【安価SS】ドラえもん「おはよう、>>4ちゃん」【ミリオン】
1 : 1   2022/09/13 18:01:19 ID:eiviknTC3c
【安価SS】ドラえもん「おはよう、>>4ちゃん」【ミリオン】
ドラえもん「…ってまだ寝てるのか、やれやれ…」

(>>4は未来、ロコ、翼、桃子、静香、瑞希以外の劇場アイドル33人の誰か)



★過去作はこちら
①春日未来編
②ロコ編
③伊吹翼編
④周防桃子編
⑤最上静香編

⑥真壁瑞希編
【安価SS】ドラえもん「明日は>>4ちゃんと買い物に行くんだ!」【ミリオン】
http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=24410&log=past&res=793
~あらすじ~
1本50円のコーヒーを求めてデパートに買い物に行く瑞希とドラえもん。
だがそこは異世界の侵略者が支配するデパートだったのだ。
世界を救うべく立ち向かう一行だが、そこに現れた侵略者はあるアイドルにそっくりで…
112 : 下僕   2022/09/23 20:57:56 ID:aOpjBO64xg
三浦あずさ
113 : 兄(C)   2022/09/23 20:59:02 ID:CHCoOy1vRs
千鶴繋がりで 松尾千鶴
114 : プロデューサーさん   2022/09/23 21:05:34 ID:V2sW2DFux2
115 : ボス   2022/09/23 21:06:44 ID:dfk31.Td9g
甜花ちゃん
116 : Pたん   2022/09/24 08:09:42 ID:yF.5hG8jag
歩はダンスやってるからな
117 : 1   2022/09/24 23:44:33 ID:NL/M2UIPnQ
歩「…偶然通りがかっただけなのに、とんでもないこと聞いちゃったよ…」

あまりのショッキングな話の内容に驚きを隠せない歩。手に持っていたソフトクリームが落ちたことにも気づかず、先を行く二人組の男たちの背中を眺めていた。

歩「どうにかして千鶴たちに知らせないと……って考えてみたら千鶴の家ってどこ!?」アタフタ

歩「と、とにかくアタシがどうにかしないと…!」


A:強盗たちの後を追って千鶴の家を特定する
B:強盗たちの前に立ちふさがる
>>119
118 : Pサン   2022/09/24 23:48:06 ID:AEs3WhM3eU
A


同じ事務所なのに住所知らないとは……
119 : 下僕   2022/09/24 23:53:17 ID:8eA7NpqFg6
B
いけっ、アユアユ!ダンスバトルだ!
120 : 1   2022/09/25 00:32:11 ID:LG5PcGIonc
歩「…というわけなんだけど、どうすればいいかな?」

子ども電話相談室『立ち向かえ』ガチャ

歩「…よし!アタシが二人を守るんだ!」スタッ


強盗A「いいか?奴らから絶対に目を離すなよ」

強盗B「へい」

歩「ちょっと待った~!!」ババッ

強盗A「な、なんだお前!」

強盗B「アニキ!こいつ、アイドルの舞浜歩ですぜ!」

強盗A「ってことはあのセレブの仲間か!?」

歩「この先に行かせるわけにはいかないよ!」

強盗A「うるせえ!金づるを前にして引き下がれるかよ!おい、こんなやつ無視して先に行くぞ!」

歩「ふんっ!」シュババババババ

強盗B「こ、こいつ…!凄いスピードで反復横跳びを…!」タジッ

強盗A「残像まで見えやがる!これじゃあ通れねえ!」

歩(お願いだからこれで帰ってよ~!)バクバク

強盗B「どうしやすアニキ?」

強盗A「言っただろ!俺は引き下がらねえ!!こいつを倒して先に進むぜ!!」カッ

歩(えええええええええええええ!!動きで威圧すれば帰ってくれると思ったのにいいいいい!!)ガビーン
121 : 1   2022/09/25 00:32:29 ID:LG5PcGIonc
強盗A「行くぜオラァ!!」シュッ

歩「ひいっ!」バッ

強盗A「!?」
強盗B「アニキの攻撃をかわした!?」

歩「はぁ…はぁ…」

強盗A「このやろう!」シュッ
歩「うわあ!」バッ

強盗A「ちょこまかすんじゃねえ!大人しくやられやがれ!」シュッシュッ
歩「無茶苦茶言わないでよ~!」バッバッ

強盗A「舐めやがって!……おい挟み撃ちにするぞ!」
強盗B「流石アニキ!女相手に二人がかりなんてワルッスね!」

歩「ひ、卑怯者~!」

強盗A「最高の誉め言葉だぜ!…いくぞ!」
強盗B「へい!」

歩(こ、こうなったら…)


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→うまく避けられる
奇数→避けられず攻撃を喰らってしまう
>>122~125
122 : P殿   2022/09/25 00:34:20 ID:P68d83jZX.
めーぷるさんガンバ
123 : 番長さん   2022/09/25 00:56:10 ID:FFv2TvISRQ
マイガー
124 : Pさん   2022/09/25 01:02:43 ID:XoK6dgz/8M
あゆあゆがんばえー!!
125 : Pーさん   2022/09/25 01:20:34 ID:YiV828X3is
歩はダンスやってるからな
126 : Pしゃん   2022/09/25 06:14:17 ID:X22jX/CtQU
マイガー
127 : P様   2022/09/25 06:48:25 ID:gky1I/6NqI
マジ反復横飛びをやるあゆあゆを想像した
128 : 1   2022/09/26 00:06:45 ID:zakia9QE4U
20+10+43+34=107
奇数ルート


歩(しゃがんで避けるしかないよね!)スウッ

強盗A「馬鹿が!読めてんだよ!!」ババッ

歩「とびかかってきたーっ!」

強盗A「捕まえたぜ!!」ガシッ

歩「は、離せ!」

強盗A「へへ、大人しくしやがれ……」
強盗B「とおおおうっ!」

強盗A「え?」
歩「!?」

ドスンッ!!
強盗B「ふ、決まった…!」ドヤァ

強盗A「馬鹿野郎!早く降りろボケェ!!」ガビーン
歩「お、重い…」ドヨーン

ピーポーピーポー!
警察A「お前たちか!商店街のど真ん中でストリートファイトしてるっていうのは!」

強盗A「まずいサツだ!ずらかるぞ…!」ヨロヨロ

強盗B「へ、へい!」タッタッ

警察B「こら!待てー!!」タッタッ

歩「た、助かった……あの、ありがとうござい……」
警察A「通報があったから来てみたらまさか女の子とはねえ……君ねえ、何があったかは知らないけど、こんなところで暴れたら商店街の人に迷惑でしょ」

歩「え…ええ!?アタシはちがくて…!」

警察A「はいはい。話は署の方で聞くから。とりあえずパトカー乗って!」

歩「そんなのってないよ~!マイガァァアアアアアア!!」

歩を乗せ、発進するパトカー。彼女の魂の叫びがサイレンの音と重なり、少しずつ消えていくのであった。
129 : 1   2022/09/26 00:07:25 ID:zakia9QE4U
千鶴「…」
ドラえもん「…」

歩「…ぐす…ひっく…」

警察A「勘違いして悪かったね、もう帰っていいから」

歩「はい…ぐすっ…」トボトボ

千鶴「警察からあなたを保護したと連絡があった時は驚きましたわ」

ドラえもん「いったい何をやらかしたのさ?」

歩「うわ~ん!千鶴~!ドラえも~ん!アタシは無実なんだよ~!!」ドバァ

歩は先ほどの出来事をすべて二人に話した。

千鶴「怪しげな二人組の男性がわたくしたちを狙って!?」

歩「アタシはただあいつらを止めようとして、それで……」

千鶴「よしよし、もう泣き止んでくださいまし」ナデナデ

ドラえもん「その二人組…まさか昨日の…」

千鶴「知っていますの?」

ドラえもん「実はかくかくしかじか…」

千鶴「黒井社長の一件とはまた別に、そんなことがあったなんて…」

ドラえもん「まさかあの時の強盗がやってくるなんて…」

千鶴「このままではわたくしたちの居場所が特定されてしまいますわ」

ドラえもん「…僕にいい考えがある!」


A:こっちから乗り込んでやろう
B:あえて待ち伏せして返り討ちにしてやろう
>>132
130 : プロデューサー君   2022/09/26 00:16:37 ID:je8s3OWa5s
A
131 : ダーリン   2022/09/26 00:24:11 ID:cjLvcUr5iM
A
132 : Pちゃん   2022/09/26 07:40:27 ID:2C/0Q2vfB2
A
133 : 変態マスター   2022/09/26 10:04:17 ID:8ppDJxY7Ks
このドラえもん、コンボイ並みに不安になるセリフを言うたぞ
134 : 1   2022/09/26 22:46:52 ID:zakia9QE4U
ドラえもん「こっちから乗り込んでやろう!」

千鶴「正気ですの!?」ガビーン

ドラえもん「どのみちあっちからやってくるんだ。だったらいっそのこと僕らの方から攻めようじゃないか!」

千鶴「し、しかし……」


茜「話は全て聞かせてもらったよ!」


歩「茜の声!?いったいどこから…?」

千鶴「あそこですわ!あの木のてっぺん…!」ビシッ

茜「みんな大好き茜ちゃん!ただいま見参!茜ちゃんが来たからにはもう安心だよ!」キラーン

千鶴「ってあなたも付いてくるつもりですの!?」

茜「期待してていいよ~!何せ茜ちゃんだからね!」ドヤッ

ドラえもん「よし!この四人で行こう!!」

歩「ええーっ!あ、アタシも~!?」ガビーン

ドラえもん「行くぞー!!」

茜「お~♪」
歩「お、おー…」

千鶴(いざとなったらわたくしが皆をどうにかしなくては…!)ドヨーン


その夜。

ドラえもん「あれが強盗たちが隠れ家に使ってる空き家だね」

歩「ほんと便利だよね、ドラえもんの道具って」

ドラえもん「それで作戦なんだけど…」


A:正面から特攻しよう!
B:こっそり侵入して不意打ちだ
>>137
135 : P殿   2022/09/26 22:50:22 ID:O68OZGXdVo
B
136 : 変態マスター   2022/09/26 22:55:05 ID:sKBmi5jhko
B
せっかくだから茜ちゃん人形も活用しよう
137 : 夏の変態大三角形   2022/09/26 22:56:59 ID:je8s3OWa5s
B
138 : ダーリン   2022/09/27 09:02:22 ID:fqqmuJccic
不安要素しかないメンバーやな……
139 : 1   2022/09/27 20:10:22 ID:MtsbtbDCjM
建物の中

強盗A「誰にもつけられてねえだろうな?」

強盗B「サツも撒けましたし大丈夫ッスよ!」

強盗A「いいか?誰も近づかせるなよ!ネコ一匹でもだぞ!」

強盗B「任せてください!」ビシッ

ぐうう~
強盗A「腹が減ってきたぜ…」

強盗B「だったら俺が……あ、もしもし?ラーメンの出前お願いしま~す!」

強盗A「お前ェェェェェェェェ!!?」ガビーン

強盗B「もしかしてうどんの方が良かったですかい?」

強盗A「そういう問題じゃなくってぇ…!」ピキピキ




『通りぬけフープ』と『かくれマント』~!

ドラえもん「これで裏側から忍び込むんだ」

茜「…」スウウ

歩「すごい!本当にマント被っただけで姿が消えちゃた!」

茜「…」ニヤッ

コソコソ
茜「こちょこちょこちょ~」
歩「ぶふっ!ふひ!ちょ、ちょっと茜!そこはだめ…あはははは!」

千鶴「お二人とも!しー!ですわ!」

ドラえもん「遊んでないで…ほら、入るよ」


強盗A「もうお前はそこで座ってろ!俺が飯買ってきてやるから!」

強盗B「いてて……お願いしやす」

強盗A「いいか?重ねて言うが絶対俺以外のやつは近づけるな!入れるな!わかったな!?」

強盗B「わかりました!」

透明になった四人は強盗Aが建物から出ていくのを確認する。

ドラえもん「一人減ったぞ!チャンスだ!」


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→不意打ち成功
奇数→不意打ち失敗
>>140~144
140 : 高木の所の飼い犬君   2022/09/27 20:11:36 ID:kRnyigTodk
ふん
141 : Pちゃま   2022/09/27 20:14:32 ID:JVwQnJ8ezg
無理なの。
142 : Pたん   2022/09/27 20:18:54 ID:IUmq4k6nug
失敗する方に賭けた証として茜ちゃんのプリンを麗花さんに食べさせる
143 : Pしゃん   2022/09/27 21:19:50 ID:Wzi4Q6JtD6
失敗する方にちーこ特製コロッケにバイバインをかけたの
144 : プロデューサーさま   2022/09/27 21:20:04 ID:EHXMunDmV.
不意打ちはセレブの嗜みですわ!
145 : 毎日変態   2022/09/27 21:21:55 ID:aTk3H.J9Zs
おっ、珍しく成功した
146 : 1   2022/09/28 21:19:55 ID:SFB8.ZUkhE
36+32+54+50=172
偶数ルート


強盗B「漫画でも読むか…」ペラッ

千鶴「漫画を読み始めましたわよ」

ドラえもん「よし、このハンマーで背後から…」

強盗B「お、新人賞受賞作品か……あの時上手く行ってれば俺も今頃は…」ハァ

ドラえもん「今だ!」ドスンッ
強盗B「ぐべっ!!」

バタン!
強盗B「」

ドラえもん「やった!」

千鶴「バイオレンスですわ…」ドヨーン

歩「まずは一人だね!」

ドラえもん「もう一人戻ってくる前に作戦を……」


強盗A「おい、戻ったぞ」ガチャ

茜「って思ってた以上に早く戻ってきちゃったよ!」ガーン

強盗A「ちょっ…何寝てんだ!見張りもろくにできねえのかてめぇは!?」ガビーン

歩「こっちに近づいてきてる…!」アタフタ

千鶴「ま、まずいですわ…」

強盗A「ちっ!しょうがねえな!おい起きろ!飯買ってきてやったぞ!今日はお前の好物の……お、おい!そのたんこぶ、な、何があった!?おい!しっかりしろ!!」

歩「気づかれちゃったよ!」ミシッ

強盗A「誰かいるのか!?」カチャ

足音がした方向に強盗Aは銃口を向ける。


A:ドラえもんが秘密道具でどうにかする
B:茜が猫の鳴きマネでどうにかする
C:歩が踊ってどうにかする
D:千鶴が三人を助けるためにどうにかする
>>149
147 : 下僕   2022/09/28 21:24:13 ID:hfiuOEB.7w
A

過去作と繋がりなくてもドラは覗きやってそうなので
148 : プロちゃん   2022/09/28 21:26:36 ID:L.tdvPmf2w
A
149 :   2022/09/28 21:28:04 ID:YD35StoPyA
A
150 : 変態・オブ・ザ・イヤー   2022/09/28 21:29:37 ID:IanR.IinHY
もうこれはCでしよ。
カッコいい千鶴さんも見てみたくはなるが。
151 : 1   2022/09/29 13:38:20 ID:qLWK0WVfEY
『オバケタイマー』~!

ドラえもん「オバケを出したい時間に指針をセットすると、時計からオバケが出てくるんだ……これであの人を驚かせてやる!」

千鶴「大丈夫だといいのですが…」

強盗A「おい!どこにいる!出てこい!!」

歩「ま、まだなの!?」

ドラえもん「後、30秒」

強盗A「いるのはわかってるんだぞ!?」キョロキョロ

ドラえもん「後、10秒!」

9、8、7、6、5……

強盗A「おかしい…!誰かがいるのは間違いねえんだ…!なのに影も形もない…」

4、3、2……

ドラえもん「あと少しだぞ…」

ネズミ「チューチュー」タッタッ
ドラえもん「…!?」

1、0!

オバケ「…」ヌゥ
強盗A「な…!?」

ドラえもん「ぎゃあああああああ!!」ピョン
強盗A「うわあああああああ!!」ピョン

千鶴「ドラちゃん!」

茜「まずいよ!ドラちゃんのマントが取れて丸見えに…!」

ドラえもん「…」バタッ

強盗A「な、なんだこいつ!く、来るな!!」バンバン
オバケ「…」スウッ

千鶴「幸い、あの方はドラちゃんに気付いていませんわ……今の内に助けましょう!」


A:千鶴が行く
B:茜が行く
C:歩が行く
>>154
152 : お父さんネズミさん   2022/09/29 14:07:04 ID:qBJIXxhV/E
c
153 : Pさん   2022/09/29 14:20:06 ID:wU3hzlkGa6
A
154 : おやぶん   2022/09/29 14:36:32 ID:Z3CytyIJpA
A
155 : 1   2022/09/29 20:47:11 ID:qLWK0WVfEY
千鶴「ふん…ふん…!お、重いですわね」ズルズル


オバケ「…」フワフワ

強盗A「なんだこいつ!なんで銃が効かねえんだ!?」

オバケ「…」フワフワ

強盗A「こ、こっち来るな!うわあああ!」

バンッ!
走って逃げようとする強盗Aの足に『オバケタイマー』がぶつかる。その拍子にタイマーが解除され、オバケは時計へと戻ってしまうのであった。

強盗A「き、消えた…!なんだったんだ?」チラッ

千鶴(…!?)
ドラえもん「…」ズルズル

強盗A「た、タヌキ!?」

千鶴(あと少しというところで…!)

強盗A「何でこいつがここに…?ってかこいつも気絶してんのか?それなのにズルズルと地面を這うように動いてる…!?」

千鶴(まずいですわ!このままではドラちゃんがあの人たちに…)

強盗A「へへ、まあいいぜ…!まさかお前からこっちに来るとはな!会いたかったぜ、タヌキィ!!」カチャ

千鶴「お待ちなさい!」バサッ
156 : 1   2022/09/29 20:47:30 ID:qLWK0WVfEY
歩「ち…」
茜「千鶴ちゃん!?」

千鶴「ドラちゃんはわたくしの大切な友人!危害を加えようというのなら、わたくしが容赦しませんわ!」キッ

強盗A(何もない所から突然現れやがった…!さっきの幽霊といいどうなってんだ一体?)

千鶴「その銃を下しなさい!」

強盗A「…威勢がいい姉ちゃんだ。安心しろよ、危害は加えねえ。まだ、な…」カチャ

強盗Aはドラえもんに向けていた銃口を、今度は千鶴へと向ける。

強盗A「それに用があるのはこいつにだけじゃねえ!あんたにも会いたかったんだぜ、セレブのお嬢様!」ニヤリ

千鶴「!?」

強盗A「世界一のセレブなんだろ?その上アイドルでもある!さぞたんまり金を持ってるんだろうなあ。俺たちもおこぼれにあずかりてえなあ!へへへ!」

千鶴「…」

強盗A「てめえらを人質に身代金を要求してやるよ!はははは!!」


千鶴の行動
>>159
157 : Pちゃん   2022/09/29 21:18:07 ID:wU3hzlkGa6
今日のディナーは新鮮なお肉(R18G)を使ったデミグラスシチューを振る舞うので我が家に来てくださいませ(孤島の女主人モード発動)
158 : プロ太郎さん   2022/09/29 21:22:28 ID:4Cr6bNwYHY
隠し持っていた焼き串を相手の両手に投げつけて刺して銃を使えなくする
159 : プロデューサーくん   2022/09/29 21:26:50 ID:syF1F10rl.
強烈な右フックからの足払い
160 : Pちゃん   2022/09/29 22:08:50 ID:btClE.sNyY
セレブだし、護身術や格闘技の一つや二つ習得しているだろうな
161 : プロデューサーはん   2022/09/29 22:27:41 ID:IS0Dot0wNk
129.3kgのドラを引きずれてる時点で筋肉ムキムキ千鶴さん
162 : 1   2022/09/30 21:31:31 ID:0Mz9rFUOeM
千鶴「インペリアルリリー!」

強盗A「ぐへっ!」

千鶴「からの…足払いですわ!」ゲシッ

強盗A「!!」バタン

茜「倒しちゃったー!」ガビーン

千鶴「わたくしとしたことが、はしたない真似をしてしまいましたわ」

強盗A「はしたないとかいうレベルじゃねー!」ムク

千鶴「まだ起き上がれましたの!?」

強盗A「いや、動きのわりに対してパワーないから全然痛くねえし…」

千鶴「…はっ!」ガーン

強盗A「…舐めやがって、どうやら痛い目にあいてえみたいだな…」カチャ


歩「まずいよ!まずいよ!このままじゃ千鶴の危険が危ない!」アタフタ

茜「落ち着いてマイハマン!今の茜ちゃんたちならこの状況をどうにかできると思わない?」

歩「…そっか!アタシら透明だった!」ポンッ

茜「その通り!今こそ真の主人公が活躍する時だよ♪」キラーン

歩「よ、よぉし……待ってて、千鶴!ドラえもん!」


A:銃を奪う
B:強盗Aのズボンを脱がす
C:変顔をして挑発をする
>>165
163 : 仕掛け人さま   2022/09/30 21:40:57 ID:usXtlaczPw
B
164 : おにいちゃん   2022/09/30 21:51:45 ID:YqFDLbzCkw
B

変態シリーズ引いたらパンツも脱げて強盗の強盗(R18)がこんにちはする(無慈悲)
165 : P様   2022/09/30 22:11:35 ID:WC4nyVTYpQ
A撃っていいのは撃つ覚悟がある者だけだ
166 : 1   2022/10/01 22:26:18 ID:bjkOCQyjfA
副業関係で今日の投稿はお休みします、すみません
167 : 高木の所の飼い犬君   2022/10/02 00:53:13 ID:WTg9gQRPCc
>>166
いつもおつかれさまです!
マイペースにいきましょう!
168 : 1   2022/10/02 22:30:47 ID:D9p98UUf0c
歩&茜「「…」」コソコソ


千鶴「う、撃つつもりですの?」

強盗A「お前が舐めた真似するからいけないんだぜ?安心しろよ、体に穴が一つ増えるだけさ」カチャ

千鶴「…っ!」


茜「…今だよ!」

歩「えいっ!」バシッ


強盗A「おらぁ!」

シーン…

強盗A「って銃がねえ!!」ガビーン

歩「やった~!」
茜「作戦大成功~!」

強盗A「銃が浮いてる…!?」ポカーン

千鶴(今ですわ!!)ドンッ
強盗A「しまっ…」ヨロッ

強盗B「…むにゃむにゃ、あれ?もう朝?」
強盗A「うわああああ!!」

ドオオン!!

強盗A「いてて…」
強盗B「あ、アニキ!重いッスよ~!」バタバタ

千鶴「もうこんなバカな真似はおやめなさい!犯罪でお金を得ても空しいだけですわよ!」

強盗A「…うるせえ!!」

千鶴「…!」

強盗A「貧乏じゃなければ、とガキの頃どれだけ願ったことか…!けど現実は非情だ。クソみてえな家に生まれ、クソみてえな生活…学も才能も何も持ってない俺たち底辺が生きる道は、この泥道しかねえんだよ!!」

強盗B「…」

強盗A「恵まれた環境で育ってきたてめぇみてえなセレブに…俺たちの何がわかるってんだよ!?」

千鶴「…」


多数決。多い方を採用。
A:叱咤する
B:優しく諭す
>>169~171
169 : 彦デューサー   2022/10/02 22:35:32 ID:Xh9h0gKMNg
A
170 : プロデューサー君   2022/10/02 22:38:46 ID:pH5v0KBm1E
Aセレブなビンタをお願いします!
171 : 監督   2022/10/02 22:43:03 ID:AoHIrXr1dQ
A
172 : 高木の所の飼い犬君   2022/10/03 00:05:10 ID:/t1NK6u.2Y
これはAやろなぁ
心がセレブな千鶴さんに救われろ!
173 : 1   2022/10/03 19:59:10 ID:LOTNEWlC62
千鶴「…いい加減になさい!」

強盗たち「「!?」」

千鶴「…確かにあなたたちは人より苦しい境遇だったのでしょう、自分のやりたいこともできずに辛い日々を過ごしたのだと予想できます……、ですが!だからと言って人様に迷惑をかけていいことにはなりませんわ!その行動力をどうして自分を変えるために活かさないのですか!?」

強盗A「偉そうなこと言ってんじゃねえ!俺たちみたいなクズはこういう生き方しかできねえんだ!なあ、そうだよな!?」

強盗B「う、うっす…」

千鶴「そうやって決めつけて……自分の可能性を潰しているのが、他でもない自分自身であるとまだ気づけませんの!?」

強盗A「っ!」

千鶴「あなたたちにもあったはずですわ!思い描く“理想の自分”というものが!!」

強盗A「そ、そんなものは…」

強盗B「俺は…昔、漫画家になりたかったんだ。けど色々あって心が折れて…」

強盗A「おいバカ!なに乗せられてんだ!」

千鶴「あなたはどうですの?」

強盗A「ね、ねえよ、そんなもん!例えあったとしても俺みたいなやつに出来るわけが……」

千鶴「そうやって言い訳をして、最終的に行き着いた先が犯罪ですか?」

強盗A「…!」グヌッ

千鶴「これ以上自分の値打ちを下げるような真似はおやめなさい!自分に自信を持ち、一歩を歩みだす勇気を持てば、あなたはまだやり直せますわ!」
174 : 1   2022/10/03 19:59:32 ID:LOTNEWlC62
強盗A「やり直せる……今の俺から変われるって、お前はそう言うのかよ…?」フルフル

千鶴「心は常に気高く誇り高く…生まれや育ちは関係ありません。誰にでも“なりたい自分”になる権利はありますわ」

強盗A「…ふざけた女だ。ついさっき初めて話したばっかだっていうのによ……こんなこと言ってくれたのは、あんたが…初めてだ」

強盗B「アニキ、お、俺…」グスッ

強盗A「…ああ。何年かかるか分かんねえけどさ、もし本当にまだやり直せるってんなら…試してみる価値はあるかもしれねえな…鬼五郎のような悪道じゃなくて、真っ当な人間の道を歩むための一歩を……」

千鶴「大丈夫ですわ!あなたたちは決断したのですから!きっとやり直せますわ!」

歩「よ゛がっだ…!よ゛がっだよぉ~!」ズズー

茜「さっすが千鶴ちゃんだよ、茜ちゃんもなんだか感動しちゃった!」

強盗B「ええっ!な、何もない所から人が出てきた!?」ガビーン

強盗A「あんたら、ほんと何もんだよ…」

千鶴「ふふ…ただのアイドル、ですわ!」


ドラえもん「むにゃむにゃ…どら焼きおかわり…」zzz

千鶴「ドラちゃん、起きてくださいまし!ドラちゃん!!」

ドラえもん「っ!どら焼き!!……ってあれ?どら焼きは?」キョロキョロ

千鶴「何を言っていますの…」

ドラえもん「…そういえば強盗たちは!?」

千鶴「彼らなら自首しましたわ。わたくしは先ほどまで彼らを見届けて、歩と茜と別れてここに戻ってきましたの」

ドラえもん「じ、自首!?僕が気絶してる間にいったい何が…?」

千鶴「ふふ、理想の自分を追う決心をした…ただそれだけですわ」

ドラえもん「?」

千鶴「さあ、帰りましょうか」

ドラえもん「…うん!」
175 : 1   2022/10/03 20:00:02 ID:LOTNEWlC62
千鶴「ただいま帰りましたわ」

ドラえもん「ただいま~!」

千鶴母「ふふふ、おかえり二人とも…」ゴゴゴゴゴ

千鶴「ひっ…ど、どうかしましたの…?」

千鶴母「どうかしたの、ですって?お店の手伝いをほったらかしにして!それもこんな夜遅くまで!今までどこに行っていたの!!」ドッカーン

ドラえもん「そ、それには深いわけがあって…」

千鶴母「問答無用!二人とも晩御飯抜き!!」カッ

千鶴「そんな…!」
ドラえもん「そんな~!」

落胆する千鶴とドラえもん。
そんな二人を屋根の上から見下ろす謎の黒髪の女性。女性は不敵な笑みを浮かべ、まるで煙のように姿を消すのであった。


翌日、千鶴とドラえもんは…

A:仕事場に向かっていた
B:遊びに出かけていた
>>178
176 : 番長さん   2022/10/03 20:01:15 ID:Q9NjSf.9r2
Aウィ
177 : 変態マスター   2022/10/03 20:03:54 ID:SWFom78.mM
A
178 : der変態   2022/10/03 20:04:03 ID:oulH3gQ5fI
A
179 : 最低最悪変態プロデューサー   2022/10/03 22:02:04 ID:SQaPrxwNc2
今回も面白お姉さん枠の琴葉は出せるかな…
180 : プロデューサー   2022/10/03 22:07:29 ID:Q9NjSf.9r2
>>179
ヒント:ラジオにエレナが出演
181 : 1   2022/10/03 23:12:21 ID:LOTNEWlC62
千鶴「ついに今日、ラジオがスタートしますわ!」

ドラえもん「いよいよだね!僕も頑張らないと…!」フンフン

千鶴「肩の力が入りすぎですわよ。ドラちゃんが出るわけでもないのに」

ドラえもん「ははは、そうなんだけどね…」

千鶴「?」

ドラえもん(昨日は全く役に立ってなかったから…今度こそ千鶴さんの役に立つんだ!)フンス

ジー…

千鶴「…またですわ」

ドラえもん「何が?」

千鶴「いえ…今日家を出てからでしょうか…、たまにですが誰かに見られている感じがしていますの」キョロキョロ

ドラえもん「そりゃあ千鶴さんはアイドルだもん!誰かから見られて当然だよ」

千鶴「…なるほど、そう言われればそうですわね」

ドラえもん「ほら、もうすぐ現場に着くよ」

千鶴「本当ですわね!さあ、行きますわよ!」

ドラえもん「おう!」


???「…」ニヤリ


一方、警察署

警察C「…つまり二日前に銀行強盗に入ったのはお前たちで間違いないんだな?」

強盗A「はい。全部俺と子分の二人でやりました」

警察C「そうか…しかし何であんなことをした?盗んだ金をまた元の場所に戻すなんて……あの行動にどんな意味があったのだ?」

強盗A「は?いや、確かに俺たちは強盗に入ったけど、金は盗ってねえ…失敗したからな」

警察C「なんだと…?嘘ではないな!?」

強盗A「今更嘘なんてつくもんか」

警察C(じゃああれはいったい誰が…?)
182 : 1   2022/10/03 23:13:27 ID:LOTNEWlC62
千鶴「皆様ごきげんよう!二階堂千鶴ですわ!」

エレナ「こんにちは!島原エレナだヨ~♪」

紗代子「こんにちは!高山紗代子です!」

千鶴「ついにわたくしたちのラジオが今日からスタートですわよ!お二人とも、準備はよろしくて?」

紗代子「はい!どこからでもかかってこいって感じです!!」

エレナ「隙あり!」プニッ

紗代子「え、エレナちゃん!なんで私のほっぺたを!」

エレナ「エヘヘ♪どこからでもいいって言うからつい♪」プニプニ

紗代子「もう!エレナちゃんってば」

千鶴「おほほほ…非常にラジオ向けなトークをしたところで、早速皆様から頂いたメールを紹介しますわね!えーと、ラジオネーム>>184さん!『>>187』」


>>187はメールの内容
183 : エビさん   2022/10/03 23:15:14 ID:Q9NjSf.9r2
アイス大好きフェンシング
184 : Pたん   2022/10/03 23:47:40 ID:Az.xa3LkVo
三度の飯よりアイスウーマン
185 : せんせぇ   2022/10/03 23:51:33 ID:Q9NjSf.9r2
先日、エレナさん達3人のラジオが新しく始まると聞いてとても楽しみにしていました。このラジオが末永く続くように休みの度に御百度参りに行き(以下エレナの魅力を語る文章を原稿用紙4枚分)
186 : ミスター・不純物   2022/10/04 00:07:59 ID:LICkM9bBvI
エレナ さん千鶴さん紗代子さんこんにちは。ラジオ始まるの楽しみにしてました。
まずはアイドルラジオ恒例のアダ名決めをしてみてはいかがでしょうか?
3人とリスナーで親密度を高めていきたいです
187 : 仕掛け人さま   2022/10/04 00:46:50 ID:u/Fq0VPdPU
皆さん、初めましてこんにちは
突然ですが私には好きな人がいます!その人のためなら毎朝しじみ汁を作ってあげたいほどです
ですが、その人とは仕事上の関係があって、しかも私がまだ高校生で相手は大人ということもあり
中々恋愛関係に発展しません。これからもっとアピールするにはどうすればいいでしょうか?
アイドルである皆さんにその視点からアドバイス頂けたらと思います
188 : Pさぁん   2022/10/04 05:46:55 ID:zuo29IbYKw
そういえば今回のPは誰になるんだろう
189 : ご主人様   2022/10/04 06:33:58 ID:nQF6y5jkcU
うーむ、どこの田中さんなんだかさっぱりわからないなあ
190 : Pはん   2022/10/04 10:07:38 ID:ulTitVDoPI
こちらの田中さんの趣味は風呂。ドラえもんで風呂といえばしずかちゃん。
毎回突入してくるのは・・・
191 : プロデューサーくん   2022/10/04 18:04:19 ID:NJwCdO6NS6
まぁた田中がお気持ち表明してるよ……
192 : 変態・オブ・ザ・イヤー   2022/10/04 18:31:32 ID:zuo29IbYKw
直近の二作では種さんが乗り移っていたからこちらでは原典通りに行くのか
193 : プロデューサーはん   2022/10/04 19:38:48 ID:zuo29IbYKw
>>192
よく考えたらロコ編でのび太P(既婚)の言葉に頬染めてる描写があったわ
194 : 変態大人   2022/10/04 20:17:22 ID:LICkM9bBvI
>>193
あの時点ではノビスケいるか決まってなかったから
中年じゃなくて青年と言われてたし
195 : 1   2022/10/04 20:33:00 ID:nT5Yst8/GI
千鶴「ラジオネーム、三度の飯よりアイスウーマンさんからいただきましたわ!えーと内容は…」

『皆さん、初めましてこんにちは
突然ですが私には好きな人がいます!その人のためなら毎朝しじみ汁を作ってあげたいほどです
ですが、その人とは仕事上の関係があって、しかも私がまだ高校生で相手は大人ということもあり
中々恋愛関係に発展しません。これからもっとアピールするにはどうすればいいでしょうか?
アイドルである皆さんにその視点からアドバイス頂けたらと思います』


紗代子「なるほど!恋愛相談というわけですね!」

千鶴(この方は高校生なのに仕事をしていらっしゃいますのね)

エレナ「普通に好きって言っちゃえばいいと思うけど、ダメなのかナ?」

千鶴「それが簡単に言えないのが恋愛というものですわよ」

エレナ「ワタシだったら大好き、って言っちゃうナ~」

紗代子「エレナちゃんはすごいなあ。私だったら怖くて言えないよ」

エレナ「怖い?」

紗代子「だって、もし断られちゃったらって考えると…今の関係じゃいられなくなっちゃうだろうし…」

エレナ「そっかあ、仲良しじゃなくなっちゃうのはイヤだよネ…」シュン

紗代子「私は焦らずに少しずつ仲良くなっていけばいいと思うな。同じ職場なら一緒に協力して仕事をすれば自然と距離が縮まるかも!」

エレナ「チヅルからは何かいいアドバイスある?」

千鶴「わたくし、ですか…。そうですわね……>>197なんてどうでしょう?」
196 : Pサン   2022/10/04 20:37:30 ID:g79mGTUC.Y
ラブレター(ホームセンターで売ってる400字詰め原稿用紙ひと袋分)を送る
197 : プロデューサー様   2022/10/04 20:50:41 ID:zuo29IbYKw
告白ビデオを贈る
198 : 1   2022/10/05 22:52:23 ID:4mF.18ssKk
千鶴「告白ビデオを贈るなんてどうでしょう?直接想いを告げるのが恥ずかしいという場合にはおすすめですわ!」

紗代子「三度の飯よりアイスウーマンさん、勇気を出して頑張ってください!
きっとあなたの想いは相手にも伝わりますよ!」

エレナ「ワタシたちも応援してるヨ!」


ドラえもん「うんうん、順調に進んでるな」

prrrrrr

ドラえもん「千鶴さんのスマホが鳴ってる……はいはい、僕ドラえもんです」

『…』

ドラえもん「あれ?もしもし?もしもーし?」

『ふふ』

ドラえもん「あのね、いたずらなら切りますよ!」ムッ

『決戦まであと少し。首を洗って待っていてください』ガチャ

ドラえもん「切られちゃった…全くもう!こんな時にいたずら電話なんてかけないでよね!」プンプン


千鶴「さて、では次のメールを……ん?」

『二階堂千鶴、3日後にあなたの大切なものを頂きに参上する……怪盗タカネ』

千鶴(なんですの…これは?)

エレナ「あれ?読まないの?」

千鶴「え、ええ!どうやら別の用紙が混ざっていたようですわ!気を取り直して別のメールを読みますわね…」サササ

紗代子&エレナ「「…?」」


ドラえもん「お疲れ様!三人ともとっても良かったよ!」

エレナ「エヘヘ、ありがとネ!」

紗代子「緊張したけど全力でやりきれたよ!」

ドラえもん「それはよかった!」

千鶴「ドラちゃん、ちょっとよろしいですか?少しお話したいことが…」ヒソヒソ

ドラえもん「どうしたの?」

千鶴「ここではなんですので、別の場所でお話しますわ」

ドラえもん「う、うん…?」


千鶴とドラえもんは…
A:喫茶店に行く
B:公園に行く
>>201
199 : ミジンコプロデューサー   2022/10/05 22:53:46 ID:.dxTF1J3iA
A

他の客(他事務所のアイドル含む)に聞かれそうだけど
200 : 我が下僕   2022/10/05 22:56:03 ID:3M3MjwKwKQ
B
201 : P殿   2022/10/05 23:08:23 ID:d9Z7nU/f1Q
B
202 : 1   2022/10/06 21:06:03 ID:OXpQDdaaYo
公園

千鶴「実はさっきメールの中にこれが…」

ドラえもん「なんだこれ!?まるで予告状じゃないか…!」

千鶴「怪盗タカネ……いったい何者なのでしょう?」

ドラえもん「うーん…どこかで聞いたことがあるような……あっ!」

千鶴「何か知っていますの?」

ドラえもん「うん!一昨日……」

ビュウウウウウン!!
刹那、ドラえもんの顔面にサッカーボールがめり込み、そのまま衝撃で後方へと吹き飛んでいく。

ドラえもん「ぐべえ!!」
千鶴「ドラちゃん!?」ガビーン

「ごめんごめん!ボクの蹴ったボールが君の顔に……あれ?もしかしてドラえもん?」

千鶴「だ、誰ですのあなたは?」

ドラリーニョ「ボクはドラリーニョ!ドラえもんとは友だちなんだ!」

千鶴「わたくしは二階堂千鶴…ドラちゃんの友人ですわ」

ドラリーニョ「そっか~!じゃあボクたちも友だちだね!」

千鶴「そうですわね!よろしくお願いしますわ!」ガシッ

ドラえもん「仲良くするのはいいけど、僕を無視するのはやめてよね!」ムクッ

千鶴「大丈夫ですの?」

ドラえもん「うん!僕は高性能ロボットだからこの程度で壊れたりはしないさ!……でもどうしてドラリーニョがここに?」

ドラリーニョ「…なんでだっけ?」

千鶴「…!」ガクッ
ドラえもん「物忘れが激しいのは相変わらずだなあ」

ドラリーニョ「キッドに頼まれて一緒にここに来たんだけど…」

ドラえもん「キッドもここにいるの?」

ドラリーニョ「うん!ボクとキッドと“おじさん”の三人で!」

ドラえもん「おじさん?……キッドは今どこにいるの、って聞いても覚えてないか」

ドラリーニョ「えへへへ」

ドラえもん「しょうがない、『たずね人ステッキ』で探してみるか」


ドラ・ザ・キッドの居場所
>>205
203 : イルデューサー   2022/10/06 21:10:44 ID:a6ke9LOyMc
琴葉の家
204 : 最低最悪変態プロデューサー   2022/10/06 21:10:54 ID:LnhB0YaB/6
女子更衣室
205 : Pはん   2022/10/06 21:13:59 ID:geOBKfGG0c
甘味処
206 : 1   2022/10/07 21:36:51 ID:lBNXLoV8Z6
甘味処

店員1「お待たせしました、こちら当店おすすめのあんみつ豪華盛り合わせでございます」

キッド「待ってたぜ!」ブチュウウウウ

店員1(あんみつにケチャップとマスタード!?しかもあんなにたくさん!?)ガビーン

キッド「うんめ~!この時代おすすめの甘味処なだけあるな!」モグモグ


店員2「お待たせしました、こちら黒蜜きなこのかき氷でございます」

黒井「うむ」ドロォオオオオ

店員2(黒蜜かけすぎだろ!ほとんど黒い塊じゃないか!)ガビーン

黒井「…この味わい、噂以上だ。私の一押し店舗の一つに加えてやろう」ポチポチ


店員3「お待たせしました。こちら抹茶あずきパフェでございます」

琴葉「ありがとうございます」ジョボボボ

店員3(唐突に水筒を取り出した!?中身は…味噌汁!?)ガビーン

琴葉「レビューで見た通り、このお店のアイス美味しい…!しじみ汁との相性抜群かも」ゴクゴク


店長「今日は変な客が多いな…みんな、用心してくれ」

店員たち「「「は、はい…」」」


ガラガラ…

店員たち「「「いらっしゃいませ」」」

琴葉「あ、来た…!」


琴葉は誰かと待ち合わせをしているようです
その相手とは…?

>>209
(千鶴、茜、歩、エレナ、紗代子以外の765 MILLION ALLSTARSの誰か)
207 : 兄ちゃん   2022/10/07 21:37:41 ID:w.79YsZeZY
麗花
208 : Pはん   2022/10/07 22:10:15 ID:My69AKtFOQ
みちこ
209 : 毎日変態   2022/10/07 22:13:23 ID:PJez1VlrS.
海美
210 : おにいちゃん   2022/10/07 22:37:43 ID:Rufc.zdI5U
こいつら……いくらなんでも悪食過ぎ
211 : プロデューサー様   2022/10/07 23:12:20 ID:oYYHwmpWHc
このうみみは女子力白玉ぜんざいとかアレンジしそう
名前 (空白でランダム表示)
画像 ※JPEG/PNG/GIFのみ。最大サイズ合計: 8MB



画像は10日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -