【ミリオン安価SS】P「劇場の売店にアイドル考案の商品を?」
1 : 我が下僕   2019/06/05 19:55:25 ID:FpUOXR0it2

・地文なし
・安価にご理解ご協力をお願いします

67 : 我が友   2019/06/10 20:19:50 ID:rrb5GU81BQ

~北沢志保の場合~

ブォォォォォン!キキィィィィィイ!

P「今日も一日安全運転且つ送迎最速理論の臨床実験しつつただいま戻りました~!」

琴葉「どこがですか、志保ちゃんは大丈夫?」

志保「別に、いつものことですから」

P「そういえば志保はグッズ案あるか?」

志保「はい、......笑わないでくださいよ?私は絵本を作ろうと思います。話の大筋は決まってるんです。親がどこかに行って二匹ぼっちになった黒猫と白猫の姉弟の話で、心を閉ざした猫の姉弟が色々なお人好しの動物たちと出会い徐々に心を開いていく物語です」

琴葉「いいんじゃないかな?志保ちゃんが絵本っていうのが少し意外だったけど...」

P「志保、この猫の姉弟って...」

志保「特に深い意味はありません。ただ弟が絵本好きなので.......それだけです」

68 : プロデューサー   2019/06/10 20:26:54 ID:rrb5GU81BQ

※一体お人好しの動物が何を指しているのか、ということだけは頑なに話さない志保でした。

琴葉「絵は志保ちゃんの憧れだっていう絵本作家の先生にお願いするらしいですね?」

P「いやー、まさか二つ返事でOKしてくれるとは思わなかったわただその先生に作画をお願いするってこと志保に伝えてないんだよなぁ」

琴葉「びっくりすると思いますよ?」

>>69「お疲れ様です」

69 : P様   2019/06/10 20:59:34 ID:UpT5ccCLhg

可憐

70 : Pちゃま   2019/06/11 08:59:01 ID:dOIc6oaqSU

~篠宮可憐の場合~

可憐「お疲れ様です...プロデューサーさん」

P「可憐か、お疲れ様、劇場のグッズ案あるか?」

可憐「はい...その...試作品もあります......」

P「用意周到だな...これは......香水か?」

可憐「はい、最初は私のおすすめのアロマを作ろうと思ったのですが...その途中で星梨花ちゃんの香りができてしまって...その...全員分作ってみたら出来ました...」

琴葉「あくまでアイドルイメージの香り...よね?」

P「とりあえず何人分か嗅いでみていいか?えーと、これは奈緒のか」

可憐「あっ...プロデューサーさん...奈緒さんのは...」

P「ソースと青のりと鰹節とマヨネーズっぽいんだけど...」

可憐「奈緒さんのは未完成で代わりにそれを入れておいたんです...」

71 : Pさん   2019/06/11 10:22:04 ID:Hp5y0gLCqQ

奈緒以外は完全に本人の香りだったのでアウトの判定になりました。代わりにアイドルのイメージに合わせたアロマを商品化することになりました。

P「意外な伏兵だったな...」

琴葉「恵美とエレナのは間違いなく本人の香りそのままでした」

P「いや、分かるんかい」

琴葉「それとプロデューサー、>>72が今日のラジオ収録が終わったら事務所に寄るそうです」


(安価だけ取って中断します)

72 : Pちゃま   2019/06/11 10:24:18 ID:vBd0MBkVyA

うどん…じゃなかった、最上静香

73 : 師匠   2019/06/12 06:26:30 ID:78IonAJO92

~最上静香の場合~

静香「お疲れ様です」

P「お疲れ様、『最上静香のモーレツ!ウドン帝国の逆襲』大好評だな」

琴葉「私も毎回聞いてるけど聞いてるとお腹すいてきます」

P「それは静香の食レポとうどん愛の産物だな、ところで静香は劇場のグッズ案考えてきたか?」

静香「はい、カップうどんです!」

P琴葉「「知ってた」」

静香「いいですか?このうどんはうどんにして従来のうどんの常識を覆すうどんなんです!お湯を入れて待つ時間は3分~15分、いずれでも別の味わいが出てくれる、例えばついやりがちなお湯を入れて携帯でメールしていたら麺が伸びきって不味い、時間が惜しいから規定の時間より早く食べても麺がほぐれてないといったトラブルを回避できる!これはうどん界の革命ですよ!革命!!それから―――」

P「喜◯蔵ラーメンの二の舞ってことはないだろう」

琴葉「まあ静香ちゃんなら半端なうどんを世に出すことは許さないでしょうし」

74 : ごしゅPさま   2019/06/12 06:32:19 ID:6fKq2GQQ16

※うどんの歴史とうどん界の未来について語り出したので程々のタイミングで採用を言い渡しました。静香は語り足りない模様

P「ここまで最初から予想できてたことがあっただろうか、いや、ない」

琴葉「うどんになると人が変わったようになりますからね...」

P「正直いつかのバラエティで描いてた謎生物の絵から出してこなくて安心した。おっと、そろそろ>>75が来る時間だな」

75 : 貴殿   2019/06/12 07:23:58 ID:/4dyRNbKsY

のーりー子!のーりー子!

76 : 師匠   2019/06/12 07:47:47 ID:EMLCKvNWlY

~福田のり子の場合~

のり子「プロデューサー!!グッズ案あるんだけど聞いてよ!外部とのコラボになっちゃうんだけどさ...」

P「今までも何件か例があるしいいぞ、どんなのだ?」

のり子「ユニットロゴの入ったドライジャージとタオル!あと背番号Tシャツも!!」

P「もうあるぞ」

のり子「えっ...?」

琴葉「https://shop.asobistore.jp/s/products/detail/143087-00-00-s005 で好評発売中ですね」

P「この前のセンター公演が好評でさ、先方もコラボ商品を身につけての観戦を推奨しているよ。のり子はなれたんだよ、プロレス界とアイドルの架け橋に」

のり子「プロデューサー......もーっ!恥ずかしい台詞禁止!闘魂注入!!ドーーーンっ!」バシベキィィィィィィィッ

77 :   2019/06/12 07:58:26 ID:th82Eg.C7I

※Pの肋骨は犠牲になりました。労災扱いになるそうです。のり子考案商品は刺繍入りライダーグローブになりました。

琴葉「プロデューサー!?大丈夫ですか?」

P「スパークドリンク30を四本くらい飲んだら直った、あれ実はヤバい薬入ってるんじゃないかな?」

琴葉「今日の予定は...この後>>78がイベント終わり、>>79がリハーサル終わりですね」

(安価だけ取って中断します)

78 :   2019/06/12 08:24:42 ID:eQrGrifRSI

美也

79 : 我が下僕   2019/06/12 09:50:00 ID:rpc3ioDMlk

ひなた

80 : 我が下僕   2019/06/12 20:21:53 ID:4e9Z72ieuo

~宮尾美也の場合~

美也「お疲れ様です~」

P「お疲れ様、ちびっ子将棋教室大盛況だったそうじゃないか」

美也「スタッフさん達のお陰ですよ~最後にミニライブも出来ましたし楽しかったです~」

P「それはよかった。ところで美也、劇場のグッズ案はあるか?」

美也「はい~、私は詰将棋の本を出したいです~」

琴葉「詰将棋っていうと新聞の隅っこに載ってるあれ?5分で解けたら初段とかってある」

美也「そうですよ~、簡単なものから難しいものまで奥が深くて棋力を上げる一番の近道なんですよ~」

P「美也のファンは高齢者も多いし将棋に対する姿勢もピンキリだから難易度のバラエティがあるのはありがたいな」

美也「全問に私の解説も載せますよ~」

P「(美也と学ぶ将棋シリーズは子供向けのも出したいな...)」

81 : Pさん   2019/06/12 20:28:49 ID:4e9Z72ieuo

※美也の解説が「のんびりいきましょ~」等、短時間で解けたら◯級という前提をひっくり返す為修正を加えることになりました

P「劇場に座敷シート作るか?」

琴葉「唐突ですね」

P「美也のファン層を考えたら椅子より座布団派の人も多そうだしバリアフリー化は急務だからな。神殿とか宇宙ステーションじゃないからまだ楽な部類だよ、この劇場は」

琴葉「そろそろひなたちゃんリハ終わりの時間ですね」

82 : プロデューサー殿   2019/06/12 20:52:15 ID:N9A9tQcPVw

~木下ひなたの場合~

ひなた「プロデューサー、琴葉さん、お疲れさんです」

P「お疲れ、ひなたリハ大丈夫そうか?」

ひなた「ちょっこし不安だけど大丈夫だべさ」

P「それでひなたは何かグッズ案はあるか?」

ひなた「あたし、みんなほどおしゃれな物を作る自信ないべさ...」

琴葉「ひなたちゃん、グッズはお洒落かどうかよりひなたちゃんらしいかどうかが重要なんじゃないかな?」

ひなた「あたしらしく...あっ、あたし、じいちゃんやばあちゃんの野菜をみんなに食べてもらいたいべさ」

P「野菜か...いいアイデアだけど鮮度がな...」

ひなた「したっけジャムにして美味しさをぎゅっと詰めるべさ」

琴葉「瓶詰めのジャムなら劇場でも取り扱えますね」

ひなた「りんごにニンジンにカボチャ...みーんな丹精込めて作ったうちの農園の美味しい野菜だべさ」

83 : P殿   2019/06/12 20:58:12 ID:N9A9tQcPVw

※木下農園と直接取引のある食品加工会社に大量の発注が入りました。

琴葉「仕事が早いですね...」

P「割りと簡単に商品化の目処が立つものではあるしな、木下農園土を売ろうとか言い出さなくて良かった」

琴葉「そんな甲子園球場じゃないんですから...」

P「お、>>84からメールだ.......ちょっと迎えに行ってくる」

84 : 下僕   2019/06/12 21:23:52 ID:MxFV24kf/w

美奈子

85 : Pサマ   2019/06/12 21:42:48 ID:N9A9tQcPVw

~佐竹美奈子の場合~

キキィィィィィイ!ドォォォォン!

P「また世界を縮めてしまった...」

美奈子「琴葉ちゃん、お疲れ様でーす」

琴葉「美奈子ちゃんお疲れ様、ところで何かグッズ案はある?」

美奈子「グッズ案というか劇場でも取り扱いたいものなんですけど...これで、あ、ちょっ食べてみてください」

琴葉「ザーサイ?あ、美味しい」

P「佐竹飯店はザーサイもうまいもんな」

美奈子「このザーサイ家では作ってるの私なんですよね」

P「マジで?美奈子はいいお嫁さんになりそうだな」

美奈子「というわけでPさんと琴葉ちゃんの太鼓判も押してもらったところで佐竹飯店のザーサイを商品化したいです!」

P「実家に許可だけもらってきてな」

86 : EL変態   2019/06/12 21:49:57 ID:N9A9tQcPVw

※佐竹飯店ザーサイの商品化の目処が立ちました。

琴葉「プロデューサー、しじみ汁どうぞ」

P「唐突だな...頂くよ、ありがとう」グビッ

琴葉「どう...ですか?」

P「美味い!二日酔いの日には滅茶苦茶欲しくなるやつ!」

琴葉「よかったら毎日でも作りますよ?プロデューサーが...望めば......」

P「いや、毎日は悪いって、気持ちだけもらっておくよ」

琴葉「朴念仁......」

P「ん?何か言ったか?」

琴葉「なんでもありません、それより>>87の仕事、今日初の現場ですよね?同行しなくていいんですか?」

P「そうだな、いい時間だし行ってくるよ!琴葉は便りになるなぁ...」
(安価だけ取って今日は終わります)

87 : 番長さん   2019/06/12 22:18:10 ID:FzOtt5dOQo

未来ちゃ

88 : 兄(C)   2019/06/13 20:47:50 ID:QVBRZa.NOY

~春日未来の場合~

未来「お疲れ様でーす!」

琴葉「お疲れ様、プロデューサー、未来ちゃん」

P「新しい現場のスタッフさん達の反応も上々だったな」

琴葉「未来ちゃん、劇場の売店のグッズ案はある?」

未来「はい!実は別の現場で仲良くなった他の事務所の子に試作品も作ってもらったんです」

P「マジで?聞いてないあとでそのアイドルの名前と事務所教えてな?お礼しにいくから」

未来「好きなときに好きなだけボタンが押せる『でへへぇ~ボタン』です!」

P琴葉「「アウトだ/ね」」

未来「どうしてですか~?」ポチッ \デヘヘェ~/

P「どことなくイントネーションもそっくりだし」

未来「じゃあこっちの金の脳は?メロンパンも収納できますよ?」

P「さては確信犯だな?」

未来「えーと...そのー........」ポチッ\デヘヘェー/

P「でへへぇ~ボタンに代わりに言ってもらうんじゃありません!」

89 : Pサマ   2019/06/13 20:51:43 ID:bzA3zQm1ns

※自爆装置が無いことが確認されたでへへぇ~ボタンはあまりにもグレーゾーンなので某TV局にお伺いを立てることにしました。

琴葉「未来ちゃんらしいけど...」

P「あのデザインはいかんでしょ、最大20回でリセットとかもするらしいし」

琴葉「そもそもあの番組未来ちゃん知らないんじゃ...?」

P「やめろ年の話は音無さんに効く」

>>90「おはようございます」

90 : 番長さん   2019/06/13 20:52:48 ID:YIogdelWWk

まかべえ

91 : プロデューサーくん   2019/06/13 21:07:53 ID:bzA3zQm1ns

~真壁瑞希の場合~

瑞希「おはようございます。」

琴葉「瑞希ちゃん、おはよう。今日は何か予定入ってたっけ?」

瑞希「いえ、皆さん劇場で取り扱う新グッズの案を出しているとのことだったので私もプレゼンしに来ました」

P「早速聞かせてくれるか?」

瑞希「はい、私が提案するのはトランプ...と言いたいところですがここはあえて別のもの...コーヒーゼリーを提案します...ブロマイドもつけるぞ」

琴葉「瑞希ちゃんの曲にも出てくるしいいんじゃないかしら?」

P「悪くないな、候補にいれておこう」

瑞希「良かった...ダメだったら屋根裏の道化師の時に使ったつけ髭とメガネのセットを提案していました」

琴葉「待って、そっちの方が気になるんだけど」

P「」

92 : 変態大人   2019/06/13 21:14:35 ID:bzA3zQm1ns

※コーヒーゼリーかつけ髭、メガネセットかは後で瑞希に選んでもらうことになりました。

P「それにしてもアレだな、琴葉がミルズのつけ髭とメガネしているとシュールだな」

琴葉「今後私にもこういう役が回ってきたときのための予習です」

P「まあガチでいくときほど変なコーデになるっていうことは昔から言われてるしこれくらいかわいいもんだな」

琴葉「そういえば聞いたことがあります。衣装と合っていないを通り越してふざけてるようにしか見えないアクセサリーをつけることもあると...あっ、>>93が来ましたね」

93 : Pしゃん   2019/06/13 21:27:07 ID:qqBkg8DLc6

94 : 変態インザカントリー   2019/06/13 22:15:51 ID:bzA3zQm1ns

~白石紬の場合~

紬「おはようございます」

P「おー、紬来たか」

紬「人を呼び出しておいて来たか等と...不躾な方ですね」

琴葉「紬ちゃんもグッズ案のことで呼ばれたのよね?聞かせてもらえる?」

紬「はい、私は地元金沢の伝統工芸品でもある水引細工の髪飾りを」

琴葉「そういえば未来ちゃんが紬ちゃんの髪飾りが可愛いって言ってたような...」

P「未来が言うならお世辞じゃないぞ!自信を持て!これも商品化だ.」

95 : プロデューサーはん   2019/06/13 22:18:34 ID:bzA3zQm1ns

※紬による水引細工講座が始まりました。真面目な琴葉は真面目に聞くそうです

P「琴葉が紬にたいなこと言い出したら俺立ち直れないんじゃないかな?」

P「琴葉帰ってくるまで暇だな」

ガチャ

>>96「お疲れ様です」

(安価だけ取って今日は終わります)

96 : ご主人様   2019/06/14 00:20:00 ID:Q/TnFfS.nc

星梨花

97 : プロデューサークン   2019/06/14 00:28:36 ID:M9JbFvR226

あと何人だ?

98 : EL変態   2019/06/14 02:02:50 ID:r3y.UtfA8A

昴、海美、亜利沙、茜、エレナ、奈緒、(琴葉)、まつり、千鶴、風花、莉緒の10または11人じゃない?
抜けあるかも知らんが

99 : 3流プロデューサー   2019/06/15 13:14:25 ID:46GkDynUNw

~箱崎星梨花の場合~

※琴葉は紬の水引細工講座が終わって戻ってきました

琴葉「星梨花ちゃん、お疲れ様」

星梨花「おつかれさまです!琴葉さん!プロデューサーさん!わたし、劇場のグッズ案を考えて来ました!」

P「早速聞かせてくれるか?」

星梨花「はい!わたし、ブログやMCでジュニオールの話をたくさんするのでお客さんたちにもジュニオールについて興味を持ってくれているみたいです!なので家で使っている首輪にサインを入れて売ろうと思います!こうやってつけて...わん♪」

P「うん、すばらs...琴葉「アウト、で・す・よ・ね?」アッハイ、ウッス、アウトッス、チッスチッス」

星梨花「さらにリード耳もつけて...わんわん♪」

琴葉「あのね、星梨花ちゃん?知っているとは思うけど首輪って人間につけるものじゃないのよ...?」

星梨花「??知ってますよ?」キョトン

P「どんな想像をしたんだ~?琴葉はムッツリさんだなぁ~」

琴葉「ぷ、ぷ、ぷ、プロデューサー!!!」

100 : ダーリン   2019/06/15 13:18:30 ID:46GkDynUNw

※琴葉に追いかけられながらどさくさ紛れに採用にしておきました。星梨花はPと琴葉が仲良しなだけだと思っているそうです。

―劇場からちょっと離れた公園―

P「琴葉...6kmも追いかけてくるとは思わなかったぞ...」ゼェゼェ

琴葉「それは...プロデューサーが...変なこと...言うからで...」ハァハァ

P「ん?あそこにいるのは...?」

琴葉「>>101......です...ね...」

101 : プロデューサーはん   2019/06/15 13:24:08 ID:IBT6i4ZBkw

102 : あなた様   2019/06/15 13:45:01 ID:46GkDynUNw

~永吉昴の場合~

昴「おーっす!プロデューサー!琴葉ー!環もいるし四人でキャッチボールしないかー?」

環「すばるー!なげるぞー!」ビュッ

昴「ナイスボール!ちょっとタイムー!」バシッ

P「わざわざ悪いな、中断してもらって」

昴「劇場のグッズだろ?オレが提案するのはこれだ!」っボール

琴葉「野球ボール?」

昴「よく見てくれって、サインボールだよ、サインボール!」

P「本当だ、昴のサイン入りだ、#18ってことは...エースナンバーか」

琴葉「(ん?グッズの試作品でキャッチボールやってたってこと...?)」

昴「あと小さいバットのスタンドも!サインボールを飾るにはやっぱこれでしょ!」

P「?...よくみたら加藤良三ボールじゃねえか」

昴「へへっ、公認球の方が本格的じゃん?」

琴葉「(加藤良三って誰...?)」

※ありえんくらい雑な解説:加藤良三→元プロ野球コミッショナー。プロ野球の使用ボールをアメリカのものに合わせ、自分の名前を刻印させた。勝手に統一球の仕様を変更したので辞任した。それ以前にも結構嫌われる要素がある。なんjの嫌われものランキング上位

103 : プロデューサーちゃん   2019/06/15 13:49:48 ID:46GkDynUNw

※加藤良三ボールを使わないことを条件に採用になりました。尚、100個に一個くらいは加藤良三ボールが混ざる模様。昴は環とのキャッチボールに戻りました。

P「さて、劇場に帰るか」

琴葉「はい、帰ったら>>104のレッスン終わりとちょうどいい時間だと思います」

104 : レジェンド変態   2019/06/15 14:12:02 ID:v0vzCqLaUE

千鶴さん

105 : 仕掛け人さま   2019/06/15 15:36:41 ID:5g/Mz38g5w

~二階堂千鶴の場合~

千鶴「琴葉!プロデューサー!ごきげんよう」

P「ごきげんよう」

琴葉「お疲れ様です千鶴さん。千鶴さんはグッズ案ってありますか?」

千鶴「ええ、ですが浮かばなかったのでコロちゃんに相談いたしました。そして試作品も作って頂いたのですが...」

P「これ...ですか」ポチー

\オーッホッホッホッホ!!!/\オーッホッホッホッホ!!!/\オーッホッホッホッゲホッゲホッ/

琴葉「何ですかこれ?」

千鶴「笑い袋...ですわね」

P「ランダムでむせるんだな...」

千鶴「セレブなわたくしらしいゴージャスな笑い袋ですわ!なにより!コロちゃんが!わたくしのために!作ったものですから!」

琴葉「(あ、押し切る気だ)」

P「うん、質素なものに見えるがゴージャスな商品だな!よし!採用!」

106 : ごしゅPさま   2019/06/15 15:48:30 ID:5g/Mz38g5w

※ロコがさらなるロコナイズを加えた『二階堂千鶴の高笑いセレ袋』が提出されることになるのはまた別の話

P「それはそうと千鶴さんが差し入れでくれたコロッケうっま」

琴葉「ええ、セレブで料理も上手いなんて流石です...」

P「本当にな...でも深夜まで続いた仕事でも家の近くまでしか送らせてくれないのはなかなか心配なんだよなぁ...」

琴葉「えーと、今日の予定は...この後>>107が収録終わりですね」

(安価だけ取って一旦中断します)

107 : 下僕   2019/06/15 17:11:15 ID:pexA81WmAU

まつり

108 : レジェンド変態   2019/06/16 19:21:31 ID:ikQq/zrK1Y

~徳川まつりの場合~

まつり「プロデューサーさん、琴葉ちゃん、はいほー!なのです!」

琴葉「お疲れ様です。『魅李苑雷武~戦国の覇王と呼ばれた君主・まつり姫~』の収録でしたよね、楽しみにしてます!」

P「お疲れ様、そういえばまつりは劇場で売るグッズ案まだだったよな?」

まつり「まつりは姫らしくびゅーりほー!でわんだほー!な物を考え...」

P「皆まで言うな、『ほ』印を刻印したマシュマロなら既に発注済みだ!」

まつり「ほ?」

琴葉「すみません、プロデューサーが『まつりといえばマシュマロだ!ほ?印のマシュマロを絶対提案してくる!』って聞かなくて...」

P「試作品がこれだ!まつりも食べてみるか?」っマシュマロ

109 : ボス   2019/06/16 19:30:39 ID:ikQq/zrK1Y

※その後まつりからはリボンを商品化する旨のプレゼンがありました。作ってしまったものは仕方がないので『ほ?印のマシュマロ』とリボン(長さによる量り売り)の両方をとりあえず販売することになりました。

琴葉「私、ちゃんと言いましたよね?プロデューサー?発注する前に本当にマシュマロでいいのか確認した方がいいのでは?って」

P「それについてはホントすまん」

琴葉「それはそうと『魅李苑雷武~戦国の覇王と呼ばれた君主・まつり姫~』楽しみですね」

P「原作というより原案が民明書房が出してる小説だしまつりには頑張ってもらうしかないよな、英気を養ってもらうためにマシュマロを差し入れに持っていったら真顔になってたけど体調でも悪いのかな..?」

ガチャ

>>110「お疲れ様です」

110 : あなた様   2019/06/16 19:32:51 ID:yVW.EL1icY

ふーかさん(すでに出てたら莉緒姉)

111 : 我が下僕   2019/06/16 19:59:06 ID:i.JynRkpfM

~豊川風花の場合~

風花「お疲れ様です」

P「お疲れ様、風花はグッズ案何かあるか?」

風花「はい、私の前職が看護師なのでこれを...」

琴葉「風花さん!流石に注射器はまずいですよ!?」

風花「注射器じゃないですよ!私が提案するのは血圧計です」

P「ああ、健診でちょくちょく引っ掛かるやつな」

風花「プロデューサーさんは食生活と生活習慣を少し改めてください。ただ血圧計にサインや刻印だけだと寂しいので私の声で数字を読み上げたり年齢を入力したらアドバイス...さっきの『生活習慣を改めてください』とか『早めに医師からの診察を受けてください』とかですね、そういう機能も付けられると良さそうです。」

琴葉「確かにアドバイスがあると血圧の数字もどう考えたら良いかも分かりますね。」

112 : 高木の所の飼い犬君   2019/06/16 20:07:59 ID:i.JynRkpfM

※何かしらのアドバイスをくれる血圧計は今後、開発元の技術次第で分析、アドバイスの精度が変わること等の条件で採用になりました。

琴葉「最近だと喋ったりアドバイスをくれる家電が流行ってるらしいですね」

P「AIの技術の進歩がすごいらしいからな」

P「しかし琴葉も唐突にボケを放り込んだものだな」

琴葉「仕方ないじゃないですか、私だって悪いことくらいしますよ」

P「(別に悪いことではないんだよなぁ...)」

琴葉「>>113がそろそろレッスン終わりですね」

113 : プロデューサー   2019/06/16 20:10:15 ID:HzLeRyS.7g

うみみ

114 : プロデューサーさま   2019/06/16 20:25:14 ID:i.JynRkpfM

~高坂海美の場合~

海美「プロデューサー!!レッスン終わったよ!」

P「お疲れ様、海美は元気だな、それと劇場のグッズ案あるか?」

海美「もちろん!女子力焼きそばを!!」

P「喜久◯ラーメンの二の舞ならともかく厚生労働省にガチで怒られそうなのはNG」

琴葉「大丈夫...じゃなかったやつでしょ?」

海美「じゃあじゃあ!トレーニング器具ならどう!こういうデザインで!」

P「ダンベルか...?回りについてるピンクのやつは...緩衝材みたいなものか」

琴葉「それなら床を傷つけることもなさそうですね。それで...デザイン画だとすごく大きいけど重さは?」

海美「私たち765プロにちなんで765kg!!!」

P「ダンベルの重さじゃねえ!」

115 : 兄ちゃん   2019/06/16 20:35:11 ID:i.JynRkpfM

※76.5kgでも充分重すぎるので39プロジェクトにちなんだMax39kgダンベル(ピンク、ブルー、イエローの三色セット)で採用になりました。一枚3kgのプレートを取り付けることで重さの調整ができる仕様の模様。

琴葉「あの...プロデューサー?ダンベルで39kgって充分重すぎるのでは...?」

P「冷静になるとそうなんだけど最初が765kgだったしすごく軽く聞こえるじゃん?数字のマジックだよ」

琴葉「それはそうと三色セットの三本入りって....トレーニングの時一本余りません?」

P「余るね。まあ人それぞれの使い方があるんじゃないか?お、>>116来たな」

116 : ぷろでゅーしゃー   2019/06/16 20:56:17 ID:TZnlMb5qkw

りおねぇ

117 : プロデューサーちゃん   2019/06/16 21:51:04 ID:i.JynRkpfM

(安価だけ取りましたが今日は一旦中断します)

118 : プロデューサー君   2019/06/17 19:05:38 ID:BfT7HaN5F.

~百瀬莉緒の場合~

莉緒「プロデューサーくん!お疲れ様♪この後飲みにいかない?」

P「却下、見ての通り仕事が山積みでな、それに莉緒もグッズ案まだだろ」

莉緒「あら?あるけど?グッズ案」

琴葉「どういうやつですか?」

莉緒「美容のためなら睡眠時間だって利用すべきじゃない?そのためのフェイスパックなんだけどね?普通のデザインじゃおもしろくないじゃない?だから全体を肌色にして目、鼻、口、眉、前髪を私のデフォルメキャラクターにして寝る間だけ私に変身できるパックっていうのはどう?」

琴葉「美容グッズなのかバラエティーグッズなのか割れそうなところですね」

P「まあデフォルメキャラならそうそう大事故にはならないだろ」

119 : 仕掛け人さま   2019/06/17 19:11:41 ID:BfT7HaN5F.

※取り敢えず試作品が出来たら判断することにしました。莉緒はこのみを探しにレッスン室へ向かいました。

P「正直莉緒のことだから酒だと思ってた」

琴葉「私もです。でも既に発売予定ですよね?劇場コラボしたお酒っって。」

P「そうそう。社長から伝えられた時マジでビックリした」

>>120「おはようございます」

120 : Pくん   2019/06/17 19:20:23 ID:gZbXkemjFQ

杏奈(ででたら亜利沙)

121 : 師匠   2019/06/17 19:20:31 ID:B8kjiapg1Y

エレナ

122 : Pさん   2019/06/17 19:34:12 ID:BfT7HaN5F.

~松田亜利沙の場合~

亜利沙「おはようございます!プロデューサーさん!琴葉さん!」

琴葉「おはよう、亜利沙ちゃん今日はレッスンよね?」

亜利沙「そうなんですけどプロデューサーさんがアイドルちゃんたちから劇場グッズ案を募集していると聞いて!」

P「話が早いな、亜利沙はどういうのがいいんだ?」

亜利沙「ふっふっふ...ありさ、この日のために本来なら自分で楽しむ用のデータベースからも引っ張ってきて試作品を作りました.......ズバリ!アイドルちゃん名鑑です!!私たち39プロジェクトや先輩達はもちろん!伝説の日高舞さん!玲音ちゃんや詩花さん達もいる961プロさん!200人近くのアイドルを抱える346プロさん!新進気鋭の283プロさん!そして様々な経歴のアイドルさんがいる315プロさん!全員の活躍やありさ的分析からベストショットまで全部載せますよー!そして取材のために色んな事務所にお邪魔して...むふふー♪」

琴葉「まるで広辞苑ね...」

P「で、亜利沙本人のページが三行で終わってるのは頂けないなぁ...皆に亜利沙の魅力を追記していってもらおう!手始めに桃子ーー!!!いるかーーーー!」

123 : 師匠   2019/06/17 19:46:34 ID:BfT7HaN5F.

※アイドル名鑑は他所の事務所分は許可が必要なので765プロアイドル名鑑になりました。亜利沙のページもキッチリ埋まりました。(ベストショットは画像参照)

琴葉「これだけ分厚いとお蔵入りも勿体ない気がしますね」

P「亜利沙のことをよく知らない他事務所からしたら恐怖そのものだからな、やるならちゃんと取材しないと」

琴葉「難しい事情があるんですね、それはそうとプロデューサーは私の項についてどう思いましたか?」

P「文面のテンションは高いけど概ねうなずける内容だったよ。亜利沙は愛ゆえに暴走しがちだけど分析自体は至極真っ当だからな」

>>124「お疲れ様です」

124 : Pチャン   2019/06/17 19:54:42 ID:B8kjiapg1Y

エレナ

125 : プロデューサー君   2019/06/17 20:02:55 ID:BfT7HaN5F.

~島原エレナの場合~

エレナ「コトハー!プロデューサー!」

琴葉「おはよう、エレナは今日も元気ね」

P「おはようエレナ、何かグッズ案あるか?」

エレナ「ンー?サンバ衣装なんてどうかナ?」

琴葉「エレナが着てくれるなら(だ、ダメよ!そんな...)」

P「露出度の問題でNGだな、でもサンバ関係のグッズは考えられるか?」

エレナ「そうだネー、ホイッスルはどうかナ?シルバーのホイッスルに蝶のマークを彫っテ首にかける紐はロゴ入りストラップでどうカナ?」

琴葉「素晴らしい、採用しましょうプロデューサー」

P「琴葉ってエレナが絡むと思考停まる系女子だっけ?」

126 : Pさん   2019/06/17 20:07:02 ID:BfT7HaN5F.

※エレナのホイッスルは琴葉の強い推薦により採用になりました。

P「楽器が出てきたのは初だったな」

琴葉「そうですね、スピーカー付きミラーボールはカウントしませんよね?」

P「多分ジュリアが持ってきたピックの方が楽器に近いんじゃないか?」

琴葉「あとは明日>>127がレッスンで来る予定ですね」

(安価だけ取って今日は一旦中断します)

127 : 我が友   2019/06/17 20:22:48 ID:j9G9hbHSqo

茜ちゃん

128 : プロデューサーちゃん   2019/06/18 20:38:11 ID:l0hQqEQJm2

~野々原茜の場合~

茜「プロちゃんプロちゃん!今日も可愛い茜ちゃんがレッスン終わったよ~!特別にナデナデする権利をあげよう~!」

P「ああ、お疲れ。ところで劇場のグッズ案あるか?」

茜「それはもちろん茜ちゃん人形!」

琴葉「それはもう売ってるから別のでお願いね」

茜「だったら茜ちゃんが直々に監修したプリンなんてどうかな?冷蔵庫に入れても誰のか分かる名前欄つき!」

P「いい対策だな、感動的だな、だが無意味だ」

琴葉「確か26枚目くらいの貼り紙で書いたとは思うんですけどね...」

129 : 監督   2019/06/18 20:43:04 ID:l0hQqEQJm2

※多分一般家庭では有効なので採用になりました。名前欄のデザインもデフォルメ化された茜のフキダシを利用するそうです。

P「麗花、多分茜のだって分かってるからやってるんだろうな」

琴葉「765プロの冷蔵庫のプリンは消える運命にあるんですね...」

P「おっと、もうこんな時間だ、>>130を迎えに行ってくるよ」

130 : 変態大人   2019/06/18 20:56:39 ID:p922JVNZok

奈緒

131 : 貴殿   2019/06/18 21:16:25 ID:l0hQqEQJm2

~横山奈緒の場合~

ガチャ

奈緒「戻ったでー」

P「掟破りの地元走りで帰ってきたぞー」

琴葉「実際にやると足回り壊しますし捕まらないようにお願いしますね」

奈緒「琴葉...慣れとるな...」

琴葉「プロデューサーがスピード狂なのは今に始まったことじゃないから。そうだ、奈緒ちゃんはグッズ案ある?」

奈緒「やっぱり本番大阪のたこ焼き皆に食べてもらいたいから...屋台でも出します?」

P「劇場前ならまだしも売店では無理があるなーそもそも奈緒はステージに集中してくれ」

奈緒「うーん、じゃあ地元の行きつけの店のおっちゃんに聞いてみるわ!」ケータイトリダシポパピプペ

琴葉「奈緒ちゃんが作るたこ焼き、本当に美味しいんですよね」ア,オッチャン?トウキョウニミセダサヘン?

P「タコ焼器が電気ばっかりだーって嘆いてたけどな」サギチャウヨー、ゲキジョウデヤタイダシテホシインヨー

奈緒「無理でしたわ!」

P「でしょうね!」

奈緒「だったらサイン入りハリセンなんてどうです?ノーマルと黄金のハリセンの二種類や!」

P「ちなみにお値段は?」

奈緒「1000万円やな!」

132 : 我が友   2019/06/18 21:23:56 ID:l0hQqEQJm2

※1000円だとしてもぼったぐりじゃないか?という疑念が尽きない為500円2本セットでの販売になりました。

琴葉「あの...プロデューサー?言いにくいことなんですけどさっき奈緒ちゃんからソースとマヨネーズ、鰹節、青のりの香ばしい匂いがしたのですが買い食いでもしました?」

P「いや?可憐が持ってきた試作品試してもらってた。奈緒は笑えたから許すってさ」

琴葉「でも私有車で迎えに行ったんですよね?」

P「やっべ!車用ファ◯リーズつけなきゃ!」

琴葉「プロデューサー!代わりに可憐ちゃんの試作品を!取り敢えず私の香りで!」

P「使わせてもらう!次は>>133を迎えに行かないといけないから助かるよ」

133 : Pサン   2019/06/18 21:26:41 ID:06ONhrr1qc

(琴葉以外全員出てるみたいなので)美希センパイ

134 : P様   2019/06/18 21:38:49 ID:l0hQqEQJm2

~星井美希の場合~

美希「ただいまなのー!」

P「美希に帰りの車のなかで聞いたらグッズ案あるってさ」

琴葉「本当ですか?」

美希「ミキやっぱりおにぎりを売ったらいいと思うな~」

P「オーソドックスなものから甘いもの、イチゴババロアやらイカの塩辛まで色々作りたいって言ってたな、そうだな...甘いも主食も叶えていけるおにぎりケーキなんかは...」

美希「絶対にNGなの、特にこの話は春香にだけは聞かれちゃダメなの」

琴葉「(おにぎりケーキ?)」

P「ただリアルな所コンビニとのコラボ商品になるな、いつものあそこの広報部に企画持ち込んでみるわ」

135 : あなた様   2019/06/18 21:44:30 ID:l0hQqEQJm2

※なんか変なスイッチを押したらしくおにぎりケーキの恐怖を語り始めた美希でした。

P「料理で遊ぶのはダメ、ゼッタイ」

琴葉「真剣にやっても事故になる案件もあるらしいですけどね...」

P「琴葉、明日は本社の事務所に来れるか?>>136との打ち合わせがあるからその時一緒に聞きたいし」

琴葉「分かりました。その時間だと少し後に>>137も事務所に居る予定では?」

P「そうだな、取り敢えずその二人は明日聞いてみよう」

(安価だけ取って今日は中断します)

136 : あなた様   2019/06/18 21:58:19 ID:34GkLQ.uEs

千早

137 : Pはん   2019/06/18 22:08:47 ID:U.CLGJ7Y42

春香

138 : プロデューサーちゃん   2019/06/19 20:22:50 ID:xJKTnvGNOY

~如月千早の場合~

千早「お疲れ様です。これで打ち合わせ終わりですね。」

P「そうなんだけどもうひとつ、劇場の売店売るグッズを考えて欲しくてさ」

琴葉「何かいいものはありますか?」

千早「そうですね、私の場合独り暮らしで曜日感覚が忘れがちなので日めくりのカレンダーがあるといいと思います。ただめくり忘れが無いように毎日内容が違うダジャレも...無いように内容」プルプル

P「久しぶりに見たな、千早のダジャレ即撃沈芸」

琴葉「え?プロデューサー!?放っておいていいんですか!?」

P「琴葉は見るの初めてだっけ、大丈夫、そのうち治まる」

139 : レジェンド変態   2019/06/19 20:28:00 ID:xJKTnvGNOY

※数分後落ち着いた千早は一年ぶんのダジャレを考えるため帰宅しました。

琴葉「ダジャレと曜日日付とエンブレムが入ると情報量多いですね」

P「エンブレムじゃないぞ?日替わりの千早のキメ顔だぞ」

琴葉「それでいいんですか765プロは...」

140 : 監督   2019/06/19 20:36:15 ID:xJKTnvGNOY

~天海春香の場合~

春香「プロデューサーさん、用事って何ですか?」

P「春香は劇場の売店で売るグッズどんなのがあったらいいと思う?」

春香「アクリルキーホルダーとかなら原価の割に高く売れるんじゃないですか?(¥ワ¥)」

P「杏奈の提案したラバストと被るんだよなぁ...」

春香「だったらサインミニ色紙をランダムで封入して売りますか?たまに金のペンで本当の直筆サインを混ぜてレアがあると匂わせるんですよ(¥ワ¥)」

琴葉「阿漕な商売になってること以外はいいと思います」

141 : 彦デューサー   2019/06/19 20:40:09 ID:xJKTnvGNOY

※桃子のシール同様消費者庁に怒られない程度にしました。春香は様子がおかしいのでお祓いに行きました。

P「消費者庁とか厚生労働省とか色んな所に睨まれそうな芸能事務所とは」

琴葉「国税庁よりはいいんじゃないですか?」

P「琴葉、明日もこっちの事務所に来てくれるか?>>142が事務所に寄るらしい」


(安価だけ取って今日は中断します)

142 : P様   2019/06/19 20:46:41 ID:NaCt3fNiwE

真美

143 : 我が友   2019/06/20 21:05:18 ID:cuF418ndUw

~双海真美の場合~

真美「兄(c)!こっちの事務所にいるなんて珍しいねー」

琴葉「真美ちゃん、お疲れ様」

真美「琴葉お姉ちゃんはもっと珍Cよ~!」

P「真美は劇場の売店のグッズ案何かあるか?」

真美「うーん、やっぱり亜美とのれんけーがあってこその真美だと思うんだよ、無尽合体キサラギのグッズで何か考えといてーよろよろー」

琴葉「ここに来て丸投げ!?」

P「じゃあプラモとかどうだ?劇場限定の仕様で」

真美「いいねー!さいよー!」

琴葉「採用かどうか決めるのってプロデューサーじゃなかった?」

144 : プロデューサーはん   2019/06/20 21:11:04 ID:cuF418ndUw

※MG(M@sterGrade)キサラギ劇場限定メタリックカラー、MPG(M@steraPieceGrade)キサラギオーバーマスター劇場限定ゴールドメッキが製造されることになりました。金型は大していじらないためメーカー側の決裁も割りと早かったそうです

琴葉「キサラギ劇場限定なのはいいんですけどどこに飾るんですか?」

P「そんなこと考えてモデラーができるか!」

琴葉「(何も考えてなかったんだ...)それはそうと真美ちゃんの商品なのに真美ちゃんが全然主張しませんけど?」

P「よく見ろ、キサラギの肩に乗ってるだろ?亜美と真美が」

琴葉「え?それだけ...ですか?」

P「そう、それだけ」

>>145「お疲れ様です」

145 : ごしゅPさま   2019/06/20 21:48:15 ID:sNl3XR3Eos

ゆきぽ

146 : ボス   2019/06/21 20:36:12 ID:1zb6mEhKC6

~萩原雪歩の場合~

雪歩「お疲れ様ですぅ」

琴葉「雪歩さん、いいところに!劇場の売店で売るグッズの案ってありませんか?」

雪歩「私でよければアイディアは出すよ?うーん...湯呑みとかはどう?」

琴葉「湯呑みですか?」

雪歩「そう、マグカップと同じで普段使えるグッズとしては定番じゃないかな?」

P「お茶好きの雪歩らしい発想だな」

琴葉「普段使いの良さもセールスポイントになるわけですね!」

147 : 師匠   2019/06/21 20:47:35 ID:5eIs3P9GbY

※雪歩はお茶を淹れて一息ついてから帰りました。琴葉のお茶には茶柱が立っていたそうです。

琴葉「あっ、茶柱が」

P「へぇラッキーじゃないか」

琴葉「他の先輩たちはみんな長距離ロケ中なんですね」

P「やよいと伊織はゴールド伝説でいつもの島だしあずささんはイタリアのロンドンでパリコレのために渡米したらしいし」

琴葉「一体どこ行ったんですか」

P「亜美もやよい達とゴールド伝説で貴音はラーメン屋ハシゴ番組で福岡の方まで行ってるし律子は竜宮小町のMV撮影場所の下見で沖縄に行ってるな、その案内と休暇を兼ねて響がついていってる。真はギアナ高地で伝説の格闘家から手解きを受けるっていう番組のロケ中だな」

琴葉「時々おかしいの混ざってませんでした?」

P「765プロならいつものことだ、それじゃあ今までのアイディアをまとめて社長の決裁を取ってくるよ」

148 : プロデューサークン   2019/06/21 20:52:28 ID:5eIs3P9GbY

~社長室~

社長「ふむ、どれもいいアイディアだとは思うけどね、まずはアイドル考案商品第一段として10人分のアイディアを採用しようと思う!」

P「なるほど...どれにしますか?」

社長「まあ待ちたまえ君ぃ、今回採用になるのはこの10人だ!」

社長の選択
>>149―158

149 : Pちゃん   2019/06/21 21:08:49 ID:FXtJaU64.M

可奈のボーカルレッスン本

150 : 5流プロデューサー   2019/06/21 21:15:54 ID:D/yz73hyw6

志保

151 : ご主人様   2019/06/21 21:32:38 ID:ZWldou6TMo

紬 水引細工の髪飾り良いよね

152 : 我が友   2019/06/21 22:38:06 ID:SwfXo5mleQ

担当の美也商品を推したいところだが
買う側としてエミリーのカルタ欲しいからエミリーで

153 : おやぶん   2019/06/22 08:15:30 ID:AbOqVpyLjM

このみさんの女このみを採用したいところだが

歌織さんのドリップコーヒーで

154 : 師匠   2019/06/22 09:21:56 ID:wIkekvlQgg

環のソフビ人形

155 : おにいちゃん   2019/06/22 10:25:12 ID:jPog3nqlxE

杏奈のやつ

156 : der変態   2019/06/22 10:48:25 ID:0TRJTQsCuU

ロコのボキャブラリーカード!普通に欲しい

157 : ごしゅPさま   2019/06/22 16:05:32 ID:zr9oeE6qEc

紗代子のやつ
担当が解説してくれるなら勉強がんばる

158 : プロちゃん   2019/06/22 20:23:37 ID:nhT6bVP49M

雪歩の湯飲み

159 : プロちゃん   2019/06/22 21:35:36 ID:/cCB8FxAnA

社長「ということで今回採用になるのは矢吹君のボーカルレッスン本、北沢君の絵本、白石君の水引細工、スチュアート君のカルタ、桜守君のドリップコーヒー、大神君のヒーローズ人形、望月君のラバーストラップ、伴田君のボキャブラリーカード、高山君の解説付き参考書、萩原君の湯呑みだ!」

P「書籍率が高いですね」

社長「劇場パンフレットに加えて合計四種類になるな!だがアイドル諸君が考えたものだ、個性豊かなものになるだろう!いやはやこれで劇場の売店も賑やかになるというものだ!」

P「今までは劇場パンフレットとペンライト、マフラータオル、Tシャツ位でしたからね、あとは自販機の飲みものだけで」

社長「よくやってくれた!後はアイドル諸君に採用になった旨を伝えてくれたまえ!」

160 : Pちゃま   2019/06/22 21:46:31 ID:/cCB8FxAnA

※それぞれに採用を伝えた後、関係各方面に調整で奔走することになるPでした。第2弾以降がリリースされるかどうかは今回の売り上げに懸かっているそうです。

161 : do変態   2019/06/22 21:51:07 ID:/cCB8FxAnA

ということでオチが弱いですが終わりです。実際にあったら欲しくなるようなものはありましたか?それぞれのアイドルらしさが表現できていたら幸いです。最後に安価へのご理解ご協力ありがとうございました、それでは皆々様よいプロデューサーライフをお過ごしください

162 : der変態   2019/06/22 21:51:48 ID:AbOqVpyLjM

乙!

163 : 師匠   2019/06/22 21:55:52 ID:nhT6bVP49M

かんそうおつ

164 : Pちゃん   2019/06/22 21:56:15 ID:4zFrltAunI

おつー

165 : Pーさん   2019/06/23 00:02:56 ID:SfL9kUZu2s

おつー

166 : Pしゃん   2019/06/23 08:46:33 ID:v9MAb7ygRk

おつ

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -