ミリマスアイドルとエッチなことができるとして
1 : プロちゃん   2018/07/18 22:18:44 ID:Duqay36bnc

どんなシチュエーション?
自分は奈緒と「こんなんアカン」と言われながら声を抑えながらしちゃうシチュ

845 : プロデューサー殿   2018/09/20 21:54:38 ID:ChfpHZ4TKY

寝てるやよいの唇を奪いながら、ノーブラトレーナーをめくり上げて膨らみかけおっぱいを愛撫したりパンツの中の割れ目をなぞりたい
口の中に突っ込んで床○ナ感覚で腰を振り、一発目を飲ませたい
パンツを剥ぎ取って割れ目の中をトロットロになるまで舐め回し、チ○ポをあてがいピストン素振りしたい
ゴムなどという軟弱な物は用いず完全に○ませる目的で現役JCアイドルのロリマ○コ処女を勝手に奪って根元まで入れ、熱く柔らかい無数のヒダが不規則に絡みつき、キツキツに締め付けてくる上質の雌穴に根元まで入れたらしばらくそのままにして、これから支配する雄の象徴の熱と体積と形状を思い知らせたい
無許可での行為であるにもかかわらず、やよいが今日この日自分に種○けされる為に生まれてきた事に感謝しながら、卑劣にも無抵抗の身体を存分に突きまくりたい
美少女顔をベロベロ舐め回したり肉詰まりの程良い乳首に吸い付いたりしながら腰の振りを激しくし、「○め!妊○しろ!」と繰り返し呟きながら○法ロリマ○コの中に数億の○子を流し込みたい
○む確率を少しでも上げる為に身体をガッチリホールドして腰をうねらせる事で○宮口をこじ開けながら最後の一滴まで絞り出したい
目が覚めて割れ目から垂れる○種と血の混合物に気づく瞬間を物陰で確認したい

846 : 兄ちゃん   2018/09/21 01:48:11 ID:MszwAaN1JE

>>828から

もはや○まされることしか頭にないのかまだあてがっただけの勃○チ○ポへ早く早くと言わんばかりの迎え腰でヘコヘコ挿入のおねだりをする未来。
そんな人一倍好奇心旺盛な初物雌穴へ優しさも余韻も無いただ都合のいい精○タンクとしての自覚を植え付けるかの如く根本まで一気に挿入。
狭い穴を無理矢理抉じ開けられる痛みと子宮口が押しつぶされる衝撃、そしてチ○ポでしか与えられない極上の快楽が一瞬で押し寄せ潰れたカエルのような声を出しながら白目を剥き、泡を吹いて失神する未来。
横で自身の発情マ○コを物足りなそうに慰めていた静香も流石に心配だったのか未来へと駆け寄り声を掛ける。
ぎっちりと大人チ○ポが収まった中○生マ○コからは、初物とおもしき痕跡は見当たらない。恐らく未来と関係を持っていた静香が先に奪ったからだろう。処○は何かと手間がかかる分ありがたいが、それはそれ。初物を逃した無念は後日静香の身体で払ってもらうとしよう。とりあえず脳細胞がいくらか死ぬほどの絶頂地獄がちょうどいい。

847 : 箱デューサー   2018/09/21 01:49:52 ID:MszwAaN1JE

そろそろ目を覚ましてやろうとチ○ポを限界まで引き抜き、再び奥へ重い一撃。短い叫び声を発し目覚めた未来、え?え?と自分が置かれている状況がまだ理解出来ない様子。そんなことはお構いなしにただの扱き穴としての使命を無理矢理全うさせる。
訳が分からずただ暴力的な快楽が脳を焼き続ける状況に喚き怯えだす未来。「大丈夫、大丈夫だから」と静香は優しく囁きながら、口元に散った泡を丁寧に舐めとりそのまま舌同士を絡めだす。
そんな優しさを見せる静香の尻をバチンを叩く。プシッと○液が飛び散りそれだけで軽くイッた様子の静香へあることを指示する。
一瞬生まれた躊躇いの間を再度尻を叩くことで打ち消す。マ○コからはまるで零れたはちみつのように愛○が垂れ流され、絶対服従を身体に刻み込まれているようだった。
静香はおずおずと膝を立て、まだ意識の正常でない未来の顔上を跨ぐと、そのまま自身の発情マ○コを下ろしグリグリと押し付けた。
恐らく2人の時はしたことも無いであろう変態的なプレイ、しかし静香の顔は徐々に愉悦を孕んだ笑みを見せ、未来の顔面から与えられる快楽を夢中で貪っているようだった。

848 : プロデューサーさん   2018/09/21 01:51:20 ID:MszwAaN1JE

また一つ静香の雌の本性を剥ぎ取った悦びに思わず腰の動きが速くなる。もはやただの性○処理道具と化した未来の脳には、チ○ポから与えられる永続的な快楽と息が出来ないほどに押し付けられる静香の発情マ○コから滴る本○汁の味しか送られてこない。
朦朧とする意識の中、それでも苦痛を遥かに超える快感によって、自分がアイドルなんて高尚な存在ではなく、ただ相手の性欲を吐き出すのに都合のいい存在であるべきなのだと実感した。
今はただ、社会の倫理とか、常識とか、そんなものどうでもいいから無責任に無遠慮に、この疼いて仕方ない子○にたっぷりと種付けされてほしい。そのためなら後のことはどうだっていいとさえ思い始めていた。
やがてピタッと動きを止めたチ○ポから大量の精○が押し付けられた子○口へと排出される。待ちに待ったその快感はまるで頭を殴られるような危険な感覚を伴い、たまらず頭を仰け反らせ逃がそうとするもそれは叶わない。
チ○ポが脈打つたび新鮮な子○汁が○宮を満たし、下腹部がポッコリ膨らむほどに注がれていく様を見た静香も、その光景を自身に重ねたのか程なく絶頂。ドロリと大量の愛○が未来の顔に広がり、匂いが取れないほど髪の毛にもくまなく撒き散らかされた。

849 : 彦デューサー   2018/09/21 01:54:13 ID:MszwAaN1JE

絶頂の余韻の中腰を上げ未来を見ると、だらしなく舌を垂らし白目を剥いて絶頂を受け止めている最中だった。ひゅー、ひゅー、と口内に溜まった静香の愛○をあぶく立たせ、いつ冷めるとも知らない快楽にビクンビクンと全身を震わせている。
その姿を見た静香は狂気を孕んだ瞳で満足げにほほ笑んだ。未来には常に庇護欲が働くのか、深い関係になっても相手をいたわり常に優しくあろうとする静香。
だが心の奥底では、そんな未来とままごとのような行為ではなく、もっと黒く淀んだ性欲をぶつけてドロドロに汚したい本心が隠されていたことを知っていた。
常識や理性を捨てて、立派な雌犬に仕立て上げるには必要なことだった。これで静香は完全に生まれ変わっただろう。
ずるりとチ○ポを引き抜くと、「お゛っ」という声と共にぽっかり空いたマ○コから大量の精液が流れだした。確実に孕む量だ。どっちにしろこれからも使っていくことに変わりはないが。

850 : 箱デューサー   2018/09/21 01:54:34 ID:MszwAaN1JE

おもむろに静香の髪を引っ掴み、チ○ポの前へ。まるでプログラムされているかの如くごく自然に舌を這わせ、掃除を始めようとする。
だが折角なのでご褒美を与えようと思い、両手で頭を掴み、口内にねじ込んで激しくイラ○チオ。時折喉奥で固定し、涙目で耐える表情と逆流してくる嘔吐物の生暖かい感触を味わう。
ステージで凛々しく歌い上げる静香の口をオ○ホのように扱う征服感と満足感にトドメの喉奥固定で吐精。
苦しさに身体をばたつかせ鼻からは精○が逆流しちょうちんを作っていた。だがまるでチ○ポの脈動に呼応するようにぷしっ、ぷしっ、と愛○をまき散らす様は、確実に快感を享受していることを証明していた。
チ○ポごと飲み込む勢いで喉を鳴らし、精○を体内に蓄えていく。取り込んだ精○が静香の身体を形作る栄養の一部になるのかと思うと、俄然勃○は収まりそうにない。
口内から乱暴に引き抜き頭を離すと、力の抜けた体は床にくずおれ未来と折り重なるように倒れ込んだ。お互い息も絶え絶えで、特に未来は初回から完全にぶっ壊してしまったようだが、なんとかなるだろう。
腰を下ろし、今度は完全に熟しきっている静香のマ○コへと照準を合わせる…

続くかも

851 : お兄ちゃん   2018/09/21 22:33:36 ID:JMbm5DET5c

>>840の続き

バニースーツを着用してベッドで待ち構えるやよいと伊織と美希の元へ、既に猛々しく天にそそり立つチ◯ポを掲げてやってくると、3人は当然のように土下座で迎え入れ、「私達のような雌如きの為に◯起して頂き、ありがとうございます」と感謝を述べる。
たとえ万人の憧れを一身に背負うアイドルであっても、雌にとってはチ◯ポこそが最も尊い存在であると本能でも理性でも完全に理解しているのである。

両手をウサ耳付近でぴょこぴょこする可愛らしい仕草とは裏腹に、ガニ股で下品に腰を振ると胸元がゆるい為、そのたびにめくれて乳首が見え隠れする。
やよいは乳房の大きさの割に乳輪の肉付きが良く授乳に適しており、やよいの幼い身体と母性のギャップがよく表れている。
伊織は逆にやよいよりは大きい割に幼さを残す乳輪の大きさだが、逆にその幼さゆえに最もピンクに近い鮮やかな色をしている。
美希は乳房の発育の良さが目立つが、全体的には非常に堅実でバランスの良い乳輪をしており、芸術性にも実用性にも優れている。
どれもこれも実に煽情的だ。

まずは3人の顔にチ◯ポを擦り付ける。
快楽を求めるというのもあるが、どちらかといえば3人にとって誰が最も従うべき雄であるかを指し示す為の儀式的な意味合いが強い。
それでも、3人それぞれ方向性こそ異なるが、いずれも恵まれた容姿をしており、これらの美貌に醜い肉棒がまとわりつき、しかもそれを喜んで受け入れる美少女達という異様な構図で興奮が高まる。
3人の方もわざわざマ◯コにぶち込まれずとも顔に擦り付けられただけで最愛の雄のチ◯ポの感触・熱量・臭気を敏感に感じ取り絶頂に至ったらしく、多少タイミングは違えど3人とも芯から身を震わせる。

852 : おにいちゃん   2018/09/21 22:34:34 ID:JMbm5DET5c

>>851の続き

最も早く絶頂に至った美希にご褒美として一番フ◯ラの権利を与えると、寸分の間も無く行使する。
ベッドに仰向けで寝そべり、両脇にやよいと伊織を侍らせ愛撫しながら、美希に股座へ顔を近づけさせる。
あくまで所有物である為主導権は奪わせず、発情雌面で待ち構える美希の頬をチ◯ポで軽く叩き、しばらく焦らしてから奉仕を許可する。
美希はすべすべの手でチ◯ポを愛おしげに優しく撫で、鈴口に忠誠の口づけをするまでは上品で甘い雰囲気を醸し出していたが、口に入れた途端にその雰囲気をぶち壊すほど下品な音を立ててしゃぶり出す。
チ◯ポ越しに頬の裏の感触を覚えるほどタコのように激しく吸い付き、口内で不規則に舌を蠢かせる。
身体の根元から引っ張り出されるかのような身体的快感と、たった1本のチ◯ポを満足させる為だけに先述の美貌を台無しにしてクッソ無様なひょっとこヅラを晒してまで献身的に奉仕される精神的充足感で、まずは第一撃を、口内で鈴口にへばりつく美希の舌に撃ち込む。
一滴も溢さなかった事を示すかのように顔を向けて口を開けると、抜けた◯毛が?や舌の上にへばり付いていて、ようやく取り戻した美貌がまた台無しになっている。
それらを拭い取り、口の中の精◯と混ぜ、よく噛んで味わってから一気に飲み干す。
再び口を開けて完食をアピールするも、歯の間に毛が挟まって未だにその美貌を台無しにし続ける。

853 : Pさぁん   2018/09/21 22:35:15 ID:JMbm5DET5c

>>852の続き

立ち上がると急に尿意を催したので、「伊織、トイレ」と一言だけ言うと、飼いならされた忠犬のように、他に何も言わずとも自然と正座して顔を上げ、手を皿にして口を開けて舌を出し、雌が雄に排◯物を恵んで頂くのに最もふさわしい型を披露する。
やよいと美希は次の快楽を求めて足元に縋り付き、浅ましく乳房を太腿辺りに擦り付けてくる。
大財閥の令嬢をチ◯ポで敗北させ、即席小◯器に堕とした圧倒的優越感に身を震わせ、ジョボジョボと伊織の口に小◯する。
散々良い物を食べてきたはずなのに、こんな排◯物が何よりも美味であるかのように出来るだけ溢さないよう必死で飲み続ける。自分の身体が生理的に不要と判断したものが生長期の金持ち美少女の栄養になるのかと思うと再び勃◯が促され照準が狂うが、そのお陰で伊織の美貌を穢すかのように顔にもかかる。
出し終えたらチ◯ポを振り、残滓を伊織の顔に飛び散らせ、終始小◯器扱いを徹底する。それでも先端に残った分はやよいと美希が丁寧に舐め取る。

854 : ぷろでゅーしゃー   2018/09/21 22:35:46 ID:JMbm5DET5c

>>853の続き

この前はかなり乱暴にしてしまったので、今回は優しくしてやろうと思い、座って脇に侍らせていたやよいを抱き寄せ、甘い口づけを交わす。
唇と口内を優しく撫でるように舌を這わせ、バニースーツの上から胸部、腹部、臀部を愛撫すると、やよいは蕩けた雌顔を晒す。
扱いの差に文句を言う伊織と美希にはキ◯◯マを片方ずつしゃぶる権利をくれてやって大人しくさせた。
伊織は不満そうな顔をしているが、本音では喜んでいるのは明らかだ。
今更だが中◯生にしては過ぎた行為をさせているのかもしれないが、この3人はむしろ中◯生にして、雌の最大の幸福をもたらす精◯の量産に貢献している事に誇りを持つべきである。
やよいをM字開脚で座らせ、股間部分を開いて現役JCアイドルロリマ◯コに指を入れる。四つん這いになり、舌で割れ目をなぞり、やがて中へ侵入する。
よがりまくるやよいを羨ましがる美希は関心を向ける為に、勝手にケ◯穴奉仕を始める。確かにケ◯穴奉仕は雌の義務とも言えるが、許可した覚えはない。後で何か罰を与える事にした。
伊織は身の程をよく弁えており、文句は言うが決して自分勝手に行為に及ばない。良い子にしている褒美に、手持ち無沙汰の片腕で胸元に手を突っ込み、直におっぱいを揉みしだいてやった。
延々と愛撫する割れ目から、過剰なまでの粘液が溢れ出す。お互いに我慢の限界だ。
今回はやよい1人に集中したいので、伊織と美希にはマ○コキを許可してやる。

855 : バカP   2018/09/21 22:36:35 ID:JMbm5DET5c

>>854の続き

やよいの腰をガッチリと掴み、雄を歓迎する準備万端のロリマ○コに少しずつ挿れていく。当然ゴムなど使わず、ナマだ。雄の生存本能が、この雌が種を残すのに適していると伝えてくる。
少し進む度に張りのあるヒダがぷるんと弾み、チ○ポの表面を撫でるように滑る。
小○生相当の身体相応の体温をまんべんなく感じさせ、柔らかさを感じさせながらも、○液の滑りを加味すればちょうど良い具合の締め付け。
良くも悪くも痩せ型である為、雌としての体型的な面ではどうしても他の2人に一歩及ばないが、マ○コの具合の良さは他の追随を許さない。
おっぱいも正面から見れば横の広がりを感じさせない程だが、逆にそのお陰でぷっくりとした乳首が目立ち、その魅力をシンプルに伝えてくる。
まさにロリマ○コとドスケベロリボディの見本のような存在である。
奥まで挿れると、それはまさに至福。ヒダを不規則かつ強く絡めるマ○コ、両腕両脚を絡みつけるような抱擁。雌を抱く快感が全てそこにあった。
そこからは一心不乱にやよいの身体を貪った。顔中至る所を舐め回し、挿入を保つ為に浅くペースの速いピストン。射○などあっという間だ。
子○口に先端を密着させ、大容量のキ○○マの中身を容赦なく絞り出す。
精○が泳ぐ道筋を作るのではなく、卵○の周囲を完全に取り囲む程の量を注ぐ事で、全方位から攻め立て、確実に○ませる。選ばれた雄としての使命を全うする。
全て出し切って精○の勝利と卵○の敗北を確信したら引き抜いて、種○けして頂いた事への感謝、妊○したら絶対に産む事を宣言させたい。

続く

856 : ぷろでゅーさー   2018/09/21 22:44:37 ID:YvCa2CV0uo

長文兄貴、書くのはいいし読んでるけどageたらいかん(違ったらごめん)

857 : 彦デューサー   2018/09/21 22:47:48 ID:JMbm5DET5c

1回チェック外し損ねてたかもしれません。申し訳ありませんでした

858 : Pちゃま   2018/09/21 23:25:56 ID:yi/3NyDJdA

ほどよい肉付きの腋とふとももが┣┫すぎて......

右腋はライブ直後にむしゃぶりついて、むわっとくる包み込まれるような匂いと爽快な塩味を堪能したい
左腋はそのまま半日ぐらい放置して、熟成されたツンとくる刺激臭と重厚な苦味を堪能したい
そして手袋したままの手で扱かれて、布地のざらざらとした感触にすぐに達してしまって、むっちりとしたふとももにぶっかけたい

そして優しく抱きしめられて、目を合わせて頭をなでられながら今日もいっぱい出ましたねって言われて、その時にねっとりとした口臭を嗅がされて再び勃◯して、また大きくしちゃったんですか?って言われてそろりと2~3回だけ擦られて期待させられたところで先端に軽くキスされただけで明日までおあずけですって言われて、カウ◯ー液を溢れさてパンツをぐしょぐしょに汚しながら次の日まで悶々と過ごさせられたい

859 : 我が友   2018/09/22 04:14:12 ID:mwQLBKbyMQ

>>850から
虚ろな目で横たわりぜいぜいと息を吐く静香。勢い余っておよそアイドルが発してはならないほど盛大なゲップを披露すると、胃から逆流してきた精○が口元で大きな泡を作る。ザー○ン鼻ちょうちんとお揃いの間抜けな光景に、もはや人間としての尊厳などどこにも残されていなかった。
やがておずおずと身体を起こし四つん這いになると、今しがた向けられたチ○ポがスムーズに挿入されるよう腰を突き出し、雌穴を両手でしっかりと広げてみせた。
いよいよ次は私が○まされる番…先ほどまで虚ろだった目は爛々と輝き、孕○袋としての本懐を遂げようとする静香。そんな期待をぶち壊すかの如く、既に肥大化したク○トリスを指先で摘まむと、ねじ切る勢いで強く押し潰した。
喉を傷めるほどの絶叫を発し悶える静香。それでも苦痛が快楽に変わるほど徹底的に調教された身体はガクガクと震え、パクパクと切なげにマ○コをひくつかせる。
これがおしおきだと悟った静香は謝罪の言葉を何度も口にし、身体をチ○ポの前へと向きなおす。快楽は与えてくださるもの、脳に刻み込まれた常識を忘れ己の欲望のためにそれを無償で得ようとしていた自分を恥じた。

860 : プロちゃん   2018/09/22 04:16:02 ID:mwQLBKbyMQ

>>851から
静香は三つ指を突き、深々とチ○ポに向けて土下座。日頃から雌犬として扱って頂ける喜びと、都合のいい扱き穴としてマ○コを使って頂ける至福、便所で用を足す感覚で孕○汁を子○へ捨てて頂ける感謝。
万感の思いを込めて頭を垂れ、快楽のお恵みを嘆願する静香。額を床に擦り付け必死にチ○ポを求める様はまさに理想的な雌犬そのものだった。
本来こういった礼儀を未来にも叩き込むつもりだったが、当の本人は意識があるのか無いのかはっきりしない目でぼーっとこちらに顔を向けるだけ。
これは指導役である静香の責任だ。身勝手な主張をさも当然の如く受け入れる静香は一層額を床に押し付け謝罪。チ○ポのお預けを予感したのか泣き声混じりに
許しを請うその姿は一層チ○ポを固くさせた。
許すことを伝えると「ありがとうございます!ありがとうございます!」と何度も土下座。おもむろに仁王立ちすると、すぐさま察したのか静香は膝を立て、眼前にそそり立つ先端へ服従のチ○ポキッス。
そこの壁に手を付くよう指示すると、そこにはかつて自身を武道館のステージへと押し上げた一枚のポスターが貼ってあった。万雷の拍手の中、全てを出し切った満足感に微笑むその表情はまさに、時代を創る未来のアイドルとしての風格が漂っている。
その輝かしい歴史を持つ人物が今や、腰を突き出し今か今かとチ○ポの挿入を待ちわびる無様な雌犬だ。
完全にチ○ポに屈した彼女に、もはや過去の栄光などどどうでもいい。むしろそんな記憶すらも快楽を生みだす一つの要素として脳内に組み込まれているようだった。

861 : せんせぇ   2018/09/22 04:20:23 ID:mwQLBKbyMQ

間違えました。>>860>>859からです。

>>860から
ぽたぽたと白濁した愛○まみれの穴にくちりと鈴○を這わせると、もはや麻薬中毒患者のような危ない目をチ○ポに向け、ふーっふーっと息を震わせる。
髪を引っ掴み顔をポスターに向けさせる。過去の輝かしい自分と人間以下の扱いを喜んで受け入れる今の自分を徹底的に比較させながら一気に元アイドルマ○コを貫いた。
無遠慮に腰を打ち付けながら、今の自分はどういう存在か口にさせる。快楽に邪魔され「お゛、お゛っ」と獣染みた喘ぎ声を発しながらも必死に言葉を紡ぐ。
自分は男に支配されるために生まれた存在であり、チ○ポに奉仕することこそ生きる喜び。
アイドルだろうが中○生だろうが関係無しにチ○ポを差し出されれば都合のいい精○排泄穴としてすぐさまマ○コを差し出さなければならない家畜以下の孕○袋にすぎない。
ポスター越しにこちらを見つめる過去の自分を前に嬉々として宣誓。築き上げてきた尊厳をぶち壊すその行為すらもはや快楽でしかなく、マ○コ襞はますますうねり締めあげてきた。
今や歌で大勢の客から認めてもらうことより、大量の○種汁で卵○を犯され受○することしか考えられないようだ。完全に降りきった○宮口が今か今かと鈴○に吸い付いてその瞬間を待ちわびている。

862 : Pしゃん   2018/09/22 04:23:09 ID:mwQLBKbyMQ

>>861から
既に脳細胞がいくらか死滅したほどに絶え間ない絶頂を繰り返す静香はもはや人間らしい言葉すら発することも出来ず、うめき声を響かせるのみ。完全にバカになってしまった所へ突然の快感が襲い掛かった。
ちらりと後ろを見ると、いつの間にか起き上がった未来が足に縋りつき、そのまま顔を尻穴へと押し付けていた。生暖かく弾力のある感触が皺を舐り、やがて腸内へ差し込まれると円を描くようにグチュグチュと舌を動してきた。
こちらを覗き込む瞳は依然虚ろのままだが、それでも懸命に尻穴奉仕を続ける未来。
先ほど排泄されたばかりの精○が垂れ落ちる自身のマ○コを慰めながら、的確に射○を促すその行為、天性の雌犬気質を見せつけられるかのようなその姿に昂りが止まらず、金○が急速に精○を増産させていく。
指が沈み込むほど強く腰を掴み、もはや立ってるのがやっとの静香をオ○ホの如く扱いスパートをかける。ぐるりと白目を剥いたまま悲鳴のような喘ぎ声を断続的に繰り返す。口からあぶくが漏れ出し、垂れっぱなしの鼻水と涙も相まって、整った顔立ちは汚れていない箇所が無いほど無残な光景だった。
やがて限界に達し、トドメの一撃。奥の奥までチ○ポを飲み込ませ、押し潰した子○口へと新鮮な子○汁が排泄された。
ポルチオを強烈に刺激され、その暴力的な快楽から沈みかけていた上半身が強制的に起き上がる。つま先から頭の先、脳の奥底にまで行き渡った危険な信号から本能がどうにか逃れようと無意識に頭を仰け反らせるが、未だ子○へと送り続けている特濃精○がそれを許さない。

863 : プロデューサーさん   2018/09/22 04:26:38 ID:mwQLBKbyMQ

>>862から
脳の回路がチリチリと焼き切れる感覚を味わいながら、ただ無責任に放出される○ませ汁を受け入れるしかない静香。もはやまともな思考すら出来なくなりつつある頭に浮かんだのは、雌に生まれたことの悦び。許容量を超えて満たされつつある○宮は未だ貪欲にゴクゴクと精○を飲み込んでいき、すらりとした体躯の一部分がぽこりと山を成すほどだった。
未来は射○中限界まで舌を伸ばし苦みが口の中を支配するほど奥まで差し込むと、ズズズッと中身を吸いだしていた。そのあまりの気持ちよさはいつもより長く濃い、満足感ある射○を促し、より一層静香の快楽を増幅させる。
もしかしたら未来は、ただ男を悦ばせる天性に長けてるだけでなく、静香をも満足させたい一心が心の奥にあったのかもしれない。あるいは壊れゆく静香を救いたいがため早急に射○させたかったか…いずれにしても、まさに逸材としか言いようがない。

864 : ぷろでゅーさー   2018/09/22 04:28:13 ID:mwQLBKbyMQ

>>863から
長い長い射○が終わり、チ○ポを抜いて掴んでいた腰を離すと、ずるずると壁を這いながら床へ崩れ落ちる。巻き込んだポスターがビリリと破れていき、それは過去の自分との完全なる決別を意味しているような趣があった。
そして未来も尻穴から口を離し、えへ、えへ、と壊れた笑みを浮かべながら静かに床へと沈み込む。傍らには静香の顔。ひゅーひゅーとか細い息を吐き、相変わらず白目を剥いたまま体内に残留する快感に全身を痙攣させている。ビクンと震えるたび排泄した精○がマ○コからごぷっと際限なく溢れる様は、ある種人体の神秘を思わせるようだった。
そんな完全に堕ちきった静香を未来はただ壊れた笑みを浮かべ見守っている。だがその笑みは時折普段のような思いやりに満ちた笑みのようにも見えた。
実に興味深い組み合わせだ。やはり2人を選んで正解だったようだ。静香の変態性を更に暴き、未来に雌犬奉仕の才を見た。二人はますます成長してくれそうだ。
だがこんなものでは無いだろう。まだまだアイドル(チ○ポ穴)としての道は、始まったばかり…

とりあえず一旦ここまで

865 : 彦デューサー   2018/09/22 13:33:32 ID:nW2kAR4Jd2

みらしず調教長文兄貴すき
えっちだしシンパシーを感じる


>>855の続き

勝手なケ○穴奉仕した罰として、両手を縛られ、吊り上げられる両腕。両脚を別方向に吊り上げられ、ちょうどV字開脚となっている。
クリ○○スに貼り付けられたローターは微震の状態。常日頃から忠誠を誓い、自身のマ○コを幾度となく使って頂いたチ○ポと比べればまさにおもちゃ程度の代物に過ぎず、常にじらされているだけで快楽を与えるには程遠い。
その事を訴えようにも、口に填められたギャグボールに遮られ、最低限の呼吸しか認められていない。それが、美希の現状である。

そんな美希の目の前から少し離れて仁王立ちし、両側からチ○ポに顔を近づけているやよいと伊織に奉仕を命じる。
その意図を理解している2人は、美希に見せつける為に敢えて正面には回らず、そのままの位置で奉仕を開始する。

866 : Pちゃま   2018/09/22 13:34:25 ID:nW2kAR4Jd2

>>865の続き

同時に亀○に忠誠のキスを済ませると、やよいはカ○首に舌の先端をあてがい、素早く上下左右にはためかせる。
そして、根元に舌全体をしっかり密着させ、少し押しつけるような力加減を保ったまま少しずつ上へ上へと這わせていく。
付着した唾液を頼りに、今度は唇を根元にあてがい少し強く吸いながら同じ要領で這わせる。
雌穴を通す際に摩擦の激しい部分をより丁寧に掃除して、これからも末永く使って頂こうというチ○ポへの隠しきれない忠誠心がうかがえる。
伊織はキ○○マに口づけし、丁寧に舐め始める。ザラザラとした表面だけでなく、つるんとした裏面も器用に活用する。
手前の玉を口に含み、唇で軽く引っ張ったり圧迫したりしながら、舌で転がす。
そして時々持ち場を離れ、やよいとタイミングを合わせて左右対称に、舌を竿に這わせる。
優秀な遺伝子を蓄えている神聖な部分に全身全霊を以て奉仕し、あわよくばそのお零れを頂戴しようという雌の本能が顕著に表れている。
美希は涙目で羨望と嫉妬の眼差しを送り、まるで自分も参加しているかのように、ギャグボールをチ○ポに見立てて舌を這わせている。
恐らく手の自由がきいていれば、待望のチ○ポ奉仕を想像しながらマ○ズリしていたのだろう。

867 : 仕掛け人さま   2018/09/22 13:34:53 ID:nW2kAR4Jd2

>>866の続き

やよいは先ほどの愛情たっぷり種○けに満足していたのもあって、持ち前の優しさと友情から伊織にメインディッシュを譲る事にし、役割の交代を提案する。
喜んで同意した伊織は早速大口を開け、出し切った舌に沿って情けなく唾液を垂らしながらチ○ポを口に含む。
やよいは間に立って美希の視線を遮らないように、股ぐらの真下に潜り込んで、○袋のつなぎ目をなぞるように舌を這わせた後、一気に玉を2つとも口に含む。
伊織の口は雌穴の快感に見劣りしないよう必死で吸い付き、激しい勢いでチ○ポを出し入れする。
やよいの口は器用に2つの玉を丁寧にすりあわせ、精○量産に貢献する。
どちらも舌を扱う事を忘れていない。口全体でチ○ポを満足させる事だけを考える、雌の鑑のような行動。
ジュポジュポを下品な音をただ聴くだけの美希は、恨めしそうにフーッフーッと激しい呼吸を繰り返すばかりだ。

2人の献身的な態度と美希の表情で満足したので、伊織の頭を押さえつけ、喉奥に褒美を打ち付ける。
伊織にとってはこれまで食べてきたあらゆる高級料理よりも美味に感じる雄の○種汁を余す事なく飲み下す。
呼吸が苦しくても、口では○めない分、せめて出して頂いた貴重な精○は栄養に代えなければならないのが雌の義務である。
現役JCアイドル美少女の口○器にひとしきり出し終えてチ○ポを取り出し、やよいと伊織の顔で粘性を拭き取る。
出し終えても雄の尊厳を示す為に雌をチ○ポ拭きとして活用しなければならないのが雄の義務である。

868 : 兄ちゃん   2018/09/22 13:35:30 ID:nW2kAR4Jd2

>>867の続き

拭き終えて美希の元へ近づき、ギャグボールだけ外してやる。
許しを請う美希に対して、また尿意を催したと告げると、必死に口を開け、舌を突き出す。
謝罪が認められ、しかも小○を飲ませて頂けると思い込んでいるのだ。
その大口めがけてチ○ポを差し出すフリをして、美希の顔に唾を吐きかける。
そんな都合良く許してやるわけが無いと痛感させると、再びギャグボールを填めて美希の元を去る。

先ほど伊織には飲ませたので、トイレを命じたのはやよいの方。さっき伊織にメインを譲ってやった褒美も兼ねてだ。
伊織の時とは違う形で満足してほしいという配慮から、犬のお座りのような姿勢で放○を待ち構える。
一番身体が幼く、年齢も一番下なのに、本当に出来た雌である。
皿のような形状に変え、お○っこを受け止めるのに特化した舌めがけて排○すると、ハイペースで喉を鳴らし、もれなく体内へ蓄えていく。
最後の口内一杯分はすぐには飲み込まず、優しい微笑みを浮かべながら口の中でゆすぐようにしっかりと味わう。
そのたびにやよいの頬が膨らみ、そこに排○物の存在感を覚えて、興奮を覚える。
残しずつ喉を鳴らし、飲み込んでいく。チ○ポを振って、やよいの美貌に残○を飛び散らせる。

869 : ハニー   2018/09/22 13:36:00 ID:nW2kAR4Jd2

>>868の続き

左右それぞれの腕を組むやよいと伊織を伴い、再び美希の元を訪れる。
見せつけるかのように2人にキスしたり、胸元をまさぐる。
泣きじゃくって顔がくしゃくしゃになった美希を見て、反省を確信し、ギャグボールとローターを取り外す。
「ちゃんと謝れば許してやる」と告げると、本当に反省していたようで、あらかじめ考えていた謝罪の言葉をスラスラと述べていった。
「雌の分際で許可無く行為に及んでしまったミキを許して下さい。ミキはハニーのおチ○ポ様に従い奉仕する為だけの雌です。」
これが、テレビで観ない日などない現役JCトップアイドル美少女の言葉である。
雄の衝動をひとまず抑え、開けっぴろげた美希のマ○コを素足で軽くこねる。
ここは何だという問いに、「ハニーのおチンポ様を満足させ、ハニーの優秀な遺伝子を残す為だけの雌穴です」と答えさせる。
我慢した甲斐があった。しかし、今日はまだ伊織とはしていない。
反省したとはいえ悪さをした美希と先にするのは伊織に悪いと考え、両腕両手の拘束だけ外し、これから伊織とするところをオカズにマ○コキする事を許可した。

870 : 我が下僕   2018/09/22 13:36:29 ID:nW2kAR4Jd2

>>869の続き

四つん這いで発情したメスウサギと化した伊織のロリマ○コをほぐしてやる。
やよいにはケ○穴を含めて自由に奉仕する許可を与えて、これから伊織を○ませる為のサポートを任せる。
挿入を開始すると、まずはキツキツの入口が手荒に歓迎し、トロットロの中身が暖かく包み込む。
伊織の性格をそのまま再現したような、外面と内面のギャップが特徴的なロリマ○コには独特の魅力がある。
中身に若干の緩さを感じる分、総合的に見ればやよいの方が具合が良いのだが、同じロリマ○コでもこうも違いがあれば、毎日していても両者共に飽きが来ない。
こういう所でもコンビネーションの良さを見せるのがやよいと伊織という雌である。
土下座のような姿勢をした伊織に覆い被さるようにして腰を振り舞わず。単なる直線的な出し入れではなく、トロットロの中身をえぐるように角度を変えなから突きまくる。
やよいは目の前に座り、膨らみかけおっぱいを差し出す。腰振りをしながら乳首に吸い付くと、行為の邪魔にならない力加減で軽く頭を抱きしめてきた。
ロリマ○コだけでなく、密着した伊織の背面と、やよいの胸元。
全身がドスケベロリボディに包まれ、その快感がダイレクトにキ○○マに伝わり、伊織を○ませるのに十分な量の精○が生産される。

871 : 箱デューサー   2018/09/22 13:36:50 ID:nW2kAR4Jd2

>>870の続き

大財閥の令嬢にして、トップアイドルの美少女JC。自分の遺伝子の価値を高めるには十分すぎる上等な雌で、雄として生まれた意味を果たしたいという欲望で頭がいっぱいになる。
仰向けに寝かせて、より激しく突きまくる。上等な人種も雌に生まれた以上、チ○ポで敗北を教えてやるのが雄の義務である。
激しさを増す度に、美希も手の動きを加速させ、その快感を再現しようとする。
やよいは天を仰ぐケ○穴を舐め回し、吸い付き、射○欲が全身から溢れ出すような快感を追加する。
トロットロの中身なりに必死で締め付けてきて、伊織も完全に精○を受け容れる準備が整ったのを確信し、伊織の身体をガッチリと抱く。
キ○○マから尿道へドロリとした感触を覚えながら、伊織の○内最深部に、大量の遺伝子塊を注ぎ込む。
100点満点の無様なアヘ顔を晒し、チ○ポが脈動し侵略因子を撃ち込む度に身体を芯から震わせる。
伊織はダブルピースで雌としての至上の幸福を示しながら、チ○ポへの敗北と永久の服従を宣言し、雌として責任を持って○み、産む事を誓う。

美希もほぼ同時に達したようだった。

872 : プロデューサー様   2018/09/22 20:27:28 ID:V1TfobrlOA

可憐の重厚な尻肉に挟まれた未熟なア◯ルを右手の人差し指と中指で激しく掻き回して潮を吹かせてあげながら、それを口で受け止めて飲んであげたい
そしてどろどろに汚れた指を見せつけながら嗅いであげてたら「汚いからダメです」って恥ずかしそうに言うので、なぜ汚いのか理由を聞いたら顔を真っ赤にしながら教えてくれて、じゃあきれいにしてって言うとねっとりと舐めてくれて、その舌遣いと感触に思わず勃◯しながら我慢できずに指を挟んでディープ◯スするようにして一緒に匂いと味を堪能しながら、左手の人差し指と中指で前の穴も掻き回してあげたい
再び右手でア◯ルを掻き回してあげながら、白い固形物の混じった白濁液でどろどろになった左手を見せつけながら嗅いであげて、この粘液と固形物は何なのか聞いてあげたら再び恥ずかしそうにしながら教えてくれて、同じようにディープ◯スするようにして右手とは違った匂いと味を一緒に堪能したい
右手でア◯ルの匂いと味を、左手で前の穴の匂いと味を交互に堪能しながら、可憐には両手で勃◯したそれを溢れるカウ◯ー液でぐちゃぐちゃにしながら扱いてもらって、空っぽになるまで可憐の手に何度も射◯して、もう何も出なくなってもそのまま扱き続けられたい
最後に残り僅かな体力と精力を振り絞って、まずは汗と汚れの混じったぬめぬめとした感触を味わいながらア◯ルを激しく深く突いてあげて、仕上げに愛○と潮でぐちゃぐちゃになった前の穴も激しく深く突いてあげて、その間に辛うじて再生産された精◯を一番奥で解き放ってあげたい
そして疲労困憊なところに「私はまだいけるんですけど?」って可憐に恥ずかしそう言われながらだらしなくなったそれをやさしく扱かれて、何も出ない射◯を延々と繰り返させられたい

873 : プロちゃん   2018/09/22 20:28:09 ID:V1TfobrlOA

歌織さんの引き締まった尻肉に挟まれたオトナなア◯ルを右手の人差し指と中指で激しく掻き回して潮を吹かせてあげながら、それを口で受け止めて飲んであげたい
そしてどろどろに汚れた指を見せつけながら嗅いであげてたら「そういうのが好きなんですか?」ってオスを誘うメスのような顔で言ってきていつの間にか攻守が逆転してて、「どんな匂いがしますか?」って聞いてくるので詳しく解説してあげると「じゃあ味も教えてください」って言われて自分の指をねっとりと舐めていると「美味しそうですね」って言いながら歌織さんが指を挟んでディープ○スしてきて、一緒に匂いと味を堪能しながら歌織さんの舌遣いと感触に思わず勃◯してたら「左手はこっちですよ」って言いながら前の穴に導かれて、同じように人差し指と中指で掻き回してあげたい
しばらくすると「じゃあ次は左手を見せてください」って言われて、右手で再びア◯ルを掻き回してあげながら、左手を引き抜いて見てみたら白い固形物の混じった白濁液でどろどろになってて堪らず嗅いでたら「やっぱり好きなんですね!」って言われて、同じようにディープ◯スされるようにして右手とは違った匂いと味を一緒に堪能したい

874 : Pくん   2018/09/22 20:28:28 ID:V1TfobrlOA

>>873
右手でア◯ルの匂いと味を、左手で前の穴の匂いと味を交互に堪能しながら、歌織さんに「私の匂いでこんなに勃◯しちゃったんですか?」って言われて溢れるカウ◯ー液でぐちゃぐちゃにしながら両手で扱かれて、空っぽになるまで歌織さんの手に何度も射◯させられて、何も出なくなっても「もう出ないんですか?」って言われながらそのまま扱き続けられたい
最後に「じゃあ今度はそれで掻き回してください」って言いながらお尻を突き出して手で広げて見せつけられて、残り僅かな体力と精力を振り絞ってまずは汗と汚れの混じったぬめぬめとした感触を味わいながらア◯ルを激しく深く突いてあげて、そして愛○と潮でぐちゃぐちゃになった前の穴も激しく深く突いてあげて、その間に辛うじて再生産された精◯を一番奥で解き放ってあげたい
そして疲労困憊なところに「もう終わりですか?」って歌織さんに挑発するように言われながらだらしなくなったそれを激しく扱かれて、何も出ない射◯を延々と繰り返させられたい

875 : 仕掛け人さま   2018/09/24 10:31:00 ID:XBlswIrjtQ

>>871の続き

手で達し、深く呼吸する美希の脚の拘束を解いた。絶頂の喜びに免罪の喜びが混ざり、美希の口元が緩む。
伊織に種○けした満足感が却って再度の興奮を招き、次の標的を定める。
「挿れるぞ」と一言だけ言うと、美希は何度も頷く。
ぶっ飛んでいる伊織は休ませておいて、再びやよいに奉仕による補助を任せる。
自○によって濡れきったそこはあっさりとチ○ポを受け容れ、中へ迎えていく。
表面上は女として完成していると言っても良いくらい豊満な身体を持つが、それでもJCである事に変わりない。
それなりのキツさを感じさせ、ぷるんぷるんのヒダが絡みつく、紛れもないロリマ○コ。
やよいや伊織とは異なる抱き心地で、同レベルのマ○コを楽しめる。実に贅沢だ。

腰を抱きかかえ、ピストンを開始すると、美希は両腕両脚で身体をホールドしてくる。
落下などを気にせず、ただ腰を振っていれば満足できるチ○ポケースに自らを替えたのだ。
やや窮屈な抱擁に反して、弾力溢れる胸元の感触。たまらない。さらに唇を重ね、口内を貪る。最早ただの雄の付属品だ。
やよいが股下でキ○○マの裏とケ○穴にしゃぶりつく。雌に○種を植え付ける装置と化した気分だ。

876 : プロちゃん   2018/09/24 10:31:29 ID:XBlswIrjtQ

>>875の続き

一旦唇を離すと、美希は既に頭が飛んでいた。
眼は明後日の方角を向き、だらしなく舌を垂らし、うわごとのように「ハニー、ハニー」と繰り返す。
1日に31人もの男に好意を向けられる程の類い稀な美少女。アイドルとしてのスキルにおいても類い稀な才能を有する天才。
そんな上等すぎる雌をオ○ホ感覚で犯し、限界までよがらせている事だけで、射○に至る前から達成感で頭がいっぱいになる。
生まれながら自分の雌になる運命だったにもかかわらず、それを横取りしようとした過去の男どもに今やっている行為を見せつけながら中指を立てて「ざまぁみろ」と言えたら、どれだけ気分が良いだろうか?
やよいはキ○○マの上がり具合からフィニッシュのタイミングを察し、ケ○肉を拡げて顔を突っ込み、激しくケ○穴を吸い込む。それによって最後の箍が外れ、○宮最深部に精○が注がれていく。

美希の優秀な遺伝子を利用して、より高等な種を残したい。そんな雄の本能に身を任せ、「妊○しろ」「○め」と繰り返し呟き、絶え間なく尿道を脈動させる。
美希のマ○ヒダもまた、脈打ち、締め付け、中の○種を全て絞りだそうと励んでいる事で、選ばれた雄としてのプライドが回復し、あくまでオ○ホに精○をコキ捨ててやっていると言う態度で振る舞う。

元から飛んでいたのに、そこに種○けの快感が襲い、ぐったりと横たわる美希。その緩みきった笑みを浮かべる顔とだらしなく開いた口めがけて小○をし、完全征服を遂げる。

続く

877 : 我が友   2018/09/25 21:33:16 ID:ZcblfOb1pI

性に疎い環に女の悦びを教えたい。

仕事終わりに環を呼び出す。
無邪気に何の用か尋ねる環に大人の遊びをしようと誘う。
意味を理解していないが、遊びという言葉に敏感に反応してとりあえず喜び、快諾する環をいきなり抱き寄せ、唇を重ねる。
舌を入れて、しばらくの間正常な呼吸を妨げるように激しく口内を貪ると、蕩けた雌顔を晒す環。
今度は優しく、小鳥がついばむように軽いキスを繰り返しながら、環の小◯生のくせにませたおっぱいを弄り、ホットパンツ越しに割れ目を指でなぞる。
未知の感覚に身を震わせ、恐怖からか強く抱きしめてくる環の頭を撫でて落ち着かせながらも、割れ目をほぐすのは欠かせない。

遊びの準備に必要だと言って下を脱がせ、今度は直に、割れ目に指を入れてほぐす。
ロリマ◯コのぷるんぷるん肉ヒダの感触でチ◯ポがギンッギンになるも、後の楽しみの為に我慢してほぐし続ける。
ガクガクと脚を震わせ、立っているのも困難な程の快感を与えてやったら、逆さ吊りのような形で環を持ち上げ、割れ目を激しく舐めしゃぶり、最後の準備を整える。

逆さ吊りも手伝って、強烈な快感に耐えきれず、よだれを地に垂らして虚ろな表情な環を仰向けに寝かせる。
正常な思考もままならない状態の環に「挿れるぞ」とだけ言い、同意を取ったフリをして完全に戦闘態勢のチ◯ポを取り出す。

878 : ご主人様   2018/09/25 21:33:43 ID:ZcblfOb1pI

>>877の続き

当然、ゴムなど無粋な物は纏わない。JS美少女アイドルとヤれるのだから、絶対に○ませると心に誓う。
割れ目に当てがい、少しずつ侵入していく。初めての痛みで緩んだ表情が若干強張るが、しっかりほぐしたのと頭が飛んでいるおかげでそれほどの苦痛ではなかったようだ。
奥まで挿入し、環を抱きしめる。普段外で遊んでいる時以上の発汗で、平常時以上の体温を発しながら雌の香りをプンプン漂わせているのが心地良い。
しばらく静止して、その火照りとロリマ◯コの感触を楽しむ。
熱いヒダが痛みに近い閉塞感を覚える程に締め付けてくる。しかしその分、ヒダの弾力を確かに感じられる。それによって、身体中の血液がチ○ポに寄せ集められていくのがはっきりと分かる。雄の本能が全身全霊を以て種○けをすべきだと告げているのだ。

たまらずピストンを開始する。突く度に、肺を押しつぶされるように吐息の多い嬌声を上げる。○内のヒダは激しくかき回される度に蠢き、しかし常にチ○ポ全体を包み込んでいる。
最高だ。最高のロリマ○コだ。獣のような荒い呼吸を発し、幼い身体を容赦なく攻め立てる。
環のシャツをめくり上げると、そこで歳の割には発育著しいノーブラおっぱいが乳首をせり上げ、激しく自己主張している。吸い付かずにはいられなかった。揉みしだき、激しく吸い、舐め回す。
舌を突き上げ、よがりまくる環。その舌を銜え込むように、再びディープキス。
突く度に上がる荒い吐息を激しくぶつけ合う。

879 : プロデューサーはん   2018/09/25 21:34:15 ID:ZcblfOb1pI

>>878の続き

やがて、環は自分からキスを返し始めていた。ピストンを邪魔しないような加減で脚を身体に絡ませてきて、この快楽の海に対する執着の意を示してきた。
この行為の意味を理解していないとはいえ、環を堕とせた。その達成感から、キン○マがグングンせり上がる。

限界までピストンを加速させ、やがて静止して、トドメの一発。最大限の嬌声を以て迎え入れる環。
上等な雌で自らの遺伝子を残さんと、○宮奥に次々と精○が送られていく。
それに無抵抗どころか、抵抗する意味すら知らないJS。行為に夢中になるようどんなに配慮したとしても、レ○プである事に違いは無い。だが、その背徳感がこれほどの量の精○を量産させたのだろう。
「○娠しろ……!○め……!○め……!」と呟きながら、全身密着種○けプレスの体勢で、最後の一滴まで注ぎ込む。
無許可でまるで遠慮の無いJSアイドルロリレ○プを終え、引き抜くと、○宮を満たすには十分すぎた精○と純潔だった証が共に溢れ出ている。

その理由の分からない気持ちよさに満足げの環にダブルピースさせて記念撮影し、一生物のズ○ネタにしたい。


終わり

880 : プロデューサーはん   2018/09/27 00:41:34 ID:U4AILokVaY

長文ニキが走りきってる……

881 : バカP   2018/09/27 16:49:07 ID:kfMwGqv9n2

流石にここまで来るとえっち通り越してこわい
たまには純愛も見たいゾ

882 : ダーリン   2018/09/28 16:58:22 ID:Rr294TN4d2

環のおなかに顔うずめて寝たい

883 : 箱デューサー   2018/09/28 20:51:13 ID:9yRFyvla6Y

やよいママに授乳手コキされたい

884 : 我が友   2018/09/28 22:22:22 ID:THC0TB57Uo

毎晩可憐に、パ◯ティを脱いで大きなお尻を顔に直接擦りつけられて、1日熟成された匂いを嗅がされながら、どろどろに汚れた脱ぎたてパ◯ティで包んでねっとりと扱かれて、時間をかけて空っぽにになるまで搾り取られたい

歌織さんには、1日レッスンして濃厚になった口臭を嗅がさて、濃い唾液で鼻と周りをねばねばに舐められながら、汗だくの脱ぎたてパ◯ティで包んで激しく扱かれて、空っぽになっても延々と扱かれて続けたい

のり子には、脇で顔を挟まれて、いつもの革ジャンで1日蒸れに蒸れた腋の匂いを毎日嗅がされながら、手で痛いほどに乱雑に扱かれ続けて、のり子と目が合っただけで指一本触れずに射◯してしまうように躾けられたい

そしてそれを可憐に気付かれて、さらに厳しく躾けられて、可憐の口臭を嗅ぎながらでないと射◯できないように覚え込まされて、もう可憐がいないとダメな体に壊されてしまいたい

885 : Pチャン   2018/10/05 02:45:12 ID:3Ocdbq16.g

久々に覗いたらハイレベルな世界になってる

886 : プロデューサーちゃん   2018/10/05 21:54:23 ID:hX9ZkP09kA

琴葉にピンク◯ーターとア◯ルビーズをセットでプレゼントしてあげたい
どうやって使うのか知ってるはずなのに知らないふりをする琴葉に、どういうものなのか詳しく教えてあげて、実際に使ってあげたい

ピンク◯ーターを前の穴に入れてあげていきなりマックスにしてあげて、お漏らししながらイ◯せてあげたい
しばらく我慢していたのか、濃厚なアンモニア臭を嗅ぎながら、後ろの穴にア◯ルビーズをゆっくりひと粒ずつ入れていってあげたい
最後まで入ったところでしばらく放置して、前も後ろも同時にギチギチにいっぱいにされて、未知の快感に不安げな琴葉に優しくキスしてあげたら琴葉から激しくディープ◯スされて、そうしながら3粒ほどをゆっくりと出し入れしてあげたい

うっすらと汚れていくア◯ルビーズから漂ってくる匂いを、琴葉にも聞こえるように鼻をスンスンと鳴らしながら嗅いでいたい
そして、琴葉が刺激に慣れてきたのを確認したら、一旦全部入れた後に一気に全部を引き抜いてあげたい

琴葉は激しく果てて、汗だくになってぐったりとしている
ア◯ルビーズは先端にいくほどべっとりと汚れて、長期間溜め込んでいたのか先ほどのアンモニア臭とは比較にならないほどの、美少女のものとは思えない強烈な臭いを撒き散らしている
それを琴葉に見せつけるようにして嗅いでから舐めて綺麗にして、ディープ◯スして一緒に味あわせてあげたい

そして最後に、未成年になんてことするんですかって、正座させられながらお仕置きされたい

887 : 兄ちゃん   2018/10/07 14:53:07 ID:ZTYnYkVPy6

ゆきぴょんとソフトなSMにいそしみたい

888 : Pチャン   2018/10/13 04:12:56 ID:J1HlVEG5F2

最近お通じがないという歌織さんのア◯ルを指で突っついてあげていると、今日はボーカルレッスンで汗をかいたのでいつもより汚れてるからダメですって恥ずかしそうに耳元で囁かれて、じゃあ舐めて綺麗にしてあげますって言って指を突っ込んで掻き回してお通じを促進してあげたい
そして汚れた指の匂いを堪能してから、歌織さんに舐めて綺麗にしてもらって、歌織さんの吐息と唾液からその匂いを感じながらディープ◯スして味を共有したい
今度はぷっくりと膨らんで硬くなった突起を指で弄ってあげながら、朝にあったボーカルレッスンでじっとりと蒸れてそのまま放置されたア◯ルの熟成された濃厚な匂いと味を、皺の間にこびりついた汚れも舐め溶かして綺麗にしてあげながら味わいたい
そうしていると先ほど刺激されて我慢できなくなった歌織さんに、下品な音を轟かせながら放屁されて、その湿り気を帯びたまとわりつくような腐敗臭を浴びせられて、お淑やかな彼女のものとは思えないほどの強烈な匂いにむせ返りそうになりながらも肺をいっぱいに満たしたい
自分でも匂いを嗅いで恥ずかしがりながら謝る歌織さんにお仕置きにと、さらに硬く膨らませている突起を強く摘んで捻るようにして少し乱暴に弄ってあげながら、すでにぐしょぐしょに濡れている前の穴を指2本でぐちゃぐちゃにかき混ぜてあげたい
何度も潮を吹く歌織さんにその飛沫を浴びせられて、さわやかな塩気を味わいながらさらに激しくしてあげると今度はお漏らしされて、しばらく溜め込んで濃縮された強いアンモニア臭と喉にまとわりつくような塩気と苦味を堪能しながら飲み干してあげて、最後の一口は歌織さんに口移しで飲ませてあげて、ディープ◯スしながら匂いと味を一緒に堪能したい

889 : そなた   2018/10/17 08:38:44 ID:FgayvKIHmE

目が覚めるとやよいが布団の中に潜り込んでしゃぶってる、そんな朝を迎えたい
特濃のおはよう朝ご飯をひり出してしっかり噛んで味わわせたい
トイレに行くのが億劫なので、そのままやよいに朝一番おしっこを飲ませたい

890 : Pさぁん   2018/10/19 10:23:27 ID:b0KkQh7p9I

星梨花のつるつる処女マ○コを、有無を言わさず一気に貫きたい

ギッチギチの肉圧を掘削しまくって最初は痛覚だけだったのが次第に未知の快感に包まれていくのを表情の変化で感じ取りたい

量産しまくった精○を奥の奥でブチ撒けて、箱崎の優秀な血筋で自分の遺伝子を残せる優越感に浸りつつ、現役JCアイドルを屈服させた征服感に浸りたい

891 : プロデューサーさん   2018/10/19 11:59:32 ID:og3MEJK.XU

レッスン終わりの歌織さんの脚をマッサージしてあげてたら、Sに目覚めた歌織さんに汗で蒸れた足のツンとした匂いを嗅がされて、指の間の汗を舐めさせられたい
そしたら勃◯してるのがばれてもう片方のつま先でツンツンと突かれて、Sっ気たっぷりな顔を近付けてレッスンで濃くなった口臭を吹きかけられながら自分で弄ってるところを見せるように命令されたい
歌織さんにもう片方の足を差し出されて、改めて匂いと味を堪能しながら自分のを扱いていたら、ロー◯ョン代わりにと歌織さんに唾液をかけられて、その匂いとヌルヌルにさらに勃◯させたら、これが好きなの?って言われて鼻にディープ◯スされて、濃厚な口臭と唾液臭に我慢できずに射◯して、歌織さんの脚にぶっかけてしまいたい
そのお仕置きに仰向けに寝かせられて、唾液と精◯でグチャグチャにされながら足で粗雑に扱かれて、2〜3回連続で射◯させられて、最後に歌織さんが飲みなさいと言ってパ◯ティを横にずらしてオ◯ッコをし始めて、強いアンモニア臭と濃い塩気に堪らず途中で噎せてこぼしてしまって、またそのお仕置きにとティッシュ代わりに綺麗に舐めさせられてたい

892 : おにいちゃん   2018/10/19 16:36:15 ID:vIp/T32M/I

休日出勤で疲れたところで環に無邪気に声を掛けられたい
自主レッスンで劇場に来ていた環の笑顔と、汗で濡れたドスケベJ〇ボディに日中なのに性欲がビンビンになってしまって魔が差したように環を射精のパートナーとして利用したい

誰の耳目も周囲にないことを確認したうえで暗がりの給湯室の隅で「マッサージ」と称して環におちん〇んを揉みほぐしてほしい
疲労とストレスの反動で膨張したペニ〇は、ズボンの上からでも環の無垢で不器用な愛撫にすぐさま反応を示してしまい「お、おやぶん?これ大丈夫なの?」と環に心配されるけれども「大丈夫。気持ちいいから、このまま続けて環、続けて…!」と哀願に片足を踏み入れるような情けない声でマッサージの続きをお願いしたい

痛気持ちよくてもどかしい欲望が爆発して「環、イヤじゃなければいいから、頼む…」とおもむろに下を脱いで、戸惑いながらもPに頼まれたことで断れない環の優しさに付け込んで直に手コキをしてもらいたい
環のやわらかおててに恐る恐るしごかれながらついに我慢の限界を迎えた愚息からこってりとした濃厚な大人ザー〇ンを吐き出して環を困惑させてしまいたい

893 : 我が友   2018/10/19 16:43:58 ID:vIp/T32M/I

「ごめん、本当にごめんな環」と謝りながらも精〇が少しかかってしまった環の戸惑いの表情と、彼女に手づから〇精させてもらったという事実に興奮を強めて更に勃〇したい

流石の環も近年の小〇生への教育からわいせつとか性〇為のこととかの知識はあるから「おやぶん……こ、こういうのって本当はいけないんじゃないかな」と怪訝な顔で訊かれたい
〇精の後でやや冷静になってるのもあって、良心の呵責に苛まれるけど環で性欲を解消することへの誘惑には勝てずに「確かに、今してもらったのはいやらしいことかもしれない。けれど、俺と環くらいに仲のいい男女なら遅かれ早かれ経験することなんだよ。とはいえ、いきなりのことでイヤな思いさせちゃってごめんな」と謝罪風のごまかしで環のPへの親愛を利用したい

戸惑いは消えないままでも大好きな"おやぶん"から直接仲良しって言ってもらえたことに気をよくした可愛い環が「ううん、大丈夫! でもこのおし〇こ、白くてべとべとで気持ち悪いよ…」と自分にかかった〇液をいじる姿に思わず〇起を強めて「環。マッサージ…もう一度お願いできるかな?」と声をかけたい

894 : 彦デューサー   2018/10/20 01:05:26 ID:xMGgbgErpU

読書中に眠ってしまった百合子がソファに沈んでいる。
百合子でもこういう事があるのかと思い近づくと、いつものヘソ出しどころか下乳がコンニチワするほど上着がめくれ上がっている。

こんな(普段は色々やかましい)美少女が無防備にしていて何もしないのは男の名が廃ると思い、行動開始。
寝息を立てる百合子の唇を奪う。間近で見ると本当に綺麗だ。こんな女で俺の種を残せるなら本望だ。
舌から搾り取るように百合子の唾液を摂取し、お返しに興奮で分泌し続ける俺の唾液を飲ませる。
愛の営みを思わせてますます興奮が高まる。

スカートをめくり、パンツを脱がしてマ○コを発見。
全国の男性ファンが密かに種付けを目論んでいるのであろう、現役アイドルJCの処○マ○コ。
再びキスをしながら、行動のきっかけとなったおっぱいをまさぐりつつ、未成熟雌穴をまず指で掘削。

『ほーら百合子、起きないとこのチ○ポで処女奪っちゃうぞー?』
顔にチ○ポを擦りつける。忠告は小声過ぎて、これらの行動はこれから自分の雌にするのだという意思表示でしか無い。

895 : プロデューサーはん   2018/10/20 01:05:43 ID:xMGgbgErpU

>>894の続き
キ○タマも擦りつけてひとまず満足し、先走りも分泌されたところでいよいよ処○マ○をご馳走になる事にした。
膜を破ると流石に百合子の表情がゆがんだが、それでも起きない。子○口に先端がぶつかり、処○を奪った事を実感する。
誰もが挿入を憧れ、これからも挿入し続けるのは俺ただ1人。挿入の反発で迫る肉ヒダの圧や温度も良いが、その優越感だけで頭がおかしくなりそうな程興奮する。

今度はチ○ポで未成熟雌穴を掘削。かき回す度に百合子が甘い声を上げ、ソファの軋みが伝わる。
百合子の反応はともかく、決して快音とは言えない軋み、体格で劣る者にのしかかって腰を打ち付けるこの行為は暴力を思わせる。
実際、無許可で現役JCの処○奪って種○けまで狙っているのだから暴力と言っても過言では無い。
だが、この快感の中ではそんな事実はむしろその快感を高める為のアクセントに過ぎない。
ただでさえ力で劣る雌の純潔を、寝ている間に雄が勝手に力尽くで奪う。その背徳感が堪らない。

『○精(だ)すぞ百合子!種○けするぞ!俺の○種で○め!○め!妊○しろ!』
百合子の身体を抱き寄せ、ありったけの思いを込めて○内○精。
普段自らの手で絞り出している時とは比べものにならない量と濃度の精○が解き放たれる。
脈打つ度に「○め」と呟き、吐○。子○口と零距離の吐○。確実に精○は目的地付近まで届いているはず。

896 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/20 01:06:01 ID:xMGgbgErpU

>>895の続き
しかし、アイドル種○けに成功した事実、そして継続可能な現状、そして受○の可能性を少しでも高めたいという思惑が一致し、そのまま第二回戦に突入。
今度は百合子の体勢をうつ伏せに代え、百合子のウエストをガッチリ掴んでピストンを再開する。
動物扱いの如き体勢に、攻撃本能全開で突きまくる。純潔で高嶺の花であるアイドルを無残に征服する実感がこみ上げてくる。
そのせいで、第二射まではあっという間だった。

やはりキ○タマは出し惜しみしていたようで、まだまだ十分な量がひり出せた。少なくとも子○が満たされる程度には出せたであろう。
引き抜くと、精○の粘性に従って、子○に入らず溢れた分と破○の血が混じってぬるりと垂れ出てきた。
チ○ポとその混合液を結ぶ白糸が、俺が七尾百合子を征服したのだと物語ってくれる。

種○け完了。幾ばくか経って、妊○に気づいたら百合子はどんな顔をするのだろう?今から楽しみ「おい百合子」ホッペギュムー

897 : ぷろでゅーしゃー   2018/10/20 01:06:31 ID:xMGgbgErpU

>>896の続き
百合子「な、何ですかプロデューサーさん!?これから数ヶ月後の私の独白シーンが……!」

P「俺が悪かったからもう止めなさい。第一段落みたいなシチュエーションで思わず百合子の身体弄ってたら目を覚まさせてしまったからと言って、第二段落以降の妄想ワールドをを展開するのは。」

百合子「もー!プロデューサーさん、寝てる女の子にいたずらなんかしちゃダメですよ!」


百合子が腕に抱きついてきて、上目遣いで続ける。


百合子「起きてる間なら、プロデューサーさんの赤ちゃん、いっぱい作ってあげますから♥」


こんな事言われて早速百合子と赤ちゃん作りにいそしみたい。

898 : バカP   2018/10/26 06:52:06 ID:lOJ52B6quY

パイセンの男慣れしてないJSロ◯マ◯コに生ハメして◯ナホ感覚で扱いたい
◯宮口に触れるどころか◯宮に入り込むくらい深々と突きまくって遺伝子を直注ぎして◯ませたい

899 : ご主人様   2018/10/26 22:26:42 ID:bDmjlJunNA

寝てる美希の身体中にチ○ポ擦りつけてマーキングした後生○メして天才美少女JCアイドルで遺伝子残したい

900 : 彦デューサー   2018/10/28 17:06:44 ID:iHoh6F8y3k

下着姿の育ちゃんのケツを一日中揉みしだきたい

901 : 彦デューサー   2018/10/30 07:30:18 ID:np0HStvb0Q

危ない日を狙ってやよいのJC処◯◯ンコにぶち込みたい
女の成長に無自覚なドスケベボディをいじくり回しながら、キツキツであったかくて◯液たっぷりの極上◯リ穴を専用チ◯ポケースに仕立て上げたい
◯ナ禁で溜め込んだ精◯をありったけ注ぎ込んで確実に妊◯させたい

902 : プロデューサーちゃん   2018/10/31 22:01:48 ID:bNTsOZTBZQ

レッスン後の環のお股付近で深呼吸したい

903 : プロデューサーさん   2018/11/01 06:51:54 ID:VYHwvtvbbw

百合子にチ〇〇ス掃除させたい
皮の中のを抜けた毛ごと全部舐め取らせ、口の中に雄臭を染み込ませるようによく咀嚼させたい
ちゃんと飲み込んだ証として開け広げた口に小◯を注ぎ込んで残りカスと混ぜ合わせて飲ませたい

904 : プロデューサー様   2018/11/03 05:01:40 ID:Gc30heIVDY

トイレから戻ってきた歌織さんに、ちゃんと綺麗に拭けてる課確認してくださいって言われて、手で広げたア◯ルを見せつけられたい
未処理の密林で蒸れた汗臭にあわせて、わざと拭き残した汚れを鼻に押し付けられて強烈な腐敗臭を嗅がされて、少し匂いが残ってますねって答えたら、じゃあ舐めて綺麗にしてくださいって言われて、口にア◯ルを擦り付けられて濃厚な苦味を味わわされたい
こちらもお願いしますって言われて、今度は深く生い茂った密林の奥のワレメを鼻に押し付けられて、こもった汗臭やアンモニア臭やチーズ臭の混じった複雑で濃厚な雌臭を嗅がされて、かなり匂いが濃いですねって答えたら、実は昨日お風呂に入らなかったんですって言われて、そのまま口に押し付けられて、隙間の奥に白くこびりついた汚れも舐め溶かしながら塩味や酸味や苦味の混じったむせ返りそうなほど濃厚なのを味わわされたい
せっかくだからと言って腋や足も嗅がされたり舐めさせられたりしていると、ずっと勃◯させていたソレをズボンの上から撫でられて、ひょっとしてこんな変態なことが好きなんですか?って言われて、浴びせられた朝からのレッスンで濃くなった歌織さんの口臭を嗅ぎながらさらに勃◯させてしまって、本当に困ったPさんですねってわざと吐息を嗅がせるようにしながら言われて濃く粘ついた唾液でねっとりと鼻◯ェラされて、そのツンとくる濃厚な唾液臭に堪らず射◯してしまいたい

905 : 彦デューサー   2018/11/03 05:02:28 ID:Gc30heIVDY

ビクビクと脈打つそれに気付いた歌織さんに、あらあらって半ば呆れるように言われながら汚してしまったズボンとパンツを脱がされて、今度は私が綺麗にしてあげますねって言われて、勃◯したままの◯子塗れのソレを口に咥えて強く吸われて、その刺激に我慢できず歌織さんの口の中にぶちまけてしまいたい
そのまま飲み込んだ歌織さんに、味も薄いし量も少ないですねって叱られて、だからお仕置きですって言われて顔の上に座られて、全部飲んでくださいねって言われて開けた口に半日我慢して濃くなった尿を流し込まれて、あまりの濃さにむせ返りそうになるのを堪えながら飲み干したい
そうしながら再び勃◯してしまって、それを見た歌織さんに今度は自分でして見せてくださいって言われて、口に残る塩味と鼻に残る歌織さんの唾液臭を感じながら自分で扱くとすぐに達してしまって、でも3回目で量も少なく勢いもない、萎み始めたソレからただ垂れ流すだけの射◯をさせられて、そんなだらしないのは射◯って言いませんよ?って叱られたい
仕方がないので私が手伝ってあげますって言って、歌織さんに唾液でヌルヌルにした手で痛いほどに乱雑に扱かれて、歌織さんにされて興奮したおかげで激しく達してしまって、最後の1滴を歌織さんの手の中に放出して空っぽになって、こんな量じゃノーカウントですねって言われながらそのまま休まずに延々と扱かれ続けたい
そして夜遅くなって、続きは明日ですねって言われてその日は終了して、次の日にまだ回復しきっていない敏感なソレを朝から扱かれて、射◯しても今日は10回射◯するまでやめませんって言われてそのままやめずに延々と扱かれ続けて、もう使い物にならなくされてしまいたい

906 : 我が下僕   2018/11/03 12:49:05 ID:nx..0onMJw

おままごとスレと悪魔合体させるなよ!絶対だぞ!!(フラグ)

907 : プロデューサー様   2018/11/04 12:36:02 ID:SYYM2h9bsM

スレまるまる消化しそうで草
いいぞもっとやれ

908 : 彦デューサー   2018/11/04 20:16:59 ID:4/Z1QVb6/A

もはや長文ニキのSSスレになってて草

909 : プロちゃん   2018/11/05 08:00:19 ID:nmeKmfJjO2

レッスンを終えた可憐が、自分の匂いをしきりに嗅いでいる。汗の匂いが気になるようだ。
すると、自分ではなかなかわからないので、嗅いで確認してほしいと言ってきた。レッスンで濃くなった可憐の吐息の匂いですでに勃◯しそうなのを懸命に堪えて平静を装う。
まずは腋の匂いを確認する。ポツポツと生えた腋からツンとした生暖かい匂いが漂ってきて、思わずむしゃぶりついてしまいそうになるのをぐっと我慢するが、勃◯は我慢できず、ズボンはすでにテントを張ってしまっている。
それを知ってか知らずか、可憐がよかったらここも嗅いでくださいと言いながら、大きくていやらしいお尻を突き出してきたので、我慢できずにパ◯ティの上から顔を埋めて深呼吸すると、ほんのり黄ばんだ部分から熟成された分泌物の酸っぱい匂いが漂ってくる。
すると可憐がごめんなさいと急に謝るので何事かと思っていると、突然顔にお尻を押し付けられ、下品な破裂音とともに火傷しそうなほどの熱いガスが顔に吹きかけられた。反射的に顔を離してしまったが、ほどなくして硫黄のような腐卵臭が鼻にまとわりついてくる。不快な匂いだが、可憐が発したのだと思うととても愛おしく、何度も嗅いでしまう。
可曰く、どうやら昨日からお腹の調子が今ひとつらしい。
これはお仕置きが必要だ。

910 : Pちゃま   2018/11/05 08:02:02 ID:nmeKmfJjO2

よつんばいの体勢にさせてお尻を突き出させる。大きなお尻がとても卑猥だ。
パ◯ティを脱がせると、内側が乳白色の分泌物でべっとりとひどく汚れており、先ほどパ◯ティの上から嗅いだ酸っぱい匂いがより強く立ち込めてくる。気になったので聞いてみると、昨日は疲れていたため家に帰ってそのまま寝てしまったらしい。自分の匂いに自分で悶々としていたのだろう、透明な粘液もべっとりとまとわりついている。さらにその後ろの部分には、茶色い粘液も少し付着している。どうやら先ほどの破裂音とともに少し出てしまったのだろう。
こんなに汚れたパ◯ティを大切なアイドルに履かせるわけにはいかないのでこのパ◯ティは没収すると言うと、可憐は顔を真っ赤にしながら何に使うんですか?といたずらっぽく尋ねてきた。仕方がないので、洗濯して明日返してあげると答えると、ここで綺麗にしてくださいと言って、先ほど脱いだばかりのパ◯ティを顔に近づけてきた。

911 : Pちゃま   2018/11/05 08:04:01 ID:nmeKmfJjO2

まずはこちら側から嗅いでくださいと言って、表側の黄ばんだ部分を鼻に擦り付けられる。じっくり嗅いでみると、可憐特有の甘い汗の匂いが鼻腔をくすぐってくる。その近くからはアンモニア臭も漂ってくるが強くはなく、ほんのり香る程度だ。
少し位置をずらして、ここはどうですか?と可憐が聞いてくる。嗅いだ途端、一晩布団の中で蒸れて熟成された分泌物の酸っぱい匂いが布地を通して襲ってくる。
淫靡な匂いに、すでに勃◯したソレはカ◯パー液で自分でもわかるほどにドロドロになってしまっている。可憐はおそらく、その嗅覚で勘付いていることだろう。そう思うと、背徳感が興奮を助長し、カ◯パー液をさらに分泌させる。

今度はこちら側も嗅いでみてくださいと言って、内側の汚れた部分を見せつけられる。べっとりとこびりついた乳白色の分泌物と透明な粘液が、蛍光灯に照らされてぬらぬらと誘うように光っており、この距離でも酸っぱい匂いが漂ってくる。

(つづく)

912 : 兄ちゃん   2018/11/05 22:53:18 ID:A4ApM5T.RA

今回のイベントのスケベすぎる衣装着た環と野性的な性交に及びたい
当然ゴムなどという文明の利器は用いず、小○生○ンコにリビドーをぶちまけて妊○させたい

913 : そなた   2018/11/06 06:23:18 ID:ErDbvn/bSs

誕生日を迎えたパイセンに初◯が来てるか確認したい

もし来てたらパイセンの現役JSアイドル処◯◯リマ◯コに生◯メして征服感溢れる妊◯確定◯ませ種◯けプレスをかまして優秀な遺伝子をプレゼントしたい

もし来てなかったらパイセンの現役JSアイドル処◯◯リマ◯コに生◯メしてオ◯ホ扱いするかのような対◯座位セ◯◯スをかまして専用チ◯ポケースになる名誉をプレゼントしたい

914 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/06 10:14:49 ID:ibXzpfz902

起きたばかりで寝ぼけている歌織さんに指を差し出して指◯ェラしてもらいたい
指の根元まで寝起き特有のねばついた唾液を舌の表裏両面でねっとりと絡ませられて、時折もれてくる吐息とともに夜の間に濃くなった鼻にまとわりつくような生暖かい口臭を浴びせられながら、掌に垂れてくる少し泡立った唾液のツンとくる匂いをスンスンと鼻を鳴らしながら嗅いでいたい
そして歌織さんに鼻◯ェラされて、濃厚な口臭とねばついた唾液を鼻の穴にまでしっかりと染みつけられて、その匂いを堪能しながらディープ○スで唾液を流し込まれて、顔を歌織さんの口臭と唾液でドロドロにされながら知らずのうちに射◯してしまっていたい

いつの間にかすっかり目覚めていた歌織さんに、そのままズボンを脱がされて汚れたソレを綺麗にしてくれながら目の前にお尻を見せtけられて、我慢できずに顔を埋めたら匂いが思いのほか強く、顔を離そうとしたら歌織さんにお尻を押し付けられてそのまま顔の上に座られて、「実は昨日疲れていてそのまま寝てしまって」と言う歌織さんに一晩熟成された2日分の濃厚なチーズ臭を嗅がされて、そうしているうちに再び達してしまったのを歌織さんに口で受け止められたい

すると「やっぱり2回目は薄くて少ないですね」と言う歌織さんに、そのまま口で吸引されて、ほどなくしてまた達してしまって、「すこし早くないですか?」って楽しそうに言われながら手で扱かれ続けて、そのまま昼頃まで延々と搾り取られたい

翌朝は昨日のお返しにと、指◯ェラされて歌織さんの唾液でドロドロになった指を歌織さんのア◯ルに突っ込んで掻き回してお通じを促進してあげて、トイレに行かせてほしいと言う歌織さんをパ◯ティを履かせたままお風呂に連れて行って、準備しておいた大きな鏡の前で後から膝ごと抱きかかえて、鏡越しに本人にも丸見えな体勢にしてあげて、そのままお漏らしさせてあげたい

915 : 我が下僕   2018/11/06 10:15:05 ID:ibXzpfz902

緊張からか少し汗ばむ歌織さんが小さく「あっ」と声を上げると続けて破裂音が響き、ほんのりと漂ってきた腐卵臭を、スンスンとわざと大きく鼻を鳴らしながら嗅いであげたい
顔を真っ赤にして恥ずかしがる歌織さんが今度は「出ちゃいます」と言うと、少し空気の混じったメリメリという汚らしい音を立てながら、液状のソレが歌織さんの清楚で上品なパ◯ティを下品な褐色に染めていく様子を、鏡越しにスマートホンで撮影しながら凝視していたい
「最近お腹の調子が良くなくて」と耳まで真っ赤にしながら歌織さんが言うので、「すごい匂いですね」と言って、段々と濃くなってくる腐卵臭と鼻を突く酸っぱい匂いを、歌織さんに聞かせるようにこれでもかと鼻を大きく鳴らしながら吸い込んで、肺をその匂いでいっぱいにしながら堪能したい

歌織さんに撮影したばかりの動画を大音量で見せてあげると、それを見ながら歌織さんが「また出るっ」と呟くと、今度は大きな破裂音とともに固形状のものが出てきたようで、盛り上がったパ◯ティの隙間から褐色のソレが覗いている
すっかり緊張も解けたのか、シャーと勢いよく溢れる尿が、パ◯ティを薄黄色に染めていく

916 : プロデューサーはん   2018/11/06 10:15:18 ID:ibXzpfz902


それにしても、清楚な彼女に似合わないほどのひどい匂いだ
しかも、このスリムな体のどこにため込んでいたのかと思えるほどの量に少し驚く

充満する腐卵臭とほんのり漂うアンモニア臭に、知らずのうちに歌織さんの背中に擦りつけていたようで、いつのまにか射◯してしまっていた
歌織さんの背中が白いものでべっとりと汚れている
それに気づいた歌織さんが「明日は私の番ですね」と言う

その淫靡な表情と吹きかけられた口臭に、再び勃◯してしまった....

917 : プロちゃん   2018/11/07 06:30:48 ID:mkaJIwxBAY

やよいを四つん這いにして腰をホールドして獣同然の激しい抽送をお見舞いしたい
密度バッチリミミズ千匹キツキツホカホカ現役アイドルJC処◯ロ◯マ◯コをグチャグチャかき回してチ◯ポの形をしっかり覚えこませて服従を誓わせたい
最後はうつ伏せで寝そべって床◯ナ感覚でより激しくピストンでフィニッシュに持っていき特濃遺伝子妊◯汁をたっぷり注ぎ込んで確実に◯ませたい

918 : ごしゅPさま   2018/11/07 08:53:02 ID:8AF8uXQUs2

可憐の大きなお尻を鷲掴みにして広げたり捩ったりして楽しんだ後、パ◯ティの上からア◯ルをグニグニと弄って、そのままパ◯ティごとア◯ルに中指をグリグリと食い込ませてあげて、指に付いた微かな匂いを嗅いで見せつけてあげたい
そしたら「そんなの嗅がないでください」と言うので、パ◯ティの隙間から手を入れてその中指をそのまま何の潤滑もなしにア◯ルに一気に根元まで突き立ててあげたい
しばらく中で指を曲げ伸ばししながら腸内物の感触を指先で楽しんでから、ゆっくりと出し入れしてあげたい
指を出し入れするたびに引きずり出された少し緩めの腸内物から漂ってくる腐卵臭に似た独特な匂いを、顔を近づけて鼻をクンクンと鳴らしながら嗅いであげたい
徐々に匂いが濃く強くなってくるのを感じながら、人差し指も追加して、ヌメヌメと指に絡みついてくる腸内物を潤滑代わりにしながら、指2本で激しく抜き差しして掻き回してあげたい

919 : ぷろでゅーしゃー   2018/11/07 08:53:08 ID:8AF8uXQUs2

前の方も弄ってほしいと切なげにおねだりしてくる可憐に、前は明日までおあずけと答えて焦らしてあげながら、腸内から可憐の敏感なポイントを刺激してあげると、ほどなくして達してしまった可憐がお漏らしを始めてしまった。
ギュウギュウと指を締め付けながら、可憐の尿がパ◯ティを濡らし、溢れた尿が太ももを伝っていく。トイレに行ってから時間がたっていたのか、とても色が濃く、強いアンモニア臭が鼻を突く。ついに我慢できず、可憐のいやらしく肉付いたふとももにむしゃぶりつき、伝う尿をすする。濃厚な塩気と苦味が喉に絡みつく。

お漏らししたお仕置きにと、ア◯ルに入れたまま2本の指を、乱雑に激しく抜き差しする。
ほどなくして可憐は、今度は透明な潮を吹き散らしながら再び達してしまったようだ。
「少し休ませてください」と言う可憐をよそに、指をギュウっと締め付けてくるのに抗いながら、そのまま続けて抜き差しすると、可憐は三度達してしまった。

可憐のア◯ルから指を抜き去り、可憐に見せつけてあげる。
人差し指と中指には、粘り気のある褐色の汚れがねっとりと纏わりついており、強烈な腐卵臭を放っている。
一部は手のひらを伝って手首まで流れ落ちている。思っていたよりも緩いようで、腐卵臭が強いのはこのためだろうか。

可憐は自分の腸内物の匂いを嗅がされて顔をしかめている。
自分も顔を近づけて、可憐と一緒に嗅ぐ。まさしく鼻が曲がりそうな匂いだが、可憐のような美少女の匂いだと思うと、興奮をより掻き立てられる。実際に、自分のソレは痛いほどに勃◯してしまっている。

920 : Pしゃん   2018/11/07 08:53:14 ID:8AF8uXQUs2

褐色に塗れた人差し指を可憐に差し出すと、少し躊躇した後、いやらしくそれを舐め始めた。
可憐は舌の表や裏を使って、誘うような目を向けながら舐めている。その生温くねっとりとした感触が指をくすぐり、さらに興奮を掻き立てる。

そのまま可憐に顔を近づけ、可憐の唾液に塗れた人差し指の匂いを可憐と一緒に嗅ぎながら、同じく褐色に塗れた中指を挟んでディープ○スするようにしてその汚れを可憐と一緒に味わう。
腐敗臭に混じる可憐の唾液臭と強い苦味に鼻と舌を襲われながら、同時にそれらを堪能する。
自分のソレは、もう我慢できないと訴えるようにビクビクと脈打ちながら、溢れるカ◯パー液で自分でもわかるほどにヌルヌルになってしまっている。

味わいつくした後も、しばらく可憐とディープ○スを楽しむ。
すると可憐は徐にパ◯ティを脱ぎ、その内側をこちらに見せつけてきた。
「汚れちゃったので、これは差し上げますね」

可憐は着替えてレッスンに行くと言い残して可憐は部屋を出て行ってしまった。
受け取った可憐のパ◯ティは先ほど彼女が漏らした尿でぐっしょりと濡れており、今なおアンモニア臭をあたりに漂わせている。
指を押し付けてア◯ルに食い込まされた部分は褐色に汚れており、その前の部分には透明な粘液がべっとりと付着し、いやらしく光っている。

921 : おにいちゃん   2018/11/07 08:53:19 ID:8AF8uXQUs2

情けないことに、この状況に我慢できるはずもなく、そのパ◯ティを自分の顔に押し付ける。アンモニア臭に混じる、褐色の汚れから腐敗臭を、透明な粘液からその独特な酸っぱいような匂いを嗅ぎ分ける。咥えて吸ってみると塩気に混じって苦みや酸味が染み出てくる。
そして、可憐の尿と粘液で汚れた顔には気にも留めず、今度はそのパ◯ティで自分の勃◯したソレを包み込んで扱き始めた。

すでに自分のカ◯パー液でヌルヌルになっていたソレにパ◯ティの布地のザラザラ感や可憐の粘液が加わり、ぐちゃぐちゃという卑猥な音も相まって強烈な快感に襲われ、可憐のパ◯ティで扱いているという背徳感も合わさりすぐに達してしまったが、ドクドクと脈打ちながら射◯している間も手を休めることなく扱き続ける。
パ◯ティからはしみ込んだ尿が床に滴り落ちている。そんな光景や自分の精◯の感触も加わり、1度達して敏感になったソレはものの数十秒で再び達してしまう。それでも勃◯は治まらず、自分の指に残る可憐の唾液臭と汚臭を嗅ぎながら、さらに2回立て続けに達してしまった。

部屋の中央に立ったまま、パ◯ティ越しに自分のソレを握る自分の手と、パ◯ティの隙間から垂れ落ちる自分の精◯ををぼうっと見つめる。いわゆる賢者タイムというやつだ。
4回も連続で達してしまい、自分のソレは小さく萎え始めている。とても敏感になっており、試しに少し擦ってみると触ると痛く感じてしまうほどだ。さすがに5回目は無理だろう。ひょっとしたら2、3日は控えたほうがいいかもしれない。

興奮から覚め、疲労感がどっと押し寄せてくる。
椅子に座ろうと顔を上げたとき、先ほど部屋を出て行ったはずの可憐がそこに立っていた.....

922 : プロデューサー殿   2018/11/07 08:54:18 ID:8AF8uXQUs2

(5回連続で致したらどうなるのか一度試してみたい....)

923 : おやぶん   2018/11/08 06:51:25 ID:EyJ7RSotz2

やよいのつるつるロ◯マ◯コを愛情たっぷりにガッツリ◯ンニしたい
◯んぐり返しの態勢のやよいの腰を抱いて、くっきり縦スジを舌で丁寧になぞりたい
中が見えるように拡げて初◯膜の存在を確認し、これからこれを奪うのだという期待を込めながら中を唾液と◯液べっとりに濡らしたい

しっかりほぐしたら、現役JCアイドルの最も守られるべき領域に踏み込んだ背徳感と優越感、やよいの嬌声で我◯汁をたっぷり分泌し、その領域を無残に犯す為に力強く隆起したそれをゆっくりと挿入していき、出来るだけ苦しむ事のない処◯喪失を迎えさせたい
入口の狭さ、ヌルヌルホカホカ肉ヒダたっぷりミミズ千匹の絡みつきでキツく締め付けるロ◯マ◯コを専用チ◯ポケースに仕立て上げるべく、最初はゆっくり、次第にだんだん激しく、神聖な領域を自分勝手に開拓したい

最後は妊◯確実特濃遺伝子塊を注ぎ込み◯ませる事で、万人に愛され、年齢的にも決して種◯けが許されないアイドルに種◯けする使命と資格を帯びた特別な雄である事を実感したい

924 : プロデューサーさん   2018/11/08 09:36:57 ID:8kmv0E0tCA

桃子先輩とこのみさんに、よつんばいでお尻を手で広げた体勢でア◯ルを見せつけられて、嗅がされたり舐めさせられたりして比較解説させられたい

桃子先輩のは褐色に色づいていて産毛のような隠毛がうっすらとその手前まで生えており、本人によくマッチしていてとても可愛らしいア◯ルだ。顔を近づけると、爽やかな汚臭とともに、前の方からツンとしたアンモニア臭が漂ってくる。よく見ると、ア◯ルの皺の間にいくらか拭き残しが挟まっており、前のワレメはピタリと閉じられている。そのワレメを指で開くと、より強いアンモニア臭があたりに広がる。
そんな光景と漂う匂いに、自分のソレはすでに痛いほどに勃◯し、ズボンにテントを張ってしまっている。

一方、このみさんのは濃い褐色で毛がその周りにまで生い茂っており、見ただけで匂ってきそうだ。本人の見た目にはアンマッチな、とてもアダルティで卑猥なア◯ルだ。顔を近づけると、濃厚な汚臭が鼻にまとわりつき、前の方からは同じく濃厚なチーズ臭が鼻を襲ってくる。よく見ると、ア◯ルの皺の間に拭き残しが挟まってており、一部はその周りに付着している。前のワレメからは黒ずんだビラビラがだらしなくはみ出し、乾いた分泌物が白くこびりついている。本人曰く、昨夜は酔いつぶれて莉緒さんの家に泊まったので、お風呂にも入らずそのまま来たらしい。どうりで、今朝会った時の服装が昨日と同じだったわけだ。
そんなこのみさんは立ち上がって自分を床に座らせると、ガニ股になって目の前で2日分の汚れが溜まったワレメを指で開いて見せつけてくる。チーズ臭にアンモニア臭の混じった一段と濃厚な雌臭に我慢できず、このみさんの小ぶりなお尻を抱えるようにして、自分の顔を埋めた。
(つづく?)

925 : プロちゃん   2018/11/09 14:55:13 ID:TVBEKnRGoY

のり子とプロレスごっこしながら、時折豊満な胸元から漂ってくる革ジャンで蒸れた汗臭に全神経を集中させていたい
その隙にのり子に脇で頭を挟まれながら、捲った袖から覗く若干剃り残しのある腋を凝視していたい
そのまま窒息させようとするのり子に鼻と口を腋に押し付けられながら、革ジャンで蒸れたツンとくるきつめの腋臭と剃り残しのジョリジョリとした感触を堪能しながら、どさくさに紛れて腋汗の塩気と苦味を味わいたい

堪らず勃◯してしまったソレをなんとかごまかしながら続けていると、突然のり子が顔を近づけてきて「腋の匂い嗅いでたでしょ?」と誘惑するようなメスの顔で聞いてきたので適当に誤魔化すが、のり子がわざと浴びせてくる運動して濃くなった吐息と口臭に興奮して、自分のソレを痛いほどに勃◯させてしまう。
それに気付いたのり子に「新しい技を試させて」と言われて、いきなり電気アンマをされる。室内のため靴は脱いでいたものの、荒く乱暴な刺激にズボンも履いたままで達してしまう。
ソレが射◯しながらビクビクと脈打のを足の裏で感じ取ったのり子はその間も刺激を止めることなく、卑猥な笑みを浮かべながらさらに激しく刺激してくる。一度達して敏感になったソレが耐えられるはずがなく、そのまま立て続けにさらに2回も達してしまった。

乱雑に弄ばれ、短時間で3回も◯き果てたソレはすでに活力を失ってしぼみ始めている。のり子は「もう終わり?」とわざとらしく驚いて、「だらしないなー」と大きく呟きながらやっと足をどけてくれた。
ぶちまけられた◯子が、ズボンに大きなシミを作っていた.....

926 : そなた   2018/11/10 08:23:24 ID:EItQY3o9ME

育さんに歯磨きフ○ラされたい
歯ブラシのように扱われて歯と頬の裏の感触に包まれたい
遅れて出てきた特濃歯磨き粉を飲み込んでほしい

927 : 我が下僕   2018/11/10 09:29:44 ID:xA8ymetk0.

風花のぷにぷにと肉付いた剛毛マ◯コを指で掻き回して、指に纏わりついたマン◯スと陰毛を風花に舐めさせてあげる。
すると風花が顔をしかめるので聞いてみると「匂いも味も濃くて…」と言うので何故かと追及してみると、昨日は一日レッスンがあって疲れていたために帰宅してそのまま眠ってしまい、しかも寝坊したため着替えてもいないらしい。
通りで、先ほど脱がしたパ◯ティは汚れがすごかったわけだ。

風花に指をしゃぶらせたまま、もう片方の手で風花の純白のパ◯ティを手繰り寄せ、その内側を確認する。
その清楚で上品な見た目とは裏腹に、薄いクリーム色の分泌物がべっとりと広がり、その後ろ側にはこげ茶色の何かが擦れたような跡が付いている。試しに嗅いでみると、アンモニア臭と酸っぱいようなチーズ臭に思わず小さく声をあげてしまった。

それに気づいた風花に「そんな汚いの、嗅がないでください」と咎められる。すかさず、この茶色い汚れは何かとそれを見せながら聞くと、風花は顔を真っ赤にしながら「昨日そのまま寝たので、お腹が冷えちゃったみたいで…」と答える。駅から劇場までの途中で催してしまい、劇場まで我慢したが、ほんの少しだけ間に合わなかったらしい。

928 : おにいちゃん   2018/11/10 09:30:03 ID:xA8ymetk0.

そんな風花が可愛らしく軽くキスしてあげると、風花に仰向けに寝かせられ、特別にと覆いかぶさるようにして鼻◯ェラしてくる。
2日目の鼻に纏わりつくような生温かく濃厚な口臭を嗅がされながら、粘つく唾液で鼻の穴までねっとりと舐められ、ツンとくる唾液臭を染みつけられる。この匂いと感触だけで達してしまいそうになったが、何とか堪える。

お返しにと今度は風花を仰向けに寝かせてあげるると、顔に風花のパ◯ティを、丁度汚れが鼻に密着するようにして被せてあげる。
強烈な自分の匂いにむせ返る風花に、覆いかぶさるようにしてパ◯ティを挟んでディープ◯スする。
うっすらと黄ばんだパ◯ティの外側に鼻を擦りつけながら、パ◯ティ越しに風花の唾液を啜る。
パ◯ティに染み込んだ風花の甘い汗臭と強いアンモニア臭とともにやはり濃厚なチーズ臭を堪能しながら、風花の唾液で舐め溶かされた茶色い染みから微かに漂う汚臭と喉に絡みつくような苦味を風花と共有する。

風花の色んな匂いや味に自分のそれは痛いほどに勃◯している。
履いたままだったズボンを脱ぎ去ると、履き古された黒いトランクスがテントを張り、そこへカウ◯ー液が滲み出し白く泡立っている。

微かに残る風花の匂いと味についに我慢できなくなり、仰向けのままの風花のワンピースを捲り上げる。
風花が小さく悲鳴をあげるが、それがさらに興奮を助長させ、露わになった風花の剛毛マ◯コに自分の顔を押しつけた......

(つづく?)

929 : そなた   2018/11/11 07:40:16 ID:UzcR47yDeU

寝てる美希の上着とブラをずらして生パイを好き放題したい
吸ったり舐めたり揉んだり噛んだりしたらチ◯ポを挟んでオ◯ホ代わりにしてたっぷり寝顔にかけたい
出し終わったら自慢のパツキンでチ◯ポを拭きたい

930 : 箱デューサー   2018/11/12 00:52:08 ID:7ytzy7ANOo

やよいとただひたすら1日中イチャイチャしていたい
膝の上に乗せてキスしたり服の中に手を突っ込んで膨らみかけのおっぱいを直揉みしたい
身体中をペロペロしてチ○ポを擦りつけてマーキングしたい

931 : バカP   2018/11/12 04:03:15 ID:DlDIVZAzGQ

レッスンで疲れて居眠りしているジュリアの口を手で開いて、可愛い寝顔を眺めながら、レッスンで濃くなった口臭が生暖かい寝息とともにむわっと漂ってくるのを嗅いでいたい
開いたジュリアの口に鼻を近づけて濃厚な口臭をしばらく堪能した後、今度はジュリアの手を取って指をジュリアの口に突っ込んで、奥の歯茎や下の裏側の濃くて粘っこい唾液を掬い取って、その指に纏わりついた唾液のツンとくる濃厚な匂いを嗅いでいたい
一通り堪能したら元に戻して、何事もなかったように仕事に戻りたい

932 : プロデューサーちゃん   2018/11/12 09:58:24 ID:DlDIVZAzGQ

>>931
ジュリアの匂いを思い出しながら悶々としていると、ジュリアがやってきて声を掛けてきた。
相談があると言い、会議室に連れて行かれて2人きりになる。すると、ジュリアは「Pはこんなのが好きなのか」と言いながら自分の指を嗅ぎ始める。
そんなジュリアを見て戸惑っていると、顔を近づけてきて「もっといいコトしてやるよ」と言いながら口臭を嗅がされる。またレッスンがあったのか、頭がクラクラしてくるような一層濃く生温かい口臭に、不覚にも勃◯してしまった。
それを見透かしたような卑猥な笑みを浮かべるジュリアに、ペロリと鼻を舐められる。ツンとくる濃厚な唾液臭に、堪らずスンスンと鼻を鳴らして何度も嗅いでしまう。
これならどうだと、ジュリアに口で鼻を覆われ、ディープ◯スするかのようにねっとりと舐めまわされる。生温い口内に覆われて、濃厚な口臭に包まれる。唾液を鼻に擦り付けられて、その濃厚な唾液臭を嗅覚に染み込まされる。鼻から垂れてきたジュリアの唾液もこぼさずに啜り、その味に酔いしれる。

ジュリアの卑猥な舌遣いの感触と濃厚な匂いに襲われて、自分のソレはズボンの下でこれでもかと勃◯し、その存在を主張している。それに気付いたジュリアが、器用にベルトを緩めてズボンとトランクスを下ろすと、白い粘液に塗れたソレが露わになった。どうやら、自分でも気付かないうちに達してしまっていたらしい。先端からドロリと精◯が垂れ落ちる。
「そうだ」と言ってカチャカチャと自分のベルトも緩めだした。

933 : プロデューサーさん   2018/11/12 10:46:26 ID:DlDIVZAzGQ

徐に大人びた濃紺のパ◯ティを脱ぎ、目の前にかざしてその内側を見せつけてくる。
「今日は多い日なんだ」とジュリアは頬を赤らめて照れながら言う。パ◯ティには白い分泌物がべっとりと広がり、そのクリーム色と布地の濃紺とのコントラストが映える。酸っぱいチーズのような匂いに布地に染み込んだ汗と尿の匂いが混じりあい、ジュリアの可愛らしい外見には不釣り合いな野生的な雌臭が漂う。
「やっぱ多い日は匂いも強烈だな」と、ジュリアは自分のパ◯ティの匂いに顔をしかめている。
すると「ほら」と言って、その汚れを鼻と口に押し付けられる。少しひんやりとした分泌物がべちゃりと貼り付く。強烈な雌臭にむせ返りながらも何度も嗅いでしまう。口ではその汚れをちゅうちゅうと吸い、酸味や苦味や塩気が混じった味を堪能する。

すると不意にパ◯ティを引き剥がされる。鼻と口に付着した汚れの匂いと味に夢中で探りながら、名残惜しそうにそのパ◯ティを凝視していると、ジュリアが「これはこうやって使うんだ」と言って、パ◯ティを勃◯したソレの先端に当てがった。
パ◯ティで先端を包むと、ソレを手で覆って捏ねるように動かし始めた。先ほどの精◯と溢れたカウ◯ー液にジュリアの分泌物が混ざってグチャグチャと汚らしい音を立てながら、それらが混ざって泡立った白濁液がパ◯ティから溢れ出てジュリアの指を汚している。

934 : そなた   2018/11/12 12:07:08 ID:DlDIVZAzGQ

ジュリアに扱かれているという現実とその光景に、ほんの数十秒で達してしまう。ドクドクと吐き出した精◯が、ジュリアのパ◯ティに新たなシミをつくり、ジュリアの指を伝ってドロリと床に垂れ落ちる。
ジュリアは「ちょっと早くないか?」と半ば呆れながら、その間もひたすら先端を捏ねている。すでに2度達して敏感になっている先端に自分で吐き出した精◯の潤いが追加されて、続けざまに再度達してしまった。
ジュリアは「これはもうお仕置きだな」と、先端から根元までグチュグチュと粗雑に扱き始めた。再びジュリアの口に鼻を襲われ、ジュリアも興奮しているのか、熱い吐息とさらに濃くなった口臭を嗅がされ、こちらもさらに濃く粘り気を増した唾液を鼻に染み付けられると、それに我慢できるはずもなく、立て続けに3度達してしまった。

……もう頭がぼんやりとしてきて、何度達したのかわからなくなっている。しかし自分のソレは感触がはっきりとしており、何度も扱かれて痛みすら感じるほどで、すでに半分ほどに萎んでしまっている。
それでも「だらしないなぁ」扱き続けるジュリアが「次で最後にしてやるよ」と言ってソレを包んでいたパ◯ティを剥ぎ取り、手で直接掴んで扱き始めた。
ジュリアに素手で扱かれていると思うと改めて興奮が押し寄せ、活力を取り戻したソレをジュリアに容赦なく握りしめられて扱かれる。すでになったことで潤滑が減り、ギターのせいで少しゴツゴツしたジュリアの指先の感触が心地良い摩擦を伴って、乱暴に扱かれる痛みすら幸福に感じ、今日いちばんの快楽にすぐさま達してしまった。

935 : 我が友   2018/11/12 12:48:42 ID:DlDIVZAzGQ

そんな快感とは裏腹に、さすがに何度も達した後では、量も少なく色もほぼ透明で粘土も薄い。勢いにいたってはただ垂れ流すだけの有様だ。
ジュリアはそんな射◯を見て「情けないなぁ」と呆れ、「こんなのはノーカンだな」と言って再び乱暴に扱き始め、さらに2回搾り取られた。しかし射◯は情けない有様で、何とか維持していたソレもついに萎みきってしまった。
「ま、今日はこれくらいだな」と言って、ジュリアは自分の指についた精◯をペロリと舐める。「味も匂いも薄いな」と言って、「やっぱり美味しくないな」と顔をしかめる。

そんな彼女に今度は仰向けにさせられる。
「次はアタシの番だな」と言って、顔の両側に足を置いて顔の真上に立つと、そのまま途中まで腰を下ろしてくる。
すでに愛◯を膝まで滴らせているワレメが眼前に迫る。
ジュリアがワレメを指で開くと、左右に拡げられた未熟なビラビラの間から愛◯が糸を引いて垂れ下がってくるのを舌で掬い取り、独特で濃厚な酸味と苦味を味わう。ワレメの奥で蒸らされた、拭き残された尿のアンモニア臭がツンと鼻を突き、同じく蒸らされた汗や分泌物の匂いが広がる。まさしく雌の匂いだ。

「でもPはこっちの方が好きだろ?」とジュリアはいたずらっぽく笑みを浮かべると、少し体勢をずらしてお尻をこちらに寄せて、その程よく引き締まった肉を自ら鷲掴みにして左右に拡げる。中央の褐色のア◯ルも拡げられて、その内側の卑猥なピンク色の内側を見せつけられ、思わず見惚れてしまっていると、そこへほんのりと香ばしい香りがたちこめてくる。よく見ると、随分と拭き残しがある。すでに乾いて、皺の間に薄く茶色にこびり付いている。見るからに匂ってきそうだ。

936 : Pチャン   2018/11/12 14:19:24 ID:DlDIVZAzGQ

アイドルでありそれ以前に女性であるジュリアがこんなことではと心配になる反面、嗅いでみたいという願望が湧き上がってくる。
それを知ってか知らずか、ジュリアは「さっきトイレに行ったんだけど、せっかくだからと思って拭かなかったんだ」と言い、さらにア◯ルを近づけてくる。よく見ると、ア◯ルの周りに薄っすらと生えた陰毛にも茶色い汚れが絡み付いている。さすがにこれを嗅がされるのはと若干引き気味になっていると、ジュリアが「じゃぁ、まずは鼻からだな」と言って顔に腰を下ろした。

ジュリアの可愛らしいア◯ルに、自分の鼻がぬめりとした感触とともに嵌る。目の覚めるような、鮮明な汚臭が鼻腔を駆け巡る。思わず顔を背けようとするがままならず、呼吸するたびにジュリアの強烈な汚臭が襲ってくる。
いつしか、口で呼吸することも忘れ、貪るようにジュリアの汚臭を懸命に嗅いでいた。
ジュリアに「そんなにしたらくすぐったいだろ」と言われるほどに、息を荒くして嗅いでしまっていた。美少女のジュリアでもア◯ルはこんなに酷い匂いなのだという不釣り合いな現実に、堪らなく興奮してしまう。現に、萎えてしまったはずのソレが、再び痛いほどに勃◯しているのがわかる。

それに気付いたジュリアは「ガマンできなかったら自分でシテもいいぜ」と言いながら、小刻みに体を動かして鼻にア◯ルを擦り付け、ア◯ルの匂いを鼻に擦り付けてくる。そのたびに新鮮な汚臭が鼻を襲い、その匂いは衰えを見せない。堪らず自分で扱いてしまいたい衝動に駆られるが、なけなしのプライドが何とか抑え込む。しかし体は正直で、遂にはても触れていないのに達してしまい、垂れ落ちるほどの量も勢いもない情けない射◯をまたもや繰り返してしまう。

気が付けば、自分でジュリアの腰を掴み、ジュリアのア◯ルに自ら鼻を擦り付けていた……

937 : プロデューサー   2018/11/12 20:58:19 ID:DlDIVZAzGQ

桃子・環・育に蟯虫検査してあげたい

どさくさに紛れてじっくり観察したり、広げて内側も観察したり、匂いを嗅いだりしてあげたい
舐めるのはさすがに我慢するけど、指で触ってぬめぬめとした感触を楽しみたい
そしてトイレに駆け込んで、指に写った匂いや味を堪能しながら、ひとりで勤しみたい

後日勘付いた桃子に疑いの目を向けられて、汚いものを見るような目で見られながら尋問されたい
その間も、桃子の観察や匂いや味を思い出して指一本触れもせずに達してしまって、桃子の声を聞きながらその余韻に浸っていたい


こんなことに匂いで気付いた可憐に「私のでよければいつでも...」と言われて、手入れを禁止して周りまで生い茂った可憐のア◯ルを、遠慮なく毎日何度もいじってあげたい
そしてそのお礼にと、手を触れなくても射◯できるようになったところを毎回見せてあげたい
そんな関係を続けるうちに、もう可憐のア◯ルじゃないと射◯どころか勃◯すらしないような、狂った体になっていたい

938 : Pしゃん   2018/11/13 06:34:19 ID:2ZfurSMjG6

やよいの顔をチ◯◯スたっぷりチ◯ポでマーキングしたい
裏筋を片方の頰に擦り付けて、恥◯と抜けた陰◯をこびりつかせたい
残りの部分はやよいに舐め取らせて、恥◯と抜けた陰◯が乗った舌を突き出し開いた口めがけてお◯っこしたい
口の中でチ◯◯スを小◯にしっかり溶かし込ませて味わわせてから飲ませたい
現役JCロ◯アイドル美少女のその背徳感溢れる行為をオカズにシ◯って、征服の証をたっぷり顔にぶっかけたい

939 : 我が下僕   2018/11/13 08:37:40 ID:Ek7gPCZ3Iw

可憐に陰◯と脇◯の処理を禁止して約1カ月、今度は3日間入浴と着替えを禁止したい
そして並べた椅子の上に仰向けになって顔の上に可憐を跨らせて、はみ出た陰◯や黄ばみや漂ってくる匂いについて解説してあげたい
そしてそのまま顔の上に座らせて、染み込んだ尿のアンモニア臭や汗の甘い匂いや分泌物の酸っぱい匂いが混ざった複雑で鼻が曲がりそうなほど濃厚な雌臭に、嗅覚が麻痺してしまうほどに鼻を犯されたい
そのまま体勢をずらして、黄ばみの後ろ側にある薄っすらと茶色く染まった部分に鼻を押し当てて、香ばしく控えめな汚臭を堪能したい

そこで我慢できなくなって、可憐の生い茂った脇◯に鼻を擦り付けて、湿った脇◯の感触と鼻を突き刺すような強烈な腋臭を堪能しながら、勃◯したソレを可憐に手で扱いてもらいたい
もっと激しくするように言って、可憐のぎこちない手つきと痛いほどの激しさに、すぐに達してしまいたい
そこでSっ気に目覚めた可憐に、射◯している間も扱き続けられて、そのままさらに3回絞り取られて空っぽにされたい

可憐に「今日は匂いだけで終わっちゃいましたけど、明日はもっとすごいコトしてあげますね」と言われ、悶々としながら帰宅した……

940 : プロデューサー   2018/11/13 10:19:29 ID:Ek7gPCZ3Iw

酔いつぶれて寝てしまったこのみさんの、未処理の剛毛のワレメからだらしなくはみ出た卑猥に黒ずんだビラビラのに絡みついたマ◯◯スを、そのチーズ臭と苦味を堪能しながら、尿道から漂ってくるアンモニア臭も嗅ぎながらじっくりと舐め溶かしてきれいに舐め取ってあげたい
そして、同じく未処理の剛毛に囲まれた濃褐色のアナルを指で拡げて、皴の間にこびりついた拭き残しを舐め溶かしながらその香ばしい香りとほどよい苦味を堪能して、黒っぽいピンク色の内側の新鮮なぬめりの野性的な匂いと強烈な苦味を堪能したい
忘れずにクリ◯リスの包皮の内側に溜った汚れもきれいに舐め溶かしながら、その熟成された濃厚な苦味と塩気を堪能したい
その刺激でお漏らししてしまうこのみさんの寝起き特有の濃く熱い聖水を、強烈なアンモニア臭にむせ返りながらも飲み干してあげたい

そしてまだ濡れきってないこのみさんの使い込まれて程よく緩んだオ○◯コに一気にぶち込んであげて、口に残した聖水をこのみさんにディー○◯スして流し込んであげて、その濃厚な味を一緒に味わいながら、潤滑不足でぎちぎちとした感触に若干痛みを感じながらも遠慮なく奥まで乱暴にピストンしてあげて、1週間我慢した濃厚で大量な◯子をこのみさんの一番奥にぶちまけてあげたい

941 : プロデューサー殿   2018/11/13 10:19:45 ID:Ek7gPCZ3Iw

そして約2か月後にこのみさんに呼び出されて、一生をもって責任を負わされたい
それからは遠慮なく色んな器具を使ってあげて、オムツがないとダメなほどのだらしなく開ききっぱなしのア◯ルに仕立ててあげてたい
そして毎晩このみさんをまん◯り体勢にして、顔を真っ赤にして恥ずかしがるこのみさんのオムツの中の様子をじっくりと観察して健康状態を確認してあげてから、その汚れのぬ独特なぬめりを潤滑剤代わりにして、緩みきったア◯ルを激しくピストンして奥に射◯してあげたい
そのまま今度は指を突っ込んで掻き混ぜて前側の内壁を押し潰してあげて、尿の混じった潮を吹き散らしながらア◯ルから下品な音を立てて◯子と混ざった汚れを吹き散らす様子を、スマホで撮影して残してあげたい
最後は一緒にお風呂に入って、お湯で浣◯して中まできれいにしてあげて、シャワーの水圧や刺激で何度も達してしまうこのみさんをよそに前も隅々まできれいにしてあげたい

ベッドに入ると、お風呂で何度も達してしまってスイッチが入ったままのこのみさんに空っぽになるまで搾り取られて、翌朝にも2回戦ほど致してから、このみさんに新しいオムツを着けてあげたい

942 : プロデューサー殿   2018/11/14 06:59:13 ID:Id/hR.M5hU

やよいママの現役JCアイドルおっぱいをちゅぱちゅぱしながら手◯キされたい

943 : 箱デューサー   2018/11/14 12:23:30 ID:h7UEyMn6ik

紗代子に毎日朝昼晩スパルタ手◯キで10回連続で絞り取られて、歌織さんや莉緒さんや風花さんにラッキース◯ベしても勃◯すらしなくされて、でも紗代子の顔を見ただけで勃◯してしまうように躾けられて、間接的に射◯管理されたい

朝はベッドの上で仰向けになって顔に座られて、昨夜のボディソープが微かに残る新鮮でまろやかな雌臭を嗅がされながら延々と優しく扱かれて、5回射◯できたらご褒美にとねっとり鼻◯ェラで寝起きの濃い口臭と粘り気のある濃い唾液臭を嗅がされながら、さらに5回射◯するまで激しく扱かれたい
当然、量や勢いが足りないものはノーカンな上に、最後の10回目は味や匂いが薄かったら、罰としてア◯ルを鼻に擦り付けて嗅がされながらさらに5回追加

昼は2人きりの会議室で床に仰向けになって、中腰でガニ股の紗代子にまだ未熟なワレメを見せつけられながら自分で扱いて3分以内に5回射◯させられて、できたらご褒美に朝から我慢した特濃の尿を飲まされながら紗代子が出しきるまでに同じく自分で扱いて3回射◯させられて、できたら尿に濡れた紗代子のワレメを舌で綺麗にさせられながら紗代子に乱暴に扱かれて2回連続で射◯させられたい
当然朝と同じくノーカンになる場合もあり、罰はただ紗代子に見られながら自分で扱いて5回連続

夜は帰宅後に、レッスンで汗だくになってそのままの紗代子の腋と足の匂いを嗅がされながら足で乱暴に扱かれて5回連続で射◯、できたら今度は紗代子じっくり蒸れたワレメやわざと拭き残されたア◯ルを嗅いだり舐めたりしながら手で乱暴に扱かれて5回連続で射◯
朝昼とは違い、量・勢い・味・匂いが毎回チェックされて、足りない場合は1回目からやり直し
ご褒美は紗代子の脱ぎたてパ◯ティで好きなだけ射◯できるが触れるのはNG、射◯したければ気合いと根性で

944 : 仕掛け人さま   2018/11/14 12:41:00 ID:h7UEyMn6ik

でも何故かのり子にプロレス技をかけられた時だけは勃◯してしまって、その時はのり子がいつもの革ジャンで蒸れた腋を嗅がせてくれながら手で優しく扱いてくれるので何度も射◯してしまって、いつも気付いた時には空っぽになっていて達しても一滴も出なくなってしまっている

このみさんに至っては声をかけられただけで達してしまって、でもこのみさんはそんな狂った体をそのセクシーなお口でキレイにしてくれて、このみさんのアダルティな舌遣いに何度も射◯してしまって、いつも気付いた時には空っぽになっていて達しても一滴も出なくなってしまっている

そのあとはいつも、量や勢いで紗代子にバレてしまって、お仕置きにと何も出なくなるまで足や手で乱暴に扱かれて、そこからさらに10回連続で扱かれて、徹底的に躾けられたい

名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 5MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -