みらしずを語るスレ
1 : Pさぁん   2018/09/06 04:34:26 ID:GeiaAUbQ8g

カップリング魅力を語ったり自慢のスクショを貼ったり2人のこんなシチュエーションが見たい等何でもOK!
みらしずについて大いに語り合いましょう!!

2 : せんせぇ   2018/09/06 07:14:32 ID:EdidA1QjAQ

立て乙

3 : プロデューサーさん   2018/09/06 09:17:50 ID:5UX.r/i2VE

立ておつー
2スレ目とはすごいなぁ

4 : プロデューサーはん   2018/09/06 09:55:13 ID:ulRtPU0rUw

スレ立て乙~
前スレ http://imasbbs.com/patio.cgi?read=2784&ukey=0&cat=ml

5 : ご主人様   2018/09/06 10:01:21 ID:.7w52hW.bA

おつー逃しちゃったけど1000に貼ろうとしたやつ置いときますね

6 : 彦デューサー   2018/09/06 16:38:24 ID:BSDHfpXB1w

前スレは1からして愚痴っぽいのもあって若干殺伐としてたな、てか建てた人別人だよね?

7 : Pちゃま   2018/09/06 18:57:07 ID:GeiaAUbQ8g

>>6
>>1だけど前スレの人とは別人です
自分も前スレは全体的にネガティブな印象を受けたので、今度は明るい話題が多いと良いなぁと思ってます

そして>>1を読み返したら脱字あるし…
カップリング魅力ってなんだよカップリング"の"魅力だよ…

8 : 我が友   2018/09/06 20:34:58 ID:9DxVyAcFl2

>>5
同一人物かわかんないけど、ここに貼っていただいているおはジェネは尊い
感謝したい

9 : プロデューサー様   2018/09/07 02:03:04 ID:Nl36Xybkeo

せっかくだからみらしずデッキ晒すわ

10 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/07 02:07:05 ID:yOHvTagmLM

まぁまぁ、みらしず好きにしか愚痴も聞いてもらえんだろうし丸きりやめろと言うこともない
おはジェネ作者にはマジ感謝

11 : おにいちゃん   2018/09/07 04:28:11 ID:mRdaQWBE0g

こういうのもええんか?

12 : お兄ちゃん   2018/09/07 16:44:48 ID:W7w8.Ib0M2

これイベント内じゃ一言も会話してなくてがっかりした

13 : Pちゃま   2018/09/07 17:36:34 ID:jXNSjYRY0I

>>9
つよい(確信)

14 : 箱デューサー   2018/09/07 23:36:22 ID:GxXDb6HVFI

学校内で序盤未来がアイドルやってる事実にすげーってなって、終盤静香がブレイクしてもっとすげーってなったけど、あれもし立場逆だったら静香闇堕ちしててもおかしくない気がする。

15 : 仕掛け人さま   2018/09/08 02:07:34 ID:HeKpyh7CaM

静香は高嶺の花って感じだから人懐っこい未来にアプローチする男子多そう。で、結果こうなる

16 : せんせぇ   2018/09/08 09:15:47 ID:tReYTacojQ

今にして思えば同じ学校設定ってみらしずで2次創作助長する為の配慮も裏にあったのかな?立場上揃えにくくなるのは公式もわかってただろうし…まあ想像でしかないけど

17 : ぷろでゅーさー   2018/09/08 20:14:07 ID:0q.ZFW4Z.6

その割に自分が知る限りその設定での創作ほとんど見かけないけどな。漫画だけの設定にそんなこだわる人いないんじゃない?

18 : プロちゃん   2018/09/08 21:40:55 ID:3zt8v9FiFQ

たびたび公式の意図が〜みたいな話出るけど全部思い過ごしだと思うぜ

19 : プロデューサー   2018/09/09 06:43:40 ID:tCf0DeCSH2

みらしずいいよね

20 : Pくん   2018/09/09 07:07:04 ID:8eHs20zaQE

元気いっぱいのアホの子とツンデレ優等生っていうテンプレ王道コンビだからね
2人のごまえしゅき

21 : Pチャン   2018/09/09 07:56:47 ID:gZkxQhwa8k

みらしずは俺のシャングリラ

22 : プロデューサーはん   2018/09/09 10:51:51 ID:4.t.6Hh3kk

>>21
どうせみんなみらしずになる?

23 : そなた   2018/09/09 22:01:23 ID:dKb9hVe8M6

単純にミリシタでもっと仲良しなエピソード欲しい。主に静香から。なんかただのツッコミ役にしか見えないし

24 : Pチャン   2018/09/09 23:31:32 ID:y1U5srX0f2

個人的な印象だけど未来はグリの時より静香への仲良し度上がってる気がする、静香のために泣いちゃうくらいだし。
対して静香はまあ今の所あっさりしてるというか、ツッコむ以外はあまり未来だけに向き合って話す場面が無いから、余計にその差が気になっちゃうのかもね

25 : Pしゃん   2018/09/10 01:46:00 ID:H/otg0y8.2

見えないところで仲良しなんです

26 : Pちゃま   2018/09/10 07:11:52 ID:hXie0HkvAQ

静香はツンデレだから未来の様な分かり易い愛情表現しないからね、グリマスのホラーイベで未来に「静香ちゃんが素直に感謝するなんて変だよっ」なんて言われたぐらいだし

27 : Pしゃん   2018/09/10 09:39:11 ID:dp9ucw1B/6

みらしずに挟まれて自堕落な3Pを繰り返す同居生活がしたいよね

28 : Pくん   2018/09/10 16:19:42 ID:6.3YBkyPi.

>>27
時たま行為中に2人の世界入って放置されるパターンいいよね

29 : ごしゅPさま   2018/09/10 20:17:30 ID:dp9ucw1B/6

いやそれはないわ
未来も静香もPガチ勢なんだから二人だけってのはありえないでしょ

30 : ダーリン   2018/09/10 20:32:41 ID:6.3YBkyPi.

そうか、ならすまんかったな余計な口挟んで

31 : プロデューサーちゃん   2018/09/10 21:57:08 ID:YCly48s9pY

両片想いみたいなもどかしい感じのみらしずが好き
この二人そういう青春っぽいの似合うよね

32 : Pちゃま   2018/09/10 22:10:07 ID:QmNZ3MLVMg

>>31
未来は奈緒とか翼とかに片思いの相談できそうだけど、静香って誰に相談するかな

33 : Pチャン   2018/09/10 22:26:35 ID:X13AbIBJqI

志保にどうやって可奈と付き合うことになったのかをしつこく聞いたりしてなんとなく察されるよ

34 : プロデューサー   2018/09/10 23:39:04 ID:aTWuy4QIlk

みらしず「私たち付き合うことになりました」→周り「やっとか…」って思われてそう

35 : バカP   2018/09/11 05:46:23 ID:2ZCUkMDmgY

テニスが盛り上がってるようなので

36 : プロデューサーさん   2018/09/11 16:39:05 ID:2O8Jaru9I2

人数多すぎる弊害なんだろうけど特別お互いが必要って展開に持ってきにくい。特に未来は似たような属性他にもいるし大抵のことはなんとでもなるからな

37 : 我が友   2018/09/11 17:05:36 ID:hrJmXkteXQ

ゲッサン考慮しなかったらみらしずって特別な関係でもなんでもないからな

38 : ダーリン   2018/09/11 19:00:30 ID:6NE/NjS3Rg

信号機3人にも言えることだけど、親友って十分特別な関係だよね
みらしずはその上で尊敬や憧れだったり保護被保護だったり安心感だったりをフィーチャーするものが多い気がする

39 : 我が下僕   2018/09/11 19:53:54 ID:Bx4qLEUAXg

ミリラジシアターやバクステではイチャイチャしてたし、グリマスでははっきり親友だと言ってるし、BCでも絆が描かれたばかりなのにゲッサンが無ければ特別じゃないと言われてもね

40 : プロちゃん   2018/09/11 20:00:15 ID:hrJmXkteXQ

グリマス考慮する必要ある? ミリシタがある以上ゲーム媒体としての関係性はアップデートされたと考えるべきでしょ
そんなにイライラしなくても……ね?

41 : バカP   2018/09/11 21:42:20 ID:K0hf2MCblk

シタでは全くの無関係ってわけでもないんだし、供給過多でゴリ押しとか見飽きたとか言われるよりマシだと思うね

42 : ご主人様   2018/09/11 23:19:42 ID:dRJCWMIs.U

そもそも主にイベント面での接点が昔から大して無いし、ゲームに限って言えば良くも悪くもそんな変わってないと思う。
みらしずの魅力は?的なこと聞くと大抵ゲッサンとかミリラジシアターとかからの外部由来だし

43 : ご主人様   2018/09/11 23:47:25 ID:6NE/NjS3Rg

どこ由来だとか昔と今だとか全然気にすることないと思うけどなぁ
みらしず好きにとって都合のいいものを好きなだけ取り入れて、好きなだけみらしずを愛でていけばよい

44 : おやぶん   2018/09/11 23:59:57 ID:MIxhi11JOU

BCのあれは可奈要素が余計だった。まあ主人公だから仕方ないけど

45 : ハニー   2018/09/12 00:57:36 ID:nrUwpvvA.Y

可奈もだけどBCに限らず翼がいなければもっとみらしずも流行ると思うんだけどなぁ……
あまり言いたくないけど邪魔

46 : Pちゃま   2018/09/12 01:35:44 ID:Hn/gez9GY2

ええ・・・

47 : あなた様   2018/09/12 02:00:23 ID:1U1wi/Gbl.

何か妙な空気になってきたから取りあえずみらしずバリボー貼っておきますね

48 : ごしゅPさま   2018/09/12 02:59:49 ID:XughVOilkE

>>47
スレチかもしれんけどそういうのはどうやって作るん?スマホで録画的なこととか?

49 : 箱デューサー   2018/09/12 13:16:49 ID:1U1wi/Gbl.

>>48
スマホで動画を録ってPCでカットしたりサイズ調整したりやね

50 : ぷろでゅーさー   2018/09/12 21:42:14 ID:qbM1BOAgCc

なんだろうね、ミリシタから劇場の仲間としての側面が強くなった分あんま親友みたいな踏み込んだ関係性からは遠くなったのはあるかも。
とはいえまだ一年だからこれからそういうの見せてくれるかもしれんけど

51 : 仕掛け人さま   2018/09/12 23:59:36 ID:kd7ftCO7sw

ゲームはあまり期待できないからやっぱコミックとか四コマとか外部展開に期待するしかないね

52 : おにいちゃん   2018/09/13 00:59:57 ID:CrI8C.sqpM

ゲッサンやらバクステもあるんだからみらしずだけに注目したスピンオフは流石にもうないでしょ
あんゆりとかしずしほ辺りはありそうだけど

53 : 仕掛け人さま   2018/09/13 04:50:25 ID:TDsoy7kh5Q

本格的にしずしほやりだしたらトドメ刺すようなもんだな。むしろそっちの方が需要あるし、公式的にも儲かるからいずれはやるだろうね。
どっちにしろみらしずに先は無いよ、たまにそんな設定もあったねって懐かしまれるのが精々。まあ初期に優遇されただけいいじゃん

54 : プロデューサーさん   2018/09/13 05:26:12 ID:loDv9FMKyI

ミリオンのメインの内の2人なんだから今後絡みがないなんて事無いでしょ
ちょっと心配し過ぎだよ

55 : Pしゃん   2018/09/13 06:34:45 ID:NIzjz7CgvA

結局愚痴の方が伸びるっていうね

56 : あなた様   2018/09/13 06:47:40 ID:4KlMFLmVeA

愚痴っていうか明らかにケチ付けに来てる奴いるし
しずしほ来たらみらしずはもう無いとか意味不明だよ
どっちも両立出来るだろ

57 : プロデューサー殿   2018/09/13 06:59:16 ID:BQ3WUjWuas

大雑把に言ってここで不満漏らしてる人はミリシタ世界に順応しきれない人なんだろうな。モバも並行してるデレステと違って完全に世界書き換わってるわけで、グリ基準のあれやこれが無かったことにされてるのでは、と。
そう考えると確かに未来と静香の関係性の変化は興味深い案件かも。

58 : 我が下僕   2018/09/13 10:07:01 ID:CrI8C.sqpM

しずしほってよ○さか君っていう神絵師がいるからズルイよね
みらしずって二次創作のクオリティそんな高くないしそういう意味では不利かも その分公式のゲッサンの質が良いけど

59 : プロデューサー殿   2018/09/13 10:34:02 ID:Y88uOKpb4g

殺伐としたスレにみらしずletters

60 : Pチャン   2018/09/13 13:00:16 ID:Cl8rmWwNgk

結局は公式待ちよな。2次創作も盛り上がらない、ここも愚痴でしか伸びないんじゃもうどうしようもないね。とりま下げとこ

61 : せんせぇ   2018/09/13 13:56:18 ID:O155GAkKnc

>>59
やっぱり未来のPBAアナザーと恒常静香の相性いいな
PBAは時間なくて走れなくてユニット衣装も全部揃えたいから中々イベ未来4凸出来ないんだよなぁ…

62 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/13 16:16:16 ID:bLdpZ6qodk

いちいち編成とか育成すんのだるい人だから基本未来と静香しか育ててない。今の所高スコア狙っても大した意味無いし、やっぱ好きなキャラで組みたいよね

63 : そなた   2018/09/14 06:22:36 ID:mTwuC3541k

静香の誕生日にバースデーうどんを作ろうと張り切る未来をやさしく見守るも、危なっかしくて結局手伝う静香という王道展開を考えたけど自分で作ろうとすると難しいね
おはジェネの人はいつもこれやってるって凄いなぁ

64 : プロデューサー様   2018/09/14 07:28:53 ID:dd5qCxphGI

>>63
先に自分用の作っちゃいました。それも後で書かせてください

65 : せんせぇ   2018/09/14 08:19:46 ID:mTwuC3541k

>>64
なんか催促したみたいになって申し訳ない
自分の文才の無さが恨めしい…

66 : プロデューサー   2018/09/14 12:47:37 ID:B7YJNy0.w6

ホワイトボードに未来と翼いなかったね。翼の時は2年連続で二人書いてたからてっきりあるもんだと思ったけど。
やっぱ必要以上に繋がり持たせたくないんだろうかね

67 : Pチャン   2018/09/14 15:49:45 ID:cO6T8i3at.

去年は2人からお祝いされてたし2年目は去年と違う面子が基本だから初めから無いと思ってた
個人的に誕生日は色んな子との絡みが見たいから毎年別にして欲しいくらい
むしろなんで翼は2年連続っだったのか謎

68 : おやぶん   2018/09/14 16:49:43 ID:BABHS14diM

これは勘繰らずにはな。細かい所からみらしず要素消していく戦略?
というか他にもボードに書いてる人いんのにやっぱ志保で盛り上がるのがもうね…公式もノリノリなんだろな

69 : お兄ちゃん   2018/09/14 16:59:35 ID:dtDX4jy0DM

いやいちいちネガりすぎでしょ
別に未来も静香もお互いの存在ありきで生み出されたわけじゃないんだからこういうこともあるよそりゃ

70 : 箱デューサー   2018/09/14 17:18:18 ID:PfHzSxRKUY

ネガというかもはや叩きとか煽りの部類だから触らない方がよろし
折角のおめでたい静香の誕生日にしょうもない口論することもない

71 : おやぶん   2018/09/14 17:24:41 ID:0Q3iF1vy82

ほらほらギミマスさんの4コマでも読んできなさい

72 : プロデューサーちゃん   2018/09/14 18:27:28 ID:8LL2z.jGu2

俺の中ではバースデーうどんを上手に作れなかったから未来は書き込まなかったということになっている

73 : 箱デューサー   2018/09/14 21:23:28 ID:Eyv1lORDBM

0時ジャストにお祝いするために最上家に泊まった未来ちゃんは静香と同伴出勤したから先回りしてボードに記入はできなかった

これだな

74 : プロデューサー殿   2018/09/14 23:41:23 ID:C4aJqEyQBA

去年は「みんなでパーティーするよ〜」って書き込んでたでしょ?つまり去年の頃はまだみんなでお祝いするような関係だったんだよ。
つまり今はもうみんなでするのは野暮な間柄ってことだからね、だからわざわざ書き込む必要も無いってわけだね

75 : おにいちゃん   2018/09/15 01:01:08 ID:RsyfySePa.

>>63
遅くなったけどはい
お題あるとつい書いちゃうだけだから気にしないでね

76 : プロちゃん   2018/09/15 01:33:18 ID:DJj.YChwcQ

しずしほ派、キャラ崩壊してるカップリングのくせにスレチ行為すらするとか悪質すぎでしょ……

77 : Pくん   2018/09/15 01:56:48 ID:79R6UytKCg

ホワイトボードのアルパカにラーの鏡向けると未来になるらしいよ

78 : せんせぇ   2018/09/15 05:10:27 ID:Hffqoh912s

>>75
ありがとうございます!

やっぱりこの2人はこういうのが良いな

79 : Pしゃん   2018/09/15 23:41:40 ID:NLSBUGJeRs

流行る流行らないはともかく無かったこと、もう無いものとして扱っていくのだけはなぁ…なんかここ見てたら不安になってきたわどうしてくれんの?

80 : せんせぇ   2018/09/16 00:15:38 ID:OAJi.2zJ5g

無かったことにする と言うと冷たいフレーズに思えるけれどもミリシタ世界線のみらしずはグリマス世界線と同じ出来事は起こらないわけで 混同するのも何か違う気がする

81 : プロちゃん   2018/09/16 01:34:51 ID:lQgZmpXTsk

世界線とか関係なくあんだけキャラいて一つの組み合わせを推し続けてもしょうがないじゃん。例外もないことはないけどぶっちゃけそこまでハネるようなカプでも無いし。
いつまでしがみついてんだって感じ、視野広げてもっと他キャラとの魅力も見なさいよ

82 : ダーリン   2018/09/16 01:36:07 ID:3njJGUiR2k

なにここ、ゴミの溜まり場?

83 : 我が下僕   2018/09/16 05:21:44 ID:OR0uK/oDRw

ここはこの2人の関係良いよねって語るだけのスレだから過去のものでも何でも好きなところ言っていけば良いんだよ

84 : プロデューサーはん   2018/09/16 10:11:04 ID:e0V0dwppMA

イヤホン半分こ好き

85 : そなた   2018/09/16 10:14:26 ID:e0V0dwppMA

ここの距離感いいよね

86 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/16 10:38:40 ID:T.56AbLb6g

現状に不満ならいっそ今のミリオン追うのやめてゲッサン1、2巻100回読んだ方がよほど有意義だと思う。できれば各ドラマCDも。これだけでもみらしずの魅力十分だし創作資料としても優秀。
むしろゲームやるよりお得ですらある(懐的な意味で)

87 : 箱デューサー   2018/09/16 11:02:59 ID:H7GcStYnFU

まあそうだよね 嫌なら推すのやめろとしか言いようがないわ

88 : プロデューサー様   2018/09/16 11:06:40 ID://UaEVp98U

ゲッサンもいいけど自分はバクステを推すね
特に2人が痴話げんかしてることめぐ回が凄く好き

89 : プロデューサー様   2018/09/16 15:59:15 ID:fcpdXBMkfs

バクステは表情が豊富でとにかく可愛すぎるってもう百万回は言ってる

90 : プロちゃん   2018/09/16 17:25:16 ID:YmjqScPi76

>>85
ここでエロいことしてたの渋のSSで見た気がする

91 : せんせぇ   2018/09/17 03:49:36 ID:APTPzD6rls

2人ってアイドルとしてのタイプ的な意味で方向性違うし、今は和気あいあいやってても将来的にはどうしたって離れ離れの道に行きそうな予感も垣間見える時があるのね。
煽りじゃなくそういうのももしかしたら魅力の一つなのかもしれないね。でも考えるとちょっと胸が苦しくなる

92 : せんせぇ   2018/09/17 07:58:01 ID:WRDufiD/PI

>>88
ケンカしててもいつもの癖で隣に座っちゃうのほんと好き

93 : 我が下僕   2018/09/17 19:41:39 ID:VkHJ19ZnuU

バクステは全体的にそうだけどファミレス回は特に静香の子供らしさが出てて好きよ

94 : プロデューサーはん   2018/09/18 03:47:27 ID:uB5OCBLGTs

>>91
方向性もそうだし、例えば静香のタイムリミットは言わずもがな、細かいとこでハシカンよろしく静香一人だけブレイクした時とか(BCも静香が特に売れっ子な感じだし)、割と意図して二人を絶妙な距離感で、でも結局並ばせないように展開してる気がする。
そういう意味ではそれとなく儚さみたいなのは漂ってるかも

95 : ハニー   2018/09/18 10:03:45 ID:3AWse01vSk

ミリラジでも、中学の頃は2人でバカやってたのに段々と静香が遠くに行っちゃうみたいなのが切なくていいってぴょんが早口で言ってたね

96 : ぷろでゅーさー   2018/09/18 12:43:31 ID:Foux5ONgmE

ゲッサン設定の同中だとしても高校進学時点で離ればなれになるのは目に見えてるしね(偏差値的な意味で)

97 : プロちゃん   2018/09/18 16:40:50 ID:yEJw8ykRYI

なんかそういう雰囲気から目を逸らしたくて闇深ネタ求めてるみたいなとこあるのよね自分は。悪趣味でも強烈な繋がりを見れたらちょっと安心できるっていうか

98 : プロデューサー様   2018/09/18 19:27:21 ID:0mN8TT1slI

なんとなく離れ離れになりそうな二人だからこそ、自分は夜中よく電話してるっていうゲッサンの設定がすごく好き
会う回数は減っても疎遠になることはないんだろうなって思える

99 : 兄ちゃん   2018/09/18 21:36:08 ID:yAi3OUq0/U

>>98
分かる。
高校生、大学生って段々物理的な距離が離れていっても、定期的に連絡取り合ってて欲しい・・・いつまでも長電話しちゃう、みらしずが良い

100 : Pさぁん   2018/09/18 22:00:53 ID:5ITo7Xsnug

>>93
翼と恵美にイジられるみらしずほんとすき

101 : あなた様   2018/09/18 22:13:38 ID:Vqwls8KXkA

未来ってSランクエンドだと引退するイメージがある
逆に静香は成功さえすればアイドルをずっと続けそう(個人の意見)

102 : ハニー   2018/09/18 22:38:38 ID:owJceFMJ4I

久々の長電話で近況とかしょうもない話とか時間も忘れて盛り上がったあとつい「会いたいな…」ってつぶやいちゃうみらしず?

103 : おやぶん   2018/09/18 23:59:23 ID:uB5OCBLGTs

>>101
未来は一人でも幸せにできたらって感じだから、高みを目指すこと自体にはそれほどこだわってなさそうだしね。時が来たら引退するか、あるいはできる範囲で頑張り続けそう
その辺も静香とはまるきり違うスタンスだよね

104 : 兄ちゃん   2018/09/19 21:15:36 ID:N0kF9OZAYk

まあ今がその離れ離れの時期みたいなもんだけどな。
絡みもだけど属性でかっちり分けてそれぞれで展開していくのが全体のベースになってるわけだし、二人を結びつける要素をかなり減らしてるように思う。
グリ時代が和気あいあいやってた頃ならシタ時代がその離別の頃ってある意味将来を示唆してる、と言えなくもないかも?

105 : おにいちゃん   2018/09/19 23:49:57 ID:GJ9n1GGC/I

なんか将来二人が離ればなれになるの決定みたいになってるけど俺の中ではずっとイチャイチャしてるから

というのはともかく静香は両親に許して貰えればアイドル続けるだろうし、未来もやりたい事に一直線って感じだから他にやりたい事が見つからない限りアイドル続けてると個人的には思う
アイマスの世界のアイドルは仕事の幅が広いから世の中のほとんどの事に挑戦出来るし

106 : ハニー   2018/09/20 01:53:55 ID:CYIGw/k7js

高校卒業ぐらいを機にルームシェアとかしててほしい
家賃折半を名目に一緒に住み始めてそのまま実質同棲生活、みたいな感じで

107 : お兄ちゃん   2018/09/20 02:32:28 ID:YmruRwpfWU

三姉妹カフェに影響を受けてメイド静香をたぶらかそうとするイケメン未来ちゃんください

108 : 兄ちゃん   2018/09/20 04:20:43 ID:TkBYn8IYT6

将来静香ちゃんの結婚式に呼ばれて その時になってようやく自分の気持ちに気づく鈍感な春日未来
だけどその相手は今全く知らない男と幸せそうに口づけを交わすところで……みたいな切ないみらしず良いよね泣ける

109 : 我が下僕   2018/09/20 11:49:51 ID:Slgu5IHqUk

いや、その相手の男がPで二重の喪失感を味わって欲しいね

110 : ぷろでゅーさー   2018/09/20 12:29:52 ID:TkBYn8IYT6

いやダメだろ それだと春日未来は素直に幸せを祈ることが出来るからな
あくまで知らない男ってのが大事 わからないかな?

111 : ぷろでゅーさー   2018/09/20 12:50:29 ID:Slgu5IHqUk

大親友の静香と最も信頼していたPが自分に内緒でずっと付き合っていた事を知っても素直に祝福出来るかな?
悔しさと嫉妬と不信感とそれでも二人を嫌いになれないごちゃ混ぜの感情に押し潰される未来が見たい

112 : プロデューサー   2018/09/20 13:23:19 ID:YmruRwpfWU

未来ちゃんに気があるけど女同士は叶わぬ恋だろうし、諦めて男と付き合うならまあかろうじてPならアリかな..
と考えてた静香が未来ちゃんとPの結婚で全てを失う方が見たいです

113 : プロデューサー殿   2018/09/20 13:52:48 ID:8HEyk7/p02

もうみらしずとPの3Pでいいや……

114 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/20 23:05:55 ID:AMa0xj0vB.

>>107
ちょっと違うけどはい

115 : Pさぁん   2018/09/21 05:17:44 ID:MszwAaN1JE

>>102
遅くなったけどはい

116 : ぷろでゅーさー   2018/09/21 10:49:01 ID:lvDz0.OCY2

枕元に静香のCDが飾ってあるのは夢で会うためだった…?

117 : プロちゃん   2018/09/21 16:56:47 ID:bfGu6UskjI

ゲッサンの未来はホント静香好きだよな、設定が云々あるけどなんかもう他の媒体とは好きの次元が違うんだよ。それが良い

118 : ハニー   2018/09/22 03:47:06 ID:j6EMtKCvDs

未来から見たゲッサン静香は少女漫画のヒーローだもん
実際は少年漫画の主人公なんだけど

119 : 箱デューサー   2018/09/22 04:48:52 ID:PyJ.ZkvMKU

好きと憧れがはっきりと両立してるんだよね、ゲッサンは。他媒体でも憧れの部分はうっすら描かれたりすることもあるけど、これだけ真正面から向き合うと必然的にそうなるよね。もはや恋レベル。

てことでほい

120 : プロデューサー様   2018/09/22 04:49:25 ID:PyJ.ZkvMKU

ほい

121 : せんせぇ   2018/09/22 04:50:16 ID:PyJ.ZkvMKU

ほいと

122 : プロデューサー   2018/09/22 07:13:23 ID:P6RxKxCEIw

前回のミリラジの最初
静香ちゃんの来店に喜ぶ未来がとてもいいと思いました

123 : あなた様   2018/09/22 19:31:14 ID:vXe1JWO/xc

みらしず、それは尊い

124 : 箱デューサー   2018/09/22 19:47:47 ID:9WSFvdxqdM

ゲッサン読んだら思った以上にみらしずって濃いんだな
初めて知った
いいね

125 : プロデューサーさん   2018/09/22 22:45:47 ID:mwQLBKbyMQ

>>124
こういうの聞くともはや裏設定並の扱いになってしまったんかなって。
でも本当に良いからもっと好きになってくれると嬉しいな

126 : おにいちゃん   2018/09/22 22:58:42 ID:05O0o9H6gU

静香の妹役になった杏奈ちゃんに嫉妬する未来ちゃん

127 : Pしゃん   2018/09/22 23:01:20 ID:cWi10B9f2c

近くに住む不思議な犬役だったら勝ててたんじゃないか?未来ちゃ

128 : あなた様   2018/09/22 23:28:43 ID:6PjgkMq4mI

>>126
杏奈も未来も誕生日は静香より早いんだよな…

129 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/23 03:40:35 ID:r6hRFpkTDs

>>126
はい

130 : 箱デューサー   2018/09/24 01:07:26 ID:B2JOy2eO2w

静香はナース姿になったりメイド姿になったりパンダになったり割とバラエティ豊富だけど、未来は思ったよりそういうの着てる印象薄いな。奇抜なのって言ったら魔法少女と太閣くらいしか記憶にないわ

131 : 我が下僕   2018/09/24 02:56:16 ID:XfOIC/y8Cs

そのぶん未来はイラアド高いカード多くて羨ましい
静香はかなり作画が安定しないから…

132 : バカP   2018/09/24 18:20:29 ID:4Bnfs7O4Hw

グリの頃はそのままの意味で安定しない時期あったけど、シタのSSR絵も微妙に元の印象と違う、綺麗なんだけどね。静香は特に描く人によって大分雰囲気変わりやすい気がする

133 : プロちゃん   2018/09/24 22:21:05 ID:fijxtcZYYE

メイド静香の隣に並べたい

134 : プロデューサー   2018/09/25 04:04:14 ID:SUnLgAPks.

あまり個性を出しすぎないっていうセンター特有の制約らしきものがある影響かもね、性格自体は赤の中でも目立つ方だけど未来そのものではあまり遊ばせすぎないようにしてるんじゃないかと

135 : ダーリン   2018/09/25 05:52:45 ID:sEhKsybit6

>>133
練習がてら描いてみたよー

136 : 我が下僕   2018/09/25 16:54:43 ID:MoRnL3W2rs

なぜかBBSスレでみらしず煽られててちょっとへこんじゃったよ…見なきゃよかった

137 : ハニー   2018/09/25 17:25:06 ID:Tqj/tymBGk

考え方はそれぞれ。気にしない気にしない。
あんまり書きこんでないけどオレはみらしずもこのスレも好きだよ

138 : プロデューサーはん   2018/09/25 17:29:42 ID:0.kuFE9gfg

それぞれと言うかアレ完全に煽り・荒らしだから反応しても疲れるだけだよ

139 : Pチャン   2018/09/25 18:07:35 ID:mWCZCP2Iyw

しかもカプスレあまり伸びないよなぁからのあの流れだからな
書き込んでるのもおそらくこのスレに粘着してる荒らしだし無視するのが一番だよ

140 : Pちゃま   2018/09/25 18:34:09 ID:i6TDa7xlJc

俺は未来も静香もみらしずもPも好きだよ

141 : バカP   2018/09/25 20:15:00 ID:spC1sTGbFY

>>135
おはジェネ職人に続いてついにみらしず絵師も登場か
素晴らしい

142 : おにいちゃん   2018/09/25 23:10:16 ID:MoRnL3W2rs

なんか流れがあったけぇ…なるべく気にしないようにします

143 : 仕掛け人さま   2018/09/26 04:58:21 ID:KZ9FU1sktI

あったかい繋がりで一本

144 : Pくん   2018/09/26 16:17:51 ID:w/oQVzeTzA

>>141
たまに雑コラ職人もいた気がする

145 : プロちゃん   2018/09/26 16:22:06 ID:wXvUDHSBTU

>>143
しゅき・・・尊い・・・ありがとう

146 : ハニー   2018/09/26 23:19:25 ID:m4ksGtOPPE

呼ばれた気がしたので、未来と静香が力を合わせてみんなの幸せをどうこうしそうなやつ作ったやで

147 : ぷろでゅーさー   2018/09/26 23:20:45 ID:wFrkc.oGOA

なんだ・・・これは・・・?

148 : 仕掛け人さま   2018/09/26 23:38:06 ID:6eIuYvoabM

>>146
みらしず関係なくすげー懐かしくて草

149 : プロデューサー   2018/09/27 05:34:50 ID:OJFR58sM9k

本気でひと手間加えたらそこそこバズりそうなポテンシャルを秘めてる気がする。

とりあえず誰かGIFで作って(他人任せ)

150 : 仕掛け人さま   2018/09/27 16:52:48 ID:CbnbtuXSdc

この流れで聞くのもなんだけどカプ的な意味でどっちが攻めになりやすいんだろうか

151 : ご主人様   2018/09/27 18:23:09 ID:jlDA8K0gcg

自分が攻めだと思い込んでる静香のへたれ攻めを未来ちゃんが優しく受け入れるスタイルだよ

152 : プロデューサーさん   2018/09/27 22:18:53 ID:lGUnLXclLw

なんか2人とも手探りでお互いに色々試してるイメージだからどっちが受けでどっちが攻めとかあんまり考えたことないな

153 : プロちゃん   2018/09/27 23:37:51 ID:nZ8W74Zvi.

静香は基本受け体質だけど未来に対しては不思議と攻めが合うんだよね
未来も未来でこの手の性格の主人公にしては珍しく受けの方が似合うかな。
まあ9割方ゲッサンの影響だけど

154 : 兄ちゃん   2018/09/28 06:46:14 ID:znVqxwtneY

2次のイチャイチャとか見てると昔から2人を追ってきた人はともかく最近入った人はしっくりきてるのかちょっと不安。なんせ最近は会話少ないししてても叱ったりツッコまれたりって場面ばっかだから、そもそも仲睦まじい風景が想像しにくいと思われてたり…考えすぎかな?

155 : 兄ちゃん   2018/09/28 08:51:32 ID:YJ9MkT06.s

まあそういうにわかは要らないかな どうせ創作も出来ないオタクに好かれてもみらしずの発展には繋がらないし

156 : ハニー   2018/09/28 10:05:28 ID:TuIn60iS5o

最大の入り口であるゲッサン版は完結こそしたけど何度も重版かかってるし現役のコンテンツと言って差し支えないから大丈夫大丈夫

157 : Pしゃん   2018/09/28 21:08:05 ID:K94AsnCQjk

みらしず成分は薄いけど公式からの久々のツーショット

158 : Pしゃん   2018/09/28 22:41:13 ID:8zywwRD4yE

mizukiちゃんの絵はやっぱ癒される

159 : プロデューサーはん   2018/09/29 06:34:01 ID:jcM9whaHnA

静香は何となくむっつりスケベ感あるけど意外と未来もむっつりな面あったりするよね、ミリラジシアターの貴音と星梨花のやつとか。
むしろよくマンガやネット見てる分静香より知識自体は豊富でもおかしくないよな。

160 : おにいちゃん   2018/09/29 22:06:20 ID:3kfOgt.FwA

2人の百合も好きだけど、恋の応援したり振られたらそっと寄り添って慰めてあげたりの少女漫画みたいな親友関係もいいよね。

で、そこから慰め合ってるうちに(もう未来(静香ちゃん)でいいや…)ってなし崩し的に関係を持ち始める青年雑誌みたいな爛れた関係もいいよね。

161 : お兄ちゃん   2018/09/30 00:21:17 ID:qNj6XO30xo

ぺしーん

162 : 我が下僕   2018/09/30 06:26:43 ID:OYnDK2R0Lc

そういやmizuki先生の連載今どうなってんの?BCとフェブリの奴しか情報入ってこないんけど終わったんかな

163 : Pさぁん   2018/09/30 06:44:43 ID:Olu/6HPaBE

今月号に最新話が掲載されてるよ
バクステの頃から公式が殆ど宣伝しないから情報が入らないのは仕方ない

164 : 兄ちゃん   2018/09/30 11:06:55 ID:X6BgAAuMns

ゲッサンとBCはゲーム内にも組み込んで宣伝する位なのにこの差は何なんだろうな?まあ作者自身は別に4コマ描いてはいるけども。
ともあれバクステのみらしずいいよね

165 : おやぶん   2018/09/30 18:26:53 ID:KjO7zVHKfg

台風すごいらしいので

166 : Pチャン   2018/10/01 06:17:06 ID:J3DOow.0o6

>>165
そして台風が去りましたとさ

167 : そなた   2018/10/01 09:58:42 ID:7y8irfeJbk

過保護と束縛は紙一重…
もう一緒に暮らせばいいんじゃないですかね

168 : ご主人様   2018/10/02 07:08:37 ID:7PWZ.ixki.

そういえば2人はいつも夜に長電話してるんだっけ
確かあの質問に答えてるのはバンナムスタッフだからゲッサンだけの設定では無いんだよな

169 : ご主人様   2018/10/02 16:28:29 ID:OasUpKhepY

>>168
それっていわゆる雑誌だけの企画ってやつ?単行本しか読んでないけどその情報知らなかったわ

170 : 箱デューサー   2018/10/02 20:52:04 ID:7PWZ.ixki.

>>169
連載中にTwitterでアイドルへの質問を募集してその回答を紙面に載せる企画をやってた
そこでプレゼントを貰えるなら何が欲しいって質問に2人とも新しい携帯電話と答えてて、さらに夜に電話することが多くてバッテリーがすぐに無くなると同じ事を言ってたから2人が夜に長時間電話している事が分かる

171 : Pしゃん   2018/10/02 23:51:46 ID:WLuYTptH6o

「ミリオン ゲッサン 質問」辺りでググると質問まとめたページあるよ。
電話だけじゃなくてメールのやりとりもよくしてるとか、未来用に置き傘してるらしいやりとりとか、何気にみらしず要素多くて良き。

ゲッサン自体の話は世界違うからあれだけど、ここで出した設定はこのまま埋もれてくの勿体なさすぎるよね。ミリシタのウワサに追加なりふれあいで言及なりされたらいいな…無かったことにされてなければだけど

172 : プロデューサー殿   2018/10/03 06:56:12 ID:Y4Hi2vuszY

アニメかなんかでこんな感じの流れになったら最高なんだけどな、BCがダメってわけじゃないんだけど二人の関係があっさりしすぎだったしね

173 : おにいちゃん   2018/10/03 07:44:19 ID:Y3L8HUSga6

ゲッサンが異常にフィーチャーしてるだけでBC程度が原作準拠でしょ

174 : ぷろでゅーさー   2018/10/03 18:15:41 ID:OnIXIpvGgQ

まーそこは流れがどうこうより可奈や翼と一緒くたにされて感謝されるのはもうちょっとどうにかしてほしかったかな。
多少可奈の影響があったとはいえ問題そのものは間違いなく未来が立ち向かって頑張ったおかげな訳だし、翼に関しては辞めること自体に反応も無くほぼついで扱いにしか描かれなかったから余計に違和感あったわ

175 : プロデューサー殿   2018/10/03 19:14:16 ID:br8ODPkYIg

まぁBCのあそこはあまりページ数割けないからとかBCが可奈メインの話だからとかでああいう描写になったんでしょう
あの裏には濃いみらしずもあっただろうし、スピンオフでシグナルの話も読んでみたいなー

176 : ダーリン   2018/10/04 05:01:07 ID:vFhh7r5yk2

豆腐の日に書いたけど出すの忘れてた、あんまみらしずっぽくないかも

177 : ごしゅPさま   2018/10/04 09:42:26 ID:jQwUq/QOps

>>176
静香ちゃんの子供っぽいとこ引き出すみらしず好き
未来に対しても負けず嫌いなとこ出るの良いよね

178 : せんせぇ   2018/10/04 22:00:08 ID:/7Imx3ERjA

おそらく未来が勝手に始めたであろう事務所までの競走に息を切らせるくらい本気で張り合っちゃうくらいだからね

179 : プロデューサー   2018/10/05 00:42:09 ID:DomNSVnwjg

この2人は公式が最大手すぎて2次創作生まれにくいってたまに聞くんだけど、某スタァライトなアニメの2次創作見てるとあながち間違いでもないんかな。
これ以上無いってくらい公式で王道カプ見せつけたにも関わらずそんなに描写の無かった同士の方がやたら勢い持ってたりするし。しかもそれが王道カプの片割れとって所がちょっと他人事に思えなくてなんか切ない

180 : 仕掛け人さま   2018/10/05 12:59:45 ID:G5mh1BHqk.

公式が最大手で〜ってのは正直ただの言い訳にしか思えんのだがな

181 : Pさぁん   2018/10/05 14:35:53 ID:EUzxv/REMQ

BCで静香があれだけ悩んでた問題を中学生に説得されたぐらいで父親が認めるわけねーだろ!って思ってたけど、今回のイベントコミュ見てたらなんかあり得そうな気がして来た
未来は友達の為なら認めるまで食い下がるんだね

182 : おやぶん   2018/10/05 15:31:16 ID:Z/VY0wQzgU

>>180
どうせお前しずしほが好きなだけだろ? 黙って雑魚が

183 : プロデューサー様   2018/10/05 19:45:24 ID:yuBpHMhncQ

漢字が読めない淡白なPさんオッスオッス

184 : おにいちゃん   2018/10/06 05:33:40 ID:rIhbU9xFUU

>>181
星梨花のお姉さん的役割だったのも新鮮で良いよね今イベ。静香との重なりを感じてちょっとエモかった

185 : 兄ちゃん   2018/10/07 00:17:48 ID:G1QNjLwHkQ

2人きりで山(ジャングルジム)登って星眺めてたこともありましたし

186 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/07 08:04:38 ID:pbnLCh3Viw

アッッ…
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71015827

187 : プロデューサーさん   2018/10/07 11:47:35 ID:0epLNNuYtY

久々にクオリティ高いみらしず、あとはエロいも増えてくれればなぁ(ゲス顔)

188 : プロちゃん   2018/10/07 12:41:16 ID:UIrSxHXeIE

ワシはもう未来ちゃんと静香が同じ空気を吸ってるだけで満足じゃよ

189 : あなた様   2018/10/08 00:05:16 ID:AHGunf/vrk

別に似てはないんだけどゲッサンの二人はどことなくマリ見ての祥子と祐巳っぽさを思い出す、他媒体と比べて関係性がそれにやや近いせいもあるかな。あとほんのり百合っぽいし(個人の感想)

190 : 仕掛け人さま   2018/10/08 01:05:49 ID:LgLm.FYnuA

みらしず好きだからか しずしほ みらつば が全く受け入れられないんだけど同じような気持ちの奴いないか?

191 : Pさぁん   2018/10/08 03:32:45 ID:C67hlH.DJ.

>>190
色んな組み合わせ楽しめる人羨ましいと思う程度には俺もそんな感じ。
まああんま表に出すとウザがられるしみらしずの印象悪くなりかねないから胸に秘めておこうぜ、もう荒れるのはゴメンだ

192 : プロデューサー   2018/10/09 02:55:50 ID:otGkFdIf5U

>>189
4、5巻辺りのなかなかユニット組めない展開はなんとなくレイニーブルーっぽいよね。特に武道館の時は未来が静香の都合に一方的に振り回されてたのもあってちょっとだけ祐巳と重なる。

193 : 兄ちゃん   2018/10/09 16:12:06 ID:2MR8YYRQVM

デュエット新曲出たらどんな風になるかな?王道も良いけどはるちはみたいに意表を突いたやつも聴きたい。個人的にはバラードだけど

194 : Pさぁん   2018/10/09 19:53:01 ID:q4rBeRx1B6

やさしくて楽しそうな曲が良いな

195 : プロちゃん   2018/10/09 23:23:55 ID:kIqvuamiz6

自分もバラードがいいかな
特に未来はソロもユニットも王道、元気系ばかりだから静かな曲歌って欲しい

196 : 仕掛け人さま   2018/10/09 23:59:22 ID:KG.Ors43n2

ごまえの時は未来と一緒に静香の楽しく歌ってる感じが良かったけど、よく考えたら静香は割とそっち系もそれなり歌ってるしバラエティ豊富だしね。
未来とバラードは割とマジで聞きたい

197 : プロちゃん   2018/10/10 16:43:17 ID:yIC2iarvP2

みらしずでCHERRYBLOSSOMの桜ロック聴いてみたい

198 : ぷろでゅーさー   2018/10/11 18:10:54 ID:mAFgEavYyQ

https://mobile.twitter.com/gessan_million/status/1050256583001686016

またゲッサン重版したんだね、多くの人に読まれてる様でなにより

199 : ダーリン   2018/10/12 01:51:14 ID:2pbpOKPwiA

カミングスーン…

200 : おにいちゃん   2018/10/12 21:54:30 ID:aZBGS8UXE.

静香って何だかんだ親の言いつけに超従順なのちょっと不気味さすらある。穿った見方すると親に逆らうという発想すら生まれない程の扱いを受けて育った、精神的DVを幼少期から与えられてるんじゃなかろうか?

201 : プロデューサーさん   2018/10/12 22:54:00 ID:SDaEejUFgc

厳しい親らしいけど仲が悪い訳では無いみたいだし親の期待に応えたいって気持ちもあるのかもね
というかアイドル活動認めさせようとしてる時点で従順という訳では無いかと

202 : プロデューサーさん   2018/10/13 06:34:58 ID:agQJlKm3Rk

同年代より聡い分子供じゃないと強がっても結局自分は親の庇護が無いと生きていけない子供だって理解してるのもあるんだろうけどね。
にしてもその辺未来と正反対の環境って事で羨んだり妬んだりって展開があってもおかしくはないかも?

203 : ごしゅPさま   2018/10/13 08:33:39 ID:qo/GbNNBMQ

DVってほどでもないけど親の過干渉で静香みたいになることは珍しくないみたいね
同年代より聡かったり、親にわがまま言えなかったり

まぁ静香の場合は意思がしっかりしてるから心配なさそう、苦労はしそうだけど

204 : Pちゃま   2018/10/13 18:35:05 ID:sD/mAOwvLM

>>202
ここのシーンなんかまさに憧れやら羨みやら妬みが複雑に凝縮された場面だと思うけどね
見ててつらい反面二人のこういうドロッとしたやりとりもそれはそれで特別感あって好きだけど

205 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/13 20:44:33 ID:bevlsOmxU6

>>204
ここ未来の表情もすごいよね。
静香が抱えてた事情と気持ちを初めてぶつけられて、どうしようもなく打ちのめされてるのが痛いほど伝わってきて苦しくなる。
その直後に、逃げずにぶつかっていけた未来の尊さも半端無いけど。

206 : Pちゃま   2018/10/13 20:53:16 ID:bevlsOmxU6

>>204
ここ未来の表情もすごいよね。
静香が抱えてた事情と気持ちを初めてぶつけられて、どうしようもなく打ちのめされてるのが痛いほど伝わってきて苦しくなる。
その直後に、逃げずにぶつかっていけた未来の尊さも半端無いけど。

207 : ごしゅPさま   2018/10/14 04:27:06 ID:mJw8izL5CE

>>204
真面目な場面でアレだけどこの後「だから、仕方ないよね」って言いながら未来を監禁する流れになってもさほど違和感無いよね

208 : プロデューサー   2018/10/14 11:50:14 ID:XGniVwa8B2

むしろ未来が静香を監禁する流れじゃね?ずっと一緒に歌うことを望んでた所にユニット白紙どころじゃない事実告げられて一方的にさよならだし、一応動機的に病む流れも出来あがってる。
あと大前提としてゲッサン未来は静香が好きすぎる

209 : ご主人様   2018/10/14 22:15:07 ID:7UncbLRtnw

監禁はともかくBCの未来はあのままだと闇堕ちしてたかもね。
よく未来は闇堕ちしなさそうって聞くけど正直媒体というか設定によりけり。未来は地味にミリオンキャラの中でも特別扱い方難しい気がする

210 : そなた   2018/10/14 23:54:10 ID:Aitfjy2pF2

仮に作品化するとして劇的な展開が期待されるのは当然なんだけど、個人的には未来や静香には変に闇堕ちとかせずに普通に悩んで普通に成長してほしいな。まだ14なんだし

211 : プロデューサー様   2018/10/15 16:36:11 ID:.dRuJ.xeFo

でも中学生って変に拗らせたり病ませたりって扱いの作品多いからな、思春期真っ盛りだし。
そもそも闇堕ちってイマイチどういうもんかピンとこない。アニメの春香みたいのは闇堕ちでいいの?

212 : あなた様   2018/10/15 23:20:35 ID:WWQ32Zn85k

静香は不条理な条件受け入れてなお頑張ってるわけだし、アイドルやってる間はおかしくなったりとかなさそう(それはそれで歪んでると言えなくもないけど)
だけど辞めさせられた後がな…下手したら残りの人生ずっと闇堕ちしてそうで心苦しい

213 : ハニー   2018/10/16 00:47:58 ID:YxVA/N8iBo

結局アイドルを続けられなかった静香と、静香ちゃんの分もアイドル頑張るからと約束したけど本当は隣に静香ちゃんのいないアイドル活動が辛くて仕方がない未来ちゃんがばったり再会してダークな百合世界へと堕ちていくってこと?

214 : プロデューサーはん   2018/10/16 01:07:52 ID:yv8geLAlmg

静香がアイドル辞めさせられて病んじゃって、未来ちゃも最初は凹むだろうけど、静香が大学生になった辺りで猛アタックして復帰させそう。ダークなみらしずももちろんおいしいけど

215 : プロデューサー様   2018/10/16 05:10:25 ID:fqGaDUKTPs

ちょっとダークになっちゃったかも

216 : 兄ちゃん   2018/10/16 20:29:43 ID:WsB6dPX/tE

実際期限までに最高の結果残せたら悔いなく辞める可能性もあると思うけどね。親が嫌いなわけでもないし。
むしろどうあがいても心にわだかまりを残したまま活動続けるであろう未来の方がちょっと心配

217 : おにいちゃん   2018/10/18 07:09:13 ID:KeuevIwHYw

こうすれば解決

218 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/18 15:44:36 ID:QzK14LYF0c

昨今の地下アイドル関連のニュース見てるとそら親は子をアイドルにさせたくないと思ってもまあ不思議じゃないよね

219 : ダーリン   2018/10/19 02:11:44 ID:DUDDqB/uBA

古いけどナースのお仕事の朝倉と先輩(名前忘れた)コンビにかなり近い気がするなこの2人

220 : 我が下僕   2018/10/19 23:30:30 ID:GFJKWYxS0g

ゲッサンの1、2巻辺りは小説で読んでみたい

221 : プロデューサーさん   2018/10/20 00:34:51 ID:o8AQK5tqUg

>>199
描いてみたよー

222 : 我が友   2018/10/20 13:28:27 ID:/VomnQf9Jw

>>221
kawaii

223 : プロデューサーはん   2018/10/21 12:05:24 ID:A.9HEs344Y

感謝祭に期待することはドリーミング近日配信の告知かな。コミュでみらしず見れるかもしれないし。
まあウェルカムの時みたいにコミュに出ない可能性高い気もするけど

224 : ごしゅPさま   2018/10/21 20:36:20 ID:.ocVCrXP7A

まあ遠くないうちに来るだろうけどコミュは一緒じゃないだろうね。というかライブバラされるのも定番になりつつあるしもう公式がわざわざみらしず出す可能性自体ほぼ無いんじゃね。見たきゃTC頑張れとしか

225 : プロデューサーさん   2018/10/21 21:22:28 ID:y3btlDsPHA

スレチ乙

226 : 我が友   2018/10/21 22:35:49 ID:PYmrt.5kQ2

まぁ期待したい気持ちも分かるけどし過ぎるのも考え物やね
噛みつかれるのいつもこの流れだし

227 : 彦デューサー   2018/10/22 04:34:15 ID:7hu9FVUpDU

今度やる静香のユニットヤバイな、赤青コンビっていうアイデンティティすら奪われそうやん
薄々思ってたけどやっぱデュオって歌唱力釣り合う同士じゃないと中々組ませて貰えなさそうよね。みらしず…

228 : 我が友   2018/10/22 08:15:02 ID:urmbh97R86

みらつばかしずしほ派なんだろうけど気持ち悪いな
みらつばとかいうマイノリティは死ね しずしほとかいうキャラ崩壊も死ね

229 : ごしゅPさま   2018/10/22 08:22:12 ID:/DjeGnrn.s

自分はみらしずはもちろんみらつばもしずしほを好きだから喧嘩は辞めてく欲しい
みらしずのデュエットはごまえとか合言葉やハルカナミライとかやってるし歌唱力は関係ないだろ

230 : 仕掛け人さま   2018/10/22 13:31:44 ID:1YzfF5.Wj6

ディズィールを褒めそやす未来に嫉妬はないのかとモヤモヤする静香ください

231 : プロちゃん   2018/10/22 16:49:09 ID:GKON7LNvcg

でもアライブファクターとかディズィールの見て思ったのは未来とじゃあそこまで静香(ころあず)のポテンシャル発揮出来る曲は無理だよね
歌唱力だけが全てではないにしても、やっぱ歌ウマは単純にウケるわけだし。キャラ的にもそっち方面の方が需要ありそうだしなぁ

232 : プロちゃん   2018/10/22 18:16:52 ID:qSWAohTzT6

ぴょんさんがころあずと釣り合わないだなんて失礼なこと思うんなら3rd幕張見直したり当時のTL遡ったりするといいよ
それとデュオ曲まで10年以上かかったはるちはって人気カプの前例があるから需要と供給は基本的に関係ない

233 : おにいちゃん   2018/10/22 21:09:52 ID:4iMsWhH.I6

というかただの嫌いな声優叩きに来ただけでしょキミ
恥ずかしいやつ ガイジか?

234 : ハニー   2018/10/22 22:24:20 ID:a8lBYGFwcQ

釣り合わないというか方向性違うだけ。まあ初期からの歴史があってゲッサンなりで2人のバックボーンが出来上がってる分揃うだけでどうしても補正が入ることはあるよ。3rdはその辺攻めてて上手かった。
問題は大量に入ってきた新規にその辺通用しないことよな

235 : ハニー   2018/10/22 23:21:49 ID:fS6To0ocjk

これ
新規にはわからんだろうけどミリオン声優に優劣はない 歌やダンス、顔や身体など得意不得意があるだけ

236 : Pさぁん   2018/10/23 01:26:40 ID:a3r0yaBvCU

言い方はともかく声優比べるなんてナンセンスという意見はわかる
そんなに嫌ならやめろとしか

237 : プロデューサー様   2018/10/23 01:48:40 ID:NjOSpTyxho

静香にアピールするためにこれ見よがしにギター弾いたり顔に星描いたりする未来ちゃ?

238 : あなた様   2018/10/23 01:51:31 ID:E0.Jhno8Kg

あのユニット名は静香に教えてもらわないと未来は読めなさそう

239 : Pさぁん   2018/10/23 04:50:41 ID:aF3VD0MTM2

>>230
静香編

240 : ぷろでゅーさー   2018/10/23 04:51:15 ID:aF3VD0MTM2

>>230
未来編

241 : 我が下僕   2018/10/23 11:50:23 ID:ue6Ln0QXc2

>>239
>>240
ジュリアも翼もナイスアシストや…

242 : 兄ちゃん   2018/10/23 19:35:07 ID:SN0Nosb3F2

未来にクール系ってそんなウケないもんかね?静香や翼が両方こなしてるの見てると未来にもいい加減カッコいい系来ないかな…って思うのはマイノリティなんだろうか。

243 : Pくん   2018/10/23 19:48:35 ID:E0.Jhno8Kg

可愛い未来もクール未来も良いし大人っぽい未来も見たい

244 : Pチャン   2018/10/23 20:02:33 ID:RtuIfjG7nc

ライブでは未来(ぴょん)も結構カッコいい曲歌ってるし合わないと思った事は無いけどな
特に10thのShooting StarsとかリリイベのMaria Trap聞いたら静香と釣り合わないなんて思え無いよ

245 : おにいちゃん   2018/10/23 20:10:30 ID:DpIXqL0jjU

クール系以外でもバラード系を求める声は前にもあがってたね
みらしずのしっとりデュオ、良いと思います

246 : ダーリン   2018/10/23 20:21:06 ID:E39lhaI9o.

星梨花や茜ちゃんがクレブルでブイブイ言わしてんだから未来だってやれるさ

247 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/23 23:03:28 ID:1Wi5IjfiJQ

いざクール系が来たら中の人要素がどうとか未来ちゃ云々とかネタ扱いする奴多そう。そういう意味でウケてはほしくないもんだけどね

248 : ごしゅPさま   2018/10/23 23:16:31 ID:a3r0yaBvCU

ミリオンライブは中の人もキャラ自身と同じくらいに重要なファクターだからそれは仕方ないし喜ぶべきですらあるよ

249 : Pしゃん   2018/10/23 23:48:05 ID:.xb.6HX8xA

仕方ないはわかるが素直に喜べない人だっているだろそりゃ。それとも声優も好きにならない人はミリP名乗るな勢かな?

250 : あなた様   2018/10/24 00:01:41 ID:eqJmd8j.m6

グリ時代に比べればゲームの話題増えて声優分からなくても大分楽しめる様になったよ、ミリシタ偉大

251 : そなた   2018/10/24 00:32:05 ID:dtlUb5BOIg

声優好きになれないならPやめろ とは言わないけどさ アイマスの側面でもある中の人を推すことが出来ないならもう少し大人しく日陰者しててくれよ……
どうせ声優に興味持たない方が真剣なオタクだとでも考えてるんだろ? 浅い奴だな

252 : Pしゃん   2018/10/24 01:25:37 ID:E8s/nHQ28s

流れがあったとはいえスレチな喧嘩はよそでお願いします

253 : せんせぇ   2018/10/24 04:23:45 ID:ov03Lp40UE

そもそもここ「みらしず」スレだから。気持ちはわかるけど中の人の話題を引っ張り続けるのは流石にね…そういうのは声優スレで。もっとキャラについて語って、どうぞ

254 : せんせぇ   2018/10/24 08:47:26 ID:XbDJ63vbUU

過去を鑑みるに割と振り幅の大きい静香と違って未来は今までそんなに思い切ったこととかさせて貰えてないんだよね。立場的に個性を出しすぎちゃいけない制約があるっぽいし。
でもそれはそれでやっぱ窮屈だからクール方面の展開も見てみたいよね

255 : 我が下僕   2018/10/24 10:14:48 ID:Yz5Gjsj.kM

そう考えると次のTCはチャンスかもしれないな、題材によってはクールな曲貰えるかもしれない
もちろんあくまで似合いそうな役への投票なのは言うまでも無いけど

256 : Pちゃま   2018/10/24 11:30:00 ID:61HROPbx4c

最果てのラストトリガーあたりはわりかしクールな未来
未来が刑事だと静香は警視かスパイかしら

257 : あなた様   2018/10/24 18:21:29 ID:ru23RdjYzs

みらしずインファナル・アフェア?

258 : 我が下僕   2018/10/25 08:22:54 ID:c7b43mkkYw

贅沢言えばTCは男役とか極悪人とか意外性のある役を射止めてもらいたいんだけどね。似合いそうな役って結局静香の時みたいに普段とそんな変わらない役柄になりそうだし。
まあ中々そう上手くはいかんけどねー

259 : 箱デューサー   2018/10/25 16:22:47 ID:oZl5c7PfB6

一番の理想はみらしず揃ってユニット入り。まあ難易度はかなり高いだろうけどね
でもこういう機会でもなきゃこの先一生信号機関連でしか関わり持たせてくれなさそうな気がするから切に願うよ

260 : ごしゅPさま   2018/10/26 04:11:21 ID:T4Ed0Lnx6w

>>237を参考にクール未来(と静香)描いてみたよー。今更だけど絵って投下していいんでしょうか…?(弱気)

261 : ダーリン   2018/10/26 04:41:27 ID:JAfTiIpgEQ

>>260
もちろんOKだよ
創作活動も積極的に行ってどんどん盛り上げていこう

262 : ごしゅPさま   2018/10/26 06:46:25 ID:rRcu9AtSxE

>>260
トゥンクしてる静香に笑った

263 : 彦デューサー   2018/10/27 20:26:33 ID:gTWKA3THno

>>256
凶弾に倒れ静香の腕の中で息を引き取る未来まで想像した

264 : あなた様   2018/10/27 22:08:10 ID:kimB8piGh.

>>263
えっ?逆じゃない⁈

265 : 箱デューサー   2018/10/27 22:25:23 ID:M9XRrEHeA.

まあでもどんどん冷たくなっていく未来ちゃんを抱きしめながら泣き叫ぶ静香っていうシチュはグッとくるものがあるね

266 : 兄ちゃん   2018/10/27 22:47:48 ID:wBPsGY1Us6

>>265
すごく良い静香が険しい顔なのに未来が少し微笑んでいるとさらによい

267 : Pくん   2018/10/27 23:49:57 ID:jUf0Pk2mhg

ポリスノーツでデイブの最後を看取るメリルかな?(古い)

268 : ご主人様   2018/10/28 14:35:25 ID:kyHerxikIs

死んだと思って「みらいぃぃぃっ!」って叫んだら「むにゃむにゃ…」って寝息が返ってきてちょっと気恥ずかしい思いの静香ちゃん

269 : プロデューサー   2018/10/29 05:16:47 ID:7j5cN3y6wA

逆に泥棒コンビとなったみらしず、手違いで一人お留守番となった翼宅に押し入るも様々なトラップで弄ばれる

270 : 箱デューサー   2018/10/30 04:26:58 ID:7mdzrK/mxg

もしも2人が付き合うとしてさ、静香の親に知れたらまあ烈火のごとく猛反対するよね。アイドルでアレだから同性愛はそれ以上に理解示さなそうだし。
そうなったら逆らうにせよ諦めるにせよ静香にとって平和な結末にはならなそうなのがちょっと切ないよね…と勝手な妄想

271 : ぷろでゅーさー   2018/10/31 10:30:40 ID:dxXSSY4jHs

未来のするいたずらは大したことないと思って挑発したらムキになった未来に首筋を甘噛みされて色っぽい声が出ちゃってからかわれる静香

272 : おやぶん   2018/11/01 16:46:14 ID:Kx7q93NONM

グリの時は毎年直接じゃなくても何かしらで互いの言及なりされてたからあれだけど、シタではもう一年以上ほぼなんの関わりもないと気付いてちょっと戦慄してる自分がいる

273 : Pちゃま   2018/11/02 04:01:05 ID:awuBKF2UFQ

>>271
はい

274 : バカP   2018/11/03 04:27:09 ID:Fsstjz.AEI

実際静香がアイドル辞めても未来はすごいアイドルになるんだろうけど、静香ちゃんの分まで云々とかで下手したら辞めた方がもっとアイドルとして高みに行く可能性あるよね
ゲーム位の距離感だとむしろそっち方面に行きそう

275 : ご主人様   2018/11/04 01:36:35 ID:bKvSbSg9Wo

友達としてはともかくステージ上では互いの持ち味が違いすぎて相性悪くまとまらない感ありそう。
常連ならそれもアリと評価するけど知らない人からはうーん…ってなるから組ませてもらえないんだよきっと。シタ世界からはまさにその知らない人だらけだしね

276 : 我が下僕   2018/11/04 01:56:59 ID:gmu1YVxoJ.

>>275
スレチは死ねよ
百合苦手なら黙ってスレを開かないでいてくれよなゴミ

277 : プロデューサー殿   2018/11/04 02:07:18 ID:XUYqvVU396

>>276
あまり強い言葉を使うなよ以下略
そんなにカリカリしなさんな、沼に引きずりこむチャンスと捉えるべきだろう

278 : おにいちゃん   2018/11/04 02:17:54 ID:n/cAVfqURw

未来と静香の声質方向性違くても実際信号機で歌ってるライブ映像を見てみると自然と調和してるし皆すごいかっこいいなと思った。未来ちゃもかっこいい曲歌う時はちゃんとかっこよく決めれると思う。確かに最初はまとまらないかもしれないけど、それならそれで一緒に練習して距離を縮めて乗り越える展開とかみたいな~

279 : Pちゃま   2018/11/04 02:57:22 ID:/nQASjAl5w

このスレ荒れそうな話題になると盛り上がるのほんと草。そら過疎るわな

280 : 箱デューサー   2018/11/04 13:14:58 ID:riKlf/g8gA

荒らしと荒らしに噛み付く奴が常駐してるくさいしな、まあその分創作してる人は負けずに頑張って(他人任せ

281 : ごしゅPさま   2018/11/04 14:11:17 ID:3le3XfPgZo

SSもおはジェネも絵もコラも挫折経験あるから定期的に創ってる人たち尊敬してる
自分もみらしず盛り上げるのに一役買いたいものだけどね

282 : プロデューサーちゃん   2018/11/04 14:25:06 ID:gmu1YVxoJ.

SSなら適当に書いてもカタチになるし丁度いいと思う
ミリオンSSって全体的にレベル高くないからハードルも低いし

283 : Pしゃん   2018/11/05 15:37:00 ID:fR0Yn3wnbc

284 : おにいちゃん   2018/11/05 15:43:15 ID:P2XU8lXf/w

さすが、仕事が速い

285 : プロデューサーさん   2018/11/05 23:53:49 ID:luUMrd4Rrc

安価でみらしずSSとか見てみたいな。なんならここでやってもいいんじゃない?流れ遅いから別に邪魔にもならないだろうし

286 : Pしゃん   2018/11/06 00:28:55 ID:HJJQeLk9rk

いいね
どんどん投下していこう

287 : 我が友   2018/11/07 05:15:09 ID:0azcCtYfYk

未来「んー、今日はいい天気だなぁ。やっぱ太陽サンサンだと気分がいいよね♪」

未来「とはいえ朝はちょっと肌寒い…日直じゃなかったらもっとゆっくり出来たんだけどなぁ」

未来「人肌恋しい……あ、静香ちゃんだ。おはよー静香ちゃん!」ギュッ

静香「ひゃあっ!?み、未来、びっくりするから急に抱き着かないで!」

未来「はぁ~あったかい…静香ちゃん早いね、日直?」

静香「私はいつもこのくらいよ。いいから離れなさいって、歩きにくいから」

未来「へぇー偉いんだね。でも単語帳見ながら歩いてたら危ないよ?」

静香「ま、まあ…でもテスト近いし、成績落としたくないから」

未来「あ、じゃあ私が連れて行ってあげるからさ、静香ちゃんは心置きなく単語帳見てていいよ。こうやって腕取って…しゅっぱーつ♪」

静香「えぇ?ちょ……もう、どうせ私で暖を取りたいだけでしょ。というか未来はテスト勉強大丈夫なの?」

未来「だいじょーぶ、こう見えて赤点は取った事無いから」

静香「志低すぎ…まったく」

未来「あれ、単語帳しまっちゃうの?連れて行ってあげるのに」

静香「変な寄り道されても困るからね」

未来「しないよぉ、今日日直なんだし。じゃあお喋りしながら行こ」

静香「はいはい」

未来(何だかんだ私のペースに付き合ってくれる静香ちゃん。優しいなぁ)

未来(学校までどんなお喋りしよう?)

↓1

288 : ごしゅPさま   2018/11/07 09:14:47 ID:zV25RluljA

劇場の倉庫のはなし

289 : Pくん   2018/11/07 23:37:21 ID:0azcCtYfYk

未来「…でね、ロコちゃんが作ったロコアートがまたおっきくてさ。倉庫に入れるの苦労したよ~」

静香「あぁ、通路で見かけたやたら大きい物体ってロコアートだったんだ。というか倉庫に私物?保管していいものなのかしら」

未来「さあ?それにしても倉庫って昼間でも薄暗くてちょっと怖いんだね。変な物もいっぱい置いてあるし」

静香「変な物…ウチの劇場に限っては心当たりがありすぎるわね」

未来「フランス人形ちゃんとかトゲトゲの鉄球とか…あっ、何故かバナナの皮もあったんだよ!もー誰だろ、倉庫にポイ捨てしたの」

静香「ば、バナナの皮?わざわざ倉庫なんかで食べる人いるのかしら…」

未来「おかげで思いっきりすっころんじゃってさ。たまたま生えてた草が無かったら絶対危なかったなぁ」

静香「いやおかしいでしょ!倉庫に草はたまたま生えないわよ!」

未来「あれ、そういえば…う~ん、その時は疑問にも思わなかったけど確かに変だね。遠くからジャングルっぽい声が聞こえたのも今思えば…」

静香「な、なによジャングルっぽいって!幽霊にしても陽気すぎるわ!」

未来「ゆ、ゆうれい!?や、やめてよ静香ちゃんっ。なんか怖くなってきたかも~…私、呪われてないよね?ね?」

静香「し、知らないけど…五体満足なら大丈夫なんじゃない?ともあれむやみに倉庫へ立ち入るのはやめた方がいいわね。埃っぽいから身体にも悪そうだし」

未来「はーい…うぅ、背筋がゾクゾクする…!」ギュウ

静香「もう、仕方ないんだから……転んだ時頭とか打たなかった?」

未来「うん、多分…」

静香「ちょっと見せてみて……たんこぶとかはなさそうね」

未来「ふぁ…撫でられるの気持ちいい~…♪」

静香「…」ナデナデ

未来「ふぁ~♪」

290 : プロデューサー様   2018/11/07 23:37:46 ID:0azcCtYfYk

~~

静香「学校に着いたわよ。そろそろ離れて」

未来「教室まで一緒がいいなぁ」

静香「靴履き替えられないでしょ、クラスも離れてるし。というか日直」

未来「そうだ、忘れてた!急げ急げー!」パタパタ

静香「また後でね……さてと、ホームルームまで時間があるけど、どうしようかしら?」

↓1

291 : Pくん   2018/11/08 20:00:33 ID:6bXR52TXlo

寝る

292 : 彦デューサー   2018/11/09 02:09:57 ID:05NXerAT3c

静香「とりあえず予習ね、テストも近いことだし1秒でも多く勉強しとかなきゃ。さてと…」カリカリ

静香「……くぁ……い、いけないいけないっ。こんな朝早くから眠気に襲われるなんて、だらしないったら…」

静香「振りの確認やら勉強で、最近睡眠時間が……と、とにかく頑張らないと……」ウツラウツラ

静香「……がん、ば……ぅ、ん…」カク

~~

未来「よし、日直の仕事おしまいっと。う~ん我ながらスピーディーな仕事っぷりですなぁ」

未来「時間も余ったし、サキちゃんとお喋りでも…」


静香『未来はテスト勉強大丈夫なの?』


未来「はっ……やっぱりテスト範囲予習しとこうかな」

未来「赤点は無いと思うけど、折角ならいい点取りたいし。静香ちゃんにも
志低いって言われちゃったしね」

未来「よーし、平均点を越えて静香ちゃんをびっくりさせちゃうぞ!そしたら褒めてくれるかなぁ、でへへ」

未来「えっとじゃあ英語の……あれ」

未来「……え、英語の教科書がない!忘れちゃったっ!?ど、どうしよ~。しかも1限目からだし……サキちゃぁ~ん教科書貸して!」

サキ「無理に決まってるでしょ、私も使うんだから」

未来「ですよね…」

サキ「まあどうしてもって言うなら貸してあげてもいいよ。私は隣の席の子と…」

未来「あ、そうだ静香ちゃんにお願いして借りてこよう!多分持ってきてるよね、英単語帳持ってたし。ごめんねサキちゃん、ありがとー!」タタッ

サキ「…持ってきてるとは限らないと思うけど。まったく、未来に懐かれて最上さんも苦労するわねー」

293 : あなた様   2018/11/09 02:11:19 ID:05NXerAT3c

未来「静香ちゃんいるー?」

二つ結びの子「未来、静香に用事?」

未来「うん」

金髪の子「静香ならほれ、あそこで船漕いでるよ」モグモグ

静香「」コックリコックリ…

未来「あ、ホントだ。居眠りする静香ちゃんってなんか珍しいかも」

三つ編み「やっぱそうなんだ。同じクラスだけどあんな姿全然見たことないよね」

金髪「真面目が服着て歩いてるような子だしね。よし記念に寝顔を写メだ」

三つ編み「やめなって」

未来(静香ちゃん、疲れてるのかな…テスト勉強もアイドルのお仕事もすっごく頑張ってるし、また無理してないといいけど…)

三つ編み「で、なんか用事あるんだっけ?」

未来「えっと…どうしよっかな」

↓2

294 : プロデューサー様   2018/11/09 02:14:06 ID:05NXerAT3c

293の三つ編みは二つ結びの子です間違えました

ちなみにサキちゃんは時々名前の出る未来の友達
二つ結びと金髪はゲッサンに出てた静香のクラスメイト

295 : 我が友   2018/11/09 21:59:46 ID:GeX0zEKO3g

帰る

296 : プロデューサーはん   2018/11/10 00:55:37 ID:z2Ol5tyELg

静香『教科書忘れた?まったく仕方ないわね…テスト近いのにそんな調子で大丈夫?そもそも未来は普段から気が…』クドクド


未来(…なんて。余計な心労掛けたくないし、やっぱ借りるのやめとこ)

二つ結び「あれ、用はいいの?」

未来「うん。英語の教科書借りようと思ったけど、邪魔しちゃ悪いかなって。じゃあね」

二つ結び「なんだ。なら私の貸してあげるよ」

未来「え、いいの?」

二つ結び「いいわよそれくらい。というかソフ部からの付き合いである私を差し置いて真っ先に静香を頼るとはねー」

未来「あ、いや…でへへ。わ、忘れてたわけじゃないよ?ほんとだよ?」

二つ結び「まあいいけど。…はい。ほんと、つくづく変わったコンビよねあんたたちって」

未来「ありがと。…コンビ、コンビかぁ」

二つ結び「嬉しそうな顔しちゃって」

未来「でへへ…じゃあありがとね」

金髪「あ、せっかくだから私ともお友達にならない?スマホ持ってる?」

未来「うん、いいよ。…あ、でも教室に置いてきちゃったなぁ」

二つ結び「なら私経由で教えとくよ。ほら、そろそろホームルーム始まるよ」

未来「終わったら教科書返しに行くからー!あ、返事もー!」タタッ

金髪「はいよー。……さてと、早速教えてちょーだいな」

二つ結び「あ、悪そうな顔」

金髪「失礼な。静香大好き春日さんへお近づきの印ってとこだよ」

297 : おにいちゃん   2018/11/10 01:32:08 ID:z2Ol5tyELg

昼休み


未来「静香ちゃん、ひょっとして疲れてる?」

静香「え、なに唐突に?」

未来「だって朝教室行ったら居眠りしてたんだもん」

静香「見てたの!?あ、あれは……ちょっと、油断しただけよ。昨日遅くまで色々やってたから」

未来「色々って?」

静香「わ、私より未来は平気なの?例の倉庫の件から体に異変とか、何かに憑りつかれた感じとか…」

未来「もーっ、これでもマジメに聞いてるんだよ?」

静香「…はぁ、そんな心配そうな顔しないで。確かに、ちょっと疲れてたかもだけど、あの時みたいに無理をするつもりはないから」

未来「そりゃそうっ!また倒れたりなんかしたら…すっごくすっごーく悲しいんだからっ!」

静香「未来……うん、わかってる。もうあんな迷惑かけるつもりはないわ」

未来「迷惑とかそんなの全然いいから、むしろ普段は私が迷惑かけてるわけだし…あの、ごめんね」

静香「どうして未来が謝るの?」

未来「今日、英語の教科書忘れちゃって。それで静香ちゃんに教科書借りに行こうと思ったんだけど…」

静香「あぁ、その時に見られたのね」

未来「私ってば、何かあるとすぐ静香ちゃんに頼りっぱなしで、良くないなぁって。だから私、もっともーっとしっかりするから!……あんまりお世話にならないように!」

静香「そこは自信もって言いなさいよ。……ふふ、でもね未来」

未来「え?」

静香「スカート。その位置じゃ下から見られるわよ」

未来「…あ、あわわっ」

静香「もう、いくら人気の無い踊り場だからって気抜きすぎ。心配で目が離せないわ」

未来「そんなぁ…」

静香「……でも、ありがと。その気持ちだけで、十分嬉しい…わ」

未来「静香ちゃん……っ」



あんまり盛り上がらなそうなのでサクッと進めます。

お昼休み何する?
↓1

298 : ぷろでゅーさー   2018/11/10 09:07:55 ID:i/mUBKM2q2

まずはご飯

299 : おやぶん   2018/11/10 19:57:34 ID:z2Ol5tyELg

静香「……さ、さてと。ところで未来はお昼なににする?」

未来「今日はカレーの気分かなぁ。静香ちゃんはなにうどん?」

静香「当然の如くうどんに絞るな。まあ食べるけど」

未来「学食のうどんって種類少ないのによく飽きないね」

静香「好きなものは飽きないの。それに学食にしては味もしっかりしてて麺のコシも…」ペラペラ

未来「ふーん…あ、私のカレーを静香ちゃんのうどんに流してカレーうどんにできるかも!」

静香「それやったら本気で怒るからね」

300 : プロちゃん   2018/11/10 20:01:54 ID:z2Ol5tyELg

食堂

未来「席残っててよかったね」モグモグ

静香「そうね。もしダメなら購買だったけど、あの激戦区にはあまり立ち入りたくなかったし」ズルズル

未来「どうしてコッペパンだけいつも売れ残るんだろ」

静香「未来はお昼コッペパンで満足できる?」

未来「ううん」

静香「そういうこと」

未来「は…このカレーをコッペパンに付けてカレーパンに変身させたらあるいは…」

静香「やってみたら?」ズルズル

未来「もーテキトーっ」

静香「いいから大人しく食べなさいって。私はうどんを味わうのに忙しいんだから」

未来「学食のうどんなんてもう散々食べてきたじゃん」

静香「甘いわね未来、同じ店同じメニューでも作るのは結局人間。まったく同じなんて物はありえないわ。特にうどんは。そう、うどんは生き物…耳をすませば声が聞こえるし、舌を潜らせたら感情が乗ってくるものなの」

未来「はぁ」

静香「なんていうか、うどんを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由でなんというか救われてなきゃあダメなのよ。独りで静かで豊かで……」

未来「えいっ」

301 : 兄ちゃん   2018/11/10 20:03:00 ID:z2Ol5tyELg

静香「あぁぁ月見がっ!?何てことするのよ未来!潰すの計算して食べてたのに…!しかもカレーがおだしに…」

未来「なんか長そうだったからつい…というか静香ちゃんこそ大人しく食べなきゃダメだよ」

静香「ぐ…確かに」

未来「大体一人で静かにっていうなら、なんで私がいるときにうどん食べるの?」

静香「…もしかして怒ってる?」

未来「べっつにぃ」

静香「…はぁ、うどんのことになるとつい語りすぎる、悪い癖ね。ごめん未来」

未来「…ううん、私も勝手に潰してごめんね」

静香「いえ…どうして一人で食べないかっていうと、一緒に食べたいから。こだわりとか流儀とか、関係無く。そうしたいから、そうするってだけ」

静香「誰かと食べる食事はいつもより美味しく感じるでしょ?好きなうどんなら、尚更。……す、好きな友達となら……その…もっと」ゴニョゴニョ

未来「…わー赤くなってる」

静香「う、うどんが熱いからっ。あー暑い暑い、カレーが混じってピリっとするせいもあるわねきっとっ…!」ズルズル

未来「そうだね、でへへ。…甘口頼んだはずなのに、私もなんか、顔熱くなってきちゃった…♪」モグモグ

お昼休み何する?(後一回)
↓1

302 : Pくん   2018/11/11 02:20:00 ID:3YFH5vrYs6

バトルドームで遊ぶ

303 : ご主人様   2018/11/11 02:24:06 ID:nXBkJzDuCE

ボールを相手のゴールにシュゥゥゥーッ!!
超!エキサイティン!!

304 : おやぶん   2018/11/11 02:49:12 ID:p/nmx3z/ts

未来「静香ちゃん、この後なにか予定ある?」

静香「読書でもしようと思ったけど、何かしてほしいなら付き合うわよ」

未来「じゃあじゃあ、一緒に復習しない?」

静香「え……未来、いったい誰に恨み抱えてるわけ…!?」

未来「そっちの復讐じゃなくてっ!勉強だよ勉強!」

静香「な、なんだそっか…あーびっくりした。まさか未来から勉強関連のワードが飛び出すと思わなかったからつい」

未来「失礼すぎないかな!?さっき言ったでしょ、もっとしっかりするって。だからとりあえず今度のテスト、平均点以上を目標に頑張りたいんだ」

静香「そ、そう…まあ赤点回避よりは殊勝な心掛けね」

未来「でへへ…早速静香ちゃんを頼って悪いとは思うんだけど、どうしてもわかんない所があったから」

静香「それくらい構わないわ、自分の為にもなるしね。じゃあ私の教室でやりましょうか」

未来「おっけー♪」

305 : プロデューサーちゃん   2018/11/11 03:13:53 ID:p/nmx3z/ts

静香の教室

未来「わざわざごめんね」

静香「気にしないでってば。あ、未来知ってる?勉強教える側って教わる側の3倍は知識を…」

キンキン、ガガガ!

未来「?…なんか教室騒がしくない?」

静香「ほんとね、それに妙な熱気も…」


金髪「ボールを相手のゴールにシュゥゥゥッ!!」

二つ結び「いちいちうるさい!あと本体ごと揺らすな!」


未来「わーっ、静香ちゃん静香ちゃん!なんか面白そうなおもちゃで遊んでるよ!」

静香「ちょ、ちょっと二人とも!なに変なおもちゃで遊んでるの!ここは学校よ!!」

金髪「おーご両人、相変わらず仲がよろしいことで」

未来「え、そ、そうかな…でへへ」

静香「照れなくていいっ。…とにかく説明してちょうだい、こんなの堂々と持ち込んで先生に怒られるわよ?」

二つ結び「違う違う、こんな大きいのわざわざ学校に持ち込んで遊ばないって。あくまで文化祭用に使うものだから」

静香「文化祭用…?」

金髪「そそ。ほら、ウチの出し物でメイド喫茶が候補に挙がってるでしょ?そのメイドさんと勝負するのにこれが必要ってわけ」

未来「えーっ、静香ちゃんのクラスメイド喫茶やるの?いいなぁ」

静香「や、やらないわよっ。そりゃ候補には上がってたけど、あくまでイロモノ枠としてね」

306 : プロデューサー   2018/11/11 04:06:48 ID:p/nmx3z/ts

金髪「また普通の飲食店なんてつまんないじゃん、ならここはいっそ新しい試みってやつでさ。あ、大丈夫大丈夫。一応飲食店だし静香にはちゃんとうどん作らせてあげるから」

静香「そこを心配してるんじゃないわよっ」

二つ結び「まあそういうわけで一応試遊?的な。でもやってみると中々面白いし好評でさ、案外アリかもしれないね」

金髪「メイドさんとバトルドーム勝負、勝ったらチェキ。もちろん良心的価格で…うひひ」

二つ結び「あ、悪い顔してる」

未来「でもいいなぁ、静香ちゃんのメイド服かぁ…こないだ見た映画でもピッタリだったし、絶対盛り上がるよ」

静香「…私は反対。百歩譲ってメイドはいいとしても、食べてる横でこんなやかましい音立てられたら他のお客さんに迷惑だわ」

未来「あ、そっか。うどんを食べる時は…なんだっけ、孤独で、救われて…どうとか」

静香「そ、それは忘れてちょうだいっ!」

金髪「ふーん…ならさ、ここは勝負といこうか」

静香「勝負ですって?」

金髪「そ、バトルドームで勝負。静香が勝ったらメイド喫茶は諦めるよ。どう?」

静香「いやそもそもやったことないんだけど…」

307 : プロデューサー殿   2018/11/11 04:08:03 ID:p/nmx3z/ts

二つ結び「手元のレバーをガチャガチャするだけだから大丈夫。球を相手のゴールに多く入れれば勝ち、単純でしょ?」

金髪「ようしどうせなら2対2でやろうか。未来は静香と組んでー」

未来「いいよー」

静香(…?この2人友達だったっけ)

未来「静香ちゃん、頑張って静かなメイド喫茶にしようね」

静香「メイド喫茶も無し!だいたい私達一応芸能人なのよ?写真やらなんやらは事務所を通さないと…」

二つ結び「いやーつい流されたけどぶっちゃけ私もメイド服とか着たくないし、静香達には勝ってほしいわ。周りの女子からも圧がすごいし」

静香「いやなんでこの一戦で出し物が決まる流れになってるのよ…一応多数決のはずだけど」

金髪「まあ、男子がねー。静香もアイドルならわかるでしょ?アイドルである2人のメイド服姿がいかに需要あるかってこと」

未来「ん?……なんか私まで巻き込まれてないかな!?」

静香「はぁ…ともあれここで取り下げてもらわないと拮抗、あるいは本当にメイド喫茶で決まりかねないわね。…未来、全力で阻止するわよ」

未来「私は別クラスだしどっちでも……そ、そんな怖い目しないでよぉ。ちゃんとやるから!」

金髪「ようし、用意はいいね?……スタート!」

勝負の行方は?
↓1

308 : ぷろでゅーさー   2018/11/11 12:50:44 ID:n/vnMyaqZ6

勝ち

309 : 我が下僕   2018/11/11 18:54:22 ID:p/nmx3z/ts

ガチャガチャキンキン…

金髪「…あ、終わった」

二つ結び「終わったわね、じゃ結果発表ってことで」

静香「…なんというか、白熱したのは最初だけだったわね。レバーガチャガチャするだけで単調極まりないし、やたらうるさいし」

未来「でもなんかうるさすぎて逆に面白くなってきちゃった。ジーコジーコって言いながら球がポンポン出てきてさ、あははっ」

静香「未来は何やっても楽しそうね、ほんとに」

二つ結び「それじゃあ結果は……未来静香チームの勝ちね」

未来「やったぁ♪静香ちゃん勝った、勝ったよ!」

静香「何はともあれ、勝負は勝負。メイド喫茶は取り下げてもらうわよ」

金髪「はいはい……おっと、ちょうど昼休みもお終いか」

未来「じゃあ私教室戻るね。でも静香ちゃんのメイド見られないのは残念だなぁ、可愛いのに」

金髪「まあいいじゃない、どうせ劇場で静香のいろんな姿見れるんでしょ?例えば…ナース?意表をついて忍者とか?」

未来「でへへ、もっと可愛いのも色々ね。じゃあまた後でー」スタスタ…

静香「あなたって未来と仲良かったの?」

金髪「お、嫉妬か?」

静香「違うわよっ!」

金髪「今朝連絡先教えてもらったばかり。よく静香を訪ねに教室くるし、この子とも元々友達だからじゃあ私もってことで」

静香「…あぁ、私が居眠りしてた時ね」

二つ結び「そういえばあんた、未来にお近づきの印とか言ってたけど何送ったわけ?」

静香「お近づきの印…?ちょっと、未来に変な事してないでしょうね」

金髪「変なことはしてないよ。むしろ喜んでたけどね。静香の居眠り顔の写真」

静香「な…なに勝手に撮って送ってるのよ!?」

二つ結び「というかいつの間に撮ったのよあんたは…」

310 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/11 19:06:38 ID:p/nmx3z/ts

放課後

静香「未来、よかったら一緒に帰らない?」

未来「あ、いいけど日直だからちょっと待っててもらってもいい?」

静香「ええいいわよ、いくらでも待つわ」ニコニコ

未来(なんか笑顔が怖い…)

~~

道端

静香「未来、消して」

未来「話が唐突すぎる!?」

静香「あの子から私の居眠りしてる写真送られてきたでしょ」

未来「え、あ…う、うんまあ…でへへ、油断しきってる静香ちゃんも可愛いね。それによく見ると口の端からよだ…」

静香「消しなさい」

未来「…えー」

静香「えーじゃないの」

未来「だってせっかく待ち受けにもしてるのに…ほら」

静香「」


静香の反応(セリフも可)
↓1

311 : おにいちゃん   2018/11/11 19:37:13 ID:gFHu5dwXtw

顔面が目覚めゆく真実の赤

312 : ハニー   2018/11/11 19:38:52 ID:hUGy5qyMtk

(…意外とよく撮れてる…じゃなくて!)

313 : 我が友   2018/11/11 22:28:05 ID:p/nmx3z/ts

静香「そ、そんなの待ち受けにしてどうするのよっ!」

未来「だって可愛いからいつでも見れるようにしたかったんだもん、待ち受けってそういうものでしょ?」

静香「かわっ…や、そうかもしれないけど…でも…」ゴニョゴニョ

未来「わー顔真っ赤」

静香「うるさいっ。だ、大体許可も無く勝手に撮影されたものを楽しむだなんて悪趣味も良い所よ」

未来「う…確かに」

静香「わかったならとっとと消して。まったく、こんなだらしない姿のどこがいいんだか…」

未来「…いいよ、すっごく」

静香「え?」

未来「そりゃあ確かに顔は緩んで油断しきってるし、口も半開きでよだれも垂れかけてて、だらしなく見えるかもだけど…」

静香「知ってるわよ!わざわざ言うなっ!」

未来「だらしなくなんかないよ。だらしなく見えるけど、だらしなくない」

静香「…?」

314 : プロデューサーちゃん   2018/11/11 22:30:49 ID:p/nmx3z/ts

未来「だって、ずっと見てたから。静香ちゃんが普段どれだけ頑張ってるか。…ううん、私の見えない所でも、頑張り続けてるんだよね」

未来「仕事にレッスンに、遅くまでストレッチ室で自主練してたりさ。それだけでも大変なのに、単語帳片手に通学するくらい勉強も真面目で、委員会の仕事にも真剣で…」

未来「私だったらもう目が回っちゃうよ~。だから、静香ちゃんすごいなぁっていつも思ってるんだ」

未来「でも、普段そんなだから、疲れちゃうのも当然だよね?」

静香「…私が選んだ道だから、疲れたなんて言ってられないわ」

未来「ふふ、静香ちゃんならそう言うと思った。だから、だらしなくなんかないの」

静香「なにそれ。こんな姿でも未来には私がちゃんとしてるように見えるって?」

未来「うん!だって静香ちゃんはいつだって静香ちゃんだもん!」

静香「……未来はいつもそう。よくわからないのに自信たっぷりで、迷いが無くて、…どうしてか、私を信じ続けてくれる」

未来「そんなの決まってるよ。私は静香ちゃんが大好きで、憧れだからっ。それで十分!」

静香「……ほんと、バカなんだから。ふふっ」

315 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/11 22:33:10 ID:p/nmx3z/ts

~~

静香「それ、そんなに気に入ったならもう消さなくていいわ」

未来「ほんと!?」

静香「でも待ち受けにするのはやめてよね。間違って誰かに見られたらダメージ行くのは私なのよ?」

未来「はーい…キリッしてる静香ちゃんの前でさりげなくスマホ開いてギャップを楽しむ遊びしようと思ったのに」

静香「やっぱり消しなさい」ニッコリ

未来「ひっ…ウソウソッ。ちゃぁんとオフィシャルの静香ちゃんにしときます」

静香「結局私かっ。まあいいけど…ところで未来、この後どうする?今日は劇場に用は無いけど、一応寄っとく?」

未来「それもいいけど、せっかくだしどこかに遊びに行くのもいいかも。どうしよっか?」


明日のこの時間くらいまで安価が来なかったらそのまま完結まで進めます。

どこ行く?
↓1

316 : プロデューサー様   2018/11/12 01:10:13 ID:xYqusVA4FU

空猫珈琲店

317 : プロデューサーはん   2018/11/12 20:57:47 ID:p2k5QU1Rdw

ウホウホ

318 : プロデューサー殿   2018/11/12 23:56:13 ID:LFzc3qJ.G2

静香「そうね、たまにはいいかも。このところ放課後は何かと忙しかったし」

未来「映画の撮影だよね。それにしても主演なんてすごいなぁ。よっ!ムービースター!」

静香「からかわないの。別に私だけが主役ってわけでもないし」

未来「あ、じゃあせっかくだしそこ行っちゃおうよ!そんなに遠くないんでしょ?」

静香「もしかして、映画の舞台になったあの喫茶店?」

未来「そそ。えっと…熊猫コーヒー、だっけ?」

静香「パンダは一ミリも関係ない。空猫珈琲店よ、空猫ね」

未来「そうだったそうだった。静香ちゃん行こうよーというか連れてってー」

静香「んー…今日じゃなきゃダメ?」

未来「ダメじゃないけど、どうして?」

静香「えっと…そのモデルになった実在の喫茶店ね、映画公開のキャンペーンとかでコラボに積極的なの。だから店内が、その…」

未来「ええ!?空猫珈琲店って架空のお店なの!?」

静香「そこからかいっ!…ええまあそういうことだけど、今言ったようにコラボ中だから今行けば映画そのままの雰囲気が味わえると思うわ」

未来「へー!いいねいいね、じゃあ行こう!すぐ行こう!」ピュー

静香「あ、ちょっと未来!そっちじゃなくこっちー!…はぁ、今度一人でこっそり行こうと思ってたんだけどなぁ」

319 : 仕掛け人さま   2018/11/13 00:34:19 ID:CPdb/GO.QA

空猫珈琲店(のモデルになった喫茶店)

未来「おー…映画そのまんまの見た目」

静香「そりゃ外観はね」

未来「あ、見て見てっ。ちゃんと「空猫珈琲店」って看板ある!映画のまんま♪」

静香「むぅ、初めて見たけど相当力入れてくれてるみたい。今回の映画も、スタッフやキャストだけじゃなく、地元の方々の協力あってこそなのよね。感謝を忘れないように…」

未来「こんにちわー」

静香「ば、バカッ!一応変装しときなさいよっ。映画のファンが来てるかもしれないでしょ」

未来「でも私出てないし、静香ちゃんだけで良くない?」

静香「事務所繋がりで知ってる人もいるわよきっと。というか一応芸能人なんだから、少しは自覚を持ちなさいっての。…はい、伊達メガネ」

未来「でへへ、ありがと。じゃあ入ろっか」ガチャ

~♪

静香「あ、この曲映画の…店内BGMにしてくれてるなんてね、ふふ」

未来「あー見て見てっ。等身大静香ちゃんPOP!メイド衣装の静香ちゃんかわい~♪」

静香「わ、私にお出迎えされるなんて不思議な気分だわ…まあ、私だけじゃなく他のメインキャストのPOPもあるけど」

未来「ねこ美也ちゃんすっごくキュート!莉緒さんビシッと決まってる!杏奈はちょこんってお辞儀してて癒されるなぁ~……はっ」

未来「…」ソロソロ…

静香「こらやめなさい、抱き着いたらPOPが壊れるでしょ」

未来「い、いやぁPOPってわかってても歌織さんの迫力はつい…でへへ」

静香「ふん、どうせ私のは立体に乏しいわよ」

未来「そんなこと言ってないって~。静香ちゃんだってほら、ちゃんとおっぱいあるように見えるよ?」

静香「そりゃあるわよちゃんと!…ってそうじゃない!」

320 : ぷろでゅーさー   2018/11/13 01:14:12 ID:CPdb/GO.QA

未来「大丈夫大丈夫。目の前で生きてる静香ちゃんはいつでも抱き着きたくなるから。ぎゅーっ」

静香「な、何が大丈夫なのよ…!もう。い、いいからとっとと席座るわよっ」ズンズン

~~

未来「…わぁ、中の雰囲気もすごい。まるで映画の中に入っちゃったみたいっ」

静香「新鮮なような、懐かしいような、変な感じ…ふふ、さながらお客様役ってところね」

未来「私ね、この席がいいな。カウンターから近くてあのコーヒーメーカーが良く見える所!」

静香「未来、コーヒーメーカーに興味あるの?」

未来「あのこぽっこぽって音がなんか好きかも。コーヒーあんま飲めないけど、あっ、なんか美味しそうなのが出来てそうって雰囲気が良いよね」

静香「わかる。それに抽出されたコーヒーの香りってとってもいい匂いなのよね。ふわっと辺りを漂って不思議と落ち着くというか。私も映画をきっかけにコーヒーに興味が湧いてきたわ」

未来「ようし、今日は思い切ってブラック行っちゃおうかな…?ここでなら本格的なコーヒーの味も楽しめそうな気がする…!」

静香「後悔しても知らないわよ。さてとメニューは…これね。未来、どれにしようかしら?」

↓1

321 : プロデューサーちゃん   2018/11/13 15:28:57 ID:fw2XBXJBlc

こっからここまで

322 : あなた様   2018/11/13 20:52:26 ID:yZg05.K3dE

もっと細かく安価出せば?そこまで見てくれる人いるか知らんけど

323 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/14 00:20:14 ID:QQt4SJfkSY

そうしたいのは山々だけどその都度レス来るのか不安で…


未来「じゃあこっからここまで頼んじゃおうかな」

静香「ブルジョアかっ!」

未来「とまあお決まりのネタをやったところで、この映画コラボセットにしてみようっと」

静香「まったく…私はコーヒーね」

未来「それだけでいいの?ひょっとしてダイエット中?」

静香「夕飯食べられなくなりそうだから」

未来「あ、忘れてた…まいっか。それにしてもこっからここまでって頼むお金持ち、本当にいるのかなぁ?」

静香「いるんじゃない?よく知らないけど一般人とは感覚が違うって言うし」

未来「静香ちゃんも割とお嬢様っぽいけどね」

静香「別に…普通の家庭よ。親が厳しいってだけで」

未来「そっか。あ、伊織ちゃん辺りはなんか言いそう。頼むの面倒だから店ごとぜーんぶ買い取ってやったわ。明日から私の部屋の隣で営業なさい、にひひ♪みたいな」

静香「あー……って、伊織さんはそんな横暴じゃないわよ!」

未来「今納得しかけてたくせに」

静香「う、うるさいっ。そもそも喫茶店でそこまでする人なんかいるわけないでしょまったく…」




「突然すまない。こっからここまで全部用意してくれないかな?」

「は…?」

「いやなに、例の映画のファンでね。気になったものは貪欲に吸収するのが私の映画作りの…」

「申し訳ありません。この時間から全てを用意するのは不可能ですので、ご遠慮いただけると…」

「……そうか」

324 : プロデューサー殿   2018/11/14 00:45:31 ID:QQt4SJfkSY

~~

「お待たせいたしました。空猫珈琲店三姉妹セットでございます」

未来「きたきた…!えと、コーヒーにシフォンケーキ、それからオムライス!これって三姉妹が作ってたやつだよね」

静香「ええそうね、それぞれの得意分野がセットでってことか。……ふぅむ」

未来「静香ちゃん、やっぱりオムライスが気になっちゃう?本物から見たこのふわとろオムライスの感想を一言!」

静香「別に本物でもないけど…やっぱりプロが作るオムライスは違うわね」

未来「そうかな?映画のオムライス、これに負けないくらいすっごくおいしそうだったよ?」

静香「あれはプロが作ったやつなの。私は作ってる過程を演じてただけ。とはいえ、役柄に恥じないよう私自身でもちゃんと作れるよう特訓したけれど」

未来「私静香ちゃんの作ったふわとろオムライス食べてみたかったなぁ~、美奈子さんの店で特訓してるって知ってたら毎日試食しに行ったのに…」

静香「残念ね、これも一応映画の守秘義務ってやつだから」

未来「ちぇ、どうせ私は部外者ですよーだ。いただきまーす」

静香「…そのうち、映画でもなんでも一緒にやれる機会がくるわよ。私、これでも未来との共演楽しみに…」

未来「おいしー!たまごふわっふわでとろっとろ~♪こんなオムライス初めてかも!…え、何か言った?」

静香「…何でもないっ」

325 : バカP   2018/11/14 00:55:48 ID:QQt4SJfkSY

未来「あ、わかった。静香ちゃんも食べてみたいんでしょ?それならそうと言ってくれればいいのに」

静香「違うわよっ!」

未来「というかさ、冷静に考えて夕飯前にこれはちょっと多かったなーって……静香ちゃぁん半分こしようよぉ」

静香「メニュー内容よく見てから頼みなさいよ。もう、仕方ないなぁ…」

未来「じゃあはい、あーん」

静香「なっ…い、いいわよ!今取り皿頼んで…」

未来「あ、あ、トロトロたまごが落ちそう。静香ちゃん早く早くっ!」

静香「え、ちょ…あぁもうっ」パクッ

未来「でへへ、美味しいでしょ?」

静香「……ま、まあ」モグモグ



?「ん?あそこにいるのは……」

誰がいる?(複数人でも可)
↓1

326 : プロデューサーはん   2018/11/14 12:40:06 ID:hfpT2qBDyI

あんゆり

327 : そなた   2018/11/14 18:03:36 ID:QQt4SJfkSY

百合子「クラシックな内装、ほのかに鼻をくすぐるコーヒー豆の落ち着いた香り、都会の喧騒とは無縁の静けさ…あぁ、まるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたような感覚。さながら私達はギルドの役職を終えて一息つく城塞都市の…」

杏奈「百合子さん…食べない、の?」

百合子「は!……って、杏奈ちゃんはいいの?そろそろゲーム置いた方が…」

杏奈「今…レイドボス、だから…手、離せない…」

百合子「もー、今日はずっとゲームばっかり。せっかく映画の舞台二人で見にきたのに」

杏奈「だって、撮影中散々見た……それに、ちょっと…恥ずかしい。私が、色んなとこに…いる」

百合子「あー、POPやポスターにグッズ…確かにそうだね。でも、どれもとっても可愛いから大丈夫だよ!来れてよかったなぁ」

杏奈「……恥ずかしい」ポチポチ

百合子「もう、杏奈ちゃんったら……ん?あそこにいるのって…」

杏奈「?……あ、未来と静香」

百合子「メガネかけてたから一瞬気付かなかったけど、二人もいたんだね」

杏奈「……呼んでみる?」

百合子「だね。おーいふた…」


「でへへ、美味しい?」

「……まあ」モグモグ


杏奈「…あーんって、してる」

百合子「あはは…そっとしておいたほうがいいかも」

杏奈「うん…」

百合子「さ、さてと杏奈ちゃんっ。そろそろ私達も食べよっか?三奈のふわふわシフォンケーキ、美味しそうだよ」

杏奈「……手、離せないから…食べさせて。…あーん」

百合子「ええっ!?」

328 : 仕掛け人さま   2018/11/14 18:33:45 ID:QQt4SJfkSY

未来「んんっ……やっぱ苦い」

静香「はい、砂糖とミルク」

未来「ありがと。あ…でもなんだろ、飲んだ時は苦いだけだったけど、飲んだ後のすーっと香りが残る感じ…ちょっと好きかも」

静香「ふふ、コーヒーが好きになる日も近いかもね」

未来「へへ、大人の階段、ちょっと登っちゃったかも?」

静香「大人ねぇ…未来は大人になっても今とあんまり変わって無さそう」

未来「それってどういう意味かな!?私だって大人になったらこう、スラっとしてキリッとした出来る女になってるはずだもん」

静香「言い草からして既に不安だけど…別に悪い意味で言ったつもりじゃないわよ」

未来「そうなの?」

静香「ええそう。変わらないからこそ、未来はきっと…」

未来「きっと?」

静香「…何でもないわ。さ、飲み終えたらそろそろ出ましょうか」

未来「あ、待って待って…ん、ぷはっ。やっぱ甘いと飲みやすいね。ごちそう様
!」

静香「さてとこれからどうしようかな…」


今日中に安価が無い場合は帰宅

↓1

329 : プロデューサー様   2018/11/14 23:14:29 ID:Hecja4yYm2

昼休みの復讐の続き

330 : 彦デューサー   2018/11/14 23:15:38 ID:Hecja4yYm2

>>329
すまん誤字った
✕復讐
○復習

331 : 我が友   2018/11/15 00:20:34 ID:x0ERcD/TyQ

未来「はー堪能したぁ♪今度また一緒に来ようね」

静香「今度行くときはランチタイムにしましょう」

未来「そ、そだね…半分こしてくれてありがと」

静香「でも良かったの?形はどうあれ食べさせてもらったんだし、割り勘でよかったのに」

未来「いいのいいの。自分で頼んだものは自分で払う、当然のことですよ。ふふんっ」

静香「そう得意げになられると素直に感謝しにくいわね…でも、ありがと。おかげで私も堪能できたわ」

未来「静香ちゃんのあーんって顔、可愛かったなぁ。あれが見れただけでもお値段以上の価値があったもんね」

静香「そこは感激しなくていいっ!もう……あ」

未来「どうしたの?」

静香「いや、そういえばすっかり忘れてたけど…結局未来の復習やれてなかったわね」

未来「ええっ…!?わ、私なにか怒らせるようなことした…?」

静香「そっちの復讐じゃない勉強の…ってこのやりとりお昼にもしたような」

未来「あ、そっか!あーびっくりした…正直怒らせた心当たりありすぎてつい、でへへ」

静香「復習より先にまずは怒らせない努力をしてほしいものね」

未来「えー静香ちゃんなにかあるとすぐぷりぷりするくせにー。短気は損気だよ♪」

静香「じゃ、ストレスで倒れる前に帰るわ」

未来「待ってよぉ一緒に勉強しようよぉっ」

静香「はぁ…といってもいい時間だし、今からじゃそんなに進まないかもしれないわよ?」

未来「だったらさ…」


A、ファミレスで
B、未来家で
C、それ以外(自由安価)

↓1

332 : 箱デューサー   2018/11/15 16:04:15 ID:qK9oGhZ8ic

電脳空間で

333 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/16 00:32:12 ID:pu2YZITxLQ

SAO的なアレですかね?SAOはあんま知らないですけど

未来「静香ちゃん夜って空いてる?今夜ネットで会えないかな?」

静香「ネット…あぁ、ヴァーチャルで一緒に勉強ってこと?」

未来「うん、あそこなら何かと便利だし。静香ちゃんデバイス持ってたよね?」

静香「一応ね。じゃあ…20時頃にアクセスするから。メッセージ送ってちょうだい」

未来「おっけー20時ね、了解!」

静香「親から使用時間制限されてるの、だから遅れたりしないでよ?未来はヴァーチャル世界だと現実世界以上にふらふらするんだから」

未来「だって面白そうなのがあっちこっちにあるんだもん。でも大丈夫、私もこないだお母さんに制限掛けられちゃったから。でへへ」

静香「やっぱり…それにしてもよくそんなにのめり込めるわね。私はどうもヴァーチャルリアリティって慣れないわ。なんというか、実体が無いのにそこにいる感覚…妙に不安で」

未来「慣れちゃえばどうってことないけどなぁ。静香ちゃんはあんまりそっちの世界で遊ばないからだよ」

静香「現実が忙しいの。未来だって同じでしょ?あんまりハマりすぎないでよね」

未来「わかってるって。じゃあまた今夜!」

334 : Pしゃん   2018/11/16 01:23:12 ID:pu2YZITxLQ

~~

電脳空間

未来「あ、静香ちゃんやっと入ってきた。もー何度もメッセージ送ったのに」

静香「ごめんなさい、親が中々離してくれなくて」

未来「何かあったの?」

静香「遊ぶために買い与えたわけじゃないって釘刺されたの。友達と勉強するだけって何度も言ってるのに…まったく」

未来「そうなんだ…厳しいんだね」

静香「あくまで学習用として買ってもらったから。まあ、仕方ないわ。……それにしても未来、ちょっと背伸びてない?」

未来「あ、バレた?えへへ…こっちの世界でくらいいいでしょ?これでも気にしてるんだから。特に、静香ちゃんと一緒にいるとね」

静香「身長なんて別に気にしなくていいのに」

未来「背が高いからそんなこと言えるんだよ。…そういう静香ちゃんのアバターも、なんかおっきくなってない?ここが」

静香「なっ…いい、いやこれは…そうっ、設定がね、なんか間違っちゃったかなーでも面倒だしいいかなーって…」

未来「え…冗談だったのに、ホントに大きくしたんだ」

静香「~~っ!?も、もういいからっ!勉強よ勉強!見た目より頭のことを考えなさい…!」

未来「あはは、はーい。じゃああの席で始めよっか」

335 : ハニー   2018/11/16 01:23:41 ID:pu2YZITxLQ

静香「はぁ……学習プログラム起動」

未来「起動っと…うん、英語の教科書に参考書、ノートもばっちり。現実もこれくらい便利になってくれたら忘れ物も減るんだけど」

静香「忘れないよう努めることに意義があるのよ。何でもかんでも便利にすればいいってものでもないと思うけど」

未来「ふーん…例えばさ、歌も踊りもインストール一つで一瞬のうちにトップアイドル並の技術になれたとしたら?」

静香「そういう研究もあるって聞くわね。脳に直接情報を流し込んで短時間でどうたらとか。……未来はそうしたい?」

未来「ぜんぜん。だってそんなのつまんないもん。私、歌も踊りもまだまだだけどさ、苦手な所克服した時の、やったーって感覚。あれ大好きなんだ♪」

静香「ふふ、私もよ。…確かに結果は大事だけど、それは過程あってこそ。結果が全ての世界に私たちは生きてるけれど、それでも、積み重ねた努力はきっと、かけがえのないもの…なのよね、多分」

未来「そうそう!ステージに立ってる時も、静香ちゃんとレッスンしてる時も、どっちも大事だから!」

静香「ま、そんなに大事ならこれからは忘れ物控えてよね。こないだも台本忘れたーってすぐ私に泣きついてきたでしょ」

未来「でへへ…その節はお世話になりました」

静香「いつもでしょ、もう」

336 : おやぶん   2018/11/16 01:41:47 ID:pu2YZITxLQ

~~

未来「…んーと、うん。これでどうだ!」

静香「…うん、全問正解」

未来「やったー!はー復習頑張ってよかったー、ここどうしてもわかんない所だったから絶対克服したかったんだ」

静香「偉いわ未来」ナデナデ

未来「でへへ…もっとなでなでしてー」

静香「はいはい。…それにしてもすごいわね、ちゃんと感触再現されてる。いつも撫でてる頭とはちょっと違う気がするけど」

未来「え、そうなの?ふぅむ…自分で撫でてみてもよくわかんないや。静香ちゃん、私より私の事詳しいんだね」

静香「き、気がするってだけよっ!別に……っと、そろそろいい時間ね」

未来「本当ならこのまま遊びたいんだけどな~。静香ちゃん家は厳しいから、仕方ないかぁ」

静香「…そのうち、機会があればね。さてと…」


24時間以内に安価が来なければ普通に終了

それ以外(どうする、どうなるなど何でも)
↓1

337 : Pちゃま   2018/11/16 20:46:58 ID:PgC7Of/y7A

夢の中でもみらしず

338 : おやぶん   2018/11/17 01:19:32 ID:66K0i9sQPw

静香「じゃあ私ログアウトするから。未来は残る?」

未来「ううん、私も抜けるね。あ~勉強疲れと電脳疲れでいい感じに眠れそう」

静香「私も慣れてないせいか脳がどっと疲れた気分よ。ここで長時間勉強も考えものね」

未来「なら今度は私んちに来てよ。もちろんお泊りで!」

静香「それってもちろん勉強会としてってことよね?」

未来「えぇ…そりゃ勉強もするけどさぁ」

静香「ふふ、冗談よ。休みが合ったら遊びに行かせてもらうわ」

未来「わーい♪それじゃあお休み、静香ちゃん」

静香「明日は営業あるんだから、夜更かししちゃだめよ。じゃあまた明日…」

~~

現実世界

静香「……ふぅ、ちゃんと帰ってこられたみたいね。毎回この瞬間がちょっとドキドキするのよね」

静香「何かのトラブルで現実世界に帰ってこられなかったり…なんて、考えすぎか。映画じゃあるまいし」

静香「…ん、未来からメッセージ?」

『今日はありがとう静香ちゃん!また明日ね。(つ∀-)オヤスミー』

静香「ふふ、どういたしまして…っと」スッスッ

静香 「さて、予習は向こうで済ませちゃったし、私ももう寝ようかな」モゾモゾ

静香「明日も頑張らなきゃ。仕事に勉強にレッスンに…やることは沢山なんだから」

静香「…でも、もうちょっと未来と…遊んでいたかった、な…」

静香「…zzz」

339 : そなた   2018/11/17 01:24:42 ID:66K0i9sQPw

~~

「…ちゃん……しずかちゃんっ」


静香「ん…ぅうん…みらい…?」

未来「あ、やっと起きた。もー私が問題解いてる間ずっと寝てるんだもん」

静香「え…あ、あれ?ここって…電脳空間…?」

未来「寝ぼけてる?私達さっきからここで勉強してたじゃん」

静香「う、うそっ…!?だって私ずっと未来の勉強を見守って…も、もしかしてフィクションが現実に?現実だと思ったらそれは現実じゃなくつまり…」ブツブツ

未来「え、ごめんよくわかんないんだけど…」

静香「…いえ、一旦落ち着きましょう。この状況は……そう、きっと夢ね!未来、ちょっと私のほっぺ抓ってくれない?」

未来「い、いいけど…えいっ!」グイッ

静香「いた……くない。電脳空間でも感覚はあるはずだから、これは紛れもなく夢みたいね。はぁ、心臓止まるかと思った…」

未来「ん~~っ!」グイーッ

静香「っていつまで抓ってんのよっ!」グニィッ!

未来「静香ちゃんがやってって言ったくせにー!?…ってほんとだ。痛くないね」

静香「これは私の夢…ということは、未来も本物の未来じゃなく私の頭の中の未来ってことになるわけか…」

未来「えぇっ、そうなの!?な、なんかやだなぁ…私は私なのに」

静香「ま、まぁ細かいことはいいじゃない。所詮夢、現実にはお互い本物の自分がいるわけだし」

340 : ご主人様   2018/11/17 01:25:30 ID:66K0i9sQPw

未来「なんか誤魔化そうとしてない…?は~、まいっか。静香ちゃんが夢の中でも会いたいくらい私のことが好きってことだもんね」

静香「なっ…!?なんでそうなるのよっ!」

未来「でへへ~♪ところでさ、せっかく夢の中なんだし、勉強はお休みして遊ぼうよ!どうせ現実ではちゃんと勉強してあるんでしょ?」

静香「現実というか電脳世界というか…ややこしいわね。でもまあ、そういうことになるけど」

未来「それにここなら何でも出来ちゃうよ!夢の中ならお母さんにうるさく言われないみたいだしね。ご都合主義ってやつかなぁ?」

静香「…そうね、どうせ夢なんですもの。今くらいパーッと遊んじゃいましょう♪」

未来「やったやった♪私、静香ちゃんとこうしてずーっと遊んでいたかったんだ!」


静香(そう…今だけは、現実の不安も焦りも何もかも置いて、ただ2人きりの楽しいひと時を…)

静香(もちろん、覚めてしまえばそれまで…ううん、違うか。たとえ夢から覚めても、未来はそこにいる。不安や焦りに追われる世界でも、未来がいるから私は…)


未来「じゃあじゃあ、何しよっか?ゲーム?うどん作り?それとも豪華なステージで踊ってみる?可愛い衣装なんか着て…うーん迷うなぁ」

静香「そんなの決まってるでしょ。…全部よ!さあ行きましょ、未来♪」


――私はいつでも、「今」が楽しくて仕方がないの♪

341 : 兄ちゃん   2018/11/17 01:30:56 ID:66K0i9sQPw

といった所で一旦終わり。こういうシチュで安価やってほしいみたいのがあればぜひ。
というかSSスレでもないのにこんな使い方して良かったんかな…?

342 : ハニー   2018/11/17 07:22:37 ID:xmrdCxUqXg

大丈夫だ、問題ない

343 : バカP   2018/11/17 12:28:31 ID:PVkq0BkXzA

非常に良かった、乙

344 : おやぶん   2018/11/17 21:05:41 ID:tyoY4yB14s

安価にしては大人しめな内容だったな、もっとぶっ飛んだのも見てみたい

345 : プロデューサー様   2018/11/18 08:44:30 ID:K7gQ4fK2Z2

デズィールではみらしずつばが一緒に出かけてるっぽいっすね

346 : プロデューサーちゃん   2018/11/18 10:04:42 ID:xs9OSs48yo

>>345
なにそれくわしく

347 : 箱デューサー   2018/11/18 10:17:38 ID:K7gQ4fK2Z2

>>346
いや、静香のカードに未来と翼が写り込んでたからそうかなって思っただけ

348 : Pちゃま   2018/11/18 10:46:23 ID:xs9OSs48yo

カードはどこで見れるん?

349 : ハニー   2018/11/18 10:56:49 ID:K7gQ4fK2Z2

ミリラジで出た

350 : ぷろでゅーさー   2018/11/18 11:15:37 ID:xs9OSs48yo

サンクス、楽しみやね。相変わらずの3人セット感はちょっと気になるけど

351 : 我が下僕   2018/11/18 18:23:54 ID:ZCUiZO.6GM

もう1年以上交流してなかったんだっけこの2人。まあまだ出ると確定したわけではないけど、ようやくなのか…

352 : ダーリン   2018/11/19 12:59:04 ID:ImcU3gAf3s

ワンチャンドラマCDの共演もあるかも、あったらいいな

353 : お兄ちゃん   2018/11/20 00:39:47 ID:PKzDTjy13c

見直してて思ったけどゲッサン3巻の一コマ目からこの描写は凄くいいよね。色々あったけど仲がより深まって、一応2人の話に一区切りついた2巻からのこの3巻冒頭だから余計にキュンとくる。

あと富野由悠季が見たら「ここセッ○スしましたってことだから!わかれよっ!」とか言いそう

354 : 兄ちゃん   2018/11/21 15:52:18 ID:laWYNGKQhs

まだ撮るよー

355 : おやぶん   2018/11/21 17:07:30 ID:laWYNGKQhs

356 : おにいちゃん   2018/11/21 17:18:44 ID:laWYNGKQhs

357 : 我が友   2018/11/21 17:19:19 ID:laWYNGKQhs

358 : プロちゃん   2018/11/21 17:21:52 ID:laWYNGKQhs

359 : ダーリン   2018/11/21 17:26:22 ID:laWYNGKQhs

未来がちゃんとこういう事言ってくれて助かった(?)

360 : あなた様   2018/11/21 19:27:45 ID:OvwV5z.RYU

ジュリアと静香を明確に赤と青って言ってたね。確かにその通りだしピッタリと言わざるを得ないけど、未来とのことを考えるとちょっと複雑かも。
ゲッサンクレブルに続いてここまでマジにぶつけ合う静香表現しだしたら、はたして未来とのデュオなんて考えてくれるんだろうか…

361 : プロデューサー   2018/11/21 21:10:21 ID:Guy1dJgWXA

赤青の先輩であるはるちはもデュオ貰うまでに10年以上かかってるし、曲の路線もまさかの方向だったからね
みらしずも待つことにはなるけどいずれは何かしら来るでしょ

362 : 兄ちゃん   2018/11/22 00:22:07 ID:yP8c0DTj92

みらしずがダメってわけじゃないんだけどねぇ、特に静香は歌ウマ勢だから流れと需要的にどうしても歌の上手い人と組まされちゃうわけで、そこに単純な人数を考えると……10年20年じゃ無理かもな。
運営もイベにわざわざ2人引っ張り出すあたりすっかりみらしずを信号機トリオのついでとしか扱ってない所があるし

363 : プロデューサー様   2018/11/22 00:39:25 ID:/7iWVTJ7OI

運命の出会いを信じてる?

364 : Pチャン   2018/11/22 16:37:54 ID:R0ffzxIZh2

ここだけ見ると謙遜が嫌味に聞こえるくらい売れっ子だよな静香

365 : プロデューサー様   2018/11/22 16:49:05 ID:RX3JdPXX0Y

もう既にトップアイドルになってるみたいw

366 : 仕掛け人さま   2018/11/22 21:52:23 ID:x.8IG1zzTQ

まあそれはたまたまにしても静香は公式から半ば売れっ子アイドル扱いされてる節があるよね。コミックだとそういう描写ダントツで多いし

367 : プロデューサーはん   2018/11/22 23:50:29 ID:H/BjCaN9eQ

時間が無いからね、仕方ないね。

ところで静香は未来とのユニット組む約束反故(と言ったらアレだけど)にして武道館選んだでしょ?
仮にまた組むタイミングで同じような選択が起こったら静香はその度に未来を裏切り続けられるんだろうか。時間制限の免罪符は一応持っているとはいえ。

368 : Pしゃん   2018/11/23 01:19:50 ID:1oBL2t.aYY

本来は友情や団結や協調を重んじる静香が信念を曲げてでも自分の夢を選ぶってのが肝なわけで苦悩はしても結果は変わらないんじゃないかな
優柔不断なハーレム系主人公よりよっぽど男らしいとは思う

369 : ダーリン   2018/11/23 03:32:47 ID:OswGuGre9c

その場合どっちかと言うと未来の方がつらいんじゃね?武道館の時は知らなかったから本音言えたけど、時間がないって知ってしまったからにはもう何も言えないだろうし
なまじ静香の夢を誰よりも応援してる分、自分のささやかな夢で邪魔するような真似はできない。でも時間には限りがあって、機会がどんどん…ってな具合に追い詰められて。実際そうなったらもうどっちかが不幸になる未来しか見えないね

370 : バカP   2018/11/23 15:29:53 ID:tDrfXBIB02

そもそも静香自身そこまで組むことに執着してないような。未来が組みたいって言ってるだけだし、悪いとは思うだろうけど優先順位的には低いのでは?
ステージは仲直りの場所じゃないって言うくらいだし、仲良しコンビでわいわいやるよりか、今回のイベみたいに自身にプラスになる場があればそっちに行きたがるもんだと思うけどね

371 : おやぶん   2018/11/23 19:11:57 ID:.uLkijJJCU

そんなことよりまた安価SS書いてもええ?

372 : ぷろでゅーさー   2018/11/23 23:37:20 ID:aBT0ClXCN6

>>371
どうぞどうぞ

373 : ハニー   2018/11/24 01:32:15 ID:Nm8d1fNIB2

じゃあ書くね。とりあえずゲッサンベースに進めてみます。


静香「…わかりました。こっちで自主練しておきますから…はい、それじゃ」ポチ

静香「…頼りにならないプロデューサーなんだから。いきなりレッスン中止だなんて…もうっ」

静香「とりあえず練習場所確保しなくちゃ。…教室はダメ、校庭も論外、あとは…」スタスタ…


屋上

静香「ここしかないわね。よし…頭から」

タンタン…

静香「はぁはぁ…まだまだこんなんじゃダメ。もう一回っ」タンタン

静香「ワンツースリー…ターンで、キメ!」ビシッ

未来「ふんふーん♪……あ」

静香「……あ」

静香(ま、まさか人がいるなんて…完全に見られた…!)カァァ


未来の反応(セリフも可)
↓1

374 : プロデューサーちゃん   2018/11/24 22:56:18 ID:Nm8d1fNIB2

安価こなさそうなので普通に進めます

未来「ねえねえ今の何!?もしかしてダンス部?あ、それともあれだ、ポンポン持ってハイッてやるやつ?」

静香「ち、チアじゃないからっ。ダンス部でも…というかいきなり何!?そっちこそこんな所でなにを…」

未来「いや洗濯だけど」

静香「ああそうね!見たまんまだわ大変そうっ!」

未来「なんか焦ってない…?それにしてもカッコ良かったなぁ、私もダンス部に興味湧いてきちゃった。あ、でもこれ以上部活入るのは厳しいかも…」

静香「だからダンス部じゃないって。…これ以上?あなた部活いくつ掛け持ちしてるの?」

未来「春日未来、だよ」

静香「…私は最上静香」

未来「えっとね、テニス部と陸上部でしょ?あとソフ部と科学部!」

静香「四つも!?」

未来「あ、それと部活って言っていいのかわかんないけど、>>374もやってるんだ」


1日経って安価来なかったらもうやめます

375 : プロデューサーはん   2018/11/24 22:57:27 ID:Nm8d1fNIB2

すみません上の安価は>>376を取ります

376 : Pしゃん   2018/11/24 23:09:30 ID:DBPfCrXXzo

ボランティア

377 : 彦デューサー   2018/11/24 23:35:02 ID:S/J3dq0Uj.

設定がよくわからなかったから様子見てたけどゲッサンと同じイントロで初対面って流れだったのね

378 : せんせぇ   2018/11/24 23:35:07 ID:Nm8d1fNIB2

静香「ボランティア?」

未来「そそ。ゴミ拾いとか募金活動とか色々なホーシ活動をね」

静香「…」

静香(正直中学二年のこの時期になってもまだ部活の雑用係なんて…って思ったけど)

静香「偉いのね、春日さん。立派な社会貢献だわ」

未来「えー?そんな難しく考えてないよ」

静香「でも大丈夫なの?そんなに色んな事やってたら流石に疲れちゃうんじゃ…」

未来「全然!だって部活もボランティアもすっごくすっごーく楽しいからっ!」

静香「……そう。……さっきの答えだけど、私、実はアイドルやってて…」

未来「あーっ!?」

静香「な、なにごと!?」

未来「大変っ、次のボランティア活動始まっちゃう!ねね、良かったら静香ちゃんも来てみてよ!」

静香「な、なんで私が行かなきゃいけないの?」

未来「さっきのダンス見てピンと来たんだ!次の場所には絶対静香ちゃんの力が必要だって!」

静香「はぁ…?って、ちょっと春日さん引っ張らないでっ」

未来「大丈夫、すぐそこだし時間も取らせないからー!」

どんなボランティア?
↓1

379 : ダーリン   2018/11/25 09:13:36 ID:B265qZDC/2

緑化プロジェクト
木を植えたり手入れをしたりする

380 : Pさぁん   2018/11/25 18:34:44 ID:CAkl5sIb8o

静香(ダンスを見て…?踊ることに関係あるのかしら。とはいえボランティア活動だし、たまには参加してみるのもいいかもしれない)

静香(何を踊るのかわからないけど、ひょっとしたらこれも良い経験になるかもしれないわ…)

~~

近所の公園

未来「うん、オッケー♪ちゃんとひも締めたからもうゴザ離していいよ」

静香「ふぅ…これでばっちりね。それにしても街路樹によく巻かれてるゴザって防寒対策の為だったんだ」

未来「そうみたい、私も公園緑化プロジェクトに参加して初めて知ったよ。他にも植樹する時は根っこが腐らないよう盛り土して…」

静香「この枝葉は切ってしまっていいのよね。葉が付くと下まで日光が行き渡らないだろうし」

未来「すごーい、静香ちゃんもう邪魔な枝見分けられるんだ!よっ、剪定マイスター!」

静香「こ、これくらい見ればすぐにわか…いや待ってちょっと待って一旦待って」

未来「え?」

静香「ねえ何で私こんなことしてるの?ダンスはどうしたの?ピンときたで何をどう解釈すれば木のお手入れになるわけ?ねえ、ねえねえねえ?」

未来「こ、怖いよ静香ちゃん顔近づけないで…っ。ほ、ほら静香ちゃんって背高いし、ダンス見てたら手足もスラっとしててかっこよくて。あ、これならいけるかもって」

静香「一応聞いてあげるけど、何がイケると?」

未来「あの幹にゴザ巻きつける係」

静香「だと思ったわよ!「おー幹の太さと静香ちゃんの手の長さピッタリ♪私の目に狂いはなかった」とか言ってたのもねやたらドヤ顔で!!」

未来「え、もしかして私怒られてる?」

静香「もしかしなくても怒ってるわよ!」

381 : 彦デューサー   2018/11/25 19:04:46 ID:CAkl5sIb8o

未来「な、なんかごめん…でも、イヤなら断ってくれてもよかったのに…。ボランティアはイヤイヤやるものじゃないっておじさんも言ってたし」

静香「…はぁ。まあ、いいわよ。私もつい勢いで参加しちゃったから」

未来「でへへ、何だかんだ優しいね静香ちゃんって」

静香「わ、私は別に…それより春日さんの方がすごいじゃない。今どきの中学生が率先してボランティアに参加、しかもこんな土にまみれた作業するなんて、立派よ」

未来「そ、そうかな…?さっきも言ったけど楽しそうだからやってみただけだよ。それにね、この公園よくお世話になってるんだ。どうせなら緑いっぱいの方が見てて気持ちいいでしょ?」

静香(…私もよくこの公園通るけど、自然の方まで目が行ったことはあまりない。ここってけっこう、緑あったんだ)

未来「よーし、最後はお花を植えちゃうぞ!静香ちゃんありがとう、今度なにかお礼するからね」セッセッ

静香(春日さん、本当に楽しそう…そういえば洗濯物干してた時も妙にルンルンだったわね)

静香(きっとこの子はなにをしてても楽しめる、そんな性格なんだろうな。こういうのも才能っていうのかしら)

静香(……もしも、もしもこの子がアイドルになったら、一体どうなるんだろう?)

未来「うんしょ、うんしょっ」

静香「…こっち側は任せて。二人でやったほうが早く終わるでしょ?」

未来「え、でも静香ちゃんダンス部は?」

静香「だから……私ね、アイドルになりたいの。屋上で踊ってたのは、そのための練習」

未来「…アイドル?」

静香「そう…笑われるかもしれないけど、本気。…だ、誰にも言っちゃダメよっ」

未来「…」

未来の反応(セリフも可)
↓1

382 : プロデューサー   2018/11/25 19:10:37 ID:UL3ZzTBsc.

すっっっ…ごーーーい!!!

383 : ぷろでゅーさー   2018/11/25 20:21:29 ID:CAkl5sIb8o

未来「アイドルって、テレビとかに出てるあの…?」

静香「ええまあ。私なんかはまだ大した出演も…」

未来「すっっっ…ごーーーい!!!」

静香「うるさっ!?」

未来「じゃあじゃあ、そのうちテレビに出たりステージで踊ったりとか、あ、もしかしてそのための練習!?何チャン?私絶対見るからね!」

静香「あーもうっ、騒がしくしないで!…まったく、どうして初対面の子にこんなこと話しちゃったんだろ…」

未来「そだ!サイン、サイン貰わなきゃ!えっと紙とペンどっかにあるかな?」ゴソゴソ

静香「汚れた手でポケットまさぐらない!ただでさえ土まみれなのに…」

ザワザワ…

静香「う、さっきの大声で周りの視線が…い、一旦離れましょ、ほらっ」

~~

ジャー…

未来「見て静香ちゃん。石鹸が全然泡立たないや、あははっ」

静香「ちゃんと軍手使わないからそんなに手が汚れるのよ。あぁスカートもこんなにして…」パンパン

未来「急いでてジャージに着替えるの忘れちゃった。まあ明日土曜だし、不幸中の幸いってやつだね」

静香「不幸じゃなく不注意でしょ。ボランティアは立派だけど、少しは準備ってものを…」クドクド

未来「もー静香ちゃんなんかお母さんみたい」

静香「だ、誰がお母さんよ!」

未来「ところでさ、テレビにはいつ出るの?」

静香「テレビには出ないわよ。あの練習は日曜のステージの為の…」

未来「日曜!?明後日にステージ立つの?どこどこ?行きたい行きたーい♪」

静香「わ、わかったから汚れた服で近づかないで!」

未来「じゃあ手ならいい?」ピト

静香「つめたっ!?」

384 : ご主人様   2018/11/25 20:47:16 ID:CAkl5sIb8o

未来「わーしずかちゃんのほっぺあったかくてむにむに~♪」

静香「ひゃ、ひゃめなさいってのっ!もう、チケットあげるから大人しくしてよ」

未来「チケットくれるの!?やったー♪」

静香「はぁ…さっさと作業終わらせましょ。今度は汚さないようにね」

未来「はーい!」


静香(そんなこんなで作業は終了。結局ただのボランティア活動だったわね…自主練は家の近所でやるしかないか)


未来「静香ちゃん、今日は手伝ってくれてありがとう!明後日絶対見に行くからね!」


静香(春日さんとも別れ、私は家路につく。なんだか今日は、おかしな日だったなぁ。ともあれ…)

静香「変な子だけど、一応知り合いってことになるのよね…今度のステージ、情けない姿は見せられないわ。絶対に」

~~

日曜

未来「ご支援、よろしくお願いしまーす!」

「お疲れさま春日さん、今日はもういいわよ」

未来「はーい!…今日はいよいよ静香ちゃんのライブ。遅れないようにしなきゃね」

「これ、少ないけどお小遣いだよ」

未来「い、いえボランティアですからっ!お金はけっこうですよぉ!」

「いいのいいの。これからライブ見に行くんだろ?なら、何かと必要になるって」

未来「でも…」

「未来ちゃんは本当にいい子だなぁ。こんな子がアイドルになったら俺絶対応援しに行っちゃうよ」

「私も。ほら遠慮しないの」

未来「あの…じゃあ、ありがとうございます。また来ますからー!」タタッ


未来(うぅん、断り切れなくて貰っちゃったけど…とりあえず大事にしまっておこう)

未来(…私がアイドル、だって。アイドルって…そういえば、なんなんだろう)

未来(俳優?歌手?お笑い?…うーん、あんまり考えたことなかったけど…ま、私には関係ないかな)

385 : Pしゃん   2018/11/25 21:01:58 ID:CAkl5sIb8o

劇場

未来「はぇ~ここが765プロライブ劇場かぁ。意外と近所だったのに気付かなかったなぁ」

未来「あ、静香ちゃんのポスターだ!うわぁホントにアイドルだったんだ…!かっこいい~♪」

>>385「あ…」


誰に会った?(1時間以内に安価が無ければ春香)

386 : プロデューサー様   2018/11/25 21:02:52 ID:CAkl5sIb8o

ごめん>>387

387 : 我が下僕   2018/11/25 22:12:46 ID:CAkl5sIb8o

春香「きゃあっ」ドンガラガシャーン

未来「うわぁ!?大丈夫ですか?自転車そんなところに止めてごめんなさーい
!!」

未来(ひょんなことから知り合ったお姉さんと一緒にライブを見ることになった。チケット2枚も貰っててよかったぁ)

未来(席に座り、開演を待つ。わくわく…静香ちゃんのアイドル姿、早く見たいなぁ)

以下ゲッサンと同じ流れで、ライブ終了後

~~

静香「春香さん!」

春香「あ、静香ちゃん。お疲れ様♪」

未来「あー静香ちゃんだ!やっほー。ねね、シャツにサイン貰っちゃった!見て見て」

静香「春日さん…あの、春香さん。先ほどはご迷惑をかけてすみませんでした!」

春香「き、気にしなくていいよぉ。私が勝手にやったことだし」

静香「いえ、それでも…こんな、情けないステージを見せてしまって…」

春香「静香ちゃん…」

静香「春日さんも…今日はせっかく来てくれたのに、本当に…」

未来「静香ちゃん、私ね。今日のステージ…」

未来の答え
↓1

388 : バカP   2018/11/25 22:19:18 ID:8xPZGa5wnE

とにかく見られた事が1番嬉しい

389 : 仕掛け人さま   2018/11/25 23:38:37 ID:CAkl5sIb8o

未来「……えへへぇ」

静香「な、なによその笑い…いえ、笑われて当然よね」

未来「ちがうよぉ。確かになんか変な間はあったけど」

静香「う…」

春香(未来ちゃんはっきり言うなぁ)

未来「でもね、この目で静香ちゃんがステージに立ってるの見れて、私とっても嬉しいんだ。はぁ~、静香ちゃんは本当にアイドルだったんだぁって」

静香「そんな…あれじゃまだまだアイドルだなんて…」

未来「えっ、じゃあアイドルじゃないの?」

静香「アイドルよ!一応……まだ、未熟だけど」

未来「ねね、また見に来てもいい?今度は最前列で静香ちゃんを応援したい!次も、その次も、もっともーっと静香ちゃんを…」

未来「静香ちゃんを…一番近くで…」

静香「…春日さん?」

未来「う、ううんなんでもっ!とにかく絶対また見に来るから。それじゃーね♪」

静香「え、ええ…さよなら」

春香「…なんだか賑やかな子だったなぁ。未来ちゃんって静香ちゃんのお友達なんだよね?」

静香「…あの子と初めて会ったの、二日前なんです。友達と言えるかは、よくわかりません」

春香「えぇっ、そうだったんだ。静香ちゃんのこと親しげに話すから私てっきり…」

静香「あの、春香さん……例えばの話なんですけど」

春香「…?」

静香「もしもあの子…春日さんが、アイドルになったとしたら、どう…思います?」

春香「うーん……ふふ、なんだかおかしい」

静香「え?」

春香「実はね、私も考えてたんだ。会ってほんの数時間。喋った時間なんてもっと少ないのに…あ、この子がアイドルだったらきっとすごいことになりそうって」

静香「……」

春香「ちょっと見てみたいかも、未来ちゃんのライブがどんな感じになるのか。…って、なるわけでもないのについ妄想しちゃった、えへへ」

390 : Pしゃん   2018/11/26 00:05:30 ID:keyKZJSvsQ

静香(やっぱり春日さんは……)

オデコツン

静香「うっ…春香さん、何を…」

春香「静香ちゃんには静香ちゃんの良さがあるって、みんな知ってるから。あんまり考えすぎないでね」

静香「わ、わたしそんな…別に…」

春香「ふふ。…でも想像しちゃうなぁ。正反対の未来ちゃんと静香ちゃんが同じステージにあがったら、一体どうなっちゃうんだろうね?…ばいばい」

静香「あっ…お疲れ様でした」

静香(私と未来が、同じ…?そんな未来、あるのかな…)

~~

未来「…」

未来(一番近くで応援したいって言った時、なんか、想像しちゃった)

未来(静香ちゃんの隣で、私もステージに立って…一緒に、いっぱいのお客さんを前に…)

未来(…流石に夢見すぎかなぁ。あの静香ちゃんが落ち込むくらいなんだもん)

未来(私なんかが…でも…うぅん、どうしよう)


1、アイドルやってみる
2、静香ちゃんに相談する
3、今はやめておく
4、その他(自由安価)

割と重要安価かも
↓1 

391 : 我が下僕   2018/11/26 00:24:11 ID:BF755j7hCA

シアター内外関係なく色々なアイドルのことを調べてみる
もしくは静香ちゃんに訊く

392 : ご主人様   2018/11/26 01:32:21 ID:keyKZJSvsQ

未来家深夜

未来「…」カチカチ

アオイートリー
フフーン
セーブスルヨー

未来(気になってアイドルの事色々調べてみたけど…)

未来「どの子の可愛いなぁ、でへへ…」

未来「じゃなくって。ふむふむ…色んなタイプのアイドルがいるんだ。個性的っていうのかな?」

未来「静香ちゃんは…やっぱり歌?初めて生で聞いたとき、こう、ぞくぞく~ってしたもん」

未来「それにダンスも良かったなぁ。こうビシッとしててグルンって感じで激しくて…顔も可愛いだけじゃなくてキリッとカッコイイ……ステージの静香ちゃん、また見たいなぁ。でへへへ…」

未来「とりあえず静香ちゃんは文句なしにアイドルだね。えっと他の人は…」カチカチ

未来「こうしてみるとアイドルって歌うだけじゃないんだね。バラエティで面白い話できたり、ドラマで迫真の演技が出来たり…大変そうだけど、全部出来たらすっごく楽しいかも?」

393 : せんせぇ   2018/11/26 01:33:20 ID:keyKZJSvsQ

未来「でも、私は何ができるんだろう?……春日未来14歳、成績中くらい、顔は取り立てて美人でもなし。歌も多分普通。演技、友達に未来は単純でわかりやすいってよく言われる…これって下手ってことなのかな?」

未来「あう~個性、個性ってなぁにぃ…?自分じゃよくわかんないよ。むしろ考えれば考えるほど…」

未来「……そうだ!こんな時は友達に聞いてみよう。外からの意見も大事だよね」ポチポチ

prr…ガチャ

未来「あ、もしもしサキちゃん?私って個性的かな?」

サキ『いや突然なんなのよ未来』

未来「えっとね、私アイドルに向いてるのかなーって」

サキ『話が異次元に飛びすぎ…あー、つまり他の人から見て未来はアイドルになれるほど個性的かってこと?』

未来「さっすがサキちゃん話が早い♪で、どうかな?」

サキ『そうね…』


※サキちゃんは未来の話にたまに出てくる(多分小学校からの)お友達

サキの答え
↓1

394 : ご主人様   2018/11/26 10:18:12 ID:kEZZ/hQ7sk

わからないが答え

395 : バカP   2018/11/27 00:33:41 ID:J.YwC6NESE

サキ『わかんない』

未来「そんなぁ…」

サキ『強いて言えば…バカ?』

未来「知ってるけど!強いて言う必要あったかなぁ!?」

サキ『あははっ、でもそんなこと言われたってさぁ。未来はまあちょっと変わってるから個性的といえば個性的だけど…』

サキ『それでアイドルになれるかってのは、また別問題じゃない?』

未来「う…確かにそうかも…」

サキ『ていうかさ、未来ってわかんないならとりあえずやってみよーってタイプじゃなかったっけ。こういう事相談されるの、ちょっと意外かも』

未来「あ、うん…そうなんだけどさ。静香ちゃ…や、えと、ぐ、偶然アイドル目指してる子と知り合ってねっ。がっこ…が、ガードレール沿いの道辺りでっ!」

サキ(下手くそか)

未来「その子のライブ見に行ったんだけど、もーすっごく歌上手くて、ダンスもカッコよくて、おまけに可愛いくてキリッとしてて、背も高くて髪も長くてサラサラ~っと…」

サキ『話進めてくれない?』

未来「あ…それで、私は凄く楽しかったんだけど、しず…その子は落ち込んじゃって…」

サキ『ミスかなんかした?』

未来「うん。だから、あんな凄い子でも落ち込むくらいなのに、平凡な私がアイドルなんてできるのかなー、なんて…」

サキ『なるほどね。とりあえず未来がその子とやらに相当参ってるのはわかったわ』

未来「え、まいって…?」

サキ『じゃあいっそその子に聞いてみたらいいじゃない。本物のアイドルなんだから私よりか参考になるでしょ』

未来「静香ちゃんに…?」

サキ『じゃあ私お風呂だから。また明日ね』ブチ

未来「…そっか、アイドルだけど同じ学校なんだし、会おうと思えばすぐ会える…なんで気付かなかったんだろ」

未来「すっかり別世界の人って感じで…ま、まあとにかくっ!早速明日聞きに行ってみようっと♪」

396 : おにいちゃん   2018/11/27 00:54:01 ID:J.YwC6NESE

翌日 学校

静香「…これでよしっと」

静香「日直の仕事も終わったし、とりあえずホームルームが始まるまで勉強しましょう…」

ガラッ

未来「あー!静香ちゃんいた!」

静香「うぇぇ!?…って、春日さん?どうしてここに…」

未来「よかったー早く来すぎてまだ学校にいないかと思っちゃった。一つ一つ教室回っても全然人いないんだもん」

静香「そりゃあ早朝だし…私は日直だから早く来たけど」

未来「えーっ、日直でもこんな早くに来ないよ普通。しかももう勉強する気満々だし、静香ちゃんって本当にマジメなんだね」

静香「悪い?こういうのは日頃の積み重ねが大事なのよ」

未来「でもさ、昨日ライブ終わったばかりなのに大丈夫?疲れてない?」

静香「疲れたなんて言って休んでいられないわ。…時間は、限られてるんだから」

未来「…?」

静香「それで、春日さんは私になにか用があって来たんでしょ?」

未来「あ、そうだ!えっと…」


静香に何を話す?
↓1

397 : ダーリン   2018/11/27 09:47:10 ID:v.FIgzld86

昨日から考えていたこと

398 : プロデューサーさん   2018/11/28 00:27:01 ID:YyfXGYkwg6

未来「静香ちゃん、私ね…昨日からずっと考えてたんだ」

静香「?」

未来「アイドルってなんなんだろう…って」

静香「どうしたの急に?」

未来「昨日ずっと調べてたんだ、アイドルの事。静香ちゃんみたいにカッコイイだけじゃない、可愛かったり面白かったり、ほんと色んなアイドルがいるんだね」

静香「一口にアイドルと言ってもタイプは様々だから。単に歌や踊りが出来ればいいってものじゃないのよ」

静香(まあウチの事務所は変わり者が多いけど)

未来「それってやっぱ個性大事!ってことだよね?」

静香「え?ええまあ、そういうことになるのかしら」

未来「個性かぁ…静香ちゃんから見て私は個性的?」

静香「変な子」

未来「ばっさりっ!?」

静香「まあそれも個性と言えば……ってまさか春日さん」

未来「でへへ…実はね、アイドルやってみたいかも…って、昨日のライブ見て思っちゃったんだ」

静香「……!」

静香(まさか春香さんと話してたことが現実になるなんて…春日さんが、アイドル…)


静香の反応(セリフも可)
↓1

399 : 我が友   2018/11/28 10:39:48 ID:W8zMoBQCME

フリーズする

400 : プロデューサー殿   2018/11/28 18:12:32 ID:YyfXGYkwg6

静香「」

未来「静香ちゃん?」

静香「」

未来「静香ちゃんってばー」ヒラヒラ

静香「」

未来「……こちょ」

静香「ふはっ!?な、なにするのよバカッ!!」

未来「だって反応なかったからつい…」

静香「ついじゃないわよまったく…で何の話だっけ?」

未来「私がアイドルになりたいって話」

静香「ああそうだったわね。春日さん、あなた本当にアイドルに…」

未来「こちょ」

静香「ふはっ!?ってなんでまたくすぐるのよ!!」

未来「ごめんまた固まるかと思って…こういうの業界では天丼って言うんでしょ?」

静香「お笑い芸人かっ!いや、確かにお笑いを極めてるアイドルはいるけど私は違うわよ!」

未来「でへへ、ごめんごめん。静香ちゃんはカッコイイアイドルだもんね」

静香「…はぁ。それで、本気なの春日さん?本気でアイドルになりたいって思ってるわけ?」

未来「一応本気…かな?」

静香「…言っておくけど、アイドルの世界は甘くないわよ。部活やボランティアとはわけが違う、プロの世界なの。その意味が分かる?」

未来「アイドルの事色々調べたって言ったでしょ?楽しいだけの世界じゃないってのは、わかってるつもりだよ」

静香「…こう言っちゃ失礼だけど、意外ね。春日さんはその、後先考えないタイプに見えるからてっきり直感で決めたものだと」

401 : Pさぁん   2018/11/28 19:23:31 ID:YyfXGYkwg6

未来「でへへ、実際そうかも。でも…静香ちゃんですら落ち込むくらいだし、私なんかに出来るのかなってちょっと考えちゃって」

静香「それは…私を買いかぶりすぎよ。春日さんに偉そうなこと言ってるけど、私なんて完璧には程遠い、まだまだ未熟なアイドルでしかないわ」

未来「そんなことない!だって私、あんなに楽しいライブ初めてで、夢中になって声上げて、サイなんとかもブンブン振って…アイドル凄いなぁって感動しちゃったもん!」

静香「春日さん…」

未来「そう思わせてくれて、私もあそこに立ちたいって…静香ちゃんのおかげだよ?だから、静香ちゃんは私にとって、最高のアイドルなの!」

静香「私が…最高…」


静香(…きっと、春日さんは初めてだったから。あんな未熟なライブでも、周りの雰囲気に呑まれて、そう思えただけ…)

静香(だけど…あぁ。そんなまっすぐな目、向けられたら……否定する方がきっとどうかしてる)


未来「でへへ…私も静香ちゃんみたいに皆を楽しませたいなぁ。考えただけでワクワクしちゃう♪」

静香「…いいんじゃない?」

未来「え?」

静香「アイドル、やってみたいんでしょ?きっと、向いてると思うから」

未来「ほ、ほんとに!?それっていわゆるお墨付きってやつ!?」

静香「そ、そんな大げさなものじゃないわよっ。ただ、そう思っただけで…」

未来「やったー!じゃあじゃあ、早速だけどどうすればアイドル始められるの?」

静香「えっと、まずは…」

↓1

402 : ダーリン   2018/11/29 01:06:56 ID:.w9IlMl9MY

プロデューサーにTEL

403 : ご主人様   2018/11/29 13:28:31 ID:K131JyybsI

今回のコミュでネガティヴになってる人がいたけどこういうセリフを言ってる以上今後みらしずになんの展開も無いなんて心配は要らなさそうだね

404 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/29 14:03:35 ID:tfhAqFtWpM

みらしずはもはや前提として存在するのだからこれぐらいのセリフがあるだけでも充分に妄想を広げられる

405 : ご主人様   2018/11/29 14:24:07 ID:CRuAtuL1As

>>403
泣いた
ありがとう…
あと青枠…

406 : あなた様   2018/11/29 16:53:53 ID:1XIF/CVH1c

>>404
まあかといって公式にみらしずはもうこの程度でええやろと思われても困るけどね。今回のもリップサービスみたいなもんだろうし

407 : ハニー   2018/11/30 00:44:58 ID:FelNjRYJWw

>>402から

未来「やっぱあれかな、自己アピールとか!」

静香「色々すっ飛ばしすぎ。まずは募集要項をよく読んで…」

静香(そういえばウチの事務所、今アイドル募集してるのかしら…?)

未来「募集要項?ネットで調べれば出てくるかな」

静香「ちょっと待ってて。ウチのプロデューサーに確認してみるから」ポチポチ

未来「おープロデューサーだって。業界人っぽい!」

静香「茶化さないの。……あ、もしもしプロデューサー。ちょっと相談があるんですけど、いいですか?」

P『ああいいよ、なにか問題でも?』

静香「いえ、実は…アイドルになりたいという子がいまして」

未来「はいはーい!私です!春日未来14歳!血液型は…」

静香「ちょっと静かにしなさいっ!」

P『ははっ、なんだか活発そうな子みたいだね』

静香「そ、それでですね。ウチの事務所、アイドルの募集はまだ…?」

P『特に打ち切ってはいないけど…うーん』

静香「…なにか問題でも?」

P『静香もわかってるだろうけど、ウチはすでに大所帯だ。おまけに自前の劇場まで建てたおかげで経営はカツカツ。社長がよく嘆いているよ、はは』

静香「笑ってる場合じゃないと思いますけど」

P『その通り。つまりは、だ。正直これ以上人を増やす余裕はあまりない。……見込みのある子以外はね』

静香「…!」

P『まあ静香が推薦するくらいだ、きっと何かを持ってるんだろう。…わかった。じゃあこっちで面談の場は設けておくから、必要書類だけ忘れないよう言っておいてくれ』

静香「そうですか…わざわざありがとうございます」

P『いいさ。それじゃ』

408 : プロデューサー   2018/11/30 01:13:13 ID:FelNjRYJWw

未来「プロデューサーさん、なんだって?」

静香「面談してくれるそうよ、良かったわね」

未来「ホントに!?じゃあさっそく行ってこなきゃ!」

静香「待ちなさいっ!今すぐな訳ないでしょ、もう…まずは必要書類。履歴書に顔写真、それと親の同意書と…」

未来「わわ、待って待って。メモするから…!」

静香「…はぁ。あとでリスト送ってあげるから、連絡先教えて」

未来「ありがとう静香ちゃん!じゃあ……うん、交換完了っと。でへへ~」

静香「言っておくけど、あくまで面談だからね。真面目に受けないと不採用の可能性もあるんだから、喜んでばかりは…」

未来「わかってるって。それより今は静香ちゃんと連絡先交換出来たのが嬉しくって♪」

静香「え…そ、そう…別に喜ぶほどのことじゃ」

未来「夜眠れない時とかにかけて良い?」

静香「用がある時に掛けなさいよ」

未来「えー用が無くてもかけようよ。友達なんだから」

静香「友達…?」

未来「うん♪友達で、同じアイドル。これからよろしくね、静香ちゃん!」

静香「だから気が早いって……でも、そうね。よろしく、未来」

次のシーン

1、今日の放課後
2、時間飛んで未来の面談日
3、その他(自由安価)

↓1

409 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/30 07:16:01 ID:rhEhiCuUFk

これは1だな

410 : Pしゃん   2018/12/01 00:58:26 ID:78qENE9c32

放課後

静香「さてと…日直の仕事も終わったし、帰ろうかな」

静香「本当なら劇場なりでレッスンしたいけど、ライブ明けは休養が鉄則だし。仕方ないか」

静香「……でもちょっとだけ。屋上空いてるわよね?」スタスタ…

~~

静香「そういえば屋上だっけ、未来と出会ったの。なんか、あの子と会ってから妙に騒がしい日が続いたな。と言っても二日三日ほどしか経ってないけど」スタスタ

静香「でもまさか、本当にアイドル目指しちゃうなんてね。私が10年間悩んだ道…多少の迷いはあったみたいだけど、あんな短時間で…」

静香「やっぱりあの子は……ううん。私だって負けないわ、もっと頑張らなきゃっ」タンタン

静香「それにしてもお昼に送ったリスト、ちゃんと用意できるかしら?どうも抜けてる所があるのよね未来って…買い物するならついて行けばよかったかし…」ガチャ


未来「ふんふ~ん♪」バサァ

静香「」ブフォ


未来「…あれ?静香ちゃんだ!今日はもう帰るんじゃなかったっけ?」

静香「それはこっちのセリフよ!なんでまた洗濯なんてしてるの!?」

未来「だってこれが私の役割だし…見て見てっ、今日はこーんなに洗濯したんだよ!ソフ部とテニス部と陸上部、あとこの白衣は生物部!まとめてやると大変だね~」

静香「ええ大変でしょうね、私が送ったリスト放って部活に精を出すなんて!」

未来「べ、べつにほっぽったわけじゃないよ~。ちゃんと部活終わった後に買いに行くってば」

411 : プロちゃん   2018/12/01 00:59:15 ID:78qENE9c32

静香「…というか未来。ひょっとしてアイドル活動始めても部活続ける気?」

未来「ううん。アイドル目指すからには全部辞めるつもりだよ。だから、これが最後の部活ってことになるかな?先生にはもう言ってあるし」

静香「これが最後…?やっぱりどう見ても雑用係にしか見えないけど、わざわざやる必要あった?」

未来「洗濯だって立派な部活動ですー。汚れたものを頑張って綺麗にするとね、気分がぱーってなるんだよ。私も、普段使ってる皆も♪」

静香(その普段に自分は含まれてないのね…)

未来「辞めるからにはほら、最後に恩返し的な意味も込めてみーんなまとめて洗ってあげたんだ。これで悔いなく部活を去ることが出来そうだよ」フフン

静香「そ、そう…それが未来なりのケジメってやつね」

未来「あ、でも部員の皆にはまだ挨拶してなかったっけ。特にソフ部の先輩は優しかったし、終わったら…」

ガチャ

ソフ部先輩「春日さん、ちょっといい?」

未来「あ、噂をすれば!」

先輩「…あなた、部活やめるんですって?随分急じゃない」

未来「でへへ…実はそうなんです。他にやりたいことができまして」

先輩「…アイドル、だっけ?ふーん…」

静香(……何かしら?ひょっとして急な退部が先輩の癇にさわったとか…もめ事は避けたいところだけど…未来…っ)

ソフ部先輩の反応(セリフも可)
↓1

412 : 兄ちゃん   2018/12/01 19:20:13 ID:78qENE9c32

安価こなさそうなので進めます

先輩「…残念ね。でもある意味、これで良かったのかも。春日さんがいくつも部活掛け持ちしてるのは傍目に見てちょっと心配だったし」

静香(私と同じ事を…)

先輩「やっとやりたいこと一つに絞れたみたいね。頑張んなさいよ」

未来「はい!先輩、いままでお世話になりました!最後のお洗濯もバッチリ綺麗にしちゃいますからね♪」

先輩「本当なら1年の仕事なのよ?春日さんならその気になればスタメンだって…まあ、今更か。……そこのあなた」

静香「私ですか?」

先輩「大変だろうけど、春日さんのこと、よろしくね」

静香「は、はあ…」

先輩「じゃあね、たまには遊びに来てもいいのよ」スタスタ…

未来「よろしくされちゃったね」

静香「他人事みたいに言うな。…はぁ、何事もなくてよかった」

未来「先輩はやっぱり優しいな。たまに時間が空いた時なんかね、キャッチボールとかバッティング錬に付き合ってくれてたんだ。雑用ばかりじゃ退屈でしょって」

静香「良い先輩ね。目をかけてくれてたってことは、それなり戦力として期待されてたんじゃない?」

未来「そうなのかなぁ…だとしたら、申し訳ないことしちゃったのかも」

静香「なら部活続ける?」

未来「ううん。もう決めたから、アイドル頑張るって」

静香「そ。……カゴ、半分貸して」

未来「干すの手伝ってくれるの?」

静香「早く終わらせて必要な物揃えに行きましょ」

未来「買い物付き合ってくれるってこと?わぁい、ありがとう静香ちゃん!」

静香「…よろしくされちゃったし、ね」

次のシーン

1、普通に洗濯終わらせて買い物
2、突然の突風!洗濯物が…
3、そういえばと屋上で自主練
4、その他(自由安価)

413 : 我が友   2018/12/01 20:49:05 ID:MMj8//s96U

突然の突風が吹いて顔面に洗濯物が直撃

414 : あなた様   2018/12/01 23:29:55 ID:78qENE9c32

静香「…ふぅ。あらかた干し終えたわね」

未来「あとはこのおっきなタオルだけだよ。静香ちゃんそっち持って」

静香「ええ。それにしても大きいわね、どこの部活のもの?」

未来「あーそれは陸上部かな。体冷やさないように大きめのタオルとかジャンパーとかあって、意外と洗うの大変なんだ」

静香「なるほどね。それじゃあ干すわよ、せーの…」

ブワァ

未来「わぶっ!?」

静香「きゃっ、凄い風…って未来の顔にタオルが!?」

未来「も、もがもが…!?」

静香「ぷふっ……ちょっと大丈夫?取ってあげるから大人しくしてなさい」

未来「…ぷぁっ。あーびっくりしたぁ、凄い風が吹いたと思ったらいきなり目の前が真っ暗になるんだもん」

静香「あっちの洗濯物が飛ばされたみたい。なんにしてもタオル一枚で済んでよかったわね」

未来「…静香ちゃん半笑い」

静香「え、な、なんのことかしら?」

未来「ちゃんと聞こえてたよ、ぷふ…って。人が大変な目にあってるっていうのに笑うなんてーっ」

静香「や、別にそんなつもりは…」

ビュオ

静香「へぶっ!?」

未来「あ、静香ちゃんの顔にTシャツが」

静香「も、もがもが…!?」

未来「…あはははっ!静香ちゃん慌てすぎ~」

静香「っもう!そっちだって人の事言えないじゃない!というか洗濯ばさみちゃんと付けた?」

未来「ちゃんと付けたはずだよ。でもこの風じゃあ…あぁ!?」

静香「今度はなに…って大変!?他にも飛ばされた洗濯物が…!」

未来「い、急いで回収!」

静香「はぁ、終わるのはまだ先になりそうね…」

415 : プロデューサーはん   2018/12/01 23:48:23 ID:78qENE9c32

~~

未来「よ、ようやく終わったけど…もう暗くなりそうだね」

静香「ええ…どうするの?買い物」

未来「行く行く!ぜーったい今日集めておきたいから!」

静香「そんな急がなくてもいいんだけど…じゃあ、サクサク買って帰りましょ。案内はまかせて」

未来「むぅ…本当なら早めに終わって買い物すませて、静香ちゃんと遊びたかったんだけどなぁ」

静香「それはまた今度ね。とりあえず教室行きましょ、荷物取ってこなきゃ」

~~

廊下

静香「この時間まで学校に残るのは久々ね。もうあまり生徒も残ってないみたい」

未来「残ってる人はほとんど部活行ってるからねー。それにしても…薄暗い廊下って怖くない?」

静香「別に?この程度の薄暗さは慣れてるから。例えばステージ裏で待機してる時なんかはスタッフにペンライトで進路を照らしてもらわないと…」

未来「なんか口数多くない?」

静香「き、気のせいよっ!ほらさっさと荷物取って帰るわよ」

未来「はーい。ねね、ところでステージの裏ってさ…」

1、何事も無く買い物へ
2、その時廊下の影からすーっと…
3、空き教室でカップルが…
4、その他(自由安価)

↓1

416 : プロデューサーはん   2018/12/02 02:30:41 ID:P/1naeoRFE

空き教室から歌声…?
気になるけど今日は先を急ぐことにする

417 : Pちゃま   2018/12/02 03:29:42 ID:pKlWWEm5Io

~♪

未来の教室前

未来「おまたせー」

静香「カバン取ってくるだけで時間かけすぎ」

未来「でへへ、今日はプリントがごっちゃりでさ。さ、早くお買い物~…」

~♪

静香「…?」

未来「どうかした静香ちゃん?」

静香「どこかから歌が聞こえるわ…」

未来「うた?……あ、ホントだ。誰か歌ってるのかな?あっちの方から聞こえてくる…」

静香「合唱部の練習?でも音楽室は反対だし…自主練かしらね?」

未来「何の歌かわかんないけど、けっこう上手かも…」スタスタ…

静香「あ、ちょっと未来っ。わざわざ見に行かなくていいでしょ、練習の邪魔になるわ」

未来「えーでも気にならない?ほら、あそこの教室で歌ってるみたいだよ。きっと静香ちゃんみたいに練習熱心な合唱部員さんなんだね」

静香「かもね。でも聞く限り一人みたいだし、そっとしておきましょ。練習してる姿を見られたくないのかもしれないわ」

未来「それって静香ちゃんみたいに?」

静香「な、なんで私が出てくるのよ」

未来「だっていつも屋上とか、誰もいないところで自主練してるでしょ?初めて会った時だってなんか恥ずかしそうにしてたし」

静香「ぐ…私のことはいいからっ。ほらさっさと帰るわよ」グイグイ

未来「わ、わかったから引っ張らないで~」ズルズル

静香(…あの教室って確か空き教室よね。鍵かかってたはずだけど、先生に許可でも貰ったのかしら?)

静香(今度自主練用に、私も申請してみようかな)

418 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/02 04:13:02 ID:pKlWWEm5Io

街中

未来「ふぅ~。写真屋さん、まだ開いててよかったぁ」

静香「写真OK、履歴書も買ったし、その他諸々も大丈夫そうね。後は事務所に採用されてからでも遅くはないわ」

未来「レッスン用のジャージとかシューズとか、早く選びたいなぁ」

静香「ジャージなら一応事務所が手配してくれるはずよ。まあ大いに越したことはないから買っといて損はないわね」

未来「おぉ~至れり尽くせり」

静香「一応言っておくけど、ジャージもシューズもちゃんと機能性を考えて選びなさいよ。デザインだけで判断しないで」

未来「でも可愛い方がやる気も出るってものでしょ?」

静香「そんなこと言っていられるのも今の内。可愛さより動きやすさ、よ」

未来「ふーん。やっぱレッスンって大変なんだ」

静香「当たり前でしょ、プロのアイドル目指してるんだから。未来もこれから身に染みて実感することになるわ」

未来「そっかぁ…よーしがんばるぞー!」

静香「…ふふっ」

未来「とりあえず帰ったら履歴書書いて写真貼って、あ、親に許可も取らなきゃいけないよね」

静香「そうね。今更だけど、両親は許してくれそうなの?」

未来「大丈夫だと思うよ。昔から割と自由というか、はいはいって感じで許してくれて。なんというか、放置?放任?的な」

静香「言い方はアレだけど…それって親が未来を信じてるからこそじゃない?」

未来「そうなのかなぁ。でもアイドルやりたい、なんて流石になんか言われるかも……静香ちゃんは親になんか言われたりした?」

静香「え……?」

1、適当にごまかす
2、全て話してみる
3、未来には関係ないと突っぱねる
4、その他(自由安価)

419 : プロちゃん   2018/12/02 04:16:40 ID:pKlWWEm5Io

ごめんなさい↓1です。

あと選択肢や安価次第でのイベントフラグ的な物は一応考えてあります。

420 : ダーリン   2018/12/02 13:50:39 ID:P4TPUEsUos

2

421 : 420   2018/12/02 13:52:31 ID:P4TPUEsUos

追記、誤魔化そうとするけど見抜かれて白状する感じで

422 : おやぶん   2018/12/02 19:51:44 ID:pKlWWEm5Io

静香「そう、ね……まあ、色々あったけど最終的には許可、してくれたわ」

未来「色々?」

静香「色々は色々。理解を示さない親もいるってだけ。わかるでしょ?」

未来「うん…わかるよ。アイドルのこと色々調べたし、そういう話もあるのは」

静香「まあそんな私でも、今こうしてアイドルやれてるわけだから、未来の方もきっと心配いらないわ」

未来「そうかな?」

静香「そうよ」

未来「そっか。……ねえ、静香ちゃん」

静香「なに?」

未来「嬉しくないの?」

静香「…はい?」

未来「なんか、変だよ」

静香「変って、なにが?」

未来「なんか…上手く言えないけど…違うよ」

静香「…だから、なに?」

未来「だって、色々あったけどアイドル認めてもらえたんでしょ?それって静香ちゃんにとって絶対嬉しいことのはずなのに…」

静香「嬉しいわよ、アイドルになるのは私の夢なんだから」

未来「じゃあなんで、あの時みたいにキラキラしてないの…?」

静香「あの時…?」

未来「ボランティアで、お花一緒に植えた…あの時、言ってくれたよね?アイドルになるのが夢だって。…土いじりながら、恥ずかしそうだったけど…すっごく輝いて見えたんだ」

静香「……」

未来「ステージでだってそう。自主練してた時だって、キラキラで、楽しそうで…アイドル、本当に大好きなんだなって、思って…なのに」

静香「…やめて」

423 : プロデューサーはん   2018/12/02 19:52:21 ID:pKlWWEm5Io

未来「どうして?なんか…かなしそうだよ…?」

静香「…そんなわけないじゃない。未来の気のせいよ」

未来「じゃあこっち向いてよ」

静香「私の顔見て何がわかるの」

未来「わかるよ、多分だけど絶対」

静香「意味わかんないこと言わないで」

未来「ごめんね、私バカだから…でも、友達だから」

静香「ほんの少し前に会ったばかりのね」

未来「関係ないよ、長さなんて」

静香「……未来には、関係ないこと、なのよ」

未来「関係無くても、ほっとけないよ」

静香「…友達、だから?」

未来「…静香ちゃん、だから」

静香「…」

未来「…」

静香「……アイドルは、受験まで」

未来「…え?」

静香「お父さんに、そう言われたわ。受験が始まるまでは、好きに遊べばいいって…だから、私がアイドルでいられるのは、あと一年とちょっとだけ」

未来「そんな…折角アイドルになれたのに…」

静香「仕方ないのよ。そういう条件だから…だから、私はなんとしてもそれまでに、トップアイドルになるの」

未来「トップアイドル…」

静香「…わかった?そういうことだから。…悲しそうに見えたのは、それは、まだまだ未熟で、トップに遠く及ばない…自分への情けなさ。ただ、それだけ」

未来「…」

静香「…もう、帰らなきゃ。未来、ちゃんとアイドルになってよね。……ばいばい」

1、引き止める
2、引き止めない
3、その他(自由安価)

424 : おにいちゃん   2018/12/02 19:54:11 ID:pKlWWEm5Io

ごめん↓1

425 : Pしゃん   2018/12/03 13:21:54 ID:8P06AofY76

難しいな…
でも未来ちゃんなら引き止めるんだろうな

ということで1

426 : 我が友   2018/12/03 16:20:26 ID:yq.D2Pd9xw

自由安価って極端な話ここでいきなり核ミサイルが降ってきた!とか出してもいいの?

427 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/03 16:24:57 ID:46kUt0Mn9E

>>426
それでみらしずにいいならいいんじゃないの?

428 : 仕掛け人さま   2018/12/04 02:35:43 ID:SvoWYDo15k

いいよ。ものによってはその通り捌くとは限らないけど。


ギュッ…

静香「……未来?」

未来「…」

静香「未来、手…離してくれないと」

未来「…」

静香「未来ってば」

未来「…もうちょっとだけ、いよ?」

静香「……」

未来「……」

静香「…あの公園、行きましょうか」

~~

近所の公園

静香「…私ね、本当に言いたくなかったのよ」

未来「…」

静香「未来はきっとこんな顔するんだろうな…って思うと。実際、その通りね」

未来「…私、どんな顔してる?」

静香「多分…さっきの私と、同じ顔」

未来「じゃあ、ほっとけないよね。静香ちゃん、優しいもん」

静香「あなたもよ」

未来「そうかな?」

静香「そう。優しくて、お人好しで、ちょっと抜けてるけど…純粋で」

未来「褒めすぎじゃないかな?」

静香「かもね」

未来「ひどい」

静香「ごめん」

未来「…」

静香「…ごめんね、未来」

未来「なんで謝るの?…静香ちゃんは何にも悪くないよ」

静香「そう、だけど…」

未来「あ!あの木のゴザ、めくれかけてる。あんなに頑張って巻き付けたのに…」

静香「あぁ、こないだボランティアで巻いた…」

未来「静香ちゃん、直しに行こうよ!」タタッ

静香「あ、ちょっと未来!勝手に直していいの?…もうっ」タタッ

429 : ダーリン   2018/12/04 03:56:46 ID:SvoWYDo15k

~~

未来「ふぅ、軍手無いからちょっと痛かったけど、これでよし!」

静香「で、私はやっぱり巻き付け係なのね」

未来「でへへ~、手の長さがちょうどいいから。でもその内この木も大きくなって、届かなくなっちゃうかもね」

静香「大分先だと思うけど。未来、ボランティアはもう…」

未来「うん、しばらくはやらないつもり。アイドルに集中!だからね♪」

静香「…そう」

未来「でもたまーには良いかも。その時は一緒に参加してくれる?」

静香「時間が合えばね」

未来「ボランティアはいいよ~。色んなこと経験できるし、身体動かすの楽しいし、感謝されると嬉しくなっちゃう。頑張れば頑張るほど気持ちよくなれるって感じ」

静香「そ、そう…この年で変わってるわねやっぱり」

未来「あ、これってもしかして静香ちゃんより社会ケーケン豊富ってことになるのかな?でへへ~私っておっとな~♪」

静香「そ、そうかしら?私だって一応…アイドル活動って社会経験に入るのかな…?」

未来「わかんないけど、静香ちゃんならきっと大きな会場で何万人も集めてライブするはずだから、お金的な意味ではそりゃもうすごい社会になるのでは…?」

静香「やらしい話をするな!…でも、そうね。それが私の目標でもあるの」

未来「え、おか…」

静香「お金じゃなく。…いつか武道館のステージに立って、会場いっぱいのお客さんを前に歌うのが、私の夢。私の思い描く、トップアイドルよ」

未来「……」

静香「…ち、ちょっと。何か言ってよ。…こんなこと友達に言うの、初めてなんだか…」

未来「なれるよ」

静香「未来…?」

430 : ぷろでゅーさー   2018/12/04 04:06:45 ID:SvoWYDo15k

未来「今ね、見えちゃった。静香ちゃんがステージにいて、綺麗目のドレス衣装なんか着て、スポットライトに照らされると、バレッタとかイヤリングとか、色んなものがキラキラ反射してね、とにかくすごいオーラを感じるっていうか」

静香「そ、そんな妄想しすぎじゃ…ふみゅ」

未来「でね、こーんな笑顔をお客さんに振りまいて歌ったり踊ったりするの!も~すっごくすっごーく楽しそう♪」

静香「ひょ、ひょっとみらひ……っ」

未来「えへへ、私も楽しみだなぁ。…だからね、きっと大丈夫。静香ちゃんならなれるよ。絶対」

静香「……もう、人の事より自分の事考えなさいよね。あなたも立つのよ。いずれ…大きなステージに」

未来「なれそう?」

静香「そうね、未来はきっとすごいアイドルに……なんて言うほど、私は甘くないわよ」

未来「だよね、まだなーんにもしてないし。あははっ」

静香「…さて、もう帰りましょ。もうすっかり日も落ちきったわ」

未来「じゃあバス停まで競争!」ダッ

静香「あ、ずるいわよ!ちょっとみらいー…!」ダダッ

431 : プロデューサーちゃん   2018/12/04 04:07:47 ID:SvoWYDo15k

未来(……うん、もう大丈夫。空元気も元気の内ってね)

未来(静香ちゃんもきっと…うーん、もしかしたら、気付いて乗ってくれただけかも、だけど)

未来(いいんだ。明日になったら、何事も無く、いつも通りのはずだから)

未来(……本当は、本当はね。色々、言いたかったよ。なんで、どうして…苦しい、悲しい、そういう、ごちゃごちゃした感情)

未来(でも、わかってる。世の中、どうしようもない事があるってことくらい。子供の私達にできることなんて、たかがしれてるって、ことくらい)

未来(あはは…ボランティアのおかげかも?…子供なりに社会を経験して、ちょっとはオトナになっちゃったのかな)

未来(…今はただ、前に進むだけ。そして出来れば…静香ちゃんのこと、もっともっと知りたい。…時間は限られてるけれど、だからこそ)

未来(もしかしたら、その先に…)

次のシーン

1、面談、からの劇場案内
2、いっしょにとれーにんぐ
3、空き教室の歌声
4、その他(自由安価)

432 : 彦デューサー   2018/12/04 13:36:53 ID:TjCnRfwwPU

3で
安価とってるの自分含めて3人位な気がするけど平気?

433 : ハニー   2018/12/05 00:10:01 ID:xRub0EpoFg

むしろ2人以上いたことにびっくりした。3でいきます。


職員室

静香「失礼します。…あの、先生。少しよろしいでしょうか」

先生「最上か、どうした?」

静香「クラス棟の2階にある空き教室なのですが、使わせてもらってもよろしいでしょうか」

先生「空き教室…あぁ、あの教室か。どうして?」

静香「いえ、その、個人的な練習がしたくて…他の部の方も自主練に使っているみたいですし」

先生「ん、そうだったかな…?しかし最上は部活に所属してるわけではないだろう」

静香「部活ではなく、その…」

先生「…まあ、いいだろう。最上ならおかしなことをする心配も無さそうだしな。これがカギだ」

静香「あ、ありがとうございます。…おかしなこととは?」

先生「空き教室は生徒に悪用されやすい、ということだ。だからおいそれと許可はできないのさ。それに…」

未来「失礼しまーす。ねえ静香ちゃんまだぁ?」

静香「ま、待っててって言ったでしょっ。鍵ならもう貰ったから…あの、終わったら返却は…」

先生「私がいなかったらそこの鍵棚に掛けて、ここに記入だ」

静香「わかりました。ありがとうございます。失礼します…ほら行くわよ」

未来「先生ありがとうございました!失礼しまーす」ピシャ

先生「ふむ…春日もいるということは、アイドル関係か。ウチの学校に二人も芸能人がいるとは、いやはや…」

先生「…それにしても、あそこは文化祭や体育祭の準備でしか開けていないと思っていたがなぁ」

434 : おにいちゃん   2018/12/05 00:57:27 ID:xRub0EpoFg

~~

未来「良かったね、ちゃんと許可貰えて。でも本当ならちゃんと劇場でレッスン受けたかったな~」

静香「仕方ないわよ、毎日レッスンがあるわけじゃないもの」

未来「早くいろんなこと覚えたくてうずうずしちゃう~っ」

静香「ふふ、気合十分ね。…未来、アイドルとしての一歩を踏み出した、今のお気持ちは?」

未来「え?えっと…とってもワクワクしてます!…っていきなりなに~?」

静香「ちょっと聞いてみたかっただけよ。…良かったわね、ちゃんとアイドルになれて」

未来「いや~それほどでも…でへ」

静香「けど、これはスタートラインに過ぎないのよ?いつまでも浮かれてちゃダメだからね」

未来「わかってるって。夢はもっともーっと先、そのためにも1に練習2に練習ってことで!」

静香「その通り…着いたわ、鍵開けるからちょっと待ってて」ガチャガチャ

未来「んー……中には誰もいなさそうだよ」

静香「当たり前でしょ、鍵貰ったんだから…よし」カチャン

未来「あの歌上手い合唱部員ちゃん、いたら歌のコツでも教えてもらおうと思ったのになぁ」

静香「私に聞けばいいじゃない。多少先輩だし、アドバイスくらいはしてあげられるわ」

未来「えー静香ちゃんが?…うーん」

静香「なんか文句あるわけ?」

未来「だって静香ちゃん上手すぎるもん。素人の私じゃ参考にならなそう…」

静香「え?な、何言ってるのよ…もう、バカねっ」ガララ

未来「あ、待って待って~」

空き教室に入ると…

1、妙にひんやりとした空気が…
2、妙にムズムズする…
3、妙な気配が…
4、その他(自由安価)

↓1

435 : 420   2018/12/05 13:46:17 ID:58wjCCABFw

1
何かホラーっぽい?

436 : Pしゃん   2018/12/05 18:58:25 ID:xRub0EpoFg

安価次第でホラーにもなります

未来「おー…机も椅子も何にもないと広く感じるね」

静香「入学者数の関係で閉鎖された教室らしいから、広さ的には普段私達が使ってる教室と変わらないのよね」

未来「ふーん、少子化ってやつかな……それにしても、妙にひんやりしてない?」

静香「そうね…人がいないからかしら?」

未来「…あ、静香ちゃんあれ。あそこの窓開いてない?」

静香「え…ほんとだわ。どうりでひんやりしてると思ったら」

未来「合唱部員ちゃんの閉め忘れかな?」

静香「そうとは限らないでしょうけど、戸締りくらいはちゃんと確認して欲しいものね。物騒なんだから」

未来「ど、泥棒とか入ってきてないよね…?私のカバン狙われたらどうしよう~、まだ開けてないお菓子とか盗られちゃうかも…」

静香「そんなせこい泥棒いないでしょ…とはいえ2階だし、仮に入れたとしても扉には鍵。心配はいらないわ」

未来「だよねぇ。はー、さっさと閉めちゃおっと」ピシャ

ポツポツ…

未来「…あ、やっぱり降ってきた。屋上使わなくて正解だったね」

静香「ええ。ただでさえ今日は気温が低いし、体調管理の面を考えるとやっぱり室内が一番ね」

未来「プロデューサーさんも言ってたっけ、プロは自己管理もしっかりすべし!って」

静香「たまにはいい事言うのね、あのプロデューサーも。未来に自己管理なんて難しいことできるのかしら?」

未来「バカにしてーっ。そういう静香ちゃんこそ練習しすぎで本番直前に倒れたりしそうだけど」

静香「私がそんなバカな真似するわけないでしょ。さあ、練習練習っ」


自主練を始めた2人…

1、つつがなく終了
2、一旦休憩をはさんで談笑
3、…窓が開いている
4、その他(自由安価)

↓1

437 : そなた   2018/12/06 05:47:25 ID:ScEIbj/G3.

2で

438 : 我が友   2018/12/06 10:53:31 ID:OG8afBHrJk

静香「トントン、引いて…ターンッ」

未来「とんとん…し、しんど…ダンスってこんなに大変なんだ」

静香「しかも歌いながらだしね。でも一応最後までついてこれたのはすごいわ」

未来「部活やってたから…体力には自信、あるし…はぁはぁ、でももうダメ~」

静香「一旦休憩ね、ちゃんと汗拭いときなさいよ」

未来「ふぁーい…」ノロノロ

静香「…」

未来「えっと…タオルタオル…」ゴソゴソ

静香「……」

未来「…あ、教室に忘れたっぽい」

静香「」イラッ

未来「仕方ない取りに…わぷっ」

静香「風邪引くでしょうが!まったく世話が焼けるわね」ワシャワシャ

未来「ふわわ…あ、ありがと静香ちゃん。でもタオル…」

静香「私のは替えがあるから。練習ばかりに気を取られてないで、準備も怠らないように」

未来「でへへ、気を付けまーす…それにしてもアイドルってすごいんだね。こんな大変なこと、何でもないようにこなせちゃうんだから」

静香「何でもないように見えるのは、それだけ裏で努力をしてるからよ。最初から何でもできる人なんて…まぁ、例外もあるけど」

未来「例外?努力しなくてもできちゃう人もいるってこと?」

静香「努力は大事よ、何事においてもね。ただ、少なくとも一日中練習してやっと覚えたダンスを、一回見ただけで覚えたりとか…」

未来「すっごーいっ。それってあれかな、いわゆる天才ってやつ?」

静香「天才ね…あとはやる気さえ備わってくれたら、その通りなんだろうけど」

未来「?」

439 : ぷろでゅーさー   2018/12/06 10:53:46 ID:OG8afBHrJk

静香「なんにしても、日々の練習が大事なのは確かよ。何度も何度も繰り返して、身体に覚えさせるの。最低限それくらいしなきゃ、ステージに上がった時後悔することになるわ」

未来「…ステージの上ってさ、どんな感じ?」

静香「そうね、一言で言うなら…怖い所」

未来「…」

静香「想像できる?観客の視線や熱気、いくつものライトが全て自分に向けられて…ステージがイヤに広く感じるくらい、そこは孤独」

静香「いくら練習で出来てても、そこに立つとまるで違う…自分の身体が思うように動かない。熱さとプレッシャーで押し潰されそうな……って、怖がらせるつもりじゃないけど、まあつまり、そういう特別な場所ね」

未来「…でも、輝いてた」

静香「え?」

未来「ステージの静香ちゃん」

静香「あ、あんなのまだ…全然未熟で、しかも失敗してたから…」

未来「あんなにカッコいい静香ちゃんでも、怖いとか感じてたんだ」

静香「そりゃあ、ね。でも、もちろん怖いだけがステージじゃないから」

静香「むしろその先…恐怖を乗り越えて、自分に注がれる全てを味方につけた時こそ、アイドルが最高に輝く瞬間なのよ」

未来「へぇ…そんなステージに立ってみたいなぁ」

静香「そうね。そのためにも…」

未来「練習あるのみ!だよね」

静香「そういうこと。…さてと、そろそろ再開しましょうか」

未来「あ、その前に飲み物買ってきていい?」

静香「じゃあ私も行こうかな…」

1、誰か入ってくる
2、歌声が聞こえる
3、ドアが開かない
4、その他(自由安価)

440 : 兄ちゃん   2018/12/06 11:15:54 ID:OG8afBHrJk

ごめん↓1

441 : 箱デューサー   2018/12/06 12:09:49 ID:y3x3m20A3I

3からの落雷で停電

442 : おやぶん   2018/12/07 01:05:48 ID:mwKPQ8gnZM

ガタガタ

未来「…あれ?」

静香「なにしてるの?早く出てよ」

未来「いや、なんか開かなくて…静香ちゃんカギ掛けた?」

静香「掛けられるわけないでしょ。立てつけ悪くなってるんじゃない?」

未来「ん~っ!ふぎぎ……だ、だめみたい」

静香「ちょっとどいて。ふんっ……おかしいわね。びくともしないわ」

未来「じゃあ反対側から出よっか……え、うそ…」

静香「…もしかして、そっちも?」

未来「う、うん……どうしよう、静香ちゃん」

静香「見回りの人が間違えて掛けたのかしら…でもまだ完全下校時間じゃないし…」

未来「あ、でも大丈夫だよねっ。静香ちゃんカギ持ってるもん!」

静香「…残念だけど、内側から鍵は開けられないわ。見てみなさい」

未来「…鍵穴が無い……あれ、でもおかしくない?よく考えたら内側って別に鍵無くても簡単に開けられるはずじゃ…」

カッ!ゴロゴロゴロ…

未来「ひっ!?」

静香「か、雷ね…大分近かったみたいだけど」

未来「びっくりしたぁ…こんな近くに落ちるの、ホラー映画くらいでしか見たことないよぉ」

静香「い、イヤな事言わないでよ!ただでさえ閉じ込められてるんだから、なんか、そう連想しちゃうでしょっ!」

未来「し、静香ちゃん、案外怖がりなんだね。あ、さっき言ってたっけ、へ、へへ…」

静香「そ、そっちの方が大分怯えてるじゃない!大体ステージの恐怖とこれは全然ちが…」

ドーンッ!

未来「きゃあああっ!?」
静香「きゃあああっ!?」

443 : ごしゅPさま   2018/12/07 01:07:04 ID:mwKPQ8gnZM

バツン…

静香「…ぇ、な、なに…?て、停電…?」

未来「もうやだぁ!静香ちゃん助けてぇ!!」

静香「お、落ち着いて未来っ!た、ただの落雷による停電よ多分…それに夕方だからそんなには暗くなってないでしょ?」

静香(とはいっても、この曇天じゃ逆に不気味ね…)

未来「うぅ…でもどうするの?ドアは開かないし、停電だし…いっそ、椅子か何かでドア壊しちゃう?」

静香「ず、随分過激な事言うのね…心配しなくてもその内先生が気付いてくれるわよ。鍵持ってきてるわけだし」

未来「ほんと?」

静香「下校時間になってもカギが返されてないってわかると、まずここに来るはずだから、心配いらないわ。あと…1時間ってとこね」

未来「そっか…じゃあ大丈夫だよね」

静香「…ところで未来、いつまでくっついてる気?」

未来「あ…で、でへへ。私の方が怖がりだったみたい」

静香「…べ、別にまだ怖いっていうなら、くっついててもいいけど?」

未来「でも静香ちゃん練習したいだろうし、悪いよ」

静香「え、そ、そうだけど…いえ、それもそうね。こういう時にこそ時間を無駄にしては…」

ピカッ

未来「」ビクッ
静香「」ビクッ

未来「…や、やっぱり、くっついててもいい?」

静香「そ、そうね…こう薄暗いと逆に危ないし…と、トークでもしましょっ。トークスキルを磨く、これもアイドルに必要なことよ!」

未来「だ、大賛成っ!」

トーク内容
1、今度やるライブ企画について
2、好きな人の話題について
3、ドアのカギについて
4、その他(自由安価)

↓1

444 : Pチャン   2018/12/07 02:17:43 ID:YJuXzlICfQ

4 何気ない会話から、ついホラーなことを想像する

445 : プロデューサーちゃん   2018/12/07 04:19:00 ID:mwKPQ8gnZM

未来「…そういえば劇場の冷蔵庫って使っていいの?」

静香「構わないわよ。名前は書いておいた方がいいわね」

未来「あー誰が誰のかわかんなくなりそうだもんね、人いっぱいいるし」

静香「ま、書いてても食べられることがあるみたいだけど…未来も間違って人の物を食べたり飲んだりしちゃダメだからね」

未来「そんなことするわけないよ~あはは」

静香「どうだか…プロデューサーのお土産と間違えて私のアイス勝手に食べてそうな気が何故かするわね」

未来「イヤに具体的…あ、それより思い出した!カバンにお菓子あるんだった、一緒に食べよ?」ゴソゴソ

静香「タオルは忘れてお菓子は持ってきてるのね、呆れた」

未来「まあまあそう言わずに…くしゅ」

静香「未来、ひょっとして寒い?」

未来「えへへ、実は…なんかさっきより気温下がってない?」

静香「そうね…停電で暖房も止まってるせいかしら。とりあえず着れるものは着ておきましょう」

未来「教室から上着持ってくればよかったなぁ…はぁ、寒さに震えながら助けを待つなんて、まるで遭難者みたい」

静香「言い得て妙ね。たまたま持ってきたお菓子で空腹を紛らわすってのも、それっぽいかも」

未来「そういう時は大体欲張りな人が隠し持ってたり横取りしたりして、険悪になっちゃうんだよねー」

静香「あるある。どうしてああいう行動に走るのか理解できないわね。極限状態で和を乱すなんて余計自分の首を絞めるだけなのに」

未来「ほんとにね。私はぜーったい静香ちゃんを裏切ったりしないよ。お菓子は仲良く山分け、羽織ってるタオルも半分こ、これが一番!」

静香「もう…別に私達遭難してるわけじゃないのよ」

未来「それもそっか、もちょっとしたら先生来てくれるもんね。あはは」

静香「うふふ…」

未来「……くるよね?」

静香「くるわよ」

446 : バカP   2018/12/07 04:21:06 ID:mwKPQ8gnZM

未来「…」

静香「…」

未来「ねえ、なんかさ、静かすぎないかな…?」

静香「気のせいよ」

未来「だって、停電したっていうのに、外から慌てた様子も何も聞こえないし…」

静香「雨と雷のせいで聞こえないだけ」

未来「…もし、誰も来なかったら?」

静香「ありえない」

未来「…そうだよね。静香ちゃんが、そういうなら」ブルル

静香「ほら、もっとくっついていいのよ。寒いんでしょ」

未来「うん…」


静香(…未来の言う通り、ここには雨音と、時々響く雷音以外、外からは何も聞こえてこない)

静香(そのせいだと思う一方で、おかしい…と感じ始める自分がいた)

静香(生徒はまだまばらだったはずなのに…先生が復旧に走り回ってるはずじゃ…そもそも学校には発電機なりがあるのでは…嫌な想像ばかりが脳裏をよぎる)

静香(遭難なんて話、未来が出さなければ…などと責める気はないけど、薄暗い校舎の、がらんとした空き教室に閉じ込められれば…どうしたって不安が湧き上がってきて…)

未来「…さむい」

静香「…」ギュ

静香(未来もきっと、同じ気持ちなんだろうな…と思えば、どうにか耐えることができた。…もしひとりだったら、きっと私は…)

静香(…なにか、出来ることがあればいいんだけど)

1、会話しながらとにかく待つ
2、脱出手段を探す
3、電話をかける
4、その他(自由安価)

↓1

447 : ハニー   2018/12/07 07:11:32 ID:cHhZfKk68U

2
しかし出口はさっきロックされた1つだけ
停電なので電話も繋がらず詰んでる

448 : お兄ちゃん   2018/12/08 01:37:38 ID:ZhqsjVodNY

静香「…じっとしてても仕方ないわ」

未来「静香ちゃん…?」

静香「未来、もう一度開くかどうか試してみましょう。二人で力を合わせれば、案外簡単に開くのかも」

未来「…うんっ。動いてた方が身体もあったまるしね」

静香「いくわよ、せーのっ!」

未来「んん~!!」

静香「くっ…やっぱりダメみたい」

未来「反対側ももっかい試してみよっ」

静香「ふんっ!……び、びくともしないぃ…っ」

未来「だれかー!助けてくださーい!!閉じ込められてまーす!!!」バンバン

静香「私は窓から呼びかけてみるわ!……きゃぁっ」

未来「静香ちゃん大丈夫!?」

静香「ええ…でも開けてられないくらい雨が激しくて…」

未来「でも開いたんだよね?なら窓から出られるんじゃ…」

静香「ここは2階なのよ、落ちたら無事じゃ済まないわ」

未来「そ、そんなぁ…て、天井に出られる所とか無いかな?よくドラマなんかでは…」

静香「一応換気扇があるけど…どう見ても狭すぎるし、そもそも取り外せそうにないわね」

未来「うぅ…出られないならどうにかして助けを呼べないかな」

静香「助けを……あっ、そうよ携帯!電話で助けを呼べばいいじゃない!」

未来「あぁ!?なんで気付かなかったんだろ、えっとスマホスマホ…ない!?そうだ上着のポッケに入れたまま…私の教室だぁ…」

静香「大丈夫、私持ってるから。えっととりあえず学校に……え?」

449 : ハニー   2018/12/08 01:38:05 ID:ZhqsjVodNY

未来「静香ちゃん?ま、まさか充電切れ…?」

静香「ち、違うわ、繋がらないの。停電の影響かしら…他の番号!」ポチポチ

静香「……うそ、なんでどこも繋がらないの……」

未来「…もしかして、この辺一帯全部停電ってことなのかな…?だってほら…外が…」

静香(未来が指差した先は窓の向こう…さっきはよく見てなかったけど、外はもう曇天の向こうで落ちかけた日が、夜の闇を連れてくるころだった)

静香(本来ならとっくに見えててもおかしくない街の明かりが、どこにもない…それどころか、街そのもの、近くに植えてあった記念樹ですら、徐々に…)


未来「あ、あ…やだ、暗くなっちゃ…っ」

静香「未来っ、離れないで!」


静香(日が完全に落ちた瞬間辺りは闇に包まれ、携帯のバックライトだけが私と未来の存在をぼんやりと浮かび上がらせている)

静香(唯一変わらないものといえば、乱暴に降り注ぐ雨音と、相変わらず気まぐれに鳴り響く雷の音)

未来「静香ちゃん…どうなってるの…?」ギュ…

静香「私に聞かないでよ…」

1、とりあえずお菓子を食べて落ち着く
2、恐怖からつい口論に
3、どこかから気配を感じる
4、その他(自由安価)

↓1

450 : おやぶん   2018/12/08 06:00:39 ID:S5DAC/8DcM

3

451 : 我が下僕   2018/12/08 09:14:48 ID:ZhqsjVodNY

静香「…!?」

未来「な、なに静香ちゃん…?」

静香「…今、妙な気配が…」キョロキョロ

未来「えっ…だってここ、私達以外誰も…まさか、ゆうれ…」

静香「そ、そんなはずない!そんなの…でも、今確かに……誰か!そこにいるの!?」

未来「……ほ、ほら、やっぱり誰も」

…~…

未来「ひっ…!?」

静香「な、なに…なんなのよ……風……?」

…~…~~…

未来「ち、違うよ…聞こえるもん…なにか、囁くような…あ、あぅぅ…っ」

静香「…い、いい加減にしてよ!誰か知らないけどイタズラじゃただじゃおかないから…!」

未来「だ、だめだよ…に、逃げないと…呪われちゃう…!」

静香「呪いなんてあるわけないでしょ!」

未来「じゃあなんなのさ!ひょっとしてドッキリ!?」

静香「ええそうよ!ドッキリに決まってるわ!最初からおかしいと思ってたのよ、戸が開かなかったり電話が通じなかったり。全部仕込み!なんたって私達アイドルだから!」

未来「ええっ、そうなの!?」

静香「知らないわよ!」

未来「なんで!?」

静香「そんなの私より向こうに聞きなさいよ!」

未来「ドッキリ大成功ですからもう勘弁してくださいー!!」

静香「ホントに聞くな!!」

1、ドッキリ大成功
2、歌声が聞こえてくる
3、未来の「様子」がおかしくなる
4、その他(自由安価)

↓1

452 : 箱デューサー   2018/12/08 12:27:38 ID:yS2KEeRb4w

4
如月優くんが亡霊で14歳の姿で現れる

453 : ご主人様   2018/12/08 18:23:10 ID:ZhqsjVodNY

スー…

未来「なんか出てきたぁぁ!?」

静香「ひっ……って、に、にん、げん…?」

「…」

未来「…に、人間なわけないよぉ。だって、こんな真っ暗なのに…その人だけはっきり見えるだなんて…」

静香「ち、ちょっとあああなたっ!黙って立ってないで何か言いなさいよ!これ仕組んだの、あなたの仕業なわけ…!?」

「……きさらぎ……ゆう……」

静香「は…?き、きさらぎ……」

未来「ゆう……きさらぎゆう?ひ、ひょっとして、名前…?」

静香「きさらぎゆう…どこかで聞いたような……いえ、そんなことどうでもいいから、私達をここから出して!」

優「……歌が…聞こえた…」

静香「うた…?いったい何を…」

優「歌…お姉ちゃんの好きな…ここにいる…?」

未来「…お、お姉ちゃん?お姉ちゃんを探してるの…?」

静香「あなたの姉のことなんて私達が知るわけないでしょ!そもそもあなた誰?ここの生徒…?」

未来「あ、あの…お姉ちゃん探してるなら、わ、私達も今度お手伝いするから…だから、もう帰してほしいなー…なんて」

静香「未来!こんな悪趣味な真似する人の味方になんて!」

未来「どう考えても幽霊だってば!いい加減認めなよ静香ちゃんっ」

静香「仮に!仮にそうだったとしても、関係ない私達を巻き込むなんてどうかしてるわ!」

未来「幽霊ってそういうものでしょ!」

静香「幽霊の常識なんて知らないわよ!」

優「…」

1、「千早お姉ちゃんを探してるんだ」
2、「うるさいなぁ…」幽霊はどこかへ消えていった
2、「あの子の歌より、近い…」突如開いたロッカーから合唱部員ちゃんが崩れ落ちてくる
4、その他(自由安価)

↓1

454 : 兄ちゃん   2018/12/08 18:31:13 ID:OfywTpRuOw

3で2人揃ってsanチェック
その結果未来が大変な事に…

455 : プロデューサー様   2018/12/08 21:00:09 ID:ZhqsjVodNY

優「……歌って……歌ってよ……」

未来「へ……わ、私達に言ってる…?」

静香「か、勝手なことばかり…!なんでそんなことしなきゃいけないのよっ」

優「…感じる…お姉ちゃんを…」

静香「だからっ!あなたの姉なんて…」

優「…「あの子」より、近い…」

キィィ…ドサッ

静香(すぐ横で音がした。不快な軋む音とともに、何か、重いものが倒れ込むような…)

未来「ロッカーが、ひとりでに…!」

静香(未来が反応すると同時に、携帯をロッカーの方へ向ける。少しの錆とへこみが年季を感じさせる、掃除用具入れの縦長ロッカー。その扉は、誰が触れるでもなく勝手に口を開いて…)

合唱部員「」

静香(吐き出されたのは、紛れもなく…人、だった)

未来「ひ、ひぃぃっ!?」

静香「ぁ、ぁ…そんな…うそ…うそでしょ…っ」

静香(床へと投げだされたその子の身体。薄明かりでもわかるほどにその表情はこわばっていて、直前の恐怖をありありと映し出している。散らばった長い髪は無造作に辺りへと広がり、その様相はまるで血だまりを思わせるようだった…)

静香「し、しんでるの…?あ、あ、あなたが……なん、てこと……っ」

優「…歌って…歌ってよ…」

456 : 仕掛け人さま   2018/12/08 21:01:24 ID:ZhqsjVodNY

静香(先ほどと同じ問いかけ。私にはもう訳がわからなかった。目の前で起きた非現実に、頭がどうにかなりそうだった。生まれて初めて味わう死の予感、恐怖…思考そのものが働かなくなっていき…)

未来「…」ブツブツ…

静香「み、みらい…?」

未来「…たい…ひと、あつ…れ…ゆめ、みた……ひと、かん…げ…」ブツブツ

静香「未来っ、未来ってばぁ!」

未来「が…ばる…いつ、だて……ぷりてぃ、どりーま……ひ、ひひ」ブツブツ

静香(未来は、歌っていた。多分無意識に、これが助かる唯一の方法だと信じて、縋りついていた)

静香(それはもはや、歌の体を成していない。ただぼそぼそと、歌詞をなぞるだけ…口元をヒクつかせ、狂気の色に染まりつつある瞳からは止めどない涙)

静香(小刻みに体を震わせ、指先はせわしなく地面をひっかき続ける。剥げかけた爪から血がにじむのを見て、私はどうにかやめさせようと両手を押さえつけた)

未来「……か、かし…かし、出てこな…あ、あぁぁ…っ」

静香(手に生暖かい感触が伝わって、それでも私は未来を離さない。自らの恐怖心も手伝って、もはや未来が粗相をしたことなど、問題ではなくなっていた)

静香(私は、どうしたら…)

1、静香も一緒に歌う
2、如月優について思い出す
3、狂った未来が窓の方へ駆けていき…
4、その他(自由安価)

↓1

457 : 我が下僕   2018/12/08 22:08:56 ID:S5DAC/8DcM

2

458 : プロちゃん   2018/12/08 23:15:36 ID:ZhqsjVodNY

優「歌って…お姉ちゃん…」

静香(さっきからそればかり…歌…お姉ちゃん…そして、きさらぎゆう…。目的はなに?どうしてあの子はあんな目に…?私達が近いって、どういう…)

静香(きさらぎ…私達に近い……如月、お姉ちゃん…歌…もしかして……、まさか、千早さんの…!)

優「…」

静香(そ、そんなはず…だって、小さい頃に亡くなられたって……どう見ても、私達と同じくらいの年齢じゃない…)

未来「…ぁ、いいこと思いついちゃった」

静香「え…未来?」

未来「静香ちゃん、いっせーので、窓から逃げようよ」

静香「な、何言って…ここが2階って忘れたの?」

未来「大丈夫だよ、3階からよりましでしょ?」

静香「そういう問題じゃ…下手したら死ぬのよ、わかってるの!?」

未来「死にたくないよ…だから、飛び降りて…あれ?飛び降りなくても死んで、飛び降りても死ん…あはっ、おかし…ねえ静香ちゃぁん…どっち?どっち?あはは」

静香「み、未来…やめてよ…」

静香(未来の精神はもう限界だった…そんな姿に私もまた、だんだんと心が狂気に蝕まれつつある。まるで置いて行かれるような、孤独と絶望…どうにかしなきゃいけないのに…)

静香「ぇ…うそ…携帯が…!」

静香(バックライトの明かりが一段弱まったかと思えば、液晶に映し出されるサイン。充電残り僅か…おそらく、少しもしないうち完全に明かりは途絶えてしまう)

静香(その後暗闇に映るのは、目の前の狂気だけ…もしそうなったら、恐らく、私達はもう…)

静香(これが、最後のチャンスかもしれない…)

1、一縷の望みをかけて千早に電話を掛ける
2、如月優を説得する
3、未来の提案にのる
4、その他(自由安価

↓1

459 : おにいちゃん   2018/12/09 01:23:30 ID:EC71POUxls

1
そろそろ次の展開に行きたい

460 : プロデューサーちゃん   2018/12/09 04:42:44 ID:DPw8RdjJoA

静香(如月優について大した情報を持ってない私に、どうにかできるとは思えない。未来と共に暗闇の底へ飛び降りるのも論外…)

静香(ならばもう、あの存在が千早さんの弟かもしれないという、にわかには信じがたい可能性に掛けるしか道はない)

静香(震える指先で、携帯のボタンを操作する。いつ切れるともしれない充電に焦る気持ちを抑え、アドレス帳からその名を呼び出した。…相手は、如月千早)

静香(電話はどこも不通…そんなことは承知の上。奇跡と願いを込め、私はボタンをプッシュした…)

プルルル…

静香「かかった…!?」

未来「ひ、ひ…いやっ…」

優「歌って…」

静香(如月優がゆっくりと手を伸ばし距離を詰めてくると、掴んでいた未来の手が、強く抵抗を始めた。片手を携帯に塞がれていた私は、とっさに未来を身体ごと床へ抑えつける)

静香「だめっ!窓はだめよ未来っ!」

未来「は、は…っ」

静香(今未来を離したら、確実に飛び降りる。そんなこと、させるわけ……お願い、早く出て、千早さん…!)



『…もしもし?』

461 : お兄ちゃん   2018/12/09 04:44:41 ID:DPw8RdjJoA

静香(電話越しに、千早さんの声。イヤにクリアな音質を伴ったその声は、紛れもなく私が知っている、如月千早さんそのものだった)

『静香?どうしたの?』

静香「あ…ああ、の…っ」

静香(何か言わなきゃ、説明しなきゃ…けど、どうやって?今この状況を混乱する頭でしっかり伝える自信はない。いや、仮に理路整然と伝えたとして、信じてもらえる話ではないだろう)

静香(むしろ、弟への侮辱ともとられる可能性がある。そうなったら、この電話は早々に切られ、永久に繋がることはない。私達も、きっと永久にここから…)

静香(焦りが頭の回転をさらに鈍らせ、恐怖が喉の奥を締め付ける。上手く声が出せない、唇から言葉を紡げない。私は、私は…)


――夜眠れない時とかにかけて良い?


静香(ふと、未来の言葉がよみがえる。初めて番号を交換したあの日、早速夜に電話が掛かってきて、呆れたつつも私は未来との雑談に花を…)


――えー用が無くてもかけようよ。友達なんだから


静香(何を話したか、よく覚えてない。けれど、友達との雑談なんて、あまり中身のあるものじゃない。大事なのは、会話したこと。友達と、繋がっている実感。それはきっと、大切なひとなら尚のことで…)

静香「……信じてください」

静香(一言だけ告げ、そのまま携帯を、如月優へと向けた。届くようにと、目一杯腕を伸ばす。…前置きはいらない。バカげてるかもしれないけれど、こうするのが手っ取り早いと、どうしてか、そう思った)

『信じて…?静香、いったいどういう…』

優「歌って…歌ってよ……お姉ちゃん」

『…………優?』

462 : プロデューサー様   2018/12/09 04:46:16 ID:DPw8RdjJoA

静香(わずかに漏れ聞こえた名前…きっとその声音には、私なんかが想像もできないような、複雑な感情がのせられていて…)

静香(ふいに、意識が遠のく…如月優が何かを話すも、その内容が耳に入ってこない。辛うじて手の中に納まったままの携帯を床に投げ出し、瞼が強制的に落ちていく)

静香(最後の力を振り絞り、私は残った手で未来をきつく抱きしめた。どこにもいかないように、誰の手からも守れるように…ぎゅっと)

~~

キーンコーンカーンコーン…

静香「……ん、んん…?チャイム……ここ、学校…?」

未来「う~ん…う~ん…くるしい…おもいぃ…」

静香「…あっ、み、未来!?私ったら、どうして未来の上なんかに…ちょっと、起きて未来!未来ったら!」

未来「う~……はっ!?ゆゆ、幽霊!?」

静香「誰が幽霊よバカっ!」

未来「え…静香ちゃん…?な、なーんだ…あれ、ここどこだっけ?」

静香「どこってそりゃ…空き教室、よね?」

未来「あ、そっか。私達ここで自主練してて…でも、いつの間に眠ってたんだろ…静香ちゃんも?」

静香「ええ…休憩してたらつい寝ちゃったのかしら?はぁ、こんな所で寝るなんて、完全に油断してるわね……って未来、ちょっとそれ!?」

未来「ふえ?……うぇぇっ、なにこれ!?わた、わたし、もしかして…おね…」

静香「未来…あなたいくつだと思ってるのよ…」

未来「ち、ちがうもん!とっくに卒業したはずだもん!!何になんで、しかも学校で……うぇぇぇぇんっ!」

静香「ちょ、ちょっと泣かないでよ!あぁ、もう、一緒に片づけてあげるから…!」

463 : プロちゃん   2018/12/09 04:47:37 ID:DPw8RdjJoA

~~

帰り道

未来「…その、ありがと静香ちゃん、一緒に片づけてくれて」

静香「いいわよもう。はぁ、まさか念のため持ってきた替えの下着が役に立つとはね」

未来「え、まさか静香ちゃんも…」

静香「お漏らし用じゃない!レッスンとか練習用に持ってただけ!一緒にしないでよね」

未来「だから卒業したんだって!今回はホントにたまたま偶然で…」

静香「怖い夢でも見てたんじゃないの?」

未来「怖い…なんか、上手く言えないけど、そんな気もするような…」

静香「…実はね、私もそんな夢を見ていた気がするわ。よく覚えてないけど…」

未来「何だったんだろ、あの空き教室が曰く付きだったとか?」

静香「変な事言わないで。…けど、しばらくあの教室は使わないでおきましょ。結局先生に鍵返すの遅れてお小言貰っちゃたし」

未来「じゃあやっぱ屋上かなぁ。まあ外の方が開放感あって好きだけど」

静香「雨が降らないことを祈るばかりね。…雨?そういえば何で晴れてたのに、空き教室なんか…」

千早「…あら、二人とも学校帰り?」

静香「え、ち、千早さん!?どうしてここに…」

未来「あ、おはようございまーす!あれ、夕方だからおはようは変かな?」

千早「くすくす…業界的には変ではないけど、お仕事じゃないから気にしないで。ちょっと寄ってみただけだから」

静香「寄ってみたって…もしかして、ウチの学校ですか?」

千早「ええ…あそこ、私がちょっとだけ通ってた学校なの」

464 : ご主人様   2018/12/09 04:51:36 ID:DPw8RdjJoA

未来「ええっ、そうだったんですか?でもちょっとだけって…」

千早「昔色々あって…親の仕事の都合上転校を繰り返してた時期があったの。といってもほんの短い期間だけどね」

静香「そうだったんですか…あの、ここにはどれくらい…」

千早「一年の時に少し…だから、残念だけどあなた達の先輩にはなれなかったわね」

未来「でも事務所的には大先輩ですから、全然残念じゃありません!」

静香「そ、そうですよっ。こうして事務所が一緒で、アイドルとして顔を合わせられることが出来て、光栄です!」

千早「ふふ、ありがとう。……あの子がここに通ってたら、きっと二人は良い先輩よね」

静香「え?」

千早「それにしても…くす、あなたたち、本当に仲がいいわね。手を繋いで帰るだなんて」

未来「え…あ、あう、これはその……な、なんでだっけ?」

静香「わ、私に聞かないでよ!別にこれは、たまたまというか…」

千早「いいのよ、気にしないで。じゃあ、私はここで」

静香「は、はい。また事務所で!」

未来「今度歌が上手くなるコツ教えてください~」

静香「こ、こら未来、不躾でしょ!……で、でも、私もできれば見て欲しいです…」

千早「わかったわ。それじゃ……あ、そうそう」


千早「繋がるって、大事でしょ?」


静香「…?」

未来「静香ちゃん、どういうこと?」

静香「…きっと意味のあることなのよ。千早さんが言うんだから」

未来「そっか。ねね、今夜も電話かけていい?怖い夢のせいで眠れない気がしてさ~」

静香「なら、たまには私からかけてあげるわよ」

未来「うん、待ってるからね!…あと、このパンツ履き心地良いからどこで買ったか教えて?」

静香「電話でねっ!」

465 : Pしゃん   2018/12/09 04:54:41 ID:DPw8RdjJoA

ちなみに前の選択肢で3を選んだらバッドエンド(見方によってはハッピー)の予定でした。

次のシーン

1、765プロカバーチャレンジ
2、夢?の影響でくっつかないと妙に落ち着かない2人の学校生活
3、深夜の長電話
4、その他(自由安価)

↓1

466 : ダーリン   2018/12/09 07:25:39 ID:2NJ8.w1qps

2

467 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/09 15:40:27 ID:0P..21nfj2

合唱部員と同じ目に遭ってた可能性があるのか…

468 : 我が下僕   2018/12/09 21:13:36 ID:DPw8RdjJoA



未来「静香ちゃーんおはよー!」

静香「おはよう未来。今日も早いのね」

未来「でへへ…静香ちゃんも相変わらず早起きさんだね。もうちょっと待ってくれたら一緒のバス乗れたのに」

静香「いくら待っても来ない可能性だってあるでしょ。遅刻はごめんなの」

未来「遅刻なんてほとんどしてないよ。ギリギリはよくあったけど」

静香「息を切らせて教室に飛び込むなんてみっともない真似したくないわ」

未来「あははっ、そんな静香ちゃん見たらクラスメイトの友達びっくりするんじゃないかな?」

静香「そういう未来はどんな顔されるのよ」

未来「うーん…笑顔で迎えてくれるかな」

静香「それは失笑なんじゃ…まあなんしても最近は余裕を持って登校してるみたいだし、偉いわ未来」

未来「へへ…こうしてお喋りしながら登校するの、けっこう好きだから。早起きも自然と頑張れるんだよ、ね?静香ちゃんっ♪」ギュ

静香「もう…そういうことなら、少しくらいバスの時間遅らせてあげてもいいけど?」

未来「ほんと?」

静香「ただし一本だけね」

未来「十分十分!よーし、明日はもっと早起きしなくちゃっ」

静香「ふふっ」

~~

玄関

静香「じゃあ未来、後でね」スタスタ…

未来「うん。さてと、荷物置いて静香ちゃんの教室遊びに行っちゃおーっと」

未来「…んー、でもたまに勉強してたりするんだよね。それでも相手してくれるけど、流石に忍びないし…」

未来「今日は大人しく読書でもしてようかな、漫画だけど」ガラッ

469 : そなた   2018/12/09 21:14:48 ID:DPw8RdjJoA


「ねえねえ聞いた~?F組の子の話」

「合唱部員の?聞いた聞いた、最近学校に復帰したんだっけ」

「でもいつから休学してのかしら?F組知り合い多いからよく遊びに行くけど全然気付かなかった~」

「というか何で休学してたの?」

「しらな~い。あ、未来おはよ~。未来は何か知ってる?」

未来「なんのこと?」

「F組の合唱部員の子が休学してた理由。ほら、未来って色んな部活やってたでしょ?合唱部のことも何か知らない?」

未来「ううん。私合唱部には入ってないからわかんない」

「あー残念」

「ねえねえ~それより今度新作の…」


未来(…合唱部…気にはなってたけど、結局見学もしないでそれっきりだったなぁ)

未来(だから合唱部員の知り合いなんて…いないはずだけど)

未来(……)

~~

廊下

未来(う~ん…読書にも集中できなかったし、やっぱり静香ちゃんのとこ行っちゃお)スタスタ

未来(勉強してたらごめんなさいだけど、なんか、こう、無性に…)

静香「…きゃっ」

未来「うわわっ、ごめんなさ……って、静香ちゃん?」

静香「未来…も、もしかしてどこかに用事?」

未来「あ、ううん。静香ちゃんの教室に行こうかなって…」

静香「そ、そう…ならちょうどいいわ、私も未来の所に行こうと思ってたから」

未来「え、静香ちゃんも?なんで?」

静香「何でって言われても…別にいいでしょ、たまには」

未来「だって珍しいから、静香ちゃん暇さえあればノートに向き合ってるし」

静香「そんなにじゃ…無い事もないかな。…ただ今日は、あれよ。教室が騒がしくて集中できなかったのっ」

未来「そっか。私も似たようなものかも…じゃあさ」

始業の時間まで…

1、校舎をぶらぶら
2、図書館で一緒に勉強
3、屋上に行く
4、その他(自由安価)

↓1

470 : あなた様   2018/12/10 11:01:38 ID:8MfwH/JIlU

3

471 : ごしゅPさま   2018/12/10 14:25:33 ID:gUk/Baub9k

あの教室の合唱部員…まさか…

472 : プロデューサーちゃん   2018/12/11 03:24:19 ID:Z1TJ0C8g.o

廊下

静香「…で、結局屋上になるわけね」

未来「なんかたまり場っぽくなってきたかも」

静香「その言い方だと私達不良みたく聞こえない?」

未来「気にしすぎだよ。……あ、そういえば」

静香「?」

未来「こないだ友達のお誘い断ったらさ、静香ちゃんのこと聞かれたんだ。「最近付き合い悪いけど、最上さんと屋上で何してるの?」って」

静香「え…もしかしてアイドルのこと…」

未来「言ってないよ、静香ちゃんとの約束だもんね」

静香「ほっ…」

未来「でもイジメられてるんじゃないかって心配されちゃった」

静香「ちょっとっ!?」

未来「いや、ちゃんと違うって言っておいたからっ!静香ちゃんはとってもいい人だよって」

静香「当たり前でしょ!いや自分で言うのもアレだけどっ」

未来「友達から見て私と静香ちゃんって全然接点無さそうだし合わなそうだから、一緒にいるのが不思議に見えるんだって」

静香「…あながち間違いでもないかもね。屋上で偶然出会わなかったら多分、ロクに知り合うことなく卒業してたと思うし」

未来「えー?3年生でクラス一緒になる可能性あるでしょ?」

静香「そうなったとしても、今ほど親しくはならないんじゃないかしら」

未来「そんなことないよ。きっとこんな風に気さくに話しかけてるはずだもん。静香ちゃ~んって」ギュ

静香「ふふ、かもね。…でも、きっとそれだけよ。たまに会話する程度の友達。…私より気さくで賑やかな人なんて、周りに沢山いるから」

未来「静香ちゃんだって話せばこーんなに優しくて面白いよ?」

静香「面白いって何よ…それに3年ともなれば、色々忙しいし。特に接点のないあなたと仲良くなる余裕なんて、きっと持ってないと思うわ」

473 : ご主人様   2018/12/11 03:48:19 ID:Z1TJ0C8g.o

未来「そんなぁ。1年もあるんだし絶対仲良くなれるよ」

静香「…受験があるから」

未来「あ……」

静香「…」

未来「…」


未来「…不思議だよね」

静香「え…?」

未来「だってそうでしょ?偶然同じ学校で、偶然屋上で出会ってなかったら、いまこうしてなかったかもだし…こういうの、運命って言うのかな?」

静香「運命……だとすればそれは、未来が引き寄せたものよ」

未来「え、私が…?」

静香「だって、私は何もしてないもの。…ううん、むしろ最初は遠ざけようと思ってたくらい。アイドルだってバレたくなくて…でも、未来はそんな私の気持ちなんかお構いなしに振り回してくれたわよね」

未来「で、でへへ…そうだっけ?」

静香「そうよ。ボランティア手伝わされ、ライブに行きたいとせがまれ、揚げ句私もアイドルになりたい、ですもの。もう付き合ってるだけで目まぐるしいったらなかったわ」

未来「いやぁ、お母さんにも少しは落ち着きを持ちなさいってよく言われるんだよね」

静香「まったくその通り。……でも、そんな未来の積極性があって、今があるんじゃないかしら。……私も、こんなに素直になれた友達、は、初めて…だし」

未来「静香ちゃん……ふふっ」

静香「な、何がおかしいのよっ」

未来「なんでもないよ。…でも、ありがとう、静香ちゃん」

静香「ど、どうしてお礼なんか…」

未来「じゃあ屋上まで競争ね!よーいドン♪」タタッ

静香「あっ、廊下は走っちゃダメだって…もうっ、待ちなさい未来ーっ!」タタッ…

474 : Pさぁん   2018/12/11 03:50:08 ID:Z1TJ0C8g.o

未来「」ピタ

静香「ちょっ…なんなのよもう!急に走り出したかと思えば…」

未来「……空き教室だ」

静香「うん?あぁ、こないだ練習した…今は合唱部員の人、使ってないみたいね」

未来「え、私達以外に誰か使ってたっけ?」

静香「何言って……あれ、私なんでこんなこと…そもそもどうして空き教室なんか使おうと思ったんだっけ…?」

未来「…なんか、ここやだな。…お、おねしょ、したっていうのもあるけど…なんか…」

静香「…多分、悪い夢を見たせいよ。さっさと通りましょ」

未来「うん…くっついてもいい?」

静香「…」ギュ

スタスタ…

~~

未来「…それでねっ、ゲームをずっとやり続けたらいい感じに腕の筋肉つくかなぁって思って」

静香「仮に鍛えられるとしても、だいぶバランス悪くなるわよ。腕だけがやたらモリモリに…」

未来「う…そ、それはちょっとやだね。ゲームは程々にしとこ…」

静香「筋トレするなら付き合ってあげても……っと、そろそろ屋上ね」

未来「着いたら何しよっか?」

屋上ですること

1、誰もいないので歌の練習
2、放置されていたボールで遊ぶ
3、屋上閉鎖中で入れなかった
4、その他(自由安価)

↓1

475 : あなた様   2018/12/11 04:53:17 ID:HamIIEkXGc

1
軽く振り付け入れながら

476 : 箱デューサー   2018/12/11 07:03:55 ID:Z1TJ0C8g.o

ガチャ

未来「おー誰もいなーい!一番乗りだー!」

静香「そりゃあこんな朝から屋上使う人なんていないわよ」

未来「というか屋上自体人気無いのかな?私達以外の人ほとんど見かけないし」

静香「言われてみればそうね。まあ屋上なんてそんなものなんでしょ」

未来「ごーまいうぇーごーまいうぇー♪」

静香「急に歌いだすのね…」

未来「頑張っていっきましょ♪…誰もいないって思うとつい歌っちゃう時あるよね。トイレとか更衣室とか」

静香「実は誰かいましたってオチでしょ?」

未来「そうそう!静香ちゃんも経験あるんだ」

静香「道端でつい、ね。音楽聴きながら誰もいない路地なんか歩くと、世界がちょっとだけ違って見えること無い?それが妙に楽しくて自然と口ずさんだりしちゃうの」

未来「わかる~!何でもない風景とかが違って見えたりするよね。人混みの中とか信号機の点滅とか」

静香「そうそう!楽しげに見えたり物悲しそうに見えたり、そんな感覚を味わってると周りのことを忘れてしまって…」

未来「静香ちゃん楽しそう」

静香「わ、悪い?そりゃあ子供っぽいといえばそうだけど…」

未来「全然悪くないよ。ね、一緒に歌お?誰もいないんだし、練習練習♪」

477 : Pちゃま   2018/12/11 07:04:11 ID:Z1TJ0C8g.o

静香「…わかったわ。けど未来、朝だから喉開き切ってないんじゃない?」

未来「じゃあ軽く踊りながら。体動かしてれば自然と声も出るようになるよ。あ、折角だしゴーマイウェイで!今度ステージで披露するんでしょ?」

静香「ゴーマイウェイね…それはいいけど…」

未来「じゃあまずはここから…静香ちゃん早く早く!」

静香「もう…わかったわよ。それと手の位置逆」

未来「あ、そうだった…だ、大丈夫。あとは大体覚えてるから!」

静香「ホントかしら?…ワンツースリー」

GOMYWAY~GOMYWAY~♪

~~

静香「ふう…まだまだね。あんな軽い振りでも歌が入るとてんでバラバラじゃない」

未来「わかってるよぉ、でも歌と踊りを一緒にこなすのってやっぱむずかしい…本格的に踊るとなるとさらに…はぅ」

静香「どうしても意識が別れちゃうからね。そのために何度も何度も踊って、自然と身体が動くようにするの。そうすれば歌に集中できるでしょ?」

未来「なるほど~、右手でポテチを食べながら左手で漫画めくるみたいな?」

静香「全然例えになってないわよ。大して器用でも無さそうだし」

未来「まあ結局は何度も練習しなさいってことだよね。よぉし、まだまだ頑張るぞー!」

静香「未来、張り切るのはいいけど…」

1、「未来がステージに上がれるわけじゃないのよ?」
2、「まだ誰が歌うかわからないのよ、私も含めて」
3、「…スカート、気を付けなさいよね」
4、その他(自由安価)

↓1

478 : Pさぁん   2018/12/11 12:09:50 ID:QUwuAE7jMY

3
フェス限未来も同じような事してたな

479 : 仕掛け人さま   2018/12/12 01:58:55 ID:1f70cJScSY

未来「え…えぇっ!?み、見えてた…?」

静香「見えてはないけど、油断しないの。誰に見られるかわかったものじゃないんだから」

未来「いや静香ちゃんに見られるのも普通に恥ずかしいよ…ホントに見えてない?」

静香「見えてないってば」

未来「ホントにホント?」

静香「くどいわね…仮に見えたとしても何とも思わないわよ。余程凄いの履いてるでもなければ」

未来「は、履いてるわけないでしょっ!普通に白のパン……って何言わせるの!?」

静香「自分から言ったんじゃない…」

未来「ひどい、ひどいよ…ゆーどー尋問だよ…高度なセクハラだよ…」

静香「冤罪も甚だしいわね…まあ、確かに余計な一言だったかもしれないけど」

未来「罰として静香ちゃんのパンツも教えてよ」

静香「なんでそうなるのっ!」

未来「ふこーへーだから!」

静香「胸張って言う事かっ!そっちが勝手に見せてきたんじゃないのよ!」

未来「あーやっぱり見えてたんじゃん!エッチ!スケベ!姫カット!」

静香「髪は関係ないでしょ!」

ワーギャー…

480 : おやぶん   2018/12/12 01:59:36 ID:1f70cJScSY

未来「はぁはぁ…別にいいもんね。後で更衣室で確認するから」

静香「あなたの方がよっぽどスケベな発言してるわよ…はぁはぁ」

未来「あーっ……つかれた」

静香「誰のせいよまったく……それにしても、ふ、ふふっ」

未来「な、なぁに?」

静香「未来の焦りようときたら…あなたもちゃんと女の子してるんだなって」

未来「当たり前でしょっ。私をなんだと思ってたのさ」

静香「ごめんなさい、でも…可愛い所もあるのね」

未来「……それ、褒めてるの?」

静香「褒めてる褒めてる」

未来「なんかてきとー。どーせ私は静香ちゃんほど可愛くないですよーだ」

静香「そんなことないわ。未来は可愛いわよ」

未来「ほんとぉ?」

静香「ウソ言ってどうするのよ」

未来「静香ちゃんの言う可愛いって、なんか子供に言ってるみたいなんだもん」

静香「じゃあどう言えば満足なの?」

未来「えっと…じゃあさ、こう向き合って、目を見て言ってみてよ。真剣に」

静香「な、なにそれ?ドラマじゃあるまいし」

未来「真剣なことは目を見て話せっておばあちゃんが言ってたから」

静香「どうしてそこまで真剣にならなきゃいけないのよ…というか未来の方が真剣になってるじゃ…」

未来「真剣だよ。真剣に、聞きたい」

静香「え…」

481 : プロデューサーはん   2018/12/12 02:00:15 ID:1f70cJScSY

未来「静香ちゃんに、真剣に、可愛いって言ってもらえたら…きっと、それだけで…自信になる、から」

静香「……未来」

未来「それとも、やっぱ全然かな…?」

静香「……それ、ずるくない?……はぁ、こっち向いて」グイ

未来「あ……う、うん」

静香「いくわよ…」

未来「…どんとこい」

静香「っふ」

未来「な、なんで笑うのっ」

静香「変な事言うからっ。……よし、それじゃあ」

未来「…」

静香「……未来は」

未来「…」

静香「……か」

未来「……」

静香「……」


静香「……わいい…わ」


未来「……」

静香「……」

未来「もう一回言って?」

静香「何でよっ!」

未来「だってすごくつっかえてたし、聞き取りにくかった」

静香「…そんな顔してよく言えるわね~」グニィ

未来「ひょ、ひょんなかおっへ……へ、へへ」

静香「あーもうっ!十分伝わったようだからもうおしまい!」

未来「えー?もう一回もう一回!」

静香「そういう所が子供っぽいって…」

キーンコーンカーンコーン…

静香「ほ、ほらチャイムっ!いつまでもだべってないで降りるわよ」ズンズン

未来「あ、まってよ静香ちゃ~ん置いてかないで~…」

※まだ朝です

次のシーン

1、お昼休みの2人
2、クラス合同授業(特に指定が無ければ体育)
3、鳴り響くサイレン!避難訓練の2人
4、その他(自由安価)

↓1

482 : プロデューサー   2018/12/12 09:06:19 ID:XHIBQl3nfg

1

483 : プロデューサー   2018/12/12 19:06:30 ID:1f70cJScSY

サキ「未来、お昼は?」

未来「後で食べる―。これ終わらせないと次の授業怒られちゃうから」

サキ「…英語の宿題?今になってやっと手付けだすなんて」

未来「だって忘れてたんだもん。また居残りになりたくないし、なんとか埋めなきゃ」

サキ「見せてあげよっか?」

未来「自分の力で解きなさいって西村先生にこないだ怒られた…」

サキ「あーあの先生妙にするどいからね」

未来「自分でなんとかするから、サキちゃんは先に食べてていいよ……う~ここなんだっけ…?」

サキ「…最上さんにでも教えてもらえば?」

未来「静香ちゃん?…静香ちゃんも同じ事言いそうだなぁ。それに私の宿題でお昼潰させるのも悪いし」

サキ「あら健気」

未来「ああ見えて静香ちゃんは色々忙しいんだよ。頑張り屋さんで真面目で一生懸命で、委員会にも入ってるし先生のお手伝いなんかも…」

サキ「わかったわかった、最上さん自慢はいいからさっさと終わらせなよ。じゃあ私行くから」

未来「うん~」カキカキ

~~

静香「……さてと」ガタ

金髪「お?静香やっと動き出した」モグモグ

静香「食べながら喋らないでよ。さっきの授業ちょっと復習しておきたかったかから」

二つ結び「真面目だねぇ。でもその割妙にそわそわしてなかった?ドアの方チアチラ見てたし」

静香「え、別に、ちょっと寒かったから…」

金髪「あれでしょ?最近静香に懐いてる、あー…ピンクの子」

二つ結び「未来よ、春日未来。顔出さないか気にしてたってところかしら」

静香「そんなんじゃ…って、未来の事知ってるの?」

484 : ごしゅPさま   2018/12/12 19:08:28 ID:1f70cJScSY

二つ結び「元ソフ部の友達。と言っても掛け持ちで参加もまちまち、しかも雑用係に選ばれたもんだから、結局数えるほどしか一緒に練習してないけど」

金髪「お気楽そうな割にやたらハードスケジュールこなしてんのね」

静香「好奇心が強いだけよ。あれも楽しそうこれも楽しそうって何にでも手をだして、結果的にせわしなく見えてるだけ」

金髪「今どき珍しいバイタリティ溢れる中学生ですな」

二つ結び「何目線なのよあんたは…でも確かに、あのこいっつも楽しそうにしてたっけ。人懐っこくて部員ともすぐ仲良くなれちゃうし、先輩からも可愛がられてたわね」

静香(そういえばあの時屋上に来た先輩も、ちょっと寂しそうだったな…)

金髪「そんな子がどうして部活辞めて、しかも静香と仲良くなったのかが気になるところではあるんだけど」

静香「えっ!?そ、それは…その、ぼ、ボランティアに誘われて…」

静香(ウソは言ってない、ウソは)

二つ結び「そういえば部活休む理由にそんなこと言ってたわね。ホントかどうか確かめに言ったら、近所の公園で子供向けのレクリエーションに参加してたのよ」

静香「そんなことまでしてたんだ…」

二つ結び「まあ一緒になって遊んでるって感じだったけど、不思議と子供の扱い上手かったわね。何だかんだお姉さんしてたというか、単に子供同士通じるものがあったというか…」

静香(…そんな未来、見たこと無いなぁ)

金髪「お、嫉妬か?」

静香「は?」

金髪「私の知らない未来を知ってるのね~もやもや…的な」

静香「そ、そんなこと思ってないから!」

二つ結び「むしろ今は静香の方が未来の事詳しいんじゃない?私だって未来とあんなに一緒にいることないもの」

静香「べ、別に詳しくなんか…」

485 : 我が友   2018/12/12 19:09:08 ID:1f70cJScSY

※金髪と二つ結びはゲッサンに出てた静香のクラスメイトです

1、未来のことについてもっと聞いてみる
2、席を立つ
3、誰かから連絡が入る(指定可)
4、その他(自由安価)

↓1

486 : プロデューサーちゃん   2018/12/12 22:47:45 ID:wFENuMqbQc

1
静香にも知らないことはあるのだ

487 : 彦デューサー   2018/12/13 03:33:33 ID:oHO6XXDb8Q

静香(…未来について知らない事の方が多いのは当然。まだ会ってひと月足らずなんだし)

静香(話すこと自体は多いけど、大抵のキッカケは未来からだ。…自分から、深く知ろうとすることはあまり無かったっけ)

静香(別に聞きたくないとかじゃなくて、あまりその必要は無かったというか。ありのままの未来と話すだけで話題は自然に出てくるし退屈もしないから)

静香(でも、学校内においてすら、私は未来の事そんなに知らないのかも…)

金髪「セリフ4つ分くらい気にしてそうな顔してるから、もっと語ってやんなよ」

静香「どんな顔よそれはっ」

二つ結び「んー、と言ってもそんなに語る程の何かなんてないわよ?あの子裏表無いから、どこでもあんな感じだろうし」

静香「まあ、それは何となく想像つくけど…部活について、なにかあったりしない?ほら、掛け持ちで参加もまちまちって言うなら…」

二つ結び「なにか?…あぁ、他の部員に目付けられてないか、とか?まあ…」

静香「まあ…?も、もしかしていじめられたりとか…!?」ガタ

二つ結び「な、無い無いっ!落ち着きなって、さっき先輩にも可愛がられてるって言ったじゃん」

静香「そ、そう…」

金髪「」ニヤニヤ

二つ結び「とはいえ、一部の熱心な部員には…ね。遊び半分と思われてたみたいで、ちょっと煙たがられてたのはあったかな」

静香「…当然よね、ソフのことは良く知らないけど、全国狙って頑張ってる人だっているだろうし」

金髪「案外静香みたいなのがそういう人だったりして」

静香「わ、私が……」


――言っておくけど、アイドルの世界は甘くないわよ。部活やボランティアとはわけが違う、プロの世界なの。その意味が分かる?

488 : おやぶん   2018/12/13 03:34:10 ID:oHO6XXDb8Q

静香「……確かに、そうかもね」

二つ結び「でも未来、ちょっと嫌味や皮肉言われても全然応えないからすぐほっとかれたけどね。本人が鈍いってのもあるんだろうけど、何より先輩に気に入られてたから」

静香「…どうして先輩はそんな未来のことを気にかけてくれたのかしら?」

二つ結び「一生懸命だったからでしょ。ボール拾いにバット磨き、洗濯物やらトンボ掛けにも、あの子ったらバカに楽しそうにこなしてさ。ちょくちょく他の部活に参加してる姿見てもおんなじように元気いっぱいで。先輩にはそんな未来が好印象に映ったんじゃないかな」

金髪「良い先輩というのは人となりをよく見てるものですなぁ」

二つ結び「かもね。あ~あそんな先輩も今年で引退かぁ…」

静香「…」

静香(もしも未来が今も部活を続けていたら、私はどう思ってただろう)

静香(両立できるほど甘くはない、アイドルの世界を軽く見すぎ…なんて怒って、いえ呆れてたかも)

静香(本人がどれだけ一生懸命だったとしても…そんな思いは関係なしに、向き合いもしないで、「アイドルになる」という重みだけで全てを語って…)

静香(それが間違いだとは思わない。アイドルというのは、芸能界というのは、本当に厳しい世界だから)

静香(でも…それは、私も結局…)

金髪「ところで静香、お昼食べないの?」

静香「…今日は、別の所で食べるわ。後でね」ガタ、スタスタ…

金髪「そ。じゃあ席もらうね~」

二つ結び「…未来の所かな?」

金髪「さあ?」モグモグ

~~

489 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/13 03:35:23 ID:oHO6XXDb8Q

静香(…なんであんな事考えちゃったんだろ。とっくに未来は部活辞めてるのに)スタスタ

静香(未来なりに覚悟を持ってアイドル始めたことくらいわかってるつもり。だから、部活もボランティアも…)

静香(…やだな。これじゃあ未来の事信用してないみたいじゃない。…わかってくれない、大人と一緒よ)

静香(…それとも、私は未来の事)

サキ「わっ!?」

静香「きゃっ…ご、ごめんなさい、ぼーっとしてて…」

サキ「こちらこそ…あら、あなた最上さんじゃない?」

静香「え?そうですけど…」

サキ「未来ならあそこでうんうん唸ってるわよ」

静香「未来?…あ、私いつの間に未来の教室に…」

サキ「大丈夫?」

静香「ええまあ…どうして私の名前を?」

サキ「未来からやたらとあなたの話聞かされるから、一発でわかったわ。あ、ちなみに私未来の友達ね」

静香「…もう、未来ったら」

サキ「あ、良かったら未来の宿題見てあげてよ。次の授業提出のやつなんだって」

静香「今頃になって宿題を…まったく」

サキ「同感。それじゃあ」スタスタ…

静香「」チラ

未来「」カキカキ…

静香(集中してるみたいだけど…どうしようかな)

1、未来に声を掛ける
2、そっとしておく
3、サキに未来の話を聞く
4、その他(自由安価)

↓1

490 : ダーリン   2018/12/13 06:27:22 ID:vi8jM69656

3
情報収集のターン!

491 : 箱デューサー   2018/12/13 07:37:13 ID:oHO6XXDb8Q

ごめんなさい夜に書きます。
長々と書いといてアレだけどみらしずについて語りたいことがあれば安価関係無く普通に書き込んでね。
むしろそっちがメインのスレですし、そこは空気読みますので。

492 : プロデューサー   2018/12/13 16:30:14 ID:kdgDcjAKlI

TCの孤島サスペンスホラー、女子高生役2人みらしずにならんかな。これ以外一緒になる可能性ほぼほぼ無さそうだし

493 : せんせぇ   2018/12/14 02:22:36 ID:HurlIjeNj2

サキ「…?」


静香(宿題は自分の力でやってこそよね…でもお昼間に合うのかしら…)

サキ「…あなたまでうんうん唸ってる」

静香「へっ!?」

サキ「そんなに悩むくらいなら別に手伝わなくていいのよ。元々は自分で蒔いた種なんだから」

静香「ま、まあそうなんだけど…お昼食べられるのかなって」

サキ「大丈夫でしょ、あの集中具合ならそう時間はかからないって。問題自体も難しいわけじゃないし」

静香「…その割にはよく手が止まってるみたいだけど」

サキ「あれは単に要領が悪いだけ。手当たり次第に書きなぐったりマーカー引くもんだから、ノートやら辞書が汚いこと汚いこと」

静香「確かに、いちいち確認が長いわね」

サキ「それでも何とかなるもんだから心配しないで。ああ見えて別に成績自体はひどいわけじゃないしね」

静香「…やっぱり詳しいのね、未来の事」

サキ「そりゃあ小学校からの縁ですし」

静香「小学校…」

サキ「ねえ、良かったら未来の事、色々教えてあげようか?」

静香「え、いきなりどうして…」

サキ「興味ありますって顔してるから」

静香「…私ってそんなに顔に出るタイプかしら?」

サキ「それは知らないけど…一応私もあなたの事知っておきたいし、未来の友達として」

静香「はぁ…」

サキ「立ち話もなんだから、学食行きましょ。お昼は?」

静香「これからだけど…」チラ

未来「」ウーン

静香(…仕方ないわよね)


~~

494 : Pくん   2018/12/14 02:23:50 ID:HurlIjeNj2

食堂

サキ「今日はなにうどん?」

静香「キツネにしようかしら…って、それ未来から?」

サキ「あはは、まあね」

静香「言っておくけどいつもうどんなわけじゃないから」

サキ「でも毎食うどんでも飽きないんでしょ?しかも手打ちで作れるんだとか」

静香「当然、大好きだから」

サキ「筋金入り…未来の言う通り面白い人ね、あなたって」

静香「未来が私の事どんな風に話してるか、とっても興味が湧いてきたわ」

サキ「まあまあ…あ、来た来た。じゃあ座りましょ」



静香「…」ズルズル

サキ「…やっぱり、ちょっとおかしいわね」

静香「な、何が?うどんの事ならもう…」

サキ「じゃなくて。最上さんと未来の組み合わせ」

静香「…そんなに仲良くしてることが意外?」

サキ「仲良くしてること自体は別に意外じゃないわよ、私的には。ほら、あの子って誰とでも仲良くなれるじゃない?」

静香「そうね、劇じょ…初めての場所でもすぐ溶け込めてそうだし」

サキ「ふふ…私がおかしいと思ったのは、きっかけ」

静香「きっかけ…?」

サキ「最上さん、アイドルやってるでしょ?」

495 : Pくん   2018/12/14 02:24:29 ID:HurlIjeNj2

静香「!…その話、未来から?」

サキ「ああ勘違いしないでね。未来は隠してたつもりだったけど…下手くそだから」

静香「他の人には私の事…」

サキ「言ってない言ってない。別にからかおうとも思わないし、むしろいいじゃない。アイドル似合ってると思うわよ」

静香「…あ、ありがと」

サキ「でもまさか未来がここまでのめり込むとは思ってなかったわ。アイドル…いえ、最上さんに…かな?」

静香「私は何も…結局は未来が選んだ道だから」

サキ「あんなに楽しく励んでた部活やボランティアもぜーんぶ辞めてまで、ね。…余程最上さんとの出会いが衝撃的だったんでしょうね」

静香「……運命」

サキ「あら、洒落たこと言うじゃない」

静香「違っ…未来が言ってたのよ。私と…アイドルとの出会いは偶然が重なって生まれたものだから、それが不思議で、運命みたいだって」

サキ「ふぅん…未来が言いそうな言葉ね。占いとかけっこう好きだし、それに…ああ見えて割と乙女というか、少女趣味というか」

静香「…た、例えば?」

サキ「気になる?そうね…」


1、少女漫画とかお人形遊びが趣味なの
2、男子がちょっかい出してきた時…
3、最上さんの待ち受けを…
4、その他(自由安価)

↓1

496 : Pチャン   2018/12/14 09:21:47 ID:CwnyMhnVT2

3

497 : そなた   2018/12/14 16:50:04 ID:88oLHdrotc

498 : ごしゅPさま   2018/12/14 16:50:35 ID:88oLHdrotc

衣装まだ来ないんかーい

499 : プロデューサーはん   2018/12/14 16:52:49 ID:2ma.IRXWWY

ミリコレ回ってたらいけるんじゃ…と思ったけどAnとFaはまだなのね

500 : Pしゃん   2018/12/15 01:11:17 ID:rKYoIA15RE

>>495から

サキ「未来ってば最上さんの待ち受けを…あ、やっぱ何でもない」

静香「は?ち、ちょっと気になるじゃないっ。私の待ち受けをいったい…というか私を待ち受けにしてるなんて聞いてないけど!?」

サキ「え?…あーそうなの。どおりで…」

静香「どおりでってなに!?なんでそんなに気まずそうな顔してるわけっ!?」

サキ「いやいやあれよ、ただほら、最上さんの待ち受けを見てしょっちゅうニヤニヤしてるってだけ。別に何でもないでしょ?」

静香「そ、それはそれでどうかと思うけど…本当にそれだけ?」

サキ「それだけそれだけ。ところでこないだF組の合唱部員がね」

静香「露骨に話をそらすな!やっぱり何か隠してるでしょ!?」

サキ「隠してなんかなんわよ。未来に隠し事なんてできるわけないじゃない」

静香「未来の事じゃなくて、いや未来のことだけど!今はあなたに…」

サキ「最上さん、考えたことある?未来がどうしてアイドルを選んだか」

静香「は…?」

サキ「どうして他をさっぱりやめてまでアイドルを選んだか、その理由」

静香「そ、そんなの決まってるわ。それが未来なりのケジメというか、覚悟みたいなものでしょ。あの子にだって厳しい世界とわかってるから…」

サキ「でしょうね。後先考えない性格の未来が、私に相談してきたくらいだし。……じゃあ、アイドルを目指したきっかけは?」

静香「きっかけ……それは、私のステージを見て、自分もアイドルになりたいって…確かそんなことを」

サキ「なら、きっかけはあなたってことになるわね」

静香「ま、まあそういう事になるのかしら…自分で言うのも恥ずかしいけど」

サキ「最上さんと出会ったことで、未来の人生は変わった。多分本人も、そのことを自覚してる。だから、運命なんて言葉を使ったんでしょうしね」

静香「…何が言いたいの?」

501 : 彦デューサー   2018/12/15 01:13:47 ID:rKYoIA15RE

サキ「未来はちゃらんぽらんに見えるけど、一途ってこと。一途で、純粋で、まっすぐ…そこらの同年代女子よりその傾向はよっぽど強くて、ある意味…重いくらいに」

静香「重い、だなんて…そんな言い方」

サキ「似合わない?確かにそうね、未来には似合わない言葉……でも、だからこそよく考えてね。未来とのこと」

静香「…?」

サキ「最上さんといる時の未来は、腐れ縁の私ですら見たこと無い未来なのよ。…ふふ」

~~

未来「…ふぅ~っ。やっと片付いたぁ!これで怒られずに済みそうかな、ちょっと字は汚いけど」

未来「時間は…うん、まだ大丈夫。学食学食~♪」タタッ…


食堂

未来「カレーにしようかな?あ、でもAランチも捨てがたいし…」

未来「…あれ、あそこにいるのってサキちゃんと……静香ちゃん?」


静香「」ワイワイ
サキ「」ガヤガヤ


未来「あの二人お友達だったっけ?……なんか、盛り上がってるみたいだけど」


1.「私もまぜて~」と一緒にお昼
2、「…どんな話してるんだろ」とこっそり聞き耳
3、「……」目のハイライトが…
4、その他(自由安価)

↓1

502 : そなた   2018/12/15 06:12:00 ID:oZCHvgzFtk

2

503 : 箱デューサー   2018/12/15 12:46:10 ID:rKYoIA15RE

未来(サキちゃんからは何にも聞いてないけど、静香ちゃんといつの間に仲良くなったんだろ)

未来(話し込んでるっぽいし、声掛けたら悪いかも…)

未来(けど……静香ちゃんとどんな話してるのかなぁ?…ちょっとだけちょっとだけ)コソ


静香「…もしかして、私を責めてる?未来をアイドルの世界なんかに引きずり込んで、って」

サキ「…鈍いわねぇ。確かに、最近付き合い悪くなったのはちょっと寂しいけど」

静香「そんなこと言われても…」

サキ「まあそれは別にいいのよ、生き生きしてる未来は見てるだけで愉快だし」

静香「愉快って…」

サキ「…けどそうね、ちょっとでも責任感じてるんだとしたら、これからもちゃんと面倒見てあげてほしいかな」

静香「…一応アイドルとしての先輩だから色々教えてあげられるけど、私だって暇じゃないのよ?」

サキ「とか言いながら付き合ってあげるんでしょ?あなたも大概お人好しみたいだし」

静香「色々危なっかしいからほっとけないってだけ。少し目を離すとふらふらどこかへ行っちゃうみたいで…」

サキ「そういう子だから」

静香「…でも、きっかけはどうあれ未来はもう決めたんだから、その内わかってくるはずよ。いつまでも頼りっぱなしじゃ生きていけない世界だってことが」

サキ「そんな厳しい世界で、未来はやっていけるかしら?…正直な所、あなたはどう思ってる?」

静香「…わからない、というのが正直な気持ちね。そもそも私だってまだ未熟者なんだし、簡単に大丈夫なんて言えるわけないわよ」

サキ「ふぅん」

504 : 仕掛け人さま   2018/12/15 12:46:37 ID:rKYoIA15RE

静香「でもまあ…この先どうなるかなんてわからないけど、未来はきっと何があってもめげずに突き進むと思う。…そう信じてるから」

サキ「……それ本人に聞かせたら?きっと喜ぶわよ」

静香「い、言わないわよわざわざそんなこと…」

サキ「でももう聞かれてるし」

静香「へ?」


未来「ぅ~…静香ちゃぁん…!」

静香「みみ、未来!?いつから聞いてたの…?」

未来「わたし、引きずり込まれたなんて別に思ってないよぉ…」

静香「ああけっこう前からってことねそれは!」

未来「静香ちゃん、私めげずに頑張るっ。静香ちゃんがこんなにも信じてくれてるってわかったから、絶対ぜーったい諦めない…!」ダキ

静香「や、やめなさいよこんな所でっ。人が見てるでしょ…!」

サキ「じゃ、私はもう食べたから行くわね。ごちそうさま」

静香「いつの間に!?ちょっとこれどうにかしてよ、腐れ縁なんでしょ…っ」

サキ「諦めて」

静香「おいっ!」

未来「静香ちゃ~ん♪」スリスリ

静香「も、もうわかったわよっ、くっついてても良いからせめて右手は使わせて。うどん伸びちゃうから…っ」



次のシーン

1、とりあえずお昼の続き
2、合同授業(特に指定が無ければ体育)
3、放課後の2人
4、その他(自由安価)

↓1

505 : プロデューサーはん   2018/12/15 15:57:35 ID:d6Y/h4aGrk

イチャイチャしやがって…
2で、テニスの授業でガチバトル

506 : ぷろでゅーさー   2018/12/16 20:02:54 ID:W4fJTJcqtM

6時間目 体育

静香「ふっ」パーン

二つ結び「よっ…あーもう。しずかーもっと打ちやすい球ちょうだいよー」

静香「私のせいにしないで、十分打ちやすい位置だったでしょ」

二つ結び「バットだったらねー。やっぱ私にテニスは向いてないわ」

金髪「しかし相変わらず静香は上手いね。ちっちゃい頃からやってたんだっけ?」

静香「親に勧められてね。といっても趣味程度だけど」

二つ結び「部活入ればいいのに。そこらのテニス部員よりか強いんだし」

静香「そんなことないわよ。それに色々やることがあるの。それより交代、次は誰?」

未来「はいはい!次私とやろ?」

静香「未来…同じクラスの子とはいいの?」

未来「なんかもうペア組んじゃっててさ。それに静香ちゃんとテニスやってみたかったんだよね」

静香「ふぅん…いいわよ。そういえば未来ってテニス部にも入ってたんだっけ?」

未来「朝練は欠かさず参加してたよ」

静香「本練は?」

未来「たまにボール拾いとかお洗濯とか」

静香「そ、そう…一応聞くけど基本的なルールとか動きとか把握してる?」

未来「もーバカにしないでよ。ほら早くやろ♪」

静香「はいはい…先にサーブしていいわよ」


金髪「あの二人見てると親子みたいで微笑ましいな。いや、姉妹か?」

二つ結び「わかる。とはいえ未来も元テニス部員だし、油断してると危ないかもよ」

金髪「ほう。そりゃ見もの」


未来「いくよー!」ヒョイ…

静香(とりあえず何球か見てハンデ決めようかしら。流石に経験年数が違いすぎるし…)

未来「っほ!」パコン

静香「え…あっ!?」

未来「やったーちゃんと入ったー!」

静香(入ってる…サービスエリアギリギリ…まさか狙ったわけじゃないわよね?)

507 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/16 20:03:29 ID:W4fJTJcqtM

静香「上手いじゃない。正直油断してたわ」

未来「だから言ったでしょー?こう見えてサーブは得意なんだ、そればっか練習してたから」

静香「サーブが決まれば絶対負けはない…まあ、理に適ってはいるけど」

静香(とはいえ返せない球速じゃないし、ちょっとは気を引き締めていきましょう)

未来「もっかいいくよー」ヒョイ…

静香(フォームも安定してるわね、掛け持ちとはいえ伊達にテニス部やってないってところかしら)

未来「っほ!」パコン

静香(だけど素直すぎるわ。どこに球を打つか…丸わかり!)

静香「よし…えっ」

未来「」ダダッ

静香(突っ込んできた!?しかも速…)

静香「っくぅ」パァン

未来「っや!」パコン

静香「あぁっ…まさかボレーされるなんて」

未来「よーし!なんとかキープできたぁ」


二つ結び「サーブと同時に前へ出るなんて、未来らしいやりかたね。静香も虚をつかれたって感じ?」

金髪「所謂サーブアンドボレーヤーか。春日さんも中々にアグレッシブなテニスをするじゃない。格下と侮ってた静香にはいいプレッシャーにもなったみたいだし」

二つ結び「あんたテニス詳しかったっけ?」

金髪「ガバガバだけどまあ」

508 : ぷろでゅーさー   2018/12/16 20:05:33 ID:W4fJTJcqtM

未来「えっと、次は静香ちゃんのサービスだよね」

静香「…流石ね未来。まさかこんなにテニスができるだなんて、かなり練習したんじゃない?」

未来「そりゃ練習はしたけど、多分先輩の教え方が上手かったおかげかも。おまけに優しいし。でへへ~♪」

静香「先輩…未来は先輩に恵まれてるのね。ソフだけじゃなく」

未来「そうかも。なんかね、あなたはバカなくせにあまり部活に顔を出さないから、最低限これだけは毎日やっておけばいいって言われたのをちゃんとこなしてたんだ。そのおかげだね!」

静香「そ、それは優しいっていうのかしら…ともあれそれが今に生きているわけね」

未来「でへへ、それに相手が静香ちゃんだからかな」

静香「私だからってどういうこと?」

未来「テニスって予測が大事って言うでしょ?相手の動きを見て、どこに打つかあらかじめ予測して動けってやつ」

静香「それってまさか…」

未来「私、静香ちゃんの事よく「見てる」から。だから、なんとなくわかる気がするんだ」

静香(…私と同じように、未来も私の動きを)


二つ結び「聞きようによってはうすら寒く感じるね。未来だから尚のこと」

金髪「あはは、確かに。でも予測が大事ってのは本当よ。野球だって球種を予測して打つものでしょ?」

二つ結び「あぁ言われてみれば」


静香「…未来、ここからは真剣勝負よ」

未来「私はさっきから真剣そのものだったよ~」

静香「そうだったわね、ごめん。スコアはそのままでいいから、1セット勝負でいきましょう」

未来「おっけー!あ、じゃあ負けたら罰ゲームなんてどう?」

静香「ば、罰ゲーム…まあ、その方が燃えるしいいかも。それに負けなければいいだけのこと…!」

未来「私だって負けないよー!」

509 : ダーリン   2018/12/16 20:07:11 ID:W4fJTJcqtM

※テニス知識ガバガバなんで勢いで書いてます。変でもごめんね

1、静香の勝ち
2、勝負つかず引き分け
3、未来の勝ち
4、その他(自由安価)

↓1

510 : ぷろでゅーさー   2018/12/16 20:20:01 ID:4erjEKmeM2

1

511 : バカP   2018/12/16 20:25:25 ID:SuPn2DKAss

(久しぶりに見に来たらよく分からん事になってるけど普通に語るのは今はNGな感じかな)

512 : あなた様   2018/12/16 21:09:42 ID:W4fJTJcqtM

むしろどんどん普通に語ってほしい。元々話題無くて止まってた時の箸休め的に書いてただけだから、安価とか全然気にしなくていいよ本当に。盛り上がりそうなら空気読んで黙ってますので

513 : Pちゃま   2018/12/16 23:49:51 ID:W4fJTJcqtM

>>509から

静香(…と、意気込んだ結果)

未来「それっ…あぁまたネット…やっぱバックは難しいなぁ」

静香(ラリーが続くと明確に差が出てくるようで…本当にサーブ中心の練習しかしてないみたい)

未来「大丈夫、サービスエースをキープし続ければ負けはないって先輩も……っふ!」パコン

静香「だから、素直すぎるっていうのよ!」パァン

未来「うわっと!やば、甘く…」パコ

静香「っせい!」パコォン!

未来「くぅ…っ、な、ナイススマッシュ…」


金髪「おーブレイクしたか。こりゃあ勝負あったね」

二つ結び「未来もよく粘った方だけど、これが経験の差ってやつかな」


静香「っはぁ!」パァン

未来「んあぁっ…はぁはぁ…だ、だめかぁ」

静香「ふぅ…勝負あったわね」

未来「はぁ~、やっぱ静香ちゃん強いね」

静香「未来もいい線行ってたわよ。掛け持ちしてなかったら私より上手くなってたかもね」

未来「でへへ、褒められた。ねえまた今度やろうよ、休日にテニスコート借りてさ」

静香「いいわよ。よく使ってる場所あるから案内してあげる」

キーンコーンカーンコーン…

静香「良いタイミングだったわね。さ、片づけて集合しましょうか」

未来「はーい♪ねえねえ放課後だけど…」


金髪「…一応静香の空き待ちだったんだけどね、私」

二つ結び「どんまい。良い解説だったと思うわよ」

金髪「ありがと」


~~

514 : お兄ちゃん   2018/12/16 23:50:34 ID:W4fJTJcqtM

放課後

未来「6時間目が体育だとなんか得した気分だよね~」

静香「勉強したくないだけでしょ、もう。ところで…」

未来「今日は劇場!早くレッスンしたいなぁ」

静香「その前に」

未来「ちょっとだけ寄り道してく?お腹空いてきたし何か食べてから…」

静香「とぼけないの。自分から言い出したことでしょうに」

未来「…意外とねちっこい」

静香「何か言った?」

未来「ううん。罰ゲームでしょ?そういえば内容決めてなかったけど…」

静香「つまり、今決めて良いって事よね?」

未来「そ、それはズルくないかな!?」

静香「ズルいのはなかったことにしようとした未来でしょ。反論は?」

未来「あ、ありません…でも、や、優しくしてね?」

静香「変な言い方するな!……そうね、じゃあ」

1、自分の待ち受けをどう使ってるか聞く
2、GO MY WAYを一人で踊らせる
3、やっぱ無し
4、その他(自由安価)

↓1

515 : バカP   2018/12/17 07:38:33 ID:azdyNL7O3I

1

516 : ごしゅPさま   2018/12/17 21:10:32 ID:58tD7Dm3QA

ドラマ目的でディズィールのCD買う予定なんだけど未来出るよね?でないと静香の覚醒前カードなんだったんだって感じだし。

517 : Pくん   2018/12/17 22:06:32 ID:j2i3LBJKVQ

さすがにイベントコミュに出てきたからにはドラマにも出るでしょ。今までの例とか見たら


これで出なかったら何か絵を描く

518 : あなた様   2018/12/17 22:28:20 ID:XTh3xokHQk

CleaskyとかEScapeみたいにコミュに出たアイドルとは別のアイドルがドラマに出て来る可能性もあるしどうだろうね?
自分は多分出ないだろうなと思ってるけど

519 : Pしゃん   2018/12/17 23:38:41 ID:j2i3LBJKVQ

>>518
そんな夢のない事を言うなよ…

520 : バカP   2018/12/17 23:49:22 ID:ulnux4F2iQ

そもそも今回劇中劇じゃないっぽいし、いつもに比べたら遥かに出る確率はあるはずなんだけどな。例の覚醒カードだって用意されてるくらいだし。
マジメにこれで出番無しだったら失望する

521 : ごしゅPさま   2018/12/18 01:24:48 ID:8XduoRr5p.

出番あるといいなぁ
>>514から

静香「私の質問にひとつだけ答える、っていうのは?」

未来「なーんだそんなこと。別にいいよ」

静香「じゃあ決まりね。質問されてからやっぱり無しはダメだから」

未来「え、そ、そんなに念を押されるとなんか緊張しちゃう…」

静香「そんなに構えなくてもいいわよ。ところで私の待ち受けをどうしてるの?」

未来「ああそれは静香ちゃんと見つめあって物理的なせ…」

静香「物理的なせ…?」

未来「……はぁぁっ!?なん、なんですかそ、それはっ…どこ、どこ発信のぉ!?」

静香(びっくりするくらい慌ててるわね)

静香「あなたのお友達からちょっと、気になる話をね。それで、物理的な何をしてるって?」

未来「や……あぁ、もうすぐ夕日が落ちるよ静香ちゃん。綺麗だね」

静香「そうね。沈む前に質問に答えてもらえる?」

未来「……」

静香「……」

未来「…っ」ダッ

静香「あ、逃げた!ちょっと未来ー!!」ダダッ

未来「それはアレだってぇ!ぷぷ、プライオリティだからぁぁぁっ!!」

静香「プライバシーでしょぉ!器用な間違いしてんじゃないわよ!むしろこっちがプライバシー侵害されてそうじゃないのよぉぉ!!」

未来「してないから!!してないって言ってたから!!」

静香「共犯ね、共犯者がいるのね!?」

未来「あぁしまった!?ごめんね亜利沙ちゃぁぁんっ!?」

静香「いやちょっとは隠す努力しなさいよ!!」

522 : せんせぇ   2018/12/18 01:27:09 ID:8XduoRr5p.

静香(その後ヘロヘロになった未来を問い詰めたところ、観念して例の待ち受けを見せてもらうことになった)

静香(そこには確かに私…だけど、オフィシャルに配布されているものではなく、完全プライベートの姿)

静香(そういえば以前ばったり出くわした時にシャッターを切られたっけ…そうだあの時に間違いない)


未来「亜利沙ちゃんが「ばっちり許可は貰ってるので、ご心配なく~」って言ってたんだもん…」

静香「それは亜利沙さんがものすごいノリで迫ってきたから…まさか未来にその時の画像を渡してたなんて」

未来「あ、亜利沙さんを怒らないでね?私が欲しいって言いだしただけだから…」

静香「…どうして私の画像なんか」

未来「だってすっごく良く撮れてるでしょ?オフィシャルのキリッとした静香ちゃんも好きだけど、こっちは可愛くってさ~♪何気ない日常を切り取った感じっていうのかなぁ」

静香「や、やめてよもうっ。…まあ、別に見られて困るものでもなかったのは幸いかな。亜利沙さんもあれできちんと線引きは出来る人だし」

未来「じゃあ…消さなくてもいい?」

静香「ぅ……いいけど、待ち受けにするのは…。誰かに見られたら私までなんか恥ずかしいもの」

未来「はぁーい。じゃあすぐ開けるようにフォルダ分けて…」

静香「ど、どんだけ見たいのよあなたは。だいたい……あ」

未来「ん?」

静香「そういえば、結局物理的ななんとかって…」

未来「静香ちゃん、そんなことより早く劇場行かなきゃっ!遅刻遅刻!」タタッ

静香「え?…うそっ!?追いかけっこしてたらもうこんな時間じゃない!もう…っ」タタッ…

未来「」ホッ…


静香(物理的なせ…。結局聞きそびれたけど、まあ今度思い出した時にでも聞いてみよう)

523 : プロデューサー   2018/12/18 01:29:51 ID:8XduoRr5p.

安価は気にせず語りたい時はスルーしちゃってください(定期)

次のシーン

1、劇場の2人
2、学校の遠足行事
3、深夜の長電話
4、その他(自由安価)

ちなみに今の時系列は765プロカバーチャレンジ編辺りです

↓1

524 : バカP   2018/12/18 07:04:00 ID:ufbNj6h3bE

3、もちろんその日の夜の話
物理的なせ…の続きが気になる

525 : ごしゅPさま   2018/12/19 02:42:48 ID:VQOkQ3NIjk

静香家

静香「…こんな感じかな。あとはプロデューサーに確認してもらって」カタカタ、ターン

静香「よし、と。毎日更新じゃないとはいえ、オフィシャルブログの内容考えるのも大変ね」

静香「皆はどんな感じの……あら?未来のプロフ、ようやく更新されたんだ。ちゃんと宣材も…こうして見ると、改めて未来もアイドルになったんだって実感するわね」

prrr

静香「…噂をすれば」ポチ

未来『静香ちゃん!さっきホームページ見たらね、私がアイドルになってた!』

静香「はいはい言いたいことはなんとなくわかってるから落ち着いて」

未来『あ、ごめんうるさかったよね…でもびっくりしちゃった。だって芸能人みたいな扱いなんだもん』

静香「みたいじゃなくあなたは芸能人なの。これを見てようやくそれが実感できたってわけ?」

未来『そうは言ってもまだテレビどころかステージにだって上がらせてもらってないし』

静香「そう簡単に上がれたら苦労しないっての。そもそもまだ新人だから出られないってこないだ言ったじゃない」

未来『わかってるけどぉ…せっかく一緒に踊り練習したのに、出られないんだもんなぁ』

静香「未来が翼以上に踊れるって言うなら、可能性はあるかもね」

未来『そんなの無理に決まってるじゃんっ。というか静香ちゃんだって翼ちゃんより踊れてなかったくせに』

静香「わかってるわよそんなこと!だからこれからもっともっと練習して、本番までにきちんと仕上げてみせるわよ。必ず…」

未来『じゃあさ、私はそんな静香ちゃんのサポート役として今回頑張る!なにか差し入れ用意しておくからね』

静香「未来は未来でやることがあるでしょ、裏方だって立派な仕事なんだから」

未来『主役のサポートも立派な裏方仕事でしょ?私、陸上部でマネージャーやってたからけっこう自信あるんだ、でへへ♪』

526 : プロデューサーさん   2018/12/19 02:44:50 ID:VQOkQ3NIjk

静香「別に主役じゃないんだけど…もう、そこまで言うなら好きにしなさいよ」

未来『まっかせなさい!あ、ちゃんと本来の仕事もやるから安心してね』

静香「無理しないでよ、裏方も体力仕事なんだから」

未来『ヘタりそうになったら静香ちゃんのカッコいい画像見よっと』

静香「そ、そんなのでっ……いえ、それはそれでいいのかしら。アイドルってそういうものだろうし」

未来『静香ちゃんもヘタりそうになったら私の画像見ていいよ。今ちょうどホームページに上がってるから』

静香「なんで私まで……あ」

未来『どうかした?』

静香(そういえば…結局未来は私を待ち受けにして何をやってるか、聞いてなかったわね)

静香(物理的なせ……うぅん、思い出したら急に気になってきた。でも簡単に答えてくれるかしら…?)

未来『静香ちゃんってばぁ』

静香「…未来の気持ち、ちょっとだけわかるかもね」

未来『ほえ?どうしたの急に』

静香「私の画像見て元気になるっていう…実は私もね、未来の宣材見てたら、なんだかやる気がわいてきた気がするの」

未来『えー本当に!?なんかそれ、すっごく嬉しいかも…!ウソじゃないよね?』

静香「ええまあ。さっきオフィシャル用のブログをようやく仕上げたところでね。意外と頭使って疲れたところなんだけど、続けて振りの確認と明日の予習もしなきゃいけなくて…」

未来『こんな時間から?大変そう…』

静香「でも未来の宣材をしばらく眺めてたら、よし私も頑張ろうって不思議と前向きな気持ちになれた気がするわ」

未来『そ、そっか…そっかそっかっ。照れるなぁでへへぇ…♪』

静香(…100%ウソってわけじゃないけど、ちょっと罪悪感が…)

527 : あなた様   2018/12/19 02:46:14 ID:VQOkQ3NIjk

未来『静香ちゃんも私と同じだったんだぁ、嬉しいなぁ』

静香「そうだったわね。未来はどんな風にして私の画像を眺めてるんだっけ?」

未来『うんとね、画像を開いたらこう見つめ続けて、上手く言ったら物理的にせ…』

ガチャ

「静香?まだ起きてるの?」

静香「っ…お母さん!?」サッ

「今話し声が聞こえたけど、こんな時間に誰かと電話でも?」

静香「ご、ごめんなさい。明日の英語、当てられる番だから発音の確認を…」

「…そう。終わったら早く寝なさいね。子供はもうすぐ寝る時間ですよ」バタン

静香「はい……はぁ、ごめんね未来途中で離れちゃって」

未来『……』

静香「…未来?」

未来『…あっ、な、なに静香ちゃん?』

静香「いや、途中で電話離れてごめんって…それより今何してたの?」

未来『なな、なんにもぉ?ただ静香ちゃんの着信画像眺めて……じゃなくっ、へ、変だなぁって思っただけだようん』

静香「…もしかして今、例のやつやってた?」

未来『え、ななに?例のやつってなにかな?あ、わかった差し入れだ!もー静香ちゃんせっかちだなぁまだ用意なんてしてないよあははっ』

静香「…」


1、とことん問い詰める
2、今日の所は諦める
3、もう触れないでおく
4、その他(自由安価)

↓1

528 : おにいちゃん   2018/12/19 07:11:24 ID:hyrVu5xDhQ

4、未来が自滅する

529 : ぷろでゅーさー   2018/12/19 20:16:53 ID:VQOkQ3NIjk

未来「これから身体に良さそうな材料を色々買って来て良い感じに混ぜた特製ドリンクなんてものを作っちゃっかなーって考えてて…」

静香「…」

未来「それからレモンのハチミツ漬けも疲れた体にとっても効くんだよ。作り方も難しくなくてレモンをスライスしてハチミツに漬けて…」

静香「…」

未来「手がべたつかないように爪楊枝であーんって、ちょっと酸っぱそうな顔してたけど「うん、美味しいわ未来。ありがとう」なんてなんて、残さず食べてくれてさぁ…でへ」

静香「…」

未来「そしたら口元にハチミツなんかつけて、もー静香ちゃん子供じゃないんだからって言いながらハンカチでふきふきっと。恥ずかしそうにしてたけどされるがままだから私もちょっと意地悪して…」

静香「私そんなことされた覚えないけど」

未来「は…そそ、想像でね!頭の中でね!!こうなったらああなったらっていう色々なアレを画面見ながら考えたりしてね!!!」

静香「つまり私の画像をそういう妄想に使ってたってわけ?」

未来「や、あ…だ、だけだよっ!眺めながらそんなこと考えてただけで決して体のあちこち拡大して鑑賞したり撫でたらどんな反応するかなとかやってないから!やってないから!!」

静香「やったんだ」

未来「やってないって!!サキちゃんに学校で気持ち悪い笑み浮かべないでって言われてからお家でしかやって……あ」

静香「……未来」

未来「…はい」

静香「気持ち悪い」

未来「」

静香「それも十分セクハラになるから。あぁ、せ…てセクハラってことだったのね。自覚はあったわけだ」

未来「」

静香「まさかそんなことされてるなんて想像もしてなかったわ。…もう切るわね、春日さん」

未来「」

ブチ

530 : おにいちゃん   2018/12/19 20:17:34 ID:VQOkQ3NIjk

静香「……まったく何考えてるのよ」

静香「…」

静香「ちょっと言い過ぎたかな…いやでも流石にこれはね…」


1、もう一度かけてみる
2、ほっとく
3、未来からかかってくる(出るか否か指定可)
4、その他(自由安価)

↓1

531 : 箱デューサー   2018/12/19 20:35:23 ID:hyrVu5xDhQ

1、なんだかんだで気になる静香であった

532 : 彦デューサー   2018/12/19 22:50:05 ID:VQOkQ3NIjk

静香「……」

ポチポチ……pガチャ

静香「早っ!?」

未来「静香ちゃんごめんなさい気持ち悪い事して本当にごめんなさいセクハラしてごめんなさいもうしないからごめんなさい」

静香「ちょ、わ、わかったから一旦…」

未来「だから嫌いにならないで、嫌いになっぢゃ、やだぁ…」

静香「な、泣きたいのはこっちなんだけど…ねえ、嫌いになるかは一旦置いといて」

未来「嫌われだぁ…もう口きいてくれないんだぁ…あぁぁぁ…っ」ビエー

静香「だから一旦置いとくって言ってんでしょっ、本当に嫌いになるかは未来しだいだからね」

未来「私しだい…?」

静香「とりあえず訳を聞きたいわ、どうして私の画像でセク…変な事してたのか」

未来「だ、だって楽しいんだもん…」

静香「いやいくら楽しいって言ってもその…ある意味心配よ。学校でもお構いなしに一人妄想にふけってるなんて、ちょっと普通じゃないというか…」

未来「…そうだよね。私もそう思う。…でも、ちょっと考えたんだ」

静香「?」

未来「私達って2年生でしょ?2年生で出会って、それから色々あって…こんなに大好きなお友達が出来た」

静香「…」

未来「こんなにかっこよくて優しくて、可愛くて…なんで1年の時に気付かなかったんだろ。もっと早くに会ってたら、もっと色々出来たのにって」

静香「それはだって偶然…むしろ出会ったこと自体運が良かったようなものだし」

533 : 兄ちゃん   2018/12/19 22:50:37 ID:VQOkQ3NIjk

未来「わかってるけど、だから想像しちゃって。もし1年で出会ったら…同じクラスだったら…席が隣だったら…日直が一緒だったら…」

未来「いやもっと前に出会ってたら?小学校、幼稚園…幼なじみ、は流石に家が遠いけど、とにかくそういう、もしかしたらって未来」

未来「きっと、もっともっと楽しい毎日だったのにな、なんでもっと早く出会わなかったのかなぁ…そう思ったら、ひとりでに頭の中で想像しちゃってたんだ」

静香(…少なくとも、中学1年で出会ってた可能性は確かにあったわね。けれどそれは所詮)

未来「「あったかもしれない」を考えだすと、今度は「あるかもしれない」が膨らんできて、それで色々…」

静香「セクハラに手を出した、と」

未来「その言い方は…いえ、その通りです」

静香「まあ、可能性をあれこれ考えるのが楽しいのは、わかるわ。私だってそういうこと、考えないわけじゃないし」

未来「…アイドル?」

静香「そ。あとは家の……ううん、これはいいわ。とにかく、未来はその可能性というものばかり考えてたってことね」

未来「大体は……き、嫌いになる?」

静香「ふー……嫌いにはならない。けど、ちょっと怒ってる」

未来「だよね、怒って当然っていうか…」

静香「だって、未来が言い出したことじゃない。この出会いは運命だって」

未来「え…」

534 : ご主人様   2018/12/19 22:51:04 ID:VQOkQ3NIjk

静香「前にも似たようなこと言ったっけ。、普通にクラスメイトになったところで、それなり親しくはなるだろうけど…きっとそれまで」

静香「アイドルのことは言わず、ただの学校の友達として付き合ってたんじゃないかしらって。小学校や幼稚園までは想像もつかないけど、多分一緒よ」

未来「…けっこう現実的なんだね」

静香「そりゃあね。…だから私は、未来との出会いを大事にしたいって思ってる」

未来「わたし…?」

静香「あったかもしれないもしもより、ああして未来と出会ったこと…私はどんな可能性よりも良かったって、そう思う」

未来「静香ちゃん…」

静香「でも、未来はそうじゃなかったってことなのかしら?」

未来「そ、そんなはずないよ!私だって…っ」

静香「だったらいいじゃない。別にダメとは言わないけど、妄想に耽るのも程々にしてよね。…むしろ一人で楽しむくらいなら、いっそ私も直接巻き込んでよ。もしも話、私も興味あるんだから」

未来「ぁ…う、うん…っ」

静香「ただしセクハラにまで及んだら絶交ね」

未来「もうしません!」

静香「よろしい。というか、セクハラに至るまでのプロセスが意味不明すぎるわ」

未来「…好きな人にイジワルしたい、的な?」

静香「おやすみ、また明日ね」プチ


静香「なにが好きな人には、よ。どうせイジって面白がりたいだけでしょうに」

静香「さてと……あ、ページ閉じてなかった。お母さんに何も言われなくて良かった…」

静香「未来のプロフ写真か……ちょっと落としてみようかな」カタカタ

静香「ふぅん、こんな感じで眺めて楽しんでるのかしら。まったくなにがそんなに…」

静香「…ここの露出指摘したら、さりげなく気にしそうね。ここだとお腹壊すかもなんて手を…」

静香「……単純そうで目に浮かぶ…ふふ♪」

535 : Pさぁん   2018/12/19 22:52:28 ID:VQOkQ3NIjk

語りたい時は気にせずスルーで(定期)

次のシーン

1、静香に差し入れする未来
2、学校の遠足行事
3、ちょっと飛んでカバーライブ本番の日
4、その他(自由安価)

↓1

536 : 我が友   2018/12/20 00:45:03 ID:6O5G9oFAkE

>>517でみらしずキてなかったら絵を描くって言ってたけどキテても描こうと思ってる

安価は2

537 : ダーリン   2018/12/20 02:21:34 ID:u7YvTkJalc

>>536
ええぞええぞ


ごめん調べたら遠足はカバーライブ後の設定だったっぽい。このSSではライブ前ってことで


昼休み

未来「はい水筒!」

静香「…いきなりなに?水筒なんか取り出して」

未来「今度の遠足に持って行くんだ。使い古しだけど持ちやすくて使いやすいんだよ」

静香「それはわかったけどなんで今取り出したかって聞いてるの。ジュースもう買ってあるじゃない」

未来「持ってきてたの忘れてて…よかったら飲んで?静香ちゃんまだジュース買ってないでしょ?」

静香「中身は?」

未来「麦茶。間違ってなければ」

静香「微妙に嫌な言い方ね…まあそういうことなら貰おうかな」

未来「じゃあコップ持って…まままま」トクトク

静香「宴会か。…見た目は普通に麦茶っぽいわね、いただきます」ゴク

未来「どうかなどうかな?美味しい?」

静香「…麦茶、だと思うけど、ものすごく薄い。ほぼ水よこれは」

未来「えー?やっぱパック入れて1分じゃ早すぎたかなぁ」

静香「どんだけせっかちなのよ!普通1時間とかでしょ!」

未来「だってバスの時間危なかったんだもん。静香ちゃんと一緒に乗れないのやだったし」

静香「仮に乗り過ごしたとしても十分じゃなかったと思うけどね」

未来「まあ大丈夫。遠足前日にはきちんと下準備しておくもん」

静香「楽しみすぎて眠れず寝坊、なんてベタなことしないでよ」

未来「…あり得るかも。したらどうしよう?」

静香「諦めることね」

未来「え、静香ちゃんがモーニングコールしてくれるって?」

静香「しないから」

未来「しないの?」

静香「しない」

未来「ちぇ」

538 : Pちゃま   2018/12/20 02:23:03 ID:u7YvTkJalc

~~

遠足当日

未来「むにゃむにゃ…しずかちゃん、とうとううどんと…」

prrr

未来「ん…ふぇ、でんわ……もひもひ」

静香『おはよう未来。そろそろ起きたらどう?』

未来「しずかちゃん…?どうしたの朝早くから」

静香『今日は遠足でしょ。準備は早めに済ませないと』

未来「遠足…あっ、時間は!?……ほ、まだ全然余裕の時間だよぉ。静香ちゃんいくら遠足だからって張り切りすぎじゃない?」

静香『別に張り切ってないから!未来が心配で掛けただけよ、朝に用意するものだって色々あるでしょうに」

未来「はっ、そうだった!急げ急げー!」

静香『もう…バス乗り遅れないでね』


バス

未来「ふぅ~なんとか間に合ったぁ。電話かけてくれてありがとう静香ちゃん」

静香「本当に前日準備したの?あの時間に起きてもギリギリなんて」

未来「したよちゃんと。その後息抜きにゲームやったら思いのほか時間経っちゃってて…」

静香「だらしないわね。仮にもアイドルなんだから自己管理くらいきちんとしておきなさい」

未来「はーい。…ところでさ、静香ちゃんそろそろライブだけど、遠足に参加して大丈夫なの?」

静香「学校行事なんだから参加して当たり前でしょ。遠足も授業の一環なんだから」

539 : ダーリン   2018/12/20 02:23:48 ID:u7YvTkJalc

未来「でも静香ちゃんみたいに忙しい芸能人とかは大体欠席するものなんじゃ」

静香「そりゃあお仕事でやむを得ない時は欠席もするけど、単にレッスンが過密ってだけならそう休んだりしないわよ」

未来「レッスンだけじゃないよね、塾とか習い事にだって通ってるんだっけ?…ちょっと働きすぎじゃないかな?」

静香「大丈夫よこれくらい。別になんともないってば」

未来「本当に?」

静香「アイドルを理由に学業をおろそかにはしない。…そう、親と約束してるから」

未来「……」

静香「本当なら仕事で欠席するのもあまり良い顔してくれないのよ。だからせめて、出られるものはきちんと出ておかないとってこと」

未来「……静香ちゃんさ、本当は親に…」

静香「着いたわよ。さあ降りましょ…せっかくの遠足ですもの、楽しまなくちゃね」

未来「…そうだねっ」

遠足場所

1、登山
2、東京をぐるっと一回り
3、某テーマパーク
4、その他(自由安価)

↓1

540 : 仕掛け人さま   2018/12/20 02:52:02 ID:j0.lqdm77A

2

541 : プロデューサーはん   2018/12/20 05:33:07 ID:u7YvTkJalc

先生「よーし全員揃ってるな。電車内で騒いだりするんじゃないぞー」


未来「…」

サキ「大人しいね未来、最上さんがいないから?」

未来「…そりゃそうですよね、クラス別に行動しますよね」

サキ「当たり前でしょ、人数が人数なんだし」

未来「うぅ…ところでサキちゃん、遠足ってどこ行くんだっけ?東京を色々巡るのは知ってるけど」

サキ「旅のしおりに書いてあるでしょ。えーと…なんかめぼしいスポットをいくつか、って感じ」

未来「そんなアバウトな」

サキ「その後自由行動をはさむから各々行きたいところへ」

未来「んー、よく考えたら東京巡りなんていつでもできるよね。私達東京に住んでるんだし」

サキ「それはどうかしら?東京に住んでる人の方が実は東京のことをよく知らないってこともあるのよ」

未来「そうなの?でも言われてみれば定番の遊び場以外あんま知らないかも」

サキ「用も無い所にわざわざ行かないしね。未来は東京タワー上った事ある?」

未来「そういえば無いかも」

サキ「そういうこと。まあこれも良い機会ってことね」

未来「行きたいところ…私たちはどこ行く?」

サキ「候補はあるけどまだ決めてないわねそういえば。なんなら未来が今決めていいわよ」

未来「そんな適当でいいの?」

サキ「いいのいいの。どうせ行こうと思えばすぐ近所なんだから」

未来「行きたいところかぁ…とりあえず考えてみるね」

未来(静香ちゃんはどこ行くんだろ?)


~~

代々木公園

未来「ひろーい!」


スカイツリー

未来「たかーい!」


上野の森美術館

未来「ふぇるめーる…?」

~~

542 : おやぶん   2018/12/20 05:33:42 ID:u7YvTkJalc

未来「なんかさ、一日で東京回るって意外とタイトだよね」テクテク

サキ「ほんとほんと、きっと思いつきで考えたんでしょうね」テクテク

未来「えっとこのあとは…あ」


静香「」テクテク


未来「静香ちゃんだ!やっと見つけたよ~。おー…」


「最上ー次はどこ行くんだっけ?」

静香「次は赤坂よ、皇居前。しおりに書いてあるでしょ」

「最上さん次に乗る電車だけど…」

静香「大丈夫、時刻表ならここに書いて写しておいたから」

「やっぱ静香がいると頼りになるわねー、男子なんてほんと頼りにならないんだから」

静香「これくらい何でもないわよ、それよりあれが…」


未来「……」

サキ「最上さん大人気じゃない」

未来「ま、まあね。静香ちゃんは本当に頼りになるから、あはは」

サキ「あれじゃ構ってもらえそうにないわね未来」

未来「べ、別にいいよ私の事なんて。それにこっちはこっちで遠足楽しんでるもんねー」

サキ「強がっちゃって……ふむ」


1、それとなく静香の隣へ誘導する
2、未来とくっついてる様を静香に見せつける
3、考えてたら未来がいなくなった
4、その他(自由安価)

↓1

543 : 我が友   2018/12/20 07:16:21 ID:j0.lqdm77A

3

544 : ダーリン   2018/12/20 12:59:55 ID:C7dLtDAtLk

ふと思ったがみらしずの学校生活をここまで書いてるSSって他に見たことないな。というか2次創作界隈どこ見てもその設定活用してるの滅多にいない

545 : ごしゅPさま   2018/12/20 22:30:53 ID:az4bdjcjo2

みらしずかわいい

546 : ぷろでゅーさー   2018/12/21 00:07:45 ID:fkDnq/EbgI

>>544
バイブルだなんだ言われてても所詮はコミカライズのオリ要素だからな。アニメでその設定使ったら多少は増えそうだけど

547 : ごしゅPさま   2018/12/21 03:06:45 ID:p.mMS.12KA

サキ(あのクラスには友達もいるし、やろうと思えば未来を最上さんの隣へ誘導するくらいは出来そうね)

サキ(未来も喜ぶだろうけど……あ、いっそのこと私と未来が楽しそうにくっついてる様を見せつけてみるってのは)

サキ(あれだけ私に懐いてた未来が今は別の人と仲睦まじく…そして気付くの。私ってば本当は未来の事……!)

サキ「あ、面白くなりそう。未来ちょっとくっついて……未来?」

サキ「未来ー。未来ってばーっ!おかしいわね、いつの間に隣からいなくなったのかしら?……ねえ、未来知らない?」

「しらなーい」

「見てないわよ」

「トイレじゃね?」

サキ「トイレなら声掛けてからにしてほしかったけど…仕方ない、電話するか」ポチポチ

prrr…

サキ「……出ない、多分カバンに入れっぱで気付いてないのね」

「未来どしたの?ひょっとしてはぐれた?」

サキ「いえトイレだと思うんだけど、連絡つかなくて」

「まさか迷子じゃないよね?」

「あーあの子なら違和感無いわ」

サキ「ま、まあ東京生まれとはいえこの辺始めてだったみたいだし、可能性としては…」

「むしろ誘拐されてたりして。なんか甘いもの渡せばホイホイついて行きそうじゃん?」

「あーあの子なら違和感無いわ」

サキ「そこまでバカじゃないわよ!…多分!」



静香「…?なんだか後ろのクラスが騒がしいわね」

金髪「一人見当たらないんだとさ」

静香「はぐれたって事?」

金髪「そこまではわかんないけど」

548 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/21 03:11:02 ID:p.mMS.12KA

二つ結び「後ろって確か未来のクラスだよね?まさか未来が迷子になってたりして」

静香「まさか」キョロキョロ

金髪「と言いつつめっちゃ探してるもがみんかわいい」

静香「うるさい。……変ね、未来が見当たらないわ」

二つ結び「え、まさか本当に?」

金髪「事情聞きに行ってみたら?ここは私達がなんとかしておくから」

二つ結び「さりげなく私を巻き込むな。けどまあ、このままじゃ仕事も手につかなそうだし、行ってきなよ」

静香「そ、そんなこと……やっぱごめん、ちょっとお話聞いてくるっ」タッ



サキ「…あ、最上さん」

静香「ひとりはぐれたって聞いて。あの、さっきから未来の姿が…」

サキ「お察しの通り」

静香「もう、未来…なにやってるのよ」ポチポチ

サキ「多分ダメよ。さっきから何度もかけてるけど、気付いてないみたいで」

静香「……はぁ。誰か最後に未来を見た人は?」

サキ「さっぱり。皆アレを眺めながら歩いてたから」

静香「東京タワー…これだけ間近だと見上げずにはいられないものね。もしかしたら未来も…」

サキ「見上げて歩いてたら列からはぐれて…ってところかしら」

静香「きっとそうね、どのみち向かう先は同じだからあまり心配はいらないのかも。ふふ…」


「え、春日が誘拐されたって?」

「迷子って言ってなかったっけ?まあどっちにしろ春日ならありえそうだよな」

「はは、わかる。あいつ単純だからなー」


静香「……」

サキ「だ、大丈夫よっ、こんな真昼間から誘拐なんてあるわけないわ。大体いくら未来でも知らない大人にほいほいついて行くほどバカじゃないし」

静香「そ、そうよね。未来はそこまでバカじゃない…と思うけど…」

549 : プロデューサー殿   2018/12/21 03:11:46 ID:p.mMS.12KA

未来は…

1、普通にはぐれただけ
2、偶然見つけた知り合いと立ち話(相手指定可)
3、誘拐されている
4、その他(自由安価)

↓1

550 : バカP   2018/12/21 03:34:13 ID:a9BADuguMs

1

551 : おにいちゃん   2018/12/22 01:26:52 ID:.vdKaUmclM

未来「はー歩いても歩いてもなかなかたどり着かないねー東京タワー。見た時はけっこう近いと思ってたんだけどなぁ」テクテク

未来「それだけ大きいってことかー。スカイツリーも凄かったけどやっぱ東京タワーも凄いね。流石東京ってつくだけのことはあるなぁ」テクテク

未来「でも展望デッキまでは登らないんだっけ?じゃあいっそ自由時間に戻って登っちゃおうよサキちゃ…」

未来「……あれ、サキちゃん?サキちゃんがいない、というか……生徒誰もいない」

未来「……」

未来「みんなトイレかな?…ってそんなわけないよね。これは、いわゆる…はぐれたってやつですか」

未来「……」

未来「ど、どうしよ~!?ずっと上見て歩いてたから気付かなかったんだ!あわわ、みんなはどこー!?」

未来「このままじゃ迷子になってお家に……あ、すぐそこに地下鉄。えっと…とりあえず知ってる場所には帰れそうかな」

未来「よかったぁ♪危うく迷子になるところだったけどこれで一安心だね!」

未来「…じゃないっ!このままじゃ先生に怒られちゃう。サキちゃんにも他の友達にも迷惑かけちゃうし、なんとか合流しなきゃっ」

未来「とはいってもなぁ、どこをどう歩いたか忘れちゃったし……あ、そうだ電話!」ゴソゴソ

未来「困った時はやっぱ電話だよね。これで助けを……うん?なんか前にも似たようなことあったような……まいっか」ポチポチ

未来「あり、静香ちゃんからも着信が……し、しかも結構な回数」

prrr

未来「あ、きた!…もしもし?」

静香『繋がった!?未来今どこにいるの?大丈夫?変なことに巻き込まれてないわよね!?』

未来「わ、わっ、だ、大丈夫!大丈夫だよ静香ちゃん!ちょっと落ち着いて…っ」

静香『本当に?……はぁ~よかった…!』

552 : プロデューサーさん   2018/12/22 01:28:22 ID:.vdKaUmclM

未来「ご、ごめんね。別クラスの静香ちゃんにまで迷惑かけて。私がぼーっとしてたのがいけないんだ…」

静香『ええまったくその通りよ!もう……ずっと繋がらないから私、不安で……ばかっ』

未来「ホントにごめんなさいっ。カバンにずっと入れてたの忘れててそれで…」

静香『少しは反省してよね。電話がつながらないってだけで気が気じゃなかったんだから』

未来「そうだよね、電話繋がらないのはなんだか…無性に怖いよね」

静香『…とりあえず、今どこ?』

未来「えっとね、近くに地下鉄があって。……ご、ごせいもん?駅ってとこ」

静香『ごせいもん?ちょっと調べてみる……あ、もしかして御成門駅のこと?三田線の』

未来「そうそう三田線!おなりもん駅っていうんだ、変わった名前だね」

静香『そんなに離れた距離じゃないのか…未来、とりあえず東京タワー下に集合ってことだけど、一人でこれそう?』

未来「あんなおっきい目印迷いようがないよ、大丈夫大丈夫」

静香(いやはぐれてるじゃない…迎えにいってあげたいけど、クラスに戻らなきゃならないし…)


1、やっぱり心配なので迎えに行く
2、電話を繋いだままにしておく
3、サキに頼む
4、その他(自由安価)

↓1

553 : せんせぇ   2018/12/22 01:34:37 ID:kDiSYFaD7U

3、困った時は友人に頼むに限る

554 : プロデューサー殿   2018/12/22 05:28:40 ID:.vdKaUmclM

~~

サキ「どうやら未来は大丈夫そうね」

静香「ええ。…あの、悪いんだけど未来の事…」

サキ「どうしてあなたが申し訳無さそうにしてるの。で、今どこに?」

静香「御成門駅。そこで待ってるよう言っておくわ」

サキ「わかった、任せて。本当は迎えに言ってやりたい最上さんの代わりってことで」

静香「な、なによそれ、そんなんじゃ…ともかく先生には私から言っておくわ」

サキ「ありがと。じゃあ東京タワーで会いましょう」スタスタ…

静香「未来、今サキさんが迎えに言ってるから、そこ動かないでね」

未来『サキちゃんが?じゃあ電話繋いでおかなきゃ』

静香「私達は先に行くけど、今度こそはぐれちゃだめよ」

未来『うん。わかった』

静香「勝手にお店とかに入っちゃダメだからね」

未来『わかってるって』

静香「知らない人に声掛けられたり、無理やり連れていかれそうになったら…」

未来『もー子供じゃないんだから!』

静香「迷子が何言ってるんだか」

未来『迷子じゃないもん、一応家には帰れるし』

静香「そういう所が子供だっていうのよ」

未来『じゃあ静香ちゃんは大人なの?』

静香「未来よりはね」

未来『むー…同い年なのに』

静香「じゃあまた後で会いましょう」プチ

555 : プロデューサー   2018/12/22 05:29:40 ID:.vdKaUmclM

静香「…ほんとに、子供なんだから」

二つ結び「それって未来の事?」

静香「あ、ごめんなさい。勝手に離れてしまって…」

金髪「いーよいーよ。先生には事情言っておいたから」

静香「やけに手回しがいいわね」

金髪「面白そうなことは見過ごせない性質なの」

二つ結び「付き合わされる私の身にもなってよ。それで、未来は後で合流するって?」

静香「ええ、未来の友達に頼んで迎えに行ってもらってるから」

金髪「ほんじゃ私達は一足先に行きますか」

静香「そうね…」

金髪「……そんな心配なら自分で行けばよかったのに」

静香「だからっ!……いえ、私にもやることがあるの。一応まとめ係だし、そもそも別クラスの問題だから」

金髪「流石優等生。いくら過保護でもきちんと公私をわきまえてますなぁ」

静香「べ、別に過保護な訳じゃ…」

二つ結び「いや割とそう見えるけど。でもまあ、あんま子供扱いしてると流石の未来も怒っちゃうんじゃない?」

静香「…仕方ないじゃない、実際抜けてるし危なっかしいし。今回だってヘタしたら…」

金髪「まあ気持ちはわかるけどね。時々あの子本当に同い年か?って思うことあるもん」

二つ結び「加えて静香が同年代よりしっかり物だから、並べると余計に……真面目にさ、どう仲良くなれたのか知りたいんだけど」

556 : プロデューサー殿   2018/12/22 05:30:45 ID:.vdKaUmclM

静香「だ、だからそれはボランティアがキッカケで友達に…」

金髪「この年でボランティアに励むくらいならそれなりしっかりしてそうなもんじゃない?」

二つ結び「多分楽しそうだから~くらいにしか考えてないわよ」

静香(大体あってる……私より社会経験積んでても、どうしてか未来は子供っぽさが抜けないのよね)

静香(そんな未来がちょっぴり心配で、普段あれこれ口出ししてしまう…これってやっぱり、子供扱いになるのかな)

静香(未来も気にしてるのかしら…誰だって、子供扱いされたくないわよね。さっきもちょっとムッとしてた気がするし…)

金髪「ま、何にせよいいお友達が出来てよかったじゃん。最近の静香も妙に生き生きしてきてるし、良いコンビだと思うよ」

静香「わ、私が…?」

二つ結び「あーわかる。お世話し甲斐があるってだけじゃなくて、なんかこう打ち解け方が他と違うんだよね。二人だけの世界があるっていうかさ」

金髪「ボランティアやるとこんなにも仲良くなれるのかー。今度やってみる?」

二つ結び「私に言ってる?…ま、まあ部活無い時になら」

静香(……気にしすぎかしらね)

557 : ダーリン   2018/12/22 05:32:25 ID:.vdKaUmclM

~~

未来「わざわざごめんねサキちゃん」

サキ「上ばっか見て歩いてたら、普通に危ないわよ」

未来「いやぁ東京タワーがあまりに大迫力でつい」

サキ「とても東京生まれとは思えない発言ね…まあいいわ、行きましょ」テクテク…

未来「うん。東京タワーの後はどういう道順だっけ?」テクテク…

サキ「芝公園と皇居前をぐるっと。その後は自由時間ね。あ、未来はもう満喫したからいいか」

未来「はぐれただけだよ!私も自由時間欲しい!」

サキ「そういえば結局どこ行くか決めた?」

未来「折角だから東京タワー登りたいかも」

サキ「いいけど混んでるわよきっと。並んでるだけで自由時間のほとんど使っちゃうかも」

未来「う、それはなんか勿体ないなぁ…みんなはどの辺見に行くんだろ」

サキ「みんなって、最上さんとか?」

未来「な、なんで静香ちゃんが出てくるの?」

サキ「なんとなく。んーそうね、この近くの有名所なら国立美術館とか東京ドーム……あ、武道館がすぐそこね」

未来「武道館!?すぐそこにあるの!?」

サキ「なによ、武道館に思い入れでも……あぁ、そういえば未来はアイドルだもんね、いつかあそこに立ちたいとか思ってる?」

未来「私というかしず……あ、えと、まあそうだね」

サキ「ふふ、別に隠すことないわよ。私はもう知ってるんだから、最上さんがアイドルだってこと」

未来「…うん。あそこに立つのが夢だって静香ちゃんが…ところでサキちゃん、いつの間に静香ちゃんと仲良くなったの?」

サキ「ん~?気になる?」

未来「な、なにその言い方…ちょっと聞いてみただけだもんっ」

サキ「あの時の食堂で意気投合してね。主に誰かさんの話で」

未来「?」

サキ「そうだ、折角だし最上さん誘ってみたら?別に自由行動はクラス関係ないし」

558 : ごしゅPさま   2018/12/22 05:32:59 ID:.vdKaUmclM

未来「それいいかも!…でも静香ちゃん空いてるかなぁ?けっこう人気だったし、もう誰かと行く予定立ててるかも」

サキ「聞くだけ聞いてみなさいよ」

未来「でも静香ちゃん怒ってないかな?勝手にはぐれるような人と行動したくないとか思ってたりして」

サキ「…あなたってほんと最上さんのことになると」

未来「え?」

サキ「なんでも。…あ、やっと合流できそうね」

~~

静香「……未来!」

未来「静香ちゃん!よかったぁやっと会えたね!」

静香「良かったじゃないわよもう…」

サキ「最上さん本当は自分が迎えに行きたかったくらいなのよ?あんまり心配させないの」

静香「ちょっ」

未来「ごめんね静香ちゃん~もう絶対心配かけないからっ」

静香「はぁ……本当よまったく。サキさんもお疲れ様」

サキ「ええ。まあ地元だから大して疲れてないけどね」


先生「よーし今から自由行動だ!時間までに集合しろよー」


未来「あ、そうだ。…静香ちゃん、怒ってる?」

静香「何よ藪から棒に。…そりゃ多少は」

未来「あう…いくらでも怒って良いからさ、その代わり、一緒に自由行動しない?」

静香「自由行動?そういえばごたごたしてちゃんと決めてなかったっけ…主にあなたのせいでね」

未来「あう…」

静香「…いいわ。じゃあ一緒に行動しましょうか」

未来「ホントに!?やったー♪」ダキ

静香「こ、こらっ…そんなことではしゃぐな!もう、未来ったら…ふふ」

559 : プロデューサーちゃん   2018/12/22 05:33:26 ID:.vdKaUmclM

金髪「おーおー見せつけてくれちゃって」

二つ結び「何だかんだ別々は寂しかったと見える」

サキ「ここは気を利かせてあげましょうか」

金髪「賛成」

二つ結び「ぬるっと会話に加わるのねサキ…まあ知り合いだからいいけど」


どこ行く?

1、武道館
2、東京タワーの展望台
3、皇居外苑をのんびり散策
4、その他(自由安価)

↓1

560 : Pくん   2018/12/22 08:18:16 ID:OgTGt7HY8k

3

561 : そなた   2018/12/22 11:07:32 ID:.vdKaUmclM

皇居外苑

静香「ここが有名な桜田門かぁ」

未来「そんなに有名な門なの?」

静香「ほら桜田門外の変って聞いたことあるでしょ?確か井伊直弼が暗殺されたとかで…」

未来「静香ちゃん見て見て!自然がいっぱいで都会じゃないみたい!」

静香「…ええそうね。来たのは初めてだけどこんなに緑あふれる場所だったんだ」

未来「でも不思議だよね。周りにはビルがたくさん建ってるのにここだけ時間が止まってるみたいに静かで」

静香「実際お城の跡とか古い橋なんかもあるし、止まったというより取り残されたって感じかしら」

未来「…えへへ」

静香「なぁに?」

未来「平和だなぁって」

静香「うん、天気も良いし緑も豊富でおまけに静か。絶好の散策日和ね」

未来「おばあちゃんになった気分」

静香「いい若い者が何言ってるのよ、さっきまではしゃいでたじゃない」

未来「でへへ…でもおばあちゃんになったらこういうとこのんびり歩くのが趣味になったりするのかな」

静香「おばあちゃんになった未来…流石に落ち着いてるわよね?」

未来「今も落ち着いてるでしょっ」

静香「手繋いでるからね。離したらすぐどこか行っちゃいそう」

未来「私ってそんなに落ち着きないかなぁ?」

静香「自覚が無いあたりおばあちゃんになっても不安ね」

未来「じゃあおばあちゃんになってもこうして手、繋いでくれる?」

静香「えらく先の話だこと。まあ、その時は仕方ないわね」

未来「私達、おばあちゃんになっても仲良しでいようね」

静香「きっとね」

未来「絶対!」

静香「はいはい、絶対ね」

未来「へへー♪ねね、あっちにお店あるみたい。見てみよ?」

562 : おにいちゃん   2018/12/22 11:09:04 ID:.vdKaUmclM

~~

未来「んーおいしー♪」

静香「私もつい買っちゃった…あ、美味しい」

未来「外で食べるソフトクリームは格別ですなー。静香ちゃんは何味?」

静香「私は抹茶」

未来「一口ちょーだい?」

静香「言うと思った。そっちのバニラと交換ね、はい」

未来「んむ、甘くて美味しい…そういえば抹茶ってそのまま飲むことあんまないよね。あのシャカシャカ―ってするやつ」

静香「茶道部でもなければね。未来は茶道部に入ろうとは思わなかっ……ああ、落ち着きが無いから」

未来「勝手に納得しないで!はいあーん」

静香「わざわざ言わなくていいわよ、恥ずかしいでしょ…あむ」

未来「どう?」

静香「どうって、美味しいけど」

未来「そこは食レポしなきゃ、アイドルなんだから」

静香「そんながっかりされても困るわよっ」

563 : おやぶん   2018/12/22 11:09:56 ID:.vdKaUmclM

~~

未来「ふーんここって桜がたくさん咲いてたんだ。もうちょっと早く来れば見られたのになぁ」(作中では5月)

静香「でも新緑が芽吹いててこれはこれでいいじゃない。それに他にも花は咲いてるんだし」

未来「ふへー。お堀の水すっごい綺麗…向こうのビルが反射して映ってる」

静香「この水もさっきの自然も、やっぱり大分手入れが行き届いてるってことね」

未来「そうだね。あちこちで木の手入れとか地面のならしとかしてたし」

静香「ボランティアで経験した身としては、やっぱ気になる?」

未来「そりゃあだって、私達みたいに楽しんでる人いっぱいいるわけだからさ、お手入れにも力が入るってものだよ」

静香「ふふ…やっぱ未来はすごいわね」

未来「そうかなぁ?あ、向こうにも行ってみようよ。まだ時間あるよね?」

静香「それは良いけど、未来疲れてない?はぐれてからけっこう歩き回ったんでしょ?」

未来「平気だよこれくらい、まだまだ見たいところがいっぱいあるもん♪」

静香「元気ね……あ」

未来「どうしたの静香ちゃん?」

静香「…あそこに見える建物、何かわかる?」

未来「んー?なにか玉みたいのが乗っかってるけど…」

静香「…あれが武道館よ」

未来「あれがそうなの!?というかこんな近くにあったんだ」

静香「そう、近いけど…まだまだ遠い、目標」

未来「見に行ってみる?」

静香「…やめておくわ。今はまだ」

未来「…どんな感じなのかなぁ。武道館で歌ったり踊ったりするのって」

静香「その内わかるわよ…必ず、ね」

564 : プロデューサーちゃん   2018/12/22 11:11:09 ID:.vdKaUmclM

~~

未来「ふぃ~ちょっと休憩」

静香「見どころが沢山あって中々全部は回り切れないわね」

未来「もうすぐ集合時間だしね。一休みしたら戻ろっか」

静香「ええ。…それにしてもこのベンチ、石の割に不思議と座り心地いいわね」

未来「それに妙に温く感じてなんか、眠くなりそ…」

静香「ちょっと寝ないでよ。もうすぐ集合ってさっき言ってたじゃない」

未来「ちょっとだけちょっとだけ…静香ちゃんも目瞑ってみたら?自然の音が良い感じのリラックス効果を…ふわぁ」

静香「何をそれっぽい事……あ、ほんとだ。葉の揺れる音と風のそよぎが妙に心地よく…ふわぁ」

未来「静香ちゃん、普段から頑張ってるもん。こういう時くらいゆっくりしておこうよ」

静香「なによそれ、私は別に疲れてなんかないわ」

未来「…だったらいいんだけどさ、今日も色んな人に頼りにされてるの見てて、やっぱ静香ちゃんは凄いなぁって思ったから」

静香「すごくなんかないわよ」

未来「すごいよ。でもほら、ここの所ライブの練習も沢山してるのに、大丈夫?」

静香「心配しなくても、本番は完璧にこなしてみせるわ」

未来「…そうじゃない、んだけど…なぁ」

静香「そうじゃなければ……未来?」

未来「すー…」

静香「…あなたが寝ちゃってるんじゃないのよ、もう…しっかり寄りかかっちゃって」

静香「仕方ないなぁ…」

未来「むにゃ…ごめんね、めーわくかけて…しずかちゃん…すー…」

静香「……もう慣れた」

静香「……」


静香「……すー」


1、未来夢を見る
2、静香夢を見る
3、サキ達に寝顔の写真を撮られた
4、その他(自由安価)

↓1

565 : プロデューサー   2018/12/22 11:15:37 ID:kDiSYFaD7U

1
この間にサキ達が寝顔を取っていくが2人は気づいていない

566 : 兄ちゃん   2018/12/22 21:25:25 ID:.vdKaUmclM

―――
――

未来「静香ちゃんっ、とうとう私達武道館に来れたんだね!わーお客さんがいっぱい!」

静香「ファンの熱気がこんなにも広い会場に…まるで夢みたい。私達、本当にトップアイドルになれたんだ…!」

未来「よーし、こうなったらもう最高のライブにするしかないよね!静香ちゃん、行こう!」

静香「ええ……未来、準備はいい?」

未来「いつでもおっけー♪」

静香「それじゃあ行くわよせーの……」


静香「食らいなさいっ!!」ビュッ


未来「うわぁお!?ちょ、なんでいきなり殴りかかってくるのさ!?」サッ

静香「?」

未来「いや何言ってんだこいつみたいな顔されても」

静香「最高のライブにするんでしょ?ならば全力で戦わなきゃ」

未来「物理的すぎるよ!?」

静香「あのね未来…ここをどこだと思ってるの?」

未来「どこって…ぶどーかん?」

静香「漢字で発音しなさい」

未来「何気に難しいこと言うんだね…えっと、確か武道館、だっけ?」

静香「つまり?」

未来「…武道の館?だから戦うの?」

静香「そういうこと」

未来「……」


未来「なるほど!!」

567 : プロデューサーはん   2018/12/22 21:25:59 ID:.vdKaUmclM

静香「さあ改めて行くわよ!子供の頃から描いてきた夢~♪」ブォン

未来「歌いながら!?わっとっ……もーこうなったら私だって!楽しいだけじゃない~♪」ビシバシ

わーわー!

静香「今こそ歌わなきゃ私自身のため~♪」シュバ

未来「夢中になれること諦めたりなんかしない~♪」ガシッ!

静香「ふふ…やるわね未来。アイドルファイト第三位の私と互角に張り合うだなんて!」ググ…

未来「アイドルファイトってなに!?第三位ってなんのぉ!?」ガガン

静香「知らないけ、どっ!!ついでにこの歌もまだ知らない!!」ズゴン

未来「知らないのに歌えるなんてさっすがぁ…はっ!!」キィン

静香「未来もでしょ!」

未来「あそういえば!」

静香「はぁはぁ…」

未来「ふぅふぅ…アイドルって本当に大変だぁ」

静香「当然。でも、夢中なんでしょ?諦めないんでしょ?」

未来「もちろんっ。そりゃあ、焦って立ち止まったりすることもあるかもだけど…」

静香「ふふ、それでも…夢のまま終わらせて、後悔なんてしたくないから~♪」

未来「おんなじ時間を駆け抜けた仲間たちの為に~♪…絶対ぜーったい!!はっ…!」フワ

静香「私だってぇ!!」スゥ


未来「飛べるよ…ジャンプアップ!!」

静香「Catch my dream…信じて!!」


カッ!!!

ウオオオォォォ!!


未来「あはは、楽しいね静香ちゃん!私、いつまでもこうしていたいくらい…!」

静香「私も…ずっと未来と、アイドルやっていきたい!!」


ワーワー…

568 : 兄ちゃん   2018/12/22 21:26:38 ID:.vdKaUmclM

――

―――


未来「ぐー…あいどるは…たたかい…むにゃ」

パシャ

金髪「ベストショット」

二つ結び「おー場所が場所だけにいい雰囲気っぽいわね」

サキ「私も撮ろ。…しかし未来ったらどんな夢見てるのかしら」カシャ

二つ結び「さあ?私はそれよりも…」

静香「すー…」

二つ結び「静香が居眠りしてることに驚き。こんな姿学校じゃ絶対見せないもん」

金髪「流石に疲れたんじゃない?普段から休み時間でも勉強してるくらいだし」

サキ「…それだけじゃないと思うけどね」

二つ結び「じゃあ未来が一緒だから?」

サキ「ふふ…それもあるかも」

金髪「妙に含みがありますねぇ…まあいいや。もう集合だから起こしてあげよう」

二つ結び「寝顔写真はどうする気?」

金髪「いざという時の為に」

サキ「万が一の為に」

二つ結び「あんたたち…」


次のシーン

1、カバーライブ当日
2、静香に差し入れする未来
3、その他(自由安価)

↓1

569 : Pちゃま   2018/12/22 21:43:52 ID:kDiSYFaD7U

1
そろそろ次の展開見たいなーって

570 : 彦デューサー   2018/12/22 23:50:51 ID:.vdKaUmclM



タッタッタッ…

静香「…いよいよね、765プロカバーチャレンジ。先輩たちの名に恥じないライブにしなくちゃっ」タッタッ…

静香「ふぅ…今日はこんなものでいいか。早入りしてリハの準備手伝わなきゃ…っ」ブルッ

静香「…緊張かしら。妙に身体が…そんなこと言ってられないわね」

ピロン

静香「?こんな時間にメール…?」


「おはよう静香ちゃん♪今日のライブ頑張ってね、私すっごくすっごく応援してるから!あ、私も裏方がんばるよ~ PSステージ出ないのに緊張してこんな時間に起きちゃった!」


静香「未来ったら…」クス


~~

未来「むー折角早起きしたんだし、何かできることはないかなぁ?」

母「あら未来、早起きね。もう劇場に行くの?」

未来「どうしようかなぁって。今言っても下っ端の私にやれることは無いらしいし…」

母「あ、あれ忘れずに持って行きなさいね。お世話になってる皆さんへの差し入れだから」

未来「はーい。…ん、差し入れ…そうだ!私も差し入れ作っちゃおう!」

母「あんた料理得意じゃないでしょ」

未来「こう見えて元陸上マネ、ドリンクならばっちり作れちゃうもんね~」

母「あらそ。本番前にまずいもの飲ますんじゃないわよ」

未来「大丈夫だって!」

母「…こういう時のあんたは何かやらかしそうね。それはそうと、あんたはいつライブなりテレビなりに出るのよ」

未来「簡単に言うなぁ…私だって出たいけど、まだ新人だし」

母「じゃあ時間が経てば出られるの?」

未来「え、そうとは限らないけど…なんか、オーディションとか色々あるから」

571 : プロデューサー様   2018/12/22 23:51:21 ID:.vdKaUmclM

母「…そうやって、いつまでたってもアイドルになれなかったらどうする気?」

未来「そんなこと無いもん!私ぜったいアイドルになるって決めたから!」

母「言うは易し。大体今までやってた部活だってロクな結果出してないじゃない。バカみたいに掛け持ちして」

未来「そ、それはだって…」

母「そしたら今度は部活全部辞めてアイドルになりたいと来た。買ってあげた部活用品も無駄にして…まったく呆れた娘ね」

未来「…ごめんなさい。けど、アイドルは本気なの!本気で私…」

母「売れっ子になって稼いだら、少しは親孝行しなさいよ」

未来「目指し……え?」

母「なによ、反対するとでも思った?」

未来「あ、な、流れ的に…」

母「中途半端な気持ちでやるってんなら当然止めるわよ。でも、あんたの頭にその言葉は無さそうだからね」

母「だから部活いくつ掛け持ちしても好きにやらせてた。ボランティアもそう。どれもこれも楽しそうに取り組んでまあ…止める気にもならなかったわ」

未来「お母さん…」

母「そんなあんたが、全部辞めてまで一つのことに…なら、アイドルだろうが宇宙飛行士だろうが、応援するのが親ってものよ」

未来「……ひっく」

母「こんなことで泣かないでよ…泣き虫ね相変わらず」

572 : ぷろでゅーさー   2018/12/22 23:52:15 ID:.vdKaUmclM

未来「お、お母さん……私って…恵まれてるのかな」

母「は?ちょっと、まだローンが残ってるとはいえこんな立派な一軒家に住んでて何言ってんの。お父さん泣くわよ」

未来「だって、こんなあっさりアイドルとか、色々やらせてくれて……でも、そうじゃないお家だって、あるの…知ってるから」

母「…まあね。アイドル、というか芸能人の世界なんて、一般人からすればあまり良い印象を持たれないから。今も昔も、悪いニュースは定期的に入ってくる」

未来「…でもアイドルは!」

母「わかってるわかってる。ま、少なくともあの事務所に悪い大人はいなさそうで、そこは安心ね。お父さんと一緒にきっちり話し合って同意書にサインしたんから」

未来「うん、みんないい人ばっかりだよ。だから、大丈夫」

母「あとはあんた次第。やるからにはそうね…東京ドームでも目指しなさい」

未来「東京ドーム……武道館でもいい?」

母「なんで弱気になってんのよ」

未来「弱気じゃない!武道館だって凄いんだよ!…友達の夢なんだから」

母「そ。…ならいつかそのお友達と、一緒に立ちなさい」

未来「絶対立つ!…でへへ♪」

母「後片付けしっかりねー」スタスタ…

未来「…」ゴシゴシ

未来「よーっし!早速特製ドリンク作っちゃおー!」


特製ドリンクは…

1、美味しい
2、まずい
3、頑張りすぎて味見を忘れる
4、その他(自由安価)

↓1

573 : Pしゃん   2018/12/23 00:11:43 ID:3cyId2WQfk

大成功

574 : 箱デューサー   2018/12/23 08:25:10 ID:bg3kRDqlxI

つまり1でいい?

575 : プロデューサー様   2018/12/23 08:56:11 ID:3cyId2WQfk

>>574
おけ

576 : プロデューサー殿   2018/12/23 20:14:05 ID:C70AgD2sog

じゃあ色んな意味で大成功ってことで



未来「……おおっ、なんか今まで作ったどのドリンクよりも上手くできた気がする…!」

未来「見た目もいいし匂いも…うん、ほのかなハチミツの香り。あとは味さえ良ければ…」ゴク…

未来「………お、美味しいっ!もう完璧じゃん!こんな完璧に作れたこと今までないよ、まさに最高傑作!」

未来「でへへ~これならみんな喜んで飲んでくれるよね。早速水筒に詰めてっと」

未来「う~…けっこう早いけどもう劇場に行っちゃおう!とにかくこの最高傑作を誰かに飲ませたーいっ!」ドタドタ…

父「ふぁ~朝からやかましい子だなまったく…」

未来「あ、お父さんおはよっ。ミキサーにジュース余ってるから飲んでいいよ。行ってきまーす!」

父「余り物か…そこはお父さんのためにとか言ってほしかったなぁ…」

~~

静香「行ってきます。今日は遅くなるから」

母「晩御飯はどうするの?」

静香「向こうで食べてくる」

母「じゃあこれ持って行きなさい」

静香「え…お金なんて別に」

母「子供が遠慮しないの。せめてジャンクフードなんかじゃなくいいお店で食べてちょうだいね」

静香「…いらないってば。打ち上げで済ますから」

母「打ち上げ?」

静香「ライブの打ち上げ。アイドルの」

母「あぁ、そういうこと」

静香「…一応、私も出演で」

母「ご馳走になったお礼だけはきちんとなさいね」

静香「……わかってるわ。行ってきます」


静香(…少しもライブの事、触れてくれないのね。当然っちゃ当然か)

静香(別に、だからどうしたってことも無いけど。親の応援なんて…)チラ


父「…」ペラ…


静香「…」


ガチャ…バタン

577 : ご主人様   2018/12/23 20:14:59 ID:C70AgD2sog

静香「ふぅ、朝から息が詰まりそう…早くステージに立ちたいわ」テクテク…

静香「本番まであと…8時間ってとこね。大丈夫、歌詞も振りも出ハケも頭に入ってる。あとはリハで最終調整、そして本番でいかにプレッシャーを…」フラ…

静香「?…っとと。なんだろ…頭がぼーっとして、うまく身体が…」

静香「まさか……ううん、そんなはずない。これは、緊張。そうに決まって…」

静香「…」

1、大丈夫と自分に言い聞かせる
2、朝うどんで景気づけ
3、早めに劇場入りして仮眠
4、その他(自由安価)

↓1

578 : プロデューサーはん   2018/12/23 20:34:19 ID:bg3kRDqlxI

3
これでオーバワーク回避できれば・・!

579 : 彦デューサー   2018/12/24 01:19:57 ID:.uRaXbHLJU

――そうじゃない、んだけど…なぁ…


静香「……そんなのとっくにわかってたわよ。……でも、なんでよりによってライブの日に…っ」

静香「…ううん、嘆いても仕方ない。自分で蒔いた種は自分で何とかしなきゃ…とりあえず劇場に向かいましょう」

静香「今ならそんなに人と鉢合わないはず…サッと仮眠室に行って、途中で買ったお薬を飲んでリハまで横になる。…出来ることはそれくらいかな」

静香「これで多少なりとも回復を…ライブさえ乗り切れば、後はどうにでもなる」

静香「やらなきゃ…こんなことで、時間を無駄になんてしたくない…っ!」

~~

劇場 

未来「おはよーございまーす!あ、プロデューサーさんだ!」

P「ん?何だ未来、もう劇場に来たのか」

未来「はい!緊張して変な時間に起きちゃいましたから」

P「そうか。まあ未来は今回裏方だが、それでも大事な仕事だからな。緊張感を持つのはいい事だよ」

未来「ドキドキワクワクですねぇっ、ライブの裏側ってどんな感じなんだろう…」

P「すぐにわかるさ。ところでその手に持っているものは?」

未来「あ、これお母さんからの差し入れです。持って行けって」

P「わざわざ申し訳ないなぁ、今度直接お礼を言わせてもらうよ」

未来「そしてこれが…ふっふっふ。私が作った特製ドリンクです!」

P「特製ドリンク?」

未来「体に良さそうなものをあれこれ入れて美味しく仕上げました!これも皆さんでぜひ!きっとステージでもビュンビュン動けるくらい元気になっちゃいますよ~♪」

580 : Pチャン   2018/12/24 01:20:43 ID:.uRaXbHLJU

P「手作りか…う~ん」

未来「どうかしたんですか?」

P「…そのドリンク、まず俺に飲ませてくれないか?」

未来「え、いいですけど…」

P「普段ならあまりうるさく言わないんだが、なにせライブ直前だからな。手作りの差し入れとなると、入念に確認をしなければ」

未来「あ、なるほど。お腹壊してステージに上がれなくなったらイヤですもんね」

P「すまんな、疑うようなマネして」

未来「全然いいです!実際私ってまだステージにも上がってないですし、ただのファンみたいなものですから!」

P「おいおい…未来だってもう立派なアイドルだよ」

未来「え?でもまだ何にも出てないですし、ちめいど?なんて全然ないから…」

P「確かにそうだが、少なくとも一人ここにファンがいるぞ」

未来「」キョロキョロ

P「…俺だよ、俺!」

未来「えー!?私何にもしてないのに、プロデューサーさん私のファンになってくれたんですかぁ!?」

P「プロデューサーだからな。……ま、ファン第一号では無いみたいだが。ふふ」

未来「?…それっていったい」

P「じゃあ早速いただくよ。……うん、すごく美味しいぞ。正直ちょっとびっくりした」

未来「それってどういう意味ですかぁっ?…でも褒められたし、いっか」

P「30分ほどたって特に身体が何ともなかったら、差し入れにして大丈夫だ」

未来「わかりました!じゃあ私、経過を見守る役やりますね。じー…」

P「いや落ち着かないから…」


1、ステージ設営を手伝わせる
2、楽屋の整理をお願いする
3、外で搬入機材を運ばせる
4、その他(自由安価)

↓1

581 : 箱デューサー   2018/12/24 07:34:17 ID:LESlVqnFcQ

2

582 : Pくん   2018/12/24 11:40:18 ID:cRc4L3J5TU

そういえば蜂蜜は風邪に効きましたね…

583 : ハニー   2018/12/24 15:57:38 ID:cRc4L3J5TU

神はいた↓
https://twitter.com/jakoponz/status/1077071627274268672?s=19

584 : あなた様   2018/12/25 00:07:36 ID:oPS0RBlAHM

>>583
うひょー!



P「琴葉がもう楽屋入りしてるからそっちを手伝ってくれないか?皆が円滑に動きやすいよう整理や片づけをしてくれてるはずだから」

未来「わっかりました!裏方初仕事ですね、いってきまーす♪」タタッ…

P[はは、相変わらず元気いっぱいだな。早くステージに立たせてあげたいもんだ」

静香「おはようございます」

P「ああ、おはよう静香。君も早いな」

静香「当たり前です。それじゃ」スタスタ…

P「あ、ああ……今日はいつも以上にそっけないな。マスクで表情がよくわからなかったが、緊張だろうか…?」

~~

楽屋

未来「姿見はここ、衣装カートはこっちで…あ、お菓子も綺麗に並べないとね♪」

琴葉「ありがとう未来ちゃん、おかげで助かっちゃった」

未来「これくらい何てことありません!というかこれくらいしかできなくて…琴葉さんは何してるんですか?」

琴葉「衣装を全体的にチェックして、ほつれや緩んだ所があったらこうして補強していくの。ようはお裁縫よ」チクチク

未来「縫うのはやーい!私なんてこの半分もいかないくらい遅いから羨ましいなぁ」

琴葉「そ、そうかな?こういうのは慣れだから、いっぱい縫ってると自然に早くなるものだよ。…未来ちゃんもやってみる?」

未来「わ、私がやっても大丈夫かな…袖口縫って腕通らないとか、本番中にずり落ちたりなんてことになったら…!」

琴葉「ちゃんと私がチェックするから大丈夫。じゃあそうね…この衣装をお願いしようかな」

未来「わ、可愛い♪特にこのヒラヒラが……あれ、これもしかして」

琴葉「それは静香ちゃんの衣装ね」

未来「そうだ静香ちゃん!初めて見たライブで着てた衣装だ!」

585 : バカP   2018/12/25 00:09:10 ID:oPS0RBlAHM

琴葉「この衣装は定期公演じゃほぼスタンダードなの。みんな同じような衣装を持ってるけど、微妙にデザインが変わってて、静香ちゃんのはタイト目のスカートにヒラヒラが着いた…」

未来「わぁ…静香ちゃんの衣装かぁ…へへ♪」

琴葉「…ふふ、未来ちゃんは本当に静香ちゃんが好きなのね」

未来「で、でへへ…ファンですから。あ、もちろん友達でもあるんですけど」

琴葉「身近にこんなにも自分を好きでいてくれる人がいるって、とっても素敵なことね。自分自身への自信につながるし、励みにもなるから」

未来「そんな風に思ってくれてたらいいなぁ」

琴葉「自信ないの?」

未来「だっていっつも迷惑かけてばっかですし…」

琴葉「ということは、いつもなんだかんだ付き合ってくれてるってことでしょ?そんなに心配しなくてもいいんじゃないかな」

未来「うーん…思えば私って、静香ちゃんに助けてもらってばっかで、自分から役に立てたことってあんまりないかも…うぅ、情けない」

琴葉「未来ちゃん……確かに静香ちゃんはしっかり者で責任感も強いから、あんまり人の助けは借りないタイプかもしれないわね」

未来「静香ちゃんも似たようなこと言ってたっけ…最後に頼れるのは、自分の力だけだって」

琴葉「ステージなんかでは特にそうかも。誰も簡単に手を差し伸べてはくれない場所、だからこそ大事なのは日々の練習…やっぱりしっかりしてるなぁ静香ちゃん、とても年下とは思えないくらい」

未来「歌やダンスじゃ新人の私にはどう考えても役に立てそうにないし…ううむ、どうしたら」

琴葉「…ふふ、でもそうやって相手のことを一生懸命考えてくれてるから、静香ちゃんも付き合ってくれるんじゃないかな」

未来「え?」

586 : Pチャン   2018/12/25 00:10:48 ID:oPS0RBlAHM

琴葉「それに未来ちゃん、今手元にあるのはなに?」

未来「静香ちゃんの衣装ですけど…あ、ここちょっと糸がほつれそうになってる」

琴葉「直してあげよっか。そうすれば静香ちゃんも安心してステージに立てるから」

未来「…そっか、私でもこうやって役に立てるかもしれないんだ」

琴葉「どんな形でもいい、たとえ気付かれないようなことでも…出来ることは沢山ある。だから落ち込む必要なんてないよ、未来ちゃん」

未来「…はいっ!」

琴葉「それにそういう気持ちって、けっこう伝わるものだよ?…何でもないようにふるまって、でも裏では沢山動いてくれてる、あの人みたいに」

未来「あの人?」

琴葉「ううん。じゃあまず見本見せるから、その通り縫ってみてね…」

~~

仮眠室

静香「…ふぅ、今の所プロデューサー以外誰にも見られてないわね。多分あの人もやることがあるだろうし、わざわざ様子見にきたりはしないはず」

静香「…2時間、いえ1時間半後には起きて準備運動。通しでリハ、最終チェック、そして…本番」

静香「薬を飲んで…んぐ。横になろう…これで少しは楽になってくれると…」

静香「…すー」


1、多少マシになった
2、変わらず、むしろ悪化
3、リハに寝坊する
4、その他(自由安価)

↓1

587 : 我が下僕   2018/12/25 00:34:46 ID:boWmHwTQZw

1

588 : プロちゃん   2018/12/25 04:46:01 ID:oPS0RBlAHM

1時間半経過

ピピピッピピピッ

静香「…ん、はぁ……もう時間ね。よいしょっ…」

静香「…相変わらず身体が重い…でも、多少はマシになったかな。これなら、大丈夫」ゴソゴソ

静香「ライブとは言えフル出場じゃあない。ユニット曲が2回、全体曲1回。間隔もそれなり空いてるし、3曲くらいならなんとかやれる」

静香「よしっ…顔を洗って準備に掛からなきゃ」ガチャ…

~~

未来「ちくちく…ちくちく……出来たっ!」

琴葉「上手に出来たわね未来ちゃん。これなら本番中激しく動いても大丈夫そう」

未来「でへへ~、琴葉ちゃんが優しく教えてくれたから…あっ」

琴葉「ふふ、気にしないで。未来ちゃんの呼びやすいように呼んでくれていいから」

未来「あ、あはは…手ほどきありがとうございました、琴葉ちゃん」

琴葉「いえいえ。それより未来ちゃんはこれからどうするの?」

未来「えーと…あ、そうだ!プロデューサーさんの身体に異変が無いか確認しなきゃ!」

琴葉「ええっ!?ぷぷ、プロデューサーどうしたの!?何かあったの未来ちゃん!ねえっ!!」

未来「ひっ、あ、あの、私の持ってきた差し入れ…皆に飲ませても大丈夫かどうかの確認を…」

琴葉「さ、差し入れ…?もしかして手作りの?」

未来「特製ドリンク作って、でも本番直前だからって…わ、私ちゃんと味見しました。だから身体とかは大丈夫だと思うんですけど…」

琴葉「そうだったんだ…急に迫ってごめんね。プロデューサーの身に何かあったのかと思って…そういう事なら、心配いらないかな」

ピロン

589 : プロデューサー様   2018/12/25 04:46:39 ID:oPS0RBlAHM

未来「あっ、噂をすればプロデューサーさんから…」

『特製ドリンク、差し入れしても大丈夫だよ。…』

未来「やった♪差し入れオッケーだそうです」

琴葉「良かったね未来ちゃん。あ、もしかしてその水筒が…?」

未来「はい、特製ドリンクです!よろしければ一杯どうぞ!」

琴葉「ありがとう、じゃあいただこうかな」

未来「まままま」トクトク

琴葉「え、宴会かな?ん……わぁ、すっごく美味しい♪」

未来「ホントですか!?実は私も会心の出来だと思ってたんですよ~」

琴葉「皆にも振る舞ってあげたらきっと喜ぶと思うわ」

未来「じゃあ早速差し入れしてきます。琴葉ちゃん、また後でっ」タタッ

琴葉「くす…元気だなぁ」

~~

未来「ふんふ~ん…あ、そういえばメール最後まで読んでないや。えとえと…?」ススッ

『皆に振る舞ってあげたらきっと喜ばれると思う。俺もなんだか元気が湧いてきたくらいだ。…』

未来「でへへ、琴葉ちゃんに続いてプロデューサーさんにも褒められちゃった。今そうするところです♪」

『俺はこれから事務所に戻らなきゃならないので、手近の人に役割を聞いて動いてくれ。それと、出来れば静香にも会ってみてくれないか?』

未来「静香ちゃん?もう劇場に来てるのかな」

『少し緊張してるみたいだから、声でもかけておいてくれると静香も喜ぶと思う。何でもいいから自分の思いついたこと、話してみてくれ。…あ、俺が指示したとは言わないように』

590 : せんせぇ   2018/12/25 05:05:49 ID:oPS0RBlAHM

未来「あー…プロデューサーさんにはどうしてか冷たいんだよね、静香ちゃんって…良い人なのに」

未来「まあいいや。さてさて、静香ちゃんはどこにいるのかなぁ?楽屋じゃないってことは…」


静香「」スタスタ…


未来「あ、静香ちゃん発見!しずかちゃーん!」

静香「…」スタスタ…

未来「静香ちゃんってばっ!」

静香「…!み、未来…もう劇場入りしてるなんて、早いのね」

未来「今日は早起きしたってメール送ったでしょ?」

静香「え?…あぁそういえば」

未来「むー、やっぱり緊張してる?」

静香「や、やっぱりってなによ。別に緊張なんかしてないから」

未来「だって妙に顔赤いし怖いよ」

静香「さ、さっき顔洗ったからじゃない?それと顔は生まれつきよ、悪かったわね」

未来「わ、悪いなんて言ってないって…」

静香「これから準備、しなきゃだから。じゃあね」

未来「…ねえ静香ちゃん。なんか、変じゃない?」

静香「変って?別にどこも変わりないでしょ」

未来「ううん、なんか変だよ。だって、顔洗ったのにもう汗かいてる」

静香「っ…ちょっと、さっきいた所、空調が効きすぎだったのよ。それで…」

未来「…静香ちゃん、もしかして」

静香「ごめん、時間ないから。話ならまた後で」スタスタ…

未来「あ…」

1、引き止める
2、引き止めない
3、差し入れする
4、その他(自由安価)

↓1

591 : おにいちゃん   2018/12/25 06:18:10 ID:Y/Mp9nuyzI

1

592 : ご主人様   2018/12/26 00:15:30 ID:3.br0deCdQ

未来「待ってよ静香ちゃん話を…」

静香「あなたにはあなたのやるべきことがあるでしょ」

未来「さっきやったよ、琴葉ちゃんと衣装の補修。もちろん静香ちゃんのも、ね」

静香「私の…そう、ありがとう。なら今度は物販設営の方にでも…」

未来「私前に言ったよ?静香ちゃんのことよく見てるからって」

静香「…だから?」

未来「ねえ…どこか調子、悪いの?」

静香「何でもないってば」

未来「ならこっち見て言ってよ」

静香「……」

未来「……」

静香「…大丈夫だから、ちょっと…疲れが溜まってるだけ。別に心配するほどのことじゃないのよ」

未来「でも…」

静香「確かに今は本調子じゃないけど、問題ない。まだ時間もあるし、本番までには取り戻せるわ。じっくり準備もしておくから」

未来「…本当にどうにかなるの?」

静香「心配しないでったら。…私、どうしてもステージに立ちたいの。少しでも多く…」

未来「それはわかるけど…」

静香「なら話はおしまい。私の心配なんていいからほかの仕事手伝ってあげて」スタスタ

未来「…」

1、やっぱり引き止める
2、仕事に戻る
3、静香について行く
4、その他(自由安価)

↓1

593 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/26 00:20:58 ID:mkqItkIUtw

4
一部始終を見ていたその場で風花が静香に説教する。

594 : 593   2018/12/26 00:24:56 ID:mkqItkIUtw

訂正・追記:先ほどのやりとりの一部始終を見てた風花が静香に無理して心配かけるなと説教する。

595 : Pくん   2018/12/26 03:51:45 ID:3.br0deCdQ

ごめん静香の披露する曲ソロ含めて4回だった

~~

静香「さっさと準備運動終わらせてリハの準備しなきゃ。そろそろ皆集まってくる頃だろうし…」スタスタ…

静香「身体温めてる内に自然とテンションも上がるはず、心配なんてされなくても私は……わぶっ」

風花「ひゃんっ……もう、これじゃあ未来ちゃんも心配するわけね」

静香「ふ、風花さんっ!?ご、ごめんなさい気が付かなくて…」

風花「気が付かないのは集中力が落ちてる証拠。…やっぱり、少し熱いわ」ピト

静香「!…や、これは空調のせいで…っ!」

風花「私の目はごまかせません!」

静香「…っ」

風花「恐らく蓄積された疲労からくる熱ね、身体の抵抗力が一時的に弱ってるんだと思うわ」

静香「私なら大丈夫です、この程度問題ありません」

風花「程度の問題じゃないの。安静にしなきゃ悪化する可能性だってあるんだよ?」

静香「安静にしてる場合じゃないです!」

風花「…」

静香「あ…すみません、でもっ!動く分には問題ありません。出演曲数もたったの4回ですし、だから…今さえ乗り切れれば」

風花「後で悪化してもいいってこと?そんな考え、元看護士として見過ごすわけにはいきません」

静香「でもっ…」

風花「少しは心配してる人の気持ちも考えて。…未来ちゃんがどんな顔してたか、見てなかったの?」

静香「未来の…風花さん、さっきのやり取り見てたんですか…?」

風花「ごめんね、物販運んでたらたまたま。…未来ちゃん、すごく心配そうで、不安そうで…悲しそうだったよ?」

静香「それは…悪いと思ってます。でもこれは私の責任だから、未来は関係ない…」

風花「ううん、そうじゃないと思うの。静香ちゃん」

静香「え…」

596 : おにいちゃん   2018/12/26 03:54:15 ID:3.br0deCdQ

風花「未来ちゃんがあんな顔してたのはきっと、静香ちゃんに対してだけじゃなくて、何もしてやれない自分に対しても…じゃないかな?」

静香「それって…」

風花「静香ちゃんのステージに掛ける思い…近くで見てた未来ちゃんが一番よくわかってるだろうから…だから、どうすればいいかわからなかったんだと思うわ」

静香「…」

風花「優しいよね、未来ちゃんって。普通無理にでも止めるかするはずなのに…私だったらそうしてた。でも未来ちゃんは、自分の事以上に静香ちゃんのことを考えて…」

静香「…」

風花「劇場の中で付き合いの長さは一番短いはずなのに…きっと誰よりも静香ちゃんのことを考えて、理解しようとしてくれてる。…そうじゃなきゃあんなにも辛い顔、するはずないもの」

静香「…未来」

風花「そんな未来ちゃんの気持ちを無視して、顔も見ずに去ってしまうのは…あんまりだよ」

静香「……私、自分の事しか頭に……困らせてたのは、私の方…?」

風花「静香ちゃんには静香ちゃんなりの事情があるのかもしれない。譲れない事情が……それでも」

風花「そばにいてくれる人のこと、少しは考えてあげてね?」

静香「…私は」

1、それでもステージに出る
2、ステージに出ない
3、未来と話し合う
4、その他(自由安価)

↓1

597 : Pちゃま   2018/12/26 07:35:11 ID:mkqItkIUtw

4
それでもステージに出ようとするが、風花に連れ込まれたかかりつけの病院でドクターストップがかかる。(越境が承認されるなら医師は桜庭薫先生でお願いします)

598 : 597追記   2018/12/26 08:14:49 ID:mkqItkIUtw

越境OK→風花の知り合いの桜庭薫が静香を診察し、ドクターストップをかける
越境NG→かかりつけの病院に連れて行き、ドクターストップをかける

599 : おやぶん   2018/12/26 19:28:11 ID:3.br0deCdQ

ごめんミリオン以外よく知らないから…


静香「…それでも私…行きます」

風花「…静香ちゃん」

静香「未来には申し訳ないことをしました…でも、どうしても出なきゃいけないんです」

風花「どうしてそこまで…」

静香「時間がないから……トップアイドルになるための時間が、私には…」

風花(静香ちゃんはまだまだこれからじゃない。何を焦っているの…?)

静香「今回のステージは特に…先輩方の曲目当てに客層も大きく変わってくるはず。逃したくないんです、この大事な機会を…!」

風花「……どうしても行くというの?」

静香「後でいくらでもお叱りは受けます。だから行かせてください」

風花「未来ちゃんをもっと悲しませる結果になっても?」

静香「……」

風花「…はぁ。…なら条件がひとつ」

静香「条件?」

風花「病院に行って検査しましょう」

静香「な…!?そ、そんな必要ありませんっ。第一リハまで時間が…」

風花「すぐそこだから大丈夫。あそこのドクターとは知り合いでね、すぐに検査してもらうよう手配するから」

静香「で、でも…」

風花「拒否するなら無理やりにでも連れて行くからね。それとも今からプロデューサーさんに電話する?あの人はこんな無理絶対にさせないわ」

静香「そんな…っ」

風花「今決めて。病院に行って検査するか、諦めるか」

静香「……」

風花(…ごめんね静香ちゃん)

静香「…わかり、ました。…受けます」

風花「うん。じゃあついてきて」

静香「……」

600 : プロちゃん   2018/12/26 19:29:33 ID:3.br0deCdQ

~~

劇場エントランス

海美「いや~みらいっちが手伝ってくれて大助かり!ありがとね♪」

未来「…ふぇ?あ、全然お安い御用ですから!」

ひなた「それにしても、風花さん戻ってこないねぇ。荷物が重たくて持ってこれないんだろうか?」

海美「私もついて行ってあげればよかったかな~?荷物ならこう、背中に担いでそれーってひと運びしてあげられたのに」

ひなた「こっちも物販コーナーの設営で忙しいからねぇ。未来ちゃんはここに来る途中で出会わなかったかい?」

未来「ううん、出会ってないと思うけど…」

海美「落ち着いたら私が様子見に行ってくる!とりあえず今はこの机たちを……あれぇ?」

ひなた「海美さんどうかしたかい?」

海美「いや…今一瞬ぱっと外見たらふーちゃんが歩いてた気がしてさ」

ひなた「風花さん?…んーどこにもおらんねぇ」

海美「気のせいかなぁ?なーんかもがみんと一緒だった気もしたんだけど…」

未来「…静香ちゃん?静香ちゃんがいたんですか?」

海美「あ、ううん。私の勘違いだったかも。さてと、ちゃっちゃと机並べちゃいますか。よっとぉ!」ガシャコン

ひなた「おー、机が一瞬で組みあがったわぁ」

未来「……静香ちゃん」

~~

601 : バカP   2018/12/26 19:30:39 ID:3.br0deCdQ

病院

医者「ダメです。ライブは諦めてください」


静香(…正直言って、予感はしてた。自分の身体のことだもの、自分がよくわかってる)

静香(風花さんに選択を迫られた時点で、どうあがいても無理だったんだ。それでも、一縷の望みにかけて検査を選んだ結果……ドクターストップ)

静香(私はライブに出られない。駄々を捏ねたり突っぱねたところで、連絡されるのがオチだ。プロデューサーや…なにより親の事を考えると、これ以上抵抗しても良い事は何もない)

静香(…風花さんの行動は正しい。ああして逃げ場のない選択肢を与えたのも、私のことを思ってのことだってわかってる。じゃなきゃ…)チラ

風花「……」

静香(あんなつらそうな顔するわけない……未来もあんな顔、してたのかな)

医者「これ以上激しい運動をすれば、最悪入院の可能性もあります。…わかりますね?」

静香「……はい」

医者「薬を処方しておきますので、今日は帰ってすぐに休んでください」

静香「……はい」

医者「なぁに、若いんですから1日安静にしてればすぐ良くなります。ライブだって次の機会には…」

静香「ありがとうございました。失礼します」

風花「あ、静香ちゃんっ…」



風花「…さっき、プロデューサーさんに連絡しといたわ。静香ちゃんの抜けた穴は何とかしておくから、ゆっくり休むようにって」

静香「そうですか…」

風花「…少し座ろっか。タクシー呼んでおいたから待ちましょう?」

静香「すみません風花さん、迷惑かけてしまって…」

風花「気にしないで」

静香「皆にも……結局私、周りに迷惑を……」

風花「そんな風に自分を責めないで」

602 : Pちゃま   2018/12/26 19:32:12 ID:3.br0deCdQ

静香「大丈夫何とかなる…なんて強がって、意地になって、自分のことしか考えてなくて。結果がこれじゃ、本当にもう、バカですよね」

風花「静香ちゃん…そうね、どんな事情があるにせよ、自分の身体も大事にできないのは…プロ失格」

静香「っ…」

風花「なんて、偉そうな事言ってごめんね。でも、静香ちゃんはもっと素直になっていいんだよ」

静香「素直…?」

風花「自分にも周りにもね。ダメそうなときや不安な時は、頼ること。そのための仲間なんだから。誰も迷惑になんて思わないわ」

静香「…」

風花「…例えば静香ちゃんはよく未来ちゃんに頼られてるけど。それって迷惑かな?」

静香「迷惑ってわけじゃ…いや、時々は…」

風花「う…そ、そう」

静香「頼るというより甘えてくるというか、じゃれつきたいだけっていうか…子供みたいですよね」

風花「甘えん坊さんなのね。よく私にも抱き着いてくるわ。妙に幸せそうな顔しながら、ふふ」

静香「……でも、本当に大事なことはあの子、変に抱え込んだりして」

風花「静香ちゃんなら気付いちゃうんだ」

静香「わ、わかりやすいですからね。だから私もそれとなく相談に乗ってあげて、そうしたら未来も素直に……あ」

風花「ふふっ、未来ちゃんは本当に素直だね」

静香「…私と違って、ですか?」

風花「未来ちゃんに頼りにされたいって気持ちは、素直に表れてるかも?」

静香「そ、そんなこと…」

風花「それと同じくらい、未来ちゃんは静香ちゃんの助けになりたいって思ってるはずだよ…わかるよね?」

静香「…」

603 : プロちゃん   2018/12/26 19:34:01 ID:3.br0deCdQ

静香(今日だけじゃない、遠足の時も、その前も…未来は私の事、ずっと心配してくれてた)

静香(それを私は、はいはいって受け流して…違うわ。私きっと、心のどこかで突き放してたんだ)

静香(どうせ未来には関係ない…必死になる私の気持ちなんてわかるわけないって…)

静香(本当にわかろうとしなかったのは…私、なのかな)

~~

劇場

P「…というわけで、残念だが静香は急遽欠場となった」

琴葉「静香ちゃん…きっとオーバーワークが祟ったんだわ。普段から私がよく見ておけば…」

エレナ「コトハのせいじゃないヨ…元気出して?」

このみ「とはいえいきなり倒れるような事態にならなくてよかったわ。それだけは不幸中の幸いね」

翼「でもどうするんですか~?静香ちゃんって私とペアなんですよね。一人でやってもいいならやりますけど」

琴葉「翼ちゃん、ユニット用の練習しかしてないでしょ?」

翼「なんとかなるんじゃないですか?こうノリでパーッと…」


未来「…」

未来(みんなの話し声が聞こえる…でも、何言ってるかよくわかんない)

未来(静香ちゃんがライブに出ないって聞いてから…頭の中は真っ白で)

未来(病院……やっぱりそうだったんだ。静香ちゃん、調子悪そうだったから)

未来(……結局私、なんにもしてやれなかった。本当に、なんにも)

未来(……静香ちゃん)

1、翼に話しかけられる
2、病院に行く
3、静香から連絡が入る
4、その他(自由安価)

↓1

604 : プロデューサーちゃん   2018/12/26 20:18:52 ID:GFjrfRa/I2

1
翼から救いの手が差し伸べられる

605 : プロデューサー殿   2018/12/26 20:27:58 ID:UyLS25rJLw

ねえこれどういうこと?なんで未来だけハブられてんの?

606 : 我が下僕   2018/12/26 20:29:03 ID:XMhKBWcbUQ

あっ…

607 : Pしゃん   2018/12/26 20:30:21 ID:XMhKBWcbUQ

というわけで>>517の公約通り絵を描きます

608 : プロデューサーちゃん   2018/12/26 20:42:24 ID:dlUz/aaUdA

病院に行くのは避けられないのか…

609 : Pくん   2018/12/26 21:03:24 ID:UyLS25rJLw

ドラマ聞き終わった。劇中劇だったとは思わなかったんだけどそれよりも

翼→静香の友達ポジ
千早→亡くなった静香の姉ポジとして名前だけ出演
で、未来はどこにもいなかった。なんかもう、マジに公式はみらしず捨てたんかなってすげー落ち込んでる。普通に友達ポジでねじ込めんだろと。

610 : そなた   2018/12/26 23:17:25 ID:3.br0deCdQ

出番無いの?ショック…


翼「ねえねえ、未来ちゃんだっけ?」

未来「…」

翼「おーい。聞いてますか~」

未来「…あ、え?」

翼「未来ちゃんってさ、確か静香ちゃんと一緒に練習してたよね?ゴーマイウェイ」

未来「あ…れんしゅう?」

琴葉「まさか翼ちゃん、未来ちゃんに踊らせる気!?ちゃんとした準備もしてこなかったのに無茶よ!」

翼「えーでもそれしかなくないですかぁ?他に踊れる人いないみたいですし」

琴葉「でも…」

まつり「ほ?姫は賛成なのです。未来ちゃんのわんだほーなライブ、見てみたいのです」

このみ「そうは言うけど…まあ確かに、静香ちゃんとよく一緒だったこの子なら可能性はあるわね…」

翼「ねえねえプロデューサーさん、どう思います?」

P「ん、そうだな…」

未来「…」ボー

P「……時間はまだある。どうにか穴を埋められるよう、今からセトリを考え直してみるよ」

翼「それってつまり、ダメってこと?」

P「…翼は少し、未来と話し合ってくれないか。ダメかどうかはこれから判断する」

翼「さっすがプロデューサーさん♪じゃあ未来ちゃん、ちょっと外行こ?」グイ

未来「あっ…」

~~

休憩室

未来「…」

翼「飲まないの?氷溶けちゃうよ」

未来「あ、ごめん…ありがと、翼ちゃん」

翼「翼、でいいよ。私も未来って呼ぶから」

未来「うん…」

翼「ん~?未来ってそんなキャラだっけ?さっきからずーっと暗いままでこっちまで参っちゃう」

未来「だって、静香ちゃんが…」

翼「そりゃあ静香ちゃんが出られないのは私も残念だけど、だからって未来がここまで落ち込むのは、なんか違くない?」

未来「そう、なのかな?」

611 : プロデューサーはん   2018/12/26 23:17:57 ID:3.br0deCdQ

翼「そうそう!別に未来が静香ちゃんをビョーキにさせたわけじゃないし」

未来「病気…でもわたし、静香ちゃんが調子悪そうなの知ってて、でも…」

翼「そうなの?じゃあ良かったじゃん。倒れる前に病院に行けてさ」

未来「うん…良かったんだよね、これで…」

翼「てことで、静香ちゃんの代わりに未来がステージに立ちなよ」

未来「…え、ええっ!?な、なんで私…?」

翼「もしかして話聞いてなかったの?未来、ゴーマイウェイ踊れるんでしょ?静香と練習してたんだから」

未来「踊れるっていっても、何となくでしか…」

翼「十分十分♪あとはノリで誤魔化しちゃえば何とかなるって。じゃあさっそくプロデューサーさんに…」

未来「ま、まって、まってっ!私そんな…静香ちゃんの代わりなんて無理だよ…!」

翼「えー?せっかくステージ上がれるのに、未来だってアイドルなら早くステージでキラキラしたいでしょ?」

未来「ダメだよ…だって、本当は静香ちゃんがキラキラするはずだったのに。あんなに沢山練習してたのに…代われないよ」

翼「じゃあステージ出たくないの?」

未来「ステージにはいつか出たいけど…」

翼「もーわがままだなぁ。別に出たくないならそれでいいけどさ、一人でも多分なんとかなるし」

未来「…ごめんなさい」

翼「それ、私に謝ってる?それとも静香ちゃん?」

未来「…」

612 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/26 23:18:35 ID:3.br0deCdQ

翼「未来ってさ、ほんっとーに静香ちゃんの事好きだよね。なんで?どこが?」

未来「な、なんでって言われても…」

翼「あ、やっぱいいや。大体全部って顔してるし」

未来「え、そんな顔してたの私!?」

翼「あはは、ほらやっぱり~。まあ静香ちゃんも相当未来の事気に入ってるみたいだから、いいんじゃない?お似合いお似合い」

未来「あ、あぅ…そんなんじゃ…」

翼「じゃあ未来はさ、静香ちゃんがステージに上がってる姿なんてサイッコーに興奮するでしょ」

未来「う、うんっ。だって、カッコイイし、綺麗だし、特に歌なんて抜群に上手くて、見てるだけでドキドキしてきちゃうから…!」

翼「だよね~。大好きならなおのことってやつ?」

未来「そう、かも…もっともっと、静香ちゃんのステージ見てみたいって思うよ。きっとファンもそう思ってるだろうし…」

翼「ふーん、だったらさ…逆に考えてみれば?」

未来「逆?」

翼「静香ちゃんの方こそ、未来がステージに上がる姿見てみたいんじゃない?」

未来「え…」

翼「だって言ったじゃん。静香ちゃんも未来の事大好きだって」

未来「え、さっきは気に入ってるって…」

翼「気にしない気にしない。とにかくさ、大好きな人がステージでキラキラしてる姿、見たくないなんて思うわけないじゃん」

未来「そ、そうかもしれないけど…静香ちゃんは病院だし…」

翼「プロデューサーさんに頼んでビデオ回してもらえばいいんじゃない?私も美希先輩のライブ、頼んで録画してもらったことあるんだよね~♪」

未来「や、やっぱりだめだよ。私静香ちゃんほど上手じゃない、へたっぴだから…がっかりさせちゃうに決まってる。代わりなんて出来っこ…」

翼「?そんなの当たり前でしょ、未来は静香ちゃんじゃないんだから」

未来「え…」

613 : バカP   2018/12/26 23:19:33 ID:3.br0deCdQ

翼「じゃあめんどくさいから本人に直接聞いちゃおっか。スマホスマホっと」

未来「そんなあっさりと!?」

1、静香に連絡する
2、とりあえずリハだけでもやってみる
3、やっぱりやめておく
4、その他(自由安価)

↓1

614 : プロデューサーさん   2018/12/26 23:20:44 ID:0TDytznCPw

案ずるより産むが易し
よって2。連絡はその後

615 : プロデューサー   2018/12/27 06:10:09 ID:DMXKr0l.4U

翼「あ、でも病人に電話したらまずいかも。んー…どうしよっか」

未来「どうしようって言われても…」

P「話し合いは進んだかい?」

翼「プロデューサーさん!セトリの方は?」

P「概ね固まったよ。あとは2人次第ってとこだな」

翼「そういえばもう一個のユニット曲はどうするんですか?」

P「マリオネットは杏奈が代わりを務めてくれるそうだ。急なお願いにも関わらずあっさり引き受けてくれて助かったよ」

翼「杏奈ちゃんすごーい♪」

未来「…」

P「さて…未来、別に無理にとは言わない。むしろ断って当然だ、ロクにレッスンもしていない状態でステージに上がっても、何より観客が納得しない可能性の方が高いしな」

未来「ですよね…」

P「けれど…どうだろう?一度リハだけでもやってみるっていうのは」

未来「リハ…?」

P「一度試しに舞台に上がってみて、踊ってみる。どの道未来はいずれ舞台に上がるんだ。例えダメそうでも、いい経験になるだろう?」

翼「もしダメだったらどうするんですか?」

P「その時は残念だが、飛ばすしかないな」

翼「えー!?せっかく見たいドラマも我慢してそこそこレッスンしたのにっ」

P「翼はもう少しレッスンに精を出そうな」

未来(私が断ったら、翼の出番まで無くなるってこと…?)

翼「ねえ未来、リハやってみようよ!振り忘れそうになっても前に出てカバーするから大丈夫だって!」

未来「う……じゃあ、やるだけやってみます」

翼「決まり♪じゃあ早速ステージ行こ?」グイグイ

未来「わ、わかったから引っ張らないで〜っ」

616 : そなた   2018/12/27 06:13:33 ID:DMXKr0l.4U

P「…ふぅ」

律子「何がふぅ…ですか。脅すような真似して」

P「お、脅してなんかないだろ。ただ事実を言ったまでで…」

律子「翼1人でもなんとかなる、って思ってるくせに」

P「…まあな。翼はアドリブも効くし、今からソロの流れを教えてもそれなり上手くやれるだろう」

律子「理由、あるんでしょうね?」

P「…風が吹いたのさ。俺の背中を押すように」

律子「は?」

P「マジトーンはやめてくれ」

〜〜

ステージ

翼「…で、こっちからわーって出て、ここまで。1番歌ったら階段下りてー…っと。ここで最後まで。ね、簡単でしょ?」

未来「う、うん…」

翼「じゃあ早速スタンバっちゃう?」

未来「…」

翼「緊張してるの?」

未来「緊張っていうか…なんか、すごいね。お客さんまだ誰もいないのに、スタッフさんがあちこち動いてるだけで、なんかもう、ステージだ!って感じで」

翼「…わくわく、してるでしょ?」

未来「え…そ、そうかも。でも…いいのかな、本当だったら…」

翼「もーそういう事は終わってから考えようよ。未来って案外めんどくさいよね、静香ちゃんのことだから?」

未来「そ、そんなこと聞かれてもわかんないよ」

翼「ちゃっちゃと始めちゃお?終わったら連絡してもいいから」

未来「なんで翼が決めるのさ…」

翼「しないの?」

未来「…するけど」

翼「ふふん♪…お願いしまーす!」

617 : プロデューサー   2018/12/27 06:15:54 ID:DMXKr0l.4U

〜〜

P「さて、どうなるかな」

律子「お情けは無しですからね」

P「当たり前だろ。金を取ってライブする以上、新人だろうがきっちりプロの目線で判断するさ」

律子「一応言ってみただけです」

結果

1、悪くない
2、ギリいけるかな
3、だめだこりゃ
4、その他(自由安価)

↓1

618 : 我が友   2018/12/27 06:47:43 ID:08DZbMLtMM

3

619 : 618追記   2018/12/27 06:50:42 ID:08DZbMLtMM

それなりに踊れるには踊れたがどんがらがっしゃーんでアウト

620 : 箱デューサー   2018/12/28 03:05:48 ID:aXrWcsQDGs

「リハいきまーす!」

未来「ポジションはここ、手の位置はこっちで…」

翼「ま、気楽にいこ?未来ならすぐノレると思うから。…ステージは最高に楽しいよ」

未来「…うんっ」

翼「ワンツースリー……ゴーマイウェーイ♪」

未来「ゴー前へ〜♪」

ドッ…!!

未来(…!?すごい、客席で聞いてた時とはまた違う迫力…これが、ステージの音)

未来(照明もこんなに、眩しくて、熱い…あれ全部私たちに向けられてるって、ちょっと信じられない気分かも)

未来(客席は空っぽ。ここに沢山の人がステージを見に集まってくるんだ。楽しみにしながら…あの時の私みたいに)

ノンストップで〜…♪

〜〜

P「…」

律子「へぇ、リハとはいえ初めてのステージにも関わらず物怖じしてませんね」

P「ああ、度胸がある。というよりは性格によるものだろうか。考えるより先に身体が動くタイプだな」

律子「それだけじゃない気もしますけどね。なんというか…上手く言えませんけど、あの子のステージは可能性を感じます」

P「はは、律子もそう思うか」

律子「伊達にプロデューサー名乗ってませんから。とはいえ今の段階では…」

P「どうにかついて行ってる、といったところか。相手が翼じゃ酷というものだが」

律子「技術の高さがアイドルの全てではない、とは言いますけど、正直なところどうお思いです?プロデューサー殿」

P「んー…静香を楽しみにしてたファンは間違いなくガッカリさせてしまうな」

律子「でしょうね。下手したら…って、さっきから熱心に動画を撮ってるみたいですけど」

P「必要になるだろうから」

律子「…ちゃっかりしてますね」

621 : ぷろでゅーさー   2018/12/28 03:05:49 ID:aXrWcsQDGs

「リハいきまーす!」

未来「ポジションはここ、手の位置はこっちで…」

翼「ま、気楽にいこ?未来ならすぐノレると思うから。…ステージは最高に楽しいよ」

未来「…うんっ」

翼「ワンツースリー……ゴーマイウェーイ♪」

未来「ゴー前へ〜♪」

ドッ…!!

未来(…!?すごい、客席で聞いてた時とはまた違う迫力…これが、ステージの音)

未来(照明もこんなに、眩しくて、熱い…あれ全部私たちに向けられてるって、ちょっと信じられない気分かも)

未来(客席は空っぽ。ここに沢山の人がステージを見に集まってくるんだ。楽しみにしながら…あの時の私みたいに)

ノンストップで〜…♪

〜〜

P「…」

律子「へぇ、リハとはいえ初めてのステージにも関わらず物怖じしてませんね」

P「ああ、度胸がある。というよりは性格によるものだろうか。考えるより先に身体が動くタイプだな」

律子「それだけじゃない気もしますけどね。なんというか…上手く言えませんけど、あの子のステージは可能性を感じます」

P「はは、律子もそう思うか」

律子「伊達にプロデューサー名乗ってませんから。とはいえ今の段階では…」

P「どうにかついて行ってる、といったところか。相手が翼じゃ酷というものだが」

律子「技術の高さがアイドルの全てではない、とは言いますけど、正直なところどうお思いです?プロデューサー殿」

P「んー…静香を楽しみにしてたファンは間違いなくガッカリさせてしまうな」

律子「でしょうね。下手したら…って、さっきから熱心に動画を撮ってるみたいですけど」

P「必要になるだろうから」

律子「…ちゃっかりしてますね」

622 : Pチャン   2018/12/28 03:06:58 ID:aXrWcsQDGs

〜〜

未来「は、はっ…」

未来(あとはラスサビ…なんとか踊れてるよね?)

翼「」タッタッ…

未来(翼すごいなぁ…あんなに動いても全然余裕そう。私も屋上ならそこそこだったのに、ステージに上がると全然違う)

ーー想像できる?観客の視線や熱気、いくつものライトが全て自分に向けられて…ステージがイヤに広く感じるくらい、そこは孤独。

ーーいくら練習で出来てても、そこに立つとまるで違う…自分の身体が思うように動かない。熱さとプレッシャーで押し潰されそうな……

未来(いつだったっけ…静香ちゃん言ってたな。ステージは怖いところだって。なんとなくその意味がわかった気がする)

未来(もっと踊りたい、もっと歌いたい、もっともっと楽しませたい…のに)

未来(身体がついていかない…静香ちゃんならもっとこう…!)

未来「すべーてーのかがや…あ、うぁぁっ!?」

ドンガラガシャーン!

翼「とーまーれー…って未来大丈夫!?」

「ストップストーップ!」

ザワザワ…

未来「あたた…わわっ、テレビ大丈夫ですか!?」

翼「それより自分でしょ!すっごい音したけど怪我してない?」

未来「な、なんとか…足もつれて思いっきり前に転んじゃった…テレビの方は」

「プロンプトは大丈夫でーす」

翼「だってさ。は〜びっくりしちゃった、もう終わりって所で未来の姿消えちゃったんだもん」

「お疲れ様でしたー!次曲のリハに入りまーす」

未来「え、じゃあ…」

翼「私たちの番はおしまい。楽屋戻ろっか」スタスタ…

未来「…」

トボトボ…

623 : ごしゅPさま   2018/12/28 03:06:59 ID:aXrWcsQDGs

〜〜

未来「は、はっ…」

未来(あとはラスサビ…なんとか踊れてるよね?)

翼「」タッタッ…

未来(翼すごいなぁ…あんなに動いても全然余裕そう。私も屋上ならそこそこだったのに、ステージに上がると全然違う)

ーー想像できる?観客の視線や熱気、いくつものライトが全て自分に向けられて…ステージがイヤに広く感じるくらい、そこは孤独。

ーーいくら練習で出来てても、そこに立つとまるで違う…自分の身体が思うように動かない。熱さとプレッシャーで押し潰されそうな……

未来(いつだったっけ…静香ちゃん言ってたな。ステージは怖いところだって。なんとなくその意味がわかった気がする)

未来(もっと踊りたい、もっと歌いたい、もっともっと楽しませたい…のに)

未来(身体がついていかない…静香ちゃんならもっとこう…!)

未来「すべーてーのかがや…あ、うぁぁっ!?」

ドンガラガシャーン!

翼「とーまーれー…って未来大丈夫!?」

「ストップストーップ!」

ザワザワ…

未来「あたた…わわっ、テレビ大丈夫ですか!?」

翼「それより自分でしょ!すっごい音したけど怪我してない?」

未来「な、なんとか…足もつれて思いっきり前に転んじゃった…テレビの方は」

「プロンプトは大丈夫でーす」

翼「だってさ。は〜びっくりしちゃった、もう終わりって所で未来の姿消えちゃったんだもん」

「お疲れ様でしたー!次曲のリハに入りまーす」

未来「え、じゃあ…」

翼「私たちの番はおしまい。楽屋戻ろっか」スタスタ…

未来「…」

トボトボ…

624 : お兄ちゃん   2018/12/28 03:09:52 ID:aXrWcsQDGs

〜〜

律子「もぉ…心臓止まるかと思ったわ」

P「こっちまで届くくらい凄い音だったな…俺も一瞬ヒヤッとしたよ」

律子「やっぱりあの子には荷が重すぎたんじゃ…セトリを変えるなら今しかないですよ」

P「…俺は、アイドルたちを信じるまでさ。…送信っと」

〜〜

楽屋

翼「未来、静香ちゃんに連絡しなよ」

未来「…え?」

翼「静香ちゃんに電話!リハ前に言ってたでしょ。ほら今すぐに!」

未来「わわっ、する、するから…」

翼「もう、やっぱなーんか変なんだよね未来。リハだって途中までは良かったのに最後の最後でアレだし」

未来「あれは踊り続けるのしんどくてそれで…」

翼「そういうことじゃない、絶対!とにかく静香ちゃんと話して、じゃあね」スタスタ…

未来「翼…へたっぴだから怒らせちゃったのかなぁ…」

未来「…」

prrr…ガチャ

静香『…もしもし、未来?』

未来「あ、静香ちゃん!えっと、身体は大丈夫?』

静香『ええ、疲れがたまってただけだから、今日一日安静にしてれば大丈夫だって』

未来「そっか〜良かったぁ…今はまだ病院?」

静香『タクシーの中。これから家に……それより未来』

未来「え?」

静香『私の代わりにステージ…立つつもり?』

625 : 箱デューサー   2018/12/28 03:12:28 ID:aXrWcsQDGs

未来「え…どうして…」

静香『さっき、風花さんのスマホに動画が送られてきて…プロデューサーから、私に見せて欲しいって』

未来「なにを…?」

静香『さっきのリハ』

未来「!?」

静香『まさか未来が代わりを務めるなんて…正直驚いた』

未来「あ、べ、別に決まったわけじゃなくて。試しにやってみないかってプロデューサーさんが…」

静香『まったく、あのプロデューサーは…』

未来「…あ、あのね。踊ってみて、初めてわかったよ。ステージってあんなに広くて、眩しくて、うるさくて、どっと疲れて…」

静香『…怖かった?』

未来「…静香ちゃん、私のリハ見て、正直どう思った…かな?」

静香「…」

1、大丈夫、未来ならできるわ
2、不安しかないわね…
3、未来はどうなの?
4、その他(自由安価)

プラスアルファで何か付け足してくれるとやりやすいかも

↓1

626 : プロデューサー   2018/12/28 03:14:51 ID:aXrWcsQDGs

ごめん慣れない環境で打ってたから二重投稿ひどかった、ごめんね

↓1で

627 : ぷろでゅーしゃー   2018/12/28 07:38:14 ID:HbLRfI4Kew

1
そして今までのことも謝る。
そして静香はしばらくは(文化祭のステージ終了まで)罪悪感に駆られ、未来と距離を取ることに(風花の説教があり八つ当たりはしない)

628 : おやぶん   2018/12/28 16:07:05 ID:CBK8/XsX6Y

大体同じ流れで草

629 : プロちゃん   2018/12/29 05:29:43 ID:yksZTURmRk

〜〜

静香「…良かったと思うわ」

未来『え…で、でも私最後…』

静香「未来、私…未来に謝らなきゃいけない。初ステージが私の代役になってしまうこと…それから、未来と向き合ってこなかったこと」

未来『何言ってるの…?』

静香「未来はいつでも私の事を見てくれてた。私のこと、たくさん心配してくれてた。…でも、私は見ないふりして、受け流して…相手にしてこなかった。自分のことしか考えてなかったから」

未来『そ、そんなの気にしなくていいよっ。私が勝手にそうしてたってだけだし…』

静香「未来は優しいのね、本当に…そんな優しさから目をそらし続けた結果が、これよ。本当に、申し訳ないって思ってる」

未来『静香ちゃん…』

静香「こんなこと言えた義理じゃないけど…ステージ、頑張って。大丈夫、未来ならやれるわ」

未来『…やれるのかな。本当に、静香ちゃんの代わりなんて』

静香「私の代わりだなんて考えないでいいから。未来は未来らしく、ステージを盛り上げて
。直接は見れないけど、私も楽しみにしてるから…未来のステージ」

未来『しずかちゃ…ぅ…っ』

静香「…大丈夫。未来なら輝けるはずだから。ステージの広さ、ライトの眩さ、観客の熱気…きっと楽しめるはずだから。怖さなんて忘れるくらい…」

未来『…わ、わたし…うだうっ。静香ちゃんの代わりじゃなく、自分が…自分で…』

静香「うん、それでいいの」

未来『そのかわり、わたし、持って行くから。ステージに掛けた静香ちゃんの思いも…出来るだけ届けるから。ううん、届けたいの!』

静香「未来…」

未来『えへへ…頑張ってくるね』

静香「…うん、応援してる。…それじゃあね」

630 : 兄ちゃん   2018/12/29 05:42:28 ID:yksZTURmRk

静香「…」

風花「…着いたわ静香ちゃん」

静香「はい…最後まで付き添ってもらってすみません」

風花「気にしないでってば。こういう時は遠慮なく頼りにしていいからね」

静香「はい…また、劇場で」

風花「…未来ちゃんに元気な顔、早く見せてあげてね。じゃあ、お大事に」


ブォン…


静香「…未来」

〜〜

静香(未来のリハ姿は、お世辞にも上出来とは良いがたい出来で、圧倒的な練習不足がありありと見てとれた)

静香(技術面を求める観客にはとても満足してもらえない…そんなステージング。にも関わらず、私は未来に良かったと伝えた)

静香(それは決して嘘や慰めなんかじゃない。未来のステージ姿は、そんなおぼつかないテクニックなんかよりもっと大きな、言うなれば可能性を秘めていたように思う)

静香(初舞台でガチガチに緊張していた私とは違う。自分と、そして観客をも巻き込んで楽しませてくれそうな、のびのびとしたパフォーマンス。歌。そして、笑顔)

静香(きっと未来は本番でも上手くいく。むしろ、本番でこそ輝く…アイドルがそこにはいた)

静香(複雑だった。私が立つはずだったステージ、私の出番、私の機会を…そんな可能性に塗りつぶされつつあることが、たまらなくイヤだった)

静香(…そんな醜い嫉妬を抱きつつある自分に嫌気が差す。全ては自分が蒔いた種…勝手にもほどがある)

631 : 箱デューサー   2018/12/29 05:45:24 ID:mQjXJGt/5A

せっかく安価で会心の出来になったドリンクが今のところ何の役にも立ってなくて草も生えない

632 : プロデューサー   2018/12/29 05:51:52 ID:yksZTURmRk

静香(リハの最後、盛大に転んだ未来…それはまるで、未来の気持ちを無視し続けてきた代償を、未来自身に支払わせる呪いのように思えて…泣きたくなった)

静香(全ては私のせい…こんな私が未来になにかを言う資格は無い。ただ見届けて、エールを送るくらいしか…それすらも、果たして本音なのか、自分で自分がわからない)

静香(ただ心に残るのは、罪悪感。こうしてベッドに横になってる間、未来は今頃ステージの上だろうか…私の身勝手が産んだ呪いは、未来の邪魔をしていないだろうか)

静香(ごめん、未来…ごめんなさい、私なんかのために…)

〜〜

数日後、学校

実行委員「D組の出し物がまだ決まってないけど、候補は上がってるのかな?」

「バトルドームが遊べるメイド喫茶で進めてたんだけど、うるさいしすぐ飽きるからやっぱ無しになりました」

実行委員「個人的にはその意味のわからない組み合わせ興味深いけど、まあ当然かな。それより…」

静香「…」

静香(あれから2日後、全快した私はすぐさま劇場へと足を運び、迷惑をかけた関係者方へ頭を下げた。みんなは気にしないよう言ってくれて、プロデューサーはすぐさま次のライブ企画を伝え、そのまま軽く打ち合わせ)

静香(またライブに向けて練習の日々が始まる。合間にグラビア撮影や雑誌のプロモーションなど挟んで、それなり動き回る毎日。学校でもそれは同様で、勉強はもちろんクラス委員長の仕事も担っている私は今、文化祭に向けての長い話し合いを…)

633 : 兄ちゃん   2018/12/29 06:00:29 ID:yksZTURmRk

静香(…あの日以来未来とは、ほとんど会話を交わしていない。単に時間が合わないから、というのもあるけれど…隣のクラスなんだし、会おうと思えばすぐ会える。なんなら電話で呼べば、喜んで今すぐ来てくれるかも)

静香(…わかってる。私は避けてるんだ。だからこうして何かに打ち込んで、忙しいからと自分に言い訳して…逃げ続けている)

静香(未来と向き合う…たったそれだけのことを、私の中の何かが拒んでいて…本当は、伝えたいことだってあるはずなのに…)

実行委員「えーそれでお昼の企画だけど…」


>>631
自由安価でもなんでも「ドリンク飲ませたら静香が全快した」的なこと誰か書くと思ってたから正直予想外の展開。つまらなかったらごめん、わいの文才不足


1、実行委員の話を聞く(未来が入ってくる)
2、実行委員に話しかけられる
3、隣のサキに話しかけられる
4、その他(自由安価)

↓1

634 : Pしゃん   2018/12/29 07:12:04 ID:GK8PnxNoTk

4→前半1・2複合・後半4
未来と静香で一緒にライブをやってほしいとオファーがくる。
しかし静香は申し訳なさそうに断ってしまう。
未来が静香を追いかけるが・・・
静香は迷惑をかけた私のことなんか放っておいてと突き放してしまう。
しかし、この状況を謎の組織に全部見聞され
歌織さんが動き出す・・
(なお、紬・歌織さんはカバーライブの1日後に765シアター所属アイドルになったとする)

635 : プロデューサー殿   2018/12/29 11:45:57 ID:zSu7iMEwxI

>>634に付け足して(出来れば)
未来は未来なりに悩んでいる。あくまでも未来の問題なので

>>633
ドリンクが活躍するのはもうちよっと先の話かなと思って

636 : ごしゅPさま   2018/12/29 12:51:39 ID:GK8PnxNoTk

>>635
もし未来がどうしても悩んで立ち止まってしまったら千早さんが静香とかかわるときのアドバイスを加えたらいいかも。具体的には静香とかかわるなら覚悟が必要といって、千早自身の体験談(アニマス20話で)を例示するといいかもしれませんね

637 : バカP   2018/12/29 13:27:37 ID:yksZTURmRk

>>635
ごめん今から書くけど出来れば安価は「今これから起こること」に絞って簡潔にして貰えるとありがたい
先々までかっちり決められると逆に書けないから。なので「2人にオファーがくる」だけとります。ごめんね

638 : おやぶん   2018/12/29 13:42:16 ID:GK8PnxNoTk

>>637
わかりました!

639 : そなた   2018/12/29 13:42:36 ID:zSu7iMEwxI

>>637
了解なのです

640 : ダーリン   2018/12/29 18:00:46 ID:yksZTURmRk

〜〜

実行委員「…てことで、そろそろいい時間かな。本日の話し合いは以上です、お疲れ様!」

ワイワイ…

実行委員「ああそこの…最上静香くん?ちょっといいかな」

静香「なんです?」

実行委員「ちょっとちょっと…」チョイチョイ

静香「…?」

実行委員「さっきの話し合いに出てた、お昼の企画のことなんだけど…」

静香「はぁ、ステージ企画でしたっけ。それがなにか?」

実行委員「いや〜現在参加者を募ってそれなりに集まってはいるんだけど、正直なところどれもパッとしなさそうでね」

静香「ず、ずいぶんはっきり言うんですね」

実行委員「それが実行委員長の務めだから。そこで、だ。目玉の一つとして、アイドルをステージに立たせたいと思ってる」

静香「…は?」

実行委員「A組の春日未来くん、765プロのアイドルなんだってね。こないだたまたま観に行ったライブで偶然知ったんだけど」

静香(カバーライブの日…)

実行委員「まさか同じ学校に765プロのアイドルが在籍してるなんて驚いたけど、同時にこれはチャンスと思ったわけ。この意味、わかるでしょ?」

静香「み、未来をステージの目玉に…ということですか?しかしあの子はまだ…っ」

実行委員「?」

641 : ごしゅPさま   2018/12/29 18:03:47 ID:yksZTURmRk

静香(まだ…なんだと言うの?新人だから、経験が浅いから…だから無茶?そんなの私が決めることじゃない)

静香(それに未来のカバーステージは、盛況だった。ところどころ未熟さがありつつも、舞台負けしない明るさと思い切りの良さで、みるみる観客を盛り上げていって…)

静香(結果を出した。なら私がとやかく言う筋合いは無い。…そんな資格も、私には)

静香「…いえ。ところでなぜわざわざ私にその話を?直接本人に聞けばいいじゃないですか」

実行委員「なぜってそりゃあ、キミにもステージに上がってもらいたいからだけど?」

静香「そうですか、確かに未来とは友達ですけ……は?」

実行委員「だから、キミと未来くんの2人でステージを盛り上げて欲しいってこと。ふふふ、我ながら運がいい。こんな近くに逸材がいるなんて」

静香「ま、待ってくださいっ!未来はともかく、どうして私まで…!?」

実行委員「どうしても何も、キミたちよく屋上でダンスや歌の練習してるじゃない。あ、この間は空き教室でもやってたっけ。ならあなたにも頼むのは当然の流れでしょ?」

静香(う…いくら人気がないとはいえ、そりゃあ全く気付かれないわけないわよね)

実行委員「調べたところキミもアイドルのようだけど…あまり触れられたくないみたいだから、深くは聞かないでおく」

静香「どうしてそんなことまで…」

実行委員「実行委員長だからね。ふふん」

静香(…食えない人って、こういう人のことを言うのかしら)

実行委員「しかしまあそれはそれ。実行委員長に選ばれた以上水月祭を例年以上に盛り上げるのが私の務めだ。そのためには、あなたたちの力が必要。…どうか、ステージに上がってもらえないだろうか?」

静香「…」

1、断る
2、上手いこと丸め込まれ承諾
3、一旦保留して未来に相談する
4、その他(自由安価)

↓1

642 : ダーリン   2018/12/29 18:08:40 ID:zSu7iMEwxI

3しかない

643 : 642   2018/12/29 18:10:48 ID:zSu7iMEwxI

その時未来はあの大成功した特製ドリンクを作っていて…?

644 : 642   2018/12/29 18:19:13 ID:zSu7iMEwxI

>>643追記
大成功した特製ドリンクは未来が静香を元気づけるために>>576当時と全く同じレシピで作っている
(学校に調理実習室がない場合は自宅で作ったものでも可)
3連投失礼しました

645 : プロデューサーはん   2018/12/29 18:22:17 ID:GK8PnxNoTk

大丈夫ですよ~
栄養ドリンクだけでなく媚薬の効果もあったら面白そうだが

646 : ハニー   2018/12/29 18:33:25 ID:zSu7iMEwxI

>>645
そういえばハチミツにはそういう効果があるって伝承がありましたねぇ…
閃いた

647 : 兄ちゃん   2018/12/29 20:33:29 ID:yksZTURmRk

ごめん書き直すのめんどいから以後1レスに書いてあるのだけ採用します。安価SSってそういうものですしね

静香「あの、ところで未来にはこの話もう…」

実行委員「それがなかなか捕まらなくて。さっきも探したんだけどどこに行ったのやら…」

静香「はぁ。…あの、ステージの件は未来と相談してからでもいいですか」

実行委員「構わないよ、時間はまだあるし。それと、無理なら無理でいいからね。別の方法を考えるまでだから」

静香「…どうも」

〜〜

静香(これは…私にとっても、チャンスなのかな。未来と、ようやくきちんと向き合って話し合う…)

静香(何言ってんだか。話そうと思えばいつでも話せたじゃない。私が勝手に避けて…逃げ続けただけ)

静香(今もそう。舞い込んだ話を利用して逃げ場を塞いでる…自発的とは言えないわ)

静香(…チャンスは待つものじゃなく、自分で掴み取るもの。わかってるはずなのに、どうしてこうも動けないのかな)

静香(…未来だから、かなぁ)



静香「…教室にはいないか。もう帰ったのかしら」

サキ「未来を探してる?」

静香「あ…ええ。未来はもう…?」

サキ「カバン置いてあるからまだ校内にはいるみたい。忘れて帰ったんじゃなければ、だけど」

静香「いくら未来でもそれはないでしょ。…無いわよね?」

サキ「どうかしら。最近未来、考え事ばかりしてるみたいでどこか上の空なのよ」

静香「未来が…?」

648 : おやぶん   2018/12/29 20:35:33 ID:yksZTURmRk

サキ「…ふぅん、どうやら知らなかったみたいね。珍しく」

静香「珍しくって…別に知らないことがあったって普通でしょ。四六時中一緒なわけじゃないんだから」

サキ「なら、今は私の方が未来に詳しいってことか」

静香「なにを当たり前のこと…腐れ縁なんでしょ?」

サキ「ええまあね。1、2ヶ月の付き合いなんか目じゃないくらいに色々知ってるわよ」

静香「…何か言いたいことでもあるわけ?」

サキ「ふふ、怒った?…これでおあいこね」

静香「え…?」

サキ「未来は調理実習室よ。誰かさんの為に調理でもしてるのかしら」

静香「あなた、知ってたの?」

サキ「さあ?……今度は放っておかないでよね」スタスタ…

静香「…未来」

〜〜

調理実習室

未来「えーっと…確かこれくらいの分量で…んーこんなもんだったっけ?うん、多分これくらいなはず」

未来「今日こそはあの完璧特製ドリンクを再現して、静香ちゃんに飲んでもらうんだ…!」

未来「元気になれば、きっとまたお話できる。今はまだ病み上がりだから、あんまりお話する気分じゃないんだよね」

未来「うん、きっとそう…だから、嫌われたわけじゃ…」

未来「…っ。よ、よーしあとはコレを混ぜて〜っと…うぅん、分量ちゃんと書いておけばよかった。ちょっとだけってどのくらいなのさ、私…」

未来「ええーいままよ!ここは直感を信じて……よし。じゃあ味見を…」

1、完璧に再現できた
2、…なんか違う
3、ボンっ!
4、その他(自由安価)

↓1

649 : ごしゅPさま   2018/12/29 20:40:45 ID:GK8PnxNoTk

1

650 : せんせぇ   2018/12/30 16:44:00 ID:sFJiqcYRQ6

>>609
新イベント最初の組み合わせがしずしほ(亜里沙)って時点でもうお察しでしょ。捨てたというか優先順位相当低いのは間違いないね

651 : Pくん   2018/12/30 17:06:13 ID:Gz95whuGCo

>>650
今回のイベントのトークってグリマスのショートストーリーをそのまま持って来ただけだぞ
要は過去の遺産を再利用してるって事だよ

652 : 箱デューサー   2018/12/30 17:20:37 ID:sFJiqcYRQ6

>>651
それでも初っ端ってのは少なからずそういう思惑があると思うけどな
その内みらしずのやつも来るかもしれんけど、新キャラ増えた分改変されたり入れ替えられたりされてないといいな

653 : 箱デューサー   2018/12/30 20:39:40 ID:dpBLdU7fu6

〜〜

調理実習室前

静香「未来は本当にいるのかしら…?」


『うん、完璧♪やった出来たー!』


静香「今の声、未来だわ。やっぱりいたんだ…でも一体何を作ってんだろう」

静香「…とりあえず様子を…いきなり声掛けたら調理の邪魔になるかもだし」

静香「って、誰に言い訳してるんだか…」

未来『うんうん、この色、この味、この匂い。絶対に間違いない!分量が不安だったけど、なんとかレシピ通り作れて良かったぁ』

未来『あとはこれを静香ちゃんに飲ませてあげれば…』

静香(作ってたのは…ジュース?未来、まさか私のためにわざわざ…!)

未来『(元気になって)なにもかもすっかり元通りになるよね』

静香(…ん、どういうこと?)

未来「『我慢してたけどやっぱ(静香ちゃんと話せないの)辛かったし、一刻も早く(疲れなんて)おさらばしてもらいたいな』

静香「」

未来『でも(意地っ張りだし)素直に飲んでくれるかなぁ?(避けられ気味だから)どうにか説得して…あ、そうだ!』カキカキ…

未来『ご自由に…と。あとはさりげなく机においておけば、静香ちゃんもわかってくれるよね?』

未来『さてと、お片付けお片付け。綺麗さっぱりにしとかないと次の人が迷惑だもんね〜♪』



静香「」



二つ結び「ねえ、ところでボランティアいつやるの?私週末空いてるけど」

金髪「おー偉いねぇ、いってらっしゃい」

二つ結び「あんたが行こうって言ったんじゃない!」

金髪「冗談だってそんなムキに…あ、静香じゃん」

二つ結び「ほんとだ。実習室の前に突っ立ってなにを…」


静香「」ポロポロポロ…

654 : Pちゃま   2018/12/30 20:47:13 ID:dpBLdU7fu6

金髪「ってめっちゃ泣いてるぅぅぅ!?」

二つ結び「ち、ちょっと静香っ!?あんた一体どうしたっていうのよ!?」

静香「う、ううぅぅ…っ、み、みらいに…ぎらわれ、あ、あぁぁ…っ!」

金髪「はぁ〜あの静香が春日さんに嫌われるとこんな風になるのか」

二つ結び「あんたは黙っててっ!ね、ねえ静香?そんなことあり得ないって。いったい誰に吹き込まれた情報よ?」

静香「ほ…ほん、にんがら…あそこにいる、みらいが…わたしと、おさらばしたいってっ」

金髪「…それほんとぉ?鼻歌歌いながら普通に後片付けしてるけど」

静香「かたづけ…ふ、ふぇぇぇんっ!」

二つ結び「だから黙っててって言ったでしょ!」

金髪「いや別に変なこと言ってないでしょっ!?」

〜〜

二つ結び「…なるほど。ジュース作ってる場面を覗き見してたらひとり言が聞こえてきたと」

金髪「どうやら静香との付き合いが辛くて我慢できないという内容らしく…」

二つ結び「置き手紙で別れを告げるつもりだった…ってなにそれ?」

静香「だって、そう言ってたから…これで、別れてくれるよねって、う、うっ」

静香「私とのことなんて綺麗さっぱり片付けて、後腐れなくしたいって、そんなこと、ひっ」

二つ結び(…いやないでしょ。ご自由にって、そのままの意味じゃないの?)

金髪( 所々かなり思い込み入ってるような…)

655 : ぷろでゅーさー   2018/12/30 20:55:25 ID:dpBLdU7fu6

二つ結び「静香、ちょっと冷静になりなよ。じゃあなんでわざわざ静香のためにジュース作ったりなんかしてるのさ」

静香「…手切れジュース?」

金髪「ふはっ」

二つ結び「こらっ!…あのね、未来は単純なんだからそんな回りくどいマネしないって」

静香「じ、じゃあ何のために…私にジュースなんか」

二つ結び「聞けばいいじゃない。そこにいるんだから」

静香「で、でも…」

金髪「はいごあんなーい」ガララ、ポイッ

静香「ちょ、キャァ…」

ピシャリ

金髪「はー面白かった。じゃ、帰ろっか」

二つ結び「ええ。…しかし静香も笑えるくらい考えすぎよね」

金髪「だって相手が春日さんですし」

二つ結び「ふふっ…何の為って、そりゃ決まってんでしょうが」

〜〜


未来「洗剤と〜スポンジスポンジ…」ジャー

ガラッ

静香「キャァッ」

未来「ん?…あ」

静香「あ…」

未来「し、静香ちゃん!?なんで?どうしてここに?」

静香「や、あ…えと…」

未来「あ、私ねっ。静香ちゃんにさっき…あちょ、ハンカチハンカチ…っ」

静香「み、未来…私…」

1、ひたすら謝る
2、つい怒ってしまう
3、ハンカチを差し出す
4、その他(自由安価)

↓1

656 : おにいちゃん   2018/12/30 20:56:59 ID:oGoguQhTNY

1
未来に嫌われるのは死んでも嫌

657 : プロデューサーちゃん   2018/12/31 00:09:10 ID:V2zDi1fpMU

https://twitter.com/PurasuruSyo/status/1079392563696525312?s=19
ここがそう、楽園さ

658 : お兄ちゃん   2018/12/31 02:30:02 ID:4jI/AOZmrQ

あえて翼を眠らせて2人を並ばせるあたりみらしずは忘れられてないってことかな…?

659 : ごしゅPさま   2018/12/31 04:53:25 ID:PG93xmPypU

静香「私、あなたに言わなきゃいけないことが…」

未来「待って静香ちゃん!なにも言わずにこれ飲んで、お願い!」

静香「いえ、先に私から…」

未来」「変なもの入ってないから!すごく元気になる…って言ったら胡散臭いけど、特製ドリンク!」

静香「その前に…」

未来「静香ちゃんに元気になって欲しいから私…」

静香「ま…待ってっ!」

未来「っ…」

静香「…お願い、まず言わせて」

未来「な…なに…?」

静香「…私、ひどいことをしたと思ってる」

未来「え…?」

静香「ライブ以来、未来のこと避けてた。声かけられても適当にごまかして、逃げてた…ごめん、未来。ごめんなさい…」

未来「…」

静香「けどそれは!全部私が悪いの!未来は全然悪くなくて、私が勝手に未来のこと…ううん、とにかく未来にひどい態度を取った。だから、本当にごめんなさい…!」

未来「…じゃあ私、静香ちゃんに嫌われたわけじゃない?」

静香「まさかっ!むしろ私の方が嫌われて当然のことを…許して、未来…っ」

未来「…そっか」

静香「私、未来に嫌われたくない…せっかく出会って、友達になって、アイドルになって…いつでも私のことを考えてくれた、かけがえのない人…さよならなんてしたくない」

660 : そなた   2018/12/31 04:54:31 ID:PG93xmPypU

未来「……よくわかんないけど、私が静香ちゃんを嫌いになるわけないよ。当たり前でしょ?」

静香「っ…未来…」

未来「さよならなんてこっちこそしたくないよ。というかどうしてそんなこと…あ、わかった。やっぱり静香ちゃん疲れてるんだ」

静香「え、疲れ…?」

未来「はいこれ!手作りの特製ドリンクだよ。これを飲めば疲れなんてどっか行っちゃうはずだから」

静香「どっか…疲れなんて、さよならしちゃう?」

未来「そうそう。大丈夫、すっごく美味しくできたから。これ飲んで、元通り元気になってね」

静香「元通り…」

未来「うん。元通り」

静香「…なら、いただくわ」

未来「じゃあコップ持って…まままま」トクトク

静香「くす…宴会じゃないんだから」

未来「どうせなら宴会にしてみる?特製ドリンク片手にカンパーイって、2人だけのヒミツの宴会」

静香「もう、なにそれ…でも、悪くないわね」

未来「へへー♪それじゃあ…何にカンパイする?」

静香「そうね…未来の初ライブ成功を祝して、なんてどう?」

未来「っ!……それ、すっごく嬉しい」

静香「遅くなったけど…おめでとう未来。そして、ありがとう。ステージに立ってくれて」

未来「でへへ…カンパイッ」

静香「カンパイ」



次のシーン

1、実行委員長へ保留にしてた件の返答
2、ドリンク効果で妙に元気になった2人
3、まだ微妙にギクシャクする静香
4、その他(自由安価)


ちなみに文化祭編が終わったら締めに入ろうと思います。流石に長くなりすぎた

↓1

661 : プロデューサーはん   2018/12/31 05:37:51 ID:TiT.2xSV7k

1
もちろんプロデューサーの了承も得て出演することになる

662 : プロデューサーさん   2018/12/31 23:52:39 ID:PG93xmPypU

静香「…はい、はい。ありがとうございます…いりませんよ文化祭なのに…では」プチッ

未来「プロデューサーさん、なんて?」

静香「問題ないそうよ。仕事に影響が出ない範囲で楽しんでくれって」

未来「よかったぁ。勝手にステージ上がっちゃダメって言われたらどうしようかと」

静香「まあ業界ではあり得る話だけどね。ウチが緩いのかプロデューサーが適当なのか」

未来「なにか言われてなかった?」

静香「ああ、なんならギャラでも出そうかですって。まったく冗談言ってる暇あったらもっとまじめに…」

未来「じゃあ私が払おうか?静香ちゃんへのオファー代ってことで」

静香「いやなんでそうなるのよ」

未来「んー…私が観たいから?」

静香「…自分も出演するってこと、忘れてない?」

未来「あ、そういえばそうだったね。でへへ」

静香「でも未来は本当にいいの?私と2人で文化祭のステージに立つこと」

未来「良いに決まってるよ!文化祭でも劇場でもどこでも、一緒にステージ立てるならどこだって嬉しい!」

静香「そ、そう…話切り出した時も食い気味に了承してたっけ。そんなに嬉しい?」

未来「静香ちゃんは嬉しくないの?」

静香「別にそんな…ま、まあ嬉しい、かな?でもまさか、文化祭が初の共演になるとは思わなかったわね」

未来「依頼してくれた実行委員さんに感謝しなくちゃ!さっそくお返事に行くんでしょ?レッツゴー♪」

静香「あ、待ちなさいっ!あなた顔知らないはずでしょ!」

〜〜

663 : プロデューサー様   2018/12/31 23:53:52 ID:PG93xmPypU

実行委員「そうか、2人とも引き受けてくれるか!いやぁこれでステージ企画は安泰だな、よろしく頼むよ」

未来「はい!任せてください!」

静香「詳細は決まってますか?」

実行委員「ああ、出演グループ全8組。時間は12時半から16時予定。持ち時間は一応15分前後としているが、まあそこは臨機応変にね」

未来「臨機応変?」

実行委員「本番はトラブルがつきものだから。あとは盛り上がり次第で多少延びる可能性も考慮してってとこかな」

静香「それにしたって1組15分で3時間半は長い気もしますけど」

実行委員「はは、君らはともかく私たちはプロじゃないからね。スタッフも出演者も。それを加味しての時間ってわけ」

静香「…そうですか。ともあれ私たちは時間通り終わらせられるよう努めますので」

未来「すっごく盛り上がって、アンコールが起きたらどうするの?」

静香「アンコール…い、いやいやそんな簡単に起こるわけないでしょ」

実行委員「ふふ、その場合はこちらも臨機応変にね。…君たちは目玉なんだ、期待してるよ。じゃあまた」スタスタ…

静香「…目玉って言われても」

未来「静香ちゃん!こうなったらアンコール貰っちゃうくらい盛り上げちゃおうよ!」

静香「簡単に言うわね。私たち、アイドルとしてはまだ知名度全然なのよ?」

未来「ならこれから知ってもらう良いチャンスでしょ?…あ、でも静香ちゃんあんまり学校の人に知られたくないんだっけ?」

静香「…今更そんなこと言わないわよ。やると決めたからには全力でやるわ」

未来「…一応、聞いても良い。どうして文化祭のステージに立とうと思ったの?」

664 : プロデューサー   2018/12/31 23:54:23 ID:PG93xmPypU

静香「そうね…確かに私はアイドルであることを周りに知られたくなかった。知ってもらうのは、もっと実力と人気をつけてから…プロのアイドルだって、胸を張って言える時」

静香「けどね、こんな未熟な今の私にも、応援してくれるファンがいるんだってわかったから。気づかないほど、すぐ近くに…」

静香「私はもう、アイドルだったんだわ。1人でもファンがいれば、それは紛れもなく…そして私も、その子のファン」

静香「なら2人で立つステージ…出ないわけにはいかないでしょ?」

未来「静香ちゃん…!」

静香「そ、そういうことだからっ。早速なに歌うか決めとかないとね」

未来「うん!ふふ…でも一曲はもう決めてあるんだ。だってあんなに練習したもんね」

静香「…ああ、そうね。確かに…私もやってみたいわ。正直一般にウケるかはわからないけど」

未来「絶対大丈夫だよ!だってあんなに楽しい曲だもん」

静香「なら、あとは私たちの腕次第。…屋上行きましょうか」

未来「練習練習〜♪」

1、飛んで文化祭当日
2、せっかくなので他のアイドルも呼んでみる
3、文化祭準備中の2人
4、その他(自由安価)

↓1

665 : Pしゃん   2018/12/31 23:54:59 ID:nNc6ryt6oQ

3

666 : Pくん   2019/01/01 21:24:13 ID:GhFPZyNk7g

https://twitter.com/amya_ame/status/1080050940785217536?s=19
死ねる

667 : Pちゃま   2019/01/02 02:49:16 ID:K2TosrOPQY

文化祭前日

静香「…よし、うどん屋台の準備はこれでオッケーね。今年こそは絶対優勝してみせるんだから」

金髪「気合入ってんねー。うどんの仕込みなんてほとんど一人で終わらせちゃってるし」

静香「美味しいおうどんを提供するためですもの、当然でしょ」

二つ結び「うどんに本気なのはわかったけど、本番じゃ少しは私達にも手伝わせてよね。静香一人で回すわけにはいかないんだからさ」

金髪「そうそう、こう見えてパスタくらいなら作った事あるし」

静香「…特にあなたが心配だけど。まあ、手順は当日貼っておくからその通りにやれば大丈夫。私がいない時はよろしくね」

二つ結び「了解。私たちはまだ仕事残ってるから、静香は他のとこ手伝いにいってきなよ」

静香「そうするわ」



トントントン…

ソッチモッテー

エノグドコー


静香(この活気…悪くないな。まるで…)

未来「あ、静香ちゃん!ちょうどいい所に」

静香「未来…ち、ちょっとなにその顔」

未来「え、何か変?」

静香「所々汚れてる。これは…絵の具?」

未来「あぁ、今看板に色塗りしてたとこから」

静香「もう…少しは気をつけなさいよ」

未来「それより静香ちゃん、ちょっと手伝って!こっちこっち」

静香「な、なによいきなり…!」

未来「これ。さっきまでここに色塗ってたんだ。でもなーんか物足りないんだよねぇ、この辺微妙にスペース空いちゃってるし」

静香「ふぅん、確かにバランスよくはないわね」

未来「絵でも描こうかと思ったんだけど、静香ちゃんならどんな絵にする?」

静香「いきなりそんなこと言われても…未来の好きな物でも描けばいいじゃない」

未来「好きな物かぁ…ちなみに静香ちゃんだったら?」

静香「うどん」

未来「そ、即答だね」

静香「それと…アイドル?」

668 : Pちゃま   2019/01/02 02:51:36 ID:K2TosrOPQY

未来「お、なんかいいかも。アイドルっぽい可愛いキャラ、試しに描いてみようっと」

静香「簡単に決めていいの?それにキャラクター描くのってけっこう難しいわよ」

未来「確かに筆じゃ難しいかも…静香ちゃんは描ける?」

静香「まあね。これでも絵には自信あるから」

未来「ほんと?じゃあちょっとお手本見せて!こっちの小さいスペース使っていいから」

静香「ふふん、仕方ないわね。まあ見てなさい…」

シュッシュッ…

静香「…ま、ざっとこんなもんよ」

未来「……これ、アイドル?」

静香「どう見てもそうでしょ?特にこのマイクもってしなやかに歌い上げる仕草なんか、中々の出来栄えだと思うわ。自分の組の看板にも描き足したいくら…」

未来「えい」シュッ

静香「ああああっ!?ちょっとなんで勝手に上書きするのよ!」

未来「あれはアイドルなんかじゃないよ!いや人ですらどうか怪しいって!」

静香「どこ見てそんなこと言えんのよ!誰がどう見ても可愛いアイドルだったでしょうが!!」

未来「アイドルに失礼だから!これなら私の方がまだマシだよ、可愛いアイドルってのはもっとこう……こんな感じでしょ?」シュシュ

静香「……可愛さが伝わらないわね」

未来「なに真顔で品評してるの!?さっき可愛さの欠片も無い古代の壁画みたいなやつ描いてたのどこの誰!?」

静香「私だって言いたいわけ!?そんなはずないでしょだからこういう…」シュシュ

未来「いやまずいって!小さな子供泣いちゃうよっ、もっとこうぷにっとした…」シュシュ

静香「違うってばもっと骨格を意識した…」シュシュシュ

未来「せめて顔くらいは人らしくこう…」シュシュシュ



シュシュシュシュ…

669 : バカP   2019/01/02 02:55:33 ID:K2TosrOPQY

未来「はぁはぁ…なにこれ」

静香「はぁはぁ…何だかんだ全部埋まったわね」

未来「埋まったというかただ落書きしただけというか」

静香「主に未来の絵がね」

未来「いや…もういいよそれで」


「…うぉっ、この看板左下だけやたらカオスだな」

「お化け屋敷でもやるんじゃね?」


未来「…お化け屋敷だってさ」

静香「むぅ…下描きさえできていれば」

未来「そういう問題じゃ……ふふ」

静香「な、なによ?」

未来「静香ちゃんの顔も絵の具まみれ、くく…っ」

静香「あなたはもっとひどいわよ……クスッ」

未来「あははっ、なんかおっかしー。あははは…!」

静香「ふふ、あはははっ…!」


~~

ジャー

未来「…ふぅっ、全部落ちたかな?」

静香「生え際に残ってるわ。ほらここ、じっとして」フキフキ

未来「でへへ、ありがと静香ちゃん。何だかんだ看板も手伝ってくれて助かっちゃった」

静香「その何だかんだが気になるところだけど…まあいいわ。未来の仕事はこれで終わり?」

未来「まだ残ってるけど、ちょっと休憩してきていいって」

静香「そう。私も今の所手伝える場所は無さそうだし…」

未来「だったら一緒に校内歩いてみない?私文化祭のこういう雰囲気好きなんだよね~」

静香「あ、それわかる。いつもの放課後とは違う、お祭り前夜の活気みたいな」

未来「そうそう。皆が文化祭に向けて賑やかに作業して、楽しそうで…あ、これってさ、ライブ前の雰囲気に似てるよね?」

静香「ふふ、私もそう思ってた。アイドルもスタッフも総出でステージを作り上げていくあの感じ…まるで文化祭みたいだなって」

670 : おやぶん   2019/01/02 02:57:09 ID:K2TosrOPQY

未来「この雰囲気が月1で味わえるんだから、私達の劇場っておっとく~♪」

静香「楽しむのは良いけど、文化祭と違ってこっちはプロの現場だってことを忘れないように」

未来「わかってるって。でも楽しませたい気持ちはどっちも同じ、でしょ?」

静香「そりゃあね。…さて、じゃあどこに行く?」

1、ステージの下見
2、作りかけのお化け屋敷
3、何だかんだ屋上
4、その他(自由安価)

後1,2回の安価で終わる予定です

↓1

671 : プロちゃん   2019/01/02 03:05:49 ID:Bs6ixg/pww

3

672 : Pくん   2019/01/02 23:40:07 ID:K2TosrOPQY

屋上

未来「相変わらず人気がないねー…あ、でもなんかある」

静香「あれは屋上から垂らす横断幕ね。何気に作るのけっこう大変みたいよ」

未来「大きいもんね。来年には私達も作ることになるのかな」

静香「さあ、どうなんだろ…役割によるんじゃない?」

未来「もし当たったらまた助けてね」

静香「逆でしょ。今日助けてあげたんだから私が当たったらお手伝いしてよね」

未来「いいよ。じゃあ私は屋上からパーって垂らす係やりたいな」

静香「雑用を兼ねるならいいわよ。布の裁断絵の具の用意みんなへの差し入れあとは…」

未来「それって一番大変じゃないかな!?」

静香「役割に見合った負担でしょ。みんなでやりたいことひとり占めしてるわけだし」

未来「う…確かに最後は皆の手でいっせーのって下ろしてみたいかも」

静香「そういうこと。力を合わせて作った分、喜びは分かち合わなきゃね」

未来「そうだね」

静香「うん……ステージも」

未来「…どうしよっ、ステージの事考えたらなんか」

静香「緊張する?」

未来「ううん、すっごく楽しみでしかたない!静香ちゃんと喜びを2人占め!」

静香「そっちか…まずは成功することを考えなさいよ」

未来「成功するよ、絶対!だって最強コンビだもんね~」

静香「大きく出たわね」

673 : あなた様   2019/01/02 23:40:34 ID:K2TosrOPQY

未来「周りも言うんだよ、二人は良いコンビだねって。静香ちゃんもそう思う?」

静香「普段はともかく、ステージの上じゃどうかしら?だってこれが初共演ですもの」

未来「おー…静香ちゃんらしい慎重なご意見」

静香「バカにしてるでしょ?」

未来「してないしてない」

静香「未来が何も考えずに突っ走る分、私はこれくらい冷静に構えるくらいがちょうどいいのよ」

未来「あ、そっちこそバカにしてない?」

静香「言葉の通り」

未来「もー……へへ、ならやっぱり、いいコンビだって思ってるってことでしょ?」

静香「…それも言葉のとお」

未来「ちゃんと言ってくれるまで帰さないからねーっ」ギュ―

静香「ちょ、いきなりくっついてもうっ…」

未来「ねえねえどうなの静香ちゃ~ん?」ギュ―

静香「あぁ、はいはいそうねっ、いいコンビだと思ってるから!」


未来「最強コンビ?」

静香「ええ最強最強」

未来「そーしそーあい?」

静香「はいはい相思相愛…ってなに言わすのよ!」

未来「あははっ…ちょ、ほんなおこんなひでっ」

静香「変な事ばっか言うのはこの口かしらぁ?」グニー

未来「ごえんなさいごえんなさい」

静香「ぷふっ、変な顔」

未来「ひどひっ!?」

静香「はー…なんだか緊張するのがバカらしくなってきたわ」

未来「ふぅ、緊張してたんだ?」

静香「文化祭のステージですもの。ある意味劇場のステージより緊張するわよ」

未来「そういうものかな?確かに知り合い多そうだけど」

静香「あとは…未来と合わせられるか」

未来「そんなの静香ちゃんなら余裕だよ」

674 : あなた様   2019/01/02 23:41:14 ID:K2TosrOPQY

静香「技術の問題じゃないのよ。ライブ中の未来は…まるで私とは逆。奔放というか自由というか…それでいて、きちんと観客の心を掴んでいて」

静香「翼はそんな未来に合わせることも出来てたけど…私はどうなんだろうって、ちょっと考えてたのよね」

未来「静香ちゃん…」

静香「むしろ私が未来の足を引っ張るんじゃないかって。でも、今更そんなこと考えても仕方ないわ。あとはやるだけですもの」

未来「…相思相愛」

静香「え?」

未来「静香ちゃんはそうやって、私の事考えてくれてるよね。私も静香ちゃんの事、いつも考えてるんだ。実はね」

静香「…知ってる」

未来「なら絶対大丈夫!だって相思相愛最強コンビだもん。コンビってさ、お互いを大切に思えるからコンビになれるんだよ。だから、えっと…」

静香「…常に互いを思いあえる仲なら、足を引っ張ることも無いって言いたいわけ?」

未来「そうそうそんな感じ!」

静香「そんなに甘くはない。…と言いたいところだけど、そんな自信満々に言われたら、何故だかそう思えちゃうのよね。きっとそれが未来の良い所なんだろうけど」

未来「でへへ、褒められちゃった。もっとなにか言ってあげようか?」

静香「調子に乗らない。…あ、見て未来。校門のところ」

675 : ごしゅPさま   2019/01/02 23:41:14 ID:K2TosrOPQY

静香「技術の問題じゃないのよ。ライブ中の未来は…まるで私とは逆。奔放というか自由というか…それでいて、きちんと観客の心を掴んでいて」

静香「翼はそんな未来に合わせることも出来てたけど…私はどうなんだろうって、ちょっと考えてたのよね」

未来「静香ちゃん…」

静香「むしろ私が未来の足を引っ張るんじゃないかって。でも、今更そんなこと考えても仕方ないわ。あとはやるだけですもの」

未来「…相思相愛」

静香「え?」

未来「静香ちゃんはそうやって、私の事考えてくれてるよね。私も静香ちゃんの事、いつも考えてるんだ。実はね」

静香「…知ってる」

未来「なら絶対大丈夫!だって相思相愛最強コンビだもん。コンビってさ、お互いを大切に思えるからコンビになれるんだよ。だから、えっと…」

静香「…常に互いを思いあえる仲なら、足を引っ張ることも無いって言いたいわけ?」

未来「そうそうそんな感じ!」

静香「そんなに甘くはない。…と言いたいところだけど、そんな自信満々に言われたら、何故だかそう思えちゃうのよね。きっとそれが未来の良い所なんだろうけど」

未来「でへへ、褒められちゃった。もっとなにか言ってあげようか?」

静香「調子に乗らない。…あ、見て未来。校門のところ」

676 : プロデューサー   2019/01/02 23:42:07 ID:K2TosrOPQY

ごめん二重になった

未来「わぁ、門が出来てる!明日はアレを通って沢山の人がウチの学校にくるんだね」

静香「ウチの文化祭――水月祭はこの辺じゃそれなり気合の入った行事として有名みたいだから。近所の中学生たちも集まって、きっと大賑わいになるはずよ」

未来「明日は晴れみたいだしね。うどん屋さん大儲け?」

静香「意地汚い事言わない。でもまあ、今年こそは優勝狙ってるけどね」

未来「優勝かぁ…ねえ、私達のステージが一番票花貰ったら、どうするの?」

静香「ど、どうするって…」

未来「うどん屋さんには悪いけど、私優勝したい!静香ちゃんとペアで一番になりたいなぁ…!」

静香「そ…そうね。まあうどん屋にしろステージにしろ、手を抜くつもりは無いけど」

未来「よーし、絶対優勝してハワイ旅行だー!!」

静香「そんなものないわよ。もう……そろそろ良い時間ね、戻りましょう」

未来「明日は頑張ろうね」

静香「…ええ!」


そして文化祭がやってきた


1、サクッと本番へ
2、午前中の様子
3、トラブル発生(内容指定可)
4、その他(自由安価)

※「票花」はその文化祭で良いと思えた人(グループも)に個人から送られる花。一番多く貰ったらその年の優勝者だそうです(ドラマCDより)。一応補足

↓1

677 : プロデューサー   2019/01/03 00:07:25 ID:KF.Cczkay6

1、ただし現在の季節が夏の場合は猛暑が原因で機材にトラブルが発生してミリ2ndルートに移行

678 : せんせぇ   2019/01/04 02:19:16 ID:62D3XPOyhk

本番前 ステージ裏


アリガトー

ワーワー

未来「…そろそろ出番だね静香ちゃん」

静香「ええ…それにしても」

実行委員「うんうん、多少のもたつきはあったもののラストまで時間は十分確保できそうだね」

静香「私達がトリだなんて、聞いてないんですけど?」

実行委員「え、言ってなかったっけ?まあいいじゃない、目玉なんだから」

静香「この人は…」

未来「見てみて静香ちゃん、あのマジックすごいよ!どうやってるのかなぁ?」

静香「未来は相変わらずね、少しは緊張しないわけ?」

未来「そりゃあドキドキはしてるよ。静香ちゃんはしないの?」

静香「してるわよ、未来のドキドキとはちょっと違うと思うけど」

未来「求心飲む?持ってないけど」

静香「そういうこと言ってんじゃ…ってわかって言ってるでしょ」

未来「でへへ~、大丈夫だよ静香ちゃん。リラックスリラックス~」モミモミ

静香「…もう、相変わらずお気楽なんだから」

実行委員「お二人さん、改めて構成の確認をしておきたいんだけどいいかな?」

静香「あ、はい」

実行委員「曲数は4曲、順が…この通りでいいね?」

未来「はい!でも4曲も歌わせてもらっていいんですか?」

実行委員「元々余裕のあるステージ配分にしたからね。他の組も平気で持ち時間オーバーしてるし、気にしなくていいよ」

静香「いかにも学祭らしい緩さ…とはいえそれを見越して構成されたのなら、流石です」

679 : プロちゃん   2019/01/04 02:20:30 ID:62D3XPOyhk

実行委員「全ては文化祭のためさ。演者も観客も気持ちよく盛り上がってほしいからね。そして、大満足の内に幕を閉じられるかどうかは、君らに掛かってる」

未来「おー、責任重大ですねっ」

静香「…わかりました。私と未来で最後まで盛り上げきってみせます!」

実行委員「ふふ…いいね。期待してるよ。さてと…」スタスタ…

静香「…未来、準備はいい?」ギュ

未来「いつでも」ギュ




実行委員「はーい!3年B組による手品漫談でしたーどうもありがとー!」

パチパチパチ…

実行委員「さて、いよいよ次が最後のステージ。誰が大トリを飾るのか、みんな予想はつくかな~?」

実行委員「最後に登場するのはなんとアイドル!あの765プロ所属の新人アイドル、春日未来さんと最上静香さんがステージを盛り上げてくれるぞ!」


765プロ?

スゲー

デモダレ?


静香「まぁ、そりゃ誰?ってなるわよね…新人だし」

未来「でも興味は持ってくれたっぽいよ。やったね♪」

静香「あとは私達次第か…」


実行委員「それでは~…張り切ってどうぞ!」


静香「いくわよ、未来…っ」

未来「うん!最初の曲は~…」


「「Thank You!」」


~~

680 : Pしゃん   2019/01/04 02:21:50 ID:62D3XPOyhk

二つ結び「もう始まってるかな?」

金髪「よっと、おまちー。…見に行けば?」

二つ結び「あんただけじゃうどん屋回らないでしょうが」

金髪「あーあ、さぼると後で静香にどやされるし、かといってこのままじゃ二人のステージも見られない。まさにジレンマだねぇ」

二つ結び「でも確かトリのハズでしょ?次の交代までには間に合うかもね」

金髪「だといいけど…それにしても心配だなぁ」

二つ結び「素人のあんたに心配されなくとも大丈夫でしょ」

金髪「いや、そういうことじゃなくて…なーんかイヤな予感するんだよね」

二つ結び「予感?」

金髪「…初夏にしては、異様に暑いよね。今日って」


~~


…ありがとう~♪


未来「…はーい!1曲目お聞きいただきました!いかがでしたかー?」


パチパチパチ…

イイゾー

カワイイー


静香「ありがとうございます!改めて自己紹介を…最上静香です」

未来「春日未来です!私達、アイドルやってます!といっても私は1回しかステージに立ったことありません!」

静香「そ、そういうことわざわざ言わなくていいわよ」

未来「しかも静香ちゃんの代役としてでした!静香ちゃんの歌声聞こえました?どう考えても私には荷が重すぎます!」

静香「こ、こらっ!余計な事言うなったら…!」

アハハ

681 : プロデューサー様   2019/01/04 02:23:11 ID:62D3XPOyhk

未来「でも…申し訳ないと思っても、あの日初めてステージに立てたことで、私改めてわかりました!」

未来「やっぱり、アイドルって楽しい!皆も楽しんでますかー?」

パチパチパチ

静香(未来…やっぱり盛り上げるのが上手い…)

未来「それでは次の曲!静香ちゃんにマイクを渡しまーす!」

静香「いやもうマイク持ってるから」

未来「あ…二つあった方が相乗効果にならない?」

静香「なんの相乗効果よ!むしろ反響しあって悪影響しかないわ!」

アハハ

未来「でへへ、それもそっか。じゃあ改めて…静香ちゃんのステージです!私も楽しみだなぁ…どうぞ♪」

静香「…もう、未来ったら」


~♪


静香(…本当なら持ち時間的に入れるつもりなかったけど、未来がどうしてもって頭を下げて)

静香(だからこれはある意味、未来が作ってくれたステージ。…なら、私は)


静香「アイドル、最上静香。…歌います!」


――蒼い鳥


~~


スゲー

ウマイナー


サキ「…」

サキ(あの2人、元に戻ったみたいね…まああまり心配はしてなかったけど)

サキ(はぁ、情けないなぁ…二人の仲を信じ切れずについ最上さんに当たってしまって)

サキ(…そうじゃないか。多分私…ちょっとだけ悔しかったんだ。未来が最上さんの方ばかり向くから。ケンカしても、すれ違っても…)

サキ(でもよく考えたら、未来は誰にだって優しいし…思いやれる子だから、きっと私と喧嘩しても同じように悩むわよね)

サキ(違いがあるとすれば……いえ、そんなこと考えても仕方ないわ。それに、最上さんともいいお友達になれたことだし)

サキ(とすれば、私のやることは…)スッ…

682 : ご主人様   2019/01/04 02:25:31 ID:62D3XPOyhk

「隣の子がおもむろにサイリウム持ちだしたんだが…」

「そこまでやるかね?本物のアイドルステージじゃあるまいし」


サキ(…あのステージを本物にするかどうかは、私達にもかかってるのよ)フリフリ

サキ(だって、あの子達はもう…)


~~

…かえれない~♪


静香「…ありがとうございました!」

ワー

パチパチパチ…

静香「続いての曲ですが…」

未来「静香ちゃんすごかったよー!」ダキ

静香「ちょ、まだ呼び込んでないでしょ!」

ヒューヒュー

静香「…えーおほん!未来、次の曲わかってる?今度はあなたの番よ」

未来「わかってるって!しっとり感動した後は、みんなで明るくいきましょー!」

静香「任せるわ…未来、あなたのソロステージ、ちゃんと見てるからね」ボソ

未来「~っ!うん、ちゃんと見ててね静香ちゃん!」

静香「ま、マイク持って言うな!耳打ちした意味ないでしょ!?」

アハハ

イイゾー

静香「んもうっ!…それでは、どうぞ!」

未来「でへへ~…それでは歌います!聞いてくださる皆さんへ、この想いが届きますように…!」


――キミはメロディー


~~

683 : ダーリン   2019/01/04 02:26:21 ID:62D3XPOyhk

実行委員「いいねいいね、流石はプロのアイドル。体育館もかつてないほど人で埋まりつつあるな」

実行委員「でもまだまだ…この次が最大の…!」

放送部「実行委員、この熱さはそろそろやばいような気がします」

実行委員「なに?確かに観客の熱で多少暑くはなっているが、一応エアコンも効いてるし熱中症に関しては問題ないだろう」

放送部「いえそうじゃなく機材が…」

実行委員「それより最後の曲は全校放送だ、手筈わかってるな?ぬかるなよ」

放送部「いやだからやばいくらい熱を放ってて…」

実行委員「そうだろうそうだろう!観客の熱気はまだまだ燃え上がるぞ!ふふふ、今年の文化祭は間違いなく伝説になる…!」ブツブツ

放送部「…もうどうなっても知りませんよ!」

~~


…空を翔るメロディー♪


未来「はぁはぁ…ありがとうございましたー!」

パチパチ…

カワイー

未来「でへへ~可愛いなんてそんな…実はこの曲元々は静香ちゃんと二人で歌う予定だったんですけど…」

静香「私がソロを貰って、未来だけ無しなんて不公平じゃない」

未来「静香ちゃん!」

静香「とっても良かったわ、未来。…ありがとう」パチパチ

パチパチパチ

684 : 箱デューサー   2019/01/04 02:27:33 ID:62D3XPOyhk

未来「ええっ、なんで感謝なんか…あ、それに静香ちゃんまだ呼び込んでないよ」

静香「そ、そこはもういいでしょ。次こそは二人で歌う番なんだから」

未来「それもそっか。ということで、次が最後の曲になります!」

静香「最後は765プロの中でも屈指のヒットナンバー。恐らく皆さんの中にも、聞き覚えのある方が多くいらっしゃると思います」

未来「そんな大人気曲を、私達ふたりでお届け!盛り上がる準備はできてますかー?」

ワァァァ

静香「先輩たちに負けないくらい、私達も精一杯歌います!」

未来「聞いてください。せーの…」

「「GO MY WAY!」」


~~

実行委員「よし放送部!全校放送に切り替えろ!」

放送部「わ、わかりましたよ…!」パチン



『GO MY WAY~GO前へ~♪』


金髪「あ、この歌って…もしかしてステージの?」

二つ結び「ぜ、全校放送されてるっていうわけ?随分思い切ったことするのね…」


「聞いたか?今765プロのアイドルがステージで歌ってるんだってよ」

「行ってみようぜ!」


二つ結び「でもまあ、効果はあるみたいね…もう、私達だって仕事が無ければ見に行くってのに」

金髪「ん?…幸か不幸か、客に切れ目が出てきたっぽい。みんなステージ観に行くみたいだよ」

「おつかれさま。交代の時間だ…」

金髪「よしきた。あとよろしく」タタッ

二つ結び「手順はこれね。あとよろしく」タタッ

「ち、ちょっとおいっ!」

~~

685 : バカP   2019/01/04 02:29:00 ID:62D3XPOyhk

ワーワー

「しずかーかっこいいよー!」

「みらいかわいいー♪」

サキ(…いつの間にか人がこんなに。全校放送の効果かしら?)



合唱部員「」フリフリ



「歌ってる…楽しいね…」

千早「そうね、優。とっても、素敵だわ」


ボランティアの人たち「みらいちゃーん!」



サキ(…なんか、とにかく注目を集めていることだけは確かみたい)

金髪「はー間に合ったぁ…サキ、リウム一本ちょうだい」

サキ「開口一番がそれ?…はい」

二つ結び「いやどっから出したのよ。あんたの懐は四次元ポケットか」

サキ「そんなことよりステージを見なさいな」

金髪「へー…なんというか、アイドルしてるね」

二つ結び「普段の2人とはまるで違うわ、なんというか…」

サキ「キラキラしてる」

二つ結び「そうそう。特に静香なんか、あんな楽しそうな顔しちゃって…見たことある?」

金髪「多分ない…いや、似たような顔なら最近何度も」

二つ結び「ああ、そっか…やっぱ未来か」

金髪「変わった組み合わせと思ってたけど、こうしてみると、ほんとぴったりハマってる」

サキ「ええ、最初からそうだったみたいに…一緒にいることになんの不自然も無い」

二つ結び「相性ぴったりってやつ?はーなんか羨ましいわ」

金髪「私がいるじゃん」

二つ結び「…はいはい」

サキ「くす……ん?」

686 : ご主人様   2019/01/04 02:30:17 ID:62D3XPOyhk

ワタワタ

コオリハマダカ!


サキ「なにかしら?ステージのそばで放送部員たちが走り回ってるけど…」

二つ結び「さあ?」

金髪「なにかトラブル?」

サキ「…ちょっと様子を見に行ってみるわ」


~~


~♪

未来(すごい、すごいよ…歓声がいままでよりもっと大きく…!)

静香(体育館がこんなに人で埋まるなんて…この熱気、まるで変わらない)

未来(歌も、ダンスも、声援も…バッチリ、全部揃ってる!)

静香(あぁ、そうか。ここがステージだから…今がステージだから!)

未来(ここが今の…)

静香(私達の…)


未来(ぶどーかん!)

静香(武道館…!)




放送部「氷はまだか!?冷やせそうなものならなんでも…」

実行委員「なんてことだ…かつてこれほどまでに体育館を埋めるステージがあっただろうか…!」

放送部「あんたはこっちを見…」

バチン

ブツ…

放送部「うわっちゃ!?」

実行委員「ん?おいどうした、曲が途切れたぞ。まだ間奏の途中じゃないか間違えたのか!?」

放送部「熱で機材が持たなかったんですよ!」

実行委員「なんてことだ…ステージは!?」



「「いえーいっ!!」」


実行委員「!?まさか…!」

687 : お兄ちゃん   2019/01/04 02:32:01 ID:62D3XPOyhk

~~

ブツッ…


未来(音が消えた…え、曲が流れてない!?)

未来(静香ちゃん…!)

静香「」バッ…バッ…

未来(!…うんっ)バッ

静香(トラブルなんて経験済み…こんなときどうすればいいか、そんなの決まってる…もうあの失態を繰り返したりしない!)

未来(大丈夫、静香ちゃんについて行けば絶対…それに…)

未来(それに、ちゃんと見えてるよ。奥の方にすこし…赤と青、光が揺らめいて…)

未来(皆をがっかりさせるには、まだ早いよね…!)


未来「」チラッ

静香「」コクッ


「「いえーいっ!!」」


~~


GO MY WAY~GO MY WAY~♪


オトガキレタゾ?

トラブルカ?

ザワザワ

金髪「悪い予感って当たるもんだね」

二つ結び「余計な事言うから…で、嘆いて終わり?」

金髪「まさか。あの二人だって全然諦めてないじゃん」

二つ結び「だったらやることは…」

金髪「一つしかないよね」


ゴーマイウィーイゴーマイウェーイ!


ナンダナンダ?

トナリノコラガ…


金髪(あらかじめ予習しといてよかった)エガオーモ

二つ結び(さすがにちょっとはずいかも…)ナミダデモー

金髪(しっかり。私達が支えてやんないでどうすんの)コノセカイジュウガ

二つ結び(わかってるわよ。私だって、ファンなんだからね!)ワンダーランドナネバーランド


ザワザワ…ゴーマイウェー

ゴーマイエー!

688 : Pチャン   2019/01/04 02:34:33 ID:62D3XPOyhk

~~


静香(…!聞こえる…歌声、これは…)

未来(お客さんたち、歌ってくれてる!)

静香(微かだけど、だんだんと大きく…未来!)

未来(…よーし!ならもっと、もっと!!)


「「いえーーいっ!!!」」


GO MY WAY!! GO MY 上へ!!

未来「ほら一人一人が♪」

静香「この世界中でOne&OnlyでもNot Lonely♪」


ゴーマイウェーイ!!ゴー前へー!!


静香「はりきってゆきましょう♪」

未来「全ての輝き…♪」

「「この指にとまれ~♪」」


未来「ラストいくよー!!」

静香「みんないっしょにー!!」


ラララーラララー…




実行委員「…すごい…これがアイドルなの…?」

サキ「実行委員長!いったいなにが…」

実行委員「あ、ああ…機材トラブルで曲が…でも見てみたまえこのステージを!」

サキ「…当然のことですよ、あの二人なら」

実行委員「これは紛れもなく伝説に残るライブだ…はっ、こうしちゃいられない!放送部!機材はどうなった!?」

放送部「こりゃすぐには直せそうにありませんよ!」

実行委員「くっ…」

サキ「…このプレーヤーを直接スピーカーに繋げてください。全校放送は流石に無理でも、体育館内のスピーカーのみなら可能でしょう?」

実行委員「…そうかそれなら!にしてもずいぶん用意がいいな」

サキ「ファンなら必需品ですよ…ふふ」

689 : Pチャン   2019/01/04 02:36:20 ID:62D3XPOyhk

~~


ララララララーラーラー…♪


静香(…終わった。お客さんの反応は…)


わぁぁぁぁぁ…!!


未来「は、は…あ…ありがとうございましたーっ!!」

静香「よかった…ありがとうございました!!」

未来「本当に、ありがとー!!一緒に歌ってくれて、ありがとー!!」


ワァァァ…パチパチパチ


静香「最後まで本当に、ありがとうございます!それでは、最上静香と…」

未来「ありがとーみんな大好きー!」

静香「こ、こらっ、名前名前!」

未来「あ…春日未来でしたー!」


ワハハ…パチパチパチ


~~

実行委員「二人ともよく頑張ったね!最高のステージにしてくれてありがとう!!」

未来「い、いや~音が消えちゃった時はどうなることかと…」

静香「は…そうです!あれいったいどういう事なんですか?」

実行委員「すまない、機材トラブルだ。熱さで機械がやられてしまってね…その点については本当に申し訳ない!」

静香「あ、いえ…トラブルなら仕方ないですし…」

実行委員「しかし逆に功を奏したのかもしれない。あの歓声を聞いただろう?まさにドラマティックとしか言いようがないよ!」

未来「はい!最後には皆も歌ってくれて、とってもとーっても嬉しかったし楽しかったです!!」

実行委員「そうだろうそうだろう。さて、それならばもう少しだけ待ってくれ。今準備しているところだから」

静香「どういうことです?ステージはもう全部終了したんですよね?」

実行委員「…皆はそう思っていないみたいだよ?」

未来「え…」


アンコール!アンコール!!

690 : Pしゃん   2019/01/04 02:37:52 ID:62D3XPOyhk

静香「…まさか!」

実行委員「求められているみたいだよ。さあどうする?アイドルさん達」

未来「アンコール…私達のために……」

放送部「繋ぎ終わりました!」

サキ「次の曲、いつでもいけます。…そうよね、未来、最上さん」

未来「サキちゃん!」

静香「でも機材はダメになったんじゃ…」

実行委員「たった今どうにかなったってこと!みんなのおかげだ」

未来「皆…みんなが頑張ってくれたから、私達、ステージに立てるんだよね…静香ちゃん!」

静香「…わかってる。スタッフさん、サキさん、ありがとうございます。次の曲は…」

サキ「アレでしょ?…感謝の言葉は、ステージで」

未来「行こう静香ちゃん!」ギュッ

静香「ええ、行きましょう未来!」ギュ


アンコール!アンコール!!


みんなー!アンコールありがとー!!


アンコールにお応えして、最後にもう一曲歌います!


ここにいるお客さんに、スタッフの皆に…ここにいない誰かにも、とにかく全部ぜーんぶに届けたい!!


私達の、感謝の歌…聞いてください!



――Thank You!!

691 : ハニー   2019/01/04 02:39:06 ID:62D3XPOyhk

エピローグ

1、文化祭の後片付け
2、票花最多獲得したので…
3、最後もやっぱり屋上
4、その他(自由安価)

↓1

692 : ごしゅPさま   2019/01/04 02:59:57 ID:2FTsEHy7fI

2、圧倒的大差で優勝した2人。賞品を手に例のドリンクで乾杯するが実はムフフな副作用があって…?

693 : Pちゃま   2019/01/05 02:41:31 ID:aDFPKvLmZg

文化祭終了後

未来「まままま……さてそれでは~、お手を拝借!」

静香「それは違うでしょ。もう…私たちの優勝を祝して、乾杯」

未来「かんぱーい!」


カツン

ゴクゴク…


未来「…いやーそれにしてもあんなに票花が集まるとは思わなかったね。なんでも2位と圧倒的な差だったとか」

静香「まさか本当に優勝しちゃうなんて…正直ちょっと戸惑ってるわ」

未来「嬉しくないの?」

静香「もちろん嬉しいに決まってるけど、うどん屋…」

未来「あ…そういえば私も結局食べそこなっちゃった。残念」

静香「こうなったら来年にかけるしかないわね…!」

未来「静香ちゃんはブレないなぁ。ねね、じゃあ来年も一緒にステージ出る?」

静香「なんでそうなるのよ。そこはうどん屋を応援するところでしょ」

未来「うどん屋さんを応援するアイドルになればいいんだよ!今度はステージで歌いながら打ったり伸ばしたりして…」

静香「やらないわよそんな中途半端なこと。うどんを作る時はね、うどんのことだけ考えて、丁寧に、かつ大胆に生地を…」クドクド

未来「また始まった…まあうどんは一旦置くとしてさ、来年も一緒にステージ出ようよ」

静香「来年ね…先のことはまだわからないわ。もしかしたら、お仕事忙しくなってまともに文化祭も出られなくなるかもしれないのよ?」

694 : 我が下僕   2019/01/05 02:42:03 ID:aDFPKvLmZg

未来「へーっ、まさに売れっ子アイドルみたい!私もそうなってたらいいなぁ」

静香「いやどっちなのよ…文化祭かアイドルか」

未来「そりゃあもちろん、どっちも大事だからどっちもやりたい!」

静香「そんなに甘くないわよ。けどまあ…そうね。機会が合えば、またやりたいかも。…未来とのデュオ」

未来「でへへ~♪…優勝おめでとう、静香ちゃん」

静香「おめでとう、未来。…ふふ♪」

未来「えへへ…」

静香「……」

未来「……」

静香「…と、ところでほんと、このドリンク美味しいわね。とても未来が作ったとは思えないくらいよ」

未来「そ、そういうこと言うの~?せっかく静香ちゃんの為に作ってきたっていうのに」

静香「といっても最初は劇場への差し入れとして作ったやつなんでしょ?」

未来「まあそうだけど…でもあれだよ。今回作ったのは特に気持ちがこもってるからね!美味しさの秘訣は愛情、つまりは静香ちゃんへの愛がたっぷり詰まってるってわけ。だから美味しいし、元気になれるんだよ♪」

静香「よ、よくもまあ恥ずかしげもなく…でも確かに、家庭科室で飲んだあの日から、妙に元気になれた気がするわ。…これって、愛のおかげかもね」

未来「で、でへへ…♪」

静香「……」

未来「……」

静香「…とっ、ところで!優勝賞品まだ開けてなかったっけ?」

未来「あ、あぁそうだっけ!?えとえと、中身なんだろな~あははっ!」ガサゴソ


静香(なんか、変ね…まだステージのテンションが残ってるのかしら…?)

未来(妙に意識しちゃう…どうしちゃったんだろ、私…?)

695 : Pさぁん   2019/01/05 02:42:43 ID:aDFPKvLmZg

未来「…あ、えっと…見て、お菓子がいっぱい!」

静香「お菓子詰め合わせパック?それと…この小さな封筒は?」

未来「すごーい学食Aランチ無料券だって!しかも10枚綴り!」

静香「そんな券存在したんだ…いや、あの実行委員のことだし今回の為に作らせたのかしら?」

未来「じゃあお菓子と券、半分こね。さっそく来週から学食行こ?」

静香「もしもの為にとっておいた方が良いんじゃない?ほら、財布忘れた時とか」

未来「えーこういうのはパーッて使った方がよくない?」

静香「たかが学食にパーッと使うことないでしょ」

未来「でもさでもさ、Aランチ頼んでぇ、おもむろに無料券をサッと取り出してぇ、「これでお願いします」なんて、ちょっと特別な気分に浸れたりするんだよ!」

静香「そんなひけらかすまね…って、未来。ちょっと、近い…」

未来「ん?…あ、ごめんつい…」

静香「…べつにいいのよ。べつに…」

未来「……」

静香「……」

未来「…な、なんかさ」

静香「う、うん…?」

未来「このままでも、いい…?」

静香「べつにって、言ったじゃない…」

未来「……なんか、さ」

静香「……」

未来「…落ち着かない」

静香「…私も」

未来「……でも、好き…かも」

静香「……私も」

未来「なんでかな…?」

静香「…それは」

未来「ねえ、静香ちゃん…」ズイ

静香「未来…」

未来「なんで、こんなに…」


prrr

696 : プロデューサー   2019/01/05 02:46:26 ID:aDFPKvLmZg

未来「ひぅ!?」

静香「あで、でで電話!?電話ね間違いないわ!」

未来「あわ、私だね、そうだね!はいもしもし!」

静香「って裏表ぎゃくだからっ!」

未来「そ、そかどうりでっ。…もしもし!……あ、プロデューサーさん?」

静香「プロデューサーから?…もう」

静香(って、なにがもうなのよ私…どうしちゃったのいったい…!?)

静香(未来のこと、変に意識しちゃって…これじゃまるで…!)

未来「…え、ドリンク?はぁ…静香ちゃんと、あとたしか琴葉ちゃんにも飲んでもらいましたけど…」

P『そうか…やはりそうとしか考えられないな。俺もアレ飲んでから妙にその…まあとにかく、他には誰も飲んでないんだな』

未来「多分…え、もしかしてなにか身体に異変でも…」

バァン

『あ、やっと見つけた。プロデューサー、こんな所にいたんですね』

P『こ、琴葉!?』

『私、ようやくわかったんです。ここ最近どんどん大きくなる胸のモヤモヤ…いったい何が原因なんだろうって』

『それは…やっぱりプロデューサーだった。さっき近くで会話した時、それは確信に変わりました。もう、抑えることはできそうにありません…』

P『ま、まつんだ琴葉。それはおそらく未来のドリンクのせいなんだ。実は俺もアレを飲んでから妙な意識が…』

『嬉しい…!プロデューサーも私と同じ気持ちだったなんて。…もう、我慢しなくていいのかな。いいですよね…プロデューサー』

P『だ、だめだって!今迫られたらまず…み、未来!とにかくそのドリンクは…あ、あぁっ…』

プツ、ツーツー

未来「」

697 : 我が友   2019/01/05 02:48:08 ID:aDFPKvLmZg

静香「…未来、プロデューサーはなんて?」

未来「へぇ!?あ、なんか…その…」

静香「やたらに騒がしかったみたいだけど…それに琴葉さんがどうとか」

未来「ど、ドリンクが…えと…」

静香「ドリンク?また飲ませて欲しいとか?まあ、こんなに美味しいんですもの。気持ちはわからなくもないけど」ゴクゴク

未来「あ、あぁ…」

静香「ま、そんなことより…なんの話してたんだっけ、未来?」

未来「し、しずかちゃん…さっきより近いって、思わない?」

静香「こんなものじゃなかったかしら…イヤ?」

未来「イヤじゃ、ないけどぉ…」

静香「私も…何故だか、イヤじゃないわ。未来と、もっと近くにいたいって、そう思うの」

未来「静香ちゃん…」


静香「…だって、いつかは離れ離れになるかもしれないでしょ?」

未来「え…?」


静香「ずっと一緒にはいたいけど…きっとそれは、難しい事なのかもね」

未来(静香ちゃん…ドリンク飲んでても、静香ちゃんは静香ちゃんだ…)

静香「だから、せめて今だけは…一番近くで未来の事」

未来「…私も」

静香「未来?」

未来「私も、同じ気持ちだよ…でもね、私はこう思うんだ」

静香「…」

698 : Pチャン   2019/01/05 02:49:40 ID:aDFPKvLmZg

未来「ずっと一緒にいたい…それだけで、その気持ちさえずっと強く持ち続けたら…きっとなんとかなるんじゃないかなって」

静香「なんとか…ね。相変わらずというかなんというか」

未来「でへへ、私を信じなさい!」

静香「…未来を信じて」

未来「あ、蒼い鳥。もしかしてだじゃれ?」

静香「バカね」

未来「バカにされた」

静香「違うわ。…いつだって、信じてるってこと」

未来「…」

静香「…」


未来(かち、かち…聞こえるのは、静香ちゃんの腕時計の音と)

未来(吐息と、鼓動も…こんなに近くだと、わかってしまう。感じてしまう)

未来(ドリンクのせいかもしれない、私も静香ちゃんも、もしかしたら一時の夢を見ているだけなのかも)

未来(けれど…私を見つめる静香ちゃんの目は、とても優しくて、愛おしそうで)

未来(あぁ、なんだかすごく、嬉しくてしかたない)

未来(こんなにも…大切に思われてるんだなって。そう、思えるから…)


静香「…未来」

未来「…静香ちゃん」


未来(この先どうなっちゃうのか、わからないけど…きっと大丈夫だよね)

未来(だって、私達…)

699 : ごしゅPさま   2019/01/05 02:51:01 ID:aDFPKvLmZg

~~


サキ「…後片付けもあらかた終わったわね」

二つ結び「お疲れ様。じゃあそろそろ…そういえば静香たちってまだ教室だっけ?」

金髪「多分ね。あーあ優勝者は後片付け免除なんて、羨ましいねぇ」

二つ結び「何言ってんのよ。二人を無理矢理休ませてあげたんでしょ」

サキ「まあ疲れてるのは確かだし、片付け中に怪我でもされたら困るからね」

金髪「今頃何してんのかねあの二人…よし、こっそりのぞいてみよう」

二つ結び「悪趣味…私も興味あるけど」

サキ「私も。でも多分…」

ガラッ

サキ「…やっぱりね」


静香「すー…」

未来「くー…」


金髪「なーんだ寝てるだけか。…とはいえ」

二つ結び「すごい近距離ね…何がとは言わないけど」

金髪「ちゅー」

二つ結び「だからしてないでしょっ」

サキ「あらまぁ、手も仲良く握っちゃって……ふふ、お疲れ様。二人とも」

700 : 仕掛け人さま   2019/01/05 02:52:15 ID:aDFPKvLmZg

未来「むにゃ…しぅかひゃ…」

静香「みらひ…」




――ずっと、一緒だから




おしまい

701 : Pしゃん   2019/01/05 02:56:38 ID:aDFPKvLmZg

荒らし同然のSS連投で本当に申し訳なく思ってます。BBSスレで叩かれてるのもわかってましたが最後まではやり切りたかった。もうこんなことしませんので許してください

702 : ご主人様   2019/01/05 08:22:17 ID:SFHdCKS9AI

良かったよ、おつおつ

703 : ダーリン   2019/01/05 13:07:46 ID:celJlhR14E

おつです!むしろ楽しかったです!

704 : プロデューサー   2019/01/06 04:15:21 ID:5IinET3Vp.

まだ子供だからという理由でPにフラれた未来ちゃんをなぐさめつつも未来が大人になる前に自分の気持ちに決着を付けなきゃと誓う、時間がない理由が少し変わった静香下さい

705 : ダーリン   2019/01/06 19:07:03 ID:0GitiHmipo

>>704
こんな感じになっちゃった

706 : プロデューサー様   2019/01/06 21:04:45 ID:5IinET3Vp.

間違いなく仲良しではあるけど恋愛感情については静香の一方通行っていうみらしずがこの上なく好き

707 : 兄ちゃん   2019/01/07 16:58:50 ID:5uBUHU5nkM

個人的に未来に対して静香が受けって感じあんましない、というかむしろ攻めの方が想像しやすいんだけど一般的(?)にはどっち派が多いんだろ

708 : バカP   2019/01/07 17:40:14 ID:GWi5W53NA2

>>707
少なくとも俺の中のみらしずは静香が受け

709 : ご主人様   2019/01/07 21:46:05 ID:TsS7D.Yy2E

>>707
自分は基本未来受けのリバ

710 : おやぶん   2019/01/07 21:48:03 ID:TJydSv/2Go

なんであれ静香は恋愛についてヘタレなイメージ

711 : Pくん   2019/01/07 21:56:00 ID:jmlwZs9LOg

自分は攻めだと思い込んでる静香とそれを優しく受け入れる未来ちゃんというのが基本で時折リバが発生する感じ

712 : おやぶん   2019/01/07 22:29:17 ID:sNra6FWRkA

未来は無自覚の誘い受けスキルが凄そうだから何だかんだ静香もやりやすそうに思える

713 : おにいちゃん   2019/01/08 00:02:42 ID:wmYeNCmFK6

定期的にこの結論に落ち着くみらしずスレも俺は好き

714 : 兄ちゃん   2019/01/08 00:43:44 ID:e./g4N.gHA

静香が攻めってより未来の静香に対する受け感が自分の中で強い、これ間違いなくゲッサンとかその辺りにやってたみらしず関連の影響だと思うんだけど。知った時期によってその辺の印象変わってきそうよね
ミリシタからとかだと2人はどう映ってるんだろうか

715 : Pチャン   2019/01/08 07:12:49 ID:kEvH8tSj/E

誘い受けっぽくないけど無自覚未来ちゃん

716 : おやぶん   2019/01/08 11:10:17 ID:kJJzcIia1U

未来ちゃんの何気ない発言に勝手に刺激されて度々襲っちゃうむっつり静香、アリだと思いますね

717 : Pしゃん   2019/01/08 16:15:48 ID:ozMm8tY8Mw

たまに未来の方から襲おうとしても気がつくと襲われる形になるのがみらしず

718 : ハニー   2019/01/08 16:40:56 ID:JJWFsMB1HQ

未来が自分を襲おうとしているという事実に興奮を抑えられないからな

719 : お兄ちゃん   2019/01/10 08:29:50 ID:WENhMMZn9c

真面目な話みらしずって今後ちゃんとした絡みというか展開ってする気あんのかな
いやその内やるだろみらしずだぞと思って特に気にしてこなかったけど>>605でほんのちょっと現実味帯びてきた感が、ね

720 : ご主人様   2019/01/10 12:06:56 ID:FZ8rIuAcUI

出汁のドラマCDの件だけでみらしず捨てられた説に行き着くのは正直過敏になりすぎだと思うわ
もし捨てる気ならそもそもゲーム内コミュでも一緒にはしなかっただろうし

721 : Pくん   2019/01/10 16:35:43 ID:IWEk4yU/II

捨てる捨てないはともかくコミュに出してドラマにはカケラも出さないってやり方はちょっとかわいそうとは思う。しかも未来ただ1人だけ。まあ勘繰るのもわからなくはない
率直に言って期待するな、するだけ疲れる

722 : プロデューサー   2019/01/10 17:19:23 ID:XlRYkNVDsk

裏では未来ちゃんを巡ってバチバチやってるけど未来ちゃんの前では仲良しを装うつばしず?

723 : そなた   2019/01/11 01:07:54 ID:ilWOPOELUw

>>722
という噂を聞いてしまった未来が2人に問い詰めるパターン

724 : プロデューサー様   2019/01/11 12:40:01 ID:IXPJIO1c1I

そういや結局これイベで一切触れられてないけどなんだったんだろうな
初鑑賞みたいな口ぶりだけど覚醒コミュじゃPとライブ観に行ったことになってるし(未来翼は誘えないとも)、矛盾してるっぽい?

というかここのシーンがドラマに入るのかと期待してCD買ったんだけどなぁ

725 : プロデューサーさん   2019/01/11 16:48:35 ID:HE4t5V9/DY

Pと行く前に3人で行ったんでしょ、一応それらしき事は言ってた気がする(自信無いけど)

あるいはドラマが急遽劇中劇に変更になってその名残だったりしてね。コミュじゃ一ミリも劇中劇関連の話題無かったわけだし、俺もどっちかというとそっちの方期待してたから

726 : あなた様   2019/01/13 02:24:53 ID:/4XY6TYqsY

お互いがお互いに黒い感情を抱くドロドロした展開って見てみたくない?まるきり正反対で思春期真っ盛りの同い年ってむしろ中々に闇の深い話作れそうな気がする
色んな面で自分にない物を持ってる同士だし

727 : 仕掛け人さま   2019/01/13 09:24:00 ID:QEGcGdgb82

ゲッサンとBCに限るけど未来は身内からの評価はやたら高い、でも実際に売れてる描写はほぼ静香だけってなんか考えてみると妙に生々しく感じる

728 : ハニー   2019/01/13 14:32:30 ID:bEJwfRr2FE

未来「甘いもの取り過ぎて糖尿病になっちゃった…」
静香「はい今日の分ね、お腹出してー」インスリンプスー

(血液が)ドロドロな展開

729 : Pチャン   2019/01/14 11:10:16 ID:pr9iZVWP3.

ゴーマイウェイ来たらデュオは間違いなくみらしずカバー、すでに音源あるし。
デュオ自体無いならともかく、わざわざ他のキャラで新規に音源録ってデュオにしようもんならちょっともう無理かもしれん

730 : プロデューサーちゃん   2019/01/14 11:42:47 ID:oP1EXZlkao

>>727
未来は別に焦ったり急いだりする必要がないからじっくりと行く方針とってるんじゃない?分からんけど
>>729
無理ってなんだよ、別にそれはそれで良い
焦るなよ

731 : 仕掛け人さま   2019/01/14 12:25:31 ID:qAJW8Dn.gU

桃子ソロをMA曲にしたことだしミリシタ基準で行くのは既にわかってたことよ
まだ強いとは言えない繋がりの中でみらしずデュオはまだやらんと思うな。いや今後強くなるかどうかは知らんけど

732 : ご主人様   2019/01/14 16:35:11 ID:MvDVPIWOW6

>>729
まあそうなったら流石にうーん…とはなるかも

けどそもそもみらしず自体ゲッサンありき、言わば前の世界の話だからシタ世界の現状ではやらなくても自然っちゃ自然かもね

733 : Pちゃま   2019/01/14 20:59:06 ID:MlSOVTQXgg

みらしずはゲッサンだけって言う人定期的に現れるけどゲッサン以前からミリラジシアターやグリマスで絡みあったし、むしろそれがあってのゲッサンて感じなんだけどね
あと個人的に理想のみらしずはバクステだと思ってる

734 : あなた様   2019/01/14 23:10:52 ID:TcMS81YtXs

良くも悪くも今のみらしずは概念みたいなもんだからな

735 : ぷろでゅーしゃー   2019/01/15 03:28:15 ID:FZncrfgpz.

アニマス春香じゃないけど、もし静香が誤って未来に怪我かなんかさせてしかもそれがアイドル生命を絶たれるようなものだとしたら、それでも静香はアイドル続けるだろうか。
と、>>728見てたらふと思った。逆だったら未来は静香に何言われても結局辞めてそうな気がするけど

736 : プロちゃん   2019/01/15 06:47:21 ID:kuseMHya7k

辞めるかどうかは別にして未来を介護する静香は見てみたい

満足に学校生活も送れない体になった未来は申し訳ないと思いつつも静香の手助けに依存していく。
静香も最初は責任と使命感からの手助けだったつもりが、同時に私がいなければ何もできないという事実にほの暗い幸福感が芽生えていき…

みたいな。

737 : ごしゅPさま   2019/01/15 16:29:46 ID:9a43Gkop9s

>>735
余程の恨み言言われない限り普通に続けるんじゃね、何のかんので最後は未来のためにトップアイドルに〜みたいな結論に落ち着きそう

738 : Pくん   2019/01/15 22:35:57 ID:0OR41AzcZk

未来は何気に一年くらい陸上部マネージャーやってたから世話スキル的なものは一応備わってるはずよね、ゲッサン設定になるけど
ゲームってソフトボール以外部活やってた描写あったっけ?

739 : ぷろでゅーさー   2019/01/16 07:11:55 ID:K6dDFLnuKM

グリマスの野球イベでソフトボール部にも入ってたんですと言ってたから他の部と掛け持ちしてた可能性はあるけど、結局ソフトボール以外の言及は無かった
ミリシタはソフトボールの事しか言ってない
グリマスのテキストは間違いも多かったし現状部活掛け持ち設定はゲッサンだけだと思ってた方がいいと思う

740 : ぷろでゅーしゃー   2019/01/16 19:04:37 ID:TZsJ5xCyrM

ゲッサン未来は他の媒体と比べるとそこそこしっかりしててなんだかんだ一番年相応だった印象。まあ他が子供っぽさとおバカ要素に振ってるからかもだけど
あとストーリーがあるおかげか

741 : プロデューサー殿   2019/01/16 21:35:28 ID:kK54yCCdIk

未来は確かに普段静香と比べて精神的に幼いところはあるんだけど、ふとした時に立場が逆転する空気感もあるのが2人らしい魅力なんだよね。ちゃんと同い年なんだなっていう安心感がある
ミリシタでは絡み少ないからどうなのかイマイチわからんけど

742 : あなた様   2019/01/17 01:32:24 ID:vxz/7BtooI

よく言えばお互いを尊重しあってて、悪く言えばあまり踏み込もうとしない(踏み込ませない?)感じかな、今の所ミリシタは。ゲーム的にはこれくらいの距離感がいいんだろうけど、昔を知ってるとちょっと寂しいよね

743 : あなた様   2019/01/17 04:10:37 ID:Vn/vZFecKA

やっと取ったわ

744 : ダーリン   2019/01/17 04:11:01 ID:Vn/vZFecKA

745 : おやぶん   2019/01/17 04:11:29 ID:Vn/vZFecKA

かわいい

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 5MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -