
ギドラ「その信念、いつか身を滅ぼすぞ・・・」
シャドームーン「お前には分かるまい。私の『意地』だ・・・」

359 : そなた   2019/05/15 14:14:29 ID:z0WmvvqX.k

>>358
283P「何?宇宙から隕石が降ってきて中から人が出て来る夢?」
夏葉「果穂がお昼寝から覚めた時言ったのよ、子供らしい夢よね」
283P「ハッハハハハ。我が娘は男の子みたいな夢を見るのだな」
灯織「女の子らしい夢を見た事ないですね・・・」
真乃「私は鳩さんと戯れる夢をみました。まるで自分が鳩さんになった気分でした」
めぐる「いや、真乃一時期鳩だったじゃん・・・」
あさひ「・・・・・・」ゲームに集中して居る音葉
照井「言っても小宮はまだ子供だ。そういう夢も見るだろ?」
夏葉「でしょ?私もそう思うのよ。なのに果穂ったら・・・」
果穂(回想)『この夢、もう3日続けて見るんですよ?おかしいと思いませんか?』
樹里(回想)『そういう事くらいあるだろ?』
283P「・・・・3日も?」
あさひ「・・・・それって予知夢じゃないっすか?」
283P「予知夢?」

360 : 我が下僕   2019/05/15 16:05:44 ID:QCrWO3setI

>>359
283P「(予知夢・・・」ドクン
照井「どうした、283?」
283P「えっ、いや何でもねぇぞ!」ワタワタ
あさひ「・・・」ジーッ
・・・
283P「(そろそろ、閉め時か・・・」
ガチャ
283P「ん・・・?」
照井「ちょっと、いいか・・・?」
あさひ「私も話があるっす・・・」
283P「二人して、珍しいじゃねぇか・・・」
照井「予知夢の辺りからのお前の反応が気になってな・・・」
あさひ「何か、悪いゆめでも見たっすか?」
283P「実はな・・・」
・・・
照井「小宮がキングストーンを持って、魔王として君臨してる夢・・・」
あさひ「その次に見たのが、今の果穂ちゃんと魔王となった果穂ちゃんが対峙している夢・・・」
283P「そのいずれに共通するのが、先輩がすでにやられている・・・」
照井「あの勝ち気で向こう見ずな、あの人が・・・」
あさひ「夢とは言え、看過は出来ないっすね・・・」
283P「果穂と果穂が対峙して、子供の果穂が変身するところで起きた夢を最後に『その夢』は見なくなったんだが・・・」ズズッ
照井「なるほどな・・・」
あさひ「だから、ミライが分岐し始めたって話を・・・」
283P「さっきの隕石話を含めて、また何かが起きそうな予感はするんだ・・・」

361 : 我が友   2019/05/15 17:20:42 ID:z0WmvvqX.k

>>360
ギンガ「我が名はギンガ。この星を支配するのは大宇宙の意思なり」
果穂「傍迷惑な行為は止めてください!」
のあ「どう見ても言葉が通じる相手では無いわね」
飛鳥「人間同士でも相互理解は無理なんだから宇宙人なんて尚更だね」
ギンガ「我が支配を受けよ。これは大宇宙の意思だ」
果穂「それは御断りです!」トリニティタイム!
のあ「えっ?」
飛鳥「ちょ・・」
果穂「行きます!!」ジオウ!
のあ「あふん」ゲイツ!
飛鳥「あうふるるる」ウォズ!
果穂「変身!」トリニティ!
ギンガ「全ての物は滅びゆく・・・・!」
果穂「てやぁーーーー!!!」
・・・
果穂「ふぇ!?」ガバッ
果穂「夢ですか?なんだか偉く具体的な夢でした・・・」
果穂「のあさんと飛鳥さんってあんな変な声上げる人でしたっけ?」

362 : プロデューサー殿   2019/05/15 21:10:28 ID:Jz7DDdOZds

>>361
翌日・小宮家
果穂「うーん・・・」
ピエール「果穂、分からないところある?」
果穂「それは、大丈夫なんですけど・・・」
ピエール「ど・・・?」
果穂「最近、夢見が悪くて・・・?」
ピエール「りあむ?」
果穂「りあむさんでは無いです」
\やむぞ!/
ピエール「夢・・・?」
果穂「色んな夢を見るんです。隕石が落ちてきて、そこから人が出てきて、その人はここを滅ぼそうとしてるんです。トリニティで立ち向かおうとして、そこで目が覚めました・・・」
ピエール「勝つか、負けるか・・・?」
果穂「分かりません。でも、夢の中だからといって負けるのは・・・」
ピエール「負けるが勝ちていう言葉もあるよ・・・」
果穂「負けるが勝ち・・・」
ピエール「でも、死んじゃわない程度にね・・・」ギュッ
果穂「は、はい・・・///」トゥンク
夏葉「(甘ったるいわね・・・」
樹里「(こんなん、探偵に見せらんねぇな・・・」
智代子「(見せたら、卒倒だね・・・」

363 : 彦デューサー   2019/05/15 21:43:17 ID:FtnRBBhEs.

>>362
小宮家外
みのり「尊い・・・」ジ~ン・・
恭二「みのりさん・・・除きは犯罪ですよ。早苗さんの世話になりますよ・・・」
みのり「恭二・・・そう言うのは野暮って物だぜ・・」
恭二「カッコつけても意味無いですから・・・」
みのり「だってピエールがあんな純粋な表情で年相応な顔で女の子と会話してるんだぞ・・」ウルッ
黒服「うんうん」
恭二「・・・それは分かりますけど何も窓の外で覗かなくても良いじゃないですか?」
みのり「駄目だ!あの空間に俺達が居たらピエールは絶対こっちに意識が向く!そしたら果穂ちゃんが可哀そうだ!」
結華「三峰もそれには同意する!」
りあむ「・・・めっちゃ推せる・・・」
亜利沙「眩し過ぎます。涙が出て来そうです・・・」
恭二「・・・何時の間に」
みのり「だから俺達はこうやって外で見守るのさ・・ピエールと果穂ちゃんがくっ付いたあの子は王妃か・・・すげぇな~」
りあむ「シンデレラストーリーじゃん・・・」
三峰「そうなったら探偵たんは王妃のお父さんか~」
亜利沙「一気にパパを追い越しますね・・・」
りあむ「へっ?あの探偵と果穂ちゃんが親子?苗字違うじゃん!やむぞ!」
みのり「聞いた話だと果穂ちゃんは幼少期に両親と離れ離れで本当の親の顔を知ったのはついこの頃らしい」
亜利沙「ちなみにお母さんは桑山千雪市長さんです!」
りあむ「・・・何それ勝ち組じゃん!イケメンパパに美人ママってめっちゃ勝ち組じゃん!やむぞ!ボクはやむぞ!」
恭二「・・・警察沙汰にならない様に祈ろう・・・」

364 : Pくん   2019/05/16 05:32:26 ID:WvKizDJ4Pw

>>363
P「つ、辛い・・・」ズーン
恵美「どかした?」
P「県知事、仕事し過ぎじゃないですかねぇ・・・」
恵美「あー、今日から引き継いでるのかぁ・・・」
P「覚えることが多すぎんだろ。たかだか数ヶ月の間だろうが・・・」
伊織「その数ヶ月ですら、ちとせの全てになるのよ・・・」
千鶴「伊織の言う通りですわ。貴方の振る舞いはちとせさんの振る舞いですのよ」
P「うぐっ・・・」
伊織「最高戦力と同じよ。アンタの行動一つでちとせや千夜だけじゃないの。この街全てに影響が出るわ」
P「・・・!(目から鱗が落ちる音葉」
恵美「大丈夫、Pがみんなの為に頑張っているのは知ってるよ・・・」
P「恵美・・・」
千鶴「少しステージが変わるだけですわ。貴方の本質に変わりはなくてよ」
P「千鶴・・・」
伊織「こんな状況、打開出来るのはアンタだけなんだから、シャキッとなさい!」
P「伊織・・・。そうだな、うだうだ言ってもしょうがねぇよな・・・」

365 : Pくん   2019/05/16 06:37:48 ID:jbWdjE8TSM

>>364
P「後は秘書が居ればいいんだがな」
恵美「アレ?千夜は居ないの?」
P「あぁあいつはな・・・」
千夜(回想)『私がお前の秘書をやると思いましたか?残念ですね。私はお嬢様の世話で手一杯です』
ちとせ(回想)『ごめんね~』
P「って言ってきやがった・・・」
伊織「仕方ないじゃない。あいつの主はちとせなんだから」
千鶴「ですが流石に一人では辛いですわね」
恵美「でも流石にアタシらじゃ政治のお仕事は難しいからね・・・」
千夜「ならそれなりの能力を持つ者をピックアップして来ました。選ぶと言いです」
P「千夜?いつの間に来たんだ?」
千夜「一応私達の代行をお願いしているのですか」
恵美「へぇ~以外。てっきり数か月間ずっと孤独で仕事させるかと思った」
千夜「私を何だと思ってるのですか?」

366 : 5流プロデューサー   2019/05/16 08:56:02 ID:WvKizDJ4Pw

>>365
P「で、候補って一体・・・」
千夜「この方々です」
P「いっ・・・」
恵美・千鶴・伊織『・・・?』
P「マジで言ってんのか、千夜・・・?」
千夜「お前の言葉を借りるとしたら、『大マジ』です」
P「マジかぁ・・・」
・・・
ピエール「バイバイ、果穂!」
果穂「バイバイですっ!」
ブロロ・・・
果穂「ふーっ・・・///」
夏葉「あらあら」ニヤニヤ
樹里「随分、色気づいてきたな・・・」
智代子「色々、聞きたいなぁ・・・」
果穂「なっ・・・!」
・・・
りあむ「あー、めっちゃやむー・・・」
結華「まぁまぁ・・・」
亜利沙「アリサはここでお別れです!」ビシッ
結華「またねー」
りあむ「バイバーイ」
結華「いや、帰りなよ」

367 : der変態   2019/05/16 10:08:57 ID:5VXSFOI9Yg

>>366
凛世「とのことです」
283P「そうか・・・・」
真乃「黄昏てますね」
灯織「一人娘が恋に目覚めたらそうなるよ真乃」
めぐる「これ千雪さんに言ったらどうなるかな?」
灯織「おんなじ反応になると思う」
めぐる「なら泣きながら報告を聞くに5ドル」
真乃「灯織ちゃんはさっきの反応でいいよね?」
灯織「待って!何で賭けになってるの!しかも何で$札なの!ここ日本だよ!」
めぐる「私は半分アメリカ人ですから」
灯織「知ってるよ!それを今ここで発揮しないで!」
真乃「オッズは終わりだね」
灯織「真乃も真乃で賭けを進行しないで!そもそも私は賭ける何て言ってないよ!」
めぐる「狂気の沙汰ほど面白い!」ザワ
灯織「何言ってるの!」

368 : 兄(C)   2019/05/16 14:17:41 ID:WvKizDJ4Pw

>>367
P「いいのか、琴葉。無理に付いてこなくても・・・」
琴葉「私なら大丈夫だよ・・・」ピトッ
P「(とは言うものの、実際この方が都合が良かったりする・・・」
P「(ユキナとレイナの生まれる時期を考えると・・・」
琴葉「♪~」
P「(ただ、随分くっつくようにはなってきた・・・」
・・・
P「ちわーっ、三河屋ですぅー」
ちとせ「いらっしゃい、三河屋さん」
千夜「ふざけるな」ビシッ
P「ウィッス」
琴葉「もう、Pくんたら・・・」
ちとせ「・・・」
千夜「お前、ちょっと・・・」
P「はい・・・」
・・・
千夜「早すぎるだろ!」
P「仕方なかったんだ!」
千夜「仕方ないもクソもあるか!」
P「雰囲気だ!」
千夜「全く・・・」アタマカカエ
P「今、俺の傍に置いておくのは都合がいい・・・」
千夜「ん・・・?」
P「ユキナとレイナだ」
千夜「そういう事か・・・」

369 : P君   2019/05/16 16:55:05 ID:5VXSFOI9Yg

>>368
ユキナ「お父さん」
P「あん?どうしたユキナ?」
ユキナ「お父さんに伝えたいことがあるんです」
P「何が伝えたいんだ?」
ユキナ「私たちの『弟』の事なんです」
P「そう言えば俺って未来でまだ子供が居たんだったな・・・」
ユキナ「弟のチヒロって言うんですが」
P「千川?」
ユキナ「いえ黄緑色の悪魔ではありません」
黄緑色の悪魔『へっくしゅん』
P「そのチヒロは誰との子供なんだ?」
ユキナ「響さんとの子供ですが。お願いがあるんです」
P「お願い?」
ユキナ「もし弟が自我を失っていたら迷わず『殺してください』」
P「えっ?それってどういう訳・・・」
ユキナ「伝えたいことはそれだけです」
P「口が震えてた。きっと絞り出すように言ったんだな・・・でも何で弟を殺すように言うんだ?」

370 : Pたん   2019/05/16 20:55:18 ID:7.JVrMAtlM

>>369
ユキナ「弟たちは時間移動の際に妨害を受け、はぐれてしまった・・・」
レイナ「そして、アナザーショッカーに捕らえられ・・・」
P「別に殺さずとも、フルボッコでいいじゃねぇか」
ユキナ・レイナ「え・・・?」
悠利「そうだな。Pが言うんなら、自信あんだろ?」
P「親が子を殺せるかって話だしな・・・」
ユキナ「でも・・・」
レイナ「そうだね、私はパパに賛成かな」
ユキナ「レイナ!?」
レイナ「だって、パパだもん」
悠利「諦めろよ、コイツは昔からこうだ」ポン
ユキナ「むー・・・///」
P「悠利さん、まだダメだぞ。せめて16年待ってくれ」
悠利「その頃にはもう還暦なんだが・・・」
レイナ「おじいちゃんだね」
悠利「少しはオブラートに包んでほしいな!」

371 : プロデューサーさま   2019/05/16 21:36:16 ID:WmQJwF1qPE

>>370
ユキナ「ですがこれだけは言っておきます!チヒロが自我を失っていたら容赦なくやって下さい!」
P「実の弟なのに容赦ないな・・・」
レイナ「そうしないとチヒロは昔暴走して仲間も姉弟も傷付けた過去が有るの・・・」
悠利「そうなのか?」
ユキナ「チヒロは生れながらのアマゾンなんです・・・」
P「あの人食い種族!?」
レイナ「吸血鬼と人間のパパと眷属でハルシュタインの眷属で100%異形のミックス細胞がアマゾン細胞なんだ」
ユキナ「つまりチヒロはアマゾンの始祖・・・オリジンなんです」
P「つまりあの怪物達は俺の息子の細胞を元に作ってるってのか・・・」
悠利「酷い話だな・・・」
ユキナ「その性質上・・・人間性タンパク質を欲するのです」
悠利「人食いか・・・そんな時代で出来るのか?」
レイナ「許されないよ。だから晶葉さんと志希さんが開発した抑制剤と人間性タンパク質を取れるチューブを定期的に摂取してる」
ユキナ「もしそれが途切れたらあの子は極限の飢餓と殺戮本能に支配されてしまうんです」
P「つまり見境なく人を襲うってのか?」
レイナ「その通りだよ・・・」
悠利「なら早く見つけないと!」

372 : Pくん   2019/05/17 00:32:00 ID:zIo8qtEhxw

>>371
(回想終わり)
P「って訳なんだが・・・」
ちとせ「何て言うか、数奇だね。貴方の子供は」
千夜「私たちもそんな事になるのでしょうか・・・」
ちとせ「少なくとも、琴葉ちゃんの子は・・・」
P「アナザーショッカーに自分の息子が居るとなると、いささか心苦しい」
ちとせ「既に身内が居るよね」
千夜「まぁ、認識の早さの違いだとは思いますが・・・」
ガララッ
琴葉「飲み物買ってきたよ」
P「ありがとうな・・・」ナデポン
琴葉「やだ、恥ずかしい・・・」
ちとせ「(双子の姉は老け専・・・」
千夜「(お嬢様、ステイです」
P「じゃ、引き継ぎ始めようぜ・・・」

373 : 彦デューサー   2019/05/17 06:42:47 ID:ETcNDXUrio

>>372
アナスタシア「星を見るのは楽しみです」
未央「今日の流星群の観察会だっけ?」
飛鳥「束の間の平和を堪能するには悪くないんじゃないかい?」
美波「この前の会談襲撃失敗からアナザーショッカーの動きも大人しくなって来てますからね」
アナスタシア「アー、皆は星を見つけたら何て名前を付けます?」
未央「どういう意味?アーニャちゃん?」
美波「つまり新しい星を見つけたら何て名前にしたいって事だよ」
蘭子「我は『傷付いた悪姫』と名付けようぞ!」
飛鳥「ふむ。僕なら『未完成の歴史』と名付けるのも悪くないかな?」
凛「『ヴォルト・オブ・ヘヴン』・・・」ボソッ
加蓮「ん?凛何か言った?」
鈴「何も?」
未央「しぶりん」プププ
卯月「うふふふ」
奈緒「小声で呟いたな・・・」
美穂「?」
アナスタシア「うん?」
美波「アーニャちゃん?どうかしたの?」
アナスタシア「アー、Падающая звезда・・・流れ星が見えました」
(・ワ・)「ひるまからながれぼしまみえないよ~」
アナスタシア「う~ん、気のせいですかね?」

374 : 仕掛け人さま   2019/05/17 08:56:07 ID:zIo8qtEhxw

>>373
P「んじゃ、今日はこんなもんかな・・・」
ちとせ「お疲れ様、魔法使いさん・・・♪」
P「属性がどんどん増えてくな・・・」
千夜「これが基本になります・・・」
琴葉「なるほど・・・」
ちとせ「琴葉さんでいいのかしら・・・?」
P「まぁ、ほいほいと出せる訳じゃないし・・・」
ちとせ「大変だね・・・」
P「そう思うんなら、早めに治してくれ・・・」
ちとせ「センスイさんが貴方を推してる理由、なんとなく分かったかも・・・」
P「俺にはあの人の真意は読めないよ。ずっと昔から・・・」
琴葉「お待たせ」
千夜「一通りは叩き込みました。お前の方は・・・」
P「やってみなきゃだな。まずは・・・」

375 : 監督   2019/05/17 10:09:28 ID:vAWWSLr4O.

>>374
メフィスト「・・・」読書している音葉
ミライ「メフィストさん、こんなことしていて良いんですか?」
メフィスト「・・・ん?」
ミライ「どうかしたんですか?」
メフィスト「来るか・・・」
ミライ「えっ?」
メフィスト「宇宙からの来訪者だ」
・・・
隕石が真っ正面からドーン
果穂「隕石!」
樹里「嘘だろ・・・・」
夏葉「果穂の夢の通りに隕石が落ちてきた」
智代子「そんな・・・バカな!」
凛世「現実です」
のあ「我が魔王、何か嫌な予感がします。落下現場に向かいましょう」
飛鳥「ボクも付き添うよ」
蘭子「破滅の使者なるか!?」
未央「彼処の採石場に落ちた!」
果穂「(もし夢の通りならあの隕石の中には・・・)」

376 : 高木の所の飼い犬君   2019/05/17 14:42:55 ID:zIo8qtEhxw

>>375
P「隕石の落下・・・」
恵美「P・・・」
P「また厄介だな」prr
P「はい、所です」
県庁職員「代行、すぐに県庁へ」
P「へ・・・」
県庁職員「お気持ちお察しはしますが、まずは情報収集からです・・・」
P「チッ・・・」
未来「行ってきまーす!」バヒューン
紗代子「未来!」
千鶴「動くに動けませんわね・・・」
伊織「今は行くしか無いわよ・・・」
P「しゃーねぇか・・・」
・・・
県庁
センスイ「おぅ、来たな」
P「不本意だがな・・・」
センスイ「それが知事ってもんだ。好き勝手やってこれた理由が分かるだろ?」
P「そうだな・・・」
センスイ「落下地点は遮二舞巣市の北だ」
P「小宮達が向かってるな。後はウチの未来と紗代子が・・・」

377 : 我が友   2019/05/17 15:00:00 ID:vAWWSLr4O.

>>376
果穂「アレが・・・」
夏葉「隕石にしては偉く小さいわね」
樹里「爆発の規模も小さいな」
のあ「・・・」
飛鳥「穏やかじゃないね・・・」
智代子「隕石にヒビが!」
凛世「何かが出てきます」
未央「未央現チャク!」
凛「間に合った」
卯月「隕石採取です!」
パッカーン
ギンガ「我が名はギンガ。この星を支配するのは大宇宙の意思なり」
果穂「傍迷惑な行為は止めてください!」
夏葉「宇宙人の侵略かしらね」クラックアップボトル!
樹里「舐めやがって!」ロボットゼェーリー!
のあ「どう見ても言葉が通じる相手では無いわね」
飛鳥「人間同士でも相互理解は無理なんだから宇宙人なんて尚更だね」
ギンガ「我が支配を受けよ。これは大宇宙の意思だ」
果穂「それは御断りです!」トリニティタイム!
のあ「えっ?」
飛鳥「ちょ・・」
三つの力~
果穂「行きます!!」ジオウ!
のあ「あふん」ゲイツ!
飛鳥「あうふるるる」ウォズ!
果穂「変身!」トリニティ!
ギンガ「全ての物は滅びゆく・・・・!」
果穂「てやぁーーーー!!!」
果穂「(あれ?夢の通りに進んでる?)」

378 : 貴殿   2019/05/17 17:16:28 ID:zIo8qtEhxw

>>377
P「隕石の規模はそこまで大きくないにしてもだ・・・」
ちとせ『この人・・・?』
P「このライダーにしておこう。相当なやり手だぞ・・・」
ちとせ『今や、遮二舞巣表の顔である彼女たちの強さも浸透してはいるけど・・・』
P「歯が立っていないというより、まともに相手にもされてないな・・・」
ちとせ『特に果穂ちゃんかしら、集中出来てないなー・・・』
P「別の事に気を取られているような・・・」
・・・
果穂「あぐっ・・・」
飛鳥「どうしたんだい、果穂。集中出来てないぞ・・・?」
のあ「こうなったら」ゲイツリバイブ
飛鳥「個で向かうしかない!」ウォズ
果穂「この先のビジョンは夢でもありませんでした・・・」
樹里「夢・・・?」
夏葉「予知夢かしらね・・・」

379 : Pチャン   2019/05/17 18:15:57 ID:QqyqxqV63o

>>378
果穂「未来視してるのに有効打与えられません!」
飛鳥「何よりもあの手や足から出るフィールド状の何かだね・・・」
のあ「速度で攻めようがパワーで押し切ろうが防がれる・・・」
夏葉「厄介ね・・・こっちは触れれずあっちは触れられる」
樹里「宇宙人ってのは何でもありなのかよ・・・」
凛世「ですが相手も本気で攻めてこないですね・・・?」
のあ「手加減してるのかナメプなのか・・・」
樹里「地球人舐めんなよ宇宙人!!」
果穂「・・・」
ギンガ「・・・哀れなり滅びゆく者共よ」
未央「ハイハイ、此処からは未央ちゃんがお相手しようか?」
凛「また勝手な事して・・・」
未央「いやいやしぶりん。此処は未央ちゃんが有ってるって!」
卯月「どういう意味ですか未央ちゃん?」
未央「目には目を歯には歯を。宇宙には宇宙を!」3.2.1!
凛「成程ね。ギンガにフォーゼで宇宙モチーフで挑む訳か・・・」
未央「さてさて、宇宙人さん!ちょっと里帰りして貰いましょうかね!」

380 : プロデューサー君   2019/05/17 22:12:26 ID:OWXI/lvYAU

>>379
未央「この未央ちゃんには信じる仲間が、そして分かり合える友が居る・・・!(オンリーマイスターの衣装になる音葉」コズミックオン
凛「未央・・・!」
卯月「頑張ってください、未央ちゃん!」
未央「この、未央ちゃんに任せなさーい!」
ギンガ「何で、三村じゃないんだ!」
未央「え、みむっち・・・!?」
凛「どういう事なの・・・?」
卯月「何かが溢れでてますね!」
・・・
P「(ぐ・・・、行きたい」ウズウズ
センスイ「その気持ちは分かるが、今のお前がどういう立場か・・・」
P「っ・・・」
センスイ「天使の試練とやらの時とは状況が違うんだ。アナザーショッカーを叩くためにお前はここに来ることを選んだはずだ・・・!」
P「それと前線に出れないのは訳が違うだろ・・・!」
センスイ「トップダウンで動くにも色々と時間が要るんだ・・・」
P「このまま最後まで出番が無いなんてオチだったら、俺はちとせの復帰を待たずに降りるぞ・・・!」
センスイ「ちったぁ、戦わずに物事を進めることも覚えろ・・・」
P「戦わずに・・・?」

381 : Pたん   2019/05/17 22:37:33 ID:QqyqxqV63o

>>380
未央「やっぱりその謎バリアが厄介だねぇ~」
夏葉「それにしては余裕ね・・・」
未央「この未央ちゃんはこう見えて文武両道だからね」
凛「何をする気?」
卯月「倒せるんですか?」
未央「今は無理だから少しお帰りするくらいだね」マグネットON!エレキON!
樹里「何する気だ?」
果穂「電気と磁石?」
未央「どらやぁああああ!!!!」電磁流が発生する音葉
ギンガ「ぬぅ!?EMPだと・・・!?」
夏葉「EMP・・・電磁波フィールド!!」
未央「アーニャちゃんとあきはえもんから聞いたんだ。宇宙では時折電磁波の嵐が起きてるって!」
夏葉「電磁波危険な代物よ。宇宙では常に対電磁波の設備が無いと機械が駄目になるわ。それにこれ程のEMPは人体にも悪影響よ!!」
ギンガ「これほどのレベルのEMPはこちらも危険だ・・・撤収するしかないな・・」一時球体になる音葉
未央「へっへへへ・・・こっちもフォーゼの護りで何とか耐えたけど・・・限界だ・・・」
凛「未央!!」
卯月「未央ちゃん!!」

382 : ぷろでゅーしゃー   2019/05/17 23:27:51 ID:OWXI/lvYAU

>>381
卯月「ドラゴンさん!」
ドラゴン「よっしゃ、自分に任しとき!」バヒューン
凛「未央・・・!」
夏葉「私たちも負けてられないわね・・・」
樹里「そうだな・・・」
果穂「っ・・・!」
飛鳥「敗北も時には自分を高める為の糧になるものさ・・・」
のあ「落ち込む事は無いわ、私たちはチームなのだから・・・」
果穂「そうですね・・・」
・・・
P「退いたか・・・」
センスイ「だが、また来るぞ・・・」
P「そうだな・・・」
センスイ「次に相手がどう出るか、それの対策を考えるのが『俺達』の仕事だ・・・」
P「頭が回らねぇな・・・」
センスイ「その辺を鍛えていくのが、これからの課題だ」
P「そうかよ・・・」

383 : プロデューサー様   2019/05/17 23:58:08 ID:QqyqxqV63o

>>382
飛鳥「・・・・」
のあ「どうかしたの飛鳥?」
飛鳥「あぁ・・・アイツの力・・・ボクが奪い取る」
のあ「ギンガの力を奪い取る?」
飛鳥「あぁ・・・アレは恐らくボクのウォズの力の中で最高の分類さ」
蘭子「大宇宙の使者は我が片翼よりも強大なるぞ?」
飛鳥「なら叩き伏せてウォッチにするまでさ・・・それまでに対策を考えないとね。未央はもうアレを使えない」
のあ「アレは破れかぶれのEMPだったわね・・」
蘭子「三ツ星の友はアレで宇宙の使者を追い返した。だが奴に二度同じ手は通じぬだろう」
飛鳥「だろうね・・・それに奴には聞かないといけない事がある」
のあ「・・・『ギドラ』と『もう一体の脅威レギオン』ね」
蘭子「レギオン・・・群体なりか?」
飛鳥「あぁ・・・何故か急に地球に向けて飛び始めたと西園寺の天文台が教えてくれた」
のあ「危機は常に隣に有りね」

384 : Pチャン   2019/05/18 10:49:22 ID:92GEtmR55c

>>383
所家・リビング
P「戦いてぇ・・・」
晶葉『そう言うと思って、暴れられる場所を確保しておいた(メモ書きを渡す音葉』ピッ
P「機械都市跡地か・・・」
晶葉『そこに起動のしないオートデューサーが多数あった。それをカスタマイズした』
光「大変だったね・・・」
麗奈「掘り起こすのがね・・・」
P「そ、そうか・・・」
晶葉『GDのデータを完全に消去したとはいえ、一度爆破したところではあるしな』
P「とりま、明日の帰りにでも行くか・・・」
光「あれ、もう県庁に行ってるんじゃ・・・」
P「あれは緊急事態だったからな・・・」
麗奈「ま、いいんじゃない。息抜きでもしないと、家ん中ピリピリしてきそうで仕方ないし・・・」
光「だな・・・」
P「(戦わずに物事を進めるか・・・」

385 : Pはん   2019/05/18 12:20:33 ID:/rzjhjsc2Y

>>384
藍子「それで桜庭先生、未央ちゃんの容態はどうなんですか?」
茜「どうなんですか!」
桜庭「一言で言うと命に別状はない。あのフォーゼの守りが限界まで電磁パルスを防いだみたいだ」
藍子「ホッ」
茜「良かったですね!藍子ちゃん!」
桜庭「だが次はこう言うことは止すように!」
藍子「わかってます桜庭先生」
茜「アタシ達がちゃんと注意しておきます!」
桜庭「何度も言うが電磁波は人体に大変危険だ。アンペア、ボルトが高いと感電死の恐れもある」
藍子「はい、でもそうしないとギンガを追い返せない実情も汲んで上げてください」
桜庭「わかっているよ。全く宇宙人の襲来なんて天道が聞いたら喜びそうだがな・・・・」
茜「未知との遭遇ですね!」
桜庭「出来れば怪我だけはしないで欲しい。ここ数ヵ月で世界人口が激減したんだ。これ以上の悲劇は勘弁して欲しい」
藍子「そうですね。早く平和になって欲しいです」
茜「一刻も早くアナザーショッカーを追い出しましょう!」

386 : プロデューサーさん   2019/05/18 13:47:47 ID:92GEtmR55c

>>385
P「(アナザーショッカーにギンガ。次から次へと、問題が降りかかってきやがってからに・・・」
P「(県知事代行なんてもんがなきゃ、奴らの本拠地探し出してだな・・・」
育「P先生、大丈夫?」
P「・・・」ジーッ
育「・・・?」キョトン
P「ありがとな・・・」ナデポン
育「んなっ・・・!///」
律子「順調に壊れてるわね・・・」
茜「あんな、ポンコツなプロちゃん。20数年ぶりに見るよ・・・」
紬「安易に物事を引き受けた戒めになるのでは・・・?」
朋花「そうとも言い切れないんですよー」
琴葉「天空橋社長・・・?」
朋花「引き受けなければ、『家から一歩も出さない』とセンスイさんに脅されてますので・・・」
律子「まぁ、『あの人』ならやりかねないわね」
順二郎「恵美さん以外で彼を止められる者はセンス氏ぐらいだよ・・・」
朋花「娘を手籠めにした挙げ句、自らの基盤を受け継がなかった事を最終手段にしてるみたいですねー」

387 : プロデューサーはん   2019/05/18 15:03:05 ID:/rzjhjsc2Y

>>386
飛鳥「とは言ったものの、ギンガの対策が全くない現状さ」
ありす「馬鹿みたいにカッコつけるからです」
飛鳥「言葉のナイフは時に実物より斬れるよありす・・・」
周子「でもEMPはきいたんよね~」
奏「アレは破れかぶれよ。同じ技をもう一度出すには危険すぎるわよ?」
文香「・・・確か謎のバリアを手足に出して攻撃していたのですよね?」
飛鳥「あぁ、そうさ」
文香「でしたらもしそれが全体に発生させられないのでしたら別個同時攻撃をしてみては?」
周子「もしそうなら攻略法が見つかるかもね~」
飛鳥「ことがそう単純ならいいけどね」
ありす「お姉ちゃんを信じられないのですか!」
飛鳥「君はなんだい?ありす」

388 : レジェンド変態   2019/05/18 16:38:44 ID:92GEtmR55c

>>387
海理音総合病院
颯「そういえば、その武器(レーザーブレード)どうしたの?」
ノブヒコ「Pと共に作った」
凪「まさかの宇宙刑事ムーブ。凪じゃなかったら、見逃してたぜ」
ノブヒコ「どういうこっちゃ」
颯「宇宙飛行士目指してたとか?」
ノブヒコ「ちがわい」
凪「キングストーンを使ってますね・・・?」
ノブヒコ「我が娘ながら、鋭くて中々」
颯「え、マジ?」
ノブヒコ「我が娘ながら・・・」
凪「空だけですか・・・?」
ノブヒコ「少しだけ朱も使っている。おかけでとんだじゃじゃ馬だ・・・」
颯「283の探偵さんだけだね、キングストーンの恩恵を受けてないのは・・・」
ノブヒコ「本人次第だ。キングストーンをモノにしようと思えるかどうか。アイツにだって、センスは無いわけじゃないからな・・・」

389 : ご主人様   2019/05/18 17:05:32 ID:/rzjhjsc2Y

>>388
樹里「ハァ~全く考えが浮かばねぇ!」
夏葉「全くダメダメね樹里は」
樹里「お前だっておんなじようなもんだろ!」
夏葉「何よ!」
智代子「まあまあ落ち着いてよ二人とも」
凛世「ですがギンガ打倒の策は考えないと行けません」
果穂「そうですね・・・」
樹里「つってもなぁ~何があるよ?」
夏葉「袋叩き!」
智代子「物騒!」
凛世「普通に挑みましても相手になりませんのでどうすれば」
樹里「だよな~」
??「アレって樹里の頭じゃ?」
??「そうだ!間違いない!」
??「頭~」
樹里「あん?お前ら三羽烏か!」

390 : 番長さん   2019/05/18 23:58:05 ID:rUfdPCsRqI

>>389
ギンガ「間も無く我の電磁波の影響も消える・・・」
ギンガ「そうなれば再び我は星を支配しに参ろうぞ!」
ギンガ「後出来れば三村にも会いたい!!」
・・・
かな子「はっくしょん!!」
法子「はなほひゃんひゃせれふか?(かな子さん風邪ですか?)」
みちる「ふごふご・・・」
志保「気を付けてね?最近は物騒だから風邪も引き易いから」
かな子「大丈夫です。多分噂されてるだけですから・・・」
愛梨「誰からですか~?」
かな子「そればっかりは・・・」

391 : ぷろでゅーしゃー   2019/05/19 01:20:38 ID:FqvIkaD/Ko

>>390
P「てやぁーっ!」シュババ
P「はいやーっ!」バコーン
P「とりゃあーっ!」スッパーン
(無数のオートデューサーの残骸)
光「うっわ・・・」
麗奈「ここぞとばかりにボッコボコね・・・」
晶葉『定期的に暴れさせた方がいいかもしれんな・・・』
P「次ぃっ!」
晶葉『次の5体で最後だ!修理手伝うんなら、話は別だが』
P「なんでも、やったらぁ!」
光「自棄っぱちだな・・・」
麗奈「アンタ、そんなんに気持ち伝えたのよ・・・」
光「はっ、それもそうか・・・///」
晶葉『ふっ、若いな・・・』

392 : 兄(C)   2019/05/19 06:46:08 ID:4GlDtTue6E

>>391
美希「ハニーがすっごくイライラしてたの」
美城「彼が県知事代行を受けたからな」
千雪「一応は県のトップですからね」
雨彦「おいそれとトップが勝手な行動が出来ないからな。それは県全体の威信に関わるからな」
美希「センスイさんの脅迫紛いの交渉でハニーを釘付けにしたのは流石なの!」
千雪「本当に頭が上がりませんよ」
雨彦「彼も戦う以外での戦闘回避を学ばせようとしてるんだろうな」
美城「彼は基本姿勢がアベンジだからな・・・」
美希「ハニーはやられたらやり返すが基本だから無駄に敵を作るの・・・」
千雪「それにあの性格ですから更に敵を作るからですね・・・」
雨彦「調べたら殺したいランキング堂々一位だった」
美城「彼はよく生きてこれたな?」
美希「それもこれも無駄に強いからなの。でもそれが解決に向かわせたこともあるけど・・・」
美城「逆に悪化させた事の方が多いようだな?」
美希「・・・・正解なの・・・」
雨彦「これはセンスイさんからの戒めもあるんだろうな。彼は死を背負いすぎているからな」
千雪「先見の明は私達の中で誰よりも優れてますからセンスイ先生は」
美希「後継者にしたいハニーには長生きして欲しい感じなの」

393 : P様   2019/05/19 09:49:13 ID:FqvIkaD/Ko

>>392
所家、地下室
晶葉「これは・・・」
聖「珍しいですね、晶葉さんが出てきてるのは」
晶葉「光たちには無茶させたからな・・・(ノールックで指差す音葉」
聖「え・・・?(指差した方向に振り向く音葉」
光・麗奈「くかー・・・」Zzz
聖「何があったんです・・・?」
晶葉「Pの為に使われていないブランクのオートデューサーを仕立て上げたのはいいが・・・」
聖「修理が追い付かないと・・・」
晶葉「まぁ、暴れさせるだけ暴れさせればヤツの苛つきも収まるんだが・・・」
聖「そんなんで大丈夫なんでしょうか・・・」
晶葉「藍羽センスイにしてみれば、束の間の夢が叶う時間なんだ。それだけに手綱を緩めたくないのだろうが・・・」
聖「まぁ、若い時から無茶してきたのをカバーしてたみたいですし・・・」
晶葉「自身が退いてからも、影響力を残していたみたいだからな・・・」
聖「黒埼さんを推してたのも・・・」
晶葉「その辺が絡んでいたのだろうな・・・」
・・・
「ギンガを倒したいのだろう・・・?」
飛鳥「キミは・・・?」
のあ「アナザーウォッチの精製者・・・」
果穂「アナザーショッカー・・・!?」
「違うな。俺はアナザーショッカーでは無い・・・」











「俺の名は『スウォルツ』。時の流れ人だ・・・」

394 : P様   2019/05/19 12:04:14 ID:ljrJVQ.r0Q

>>393
飛鳥「(怪しいね・・・・)」
のあ「何が目的かしら?スウォルツ氏?」
スウォルツ「ギンガを倒したいのなら俺が協力しよう」
果穂「本当ですか!」
飛鳥「そんな片腕ノールックの服装をした人を信じろとでも?」
のあ「胡散臭さならメフィストとドッコイドッコイね」
スウォルツ「では協力は必要ないと言うか?」
のあ「実際貴方はアナザーウォッチを作ってるわ」
飛鳥「信用しろってのが無理だね」
果穂「でも世に腹は代えられません」
飛鳥「果穂?本気かい?」
のあ「我が魔王がそう言うなら仕方ないですが。おかしな素振り見せれば容赦しないわ」
スウォルツ「それでいい」
果穂「・・・・」
飛鳥「(警戒は怠らないようにしておこう)」

395 : EL変態   2019/05/19 13:33:26 ID:FqvIkaD/Ko

>>394
海理音総合病院
P「なぁ、ちとせ」
ちとせ「なぁに?」
P「県知事って、こんなに窮屈だったのか・・・?」
ちとせ「それは貴方の心持ちじゃないかしら・・・?」
P「俺の・・・」
ちとせ「様はメリハリの問題よ。先生してる時は無茶が効いたじゃない」
P「そら、まぁな・・・」
ちとせ「それは周りの理解があったから。『貴方』がどう出るのかを理解してもらってたからよ」
P「でも、ちとせだって結構出向いてるじゃねぇか」
ちとせ「そこが『メリハリ』なの。『やっておかなきゃいけない事』と『やっておかなくても大丈夫な事』を線引きしてるだけだし」
P「なるほどな・・・」
ちとせ「今の貴方は『やっておかなきゃいけない事』だらけよ。残念ながらね・・・」
P「政治的な駆け引きには向いてないと思うがな・・・」
ちとせ「それはちーちゃんからも聞いたわ。炙り出しの手筈を整えていたとはいえ、ケンカ売るような真似なんて・・・」
P「結果オーライじゃ、ダメって事か・・・」
ちとせ「それが政治ってものよ・・・」

396 : せんせぇ   2019/05/19 15:08:35 ID:ljrJVQ.r0Q

>>395
飛鳥「とのことさ」
周子「絶対裏があるね」
飛鳥「あぁボクもそう思う。いつも周子さんにやらてるからね」
周子「なんの事~周子ちゃんわかりませ~ん」
ありす「果穂さんらしくないですね」
奏「そうね。そう言う胡散臭い男には真っ先に警戒する子なのに」
文香「・・・何か合ったのでしょうか?」
夏葉「これは果穂から聞いた事よ。果穂は夢でギンガが来るのを予知していたそうよ」
奏「予知夢って奴かしら?」
ありす「非現実的ですが現にギンガが地球に来てるので信じるしかないですね」
樹里「それから妙に思い詰めるようになったんだよ」
智代子「何か果穂らしくないと言うか」
凛世「何か変化が起きようとしてるのではないのでしょうか」
飛鳥「それは由々しき事態だね」
のあ「我が魔王に宜しくない変化は不味いわね」
飛鳥「あぁ、救世主の件もある慎重に行こう」

397 : おやぶん   2019/05/19 15:20:08 ID:FqvIkaD/Ko

>>396
心出連羅市中心部
ギンガ「三村に会わせろぉ!(手から光弾を繰り出す音葉」
チュドーン
市民「うわー!」
市民「なんだ、このCV杉田!」
市民「三村に会いたいなら、ギロッポンに行ってこいって!」
ギンガ「そっちじゃねぇよ!」チュドーン
市民「杉田さん、酷いっすわー」
市民「助けてライダー!」
・・・
タケ「ギンガが・・・」
ちひろ「よく聞き取れないのですが『誰かに会わせろ』と言いながら、街を攻撃してるらしく・・・」
ヨナ「頼みの本田さんはまだ本調子じゃないし・・・」
タク「どうすんだよ、タケ」
ガララッ
卯月「私に任せてください!」
タケ「し、島村さん・・・」
卯月「島村卯月、頑張ります!」

398 : おにいちゃん   2019/05/19 16:57:47 ID:ljrJVQ.r0Q

>>397
ギンガ「ん?またお前達か・・・」
夏葉「悪いけど、今度は本気よ」プライムローグ!
樹里「心火を燃やしてぶっ潰す!」ノースブリザード!
麗奈「宇宙には宇宙で行かせて貰うわ!エボルト!」マッスルギャラクシー!
エボルト『注文の多い女だこって』
光「宇宙人か・・・」グーレイト!
晶葉『ロマンだが街は破壊させられないな』オールイエーイ!
凛世「町の人の営みを守らせて貰います」ムゲンシンカ!
灯織「いくよ。真乃、めぐる!」ジョーカー!
めぐる『OK』サイクロン!
真乃『行きます!』エクストリーム!
のあ「直ぐに終わらせるわ」ゴウレツ!
飛鳥「此処までヤるのは気が引けるが致し方ないね」アーックション!
果穂「絶対に勝ちます!」ジオウⅡ!
ギンガ「愚かなり滅び行く者共よ・・・」

399 : Pちゃま   2019/05/19 22:04:07 ID:adKOVt.cUk

>>398
幸広「いや~成り行きでかな子ちゃん達がお店に来て幸運だったね」
かな子「全く持ってその通りです・・・」
法子「まさかかな子さんが宇宙規模のストーカーに狙われてるなんてね」
東雲「言い方はアレですが間違いないでしょう三村さんを探してるようです」
みちる「ふごふご・・・」
東雲「貴女は食べ終わってから話しなさい」
みちる「ふごふご・・・」
巻緒「だけどどうする?外ではどんちゃん騒ぎだけど?」
東雲「アレはどんちゃん騒ぎ所では無いですよ・・・」
志保「こういう時は糖分を取って心を落ち着かせましょう!!」
かな子「そうしよう!!」
東雲「状況分かってますか?」
咲「外を上から見て来たけど凄い状況だったよ!!」
幸広「具体的にどんな状況?」
咲「何か爆発音と土煙と七色の光が出まくってた!」
アスラン「何とハルマゲドンなるか!!」
東雲「相当凄い戦いが起きてるようですね・・・」
愛梨「アッツ~イ。脱いで良いですか~?」

400 : 5流プロデューサー   2019/05/19 23:09:39 ID:MiqpQuleIc

>>399
東雲「ダメに決まっとるやろ!」ビシッ
愛梨「えー、ダメですかー?」
東雲「扇風機貸します。後、清涼感があるスイーツを作らせてもらいます・・・」
愛梨「楽しみですねー」
東雲「待っててください・・・」スタスタ
・・・
ギンガ「三村を出せー、さもなくば滅ぼす!」チュドーン
光「くっ・・・」
麗奈「滅茶苦茶じゃない!」
夏葉「市民の方々の避難は!」
樹里「後、もうちょい!」
凛世「この方を止めながらは・・・」
果穂「一体、どうしたら・・・!」
ギンガ「三村ー!」チュドーン
飛鳥「バカの一つ覚えか・・・!」
のあ「(そろそろ、『彼ら』も着く頃・・・」
・・・
ウール「本当にやるの?」
オーラ「まぁ、私たちの活動にも支障が出るんだし・・・」
スウォルツ「つべこべ言うな。利害が一致しただけにしか過ぎん・・・」ニヤリ

401 : Pさぁん   2019/05/19 23:42:26 ID:ljrJVQ.r0Q

>>400
メフィスト「(タイムジャッカー・・・)」
メフィスト「(何か企んでますね・・・大方ギンガの力でしょう)」
ミライ「メフィストさん!私達も現場に向かいましょう!」
メフィスト「いえ、今はいいでしょう。それに先客のようだ」
ミライ「先客?」
メフィスト「えぇ・・・初めまして世界の破壊者」
士「・・・お前が最も進化した奴か」
むつみ「良いんですか?勝手に入っても・・・」
メフィスト「そう言われている」
士「お前の目的ってのは魔王を倒す為の『英雄』が欲しいのか?」
メフィスト「いかにも。世界は今窮地に陥っている。それを救い纏め上げる者が必要だ。その器が彼女だ」
士「・・・そうか」
むつみ「えっ?納得するんですか?」
メフィスト「納得してくれて助かる」
士「それだけだ。帰るぞむつみかん」
むつみ「またその名前で呼んで!」
士「言い忘れたがお前を倒すのは『アイツ』だけじゃなさそうだぞ?『黄金の時の王』もお前に立ちはだかるだろうな」

402 : 変態インザカントリー   2019/05/20 13:23:01 ID:n2tJvC34pQ

>>401
未央「ギンガがまたやって来た!?」
藍子「今凛ちゃんと卯月ちゃんが向かってるから」
茜「未央ちゃんは体を癒してください!ほら藍子ちゃんのマイナスイオンですよ!癒されますね~!」
藍子「茜ちゃん~」
未央「ダメだ!二人だけじゃギンガに勝てないし嫌な予感がする!」
藍子「でも未央ちゃんはまだ安静にしないと」
茜「アレだけ強力な電磁波を浴びたんです!頭パーンしてないのが不思議です!」
未央「あーちゃんにあかねちんには感謝してるよ。でもね。それと同じくらいニュージェネの二人も大事なんだよ」
藍子「未央ちゃん・・・」
茜「未央ちゃん!」
未央「それに未央ちゃんだって『数字持ち』だよ!」8の数字が浮かび上がる音葉
藍子「その数字は!」
・・・
愛梨「あれー?」胸元から1の数字が浮かび上がる音葉
蘭子「むっ!共振!」左目に2の数字が浮かび上がる音葉
凛「これは!」右手に3の数字が浮かび上がる音葉
周子「おろろ?」右脇腹に4の数字が浮かび上がる音葉
卯月「凛ちゃん!これって!」左手の平に5数字が浮かび上がる音葉
楓「あら?」右鎖骨に6の数字が浮かび上がる音葉
菜々「ノォウ!」腰に7の数字が浮かび上がる音葉
・・・
未央「だから行くのさ!友人を助けに!」

403 : Pたん   2019/05/20 19:36:27 ID:vvkMrJjjn.

>>402
ギンガ「甘いは!三村の作る御菓子以下の甘さだ!!」
麗奈「時間切れした!!」
光「仕方ないな・・・・晶葉!!」
晶葉『任せろ!!麗奈!!」
麗奈「あん?何よ?」
光&晶葉『少しくすぐったいぞ!!」
麗奈「あふん!?」
ラビット!ドラゴン!Be the One!クローズビルド!!イェーイ!イェーイ!
光『これで行くぞ宇宙人!!」
麗奈「空気読め!!行き成りなにすんのよ!!」
イルミネ(めぐる)「あんな合体が有るんだ・・・」
イルミネ(真乃)「今度真似してみましょう!」
イルミネ(灯織)「否やらないから!!」
凛「お待たせ!!」
卯月「全力で頑張ります!そして粉砕!玉砕!大喝采!します!」
晶葉『凛!こいつを使え!完成したファイズブラスターだ!!」
凛「了解!」555 ピピッ!Awakening!
卯月「行こう!凛ちゃん!」インフィニティ-!!×3プリーズ!
ギンガ「諦めの悪い者め!!」

404 : レジェンド変態   2019/05/20 22:53:53 ID:ApuY1iDcYA

>>403
ギンガ「ぐっ、急に力が・・・」
凛「いける、いけるよ卯月!」
卯月「そうですね、このまま押し切りましょう!」
ギンガ「小癪な・・・」
晶葉『でも、何故だ。あれだけのチカラを持っていたのに・・・』
麗奈「あんだけ攻撃を受けてれば、そのウチこうなってたわよ・・・」
光「いや、違う」
晶葉・麗奈『え?』
光「鈍り出す前まで普通に攻撃を捌けていた・・・」
麗奈「珍しく、鋭いわね・・・」
晶葉『戦闘に関して言えば、光の方が長けてるのか・・・』
光「(まさか・・・!(上を見る音葉」
(曇り空な天気模様)
光「二人とも、止めを指すなら今だ!」
凛「言われる前から・・・」
卯月「そのつもりです!」
光「フォトンブラスター!」
卯月「いきますよー!」シャイニングストライク
ギンガ「ぐ・・・ぐそっー!」チュドーン
イルミネ「やった・・・!?」

405 : プロデューサーさま   2019/05/20 23:24:53 ID:FTFiXRmZ9c

>>404
ギンガ「まだだ!三村に会うまで倒れん!」ムクリ
イルミネ「しまった!フラグだった!」
夏葉「お馬鹿!」
樹里「だったら凍り付けにしてやる!」
ギンガ「まだ・・・まだキバって・・・」カチカチ
果穂「あれ?」
飛鳥「様子がおかしい?」
のあ「石化していくわね」
ギンガ「・・・」カチィーン
卯月「固まっちゃいました!」
凛「倒れたのかな?」
光「何か違う感じがする・・・」
晶葉「これは固まっているだけだ・・・だが何故?ん?」
笑美「曇り空やで~」
太陽「隠れとるばい」
晶葉「まさかこいつ太陽エネルギーで動いてるのでは?」
卯月「エコロジーな人ですね」
凛「なら倒し方も追々分かってきたね」
未央「お~い!」

406 : おやぶん   2019/05/21 06:15:15 ID:GW6EBqs2VE

>>405
卯月「未央ちゃん!」
凛「未央、これ・・・(数字を見せる音葉」
未央「うん・・・!(左手の甲を見せる音葉」スッ
夏葉「それは・・・?」
凛「心出連羅市の伝統かな・・・」
卯月「かつては『厄災』と二分していましたが・・・」
未央「これが私達の活力となる・・・!」
ニュージェネ『煌めきの姫です(だよ・だ)!(ステージオブマジックの衣装に変化する音葉』
・・・
県庁
P「あれが煌めきの姫・・・」
センスイ「目の当たりにするのは初めてだが・・・」
P「(決め手にするには・・・」
・・・
ニュージェネ『笑って、キセキ!』
ギンガ「ぐあぁーっ!」プシュー
樹里「今度こそ、これで・・・!」
笑美「ごめんなー」
太陽(鈴帆)「もう、隠しきれんばい・・・」
ギンガ「三村に、三村に会わせろぉー!」
スウォルツ「バカの一つ覚えだな・・・(エネルギー弾を放つ音葉」バヒューン
ギンガ「効かん・・・(無傷な音葉」
・・・
P「太陽がネックだな。隠しても、すぐに出てきちまう・・・」
ちとせ(テレビ電話)『その為の策は練ってあるんじゃないの、魔法使いさん?』
センスイ「ちとせ・・・」
P「ねぇ事は、ねぇが・・・」
ちとせ『じゃ、簡単じゃない?』
P「へ?」

407 : ダーリン   2019/05/21 10:13:28 ID:ekUi3ZHvEQ

>>406
ギンガ「我を怒らせたな!」
果穂「どうすれば・・・」
夏葉「果穂!例え貴女が別の何かになっても私達が叱って上げる!」
果穂「ふぇ?」
樹里「お前が予知夢を見て現実になった事が怖いのは知ってる!だけどな!アタシ達がお前を引っ張ってやる!」
智代子「そうだよ!その為の放課後クライマックスガールズなんだよ!」
凛世「ですからもう悩まないで下さい」
夏葉「貴女は探偵と千雪さんの娘!悩むのは性に合わないわ!」
果穂「皆さん・・・」
飛鳥「サァどうする?魔王、いや、小宮果穂?」
のあ「我が魔王、お答えを」
果穂「もう悩むのはやめです!」
飛鳥「それでいいよ!」ジカンデスピア!ヤリスギ!
のあ「それでこそ我が魔王よ!」ジカンザックス!オノ!
投げる音葉
ギンガ「ふん!フフフフ」
果穂「てやぁあああああ!」サイキョーギレード!ジオウサイキョー!
投げる音葉
ギンガ「ぬぅああああ!?」刺さる音葉
果穂「今です!全員の一撃を叩き込みましょう!」フィニッシュタイム
のあ「えぇ!」フィニッシュタイム
飛鳥「任せたまえ!」フィニッシュタイム
ギンガ「ぬぁああああ!ギャラクシー!」光の柱になり消滅する音葉

408 : P様   2019/05/21 15:42:46 ID:GW6EBqs2VE

>>407
スウォルツ「よし、これで・・・(ギンガミライドウォッチが形成される音葉」
「んなこったろうと思ってたよ・・・」パシュッ
(ライドウォッチを掠め取る音葉)
スウォルツ「何故、お前が・・・!?」
P「まぁ、アンタらの考えなんてお見通しってな・・・」
スウォルツ「県庁に居たはずじゃ・・・」
P「あぁ、『それ』な・・・」
『もう、いいってさ・・・』
(回想)
ちとせ『貴方の事は大好きだし、評価はしてる。でもね、政治には向いてないわよね・・・』
P「んなこた、分かってんだよ・・・」
ちとせ『だから、もう「いいよね」・・・』
P「そうだな・・・」
センスイ「やっぱ、ダメだったか・・・」
ちとせ『まぁ、こうやってテレビ電話で対応出来るし・・・』
P「それじゃ、行ってくるかな・・・」
(回想終わり)
スウォルツ「解任か・・・」
P「最初から、向いてなかっただけだよ・・・」
スウォルツ「だが、『それ』は返してもらう!」カチッ
P「そうはいかねぇよ・・・!」パチン
スウォルツ「くっ、認識出来ない・・・」
P「さて、問題はまだ山積みだしな・・・」
・・・
メフィスト「さて、このブランクの『アナザーウォッチ
』を・・・(微かに残る光の柱に投げ込む音葉」







\ギ ン ガ/

409 : プロデューサー君   2019/05/21 18:57:25 ID:j.Nh3gYRKI

>>408
飛鳥「随分遅かったね」
P「なんだよ出待ちかよ・・・」
飛鳥「君が解任するのは分ってたからね」
P「分ってたのかよ」
飛鳥「君が政治家に向いてないのは初めから解ってた」
P「そうだな・・・お前の言う通りだ。かった苦しいのは苦手だからな」
飛鳥「君はどちらかと言うと前線タイプだからね。そして君は極限レベルで隠し事が出来ないからね」
P「グサッっと言うなお前は・・・」
飛鳥「隠し事のできない奴は政治家には向いてないからね。彼らは時に身内さえ騙すのが仕事だからね」
P「随分と政治家に悪口言うんだな」
飛鳥「現実を言ったまでさ。だけどその愚直なまでな性格は時に危険を産むよ」
P「何?」
飛鳥「君は成功も多いが失敗も数ある。それが今の君を作り上げた。それと同時に無意識に敵を生み出す性格を作り上げた」
P「・・・・」
飛鳥「実際に君に恨みを持つ者はこの街にも結構いる。あの時の会談も上手くやれば余計な戦闘も省けたかも知れない」
飛鳥「センスイから言われたろ?戦闘以外の方法も見つけろと?良い機会じゃないか」
P「そう言われてもな・・・」
飛鳥「君だけなら確かに問題ない。だが君の家族は君の様に強くない」
P「アイツらはそこまで弱くないと思うがな・・・」
飛鳥「ボクが言ってるのは肉体じゃない『精神』の方さ・・・」
飛鳥「現に・・・未来に紗代子はデストルウィルスに感染した。本来闘争心の強い奴は感染しないデストルウィルスにだ」
P「そうか」
飛鳥「だから気を付ける事だ。目に見えない悪意は君だけじゃなく君の家族を巻き込む事になる。後これは貰っておくよ」ギンガミライドウォッチを見せる音葉
P「へっ?あぁ!!お前いつの間に!!」
飛鳥「じゃあね。この力は君の為に使うから気にしない事だよ。ボクの恩人・・・」マフラーワープする音葉

410 : バカP   2019/05/21 20:46:40 ID:FmL7NLt/sE

>>409
P「まぁ、元々飛鳥に渡すモンだから構いやしねぇんだが・・・」
・・・
翌朝、みり高
P「という訳でちとせが復帰したから戻ってきたよ!」
茜「早くないかな!?」
P「やっぱ、向いてなかったんだわ」
律子「まぁ、分かりきってた事ですしね・・・」
P「そういう訳だ。悪かったな育」
育「チッ・・・」
P「マジの舌打ち止めて。心やられる」
琴葉「うーん・・・」
可憐「どうしたんですか、琴葉先生?」
琴葉「ちょっと、気分がね・・・」
紬「無理はなさらないでくださいね・・・(Pを睨む音葉」キッ
P「待て、俺を何で睨むんだ」
紬「秘書として置いておいたのに、何も気付かなかったんですか・・・?」ジトッ
P「いや、それはだな・・・」
紬「(何か、怪しい・・・」
P「(不味い、勘づきそうだな・・・」
・・・
ミライ「いいんですか、『あんな事』しちゃって・・・」
メフィスト「突如、降りかかる『理不尽』を乗り越えるのが、『彼』の特技だろ・・・?」
ミライ「全く・・・」












Aギンガ「三村ぁーっ!」

411 : 兄ちゃん   2019/05/21 21:14:01 ID:j.Nh3gYRKI

>>410
飛鳥「ん?この反応は・・・まさかギンガか。誰かがアナザーで復活させたようだね」
周子「変なモノローグ入れてないで仕事せんか~い」
飛鳥「フッ・・・愚門だね。何故ボクが自ら縛られ束縛されるような事をしなければならないんだい?人は自由であるべきなのにね」
周子「そんなの簡単やん。周子ちゃん達が仕事さぼり過ぎてちひろさんに叱られたからやん」
飛鳥「・・・・事実を言うのは反則だよ周子さん」
フレデリカ「いや~ん。フレちゃんは仕事をサボってた訳じゃないよ。仕事が休めって言ってたんだよ」
志希「志希ちゃんも右に同じく~」
美嘉「言い訳いいからさっさとヤレ!」
奏「日頃からちゃんと片付けてたらこんな事にはならないでしょ?」
ちひろ「幾ら言い訳が合ってもやるべき仕事を放り出すのは許しませんよ」
飛鳥「何故ちひろさんはあそこ迄厳しいのか・・・」
周子「何でやろうな~?」
フレデリカ「フレちゃん分んな~い」
志希「志希ちゃんも分んな~い」
飛鳥「(しかし、Aギンガが向かうとすれば・・・恐らくかな子さんの所だ)」
愛梨「ララ~ン。暑くないですか~?」
菜々「うわぁああああ!!脱ぐのは駄目ですよ!!」
愛梨「えぇ~?暑いのに駄目なんですか~?」
菜々「TPOを考えてください!!」
愛梨「そんな~」キャストオフ
菜々「言ってる傍から!!!!!!」
飛鳥「愛梨さん。少し良いかい?」
愛梨「なんですか~?」プットオン
飛鳥「今日のスィーツクラブは活動をしているのかい?」
愛梨「今日は部室が使用禁止ですから皆外で活動してるんじゃないですか~?」ハイパーキャストオフ
飛鳥「・・・・マズい!!」ガタッ
ちひろ「何処に行くんだ・・・?」
飛鳥「ちょっとトイレに・・・」
ちひろ「アラ、そうですか。さっき行ったばかりなのにもうトイレなんてね」
飛鳥「・・・はい」

412 : P様   2019/05/21 22:05:12 ID:FmL7NLt/sE

>>411
心出連羅市内
Aギンガ「見ぃつけた・・・!」
かな子「美味しいねー」pkpk
・・・
みり高
P「で、どうよ」
ノブヒコ「まだだな。ぶん回すのが・・・」
P「やっぱ、朱はじゃじゃ馬なんだな・・・」
ノブヒコ「出会った頃のゆーこを思い出す・・・」
P「お前が言えんのか・・・?」
ノブヒコ「そのセリフ、そっくり返してやんよ・・・」
P「アナザー・・・!」
ノブヒコ「ったく、どこのどいつだ・・・」
P「こんな気配、初めてだな・・・」
ノブヒコ「珍しいな、お前が初めてだなんて・・・」
P「どうすっかなぁ・・・」
ノブヒコ「育がまた怒んぞ・・・」
P「街の平和だって、大事だろ・・・」
ノブヒコ「やれやれ・・・」
育「って言いながら、二人して行こうとするなぁ!」

413 : Pチャン   2019/05/21 22:32:32 ID:j.Nh3gYRKI

>>412
飛鳥「待って貰おうか・・・」
Aギンガ「何だ貴様は・・・」
飛鳥「君に痛い目にあわされた物さ・・・」ビヨンドライバー!アークション!
Aギンガ「何・・・邪魔をするな三村が目の前に居るのだ」
飛鳥「悪いが仕事を手っ取り早く終わらせるのにイラついてるから直ぐに倒させて貰う・・・」
Aギンガ「無駄な事を・・・再び蹴散らすまで・・・」
飛鳥「・・・無論君の力で叩き潰させて貰うよ。偽宇宙人・・・!!」
投影!!ファイナリータイム!!
ギンギンギラギラギャラクシー!
宇宙の彼方のファンタジー!
ウォズギンガファイナリー!ファイナリー!!
飛鳥「祝え!宇宙最強、ギンガファイナリー!緊急事態につき短縮版さ」
Aギンガ「我の力だと・・・!?」
果穂「アレって飛鳥さん?」
のあ「アレはギンガの力ね」

414 : ごしゅPさま   2019/05/22 00:55:50 ID:Tq.JocVCp.

>>413
のあ「(まさか、本当に手にするとは・・・」
飛鳥「完全に消滅させた筈なのに・・・」
Aギンガ「それについては、私にも分からない。だが、何者かが私を生かした。だからこそ、三村に会うんだ!」
飛鳥「誰かに言われなかったかい・・・」
Aギンガ「何をだ・・・?」
飛鳥「三村に会いたければ、六本木に行けとな・・・!」
・・・
283P「(空のキングストーンは空間移動・・・」
283P「(ダメだ、使い方の手段が思い浮かばない・・・」
283P「(ん、待てよ・・・」
283P「(何も武器に限定しなくても・・・!」
・・・
ピエール「はぁっ!」バコーン
みのり「気合い入ってるな、ピエール」
恭二「カエール無しでも、石ころくらいなら砕けるようになったのか・・・」
ピエール「ボク、強くなりたい・・・!」
みのり「いや、ただてさえ強いよね・・・」
恭二「いいんじゃないすか、目標があるというのは・・・」

415 : 我が下僕   2019/05/22 05:10:45 ID:gfbCeUFeH6

>>414
飛鳥「これでフィナーレだ!」ファイナリービヨンドタイム!
Aギンガ「おのれ!三村を前にして諦めきれるか!」
飛鳥「君の思考はストーカーのそれだよ。諦めて宇宙の塵になるんだね」
Aギンガ「この空間は私の!」
飛鳥「言っただろ?君の力で叩き潰すと」
Aギンガ「おのれーーーー!」
飛鳥「さよならさ」チョウギンガエクスプロージョン!
Aギンガ「ぬぁあああああ!」ドカーン!砕けるアナザーウォッチ
飛鳥「今度はまともな思考で蘇ることだね」
かな子「アレ?飛鳥さん。こんな所で何してるの?」
法子「悪い人でも居たの?」
みちる「ふご・・・ゴックン」
志保「お疲れ様です」
飛鳥「あぁ、飛びっきりの悪い奴を懲らしめたのさ」
果穂「凄いです!飛鳥さん!」
のあ「まさかギンガの力を手に入れてたなんてね」

416 : 我が友   2019/05/22 10:55:12 ID:Tq.JocVCp.

>>415
飛鳥「あぁ、Pから貰ったのさ・・・」
のあ「なるほど・・・」
・・・
P「ようやく終わったが・・・」
育「・・・」チーン
P「おぉ、勇者よ情けない・・・」
育「誰が勇者だ・・・」
P「喋る気力すら・・・」
育「おかしいよね、私が居なくなる前より仕事量多くなってない・・・」
P「それはまぁ、人口が減ったのもあるのかもな・・・」
育「どうして、私たちの日常を奪うの・・・」
P「承認欲求だろ、一種の・・・」
育「私が言えた義理かは分からないけど・・・」
P「(腸が煮えくりかえるぜ・・・」

417 : プロデューサーはん   2019/05/22 15:54:46 ID:3eFw3HkzsY

>>416
ドクトルG「何?実験体が逃げ出しただと?」
マコト「管理が甘かったんじゃないの?」
シマバラ「あらら~これじゃもうアマゾン作れないネ~」
ドクトルG「まさか理性が消滅しかけているのにあそこまで自我を保てるとはな・・・」
カオリ「どうする?直ぐに行って処分することは出来るけど?」
ドクトルG「構わん。どのみち奴は抑えられんのだよ」
シホ「何がですか?」
ドクトルG「『殺戮本能』と『食人欲求』がな・・・」
シズカ「成程。ですが兄さんを止められますか?もし浄化されて抑えられたら」
ドクトルG「それは心配なし。あれは生まれ持った本能。穢れなどではない。故に分離も浄化も意味はない」
カオリ「残酷な人ね。あの人の息子を父親にぶつけようなんて」
ドクトルG「私は此処で事の成り行きを見守るまでよ。下手に外に出てやられるのはゴメンだからな」
マコト「臆病なまでな慎重派だね。でもそれは間違いじゃないね一度父さんに見つかると命はないからね」
・・・
???「ハァ・・・ハァ・・・・俺は・・・アマゾンじゃない・・・!」

418 : プロデューサーさん   2019/05/22 20:36:32 ID:kzIxo6kw/k

>>417
(雨が降り注ぐ音葉)
響「なぁ、キミー?」
???「俺か・・・?」
響「傘も差さないで、風邪引くぞ・・・?」
???「ほっといてくれ・・・」
響「そんな訳にはいかないぞ、この街は危ないんだから・・・」
???「あぁ、知ってるよ・・・」ポツリ
響「そうだ、ウチに来るといいさ!」
???「は・・・?」
響「お風呂入れて、服はどうにか出来そうだな。流石に下着は買わないとだけど・・・」グイッ
???「ちょ、まっ・・・」
響「そうだ、キミ『名前』は・・・?」
???「チヒロ・・・」
響「自分は響。よろしくね、チヒロ!」ニパッ
チヒロ「あぁ、よろしく・・・」









心の声『母さん・・・!』

419 : Pくん   2019/05/22 21:41:07 ID:arPXr/q6AY

>>418
琴葉「気持ち悪い・・・」
紬「大丈夫ですか?琴葉さん」
あずさ「気分が悪いなら保健室に行って休んでもいいのよ?」
琴葉「大丈夫ですから・・・」
紬「ですが吐き気をもよおすなら休んだ方が・・・」
琴葉「それもなんだけど最近酸っぱい物をよく食べたくなるの・・・」
紬「酸っぱい物・・・」
律子「あの馬鹿を連れてくるわね」
茜「ありゃりゃ~Pちゃんは本当に仕方ないんだから~」
可憐「あははは・・・」
あずさ「あらあら、おめでたいわね」
琴葉「へっ?」

420 : 5流プロデューサー   2019/05/22 21:59:09 ID:kzIxo6kw/k

>>419
律子「P殿、お時間よろしいですか?」ゴゴゴ
P「律子さん、何か怖いっすけど・・・」
ノブヒコ「あっ・・・(察し」
律子「気のせいではないでしょうか?」ゴゴゴ
P「(じゃ、その後ろから見えるオーラはなんざんしょ!?」
ノブヒコ「強く生きろよ・・・」ポン
P「ノブヒコまで、なんなん!?」
律子「琴葉先生の体調が優れないのは知ってるでしょ?」
P「まぁな・・・(ダメだ、心当たりしかない!」
律子「何か、心当たりでもあればと思いまして・・・」
P「心当たりねぇ・・・」
ノブヒコ「(知ってる、これウラ取られてるやつだ・・・」
P「(本人がゲロっちまったらアウトなんだけどな・・・」
律子「埒が明きませんね・・・」
P「でも、なぁ・・・」
ノブヒコ「諦めろよ、お前の負けだ」ポン
P「うぐっ・・・」
律子「隠そうとしたって、琴葉先生なり恵美さんなりにウラ取れるんですよ・・・」
P「分かった。実はな・・・」

421 : Pさぁん   2019/05/23 05:33:09 ID:uFX36l0tNw

>>420
律子「この変態何股男」
P「おう!事実だけど面を向かって言うのはキツイぞ律子」
ノブヒコ「これで何人目の子供だ?お前は自分の子供で野球チームでも作る気か?」
P「実現できそうな所が怖いな」
友妃「今野球の話した?」ニュ
昴「今野球の話した?」ニュ
律子「お呼びじゃないから帰りな」
友妃「ちぇ~」
昴「ちぇ~」
ノブヒコ「何だ今の?」
P「台風の一種だ」
律子「で?恵美には何て説明するんですか?」
P「あ~どうすっかな~」
ノブヒコ「事情が解れば良いのでは?」
律子「甘いですよノブヒコさん。恵美の嫉妬は誰よりも深いんですから!」
P「(言っても恵美はユキナとレイナの件は知ってるから何とかなりそうだよな)」

422 : おやぶん   2019/05/23 06:44:09 ID:zuRIoYiiew

>>421
所家
恵美「『これ』なんだけど・・・」
(琴葉とのアプリ上でのやり取りを見せる音葉)
琴葉『何か、最近体調が優れなくて・・・』
琴葉『吐き気もしてくるし』
琴葉『時々、酸っぱいものも欲しくなったりして』
千鶴「役満ですわね」
伊織「ほぼほぼ決まりじゃない・・・」アタマカカエ
ポコン
恵美「ん、育から・・・」
育『今から、P先生吊し上げようと思うんだけど。主に田中先生について』
恵美「『遠慮なくヤッチマイナー』と・・・」メルメル
千鶴「物置部屋、空けた方がよろしいかしら」
恵美「納屋も空いてきたから、Pにやらせようか・・・」
伊織「それに生まれてくるのは確か、双子でしょ」
千鶴「私でも紗代子と亜利沙で手一杯でしたもの・・・」
恵美「それに、ユキナとレイナの事を知ったらね・・・」
(後日)
琴葉「あ、あの。よろしくお願いしまぁーす!」
恵美「大丈夫だって、そこまで緊張しなくても!」
千鶴「そうですわ。知らない顔でもございませんし・・・」
伊織「まぁ、端から見たらというのはあるけれど・・・」
P「(こうして、俺は4人目の奥さんを娶った男として、ご近所さんからヒソヒソされるのであった・・・」

423 : プロデューサーちゃん   2019/05/23 13:53:08 ID:etntCvijh6

>>422
翼「琴葉先生が産休だって~」
海美「えっ!!そうなの!!」
奈緒「おうおう、お相手は誰やねん。想像できるけど!!」
紗代子「・・・父さん・・・」
奈緒「やっぱりか~!!ほんまあの人は~」
ジュリア「ホントだよ。あの人は今学校内の生き残り生徒からこう言われてるぞ」
詩花「何て呼ばれてるの?」
ジュリア「『みり高のゼウス』『みり高のドンファン』『目を合わせると妊娠させる』って」
エレナ「なにそれ~受ける~」
奈緒「なんも言い訳出来ん位やらかしとるからな~」
海美「何か分からないけど『二つ名』ってかっこいいね!!」
紗代子「私としては至極不名誉な二つ名だけどね!!自分の父親がそう呼ばれると何れ娘の私はどう呼ばれるか分かる!!」
翼「変態の娘」
エレナ「ゼウスの娘」
紗代子「いやぁああああああああああ!!!!!!!」
ジュリア「空気読めよお前ら!!!!」
詩花「大丈夫大丈夫だよ!!」
奈緒「頑張ってな『みり高のアテナ』って呼ばれるように頑張ろうな!?」

424 : Pしゃん   2019/05/23 14:27:29 ID:zuRIoYiiew

>>423
サヨコ「『アテナ』下克上を防ぐため、ゼウスの頭から生まれたとされる存在・・・!」
紗代子「貴女は・・・!」
翼「リトルテンプテーション!」
サヨコ「貴女達に用は無いわ・・・!」
奈緒「じゃ、何しに来たん!?」
サヨコ「逃走者を始末しに来ただけだから・・・」
海美「逃走者・・・?」
サヨコ「これ以上は話しても分からないでしょうから(立ち去る音葉」
詩花「まるで私たちを値踏みするかの様な・・・」
ジュリア「なぁ・・・」
エレナ「ん、ドウしたのジュリア?」
ジュリア「ビッキー、来てなくね?」
・・・
響「はい、チヒロ。ご飯だぞ!」
チヒロ「いただきます・・・」ズルズル
響「ありがとうね、いぬ美達の面倒見てくれて」
チヒロ「気にしなくていい。泊めてもらえてるのはこつまちだから・・・」








サヨコ「なるほど。『母親』の前では二つの衝動も押さえられると・・・」

425 : 彦デューサー   2019/05/23 15:35:55 ID:etntCvijh6

>>424
響「うわぁ!!ハム蔵のごはん買い忘れた!!」
ハム蔵「ジュイ!!」
響「ゴメン!!ハム蔵!!直ぐ買ってくるから!!少し出掛けるから皆の面倒見ててくれ!!」
チヒロ「・・・あぁ、分かった・・」
響「それじゃ!!」バタン
チヒロ「相変わらずだな母さんは・・・」
ハム蔵「ジュイ?」
チヒロ「お前がハム蔵か・・・俺の時代だとお前はもう居ないんだよ。皆そうだ・・・」
ハム蔵「ジュ・・・ジュイ!!」
チヒロ「慰めてくれるのか?本当に皆は優しいな母さんの言った通りだよ・・・ウグッ!!」ドクン
いぬ美「バウッ!!」
オウ助「クワッ!!」
ハム蔵「ジュイ!!」
チヒロ「大丈夫・・・大丈夫だ・・・俺はもう母さんを『喰わない』!!」
ユウ(壁越し)「苦しそうだねチヒロ・・・」
チヒロ「っ!!!ユウ兄!!」
ユウ(壁越し)「段々と発作の感覚が狭まってるんじゃない?当然さ・・君はその本能を捨てられないし消せない」
チヒロ「くっ・・・・ハァ・・・ハァ・・・だけど!!俺はアマゾンじゃない・・・!!」
ユウ(壁越し)「何時までも生態を抑えられると思わない事だ。それは能力じゃない呼吸と同じ生態だ。自分の意思じゃ抑えられない。例え父さんでも」
チヒロ「ユウ兄には分らないだろ!!俺はアンタとは違う!!自らオーマジオウに寝返った人擬きの王のアンタには!!」
ユウ(壁越し)「可哀そうなボクの弟。兄からの最後の良心だよ。最後の抑制剤だ。考えて使うんだね・・・」帰る音葉

426 : 貴殿   2019/05/23 16:45:42 ID:zuRIoYiiew

>>425
ちょっとした未来のお話
・・・
P「んなモン、自分で乗り越えるしかねぇんだ!やれるか、やれないかじゃねぇだろ!」
・・・
響「ねぇ、待って。Pがお父さんで、お母さんが自分・・・?」
・・・
チヒロ素体「グルァァァァァァァァァ!」
・・・
響「って、事は・・・」
・・・
ドクトルG「やはり、奴は我々の理解を超えていくのか・・・!」
・・・
チヒロ素体「『俺』が『俺』を超える・・・」
・・・
ユウ「そんな事があってたまるかっ!」
・・・
響「うぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!///」
・・・
P「何だよ、やりゃあ出来んじゃねぇか・・・!」













『アマゾン・・・!』

427 : 兄(C)   2019/05/23 17:21:19 ID:etntCvijh6

>>426
サヨコ「何故始末しないの?」
ユウ「姉さんの現身。アレでもボクの弟だよ?兄が弟を殺すことは出来ない」
サヨコ「優しいのね。それが貴方の弱さじゃないかしら?」
ユウ「みり高のアテナにそう言われるのは光栄だね」
サヨコ「何処でそれを知った・・・・・」
ユウ「未来では普通に普及していたよ?まぁ大元は亜美真美姉さんの悪戯だけどね」
サヨコ「オノレ!!!!」
ユウ「それじゃあボクは先に帰らせて貰うよ」消える音葉
・・・
響「いやぁ~何処にも売ってなかったから夕美に無理言って貰えたぞ」
夕美(回想)「分るな~ヒマワリの種は美味しいもんね♪」
響(回想)「お・・おう!!」
響「まさか常時食べられる種を食べているなんて・・・」

428 : ぷろでゅーさー   2019/05/23 21:34:47 ID:uoX1DLhcSI

とりあえずPは一回チヒロにボコさせて下さい

429 : プロデューサーくん   2019/05/24 00:33:42 ID:fzPSWcvFlQ

まぁ、親子ゲンカの延長線くらいなら

430 : バカP   2019/05/24 04:38:39 ID:XLId9I9Hsk

>>429
よろりんご!

431 : あなた様   2019/05/24 13:09:08 ID:tu.XJqBZbU

>>427
ヨナ「ぐぅ~ふがぁ・・・」
チエ『夢の中からこんばんわ先生』
ヨナ「ふが!?」
チエ『知ってますか?寝てる時は人間は死んでいると同じで魂の結合が緩く成るんです』
ヨナ「えぇ!?なんで佐々木さんが!?」
チエ『チエはサキュバスの子供です。この程度造作もない事です!!』
ヨナ「それで何に用ってまさか!!夢の中をいい事に俺に乱暴するんでしょ!禁則事項見たいに!!」
チエ『それも良いですね♪でも今日は別件ですね』
ヨナ「別の件?」
チエ『近い内にこの街に最凶最悪のアマゾンが目覚めます。急いで探した方が良いですよ』
ヨナ「それってどういう意味だい?そいつは何処に居るんだ!!」
チエ『チエは悪い子なのでそこまでは教えません。無理矢理聞くきなら・・その・・エッチないたずらします!!!!』
ヨナ「子供が無理しちゃいけない・・・」
沙里奈『そうよ。そう言うのはもっと大人になってからにしなさい』
チエ『ハゥア!!お母さん!!』
ヨナ「ちょ!?無茶苦茶エロい格好だ!!」
沙里奈『見つけたわよ!!覚悟しなさい!』
チエ『逃げるが勝ちです!!』
沙里奈『待ちなさい家出娘!!』
ヨナ「人の夢の中で親子喧嘩しないで!!」

432 : プロデューサー君   2019/05/24 14:36:52 ID:VhjT8ZVjR2

>>431
ヨナ『という訳なんだが・・・』
P「最凶最悪・・・」
ヨナ『ソイツを倒せば、「アマゾン」の発生、誕生の抑制になるんじゃねぇか・・・?』
P「それは・・・」
ヨナ『やけに弱気だな・・・』
P「・・・」
ヨナ『お前、「アマゾン」の正体を掴んでるな・・・』
P「あぁ・・・」
ヨナ『推測していいか、それはお前の『子』だな』
P「そうだ・・・」
ヨナ『未来から来ているお前の『娘たち』は何て言っているんだ・・・?』
P「最悪の事態になりそうだったら、『倒して』くれと・・・」
ヨナ『お前が「やれない」なら、俺たちが「やるぞ」・・・!』
P「っ・・・」
ヨナ『悪いが、俺は本気だ・・・!』
P「分かった・・・」

433 : EL変態   2019/05/24 15:33:21 ID:tu.XJqBZbU

>>432
美優『お話の所すいません』
ヨナ『あれ?美優さんどうしたの?』
美優『いえ・・・その・・何と言うか・・・』
ヨナ『言葉が濁してるけど何かあったの?』
美優『ええっと・・・・』
仁奈『パパのパンツが汚れてたでごぜーます!!大人なのにおねしょでごぜーますか?』
ヨナ『・・・・・・え?』
美優『ごにょごにょ』
ヨナ『・・・・・しにたい』
P「・・・・近い内に飲みに行こう・・・・気を落とすな」
ヨナ『・・・うん』
P「・・・・タクには黙ってやる。きっとここぞとばかりに弄り倒すだろうからな」
ヨナ『・・・・うん』
P「・・・・まぁ頑張れよ」
ヨナ『・・・分った』ブツン
P「心神喪失状態になってんじゃないか・・・」

434 : ダーリン   2019/05/25 00:34:44 ID:ofLb6ngPQ2

>>433
ヨナ「何故だ・・・?」
美優「仁奈ちゃん、もうこんな時間だから寝た方がいいわよ」
仁奈「分かりましたでごぜーますよ、お休みなさい!」
ヨナ「あぁ、お休み・・・」
美優「お休みなさい・・・」
ヨナ「(まさか、あんな夢見たからか・・・?」
美優「あなた・・・」
ヨナ「(このオーラは厄災のそれ・・・!」バッ
美優「良かった。まだ『残って』いたんですね・・・」ハイライトオフ(以下略)
ヨナ「み、みーちゃん・・・?」
美優「いったい、どうしたら下着が『こんな事』になるのかしら・・・?」
ヨナ「い、いや。それはその・・・」
美優「やっぱり、私は重いのかしら・・・?」
ヨナ「そ、そんな事は無い!」
美優「じゃぁ、どうして・・・」








「沙『理奈さんと千枝ちゃんの名前があなたの寝言にあったのかしら・・・?』

435 : プロデューサーちゃん   2019/05/25 02:41:48 ID:HULv7j7M6A

>>434
沙里奈『そういう事が有ったんですよ早苗さん』
早苗「千枝ちゃんがヨナ君の夢にね~」
沙里奈『どう思います?』
早苗「アタシは今直ぐアンタを夢の中から追い出したいわよ」
沙里奈『ヒド!!』
早苗「当然でしょ!!なんでアタシの夢に出てくんのよ!!」
沙里奈『イイじゃないですか~明日非番なんでしょ?』
早苗「非番でも美容に為にゆっくり寝たいのよ!!アンタが来ると寝てるのに起きてると変わらんでしょ!!」
沙里奈『むぅ~行けずですね。川島さんも同じ理由で追い出されたし・・・』
早苗「瑞樹ちゃんの意見に同意するわよ!!」
沙里奈『じゃ帰りますよ・・・そうだ千枝ちゃんがこんなこと言ってましたよ』
早苗「何よ?」
沙里奈『『最凶最悪のアマゾン』が目覚めるって・・・警察でも気を付けた方が良いですよ?』帰る音葉
早苗「・・・最凶最悪のアマゾン・・・ね」

436 : ボス   2019/05/25 07:29:21 ID:.1/a6TF3gw

>>435
ヨナ「(トボトボ歩いてる音葉」
タク「おぅ、どうしたんだよ。そんな辛気臭い感じ出して・・・(顔を覗き込む音葉」
ヨナ「あ、おはよう。タク・・・(やたらげっそりしてる音葉」
タク「栄養ドリンク飲むか・・・?」
ヨナ「悪いな・・・」カシュッ
タク「まぁ、その頑張れ。な・・・?」
ヨナ「あぁ・・・(遠い目」
・・・
仁奈「ママがすっげー、ツヤツヤしてたでごぜーますよ!」
ありす「止めてください、仁奈さん・・・」
舞「(突き刺さるんだね・・・」
小春「(突き刺さっているね・・・」

437 : プロデューサー君   2019/05/25 09:58:47 ID:HRtcqDCekw

>>436
P「恐らく弟と思われる情報を手に入れた」
ユキナ「どちらのですか!」
P「最凶最悪のアマゾン・・・」
レイナ「チヒロの方ね・・・」
ユキナ「まさかチヒロはこの街にいると言う事ですかお父さん!」
P「聞いた話なら恐らく逃げ出して隠れてるんだろうな」
ユキナ「急いで探さないと!」
レイナ「ユキナ、落ち着きなさい」
ユキナ「でも早く見つけないと最悪のケースが起きたら!」
P「最悪のケース?」
レイナ「チヒロが母親の響さんに会ったら恐らく」
P「響に会ったら何が不味いんだ?」
ユキナ「チヒロは響さんを『食い殺した』と思い込んでるんです。もしその過程で響さんの血や何かを見ると恐らく」
レイナ「暴走する可能性が有るんです・・・」
P「響に確認をとってみるか・・・」
・・・
サヨコ「され準備は出来た。逃亡者チヒロの始末を開始する」
モモカ「了解ですわ」
ハル「うぇ~」
リサ「腕がなるわね!」

438 : レイナは天真爛漫なんだよな。原典(?)通り落ち着いたキャラはイメージしてない   2019/05/25 13:31:21 ID:.1/a6TF3gw

>>437
響「荷物、重くない・・・?」
チヒロ「へーきへーき・・・」
サヨコ「見つけたわ、チヒロ・・・!」
響「闇のサヨコ・・・!」
モモカ「私たちもおりましてよ・・・」
ハル「(格好も少しマシにはなったか・・・」※限定SSRをゴシックにした感じな音葉
リサ「チヒロ、アンタが選ぶは二つに一つよ・・・!」
チヒロ「選ぶだと・・・!?」
響「え、何がどうなってんの?」
サヨコ「そうね、このまま大人しく私たちと戻るか・・・」
モモカ「ここで『逃亡者』として私たちに始末されるかですわ・・・」
リサ「何なら、そこの『吸血鬼の眷族』も一緒に葬ってあげるわよ?」
響「チヒロ、キミはいったい・・・?」
チヒロ「響さん、先に帰ってくれ・・・」
響「えっ・・・」
チヒロ「これは俺の問題だ、(今は)関係ないヒトを巻き込むな!」
サヨコ「いいえ、響さんは関係ありますよ・・・」
ハル「あのPの関係者って時点でな・・・」
チヒロ「くっ・・・」
サヨコ「時間が勿体無いわ。ここで沈めて上げる・・・!」
P「そうは問屋が卸すと思ったか?」
ユキナ「チヒロ・・・!」
レイナ「やっと、出会えた・・・!」
チヒロ「ユキねぇにレイねぇ・・・!」
響「え、この娘たちって中等部の転校生だよね・・・?」
P「細かい説明は後だ、今はコイツらを止めないとな・・・」







ユウ「・・・」

439 : 貴殿   2019/05/25 14:14:54 ID:HRtcqDCekw

>>438
果穂「フフ~ンフフン」
メフィスト「やあ魔王」
果穂「ふぁ!?誰ですか!」
メフィスト「君から見たら私は怪しいだろうね」
果穂「警察呼びますよ!」
メフィスト「それは困る。今日は君に伝えたいことがある」
果穂「何ですか!怪しい人に話し掛けられても着いて行っちゃ駄目ってお母さんから言われてるんです!」
メフィスト「何、簡単な事さ。今、街にアマゾンがいる」
果穂「えっ!?」
メフィスト「こいつは厄介でね。溶原性の大本なのだよ」
果穂「溶原性最悪の大本!」
メフィスト「君も理解してるね?溶原性は水の中で生きる。もしその細胞が海に流れたらどうなるか?」
果穂「っ!」
メフィスト「その細胞をプランクトンが食べ、それを小魚が食べ、小魚を大型魚がそしてそれを食べた人間がどうなるか?」
果穂「・・・」アオザメ
メフィスト「解るだろ?現に君の同級生もデストル複合アマゾン細胞の犠牲者が出ているからね。もし野放しにすれば大を犠牲にする」
果穂「アタシはどうしたら・・・」
メフィスト「今、彼を倒すんだ。そうすれば小を犠牲にして大を救える。それが君の使命だ魔王。世界を救うにはこれしかない。もう犠牲者を増やしたくないだろ?」ポン
果穂「・・・・うぅ」
メフィスト「良く考えることだ。そして結論を出したまえ」帰る音葉
果穂「・・・アタシは」

440 : プロデューサーくん   2019/05/25 15:30:01 ID:.1/a6TF3gw

>>439
カホ『どうして・・・』
果穂「っ・・・」
カホ『どうして、あの胡散臭そうな人に言わなかったんですか!「そのアマゾンは安全」だって!』
果穂「それは・・・」
カホ『私たちが見てきた夢はほぼ「未来予知」に近いものになっているんです。もっと、自信をもってもらわないと・・・』
果穂「自信を・・・」
ピエール「果穂?」
果穂「あわわ、ピエールくん!?///」
ピエール「どうかした?」
果穂「な、なんでもありませんよ!じゃ、行きましょうか!///」ギュッ
ピエール「やっふー!今日も果穂にいっぱいベンキョウ教える!」
果穂「そうですね、勉強も出来ないと!///」
カホ『(アマゾンか・・・』

441 : プロデューサーさま   2019/05/25 16:20:14 ID:HRtcqDCekw

>>440
カホ『恐らく過去のアタシが煮え切らないのはあの夢のせい』
・・・
オーマジオウ「お前は何故私と戦う。亡者の王よ」
アーク「うるさい!ボクは人間だ!」
オーマジオウ「私は知っているぞ。お前は幼き日に事故で命を落とし亡者の王として蘇生した」
アーク「くっ!だからなんだ!ボクは人間として生きてる!」
オーマジオウ「今はそうだろう。だが仮に私を倒し世界を取り戻して何時まで自分を隠し通す?」
アーク「それは一生だ!」
オーマジオウ「無理だな。レジスタンスの中に薄々お前を怪しいと思っている者がいる」
アーク「そんなの嘘だ!」
オーマジオウ「嘘ではない!お前は確かにあの男の息子だ。強いのも解るだろう。だがお前の弟の正体を知った奴らこう思うだろう」
アーク「何?」
オーマジオウ「チヒロは化け物だった!ならその兄と姉達はどうなんだ!っと。一度疑心に囚われた人間はそれを晴らせない!」
アーク「・・・・ぐぅ!」
オーマジオウ「待っているのは終戦の後の処分だけだ」
ユウ「ボクはどうしたら・・・」
オーマジオウ「だが私は違う。お前の様な者を差別はしない。私の元へ来い。お前は」変身を解く音葉
ユウ「えっ?」
果穂?「私と共に在るべきだ」
・・・
カホ『あの夢のオーマジオウの正体は成長した過去のアタシだった・・・』
カホ『恐らく過去のアタシ自身も気付いてる。どうなってしまうのか解らない自分に』

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -