【安価SS】ドラえもん「なんだ、>>4ちゃんは出かけてるのか」【ミリオン】
1 : 1   2021/11/07 20:34:08 ID:dI9Dqkq60U
ドラえもん「じゃあ帰ってくるまでゴロゴロコミックでも読むか」ペラッ

(>>4は未来、ロコ、翼、桃子以外の劇場アイドル35人の誰か)




★過去作はこちら
①春日未来編
【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃん、どうしたんだい?」【ミリオン】
http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=11488&log=past&res=751

②ロコ編
【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃんが帰ってきたぞ!」【ミリオン】
https://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=14741

③伊吹翼編
【安価SS】ドラえもん「あ、>>4ちゃんから電話だ」【ミリオン】
http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=19122&log=past&res=815

④周防桃子編
【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃん、何だか機嫌がいいね」【ミリオン】
https://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=20894
~あらすじ~
育と環と一緒にクイズ大会のMCをすることになり内心大喜びの桃子。
いつも以上に張り切って仕事に臨んだのだが、ある出来事がきっかけで育たちにきつい言葉を放ってしまう。
桃子はその場から逃げ出してしまい、公園で一人寂しくしているとそこに怪しげな老人が現れ…

――これは桃子と『心の友』たちとの壮大な友情物語
259 : 夏の変態大三角形   2021/11/25 00:48:47 ID:unmRZC41Yo
ミニ四駆
260 : 仕掛け人さま   2021/11/25 02:19:58 ID:UKq9GlFgYI
ギガゾンビの逆襲
261 : 貴殿   2021/11/25 02:38:18 ID:HWsEMzvq36
ドラえもんドンジャラ
262 : Pサン   2021/11/25 06:42:20 ID:KIQvzWRiwM
悪魔よりも恐ろしい字牌の単騎が見られるのか
263 : ぷろでゅーさー   2021/11/25 15:28:36 ID:UKq9GlFgYI
このみさんが麻雀めっちゃ強いんだよね ドンジャラでも無双するのか
264 : Pさん   2021/11/25 22:25:43 ID:KIQvzWRiwM
ギャグマンガ日和みたいな勝負の流れになったらどうしよう
265 : 1   2021/11/25 22:31:06 ID:zvjwqENbPU
このみ「ドラえもんドンジャラですって!?」

莉緒「それもただのドンジャラじゃないわ……これで遊ぶのよ!!」ドンッ

マタドーラ「こ、こいつは…!」

紬「知っているのですか、エル・マタドーラさん?」

マタドーラ「ああ!こいつは…『ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)』だ!」

紗代子「ド、ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)ってあの!?」

マタドーラ「そうだ!遊べるゲームは55種類!最大8人まで遊べる大ボリュームのあの!ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)のことだ!!」

紬「55種類…!?」

ドラえもん「何だこの露骨な会話は」

莉緒「しかもこのゲーム、遊びながら脳を鍛えられる優れものなのよ!」

志保「私の弟もこれで数字を覚えました」

ノビスケ「へえ~、遊べて学べるなんてお得じゃないか!僕も欲しいなあ!」

しずか「ダメよ!きっとおたかいに決まってるわ」

ドラえもん「この流れ…通販番組!?」
266 : 1   2021/11/25 22:34:02 ID:zvjwqENbPU
莉緒「そうでもないのよね!このゲーム、なんと税込5,280円なのよ!」ビシッ

ノビスケ「ご せ ん に ひ ゃ く は ち じ ゅ う ! ?」ガガーン

しずか「言うほど安くもないけど…でもクリスマスプレゼントにはちょうどいい金額かもしれないわね」

ノビスケ「わーい!ありがとうママ!」

莉緒「さっきエル・マタドーラくんも言ってたけど、最大8人まで遊べるから家族や友達と楽しく遊べるわよ!」

のび太「このゲームで家族の絆も深まるね!」ニッコリ

ドラえもん「あれ?もしかして打ち合わせしてた!?」ガビーン

マタドーラ「みんなもドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)買ってくれよな!!」

「「「「「「「いえーい!!」」」」」」」
商品を持つエル・マタドーラの周りに集合する、ドラえもん、静香、このみ以外のメンバー。

ドラえもん「…もうわけわかんないよ」ドヨーン

このみ「ほんとにね…」

ドラえもん「っ!こ、このみさん…!」ウルッ

このみ「え!?ドラちゃん、どうしたの!?急に泣き出して!?」

ドラえもん(良かった…僕以外にツッコミ役が残ってた…!)ウルウル

このみ「?」


莉緒「さあ思う存分ドンジャラで遊びましょう!なんならお姉さん、一晩中付き合っちゃうわよ~!」

静香(言えない…!実はドンジャラやったことがないなんて…この流れで言えるわけないじゃない…!)ドヨーン

志保「静香、せっかくだから私とやりましょうよ」

静香「え…いや、でも…今はそんな気分じゃ…それに実は私、ドンジャラは過去に一回くらいしかやったことなくて…」

志保「もしかして負けるのが怖いの?」

静香「…はい?」ピクッ

志保(かかった!)
267 : 1   2021/11/25 22:38:38 ID:zvjwqENbPU
志保「私初心者です、って言い訳して逃げる気満々じゃない。やる前から逃げ腰だなんて情けないわね」

静香「な、なんですって!いいわよ!やってやろうじゃないの!」ガタッ

志保「そうこなくっちゃ」ニヤッ

静香(ど、どうしよう…)

ドラえもん(静香ちゃん…もしかして一回どころかやったことすらないんじゃ……だったら僕が!)

ドラえもん「待ってくれ!僕が静香ちゃんのアシストにつくよ!」

静香「ドラえもん!?」

ドラえもん「志保ちゃんは何回かやったことがあるんだよね?対して静香ちゃんは初心者!僕とのコンビで強さ的にちょうどいいバランスになると思うんだ!」

志保「…」

ドラえもん「ワンサイドゲームになるよりは楽しめると思うけど…?」

志保「…いいわよ、二人で組んでも」

ドラえもん「!」パチンッ
静香の方を向き、ウインクするドラえもん。

静香(私の様子を見てこんなことを…全くもう……ありがとう)

志保「その代わりルールは私で決めるわよ?」

ドラえもん「どうぞどうぞ」

志保「行うゲームは『ミリオンドンジャラ』!ルールは最初にドンジャラ札を配分しないという点以外は通常のドンジャラとほとんど同じね。まあ細かい所はやりながら確認していきましょう……で、ここからが大切な話だけど」

静香&ドラ「「え?」」

志保「あなたたちと私、負けた方が勝った方の言うことを聞くって言うのはどうかしら?」ニヤッ

静香&ドラ「「え…ええーっ!!」」


静香&ドラえもんvs志保のドンジャラバトルが始まろうとしている!
では、残りは誰が参加する?(ここにいるメンバーから選択)
>>268
>>269


とりあえずドンジャラのルールちょっと勉強してきます!
ちなみに作中で上げた商品名もミリオンドンジャラもマジであります
268 : プロデューサーさん   2021/11/25 22:41:20 ID:OIE5anMh/Y
莉緒姉
269 : レジェンド変態   2021/11/25 22:41:39 ID:ByFuEK0Yjo
エル・マタドーラ
270 : 1   2021/11/26 22:36:16 ID:ZxfL3PajiQ
静香「いきなり何を言い出すのよ!?」

志保「その方が盛り上がるでしょう?……もしかして怖気づいたのかしら?」クスッ

静香「そ、そんなわけないでしょ!」

ドラえもん「あーあ、もう…!」アチャー

マタドーラ「二人で楽しく話してるところ悪いが、そろそろオレもまぜてくれよ」

ドラえもん「君も参加するつもりか?」

マタドーラ「こう見えてオレ様はドンジャラが大好きでね。特にかわいい女の子と一緒にやるドンジャラには目がないのさ!」キラーン

志保「はあ、そうですか」スン

マタドーラ「おいおい照れなくてもいいんだぜ?」

ドラえもん「ポジティブだなあ」

莉緒「じゃあ私も出ようかしら!このメンバーでのドンジャラ、楽しめそうだわ!」

しずか「大丈夫かしら…?」

のび太「ただの遊びなんだ。心配するようなことなんてないさ」

しずか「のび太さんってばのんきなんだから…!あの二人にいたっては例外なのよ」


静香「…」バチバチ
志保「…」バチバチ


のび太「凄い…、バチバチに火花が散ってる…」

しずか「何事もなく終わってほしいけど…」


莉緒「それじゃあそろそろ始めるわよ!」

サイコロを振り、莉緒が親に決まる。
席順は時計回りで、親の莉緒、次に子のエル・マタドーラ、志保、静香の順番に決まる。

ドラえもん「次にみんなでパイを作っていくんだ」

莉緒「ウフフ♪パイはパイでもこっちのパイじゃ……」
しずか「莉緒」キッ

莉緒「じょ、冗談よ冗談!だからそんな怖い顔しないで……ね?」アセダラダラ

マタドーラ「オレは一向に続けてもらっても構わないぜ!」

のび太「やめろ!命が惜しかったら口を閉じるんだ!」アセアセ

静香(えーと、私のパイは……)
271 : 1   2021/11/26 22:41:33 ID:ZxfL3PajiQ
安価内のIDの最初と最後の文字によって、以下の結果になる(大文字小文字関係なく)

a,z,0,1ドラえもん
b,y,2,3のび太
c,x,4,5しずか
d,w,6,7ジャイアン
e,v,8,9スネ夫
f,u,ドラミ
g,t出木杉
h,sジャイ子
i,rセワシ
j,qのび太のママ
k,pのび太のパパ
l,oしずかママ、スネ夫ママ、ジャイアンの母ちゃんのいずれか
m,nオールマイティーパイ

例:zvjwqENbPU →最初がzで最後がUなので、ドラえもんとドラミ
>>272~275


パイの画像貼っておきます、今後の参考までに
点数表は後々貼ります

272 : 5流プロデューサー   2021/11/26 22:44:13 ID:BOxKcpOk.w
ミリジャン
273 : 変態大人   2021/11/26 22:47:27 ID:/DqQQW/Xws
背中煤け系アイドル
274 : プロデューサーさま   2021/11/26 22:56:37 ID:7H574h7ZSg
莉緒姉、迂闊なこと言えんな……
275 : Pしゃん   2021/11/26 22:57:19 ID:tdirxzPaWI
風花さん「うどんってなんですか」
276 : 1   2021/11/26 23:05:09 ID:ZxfL3PajiQ
/のこと忘れてた…
今回は/はドラミってことで進めていきます

結果
のび太、ジャイアン、ドラミ、ジャイ子、ジャイアン、出木杉、出木杉、セワシ
277 : 1   2021/11/27 23:55:56 ID:WSVHQuvkMs
ドラえもん「よし!出木杉くん2つとジャイ子ちゃんとセワシくんがあるのはおいしいぞ!」

静香「どうして?」

ドラえもん「ドンジャラは通常、背景の色が同じものを3つ揃えれば1セットになるんだ」

静香「つまりさっきドラえもんが言ってたパイは同じ色の背景だから…これで1セット揃ってるのね」

ドラえもん「その通り!そして後はジャイアンを一つ手に入れればもう1セットできる!」

静香「なるほど…少しわかってきたわ」


志保「改めてルールのおさらいね。……通常のドンジャラなら最初にドンジャラ札を配ってそれを奪い合うのだけど、さっきも言った通り今回行うゲームは『ミリオンドンジャラ』…。お互い手持ち0の状態から始めるわ。ドンジャラ札は全て銀行に置いてある状態。上がったプレイヤーは役に応じてドンジャラ札を手に入れることが出来る。そして最終的に100万ジャラにしたプレイヤーが勝者よ」

静香「相手に上がられても自分のドンジャラ札を奪われることがないのは安心ね」

莉緒「じゃあ始めるわね!」ストッ

静香「手持ちのパイを捨てただけ?」

ドラえもん「親は他の人よりパイを一つ多く持っているからね。スタートの時は取らずに捨てるだけなんだ」

静香「へぇ、そうなのね」

マタドーラ「…」
志保「…」
静香「…」

静香はのび太をゲットし、ドラミを捨てた。
278 : 1   2021/11/27 23:58:07 ID:WSVHQuvkMs
静香「…結構地味ね」

ドラえもん「最初の方はそんなもんさ。けどここから盛り上がると思うよ」

志保「リーチ」コトンッ

ドラえもん「ほら来た。気をつけな、ここから志保ちゃんは他の人が捨てたパイで上がれるようになったよ」

静香「何よそれ!?」

ドラえもん「リーチしたプレイヤーの特権みたいなものだよ。その代わりこのゲームが終わるまで手持ちのパイを変えることは出来なくなったけど」

志保「ほら、次は静香よ」

静香「!!」

志保「期待しているわ。私が上がれるパイを出してくれることをね」クスッ

静香「…」ドクンドクン


現在の静香の手持ちパイ
ジャイアン、ジャイアン、のび太、のび太、出木杉、出木杉、セワシ、ジャイ子
何を捨てる?
>>281

公式アプリから引っ張ってきた得点表を貼ります。

279 : 兄(C)   2021/11/28 00:00:45 ID:zOaMEUFvaw
セワシ君


うーん、むずかしいな(普通の麻雀もわからない人)
280 : プロヴァンスの風   2021/11/28 01:45:22 ID:784q0gwt6Q
ジャイアンリサイタルを狙ってセワシ切りかな
他の捨て牌わからんけど、まさか志保が一発もないだろうしツッパやな
281 : プロデューサー様   2021/11/28 09:22:52 ID:7wa5Tad8Ak
出木杉
静香が出木杉2枚持ちでこの色を4/9持ってるから事故率が低い。志保が源家骨川家セット待ちだとどれもキツイ。セワシはともかくジャイ子キルしたら最悪剛田家セットがご用意されるから様子見
282 : 1   2021/11/28 11:45:45 ID:VZH7XXaKWc
静香(ここは出木杉パイを捨てる…!)タンッ

莉緒「!」
マタドーラ「!」
志保「!!」

ドラえもん「志保ちゃんは!?」

志保「……通すわ」チッ

静香「ほっ…」

ドラえもん「よ、良かった…!」

静香(そして同時に、私が取ったパイは…)

ドラえもん(あれは…ジャイアンパイ!)

静香「リーチ」

志保「!?」

静香「まだ始まったばかりだけど、ここで負ける気なんてないわ。勝負よ、志保!」バチバチ

志保「リーチ取ったからって調子に乗らないで!その鼻っぱしへし折ってあげるわ!」バチバチ

莉緒「あらあら若い子は元気ね。けど私やエル・マタドーラくんがいることを忘れてもらっちゃ困るわよ♪」

莉緒(とは言ってもリーチが二人となると、このパイ捨てはちょっと慎重になっちゃうわね…)

ドラえもん(さあ、どうするんだ…?)

静香「…」ゴクリッ
志保「…」


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→静香の上がり
奇数→志保の上がり
>>283~286
283 : 兄(C)   2021/11/28 11:48:35 ID:5.5KexLBiE
うどぅん
284 : ダーリン   2021/11/28 11:48:55 ID:zOaMEUFvaw
U・D・O・N
285 : ハニー   2021/11/28 12:05:31 ID:AOytwzytL2
きしめん
286 : 彦デューサー   2021/11/28 12:13:14 ID:hB524RrWI.
ドンジャラ!
287 : 1   2021/11/28 19:57:51 ID:VZH7XXaKWc
35+55+31+14=135
奇数ルート

莉緒「このジャイアンを捨てるわ!」タンッ

志保「…ふふ」

静香「!!」

志保「ドンジャラ!剛田家セット!60万ジャラ!」バッ

ドラえもん「ああーっ!!」

しずか「いきなり60万!?」

このみ「志保ちゃん…!さては相当やりこんでるわね!」

紗代子「これが志保ちゃんの実力…!」ゴクリ

志保「…」

モワモワモワ…!

ジャイアン『うおおおおおお!』
ジャイ子『ガハハハ!』
ジャイアンの母ちゃん『みせばんしなあああああああ!!』

ドラえもん「な、なんだこれは!?」

マタドーラ「パイが実体化したんだ」

莉緒「あれだけちゃんとした形で具現化するなんて流石ね志保ちゃん」

ドラえもん「何でこの状況を当たり前のように受け止めてるの!?」ガビーン

志保「他のプレイヤーに攻撃!」バッ

莉緒「きゃあああっ!」
マタドーラ「ぎゃああああ!」

静香「…ハァハァ」ヨロッ

紬「三人ともよくご無事で…」ホッ

紗代子「普通だったら気を失ってたけど、流石鍛えられてるね!すごい!」

のび太「いつ見てもあの実体化はおっかないなあ」

ドラえもん「??????」ポカーン
288 : 1   2021/11/28 20:00:16 ID:VZH7XXaKWc
次の静香のパイは?
安価内のIDの最初と最後の文字によって、以下の結果になる(大文字小文字関係なく)

a,z,0,1ドラえもん
b,y,2,3のび太
c,x,4,5しずか
d,w,6,7ジャイアン
e,v,8,9スネ夫
f,u,/,.ドラミ
g,t出木杉
h,sジャイ子
i,rセワシ
j,qのび太のママ
k,pのび太のパパ
l,oしずかママ、スネ夫ママ、ジャイアンの母ちゃんのいずれか
m,nオールマイティーパイ

>>289~292
289 : 貴殿   2021/11/28 20:05:21 ID:1H7A.hnzao
味方だけど莉緒もやられるのか…
290 : 魔法使いさん   2021/11/28 20:05:52 ID:zOaMEUFvaw
世の中って怖いわ。
291 : お兄ちゃん   2021/11/28 20:14:09 ID:5.5KexLBiE
これは厳しいな……
292 : Pさん   2021/11/28 20:19:34 ID:gKkFo7DmZg
いけるか!?
293 : 1   2021/11/29 00:35:40 ID:41N8kzIsy2
結果
ドラえもん、しずかママ、ドラえもん、ジャイアン、しずか、スネ夫、出木杉、出木杉


静香(何とも言えないパイね…)

マタドーラ「そんじゃあ次の親はオレだ!」コトッ

志保「…」コトッ

静香「…」コトッ

静香のパイを取る。

静香「ねえドラえもん、この四次元ポケットのパイって何かしら?」ボソボソ

ドラえもん「これはオールマイティだね。どのパイの代わりにもなる便利なパイさ」ボソボソ

静香「じゃあ絶対取っておいた方がいいわね」ボソボソ

ドラえもん「後は何を捨てるかだね。僕と出木杉くんは確実に残すとして…しずかちゃんとママさんも一応今は取っておいた方がいいね」ボソボソ

静香「ここはスネ夫を捨てておきましょう」コトッ

その後は先ほどと同様、パイの移動が行われるだけの流れ作業が始まる。
いまだにリーチもなくただただ粛々と…。周りの者たちも息をのみ、状況を見守っている。
現在の静香の手持ちは、
ドラえもん、ドラえもん、出木杉、出木杉、しずか、しずか、しずかママ、オールマイティ
となっている。もしかしたらこのままゲームが終わってしまうのでは、と内心考えていたが、その考えは手に入れたパイを見て改めることにした。

静香(セワシ…!ということはオールマイティを組み合わせれば今私は…!!)

静香「リーチ!」

志保「!!」ピクッ

静香(後はドラえもんかプロデューサーのパイを手に入れれば色々セットで6万ジャラ手に入る…!得点の大きさなんて関係ない!今度こそ志保より先に上がりたい!)


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→静香の上がり
奇数→静香は上がれず、志保が上がってゲームセット
>>294~297
294 : 5流プロデューサー   2021/11/29 01:44:38 ID:INZHz4Uxgs
奇数がツライ
295 : do変態   2021/11/29 02:47:29 ID:EG9fvYqfJI
いけるか…?
296 : プロデューサー   2021/11/29 06:43:42 ID:exZPs9m8nQ
志保が勝つ気がする
297 : 貴殿   2021/11/29 07:28:27 ID:DfpX0.Sxv2
流れを掴もう
298 : 1   2021/11/29 17:44:03 ID:41N8kzIsy2
38+29+42+27=136
偶数ルート


静香はしずかママのパイを捨てる。
現在の手持ち
ドラえもん、ドラえもん、出木杉、出木杉、セワシ、しずか、しずか、オールマイティ

志保(最初のリーチ宣言が静香ですって!?何が何でも阻止する!)

莉緒「あら、ダメね…」シュン

マタドーラ「…次は君の番だぜ、志保ちゃん」

志保「!」ゴクリッ

静香「志保」

志保「な、何よ」

静香「『期待しているわ。私が上がれるパイを出してくれることをね』」

志保「っ!」ピキッ

志保はパイを取り、手持ちのしずかのパイを捨てる。

静香「ドンジャラ!いろいろセット!6万ジャラ!」バッ

ドラえもん「やった!静香ちゃんがジャラをゲットしたぞ!」

静香「はぁぁぁぁぁっ!他のプレイヤーに攻撃!ドラできしずセワシ…うどん砲ぉぉぉぉ!!」

ドラえもん(何が何でもうどんと絡める気か…)

志保「くううううううううっ!!」ドゴオッ

このみ「す、すごいわねドンジャラって…!」

のび太「う、うちの壁に穴が!」ガーン

しずか「あなたたち!」

志保「…止めないでください、プロデューサー…!ここからが本番なんですから」ムクッ

静香「そうです。この戦い、私か志保のどちらかが倒れるまで終われない」

しずか「…ドラちゃん、後で壁よろしくね」

ドラえもん「わ、わかりました」

静香「…」バチバチ
志保「…」バチバチ
299 : 1   2021/11/29 17:46:44 ID:41N8kzIsy2
これがきっかけとなり、静香と志保の競り合いがよりヒートアップしていった。
静香が勝ち、志保が勝ち、静香が勝ち、志保が勝ち…お互い一歩も譲らない。
気づけば時間は深夜の1時。莉緒とエル・マタドーラ、他のメンバーも眠りに落ちている中、二人だけはその手を止めることなく激闘を繰り広げていた。

志保「ハァハァ…いい加減諦めなさいよ…」
志保、現在99万ジャラ

静香「そ、そっちこそ…!」
静香、現在90万ジャラ

志保「どう見たって私の方が有利じゃない。勝ち目なんてないわよ」

静香「仮にそうだったとしても、志保が私の立場だったら引き下がる?」

志保「絶対にないわね!」

静香「だから私が降参するなんてことは絶対にないから!」

志保「…そういうところが……」ボソッ

静香「え?」

志保「…何でもないわ。さあ、決着をつけましょう!」


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→静香の勝ち
奇数→志保の勝ち
>>300~303
300 : Pサン   2021/11/29 17:54:39 ID:eXFZXONdkg
(箱・∇・崎)志保さん!
301 : プロデューサーはん   2021/11/29 18:05:58 ID:EG9fvYqfJI
2連続偶数頼む…!
302 : プロヴァンスの風   2021/11/29 18:11:50 ID:MThryLQSMc
はや〜
303 : Pさぁん   2021/11/29 19:48:31 ID:TFPMecZmoY
やはり背中煤け系アイドル
304 : 1   2021/11/29 22:32:27 ID:41N8kzIsy2
39+58+50+31=178
偶数ルート


静香「私が引いたパイはドラえもん!今ここに9つのドラえもんが揃ったわ!」

モワモワモワ…!
ドラえもん『どらやきおかわりぃぃぃいいいい!!』

志保「馬鹿な!奇跡を起こしたって言うの!?」

静香「ドンジャラ!ミリオンセット!100万ジャラ!そしてこれが――」

志保「もう少しだったのに…もう少しで静香と…!」

静香「――私たちの勝利の証!!」


ドッカアアアアアアアン!!
静香のドンジャラ宣言がトリガーとなり、オーラが膨張し周囲で大爆発!野比家崩壊!
眠っている者たちは黒焦げになったりアフロになったりしている中、
静香と志保、ドンジャラとそれを乗せていたテーブルは無傷でその場所に残っていた。

志保「…」ガックリ

志保は膝から崩れ落ち、信じられないといった表情で地面を見つめている。

静香「…何故あなたが私に勝てなかったか、教えてあげるわ」

志保「…?」

静香「それは風花さんへの愛の大きさ!その力は常識を超越するのよ!」

志保「意味…わからない…」バタッ

静香「…勝った!」グッ

ドラえもん&アフロしずか「「こらー!!」」ムクッ

静香「び、びっくりした…!驚くから急に話しかけないでください!」

アフロしずか「人の家を壊しておいて何を言ってるのーっ!」

静香「…い、家が壊れてる!?いったい誰がこんなひどいことを!」

アフロしずか「あなたよ!」

静香「わ、私ですか?確かに志保とのドンジャラで熱くなってしまいましたが、家を壊すようなことなんて…」

ドラえもん(え、もしかして無自覚でやってたの?)ガビーン

しずか「…静香、あなたには罰を与えます」

静香「罰…?」

しずか「その内容は>>307よ」
305 : プロちゃん   2021/11/29 22:34:08 ID:exZPs9m8nQ
1ヶ月うどん禁止!(食べるのも作るのもうどんについて考えるのも禁止)
306 : Pちゃま   2021/11/29 22:36:20 ID:C3bodmyo3E
志保と仲直り
307 : 変態インザカントリー   2021/11/29 22:42:01 ID:bNN7G5bA8.
308 : 1   2021/11/29 23:24:59 ID:41N8kzIsy2
しずか「今度こそ志保と仲直りしてもらうわ!」

静香「けど志保はネコをけしかけたり、私に色々ないじわるを…」

しずか「拒否権なんてありません!」キッ

静香「…わ、分かりました」シブシブ

ドラえもん「後はあの二人次第だけど」

しずか「その辺りは大丈夫だと思うわ」

ドラえもん「え?」

しずか「それよりドラちゃん…、家、直しておいてもらえるかしら?」ニッコリ

ドラえもん「は、はい!直ちに!」ビシッ

しずか(後は頑張りなさい…“志保”)


翌日。
最上家では静香が志保と仲直りするための準備をしていた。

静香「莉緒さんとこのみさんが言うには一緒に出掛ければいいって話だけど、正直二人っきりって気まずいのよね」

ドラえもん「で、僕にこっそり付いて来て欲しいと?」

静香「正直、志保がまた何か仕掛けてきそうで怖いのよ。そんなことになったら仲直りどころじゃないし…」

ドラえもん「分かった!僕も隠れて様子を見てるよ!」

静香「ありがとう!」

ドラえもん「二人が仲良くなることはいいことだ!それで今日はどこに行くの?」

静香「最初は劇場で待ち合わせて、それから>>311に行こうと思うわ」
309 : Pさぁん   2021/11/29 23:26:48 ID:exZPs9m8nQ
全日本うどん大博覧会 略してうどん博(inさいたまスーパーアリーナ)
310 : プロデューサーちゃん   2021/11/29 23:54:32 ID:lUkdWz8zrQ
今こそ風花さんの家
311 : 監督   2021/11/30 00:14:29 ID:oHSnP2Awio
未来ちゃんの家にある謎のゲート
312 : あなた様   2021/11/30 06:39:07 ID:dyG6aD4KzI
スーパー銭湯で裸の付き合い
313 : 1   2021/11/30 20:41:18 ID:FkYpmiGPls
ドラえもん「未来ちゃんの家にある謎のゲート…。何が待ち受けているのかちょっと不安だなあ」

静香「未来曰く、ゲートの先は楽しいことがあるらしいわ」

ドラえもん「未来ちゃんがそういうならそのままの意味だろうね。まあ、僕がついてるから仮に何かあってもどうにかするよ」

静香「頼りにしてるわ」

ドラえもん「じゃあそろそろ劇場に行こうか」

静香「ええ」


劇場。

静香「…」ポツーン


ドラえもん「遠くから見ても不安に感じてるのが一目でわかる」

莉緒「あの調子で大丈夫かしら?」

ノビスケ「ほんとだよね」

このみ「心配だわあ」

ドラえもん「って!何で三人人がここにいるの!?」ビクッ

莉緒「もちろん二人を見守りに来たのよ♪」

このみ「あの一件以来、二人の事が気になっちゃって」

ノビスケ「ぼくは何か面白いことが起きそうな気がしたから見物に!」

ドラえもん「まったく…。静香ちゃんの気も知らないで勝手に楽しんじゃって」

莉緒「そういうドラちゃんだって実はちょっと楽しんでるじゃない?」ニヤニヤ

ドラえもん「…実はちょっとだけ」

ノビスケ「あ、志保さん来たみたい!」


志保「…お待たせ」

静香「…」ポカーン

志保「な、何よ?」

静香「いや…別に」

静香(予想以上におしゃれして来たから驚いたわ…)

314 : 1   2021/11/30 20:43:23 ID:FkYpmiGPls
莉緒「あら志保ちゃんってば、おめかししちゃって可愛いわね~♪」

ノビスケ「へんなの!志保さんって静香さんのこと嫌いなんでしょ?何であんなにおしゃれしてるのさ?」

莉緒「女の子ですもの!どんな時だっておしゃれして自分をよく見せたいものよ♪」

ノビスケ「へー」

このみ「けど黙ったままなのはよくないわね。何か気の利いたことを言って志保ちゃんの機嫌を取らないとまた仲がこじれちゃうわ」

ドラえもん「よし、これを使おう」

『糸なし糸電話』~!

ドラえもん「片方を静香ちゃんの方へ飛ばす!」

ヒュウウウウン

ドラえもん「これでもう片方で静香ちゃんと会話できるようになったよ」


ドラえもん『あーあー!静香ちゃん聞こえる?』

静香「そ、その声…ドラえもん?」

志保「…どうかした?」

静香「な、何でもないわ!」ススス

ドラえもん『この糸なし糸電話で君と話してるんだ。早速だけど服の事とか、とにかく何でもいいから志保ちゃんを褒めてあげるんだ!』

静香「わ、私が…!?な、なんて言えばいいのかしら?」

ドラえもん『>>317って言ってあげたらどうだい?』
315 : 箱デューサー   2021/11/30 20:45:38 ID:5nUK3l6Z1A
ファッション誌を適当に読み漁っただけの知識で着ていてすごいわ!
316 : Pしゃん   2021/11/30 20:58:01 ID:BTmBMJS5oc
麗花さんよりは胸小さいわね
317 : プロデューサー   2021/11/30 20:59:09 ID:YxkLk4va1U
今日もネコさんはかわいいわね
318 : お兄ちゃん   2021/11/30 21:01:46 ID:BTmBMJS5oc
>>317
流石ドラえもん、ある意味で目の付け所が違う
319 : 1   2021/11/30 23:37:55 ID:FkYpmiGPls
静香「今日もネコさんはかわいいわね」

志保「…そう」

静香(も、もしかしてはずした…?)

志保「…私も結構気に入ってるの、このネコ」フフッ

静香「そ、そうなのね」

静香(こんな優しい笑顔の志保なんて初めて見たかも…)


莉緒「上手くいったわね!すごいじゃない!」

ドラえもん「まあね!これでも結構ガールフレンドいるんだよ僕!」ドヤッ

莉緒「今度恋愛テクニックを教えてもらおうかしら」

ドラえもん「僕にどんと任せなさい!」ポンッ

ノビスケ「あ、二人とも移動し始めたよ」

このみ「追いかけましょう!」


志保「…」
静香「…」


ドラえもん「うーん、まだぎこちないなあ」

このみ「変に意識しすぎて普段通りの会話ができてないようね」

ドラえもん「目的地に着く前に少しでも場を盛り上げておきたいなあ…よし、また糸なし糸電話で指示を出すか」


ドラえもん『というわけで場を盛り上げるんだ!』

静香「いきなり無茶言わないで!」

志保「?」チラッ

ドラえもん『そうだね、例えば志保ちゃんが好きそうな話をするんだ。人は自分が興味のある話を相手から振られると嬉しくなるものさ』

静香「志保が好きな話…ということは」


A:猫の話
B:うどんの話
>>322
320 : P君   2021/11/30 23:40:01 ID:5nUK3l6Z1A
B

うどんは全てにおいて優先される(どこかの国の憲法より)
321 : プロデューサー   2021/11/30 23:44:02 ID:plDBMEznCw
A
322 : プロデューサー様   2021/12/01 00:29:53 ID:wW7FnnlEP2
B
323 : プロデューサーちゃん   2021/12/01 06:24:26 ID:kDy24Z0Hx.
どうなるかなあ
324 : 1   2021/12/01 23:52:52 ID:Kx85TNZcpQ
静香「この時期に食べるうどんって格別なのよね!それに春に食べるうどんも最高よ!あえて暑い夏に食べるのもいいし、秋にはやっぱりうどんの秋!それから……」

志保「…」(遠い目)


ドラえもん「僕の話全く聞いてないじゃないか!」ガビーン

このみ「完全にダメなパターンを選んじゃったわね。見てよ志保ちゃんの顔、完全に虚無じゃない」

ノビスケ「あの人どんだけうどんが好きなのさ…」ドヨーン


志保「静香って本当にうどんが好きなのね」

静香「ふふっ、まあね!」

志保「何で誇らしげなのよ」

静香「特に好きな人と食べるうどんは格別なのよ!」

志保「……それって風花さんの事?」

静香「そうよ!本当は風花さんにあのうどん食べてもらいたかったけどそれは次の機会ね……あ、これは風花さんには内緒にしておいて」

志保「……あっそう」スタスタ

静香「ねえ、もうちょっとゆっくり歩かない?」

志保「は?何で静香に合わせないといけないのよ。早くしないと置いて行くわよ」スタスタ

静香(え?怒ってる?何でよ、あんなに楽しい話をしたのに…)


静香「ハァハァ…つ、着いたわね」

志保「遅かったわね」

静香「志保が早すぎなのよ!」

志保「ふん。ほら行くわよ。あの無駄にでかいゲートのことでしょ」

静香「え、ええ、そうよ…」


ドラえもん「よし、僕らも行くぞ!」


こぶん「……」チラッ


ゲートを通った先には何がある?
>>327
325 : プロデューサーくん   2021/12/01 23:55:28 ID:kDy24Z0Hx.
二足歩行の猫の行列
326 : 兄ちゃん   2021/12/02 00:04:41 ID:z3T2thn6Iw
ラーメンやそば(きしめんやスパゲティ等も含む)を食べると捕まる世界(=うどんが世界を支配している)
327 : おやぶん   2021/12/02 00:07:07 ID:xuHF7/uzJc
饂飩に見せかけてところてんが所々に散らばっている世界
328 : 1   2021/12/02 11:39:15 ID:guxGOXjz8E
莉緒「…思ってたより普通の街並みね」

このみ「てっきり異世界チックなところに繋がるものだとばかり…」

ノビスケ「そういえばあの二人はどこにいるんだ?」

ドラえもん「ゲートを通った時に糸なし糸電話の回線が切れてたんだ。だから今どこにいるのか分からないんだ」

このみ「それって大変なことじゃない!」

ドラえもん「でも大丈夫!これを使えばね」ゴソゴソ

『たずね人ステッキ』~!

ドラえもん「ステッキが倒れた方角に二人がいるよ」コトン

ノビスケ「本当にそんなんで見つかるの?」

ドラえもん「敵中率は七十パーセントだからほぼ大丈夫なはず!」

ノビスケ「大丈夫かなあ」


一方静香と志保は飲食街に来ていた。

志保「…」スタスタ

静香(…さっきからドラえもんと連絡とれないし、志保の機嫌は悪いし…こういう時どうすれば……あ、そうだ!)

静香「ねえ、あそこで食事していかない?」

志保「…別にいいけど、あのお店って何があるの?」

静香「あの和風な外観…あののれん…間違いないわ、あそこはうどん屋さんよ!」

志保「またうどん…。頭の中うどんのことしかないの?」

静香「そんな!照れること言わないでよ!」テレテレ

志保「ええ…」ドヨーン

静香「それじゃあ入るわよ!ほら、早く早く!」グイグイ

志保「ちょっと!手引っ張らないでよ!分かったってば…!」
329 : 1   2021/12/02 11:41:20 ID:guxGOXjz8E
店主「らっしゃい。何にします?」

静香「このお店のおすすめで!」キリッ

店主「…そちらさんは?」

志保「…」ボー

静香「志保?」

志保「え!あ…えーと、同じものをお願いします」

店主「はいよ」スタスタ

静香「どうしたの手なんてじっと見ちゃって…」

志保「べ、別に何でもないわよ!」

静香「あ、もしかして強く引っ張ったから痛めちゃった?だとしたらごめんなさい」

志保「別にそういうわけじゃ……ただ」

静香「ただ?」

志保「……やっぱり言わない」

静香「ちょっと気になるじゃない!」

志保「だから何でもないって……ほら、注文してたの来たわよ」

店主「はい、お待ち。こちら当店自慢の天ぷら――」

静香「待ってました!天ぷらうど――」

店主「――ところてんです」スッ

静香「……え?今、なん…て?」

店主「天ぷらところてん…ですが?」

静香「…」


静香の反応
A:泣く
B:怒る
C:喜ぶ
>>332
330 : 変態大人   2021/12/02 12:32:05 ID:KzoXSqUJPM
B:ロコしてやるぞ、天の助

331 : ごしゅPさま   2021/12/02 12:55:36 ID:R7VEOVkHN6
C
形状が麺だからヨシ
332 : Pさぁん   2021/12/02 13:42:44 ID:7MxcEQHGsc
A
どうしてこうなっちゃったの・・
333 : P様   2021/12/02 15:02:14 ID:cxDX9omPOE
(箱・∇・崎)<うどんは絶滅しました
334 : 1   2021/12/02 16:20:46 ID:guxGOXjz8E
静香「うう…」ウルッ

志保&店主「「泣きだした!?」」ガビーン

静香「酷いわこんなの…うどんへの冒涜よ…」シクシク

志保「…じゃあ帰る?」

静香「馬鹿言わないで!出されたものはちゃんと食べるわよ!」ズルズル

志保「そ、そう…」ドンビキ

静香「ぐす…完全にうどんの口だったのに…こんなの…ひっく…あんまりよ…」モグモグ

志保(なんかちょっとめんどくさい…)

静香「…」シクシク

志保「…ねえ」

静香「…何よ?」

志保「元気出しなさいよ。泣いてばっかりだと私まで調子狂うじゃない」

静香「…もしかして励ましてくれてるの?」

志保「そ、そんなわけないでしょ!」///

静香「うふふ…ありがとう、志保」ニッコリ

志保「別に、お礼を言われるようなことなんて…」プイッ

店主「なあ、さっきから気になってたんだけど…お客さんが言ってる『うどん』って何だい?」

静香「え…!?うどんをご存じないんですか!?」

店主「知らないねえ。話を聞いてる限り食べ物っぽいけどそんなもの見たことも食べたこともない」

静香「ま、まさかここはうどんが存在しない世界…!」ハッ

志保「凄い理解力の早さね」

静香「だったらこうしちゃいられないわ!……もぐもぐ……ごちそうさまでした!」バタバタ

志保「ちょっと待ちなさいよ!何するつもり!?」

静香「>>336
335 : プロヴァンスの風   2021/12/02 17:22:04 ID:cxDX9omPOE
この世界からうどん以外の麺類を滅ぼすわ!(関係ないのに巻き込まれるしじみ汁)
336 : 我が友   2021/12/02 17:40:47 ID:1Z9EbuT5jI
小麦粉さえ手に入ればうどんは作れる!
337 : 1   2021/12/02 21:04:16 ID:guxGOXjz8E
静香「小麦粉さえ手に入ればうどんは作れる!」

志保「はあ…別の世界に来てまでやることなのそれ?」

静香「だってうどんの素晴らしさを知らないなんてかわいそうじゃない!」

店主「お嬢さん、残念ながら小麦粉はどこにもないよ」

静香「どこにもって…どこかお店を探せば売ってる場所くらい……」

店主「無理なんだ。小麦粉だけじゃない、ところてんに不要な材料は全て奪われてしまったんだ……あの恐ろしい“魔女”たちに!」

静香「魔女?」

店主「『トコロテン・シスターズ』…!数百年前にこの国を乗っ取った悪名高い魔女の姉妹だ!」

静香「トコロテン・シスターズ…!?」

志保「ダサいネーミングセンスね…」

店主「奴らはありとあらゆる材料を奪い、占有し、更にところてん以外を食べてはいけないという法律を作り、国民にそれを強いている!そのせいで子供たちはところてん以外の食べ物を知らずに育ってしまっている…」

静香「ひ、酷い…!」

店主「申し遅れた。僕の名前は『小池』…。数百年前に滅びた『ラーメン』という食べ物を追い続けているただの一般人さ」

静香「小池さん!トコロテン・シスターズってどこにいるんですか?」

志保「静香!あなたまさか…!」

静香「そのまさかよ!悪い魔女たちを倒してこの国にうどんを布教させる!」

志保「無理に決まってるでしょ!そんな得体のしれない相手と戦うなんて!」

小池「気持ちはありがたいがそこのお嬢さんの言う通りだ。あの魔女たちは強い。今までも腕自慢の猛者たちが国を救おうと立ち向かったが誰一人戻ってきたものはいない…」

静香「実は最近、腕を磨く機会があって戦いにはそれなりに自信があるんです。それに……頼りになる友達がいるんです!だから絶対大丈夫!」
338 : 1   2021/12/02 21:06:23 ID:guxGOXjz8E
一方ドラえもんたちは商店街にたどり着いていた。
しかし…

おっさん「ぐはあっ!」バタッ

女の子「おとっちゃん!!」

ゴーダ隊長「へっ!俺様に歯向かうからだ!」

スネーオ副隊長「流石隊長!よっ!国一番の力自慢!」

ゴーダ隊長「よせやい、照れるじゃねーか!」テレテレ


ドラえもん「小学生時代のジャイアンとスネ夫にそっくりな悪者がいる!」ガビーン

ノビスケ「アニメドラえもんにありがちなやつだー!」ガビーン


ゴーダ隊長「聞け国民共ぉ!こいつはところてん以外の食べ物を作り売っていた!これは立派な反逆罪だ!」

スネーオ副隊長「よってこいつは地下労働施設行き確定!」

女の子「お願いです!おとっちゃんを連れていかないで!」

ゴーダ隊長「うるせえ!」バシッ

女の子「きゃあっ!」バタッ

このみ「あなた大丈夫……ってあなた!」

莉緒「嘘!美奈子ちゃんにそっくり!」

ミナコ「お願いです…おとっちゃんを助けて……!」

ゴーダ隊長「何だお前ら、見ない顔だな!まさか俺様たちと戦おうなんて思っちゃいねえだろうなぁ!」


多数決。多い方を採用。
A:戦う
B:逃げる
>>339~341
339 : Pくん   2021/12/02 21:10:19 ID:xuHF7/uzJc
Aここで逃げたらドラえもんが廃る!
340 : ボス   2021/12/02 21:11:09 ID:NfFz7JqeLU
B
341 : Pチャン   2021/12/02 21:15:21 ID:z3T2thn6Iw
B

変態引いたら捕まる
342 : 高木の所の飼い犬君   2021/12/02 21:28:15 ID:p3LCrsD2tc
トコロテン……所…天
343 : do変態   2021/12/02 21:33:11 ID:xuHF7/uzJc
>>342
ところ天の助・・・体がプルプルしている

よく似ている

所恵美・・・体の一部がプルプルしている

つまり、恵美は天の助の親戚である
344 : 1   2021/12/02 22:13:29 ID:guxGOXjz8E
ドラえもん「喰らえ!!」ポイッ

ゴーダ隊長「ば、爆弾!?」

スネーオ副隊長「うわあ!音も凄いけど光で前が見えない!」

ドラえもん「今だみんな逃げるぞ!!」タッタッ

このみ「ど、ドラちゃん!待って!!」

ゴーダ隊長「あいつらどこ行きやがった!?」

スネーオ副隊長「もう逃げちゃったみたいだね。結局この爆弾も音と光だけのこけおどしだったし」

ゴーダ隊長「やろう!今度見つけたらギッタギタのメッタメタにしてやるー!」

スネーオ副隊長「落ち着いてよ隊長。とりあえずこいつを魔女様たちのところへ…ってなんだこれ!?」

さっきまでおっさんが倒れていた場所には、某チキン屋にありそうな白いスーツの老人の人形が転がっていた。


ドラえもん「つまりこの『こけおどし手投げ弾』で相手を驚かして、その隙に人形にこの『物体変換クロス』をかけておじさんと入れ替えたんだ」

莉緒「いつ見ても便利な道具よねえ!頼りになるわ~♪」

ノビスケ「それにしてもこの世界、かなりやばいんじゃない?静香さんたち大丈夫かな?」

このみ「あの二人も心配だけど、まずはこの親子をどこか安全な場所に避難させないといけないわ」

ドラえもん「どこかで匿ってもらおう!……えーとあそことかどうだろう?」


A:和風なお店
B:洋風なお店
>>346
345 : あなた様   2021/12/02 22:15:16 ID:xuHF7/uzJc
A
346 : お兄ちゃん   2021/12/02 22:18:43 ID:z3T2thn6Iw
A

元うどん専門店 もがみ亭
347 : 1   2021/12/02 23:19:13 ID:guxGOXjz8E
ドラえもんたちは和風のお店に入ることに

ドラえもん「すみません!ちょっとお願いが…」

静香「ドラえもん!?」

ドラえもん「静香ちゃんと志保ちゃん!」

静香「もう今までどこに行ってたのよ!」

ドラえもん「ごめんごめん」

志保「何でドラえもんやこのみさんたちがここに……静香?」ジー

静香「ごめんなさい!実はドラえもんには隠れてついて来てもらってたの!…あの三人は分からないけど」

志保「ふーん、随分と私の事を信頼してくれていたのね!」ムカッ

ドラえもん「静香ちゃんのことを怒らないで欲しい!静香ちゃんは今日という日を君と上手く過ごせるようって…!」

静香「本当にごめんなさい!!」

志保「…まあいいわ。このトンデモ展開を脱する助けになりそうだし」

小池「ところでその親子…もしかしてあのお店の?まさか魔女の手先にやられたのかい!?」

ノビスケ「うん。偶然通りがかった僕らが助けたってわけ」

このみ「それでお願いなんですけど、この二人を匿ってくれませんか?」

小池「ああ、もちろんだとも!」

静香「ドラえもん、私これから魔女を倒しに行くわ!」

ドラえもん「さっきから気になってたんだけど、その魔女って何なんだい?」

静香「実はかくかくしかじか」

ドラえもん「この世界でそんなことが…!そんなの、絶対に許せないじゃないか!!」

静香「ドラえもんならそう言ってくれると思ってたわ!」

ドラえもん「当たり前だ!どら焼きのない世界なんてそんなの不幸すぎる!その魔女姉妹を僕らの手でぶっ倒してやろうよ!!」ガシッ

静香「ええ!!」ガシッ

このみ(似たものコンビね…)ハハ
348 : 1   2021/12/02 23:21:17 ID:guxGOXjz8E
ドラえもん「それで!敵は一体どこに!?」フンスフンス

小池「…あそこに塔が見えるだろ?あれは『トコロテン・タワー』といって、魔女たちはあそこの最上階にいる」

静香「あそこに…」

小池「トコロテン・シスターズの『メグミィ』と『ロッコ』……、見た目は普通の少女だが恐ろしい力を持った魔女たちがね……」


トコロテン・タワー最上階

メグミィ「にゃははは~♪今日も労働者たちに作らせたところてんは格別だね~!」

ロッコ「ベリーグッドなのです~」

労働者「あ、ありがとうございます」

メグミィ「…40秒」ギロッ

労働者「…はい?」

メグミィ「アタシが指定した時間より40秒、持ってくるのが遅かったよね…それって良くないよね~!時間厳守は社会人の基本中の基本だよ?」

労働者「申し訳ございません!途中で足を痛めたもので…」

メグミィ「言い訳良くない! はあ……これは罰を与えなくっちゃ…ね、ロッコ?」

ロッコ「実はちょうどこのフロアにオブジェが欲しいと思っていました!グッドタイミングです~♪」ニッコリ

労働者「ひ、ひいいいいいい!!」ダッ

ロッコ「エスケープは許しませんよ!」ヌッ

労働者(い、いつの間にか目の前に!?)

ロッコ「オブジェになれ~!」ビビビ

労働者「ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」カチコチ

ロッコ「ふふ~ん♪シスターどうです?ロッコのマジックは?」

メグミィ「また腕を上げたね~!流石アタシの妹!」

ロッコ「何せロッコたちにとって時間はインフィニティ…!トレーニングタイムはいくらでもありますので!」

メグミィ「にゃははは!それもそうだね~……ねえ君たち、その石像をあそこに飾ってくれる?」

スネーオ副隊長「は、はい!」ビシッ
349 : 1   2021/12/02 23:23:37 ID:guxGOXjz8E
ゴーダ隊長「何で俺たちがこんなことを…」ブツブツ

スネーオ副隊長「ちょっと聞こえちゃうよ!石像になりたいの!?」ボソボソ

ゴーダ隊長「そ、それは勘弁だぜ…」

メグミィ「そういえば今日の街の様子はどうだった?」

スネーオ副隊長「え…いえ、問題ございません!」

ゴーダ隊長「おいおい、あのよそ者のことを言わなくていいのかよ?」ボソボソ

スネーオ副隊長「そんなこと言ったら僕らが逃がしちゃったことバレちゃうだろ!ここは黙っておこうよ!」ボソボソ

ゴーダ隊長「それもそうだな」ボソボソ

メグミィ「ふーん……じゃいいや。下がって」

二人「「失礼しまーす!!」」ビュウウンッ

ロッコ「…どうしました、シスター?」

メグミィ「何か最近退屈だなって思ってさ…アタシらに歯向かおうって言う骨のあるやつなんてここ30年は現れてないしさ」

ロッコ「ロッコたちシスターズはストロングですからね」

メグミィ「修行もいいけど、そろそろ現れてほしいなあ……強くて丈夫な敵がさ」


多数決。多い方を採用。

静香たちの行動
A:敵の本拠地に特攻だ!
B:ここ落ち着いて作戦会議からだ!
>>350~352
350 : プロデューサー殿   2021/12/02 23:25:11 ID:xuHF7/uzJc
B
恵美達の拠点、割り箸畑から育った奴じゃないよな?
351 : 箱デューサー   2021/12/02 23:30:40 ID:z3T2thn6Iw
A

??「恵美の気配!?恵美、支配してくれてありがとう。恵美、生まれてきてくれてありがとう。恵美、息していてくれてありがとう。恵美、存在してくれてありがとう」
352 : おやぶん   2021/12/02 23:31:23 ID:p3LCrsD2tc
B

目には目を、海へ行ってトコロテンの材料の海草を制圧しよう
ついでに海草から出汁も取ろう
353 : プロヴァンスの風   2021/12/03 07:04:36 ID:lP/BBvsaEA
ココロ☆エクササイズで体鍛えてそうな姉妹だ
354 : 1   2021/12/03 21:55:48 ID:cHDpfNXCvA
ドラえもん「無策に特攻しても必ず失敗してしまう!ここは落ち着いて作戦会議をしよう!」

莉緒「確か悪い魔女っていうのがあの塔の最上階にいるのよね?」

小池「その通り。しかし正面は兵士がガードしているから最上階以前に塔に入ることすら難しいだろうね」

莉緒「裏門みたいなところとかないのかしら?」

小池「悪いけどそれ以上の事は分からないんだ…」

ノビスケ「っていうかドラえもんの道具を使えばいいんじゃない?」

ドラえもん「簡単に言ってくれるなあ…。確かに入ることは難しくないけど、塔の構造とか敵の数とか、とにかく色々と情報を集めておかないと…」

志保「…塔は20階建ての高層マンションくらいの高さで、中には150人ほどの兵士がいるみたい。途中大きなフロアが三つあって、その先が玉座の間のようね」

静香「何でそんなに詳しいのよ?」

志保「この子たちが教えてくれたから」
355 : 1   2021/12/03 21:57:55 ID:cHDpfNXCvA
こぶん「にゃ!」シュバッ
クロ「フニャア!」シュバッ


静香「こぶんにクロ!?」

ドラえもん「それにこんなにたくさんのネコたちが…いつの間に?」

志保「…実は私もこの子たちにこっそりついて来てもらってたのよ。それでさっきあの塔について調べてきてもらったってわけ」

ノビスケ「へー!すごいなあ!志保さん、ネコを操れるんだ!」

志保「操ってるんじゃないわ。この子たちと私は友だちなの。だから心が通じ合ってるのよ」

ドラえもん「志保ちゃんも結構ロマンチックなこと言うんだね」

志保「うるさい」

このみ「でもこれである程度の情報が手に入ったわね」

ドラえもん「作戦の決行は明朝!それまで各自、体を休めておいてくれ!」


作戦会議終了から時間が経ち、あっという間に深夜0時に。
静香は布団に入っていたが…

静香「眠れない、まるでライブ前夜みたい…」ムクッ

静香「誰か起きてないかしら…?」


静香が外に出ると、誰かがいたので話しかけることに。
A:ドラえもん
B:志保
>>358
356 : ぷろでゅーしゃー   2021/12/03 22:05:11 ID:xURTE5xWeA
B腹を割って話そうぜ
357 : Pちゃま   2021/12/03 22:05:38 ID:DnxULq5EbY
B

決戦前に志保と戦おう!
358 : あなた様   2021/12/03 22:18:01 ID:jE.kDipIYs
B
名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -