【安価ss】杏奈「んと……プロデューサーさんの机に……缶詰、です」
1 : 高木の所の飼い犬君   2019/06/11 18:30:09 ID:KjonxomTq2

––事務所––
ガチャ

杏奈「おはよう……ござい、ます」キョロキョロ

杏奈「あれ……プロデューサーさんが、いない」

杏奈「呼び出したの……プロデューサーさん、なのに」

杏奈「ソファーで……ゲーム、しよう」

杏奈「ん……」ティン

杏奈「プロデューサーさんの、机に……缶詰? 」

杏奈「ピンク色……珍しい。なんの缶詰……かな」

杏奈「美女缶……?」

ガチャ

杏奈「……」サッ

杏奈(びっくりして……缶詰、ポケットに、入れちゃった……)

P「ただいま〜、ごめんな杏奈。少し入り用で遅れた」

杏奈「う、ううん……大丈夫、です」

P「ん? 俺の机に何かあったのか? そんなところで突っ立って」

杏奈「な、なんでもない、です。そ、それより……杏奈を……どうして、呼んだの?」

P「それはな––––––

………
……

2 : ボス   2019/06/11 18:30:43 ID:KjonxomTq2

杏奈「あ……美女缶……置いてくるの……忘れて、た」

杏奈「……事務所、もどりたく、ない」

杏奈「この、缶詰……何……入ってるの?」フリフリ

杏奈「うーん……」

杏奈「劇場の……空気、かな」

杏奈「……気になる」

杏奈「見て……みよう」マジマジ

〜美女缶〜
お風呂に入れて30分。あなたに好意を持ったあなた好みの女性と簡単に生活できる。世の男性が待ち望んだアイテム!

杏奈「なにこれ……」ヒキッ

杏奈「プロデューサーさん……彼女、欲しいみたい……?」

杏奈「小鳥さんは……だめ、なの……。楽しそうに……おはなし、しているのに?」

杏奈「この缶詰……だったり」

杏奈「そんなこと……ない、と思う……けど」

杏奈「この缶詰……どんな美女が、出てくる……の?」

↓2 アイドル名

3 : ぷろでゅーしゃー   2019/06/11 18:39:31 ID:ipgZOYowCI

このみさん

4 : Pサマ   2019/06/11 18:47:01 ID:0EOxfDouhU

あすざさん

5 : ごしゅPさま   2019/06/11 18:47:32 ID:0EOxfDouhU

>>4
あ、入力ミスった…。

6 : プロデューサー様   2019/06/11 19:01:51 ID:KjonxomTq2

〜三浦あずさ〜
年齢:20歳
身長:168cm
3サイズ:91-59-86

杏奈「……。プロデューサーさん……好きそう」

杏奈「杏奈と、違って胸……大きい」

杏奈「大人のお姉さん……」

杏奈「事務所に置いておくなんて……プロデューサーさんの、エッチ……」

杏奈「これを……お風呂に入れたら、出てくる……?」

杏奈「杏奈……みて……みたい。でも杏奈……仲良く……出来る自信、ない。」

杏奈「うーん」

杏奈「もしかすると……プロデューサーさん、お姉さん以外も持ってる……かも?」

杏奈「それも……気になる」

杏奈「どうしよう」

↓1 使うor返すor別のものを探す

7 : 我が友   2019/06/11 19:04:21 ID:ipgZOYowCI

試しに1

8 : Pサマ   2019/06/11 19:32:59 ID:KjonxomTq2

杏奈「ん……使って、みる」

杏奈「缶詰の人……杏奈のことが、好き……書いてある。……だから、大丈夫」


杏奈「お風呂は……準備出来てる。つぎは……」

杏奈「缶詰の蓋に名前を書くの……?」カキカキ

あなたのなまえ:あんな

杏奈「出来た……んしょ」カポッ

杏奈「缶詰のなか……赤いドロドロ。気持ち悪い」チャポチャポ

杏奈「これで……30分……待つ。缶詰の説明は、これだけ」

杏奈「ん……『別途説明DVDが付きます』って……書いてある」

杏奈「明日……探してこよう」

………
……


『あの〜。ごめんなさい。タオルを頂けませんか〜』

杏奈「忘れてた……いま、持っていきます……」

杏奈「ドキドキ……」

杏奈「これ……タオル、です」

『ありがとうございます〜。もう少し待っていてくださいね』

杏奈「うん……」

ガラッ

あずさ「うふふっ、お風呂ありがとうございます杏奈ちゃん」どたぷーん

杏奈「え、バスタオル……巻いただけ?」

あずさ「そうなのよ。着ていたお洋服はどこかに行ったみたいで」

杏奈「え……お洋服……ない、の。杏奈の洋服……着る?」

あずさ「それは難しそうね。でも、助かったわ」

↓1 杏奈ちゃんがあずささんを拾った理由

9 : 仕掛け人さま   2019/06/11 19:56:26 ID:PR87AwbGhE

手作りの料理が食べたかったから

10 : Pサマ   2019/06/11 20:09:20 ID:KjonxomTq2

杏奈「ううん……」

あずさ「でも、本当にご飯を作るだけでいいの?」

杏奈「え……、どういうこと?」

あずさ「私のお家が見つかるまで杏奈ちゃんのお家にお邪魔させてもらうから、そのかわりに、杏奈ちゃんのご飯を私が作る約束」

杏奈「(あずささん……迷子、なの?) う、うん……杏奈、女子寮だから……違うご飯、食べたい」

あずさ「本当に迷惑じゃない?」

杏奈「お家……見つかるまで……いて」

あずさ「ありがとう。杏奈ちゃん」

杏奈「ん……杏奈。お洋服、探してくる」

杏奈「(綺麗なお姉さんと……二人きりドキドキする)」

杏奈「何しよう ↓1 」

11 : プロデューサークン   2019/06/11 20:11:57 ID:k//B3sjVb2

一緒に料理

12 : Pたん   2019/06/11 20:25:30 ID:KjonxomTq2

杏奈「(ん……一緒に料理……する)」

杏奈「あずささん……お洋服、杏奈のジャージとシャツで良い?」

あずさ「あらあら〜。私が着ると伸びちゃうけどいいの?」

杏奈「うん……あずささん……バスタオル、だけはだめ」

あずさ「ありがとう。杏奈ちゃん」ゴソゴソ バイーン

杏奈「」

杏奈「……羨ましい」ボソ

あずさ「杏奈ちゃん、なにか言ったかしら?」

杏奈「なんでも、ない」

あずさ「それなら杏奈ちゃんのために晩御飯作るわね」

杏奈「杏奈も、手伝う」

あずさ「いいのよ〜、泊めてくれるお礼なんだから」

杏奈「ううん……お皿の場所、わからないと思う、から……手伝う」

あずさ「なら、お願いするわね」

杏奈「頑張る……」

↓1 完成度

13 : 我が下僕   2019/06/11 20:28:44 ID:vBd0MBkVyA

72%

14 : ぷろでゅーしゃー   2019/06/11 20:38:42 ID:KjonxomTq2

あずさ「杏奈ちゃん、召し上がれ」

杏奈「ありがとう、です……」パク

杏奈「(普通のカレーだ。杏奈の切った人参大きくて火が通ってない)」

あずさ「味はどう? 口に合うかしら?」

杏奈「……72%」

あずさ「えっ……?」

杏奈「ううん。んと……ふつー」

あずさ「よかった……明日はもっと美味しいのを作るからね」

杏奈「楽しみに、してる……」

………
……

翌日

杏奈「今日は……どうしよう」
1.事務所で説明書を探す
2.あずささんのお家をさがす
3.プロデューサーに美女缶について聞く
4.自由安価

↓1

15 : 高木の所の飼い犬君   2019/06/11 21:01:03 ID:WPkdhKmvwI

2

16 : Pさぁん   2019/06/11 21:18:09 ID:KjonxomTq2

2.あずささんのお家をさがす

杏奈「あずささん……」

あずさ「なあに、杏奈ちゃん?」

杏奈「杏奈も……お家探す」

あずさ「お家に泊めてもらって、お家探しも手伝ってくれるなんて悪いわ」

杏奈「杏奈……今日はお休みだから、大丈夫」

あずさ「そう?ならお願いしちゃおうかしら」

杏奈「うん……エスコートする」

………
……


あずさ「それでね、1日中歩きまわっていたら、雨が降りそうになってね、そこで杏奈ちゃんにあったの」

杏奈「歩きなら……遠くないはず、だよ。駅に……行く?」

あずさ「それがね、なに駅か思い出せないの。困っちゃうわ」

杏奈「……? どういう、こと?」

あずさ「もやもやっとしてどうしても思い出せないの。私が忘れっぽいだけよね。忘れて杏奈ちゃん」

杏奈「(缶詰にお家はないのかな?)」

杏奈「あずささんは–––あれ……あずささん、どこ?」

杏奈「あずささん……いなくなった」

杏奈「缶詰だから……溶けちゃった、の?」

杏奈「探さないと……!」

↓1 あずささんは……どこ?

17 : プロデューサーくん   2019/06/11 21:33:02 ID:NC.bodErxQ

スーパーの缶詰コーナー

18 : プロヴァンスの風   2019/06/11 21:54:04 ID:KjonxomTq2


〜スーパー〜
杏奈「はぁ……はぁ……あずささん、さがした、よ」

あずさ「杏奈ちゃん、急に居なくなってごめんなさい。歩いていたら、急に杏奈ちゃんが居なくなって探している内にここについたの」

杏奈「それで……スーパーの缶詰コーナー……なの?杏奈、たくさん……探したのに」

あずさ「どうしてか目に留まったの。不思議よね。あまり食べたこともないのに」

杏奈「それは……(あずささんは缶詰だから……)」

あずさ「そうだ!杏奈ちゃん、今日は缶詰でご飯を作りましょうか」

杏奈「お家探しは……今日はもういいの?」

あずさ「歩き回ってここは知らないところだってわかったから今日はいいの。765シアターなんて初めて聞いたわ。それに杏奈ちゃんは私を探し回って疲れたでしょう。だから今日はお終い。また明日探せばいいの」

杏奈「ん……わかった。杏奈……これからは……迷子にならないように手を繋ぐね……」ギュ

あずさ「あらあら、ごめんなさい杏奈ちゃん」ギュ

杏奈「缶詰買って……女子寮帰ろ……」

あずさ「そうね、帰りましょうか」

杏奈(あずささんの、お家……どこにもないの、かな……?)

………
……


杏奈「シングルベットに……あずささん……。狭い」
1.事務所で説明書を探す
2.あずささんについて調べる
3.プロデューサーに美女缶について聞く
4.自由安価

↓1

19 : 兄(C)   2019/06/11 22:01:37 ID:WiouvkHUtc

3
Pの意図が知りたい杏奈であった

20 : プロデューサーちゃん   2019/06/11 22:22:04 ID:KjonxomTq2

〜事務所〜
杏奈「おはよう、です。プロデューサーさん……いる?」

P「おはよう杏奈。今日のレッスンは午後からなのにどうしたんだ、こんなに早く」

杏奈「んと……プロデューサーさんに……聞きたいこと、ある」

P「杏奈からそんな言葉が聞けるなんて珍しいね。なんだ、答えられることなら答えるよ」

杏奈「……美女缶……知って、る?」

P「……」

杏奈「プロデューサーさん……?」

P「どこでそれを……?」

杏奈「……事務所」

P「うーん……未成年の杏奈にはまだ早いから教えません!」

杏奈「え……」

P「誰だか、そんな青少年の教育に悪いものを置くなんて」プンスコ

杏奈「(もっと知りたい……けど)

1.引き下がる
2.問い詰める
3.自由安価

↓1

21 : 3流プロデューサー   2019/06/11 22:29:46 ID:vBd0MBkVyA

22 : Pしゃん   2019/06/11 22:44:57 ID:KjonxomTq2

2.問い詰める

杏奈「教えて……」

P「未成年は……ダメです!」

杏奈「ジトー……」

P「そんな目で見てもダメなものはダメ」

杏奈「……未成年がダメ、なら……プロデューサーのえっち。使ってるの? 」

P「ば、馬鹿。使ってなんか……」

杏奈「このみさんに……Pさんが使ってたって……聞いていい?」

P「沽券に関わるから辞めてください」

杏奈「プロデューサーさん、ダメ……ばかり」

P「とにかくもう少し大人になってから使うものなの!」

杏奈(あずささんは……プロデューサーさんのものじゃ無いのかな……?)

P「これ以上は何も答えない」

杏奈「最後に……一つ」

P「……」

杏奈「三浦あずささん……知ってる」

P「……っ!……知らないよ」

杏奈「……ありがと、です」

P「これで終わり。流石に怒るからな」

杏奈(これ以上は教えてくれないと思う)

1.アイドルに聞く(シアターのアイドル名)
2.説明書を探す
3.あずささんについて調べる
4.自由安価

↓1

23 : ぷろでゅーしゃー   2019/06/11 23:00:25 ID:WiouvkHUtc

そういえば説明書探さないと
というわけで2

24 : プロデューサーさん   2019/06/11 23:07:14 ID:KjonxomTq2

2.説明書を探す

杏奈「プロデューサーさん……おしえて、くれない……」

杏奈「いいよ……説明書、探す」

P「何してんだ〜杏奈」

杏奈「探し物……」

P「だからって俺の机には何もないって」

杏奈「嘘……ここに、あるはず……」

P「また美女缶か……。だから俺は持ってないから」

杏奈「(ふん、知らない……)」

杏奈「どこを……探そう……」

↓1 シアター内限定

25 : プロデューサーくん   2019/06/11 23:13:56 ID:NC.bodErxQ

ドレスアップルーム

26 : Pさぁん   2019/06/11 23:35:57 ID:KjonxomTq2

杏奈「んと……ドレスアップルーム、探す」

杏奈「うーん……」ガサゴソ

杏奈「カーテンの裏……ない。お洋服の……ポケット。あるわけ……ない」

杏奈「これは……新しい、ステージ衣装……見つけた。かわいい」

杏奈「これは……誰のかな、大きい」

杏奈「あ、探さないと……棚の上のダンボール……」

杏奈「桃子ちゃんの、踏み台……借りよ」

杏奈「んしょ……重い。」フラフラ

ドスン

杏奈「い、痛い……でも、平気」グスッ

杏奈「ダンボールは……ケホケホ。埃……凄い」ベリベリ

杏奈「……?ステージ衣装だけ……?」

杏奈「ただの、予備……かな?」

杏奈「缶詰も……説明書も……みつから、ない」

杏奈「ここには、ない……?」

1.もっとさがす
2.入ってきたアイドルに聞く
3.帰ろ……

27 : Pはん   2019/06/11 23:36:26 ID:KjonxomTq2

↓1

28 : せんせぇ   2019/06/11 23:46:32 ID:vBd0MBkVyA

1

29 : P殿   2019/06/11 23:54:54 ID:KjonxomTq2

1.もっとさがす

杏奈「ん……もっと、探す」

杏奈「気になるのは……ダンボール」

杏奈「美咲さん、作れるのに……予備……必要?」

杏奈「出して、見る」ガサゴソ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

杏奈「全部で、13枚あった……3分の1だね」

杏奈「でもどうして……?」

ペラッ

杏奈「ん……伝票?」

杏奈「よくわかんない……サインの『秋月』って誰?」

30 : プロデューサー   2019/06/11 23:55:18 ID:KjonxomTq2

明日に続きます

31 : 兄ちゃん   2019/06/12 12:58:59 ID:RAqGLTVpbE

〜女子寮〜

杏奈「ただいま……」

あずさ「おかえりなさい、杏奈ちゃん。今日はお仕事?」

杏奈「ううん……あずささん、知らないん、だね。杏奈……アイドル、してる」

あずさ「それって、可愛いお洋服を着て歌って踊るお仕事よね。凄いわ」

杏奈「えへへ……♪あずささん……綺麗だから、プロデューサーさんなら、絶対……スカウト、するよ」

あずさ「あらあら、それが私の運命の人になるかもしれないわね」

杏奈「……?」

あずさ「気にしないで。杏奈ちゃんがアイドルしてるならテレビに出たりもするのよね。見てみたいわ」

杏奈「ううん、杏奈はまだ……。今は劇場の……公演だけ……」

あずさ「それでも凄いわよ。劇場に行けば見られるかしら」

杏奈「うん……次の公演、決まったら……あずささん誘う」

あずさ「絶対に見に行くわ」

32 : 番長さん   2019/06/12 12:59:05 ID:RAqGLTVpbE

杏奈「なに、しよう……?」
1.説明書を探す
2.プロデューサーに聞く
3.あずささんと出かける
4.自由安価

33 : プロデューサー   2019/06/12 13:42:46 ID:CkRPQZxF3k

3

34 : 夏の変態大三角形   2019/06/12 20:44:33 ID:RAqGLTVpbE

3.あずささんと出かける

杏奈「あずささん……いい?」

あずさ「どうしたの杏奈ちゃん」

杏奈「んと……今日は……あずささんと、お出かけ……したい」

あずさ「私は大丈夫。杏奈ちゃんこそ私に気を使っていたりしない」

杏奈「ううん……してない、よ。杏奈……あずささんと、お出かけしたい」

あずさ「疑ったりしてごめんなさい。少し私も不安みたいね」

杏奈「杏奈も……迷子になったら不安。だから……いいよ」

あずさ「ありがとう杏奈ちゃん」

35 : バカP   2019/06/12 20:45:00 ID:RAqGLTVpbE

〜雑貨屋〜
杏奈「見て……これ、可愛い。杏奈……可愛い、好き」

あずさ「杏奈ちゃんも女の子しているのね」

杏奈「あずささんは……嫌い?」

あずさ「ううん私も好きよ。これでも21歳ですから、うふふ、まだまだ女の子」

杏奈「杏奈の、お姉さんでも……通用すると、思う」

あずさ「あらあら杏奈ちゃんたら、口が上手なんだから」

………
……

36 : ご主人様   2019/06/12 20:45:22 ID:RAqGLTVpbE

亜利沙「あれは私服の杏奈ちゃんっ! ムフフ、こんな偶然滅多にありませんよ。それと隣に杏奈ちゃんのお姉さんっ!むふ〜」パシャパシャパシャ

亜利沙「ありさはありさは幸せ者です〜っ!」

37 : 3流プロデューサー   2019/06/12 20:55:28 ID:RAqGLTVpbE

翌日

杏奈「いってきます……」

あずさ「行ってらっしゃい。気をつけてね」

杏奈「うん……」

杏奈「プロデューサーさんに、呼び出された」

杏奈「朝……早い、のに」

杏奈「なに……?」

38 : プロデューサー様   2019/06/12 20:55:52 ID:RAqGLTVpbE

〜事務所〜

杏奈「おはよう、です」

P「おはよう杏奈。朝早くからごめんな。美咲ちゃんがどうしても聞きたいことがあるっていうものだからさ」

杏奈「美咲さんが……?珍しい、ね?」

P「それが探し物が見つからないみたいなんだ。本当にそそっかしい」

杏奈「美咲さんは……どこ?」

P「そろそろ来る頃だと思うけど」

ガチャ

美咲「遅れてごめんなさい。少し引き継ぎに時間がかかってしまいました」

杏奈「いい、よ……」

P「俺は席を外した方がいいかな?」

美咲「いえ、プロデューサーさんも一緒でいいですよ」

P「それならデスクで仕事してるからなにかあったら呼んでくれ」

杏奈「うん……」

39 :   2019/06/12 20:56:15 ID:RAqGLTVpbE

美咲「……」

杏奈「……」

美咲「単刀直入に聞きますね。三浦あずささんと一緒にいますか?」

杏奈「え……」

1.シラを切る
2.正直に話す

↓1

40 : バカP   2019/06/12 21:32:32 ID:Q9Ql3Edzxo

2

41 : P様   2019/06/16 15:19:07 ID:pMr8jW15fU

42 : 番長さん   2019/06/17 18:33:51 ID:simo3eQ.Cs

2.正直に話す

杏奈「ごめん、なさい。杏奈……あずささんと一緒に暮らして、ます」

美咲「やっぱり美女缶を持ち出したのは杏奈ちゃんだったんですね。あずささんはよく迷子になるから缶詰でも迷子になったのかと思っちゃいましたよ〜」

杏奈「どうして杏奈と……一緒だと思った、の?」

美咲「それは……亜利沙ちゃんが杏奈ちゃんが綺麗なお姉さんと一緒にお出かけをしていたって話していたからこれは、もしかしてって。それでも見つかってよかった」

杏奈「勝手に持ち出して、ごめん……なさい」

美咲「見つかればいいんですよ。あとはプロデューサーさんがスカウトすればいいんですから」

杏奈「え……あずささんもアイドルに、なるの?」

美咲「はい♪杏奈ちゃんの先輩ですよ〜」

杏奈「杏奈が先輩の……はず」

美咲「それは……美女缶は特別です。杏奈ちゃんは説明書を読みしたか?」

杏奈「ううん……探しても、見つからない」

美咲「読んでも別れが辛くなるだけですから、見ない方がいいですよ」

杏奈「あずささんとお別れするの?」

美咲「缶詰ですから仕方のないことです。あ〜、これからASのみんながアイドルアルティメイトで大忙しだな〜」

杏奈「 ↓1 」

43 : おやぶん   2019/06/17 18:47:28 ID:cpzRRctVQ2

また会えるのか聞いてみて、会えないなら少し2人きりで話をさせてほしいと言ってみる

44 : 貴殿   2019/06/17 19:23:20 ID:simo3eQ.Cs

杏奈「あずささん……アイドルになっても杏奈……遭える?」

美咲「もちろんです。少し時間はかかりますけれどプロデューサーさんなら絶対にそうさせてくれますよ〜」

杏奈「よかった」

美咲「それで杏奈ちゃん。あずささんは今どこにいますか?同じ時間に二人も同じ人がいたらドッペルゲンガーで騒ぎになりますから回収してこないと」

杏奈「え……」

美咲「 ↓2 」

45 : プロヴァンスの風   2019/06/17 19:23:42 ID:simo3eQ.Cs

見切り発車だからたしゅけて

46 : Pーさん   2019/06/17 19:27:31 ID:7EGs9SSb3g

(いつぞやのエイプリルフールで使った)レーダーに反応ありました!

47 : レジェンド変態   2019/06/17 19:41:28 ID:simo3eQ.Cs

【安価ss】杏奈「んと……プロデューサーさんの机に……缶詰

美咲「レーダーに反応ありました!杏奈ちゃんのお部屋ですね」

杏奈「まって……」

美咲「ダメですよぉ。これからの三浦あずささんを開封してアイドルにするんですから、間違った方は処分しないと。えへへ、新しいあずささん楽しみだな〜♪

杏奈「人殺しに、なるよ?」

美咲「結局はプロデューサーさんに都合のいい1年限りの缶詰ですから、問題ありません。缶詰を杏奈ちゃんが開封したからいけないんですよ〜」

杏奈「嘘……。杏奈がわるい、の?」

美咲「……。杏奈ちゃんのお部屋にお邪魔しますね。あ、鍵はマスターキーがあるから大丈夫です」

杏奈(あずささんを止めないと…… ↓1 をする )

48 : Pーさん   2019/06/17 19:44:06 ID:simo3eQ.Cs

訂正
杏奈(美咲さんを止めないと…… ↓1 をする )

49 : プロデューサー殿   2019/06/17 20:07:27 ID:d6sbIVClm2

鍵を奪う

50 : 監督   2019/06/17 20:41:13 ID:simo3eQ.Cs

杏奈(美咲さんを止めないと…… 鍵を奪う )

杏奈「美咲さん……ごめん、なさい」ドンッ

美咲「きゃっ」ガンッ

杏奈(美咲さんの血、美女缶の中身みたいに……赤くて透明。美咲さんも缶詰なの?)

杏奈「美咲さんに……あずささんの元へ、行かせない。だから、鍵……返さない、よ」

美咲「杏奈ちゃん、返すならば早い方がいいですよ〜。えへへ、杏奈ちゃんがあずささんを守り続けることなんてどうしたって無理なんですから」

杏奈「そんなことは、無い。杏奈、できる。美咲さんの口車に乗せられないよ」ダッ

美咲「逃げても無駄なのにな〜。だって……杏奈ちゃんは765プロのアイドルですから♪」

……
………

51 : ご主人様   2019/06/17 20:41:25 ID:simo3eQ.Cs

杏奈「はぁ……はぁ……美咲さんが追いかけて来ない。もう大丈夫、だよね」

杏奈「あずささんは缶詰で美咲さんも缶詰みたい……プロデューサーさんも缶詰だったら、嫌」

杏奈「杏奈の味方……いないの?」グスッ

↓1 「杏奈ちゃん……、どうかしたの?」

52 : ハニー   2019/06/17 20:57:44 ID:SzM4HNkk9M

このみさん

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -