ひっそり続けるSSスレ その11
1 : Pサマ   2024/03/05 01:25:24 ID:tpkEddyWFQ
その10までいったので、キリよく改題しただけの話
187 : Pサマ   2024/04/04 07:14:09 ID:ekcoQ4Boi6
>>185
市長宅
千早「やっと裏が取れたわ」
ノヴァ『やるじゃん~♪』
千早「昔ならもっと早く調べれたわ、鈍ったわね・・・」
ノヴァ『それよりも・・・』
千早「えぇ・・・」
ノヴァ『まさか、市長も利用されてる側だったとはね・・・』
千早「市長選の時に後ろ盾になった存在が居て、いろんな便宜を図る見返りに『石』を要求してると・・・」
ノヴァ『市長自身は『石』の効果を知らないと・・・』
千早「疑問を持っても逆らえない関係と言う訳ね」
ノヴァ『しかも業者も含め全てがこの議員の息が掛かった奴か~』
千早「私達の世界ならある程度Pが無茶で来たけど・・・」
ノヴァ『此処は平行世界、暴を取れば警察沙汰だ』
千早「難しいわね・・・」
ノヴァ『それに此奴が『石』を集める理由も分かる』
千早「それは?」
ノヴァ『コイツ、裏金問題や色々な不祥事が起きて追及されてたのにある時ぱったりとそれが止まった、この意味が分かるね?』
千早「まさか!!」
ノヴァ『バステトはこの世界の全能神だ、欠片である『石』にも力がある』
千早「『石』の力で、洗脳したと?」
ノヴァ『可能だよ。だから僕達は苦戦を強いられるよ。恐らく警察のトップもコイツの洗脳下だね・・・』
千早「それだけじゃ無くて相手の立場自体も強敵よ・・・」
ノヴァ『だね、この世界じゃコネも何もないから近付く事も出来ない』
千早「えぇ、相手が政府の幹事長だなんて・・・」資料を写メする音葉
ノヴァ『ピンとズレてるよ・・・』
千早「くっ」
188 : 変態大人   2024/04/04 08:12:10 ID:4jFIuIcHp.
>>187
ノヴァ『(ただ、この世界の人間で無い事が幸いする部分はありそうだけど…』
千早「よし、撮れたわ…」
ノヴァ『それじゃ、早急に去ろう。ボクのチカラもそろそろ限界だからね…』
千早「えぇ…」
ガチャ
警備員「失礼しまーす…(ハンドライトで照らしながら部屋に入る音葉」
・・・
(緋根家キッチン)
P「何者とは…?」
雫「研究者にしては若い部類。でも、街づくりについての意見は的確…」
P「(余計な事を喋り過ぎたかな…」
雫「調べれば出てきそうなのに、1件もヒットしないのはおかしい…」
P「まだまだ若輩故さ…」
雫「でも、それは研究者としてならの話…」
P「えっ…」
雫「私達の記憶には残って無くても、インターネットの海には残り続ける記録…(徐ろにスマホの画面を見せる音葉」
P「それは…っ!?」
雫「これ『貴方』だよね…?」
P「(こればかりは言い逃れ出来ねぇ…!」
(見せられたのはPがアザトースに『ライトニング・レグルス』で最期の一撃を与えてる動画)
P「アイオートのヤツ…」ポツリ
雫「1つ答えろ。ややには『理解ってて』近付いたのか、『そうじゃないのか』を…(元アイドル歌手という観点で」
P「何を指してるかは皆目検討付いてないが、俺達が緋根と会ったのは本当に偶然だ。ある目的の為にな…」
雫「なら、いいんだ…」
ニチカ「あ、居た!」
雫「ニチカ、どうしたん…?(近付こうとする音葉」
ニチカ「今はアンタの相手をしてられないの!(俊敏な動きを見せて、Pの眼前に立つ音葉」
雫「ニチカ…?(本気で拒絶された事に驚きが隠せない音葉」
P「どうしたんだよ…?」
ニチカ「お願いがあります…」






『私達の仲間を助けて…!』
189 : 変態マスター   2024/04/04 20:47:58 ID:ekcoQ4Boi6
>>188
LINE!
P「ん?LINEが・・・ッ!!」
表示画面「今はまだ動くな『来訪者』よ」
雫「どうかした?」
P「すまない、少し席を外す・・・」
入力「お前は誰だ!!」
「自己紹介がまだだったね。私は通称『閣下』と呼ばれている」
P「閣下だと!?まさか・・・!!」
「ご名答。『四皇』と呼ばれる者『ハルカ』だ」
P「何故猫がLINE出来る!何故俺の番号を知ってる!!」
「警戒してるな。無理もない。そうだな先ずは私の正体を明かそう。但し明かすのは君と共に『来た』仲間だけだ」
P「(千早とノヴァの事も知ってるのか!!」
「私の正体はバステト様が遺した『セーフティ』だ。そして番号を知ってるのは人間の仲間がハッキングしてるからだ」
P「ハッキングだと!?侵入された痕跡さえないぞ!?」
「彼女は神童とも言えるハッカーだ。君でも気付かないよ」
P「お前はバステトのセーフティだと言ったな。その証拠はあるのか?」
「ふぅ~む、口頭では示せないな。宜しい。その子の仲間を助ける序に私達と合流しよう」
P「場所は何処だ・・・」
「君も良くする空猫喫茶店に16時に落合おう。私達『慈愛の怪盗団』と」
部屋がログアウトしました
P「慈愛の怪盗団だと・・・?」
・・・
ハルカ:猫四皇最強と言われる正体はバステトの遺したセーフティ。何故最大派閥と言われる最大の理由が人間を『相棒』とし猫達を匿っているからである。
その為か人語も喋れる普段は猫の真似をしてる。但し猫なので入力は『相棒』がやっている

慈愛の怪盗団:ハルカと相棒とその仲間達で結成された人知れず悪を挫き秘宝の回収を行う現代の義賊集団。
優れた能力を持つ仲間達を持ち、Pですら気付けないハッキング技術を持つ人物もいる。
現在は最大のオタカラと言われる『バステトの奇蹟』の回収と悪人の打倒及び改心
知っての通り自分が嵌ってるペルソナ5の『心の怪盗団』がモデル
190 : ペルソナ5の件は初耳っすよww   2024/04/04 23:35:57 ID:4Tj2m5gzeY
>>189
P「(今の時間は『14:37』…」
ニチカ「どうかしたんですか…?」
P「『閣下』が接触してきた…」
ニチカ「えっ…!?」
P「16時に珈琲店か…」
ニチカ「『珈琲店』って『商店街』ですよね…」
P「そうだな…」
ニチカ「『ショッピングモール』で街が分断されてるんで、バスで移動するにしても…」
P「そろそろ出ないとってところか…」
雫「帰るの…?」
P「そうだな…」
雫「送っていこうか…?」
P「根掘り葉掘り聞かれそうだから、断っておくよ…」
雫「それは残念、でも…」
P「ん…?」
雫「調べさせてもらうよ…」
P「好きにしろ…」
・・・
(住宅街→ショッピングモールへ移動するバスの車中)
二葉「お土産までもらっちゃった…」
P「(ニチカは後で合流するとは言ってたが…」パチン
二葉「で、何があったんですか…?」
P「ニチカ曰く『住宅街』に住み着いている野良猫も捕獲対象に入ったらしい…」
二葉「え…?」
P「それと『閣下』が接触してきた…」
二葉「えっ…!?」
P「16時に珈琲店で待ち合わせてる…」
二葉「なんか、急に動き出しましたね…」
P「そうだな。千早も情報を得てきて、珈琲店に向かってる…」
二葉「そうですか…」
P「(しかし、黒幕と思わしき幹事長の名前が『悪井』って…」
・・・
(市庁舎内主賓室)
市長「悪井幹事長、例の『モノ』でございます…」
悪井「いつも、すまないね…」
市長「いえ。こちらこそ、幹事長には返しても返し足りない恩ばかりですから…」
悪井「(思えば、あの『屈辱』を忘れた事は無かった…」
(悪井が思い起こすのはあの『暑い夏』…)
・・・
(ショッピングモール→商店街)
P「二葉ちゃーん…」
二葉「すーっ…(すっかり寝てる音葉」
P「もうすぐ、着くんだがなぁ…」
・・・
かつて、アザトースが引き起こした『地球統合』。その負の影響が芽を出そうとしている…
191 : 言ってなかったからねwww   2024/04/05 07:16:05 ID:CljvBduTMc
>>190
幹事長見送り後
秘書「市長、応接室にお客様が・・・」
市長「どなたかしら?」
秘書「ごにょごにょ・・・」
市長「ッ!!直ぐに向かうわ・・・」
応接室
市長「恋ちゃん・・・」
恋「御久し振りです、おばさま」
市長「私に何か用かしら・・・?」
恋「おばさまが行っている猫狩りの件についてです・・・」
市長「ッ」
恋「私もこの街に暮らし多くを知っています。歴史も、それなのにこの件を行う意味がどの様な意味を齎すかお分かりの筈です!!」
市長「・・・」
恋「巷では市長は動物を嫌い、街からそう言った物を排除していると言われてます・・・」
市長「そ、それは・・・」
恋「そうではないでしょ!!そうであったのなら何故私が幼少期に子猫をプレゼントしあの子が亡くなった時も一緒に悲しんではいない筈です!!」
市長「・・・」悲痛な表情になる音葉
恋「貴女がどうしてこの様な事をしてまで街を変えるのですか!!そのような厚化粧をしてまで自分を悪役としての仮面を被るのですか!!」
市長「恋ちゃん、私は・・・」
恋「そんな事をして・・・あの人は、亡くなった『奇蹟』が母親である貴女を見てどう思うと思いですか!!」立ち上がり部屋を出て行く音葉
秘書「市長・・・」
市長「許して恋ちゃん・・・駄目な大人でごめんね」
・・・
萩野恋:平行世界の月岡恋鐘。自信家でポジティブで豪快な性格とは真逆の気高く気品に溢れた性格。代償なのか髪型が代わり胸が縮んでいる。こちらもかなりの名家の出身
・・・
怪盗団役のキャラ誰にしようか考えてなかった
192 : それじゃ、宿題ということで(笑)   2024/04/05 08:03:37 ID:wwbtZ6g29c
>>191
秘書「市長…(ハンカチを差し出す音葉」
市長「ありがとう…(涙を拭う音葉」
秘書「いえ…」
市長「今日のスケジュールは…」
秘書「先程の幹事長の応対でラストです…」
市長「少し書類が残っていたわね、その確認をしたら帰りましょう…」
秘書「かしこまりました…」
・・・
(商店街、空猫珈琲店最寄りのバス停)
ニチカ「(そろそろ、着きそうかな…」
プシュー
P「(くそう、二葉が起きやしねぇ…※背中に二葉を背負いながらも両手いっぱいに荷物やお土産を保持している音葉」
二葉「Pさん…」ムニャムニャ
P「何の夢を見ているんだが…」
ニチカ「ようやく、来ましたね…」フンス
P「七草妹…?」ポカン
(Pの前に現れたのは『七草にちか』その人であるが、しかし…)
ニチカ「七草?」ムッ
P「じゃない…?」
ニチカ「誰なんですか、それ?」
P「まさか、お前。ネコの方のニチカ…!?」
ニチカ「『ネコの方』って意味が分かりませんけど、そうですよ…」
P「知り合いに居るんだ、見た目が似てる奴が…(研究都市での『初対面の時』や『その時に起きた出来事』を思い出して、テンションが下がる音葉」
ニチカ「荷物、持ちますから…」
P「悪いな…」
ニチカ「早くしないと、『16時』になりますよ…」
P「後20分。まぁ、間に合うだろうが…(バス停から珈琲店までは徒歩5分ほど」
・・・
(空猫珈琲店)
千早「あ、来たわ…」
ハルカ「オンナが増えてるわね…」
ノヴァ『相変わらず、どこで拾ってくるんだがww』
千早「はぁー、全く…」
・・・
ニチカ(人間態):『石』のチカラで見た目が『七草にちか』になった状態のニチカ。『自分の世界』でにちかを雇い入れるきっかけの事が思い出されて、Pは少し気まずい←
193 : Pくん   2024/04/05 18:40:26 ID:CljvBduTMc
>>192
ハルカ「初めましてだね。『来訪者』さん」
P「俺の知り合いに似た雰囲気の猫さんだな・・・」
千早「私もさっき会ったばかりだけど似てるわ」
ハルカ「まあそんな事より君は猫だね?何処で人化を?ん?あぁ成程ね」
P「自分だけ分かった風に言うなよハルカ・・・」
ハルカ「バステト様の『奇蹟』で認知を変えたね?」
ニチカ「ギクッ!!」
P「認知?」
ハルカ「所謂集合無意識に干渉して自分を人間に見える様にしたんですよ」
P「お前・・・」
ニチカ「ルカさんだって同じ事してますよ!!」
ハルカ「取り敢えずその話は一先ず置いといて、相棒を紹介しますね」
カランカラン
P「あっ!!お、お前は!!」
ハルカ「私の相棒の・・・」
詩花「ハイ白井詩花です!!」
P「ん?白井?黒井じゃなくて?」
詩花「ハイそうです、白井詩花です!!さっきのお姉さんのも同じ事聞かれました」
千早「ハイ私も驚きました、この世界の黒井さん。滅茶苦茶善人です・・・」
P「うそ~ん・・・」
詩花「そうですよ。パパは私が正義感でやらかした時に私の冤罪を晴らす為に頑張ってくれたんです。それとほとぼり冷めるまで高木さんの所も紹介してくれましたし」
P「」( ゚д゚)
千早「そうなりますよね・・・」
・・・
ジョーカー役は詩花に決定!!
残りは余談で発表!
194 : P殿   2024/04/05 18:50:19 ID:CljvBduTMc
余談
スカル:なんちゃって不良で金髪の樹里
パンサー:クォーターでお調子者のちとせ
フォックス:変態的アーティストのロコ
クイーン:真面目さが隠しきれない冬優子
ナビ:なんかハッキングも出来そうな引き籠り甜花
ノワール:社長令嬢天然の琴歌
モルガナ:猫になった春香さん

以上!!宿題提出!!仕事中考え捲って頭痛い!!
195 : Pしゃん   2024/04/05 18:50:22 ID:CljvBduTMc
余談
スカル:なんちゃって不良で金髪の樹里
パンサー:クォーターでお調子者のちとせ
フォックス:変態的アーティストのロコ
クイーン:真面目さが隠しきれない冬優子
ナビ:なんかハッキングも出来そうな引き籠り甜花
ノワール:社長令嬢天然の琴歌
モルガナ:猫になった春香さん

以上!!宿題提出!!仕事中考え捲って頭痛い!!
196 : ご主人様   2024/04/05 23:07:55 ID:iM5JCYvB.I
>>193
(秘匿性のある話をしているので人払いはしてある。一夏達にも伝達済みでノヴァの懐中時計が仲介の役割を果たす事になっている)
P「こっちの『黒井社長』は会う度にクドクドウダウダ嫌味しか言わんのに…」
千早「それはPさんのせいでもあるのよ…?」
P「うぐっ、それは…」
ハルカ「痴話喧嘩はそこまでにしてもらえるかな?」
P「うす…」
千早「ごめんなさい…」
詩花「私達が黒幕と踏んでる『悪井幹事長』ですが…」
ハルカ「バステトの『神格と権能』、一纏めに『奇蹟』と呼ばせてもらうわ…」
P「その『奇蹟』を手にしたと思われた辺りから、様子が変わったと思ってたが…」
千早「この画像を見てもらえる…」
詩花「『隕石騒ぎ』の少し前から、バッシングが止んでる…?」
ハルカ「というよりは雲隠れしてたみたい…」
P「この『三千世界』にも悪井が溢れてるとはな…」
ハルカ「『平行世界』でどれだけの悪井氏に会ったの…?」
P「直接相対した訳じゃないんだ。2度その名前を聞いたがいずれも、間接的だった…」
詩花「『雲隠れ』から再び表舞台に立つようになった際も、バッシングされる事が無かったんです…」
P「その間に…」
ハルカ「『奇蹟』を手中にした…」
千早「ただ、調べて分かった事なんだけど…」
詩花「発言が幹事長までに登り詰めた人間とは思えないくらいに弱いんです…」
ハルカ「まるで『人が変わった』かのようにね…」
千早「人が変わった…」
P「そう思われるようになったのはいつくらいからだ…?」
詩花「そうですね、大体…」
ハルカ「キミとアザトースの決戦後くらいかな…」
P「まさかとは思いたいが、悪井は『入れ替わってる』可能性がある…」
ハルカ「え…?」
P「俺の予想が当たっていればの話だが…」
197 : プロちゃん   2024/04/05 23:50:42 ID:CljvBduTMc
>>196
ハルカ「いえ、有り得なくない!」
詩花「うん、『あの時』と同じだ・・・」
P「何か有るのか?」
ハルカ「さっきも話した認知学の話になる、要は自分を別人に見せかけるのは可能よ!」
千早「そうなの!?」
詩花「私達が『ヤルダバオート』に騙されて彼の出来レースを歩かされた見たいに・・・」
ハルカ「でも『ヤルダバオート』も『デミウルゴス』も倒したし、一体誰が・・・」
樹里「んな事より先ずはコイツの依頼が先じゃねぇか?」
ニチカ「えっ?私?」
ちとせ「そうそう、黒幕は私達が引っ掻き合わせばボロを出すって~」
ロコ「このサンドイッチはデリシャスです!!」
樹里「聞いた話だとコイツのボスも認知歪めて人に化けてんだろ?」
ニチカ「えっ?う、うん、一部幹部を連れて・・・」
冬優子「それで?ボスは何しに行ったの?」
ロコ「サンドイッチ!ワンモアプリーズ!!」
ニチカ「えぇっと・・・」
甜花「監視カメラの映像ハッキング成功。ある時刻を最後に消えてる」
琴歌「この時刻は14時半位かな?」
ロコ「タマゴサンドベリーヤミー!!」
樹里「さっきからうるせぇぞロコ!!」
ちとせ「今大事な話してるの!!」
ニチカ「あっ!!あぁあああああ!!??!」
P「どうした!?」
詩花「何か思い出したの!?」
ニチカ「大変だ、急いで下さい!!」
冬優子「何が大変なのよ!!」
甜花「えっ?これって・・・?」
琴歌「消えたんじゃなくて・・・『奇蹟』を使って」
甜花「まさか!!強制的に『パレス』を!?」
琴歌「でも誰の!?」
冬優子「まさか、市長の!?」
ニチカ「急いで止めて下さい!ルカさんは復讐する為に市長を!!」






『認知世界内で爆破させて殺す気です!!』
・・・
二葉、シッポ達も同行する予定
198 : Pさん   2024/04/06 02:00:23 ID:WvsUXX6/og
>>197
P『ノヴァ!』
ノヴァ『おー、聞こえてるよー』
P『「カミサマ」のボスと幹部は市庁舎に向かったって話だ…』
ノヴァ『行くかい?』
P『ったりめーだ』
ノヴァ『その前に…』
P『ん…?』
いち
199 : 失敗、やり直し   2024/04/06 02:23:49 ID:WvsUXX6/og
>>197
P『ノヴァ!』
ノヴァ『おー、聞こえてるよー』
P『「カミサマ」のボスと幹部は市庁舎に向かったって話だ…』
ノヴァ『行くかい?』
P『ったりめーだ』
ノヴァ『その前に…』
P『ん…?』
一夏「Pさん、すみません。サンドイッチの代金は払ってくれる?」
P『なんだ、そんな事か。待っててくれ(パチン』
(人払いを解除する音葉)
P「で、お幾ら万円だ…?」
一夏「結構、食べてるのよ…」
P「ロコぉ!」
ロコ「もう、なんですか!」
P「お前、食べ過ぎだぞ!」
(まぁまぁな金額のレシートを見せつける音葉)
ロコ「ソーリー、昨日の夜からノットイートだったもので!」
P「足りっかな、二葉がアホみたいに蕎麦食べやがるから…」
千早「貴女達、喫茶店なんだからお金は持ってきなさいよ…」
ハルカ「緊急だったし…」
P「後でビタ一文、揃えてもらうぞ…」
詩花「それは大丈夫ですけど…」
P「市庁舎の爆破はシャレにならんぞ…」
(ドアを開く音葉)
「わっほ!?」
P「おっと、失礼。急いでたもので…あっ」
菜々子「あ、Pさん…」
P「菜々子…」
菜々子「あ、ちょっと待って…OKだよ(と言いながら瞳を閉じる音葉」
菜々子の脳内『了解!』
P「ん…?」
「わっほい!(開いた瞳の色は菜々子の『緑がかった青』から見覚えのある『マリンブルー』に変化している音葉」
P「あれ、もしかして…」
美奈子「えいっ…んっ」
P「むぐっ…!?」
(店の入口という衆人監視に近い状況でMTMをする音葉)
美奈子「ぷはぁっ…」
P「え、何で…?」
美奈子「『3日くらい前』から、また繫がるようになってきて…///」
P「そうなのか…」
続く
200 : 毎日変態   2024/04/06 02:38:49 ID:WvsUXX6/og
>>199
ノヴァ『平行世界を周ってきたから、閉じたはずのゲートが緩んできたか…っ!?』
(千早に意識を向けて、驚く音葉)
P「それとさ、美奈子…」
千早「(何故か戦闘オーラが出ている音葉」ゴゴゴ…
ノヴァ『(ボクは何も見なかった…!』gkbr
P「それとさ、美奈子…」
美奈子「どうしたの?」
P「『意識』は美奈子かもしれんが、その身体は菜々子のだぞ…」
美奈子「それなら、大丈夫。2人で話して、決めた事だから…」
P「待ってくれ、それって…」
千早「Pさん、早く行きましょう…」ニッコリ
P「そうだな…(心做しか頭痛がしてる音葉」
ハルカ「痴話喧嘩だ…」
(P達がフィンガースナップで市庁舎に向かってから数分後の事)
ドタバタバタ…
三奈「あ、起きた…」
ガチャン
一夏「いらっいませって、あら…?」
恋「お久しぶりです、一夏さん…」
悠利「誰なのかな、気品が高く見えるけど…」ポソッ
三奈「『萩野恋』さん、二葉お姉ちゃんの高校からの友達…」ポソッ
悠利「なるほど…」
ガチャッ
二葉「あー、どうしよう寝てたわ!」
一夏「おはよう、二葉…」
二葉「お姉ちゃん、起き抜けでそうそうだけど…」
一夏「う、うん…」
二葉「Pさんは…?」
菜々子「先に行っちゃったよ…」
二葉「あんの…」
一夏「あの…?」
二葉「あの『銀髪細マッチョの女たらし』めー!」
悠利「ぶはっ…」
三奈「悠利さん…?」
悠利「ブワッハッハッハッハー!」
恋「えっ…!?」
続く
201 : 変態大人   2024/04/06 06:53:04 ID:WvsUXX6/og
>>200
悠利「確かにそうだな、あの人は『稀代の女たらし』だ、アッハッハッハー!」
二葉「って、恋じゃない。どうしたのよ?」
恋「市長を、おばさまをどうしたら止められるんだろうって考えてたらね…」
二葉「うん…」
恋「『脳内』で聞こえてくる声に従って来たんだけど…」
一夏「どんな声かしら…」
恋鐘『こういう時はPさんに任せるばーい。きっと、何とかしてくるはずばーいって…』
二葉「きっと、それは『平行世界』の自分からの声よ」
恋「『平行世界』…?」
二葉「詳しい事は車内で説明するわ。だから、市庁舎に行きましょう…(無理やり車に乗り込もうとする音葉」
三奈「待って…!」
二葉「どうしたの…?」
三奈「『これ』を持っていって…(小袋を渡す音葉」
二葉「『これ』は…?」
シッポ「リッくんが集めていた、『奇蹟の石』のカケラよ…」
(※三奈の訳で二葉と喋る感じになる音葉)
二葉「『奇蹟の石』…?」
シッポ「貴女が寝てる間にPさんとハルカさんとの間で呼称が統一されたの。覚えておきなさい…」
二葉「ウィッス」
シッポ「おそらく、Pさん達にも『奇蹟』は必要になるわ…」
二葉「概ね理解したわ。ありがとう、シッポ!」
シッポ「それじゃ、行きましょうか…」
二葉「待って…」
シッポ「あら、何か問題でも?」
二葉「三奈が居ないと、貴女の言葉を理解出来ないの…」
シッポ「それなら、『奇蹟』を少し借りるわ…」ペカーッ
(不思議な光がシッポを包んだ、そして…)
二葉「( ゚д゚)」ポカーン
シッポ「結局、この姿なのね…(超ビーチバレー世界の志保の姿になる音葉」
二葉「( ゚д゚)」ポカーン
シッポ「これなら、私の言葉が通訳なしでも分かるでしょ?」
二葉「アッハイ」
恋「早く行きましょう、二葉とえっと…」
シッポ「シッポでいいわ」
恋「分かりました、シッポさん…」
202 : ダーリン   2024/04/06 07:12:41 ID:WvsUXX6/og
補足
美奈子と菜々子:P(と千早のノヴァ)が平行世界を跋扈した結果、閉じたはずのゲートが少しだけ開いたりしている(これには鏡晶葉も後々ではあるが、信じられないと言った模様)。菜々子は美奈子とメモ書きで互いにやり取りを交わしていた模様
シッポと志保:これまで二度ほど猫耳や尻尾が生えた経験がある『超ビーチバレー世界の志保』との精神的な繋がりから、『奇蹟』を使ってJK姿の志保に変身した音葉。その時点で『イノセントボディ』から成長した(※)二葉よりもスタイルが良かったため、二葉は「( ゚д゚)」とさせられている
(※)Pが二葉をおぶさっている時に背中に『二葉のお山』を多少意識していた模様。なお、『Pの世界』の最上静香はお察し…
M.S「なんですか、この注釈は!?」
203 : プロデューサー様   2024/04/06 09:05:08 ID:PNuyNnS5tw
>>201
市庁舎前
P「時間食ったな!」
ハルカ「帰宅ラッシュ時の渋滞は考慮してなかった!」
千早「これからどうするのハルカ?」
樹里「詩花、『ナビ』開けるか?」
P「ナビ?」
詩花「待ってて起動っと・・・」
ナビを開始します
ちとせ「えっ?パスワードは!?」
ハルカ「イレギュラーだからパスワードが無い?」
二葉「何が起こるの!?うわぁ!?」
P「ナンジャコリャ!?」
千早「世界が歪む!?」
グニャッアアアアー
・・・
詩花「やっぱり・・・」
ハルカ「コレはまるで牢獄ね」
冬優子「いったい誰の牢獄なのかしらね」
ロコ「デンジャーな気配がしますね・・・」
P「ナンジャコリャ!?」
千早「嘘でしょう!?服と景色が変わってるわ!?」
二葉「アレ?私は変わってない?」
ニチカ「私もだけど・・・」
シッポ「私達は今の状態が異常なのよニチカさん」
P「俺の格好スゲェ悪趣味だな・・・」
千早「コッテコテな吸血鬼ですね・・・」
P「千早は・・・歌姫って感じだな似合うぞ」
千早「ちょっと!?」顔が茹で上がる音葉
ノヴァ「成る程、大衆の意識がどう思ってるかって奴か・・・」FFのバハムートみたいな格好に成ってる音葉
甜花「なんだ16Ver.か・・・」
琴歌「格好いいですね~」
・・・
ルカ「チッ!誰か来やがったな!お前ら、可愛がってやれ!」
幹部猫達「「「ヘイ!姐さん!!」」」全員出て行く音葉
ルカ「アタシはテメェにたっぷりと聞きたいことがあるんだよ。市長さんよぉ!!!!!」
市長の影「・・・」
204 : プロデューサーちゃん   2024/04/06 12:08:25 ID:PNuyNnS5tw
補足
二葉達はPが途中で徒歩の切り替えた際の帰宅ラッシュに巻き込まれた最中に合流できた
205 : 兄ちゃん   2024/04/06 20:34:05 ID:WvsUXX6/og
>>203
P「だとすれば、認識が変化していない二葉達が頼りか…」
恋「おばさまは大丈夫かしら…」
P「しん…」
二葉「大丈夫よ、この人が絶対に助けてくれるから!」
恋「あの、よろしくお願いします…」ペコリ
P「あぁ、任せてくれ…」
千早「今、全力で…」
シッポ「フラグを叩き折っていったわね…」
ニチカ「ルカ…」ギュッ
ハルカ「ただ、よく見ると…」
詩花「牢獄には見えますが…」
樹里「外敵を捕らえるというよりは…」
琴歌「自らを捕らえてるかのように見えます…」
甜花「市長さんの心の中…?」
ロコ「きっと、イマジネーションがダークになってます…」
P「つまり、あの『街づくり』は自分の意思じゃない…」
(かつて、鏡晶葉のやらかしで瓦礫だらけになった『県立研究都市』の事を思い出す音葉)
P「やるせねぇな。そんなの…(目の色を変える音葉」
ノヴァ「ようやく、心のエンジンが点火してきたな。ボク達が知ってる、いつものキミになってきた…」ニヤリ
・・・
(緋根家リビング)
雫「そろそろ、おいとましようかなぁ…」
やや「夜ご飯、一緒に食べようと思ったのに…」
雫「弥明後日にはまた発つからね、準備を…」
TV『速報です、市庁舎が謎の集団によって占拠されました…』
雫「あらー、大変だね…」
やや「うん、そうだね…」
TV『防犯カメラには占拠を主導した集団が市庁舎に訪れるところが映されており…』
雫「派手な髪色してるわね…」
やや「え、うそ…」
雫「どうしたの、やや…?」
やや「ルカ、何で…!?」
・・・
(市長室)
ルカ「何でだ、どうして…」






『「石」が少ねぇんだよ…!』
人間態の姿を得たところで、共に過ごしてきたニンゲンには理解るのである。大事に過ごしてきたパートナーなのだから…
206 : ボス   2024/04/06 21:33:13 ID:NGJ2Ey4LCg
>>205
ハルカ「ムムムッ・・・」
P「何だよデフォルメハルカ、ジロジロ見て・・・?」
ハルカ「Pさんのアルカナは『愚者<ワイルド>』ですね」
詩花「私と同じ・・・!?」
千早「それだとどうなるの?」
ハルカ「複数の影<ペルソナ>を行使する事が出来るね」
P「複数と言う事はこいつ等の事か・・・」
出現する霊獣達
樹里「うおっ!?スゲェ!!」
ちとせ「8~9体程居るわ!!」
P「何体かは身内の護衛に着けてるが残りでも十分過ぎる強さだ」
レグルス「ゴォルルル!!」
ロコ「おぉ~グッドデザインですね!!ぜひスケッチを!!はっ!!画材が無い!!」
冬優子「後にしなさい・・・」
詩花「成程、私と同じ主人公<トリックスター>なんですねPさんは」
ハルカ「想定外の収穫だね、このパレス攻略も行ける!」
千早「私のアルカナは何かしら?」
ハルカ「ふぅ~む、私と同じ『魔術師』だね」
樹里「こっちもダブるのか・・・」
ハルカ「人には人のアルカナがあるからね」
ノヴァ「そう言う事、千早。如何やらボクは君の影<ペルソナ>の様だ。しっかり使いこなしてよ」
千早「問題ないわ。貴女もしっかりねノヴァ」
甜花「マップ作成完了。やっぱりシャドウがいっぱいだ・・・」
琴歌「只の猫ちゃんがどうやって・・・」
ハルカ「多分『奇蹟』を行使して産み出したんたんだと思う・・・」
詩花「真なる神の力はそんな事も出来るの!?」
ハルカ「偽神達とは違う正真正銘の『真神』の力だからかな・・・」
P「兎に角急ぐぞ!!」
詩花「あっ!!言い忘れてました!!」
P「何だよ」
詩花「潜入中は正体バレを防ぐ為にコードネームを使用します!!」
続く
207 : ミスター・オールドタイプ   2024/04/06 22:01:48 ID:NGJ2Ey4LCg
>>206
P「何だよコードネームって・・・」
千早「正にスパイね・・・」
詩花「カッコイイですよねコードネームって!!」
P&千早「「おっおう・・・」」
詩花「ちなみに私はジョーカーです!!」
樹里「アタシはスカル」
ちとせ「パンサーだよ」
ロコ「フォーックスです!!」
甜花「ナビ・・・」
琴歌「ノワールです」
冬優子「最悪な事にクイーンよ・・・」
ノヴァ「えっそっちの意味?」
冬優子「違うわい!!」
恋「そっちの意味とは?」
二葉「知らなくていいと思うわ・・・」
シッポ「人間達は特殊ね・・・」
ニチカ「本能に生きてればいいのにね・・・」
P「俺は何でかバットマンのロゴみたいなマスクだよ」
千早「私はコレは青い鳥のマスクね・・・」
詩花「皆さんの意見を聞きましょう!!」
P「手短にな・・・」
・・・
????
『バステト』「・・・」
ユラァ・・・
『バステト』「ふん!!」
滲み出た黒い靄を踏み潰す音葉
『バステト』「お前は現実世界には出させないよ。私が此処に居る間は」
???『オォオオオオ』消える音葉
『バステト』「急げよP、私が『本体』を抑える間に『意識体』を潰し此処に戻して来い」
少しずつだが『バステト』が蝕まれ消え始めている音葉
『バステト』「奴が私の『神格と権能』を全て集まれば抑えきれなくなる。ナイア消滅後に誕生した人類無意識集合体の悪意『反救世主<ネガメサイア>』は・・・」
・・・
『反救世主<ネガメサイア>』・我ながらペルソナっぽい名前に出来た気分のラスボス
208 : Pサマ   2024/04/06 23:05:09 ID:WvsUXX6/og
>>207
P「しかし、このシャドウ達は厄介だな…」
千早「『市長の姿』を形どっているのが厄介ね…」
恋「いったい、どうして…」
詩花「おそらく、市長が確保してる『奇蹟』の影響でしょう。しかし…」
ハルカ「それにしては、スケールが小さい…」
冬優子「市長は『序列2番・カミサマ傘下』の野良猫達を捕らえる事で『奇跡』を確保してると思っていたのだけれど…」
甜花「この程度のシャドウなら、ほんの少しの『奇蹟』があれば幾らでも呼び出せる…」
樹里「それでもって…」
ちとせ「本人がどこに居るのかも掴めてない…」
千早「そうなの?」
ニチカ「同じように『奇蹟』を使っているからです…」
シッポ「市長室のある方に意識を向けると、なんとなく分かるんてすよ…」
ノヴァ「市長が『奇蹟』を集めている訳ではないのか…」
二葉「それなら、なんの為に…!?」
P「悪井だ、悪井が市長に石を集めさせていた…」
幹部猫「やいやい!」
P「誰だ…?」ギロッ
・・・
(市役所、地下回の倉庫)
秘書「私が連絡するまで、絶対に『ここ』を動いてはいけません…」
市長「分かりました…」
秘書「私は一旦、様子を見てきます…」ガチャ
市長(どうして、こんな事に…」
・・・
ニチカ「こんなバカな事はよして!」
幹部猫「ニチカの姉御!?」
幹部猫「居ねぇと思ったら…」
ニチカ「ハナやハルキは止めてなかったの!?」
幹部猫「リーダーが押し切ったんだ、あの2匹は軟禁同然に足止めしてある…」
シッポ「こんな事をしても、私達『野良猫』の現状が良くなる訳じゃないのよ…」
幹部猫「そんな事は分かってんだよ!」
幹部猫「でも、おかしいんだ。市長のヤツ、うんともすんとも言いやしねぇ…」
P「やはり、入れ替わってるか…」
恋「それだとしたら、どこに…
・・・
余談:萩野恋のドライバーの名前(名字)は『大拓(だいたく』
209 : おにいちゃん   2024/04/07 00:56:33 ID:ymrvoMbMU2
>>208
幹部猫「たとえ間違っても姐さんを見捨てれねえんだ!!」
幹部猫「俺達を救ってくれた姐さんは!!俺達にとっては『カミサマ』なんだよ!!」
ニチカ「アンタ達は・・・」
P「生半な覚悟じゃないってか・・・」
千早「やるしかないわね・・・」
詩花「来ます!!アルセーヌ!!」
幹部猫「うおおおおお!!」変身する音葉
樹里「ちっ!シャドウ化しやがった!!」
ちとせ「やるしかないわ!!」
冬優子「こう言う奴は拳骨しかないのよ・・・」
ロコ「理解出来ます。でも間違ってます」
甜花「・・・ナビを開始するよ」
琴歌「本当に思うのなら此処で止めないといけないんだよ!」
シッポ「・・・」
二葉「何だかもどかしい・・・」
恋「おばさま・・・」
・・・
最奥の牢獄
市長のシャドウ「・・・」
ルカ「ククククッ・・・アッハハハ!!!」
市長のシャドウ「私は駄目な人間ヨ」
ルカ「そんな納得できると思ってんのか!!」
胸ぐらを掴む音葉
市長のシャドウ「・・・」
ルカ「どれだけ仲間が死んだと思ってる!!」
懐から認知の影響でできた写真を出す音葉
ルカ「コイツは烏から家族を守る為に片目を失った!!その代償が家族がテメェ等に連れ攫われたんだぞ!!」
投げ飛ばす音葉
ルカ「フゥーフゥーフゥー!!!」
市長のシャドウ「あの人は言った。便宜を図れば・・・『息子』に再び合わせてやると」
ルカ「何?」
市長のシャドウ「悪井幹事長はそう言ったわ・・・」
ルカ「悪井だと?オイ、ふざけんなよ・・・」
市長のシャドウ「この様な事をしても『あの子』は帰ってこないのに・・・」
ルカ「ふざけんなよ・・・ややの両親を事故死させてそれを自分の秘書に擦り付けて自殺に追い遣ってのうのうと生きてやがるあのクソ野郎の関係者ならな!」
残り少ない『奇蹟』を取り出す音葉
210 : 毎日変態   2024/04/07 12:37:18 ID:jb25ErjCpI
>>209
ハルカ「貴方達は先に行きなさい…!」
詩花「ここは私達が何とかします…」
P「分かった…」
千早「私達は市長室に向かいましょう…!」
二葉「恋…」
恋「私はおばさまを探したい…!」
シッポ「なら、私と二葉が一緒に探すわ…」
ニチカ「なら、私はルカを止めに行く…!」
P「決まりだな、行くぞ…!」
(P・千早・ノヴァ・ニチカ:市長室のルカの元へ)
(二葉・シッポ・恋:市役所のどこかに居る市長を探す事に)
(ハルカをはじめとした『慈愛の怪盗団』:シャドウ達の足止め)
・・・
P「野良猫達に感化されて、他のシャドウ達まで『敵意』を向けてくるとはな…!」
千早「私達はいいけど…」
ノヴァ「キミ(ニチカ)はきつくないかい…!」
ニチカ「大丈夫、『奇蹟の石』はまだ残してあるので…」
(敵意化したシャドウとはいえ、使っている『奇蹟』の量が少ないので、Pや千早ほどの実力者なら振り払う程度で問題無いが、戦い慣れしていないニチカは人間態に変化する『奇蹟』を消費しながらの移動になっている)
P「ここが市長室か…」
千早「どう…?」
ニチカ「ルカはここに居ます…」
ノヴァ「『奇蹟』をどんどん使ってるね、早く止めないと…」
P「開けるぞ…っ!?」
(Pの視線に映ったのはいつもより更に派手になった『斑鳩ルカ』の姿だった…)
・・・
(緋根家玄関前)
雫「本気なの、やや!?」
やや「当たり前じゃない、私は…」
(『飼い猫』に去られた日の事を思い出す音葉)
やや「私はまだ、ルカを諦めたわけじゃないから…!」
雫「分かったよ、一緒に行こう…」
やや「いいの…?」
雫「運転はこの雫さんに任せなさい。ハヅキ、留守番を頼むよ…」
ハヅキ「にゃぁーっ…」
やや「ルカ、待ってて…!」
211 : Pしゃん   2024/04/07 13:27:46 ID:jb25ErjCpI
212 : あなた様   2024/04/07 13:46:48 ID:ICVgkwNEI6
>>210
ルカ「・・・来やがったか」
恋「おばさま!!」
ルカ「安心しろ、まだ死んじゃいねぇ。タップリと礼をしねといけねぇからな」
ニチカ「もう止めて下さいよ!!こんな事しても意味ないでしょ!!」
ルカ「・・・」イラァ
P「お前がやってるのは只の八つ当たりだ」
ルカ「テメェ等何時もそうだな。口では可哀想だ、同情するだの言って、本心は何とも思ってねぇくせによ!!」
P「何だと・・・!」
ルカ「アタシは知ってんだよ。テメェ等人間の醜さ!!」
千早「野良猫は確かに人の其れを見易いけどそこまでは」
ルカ「ちげぇよ!!アタシは只の野良猫じゃねぇ元飼い猫だ。緋根ややのな!!」
ニチカ「えっ・・・」
P「何・・・だと・・・!?」
二葉「ややさんの元飼い猫・・・!?」
ルカ「だから知ってんだよ。アイツの両親が事故死して苦しんでる時、それを餌にする糞見てぇな奴らも!世間からの薄っぺらい同情を口にして影では嘲笑うゴミ共を!!被害者であるアイツを勝手な思い込みで傷付けるクズ共を!!!」
ニチカ「そんな事が・・・」
P「(マズいぞコイツは想定外だ!!」
ルカ「それとニチカ。テメェもだ!!」
ニチカ「エッ私!?」
ルカ「お前どんな気持ちでアイツの傍に居たよ?どんな気持ちでアタシの傍に来たよ?何も知らねぇ小娘がムカつくんだよ!!」
ニチカ「私は・・・」
ルカ「コレは攻撃でもねェ!宣戦布告でもねぇ!お前達への『逆襲』だ!!!」
身体から負の念が放出して巨大な悪魔に変貌する音葉
ノヴァ「ヤバいねぇ・・・コイツは」
P「でけぇ三頭のキマイラかよ!!」
ルカ「ルォオオオオアアアアアア!!!!」
憤怒幻想魔獣・ルカキマイラ戦
・・・
此処では恋のペルソナ覚醒も消化する。ペルソナは『ゼノビア』
・・・
仮面ライダーゼロスリーって・・・アウトサイダーズの予算テレビ本編急じゃん
213 : 仕掛け人さま   2024/04/07 20:04:00 ID:jb25ErjCpI
>>212
P「それより、二葉さん…?」
二葉「なんですか…?」
P「市長がなして、カミサマに捕らわれているん?」
二葉「それなんですけど…」
(回想)
恋「どこか隠れられそうなところ…」
シッポ「ありきたりだけど、備品の倉庫とかは…」
二葉「ありそうね…」
恋「倉庫はちず」
214 : すまん、やり直し   2024/04/07 20:17:03 ID:jb25ErjCpI
>>212
P「それより、二葉さん…?」
二葉「なんですか…?」
P「市長がなして、カミサマに捕らわれているん?」
二葉「それなんですけど…」
(回想)
恋「どこか隠れられそうなところ…」
シッポ「ありきたりだけど、備品の倉庫とかは…」
二葉「ありそうね…」
恋「倉庫は地図や案内板には載らない…」
シッポ「アタリは付きそうね…」
二葉「問題はどこにあるか…ん?」
恋「どうかしたの…?」
二葉「あのスーツの人、逃げ遅れたのかしら…?」
秘書「(周りを警戒するように歩き回ってる音葉」
恋「あの人は…」
シッポ「知ってるんですか…?」
恋「おばさまの秘書をしてる方です。あの人なら…」
二葉「市長の居場所を知ってるかも…」
恋「でも、凄く警戒してるし。割らなさそう…」
シッポ「大丈夫、私に任せて…(どこからともなくバレーボールを取り出す音葉」
二葉「どこから出したの、それ…?」
シッポ「私はいっとき、『ビーチバレーが盛んな世界』の女の子と繋がってたの。Pさんに会いたい一心で…」
二葉「気になるワードはあったけど、何とか出来るなら…」
恋「お願いします…!」
シッポ「任せてっ…!(強めのサーブを放つ音葉」
(回想終わり)
恋「それでおばさまと地下の倉庫で会って、話をしてたのですが…」
シッポ「市長さんが持ってた『奇蹟』が強く光りだして…」
二葉「気付いたら、カミサマに取り込まれてるというか…」
市長「(諦観の表情でキマイラの首元に拘束されている音葉」
秘書「市長はずっと、悩んでおられた…」
P「『何』に対してだ…」
秘書「前市長がショッピングモールを完成させた事で退く事が決まった時、市長の息子さんが病死したが、市長は死に目にも会えなかった…」
P「それは何故…?」
続く
215 : MADE IN 変態   2024/04/07 20:37:44 ID:jb25ErjCpI
>>214
秘書「市会議員としての職務を優先させてほしいという息子さんの言葉があった。彼は母親が街を良くしたいのは知っていたから…」
恋「おばさま…」
秘書「息子を失い、選挙戦も上手くいかない。そんな時に悪井は接近してきた…」
ルカ「グルアァァァァァァッ!」
ニチカ「ルカ…」
ハルカ「もう、こんな事にまで…」
P「すまない、市長もろともピンチだ…」
詩花「『奇蹟』を負の方向に使えば…」
冬優子「街自体も負の気が蔓延します…」
樹里「今、この街は反市長派が優勢…」
ロコ「パーラメントはメイヤーのエムティーディーを出そうとするところまでいってるそうですが…」
二葉「エムティーディー…?」
P「『Motion to dismiss』、解任動議か…」
琴歌「当選から2年、ヒトは増えましたが…」
甜花「その分、不満も多くなった…」
ちとせ「街づくりって難しいのね。何となくだけど、そう感じるの…」
P「後は悪井が何故接触してきたかだが…」
秘書「悪井は『石』を集めていた。野良猫をはじめとする動物達を駆除する為の方便として街づくりを勧めていたのだと思う…」
恋「そんなっ…」
P「問題は悪井がどこでそんな知恵を付けてきたかだ。俺の予想が正しければ、アイツは『超ビーチバレー世界』でムショ送りになってるはず…」
千早「その人はいったい、何をしたの…?」
P「シッポの見た目をした女の子にドーピングをした。下手すれば、死に繫がるようなクスリをな…」
ノヴァ「執行猶予も付かなかったのかい…?」
P「あの世界じゃ超ビーチバレーは世界レベルの国技なんだ…」
ハルカ「『世界』は広いもんだ…」
P「チャンスがあるとすれば、アザトースが行った『地球統合』だろうな。そのタイミングで『成り代わった…」
恋「それじゃ、おばさまは…」
P「利用されたんだろう、きっとな…」
216 : 変態マスター   2024/04/07 21:34:48 ID:ICVgkwNEI6
>>215
高級住宅街
ラン「ノアさんを離せ!!」
カオル「その人は僕らの飼い主だ!そして汚い手で姉さんの友人を触るな!!」
悪井「オマエタチノイシヲワタセバカイヌシトトモハカイホウシヨウ」
ノア「・・・」昏睡状態
アスカ(猫)「・・・」昏睡状態
ラン「ぐぅううう!?」
カオル「(なんだこの人間は!!明らかに普通じゃないぞ!!」
悪井?「ぅうう・・・助け・・・」
カオル「ん?」
悪井「サァオトナシクアタセ」
ラン「分かった!!渡す!だから二人を!!」
カオル「姉さん駄目だ!!コレは罠だ!!」
悪井「ダマレ!!」闇のオーラが出て外に投げ飛ばす音葉
カオル「うわあああ!?」バリーン
ラン「お願いです!!渡すから弟もノアさんもアスカも傷付けないで下さい!!」
悪井「イイコダ」
ラン「くぅ・・・」部下達に命令する音葉
悪井「オマエハワレノドウグニナッテモラウ」
・・・
カオル「姉さん」ヨロォ・・・
???「大丈夫っすか?」拾い上げる音葉
カオル「頼む・・・誰か」
???「怪盗団と別行動してたらまさかとは思って無かったっすよ」
カオル「うぅ・・・」
???「悪井!アンタは竹録志紀が必ず成敗してやるっすよ!!」
カオルを連れて一旦この場を離れる音葉
・・・
竹録志紀:平行世界の一ノ瀬志希。基底世界の倫理観ゆるキャラのマッドとは違い情熱的なスポコン根性体育会系の公安警察。ややとは先輩後輩関係
公安先輩から怪盗団の話を聞き協力体制を築いてる。
悪井の事故の件に疑問を持ち彼を逮捕し罪を償わせる事に自分の警察人生を賭けている
実は既にペルソナ覚醒済みで持ちペルソナは神フレイ
元ネタはバンブーメモリー。

この世界ののあさんは完全外国人のノア・アンダーソンと言う女性になっている。

悪井は普通でなくラスボスの意識体に憑依されている。
217 : プロデューサー様   2024/04/08 07:08:02 ID:Ti3epFe/w2
>>216
恋「利用された…」
P「人は死んでしまえば、『完全』に戻ってくることはない…(失った人や仲間の事を思い出す音葉」
二葉「えぇ、そうね…(両親の死後、進路を巡り一夏と衝突していた時の事を思い出す音葉」
シッポ「だからこそ、生きとし生ける者は前を向く必要がある…」
ハルカ「失われた人を思う事はあっても…」
千早「それだけで日常は送れないもの…(未来からきたユウに『もつ一つの未来』の顛末を聞いた事を思い出す音葉」
P「問題はキマイラになったルカをどうするかだ…」
ニチカ「市長さんを救い出しても、2人が気付かないといけない…」
P「ナビ、ウィークポイントの洗い出しを頼むぞ!」
甜花「合点承知の助…!」
恋「おばさま。お願い、前を向いて…!」
・・・
(市役所近くの駐車場)
やや「着いた、けど…」
雫「なんか、禍々しいよ…」
やや「でも、分かる。一番、暗いとこに居る…」
雫「急ごう、今ならまだ入れそうだ…」
やや「うん…!」
・・・
(高級住宅街の空き家)
悪井「コレデイイノダ、コレデ…」
ランコ「何をしようと言うの…?」
(ランコの周りに今まで回収した『奇蹟』を敷き詰めている音葉)
悪井「コレデ…」









『バステトヲヨビヨセラレル…』
(正確にはバステトのシャドウ、バステトを呼べる事が出来るのはたった1人だけ…)
218 : プロデューサー様   2024/04/08 12:27:28 ID:/2MxU1PjcQ
>>217
千早「ノヴァ!!早速だけど出番よ!!」仮面を外す音葉
ノヴァ『合点承知の助だよ!!』
千早&ノヴァ「「フレイダイン!!」」
核熱放射を撃ち出す音葉
ルカ「ゴロァアアアアア!!!」
三つの顔からアギ系、ブフ系、ジオ系の攻撃を同時発射する音葉
ハルカ「三属性を同時に!!」
詩花「最上位階級の魔法を打ち消す威力ですね!!」
ルカ「ギャロアアアア!!!」
腕を振り下ろし斬撃を飛ばす音葉
樹里「アブねぇ!?避けろ!!」
ちとせ「わわぁ!?」
冬優子「市長さんを救うのもしないといけないのに!!」
ロコ「真正面からのアタックは市長がデンジャーです!!」
琴歌「冬優子ちゃん!!ヨハンナで動き捲って!!私も弾幕を張るから!!」
冬優子「分ったわ!!ヨハンナ!!」バイク型のペルソナが出て来る音葉
琴歌「行くよ!!」銃を移動しながら側面狙いで撃ち捲る音葉
甜花「急げ急げ・・・!!」
・・・
二葉「まるで怪獣との戦いじゃない・・・」
ニチカ「・・・」
シッポ「何時までも落ち込まない!!今は彼女を救う事を考える!!」
ニチカ「そう・・ですね・・・」
シッポ「(ショックが大きいか・・・」
二葉「(無理もないわよね・・・」
恋「(おばさま、私は・・・」
?『本当は分ってたでしょ?』
恋「えっ?」
?『『奇蹟』が亡くなった後、自分が助ければ良かったのに」
恋「私は・・・」
?『でも貴女は自分に言い訳をし、彼の死を認めたくなかった』
恋「違います!私は!!」
?『なら何で戻ってきた?』
恋「私はあの人を救うと決めた!だから向き合うと決めたんです!!それが奇蹟の私の大切な人との約束だから!!」
?『やっと聞けましたわね。ならば契約よ』
恋「っ!?」猛烈な頭痛が発生する音葉
恋『我は汝、汝は我!』
続く
219 : プロデューサーちゃん   2024/04/08 12:40:49 ID:/2MxU1PjcQ
>>218
シッポ「萩野さん!?」
二葉「しっかりして下さい!!大丈夫!?」
ニチカ「何が起きてるんですか・・・?」
二葉「分らない急に頭を抱えて・・・」
シッポ「えっ?」
ニチカ「奇蹟が反応してる?」
・・・
ルカ「ヌゥ!?何だ!?」
ハルカ「この気配はまさか!!」
詩花「私達と同じ!!」
P「何が起きてるんだ!!」
詩花「目覚めるんです!!叛逆の使者が!!」
ルカ「だから何だってんだぁあああ!!!」
・・・
恋『悲しみに呑まれても、羞恥に晒されても、折れず屈せず!己の意思を憑き通す!黄金の精神を!!』
恋「うぅうううう!!!!」
恋『目覚めさせるのだ!過去を亡き者にせず!前歩き出す悪への叛逆を!!』
恋「はぁあああ!!『ゼノビア!!』」顔に出現した仮面を引き千切る音葉
・・・
『バステト』「・・・」ピクッ
空を見上げる音葉
『バステト』「フッ・・・悪に叛逆する強気心だな・・・」
・・・
蒼炎の中から蒼き衣を纏いて出て来る音葉
二葉「服装が変わった・・・?」
シッポ「後ろに誰か居る・・・」
ニチカ「」唖然とする音葉
恋「私がおばさまを目を覚まさせます!!受け入れ乗り越える明日へ進める為に!!」
220 : プロデューサーちゃん   2024/04/08 14:04:53 ID:SC4TvjPD9k
>>219
恋「Pさん、『ゼノビア』が告げています…」
P「え…?」
恋「『諸悪の根源』を絶ちなさいと…」
P「『諸悪の根源』…」
ハルカ「おそらく、悪井のことね…」
P「近くに居るって事か…」
ハルカ「私達の『協力者』が場所を掴んでるわ…」
千早「『協力者』?」
ハルカ「名は『竹録志紀』、公安警察の人間よ…」
ノヴァ「義賊同然の存在とはいえ、公権力の協力を得ているとは…」
P「で、悪井の場所は…」
ハルカ「『高級住宅街』の空き家だって」
P「遠いな…」
(市役所は商店街とショッピングモールの中間地点)
千早「移動型のデバイスがあれば…」
P「飛んでいくにしても、この世界じゃリスクが…」
やや「Pさん…!?」
雫「え、コスプレ…?」
(混乱の隙を突いて、堂々と入り込んできた音葉)
P「緋根に目黒…!?」
やや「ここに私の飼ってたネコが来てるはず…」
P「今、あんなんだぜ…(親指を向ける音葉」
雫「三ツ首のネコ…!?」
P「緋根、頼みがある…!」
やや「え、何…?」
P「車、貸してくれ!」
やや「それくらいなら、いいけど…」
P「サンキュー、恩に着るぜ!(握手しながら手をブンブンする音葉」
やや「ちょっと、顔が近い…///」
P「あ、悪い…」
ノヴァ「(まーた、無意識に…」
・・・
(ややから借りた車の中)
P「よし、行くぞ…!」
千早「えぇ…」チラッ
ノヴァ「それはいいけど…」チラッ
(2人して後部座席を見る音葉)
P「ん、どうした…ん!?」チラッ
(バックミラーに尻どころか頭を隠しきれてない二葉とシッポの姿)
P「なして!?」
二葉「恋はややさん達にお任せしました!」
シッポ「それに入り組んだ道なら私達の方が案内出来ますよ…」
P「しゃーない、乗りかかった船だ…!(車を発進させる音葉」
221 : Pさぁん   2024/04/08 20:43:11 ID:yiHmGTRuLI
>>220
近くの駐車場
志紀「どう言う事っすか!!」
電話「上から言われてる悪井幹事長の逮捕は止められてる」
志紀「納得出来る訳がないっすよ!!相手はすぐそこなんっすよ!!」
電話「・・・」
志紀「だんまりっすか局長!!貴女は前の件でも今回でも同じ轍を踏むと言うんっすか!!」
電話「お前の気持ちは分かるだが・・・オイ何をする!!」
「俺だ竹録・・・」
志紀「先輩?どうしてそこに?」
「『偶々』局長に用事が合ったんだよ。俺から一言いいたい事が有る」
志紀「・・・」
「お前はお前の信じる『正義』を突き進め。怪盗団と同じにな」
「何を勝手な・・・!!」
志紀「任務了解っす!!」電話を切る音葉
カオル「・・・」
志紀「大丈夫っすよ。飼い主さんはアタシが救うっす」ポンポン
キキッーーーー!!!
Pたちの乗る車が通過する音葉
志紀「ちょ!?コラァー!!危険運転っすよ!!!!」
・・・
千早「Pさん・・・」
シッポ「・・・」
二葉「」後ろを確認する音葉
P「何だ?どうかしたか?」
千早「後ろから私服が・・・」
P「何?」後ろを確認する音葉
明らかにすぐ後ろに着けてる志紀の車
ノヴァ『急ぎ過ぎたね~』
P「oh・・・」
222 : ぴぃちゃん   2024/04/09 06:50:21 ID:BG87XkKk6g
>>221
P「ここまで来たら、関係ねぇか…」
千早「えっ…?」
P「おそらく、アレが公安だ…」
二葉「もしかして、ハルカさん…」
シッポ「私達の事、伝えてないんじゃ…」
(2人揃って、青ざめる音葉)
P「まぁ、街全体がこんな状況だ…」
ノヴァ「仮に伝えていたとしても、伝わってない可能性はあるよ…」
・・・
志紀「ゴラァッ、止まれっすよー!」
カオル「大丈夫なのだろうか…?」
志紀「なんなんすかねぇ、あの車は…」
・・・
P「それにしても、高級住宅街なのに空き家とはね…」
二葉「市長の政策も始めは軌道に乗っていたんです、ただ…」
シッポ「ここ半年くらいから建売の買い手が付かなくなっていったんです…」
P「ただ、悪井の目的はあくまで『奇蹟』…」
千早「その為に刈り取られた自然を何だと思っているのかしら…」
ノヴァ「ここで憤っても、やり場は無いだろう…」
P「『奇蹟』の気配、この家だ…!」
(車を止める音葉)
・・・
志紀「ようやく、止めたっすね…」
カオル「ここから、姉さんの気配がする…」
志紀「どこのどいつっすか、免許証を提示して…」
P「『慈愛の怪盗団』…」
志紀「どうして、その名を…!?」
P「『平行世界』からの来訪者である俺達とも協力関係を築いているからな…」
千早「ここに『四皇』の一角が…」
志紀「だとしたら、このネコのお姉さんっす…」
二葉「空き家とはいっても、鍵は…」
P「掛かってないな、不用心なのか…」
千早「それとも、ここで決めてしまおうてハラなのか…」
P「竹録志紀、どうする…?」
志紀「行くっすよ、人が替わっても悪井の所業を見過ごせない…!」
・・・
書きたい展開:『Pvs悪井』にアイオートが茶々を入れます
223 : おにいちゃん   2024/04/09 11:16:16 ID:RFyTDr43Ug
>>222
服装が解党服にチェンジする音葉
志紀「これは!!」
P「またパレスか!!」
千早「でも雰囲気が全然違います!!」
二葉「何ですかこのオドロドロしい場所は・・・」
シッポ「・・・色んな人の声が聞こえる」
志紀「『メメントス』!!」
P「『メメントス』?何だそれは?」
志紀「ハルカから聞いてないんっすか?通常パレスを造れる人間は極少数なんっすよ」
千早「成程、よっぽど心に澱みが無いとパレスは出来ないのね」
志紀「『メメントス』は集合無意識領域所謂『人類皆のパレス』って奴っすね・・・」
P「『人類皆のパレス』か・・・それが何で此処に?」
志紀「悪井の奴、人を集めて何かする気っすね・・・」
千早「幸い此処は広くないわ。行きましょう!!」
二葉「直ぐそこに人の気配が・・・」
シッポ「でも明らかに人じゃないわ・・・」
P「黒幕が御出でって奴か・・・開けるぞ」
・・・
悪井「キタナ・・・」
志紀「悪井!!此処までっすよ!!書状は脱税!横領!殺人罪その他諸々で現行犯っす!」
P「大人しく捕まるんだな。嫌なら痛い目を見るぞ」
悪井「ナルホド、コレハキツイナ・・・」
千早「人の気配じゃない・・・」
二葉「気持ち悪い・・・」
悪井「ヤツヲヨビダスタメニトッテオイタガヒトツテイドモンダイナ」
シッポ「『奇蹟』を!!」
P「何をする気だ!!」
悪井「」ゴクリ
志紀「飲み込んだ・・・」
悪井「!?!??」
眼と鼻と口から血を出し人形の様に倒れる音葉
二葉「ひっ・・・」
ノヴァ「ッ!!気を付けろP!!」
P「何だ!!」
ノヴァ「今、一人の人間の魂が消え、別の何かに変わった・・・」
悪井?(CV飛田展男)「諸君、初めましてだな・・・」
起き上がる音葉
悪井?「私の名は『反救世主<ネガメサイア>』、滅びを謳歌する者なり」
224 : へっぽこ大名行列   2024/04/09 13:45:03 ID:BG87XkKk6g
>>223
P「音がメサイア…?」
ネガメサ「急に歌わせてもらおう〜♪」
P「根がメサイア…?」
ネガメサ「まぁ、言い得て妙だね…」
千早「何で、二人してふざけてるのよ」ペシン
P「アイツのノリが良すぎる…」
ネガメサ「いやはや、この男(悪井BV)は実に面白い…」
P「面白い…?」ピクッ
ネガメサ「この男の記憶を覗いたみたが、クックックッ…」
志紀「え、何がどうなってるっすか…?」
P「竹録、少し頭貸せ…」コツン
志紀「わ、顔が近いっす!///」
二葉「むぅ…」ハイライトオフ
シッポ「ふーん…」ハイライトオフ
千早「まぁ、記憶を共有した方が早いものね…」ハイライトオフ
志紀「どどどどういう事っすかー!?」
P「今、見せた『記憶』が全てだ。あの悪井は『超ビーチバレー世界』でそこのシッポと同じ姿をした女の子に死なせる可能性のあるクスリを盛ったんだ…!」
シッポ「えっ…!?」ゾクッ
P「あの世界じゃ、超ビーチバレーは世界レベルの国技だ。それをアマチュアとはいえ、選手を危うく殺すとなれば…」
ネガメサ「左様、この男は座して死を待つのみだった…」
P「アザトースが地球統合を行った結果…」
ネガメサ「『悪井』どうしは出会ってしまった。そして、願った…」
P「『願った』…?」
ネガメサ「入れ替わってくれとな…」
P「『アレ』はそういう事か…」
千早「アレ…?」
P「色々あって、『超ビーチバレー世界』には訪れていたんだが、ムショ送りになった悪井が錯乱して精神病患者の方に送られたっていう記事を…」
シッポ「デートしてる時に見たんですよね…?」
二葉「えっ…!?」
ノヴァ「ほほー…」
千早「詳しい事は後で伺いますね…」ハイライトオフニッコリ
P「ウィッス…」
ネガメサ「そして、悪井は成り代わったとは言っても…」
志紀「政治的手腕までは難しかったみたいっすね…」
225 : Pさぁん   2024/04/09 13:52:27 ID:BG87XkKk6g
補足
悪井BVが悪井幹事長と入れ替わった際に政治面での汚職が酷く、入れ替わった事を後悔したくらいではあったが、その直後くらいに『隕石騒動』が勃発
そこから『奇蹟』のチカラである程度好き勝手出来る事を悟ると、脱税や横領をしなくなった。その為、公安は過去数年の脱税や横領を縦に逮捕、立件を図っていた
補足②
Pはパンゲアと超ビーチバレー世界をよく訪れていた。パンゲアでは鏡舞、超BV世界では海美、風夏、そして志保と逢瀬を重ねていた
なので、シッポにバレた(ここ重要←)
226 : Pサン   2024/04/09 15:47:48 ID:BG87XkKk6g
>>225
「風花」だわ
227 : プロデューサーくん   2024/04/09 19:18:56 ID:RFyTDr43Ug
>>224
ネガメサ「だがそれも一興だったがな・・・」
P「お前は何時奴に憑依した」
ネガメサ「奴が奇跡を使い、一連の事件の揉消しを図って居た時よ・・・」
千早「貴方はいったい何者なんですか・・・」
シッポ「人ではないですね・・・」
ネガメサ「私は君達が人間が産み出した『モノ』だよ。人の内に無意識領域にある『絶滅願望』が溜りに溜り私は誕生した・・・」
ノヴァ「有り得ないね。そう言った悪性情報は世界の廃棄抗によって分解される。人が人による絶滅を防ぐ為に・・・」
二葉「そうなんですか・・・?」
ノヴァ「うん、所謂世界の循環システムって奴だね。世界が人を自身の一部と認識してるからだ・・・」
ネガメサ「確かに私は吹けば消える哀れな存在だ。アレは起きる迄はな・・・」
P「アザトースか!!」
千早「世界のネガティブマインド・・・」
ネガメサ「奴が滅びた際に世界に悪性情報が溢れたのだよ」
ノヴァ「ちっ!!そう言う事か!!アイツ、表の世界に出れなくなっただけで只で黙る存在じゃないか!!」
ネガメサ「だが私の存在を察知したバステトは死して尚人を護る為に私の上に蓋を敷いたのだ・・・」
P「バステト、あいつ・・・」
ネガメサ「御蔭で私は外に出る事が出来ず途方に暮れていたのだよ」
志紀「だけどそうならなかったと」
ネガメサ「そうだ、藁にも縋る想いの奴が、偶然にも認知学を触れ私の意識体を引っ張り出したのだよ。結果私の肉体に成ってくれたよ」
シッポ「貴方の目的は何なの!!」
ネガメサ「私の目的は『奇蹟』を使い、バステトを呼び出しバステトを殺し」





『我が使命、メメントスを介し人類同士の心を繋ぎ、一心不乱の絶滅戦争を起こすだよ』
228 : 兄(C)   2024/04/10 07:53:15 ID:WzGbkBUNzA
>>227
P「は…?」
ネガメサ「『人の業』、その果ては『滅亡』だ。私がそれを起こす…!」
P「テメェ、何を言ってやがる…!」ギリッ
ネガメサ「『ここ』がその始まり、『平穏』を切り崩し、生きとし生ける者達から『負のパワー』を生み出させてもらう…!」
P「その為に奇蹟を…」
ネガメサ「あの『キマイラ』はその序章にしか過ぎないのだよ…」
P「序章だと…?」ピクッ
ネガメサ「そして、準備は整った!」
(ランコの周りの『奇蹟』が鈍色の輝きを放つ音葉)
カオル「姉さん!?(慌てて飛びつこうとする音葉」
志紀「ダメっす!(巻き込ませまいと身体を抑え込む音葉」
ネガメサ「出でよ、信仰を破壊する先兵『デザストシャドウ』!」
(発光が消え、視界が開ける音葉)
二葉「アレって…」
シッポ「デザスト様にソックリね…」
(髪が黒で、肌がやや褐色気味の見た目『大崎甘奈』が闇のオーラを纏って、仁王立ちしている音葉)
ネガメサ「調べさせてもらったよ。この世界における『デザスト』への信仰をな…」
志紀「えっ…」
ネガメサ「そして、一つの結論に辿り着いた。デザストを仇なす者に仕立てあげれば…」
P「ふざけんなよ!」
ネガメサ「ん…?」
P「この世界でそんな事は許さねぇ。この俺が…!」
(右腕に新たな『使い魔』の紋様が浮かぶ音葉)
ネガメサ「最も多くの『奇蹟』を使った『シャドウ』には誰も勝てまい!」
P「ほざいてろ、ダァホ。行くぜ、第十四の…」
『待て…』
(P以外の時間の流れが止まる音葉)
P「何が起きた…!?」
アイオート『呼び寄せるのなら、その数字は「違う」だろう…』
P「アイオート…?」
アイオート『我を呼ぶための紋様はお前の左腕に刻まれている…』
P「え、そうなのか…?」
アイオート『だから、次の数字を叫ぶんだな…』パチン
(時間の流れが戻る音葉)
続く
229 : プロ太郎さん   2024/04/10 08:04:28 ID:WzGbkBUNzA
>>228
P「ハハ、そうか…」
ネガメサ「何が可笑しい…?」
P「仕切り直しか…」
ネガメサ「仕切り直し…?」
P「疾やがれ、『第十五の使い魔』!」
志紀「使い魔!?」
二葉「何を呼び寄せるつもりなの…?」
P「『バステト・シン』!」
(突き上げた右腕の紋様が強い発光を齎す音葉)
シッポ「何この強いチカラ…」
カオル「だが、懐かしくも温かみがある…」
(発光が収まり、視界が再び開ける音葉)
バステト「んもう、あんちゃんは本当に無茶すんだから…」
P「だけど、懐かしいだろ?」
バステト「うん、そうだね。久しぶりのシャバって感じがする…!」
二葉「出た、ギャル神…」
シッポ「バステト様…」
カオル「よくぞ、戻ってきました…!」
志紀「風紀が乱れてるっすー!」
P「バステト、まずはあのシャドウを何とかしたい…」
バステト「わっちに任せて、あんちゃんはネガメサイアを頼むよ…!」
P「あぁ…!」
バステト「このどこよりも『平和な世界』を壊そうとするやつはわっちが全力で叩き潰すから!」
・・・
バステト・シン:Pの中に残されていたバステトの奇蹟を媒介として『使い魔』として顕現させた状態のバステト。『シン』にはシャドウに対しての『真体』、この世界における『神』のダブルミーニングを持たせている。戦闘面においては『Pと同等』のチカラを持つ
二葉曰く「相変わらず見た目はギャルなうえに、よりギャルしてる。絶対、Pさんの趣味が出てる」
230 : プロちゃん   2024/04/10 11:02:38 ID:z4SauI.7Nw
>>229
ノヴァ「・・・」バシッ
バステト「アダァ!?」
千早「ちょっとノヴァ!?」
ノヴァ「久し振りだね化け猫・・・」
バステト「やってくれたねトカゲ・・・」
ノヴァ「また会えて嬉しいよ。大分姉妹が減ったからね・・・」
バステト「アリアの事は薄々気付いてた・・・アイツらしい最後だった」
ノヴァ「ボクも千早の中で見てたからね・・・」
千早「えっそうだったの。最近話掛けられたから気付かなかったわ」
ノヴァ「今は積もる話は後だ。あの影野郎を消すか!!」
バステト「わっちも久し振りに暴れるか!!ずっと座りっぱなしで鈍ってたんでね!!」
志紀「ハハッ頼もしい限りっすね・・・」
P「さて俺は・・・」
ネガメサ「ハハッ・・・」
P「何笑ってやがる」
ネガメサ「態々自分から出て行くとはな。愚かだな君は」
バステト「ぬかせ、お前を倒すのはわっちじゃない。選ばれし『トリックスター』達だ」
ネガメサ「何?」
バババババババババ
「ショータイム!!」
ヘリに変身したハルカから降りて来る三人の人影
詩花「お待たせしました!!ヒーロー到着です!」
亜夜「ふん!!伊邪那美クラスって奴ねやってやるわ!」
心白「あの人ニュクスに似た雰囲気がします」
P「オイオイ頼もしい援軍だ事で・・・」
バステト「嘗てこの世界は裏側で数度危機が訪れた。その度世界を救ったトリックスター。それが彼女達だ!!『反救世主<ネガメサイア』!お前はこの四人の星に敗れる!!」
ネガメサ「・・・」
続く
231 : Pちゃん   2024/04/10 11:21:24 ID:z4SauI.7Nw
>>230
ネガメサ「バステトよ・・・君は何故こうまでして人を護る?人を愛する?」
バステト「何を今更・・・」
ネガメサ「君が人を護っても人はお前に何も返さない。逆に私やニュクスの様な『終末装置』を産み出し、伊邪那美の様な願いを歪ませ叶える存在を生み、ヤルダバオートやデミウルゴスの様な怠惰の極の願望器を育て上げた。コレは君にとって何の得がある?何もないでは無いか?それなのに何故?」
P「・・・」
ネガメサ「人は君を認知しない。人は過ちを繰り返す。コレは君にとって裏切り行為だ。それなのに君は何故滅び逝く彼らを守護し愛する?必要ともされないに?」
亜夜「ばっかじゃないのコイツ・・・」
心白「そうですね」
詩花「初めから分かり切ってるんです・・・」
ネガメサ「何?」
バステト「必要だから愛するんじゃない。愛するから必要なんだ
P「確かに人は過ちを繰り返す」
詩花「ですがその中から必ず過ちを正す人が出て来る」
亜夜「失敗も繰り返すでしょうね。でも・・・」
心白「それがやがて大きな成長に繋がるんです」
P「人間を舐めるよ!終末装置!」
ネガメサ「ならば、私も真の姿を持って人を終らせよう・・・」
背後から巨大な色々な物は組み合わさった何かが出現し融合する音葉
詩花「人間は存外捨てた物じゃ無いんです!!来い!サタナエル!!」
亜夜「悪性情報が人を語るなっての!!伊邪那岐大神!!」
心白「本当の救いは自分で掴む物です!メサイア!!」
バステト「わっちの選んだトリックスター達を舐めるなよ!!」
悪性情報集合体・『反救世主<ネガメサイア>』
232 : プロデューサー様   2024/04/10 12:08:08 ID:z4SauI.7Nw
捕捉
ルカキアイラは仲間達の後押しもあり移動
その途中で歴代のトリックスターの二人が『声』に呼ばれて合流し現在に至る
『声』の正体は『バステト』。ベルベットルームを通し二人を呼び寄せた

亜夜:ペルソナⅣ担当、心白:ペルソナⅢ担当
233 : 監督   2024/04/10 14:05:31 ID:WzGbkBUNzA
>>231
ネガメサ「相手をするのは私だけでは無い事を理解しているかな?」
シャドウ「お任せを、マスター」シュバッ
バステト「隙が無いね、でも…(後ろを見る音葉」チラッ
カオル「姉さん…」
バステト「あのコ(カオル)の取り込まれたお姉さんを助けないとね…」
P「竹録、二葉とシッポを避難させろ!」
志紀「は、はいっす!」
二葉「Pさん…」
シッポ「必ず、戻ってきてよ…」
千早「分かったわ…」
ノヴァ「何が起きた…?」
千早「キマイラがこっちに向かってるみたい…」
P「もう、しっちゃかめっちゃかだな…」
ネガメサ「それが戦いというものだ!」
P「黙らっしゃい!」
バステト「アザトースとの悪縁は…」
P/バステト『ここで断ち切らせてもらう!』
・・・
(市役所前)
やや「そうか、車はPさんに貸してるんだった…」
恋「どういうことなの、大拓!」
大拓「ごめーん、お嬢。バッテリーが上がっちゃてる、ぴえん…」
冬優子「ちょっと、どうすんのよ…」
ちとせ「ここから『住宅街』はショッピングモールを挟んでるしねぇ…」
甜花「タクシーも捕まらない…」
琴歌「かくなる上はヒッチハイク!」
ロコ「それはリアリスティックではありません…」
樹里「いったい、どうすれば…」
雫「なら、こうする♪」
(リムジンが到着する音葉)
やや「雫…」
雫「使えるものは使わないとね。例え、それが少し微妙な仲の実家だとしてもね…」
やや「ありがとう…!」
雫「行こう、私達にはこの顛末を見届ける義務がある…!」
234 : 貴殿   2024/04/10 19:39:03 ID:z4SauI.7Nw
>>233
ノヴァ「バステト!!ボクの奥義を使う!!」
バステト「どれ!!」
千早「複数選択がある程技が有るの!?」
ノヴァ「『ゼタフレア』だ!チャージに時間がかかるから暫く任せる!!」
バステト「任された!!」
ノヴァ「千早!!演唱を開始するよ!!」
千早「分ったわ!!」
口の周りに強大なエネルギーが溜まって行く音葉
・・・
P「しかし醜い外見だな・・・」
詩花「人類の持つ悪性情報の集合体ですからね・・・」
亜夜「そんな外見で『反救世主<ネガメサイア>』って言う名前も皮肉よね・・・」
P「(こっちの世界でも亜夜は変わらんな・・・」
亜夜「全くもっとハイカラな格好にして欲しいわよ!!」
P「(あっ微妙に違う部分もある、ハイカラって・・・」
心白「でも規模的にニュクス程の大きさじゃないね・・・」
詩花「ニュクスって確か衛星サイズの本体が居たって言う・・・」
心白「そう、皆の力が在って再封印出来た。だから・・・」
亜夜「コイツの場合はそうは言えないわよ・・・倒さないと人類が危ないんだから」
P「そうだ、コイツは人類にとって害にかならない!!」
ネガメサ「私を倒せると思うかね?私は人類の総意の意思だ・・・」
亜夜「悪いけどアタシはそんな気持ちは全くないわ!!」
心白「同じくです。人生はまだ始まったばかり早々に終わらせる気はありません」
詩花「Pさん!!最後に決めたいセリフがあるんです!!」
P「良いぜカッコよく決めようじゃないか・・・」
・・・
最後の決め台詞は銃を合わせて『JACKPOT』でお願い
235 : ごしゅPさま   2024/04/11 08:02:18 ID:znbaPMb7Ys
>>234
(空き家の玄関前)
志紀「『平行世界』の存在に成り代わられたという事は…」
二葉「この世界の悪井幹事長はもう裁けない…」
シッポ「Pさんが『ゲート』を通してくれれば、話は変わるかも…」
志紀「でも、アタシの知ってる『悪井』は…」
シッポ「ちょっと、待ってください…(『奇蹟』のチカラを使って、志保BVの記憶にアクセスする音葉」
二葉「便利よね、そのチカラ…」
シッポ「他人の記憶を覗き込んでるようなモノだから、あまりいい気分では無いけど…」
志紀「で、悪井は…」
シッポ「もう長いこと、精神病棟に居るみたいですね。最も『向こう(超ビーチバレー世界』はこちらと時間の流れが異なってはいるみたいですが…」
志紀「そうっすか…」
カオル「ん…っ!?」ニャッ
二葉「どうしたの、弟ネコさん…?」
志紀「向こうはショッピングモールや商店街の方っすね…」
シッポ「大変、キマイラが飛んできてる…!」
二葉「えっ…!?」
志紀「キマイラ…?」
シッポ「野良猫の序列2位『カミサマ』のボスが奇蹟を必要以上に行使して、姿を変化させたんです…」
二葉「恋達は大丈夫なのかしら…」
志紀「ん、先輩…?(電話に出る音葉」
先輩『首尾はどうだ、簡単でいい』
志紀「『悪井』はもう検挙出来ないっす。ヒトを辞めてしまった…」
先輩『相分かった。それと、住宅街に凄く飛ばしてくるリムジンが来るんだが、検挙はしないでくれ…』
志紀「それはどうして…?」
先輩『アイブラック…』
志紀「アイブラックっすか…」ゲンナリ
二葉「アイブラックって…」
シッポ「世界的企業のアイブラックよね…?」
続く
・・・
補足
アイブラック:雫の実家が経営してる会社で世界的企業ではあるが、それでも分家にしか過ぎない。雫は男兄弟が継ぐものだと思ってるのでゴルファーになった
236 : ごしゅPさま   2024/04/11 08:26:23 ID:b6GPY.TUKI
>>235
(リムジン車内)
大拓「ウェイウェーイ、飛ばしてるけどいいのかシズちん!」
雫「問題無いよー!」
やや「うん、凄いね…」
ロコ「うぅ、ストマックからリバースしそう…」
樹里「わー、待て待て待て!」
冬優子「緊急車両かってくらい、信号がスルー出来てるわね…」
甜花「流石、アイブラック…」
琴歌「それよりもリーダーと詩花さんはどうしたのでしょうか…?」
恋「『神様』が呼ぶ声がしたと言っていましたが…」
ちとせ「キマイラとは違うもんね…」
大拓「それって、バステト神の事じゃないのー?」
雫「それが復活しなくて、『奇蹟』が出来たんじゃなかったっけ…?」
やや「あ…」
恋「どうかしましたか…?」
やや「何となくだけど、Pさんからバステトのオーラを感じたなって…」
『え…?』
・・・
(VS悪井・バステトシャドウ)
シャドウ「今度こそ、消えろ。私は貴女に成り代わる…!」
バステト「ほざいてろ、わっちはもう消えない。もう一度、生きると決めたから!」
(激しいラッシュを打ち合う音葉)
ネガメサ「私を倒しても、ヒトの意思は消えない!」
P「なら、その都度つぶす!」
亜夜「それが私達の意思よ!」
詩花「私達にはその覚悟があります!」
心白「その戦いに果てがなくとも…」
P「俺達は歩みを止めねぇ!」
バステト「あんちゃん、技を借りるよ…!」
シャドウ「(技と聞いて、身構える音葉」
バステト「まずは帰してもらうね、Release!」
シャドウ「まさか、止めろーっ!(媒介にしてランコと分離させられる音葉」
ネガメサ「な、んだと…!?」
P「諦めろ、お前の降霊術もそこまでだったんだよ…(T2マグナムを構える音葉」
ネガメサ「しまった…!」
P「轟け…」
P/詩花/亜夜/心白『JACK POT!』
(慈悲も与えない銃撃が放たれようとする音葉)
237 : 3流プロデューサー   2024/04/11 10:43:45 ID:Snos.23bz2
>>236
バステト「ノヴァ!!準備は!!」
ノヴァ「誰に言ってる!!ボクは最強だよ!準備はとっくに出来てるよ!!」
千早「!!!!」超高速神言発動中
バステト「なら!!デェエエエイ!!」蹴り上げる音葉
シャドウ「ぐわぁ!?」
ノヴァ「ジャスト・・・」
千早「誤差修正・・・ロック!」
千早&ノヴァ「「ゼタ!!フレア!!!!」」
瞬間的に太陽と見間違えるほどの強力な熱線がシャドウを焼き貫き大気圏を突破する音葉
バステト「相変わらずの馬鹿火力だね~認知世界だから良かったよ」
ノヴァ「通常世界には全く影響ないから使ったんだよ」
千早「ハァ・・・ハァ・・・想像以上に体力を持ってかれた・・・」
・・・
ネガメサ「私は・・・オォオオオオオ!!!!」
亜夜「醜いモニュメントはとっとと退場願うわ・・・」
ネガメサ「人の・・・破滅・・・を・・・」
心白「破滅願望があると同じで生きる願望も人の意思です・・・」
詩花「人が人である限り棄てる事は出来なくても、受け入れて尚前に進む・・・」
P「それが人間って奴だ、何度でも言うぞ」
P/詩花/亜夜/心白「人間を舐めるな!!」
ネガメサ「オォオオオオオ!!!」崩れ落ちる様に消滅していく音葉
P「これで終わりだ・・・」
238 : 変態インザカントリー   2024/04/11 14:11:42 ID:JNswFmepUQ
>>237
ネガメサ「ま、だだ…(思念体となり奇蹟と繋がろうとする音葉」
P「チッ、しぶといな…(スカルのT2メモリを準備する音葉」
バステト「お姉さんネコは弟さんのところに送るね!(フィンガースナップで送り届ける音葉」
千早「っ…!?」
ノヴァ「どうしたんだい、千早…?」
千早「やっぱり、貴女達は敵に回せないなって…」
ノヴァ「アレはアレでバステトが異常なんだよ…」
千早「えっ…?」
ノヴァ「行動原理がまんまPそのものだ…」
P「バステト、『奇蹟のカケラ』を撃ち抜くぞ!」
バステト「構わん、やりたまえよ。もう、あんな輝きをしてる以上は救えないから!」
ネガメサ「さ、せる、かぁー!(最後のチカラを振り絞って、奇蹟に入り込む音葉」
P「『奇蹟』ごと滅ぼす!(T2スカルメモリをマグナムにセットする音葉」カチッ
『スカル、マキシマムドライブ!』
P「スカルパニッシャー!」ッダーン
(破壊光弾を連射する音葉)
ネガメサ「間に、あえーっ!」
(かろうじて生き残り、外へと逃げていく音葉)
亜夜「いったい、どこに行こうと!?」
心白「そういえば、市役所を襲ってたキマイラがこっちに来てるって…」
千早「それて萩野さん達も向かってるって連絡があったけど…」
バステト「あんちゃん…」
P「ネガメサイアはキマイラと融合しようとしている…!」
・・・
恋「ハイ、分かりました…!」
雫「電話の主はなんて…?」
恋「悪井幹事長だったエネルギー体がキマイラを狙っていると…」
やや「ねぇ…」
雫「どうしたん…?」
やや「そのキマイラがさ、悪井幹事長だったやつと融合したら…」
甜花「融合解除させないと、ルカさんが危ないかも…」
やや「えっ…!?」
239 : 監督   2024/04/11 20:36:02 ID:Snos.23bz2
>>238
基本世界
恵美「Pったらいつ帰って来るんだろうね~」
カヨコ「あうあう・・・」
恵美「まぁ風来坊なのは遺伝だろからねぇ~」
カヨコ「・・・」まあそうだろうねっという顔
琴葉「ただいま~」
恵美「おかえり~」
琴葉「カヨコちゃんもただいま」
カヨコ「」プイッ
琴葉「えぇっと・・・」
恵美「ありゃりゃ~そっぽ向いちゃったか~」
琴葉「恵美にだけ懐くんだもの・・・悔しいよ」
恵美「まぁママだしねアタシ」
ピンポーン
恵美「あれ?宅配便だっけ?」
琴葉「私が出るよ。恵美は座ってて」
恵美「よろ~」
・・・
琴葉「ハーイ・・・あら?」
宝太郎「此処って所さんの家であってますか?」
琴葉「そうですけど、貴方は?」
宝太郎「俺は一ノ瀬宝太郎って言います。こっちは」
りんね「九条りんねです」
琴葉「一ノ瀬・・・もしかして志希さんの親戚の?」
宝太郎「そうです。よかった~」
りんね「一ノ瀬、話が脱線する前に渡しておけ・・・」
宝太郎「そうだね。あのコレを・・・」
琴葉「コレは・・・」夜烏の仮面を受け取る音葉
宝太郎「それは志希さんの形見です・・・」
琴葉「えっ・・・」
りんね「彼女はグリオンとの決戦で一ノ瀬を庇い・・・」
宝太郎「グリオンは俺が倒しました。だけど、一応と思って・・・」
琴葉「そう、なんだね。辛かったでしょ?」
宝太郎「はい・・・」
・・・
志希はグリオンとの決戦で致命傷を負い、宝太郎の成長を見届け消滅。長期フェイドアウト
勝負自体はドレッド参式相手に有利に進めていた
240 : 3流プロデューサー   2024/04/12 07:32:45 ID:nsoNI2Xex2
>>239
琴葉「でも、大丈夫かなって気もしてるの…」
宝太郎「えっ…?」
琴葉「志希さんはPくんより高位の吸血鬼ではあるし…」
りんね「P先生、吸血鬼だったのか…」
琴葉「彼の話はまた今度にするとして、志希さんならそのうち『ふらっと』戻ってくる気がしてるわ…」
宝太郎「そうですね…!」
琴葉「それにPくんも直に戻ってくるわ。だから、あなた達の戦いを続けて。ね…?」
宝太郎「分かりました…!」
りんね「それでは、失礼します…!」
(2人して、去る音葉)
琴葉「ふふっ、青春してるわね…」
・・・
恵美「直に戻るって言っても、もう4日目だよ…」
【それは仕方の無いことなのです、奥方よ…】
恵美「うわ、どっからの声だ…」
オーマジオウ【時空に干渉して、話をさせてもらっている…】
恵美「オーマジオウ、って事は果穂…」
オーマジオウ【その名で呼ばれるのも久しいですね…】
恵美「で、『仕方の無いこと』って…?」
オーマジオウ【『平行世界』間のゲートが閉じられた事で各世界間の時間共有が同期しなくなったのです…】
恵美「もうちょい、噛み砕いてよ」
オーマジオウ【必ずしも同じ時間が流れている訳では無いという事です。ただ、師(せんせい)が基本は行き来をしていましたので、『この世界』が基準みたいなところはあります…】
恵美「直に戻るって聞いたけど、もう『4日目』の夕方だよ…」
オーマジオウ【師はちゃんと戻ってきますよ。その過程で…】
恵美「また、誰かを助けようとしてるんだよね…」
オーマジオウ【助け、助けられる。それが今の師の生き方なのでしょう…】
・・・
後の有識者により、『所恵美の長い1日』と名付けられるとかそうじゃないとか。フフッ、いいんじゃないかな…?
(この世界の『逢魔降臨暦』より一部抜粋)
241 : 兄ちゃん   2024/04/12 12:40:28 ID:GsnYpUGZ4M
>>240
ルカ「(クソクソクソクソクソ!!!」
回想
やや「もう止めようルカ・・・」
ルカ「ナッ!?」
終了
ルカ「(何でアイツがこんな所に来るんだ!!チクショウ!!」
・・・
やや「ルカ・・・」
樹里「思った以上にはえな・・・」
冬優子「あの巨体であのスピードってインチキね・・・」
甜花「それでいて認知世界での移動だから障害物がない・・・」
ちとせ「マズいって事よね・・・」
琴歌「こちらは避けながらの移動ですしね・・・」
ロコ「スピードアップでお願いします!!」
雫「これで限界だって!!」
恋「ッ!!何か来ます!!」
・・・
ルカ「ぐぉ!?」何かに飛び掛かられる音葉
ハナ「そこ迄だよルカちゃん!!」
ハルキ「もう止めて下さい!!」
ルカ「テメェ等!!邪魔すんな!!そもそも何でテメェ等が!!」
ハナ「『石』を隠し持ってたんだよ!!」
ハルキ「こうなると思ってたから!!」
・・・
P「あいつ等!!」
バステト「アレは『ネメアの金獅子』と『スフィンクス』だ!!」
ハルカ「認知を歪めて対抗してる!!」
P「だが『反救世主<ネガメサイア>』の奴が・・・ん?」
・・・
ネガメサ「今だ!!私はまだ!!」
「させませんよ~」
ネガメサ「ぐわぁあああ!?」ドスン
ハヅキ「私の家族が大分お世話に成りましたね?」
ネガメサ「何だコレは・・・!?」
・・・
ニチカ「お姉ちゃん!?」
P「でかぁ!?」
バステト「ありゃ凄い『太陽の獅子』だ・・・」
ハルカ「獅子神話の中でも最古の歴史ですね」
242 : der変態   2024/04/12 14:00:25 ID:sfAObfdcRc
>>241
P「『奇蹟』にそれだけのチカラが眠っていた…」
二葉「って、事ですよね…?」
シッポ「でも、この世界は『争い』と一番無縁と言われているはず…」
「生存戦争よ…」
P「アンタは…」
ノア「私はノア。まずはランコを助けてもらったお礼をするわ、どうもありがとう…」
バステト「それで生存戦争って…」
ノア「『この世界』か成り立つうえで隠されはしたけど、欠かせない歴史…」
P「だとしたら、バステトがその勝者だというのか…?」
ノア「そうね。でも、今の彼女にその記憶は存在しない…」
ハルカ「それはどうして…?」
ノア「消したのよ、悲しく凄惨な争いだったから。忘れ、奇蹟として自らの中に閉じ込めていた…」
千早「それが解き放たれたのは…」
ノヴァ「Pがバステトを生かすために血を送った事でキャパが溢れたんだ…」
バステト「あんちゃんのせいだったのか!(爪を立てる音葉」ジャキッ
P「だけど、アザトースの攻撃で死んでも同じだったろうが!(慌ててエンドナイフを構える音葉」
ノア「まぁ、分裂して『この世界』に再び降り注いだのが直接の原因ではあるのだけれど…」
千早「ネガメサイアはニチカのお姉さんに何とかしてもらうとして…」
ノヴァ「キマイラカミサマの方だな…」
P「何とかしてやれんのは俺達じゃない…」
二葉「えっ…」
シッポ「どうするんです…?」
P「分かってんだろ、ニチカ…」
ニチカ「ぐっ…(理解してるけど反応に困ってる音葉」
P「そして、緋根…」
やや「私…?」
P「キマイラ。いや、ルカはお前達の言葉を求めている…」









『かつて「傍に居た者(やや)」と今「傍に居る者(ニチカ)」の言葉を欲しがっているんだ。きっとな…』
243 : 魔法使いさん   2024/04/12 14:04:06 ID:sfAObfdcRc
補足:ややは到着したタイミングだと思ってもろて
244 : プロデューサーはん   2024/04/12 23:05:52 ID:5ZGo7Vusc2
>>242
ルカ「どけぇええええええ!!!」
ハルキ「もう何もかもから逃げないで下さい!!」
ハナ「そんな事しても何も変わらないよ!!」
ルカ「うるせぇ!!アタシは逃げてねぇ!!!」
ハナ「それなら何で飼い主さんから逃げるの!!!」
ルカ「ぐっ!!!」
ハルキ「自分でもどこか間違ってるって思ってるんですよね!!」
ルカ「うるせぇ!!」
・・・
樹里「左右の首を潰しておいて良かったぜ・・・」
ちとせ「御蔭で二人の行動に対処出来てないね」
ロコ「ベストと言う訳ですね!!」
冬優子「でも依然として警戒をしないと・・・」
・・・
ネガメサ「己・・・この私が!!」
ハヅキ「トドメをお願いしますねジョーカーさん」
ネガメサ「なにぃ!?」
「言われるまでもありません!!!」空中ワイヤーアクションを駆使し眼前まで移動する音葉
ハルカ「やっちゃいなさい!!ジョーカー!!」
詩花「これで本当の終わりです!!」眼前に銃を構える音葉
ネガメサ「よせぇえええええ!!!」
詩花「覚えて置いて下さい・・・怪盗団は悪を成敗すると!!」
ダーン!!!!
・・・
P「アッチは決着だな!!」
やや「凄いね飛べるんだ・・・」
ニチカ「シッポを引っ張ててでも連れて帰りますよ!!」
245 : 夏の変態大三角形   2024/04/12 23:59:01 ID:9u6Qv1wg0s
コナン観てきたのよ、情緒壊れる
246 : やべ、ずっと寝てたわ。夜明けのラヴィットやってなかったし   2024/04/13 14:07:36 ID:5p7s5v5Wr.
>>244
P「だが、問題は…」
二葉「首元に拘束されている市長ですね…」
シッポ「涙の跡ですかね…」
千早「化粧が落ちてるけど…」
ノヴァ「オンナの見た目を取ってる立場から言わせてもらっても、化粧控えめの方が美人に見えるね…」
恋「おそらく、ペルソナ…」
ニチカ「仮面…」
やや「そうする事で、『弱い自分』を守ろうとしてた…」
『キャッ!(空からハナとハルキが落下してくる音葉』
二葉「大丈夫!?」
シッポ「酷いケガ、もう無理はよした方が…」
ハルキ「そうだね…」
ハナ「そうさせてもらおうかな…」
P「ニチカ…」
ニチカ「な、なんですか…」
P「いい加減、覚悟を決めろ。緋根はもう…」
ニチカ「えっ…」
やや「(ルカを力強く見つめる眼差しをする音葉」
ニチカ「分かりましたよ、分かりましたー!(その思いに呼応するかのように『奇蹟』が覚醒する音葉」
恋「眩しっ…」
(やがて、光が晴れる音葉)
やや「えっ…」
千早「それって…」
ニチカ「見た目に何の変化も…(自分の手や腕を見回す音葉」
P「あるぞ、背中にな…」
ニチカ「って、ええーっ!?(天使のような翼が生えてきている音葉」
P「懐かしいな、天使の羽根だ。俺もいっとき生やしてた…」
ニチカ「え、死んだことあるんですか?」
P「ちがわい、天使の保護を受けてた時期があるんだ」
ニチカ「これでいったい、どうしろと…」
やや「一緒にいこう、ニチカちゃん…」
ニチカ「ややさん…」
P「緋根の手を取って、空中を浮かぶイメージで上がってみろ…」
ニチカ「それでは、ややさん…」
やや「うん…(差し出された手を取る音葉」
ニチカ「ルカ…!(強い決意で空へ浮かぶ音葉」
恋「私もおばさまへ伝えたい言葉が…」
P「それなら、俺がエスコートしよう…(お姫様抱っこで空へと飛び上がる音葉」
二葉「しまった…!」
シッポ「落ち着きなさいって…」
247 : 散髪と買い物してた   2024/04/13 16:30:09 ID:M/qZowpThE
>>246
鏡晶葉「そっかそっか・・・」
光「・・・」
麗奈「・・・」
鏡晶葉「暗い顔するなってアイツの事だ、どうせヒョッコリ現れるさ」
泉「分ってはいるんですが・・・」
光「見知った人が突然いなくなるのは結構来るからな・・・」
麗奈「アイツのあのお気楽騒がしいのも聞けないと寂しいわね」
光「何だかんだでムードメーカーだったからな」
泉「出来れば私達が生きてる間にリホップして欲しいですね」
鏡晶葉「・・・そうだな」
・・・
他県の学園自治区大聖堂
クロ「そうか。寂しく成るな」
クラリス「何か合ったのですか?」ヌッ
クロ「あぁ志希がな・・・」
クラリス「心中お察しします・・・」
クロ「取り敢えずだが設備の件は大方済ませた」
クラリス「申し訳ありません。幾分機械に疎く・・・」
クロ「心配するなこう言うのは俺達の仕事だ」
クラリス「それにこの学園はミッション系で機械に触れる機会が少ないのでそれはもう」
クロ「それにしても偉くデカい学園だな。まるで都市規模だ・・・」
クラリス「はい、複数の学園からなる学園です、その中で『パテル』『フィリウス』『ダンクトゥス』の三校が中心的な存在です」
クロ「その中央理事は大変じゃないのか?」
クラリス「主の教えを広めるのが私の仕事なので・・・ん?」
クロ「喧嘩か・・・」
クラリス「少し待って居てください。コラ喧嘩などしてはいけません。友人に暴力を振るうなどそんな事しては天国に行けませんよ」
生徒「申し訳ありませんシスタークラリス
生徒「すみませんシスター」
クロ「(なんやかんやで立派な聖職者なんだな」
クラリス「良いですか?暴力を振るって良いのは、異教徒共と隣の県の化け物(ゲヘナ)共だけですよ」ニッコリ
クロ「ちょっと待て!?」
248 : そういえば、萩野恋は「れん」と「こい」のどっちなのか?   2024/04/13 20:19:07 ID:5p7s5v5Wr.
>>247
クロ「教師が暴力の行使を許可しちゃイカン!」
クラリス「今更、何を」ケッ
クロ「ほら、お前たちもそろそろ授業の時間じゃないのか…」
生徒「そうですわね…」
生徒「ありがとうございます…」
(お礼を言いながら、小走りで去っていく音葉)
クラリス「P様は教師のクセして、雷獅子を纏った右腕で殴っていたではありませんか」プンスコ
クロ「それを言われると、少し弱いが…」
クラリス「何やら疲れが見えますが…」
クロ「気にするな、心労だ。今んとこはな…」
クラリス「見てくれは変わっても、性根は変わりませんね…」ププッ
クロ「それじゃ、請求書は後々送るから…」
クラリス「分かりましたわ、お疲れ様です…」
クロ「おう…」
・・・
(空猫世界)
ルカ「来やがったな…」ギリッ
ニチカ「うん、来たよ…」
やや「ルカ…」
P「さぁ、萩野…!」
恋「おばさま!」
市長「恋、ちゃん…」
ニチカ「私は知ってましたよ、アナタがややさんの所に居たのは…」
ルカ「じゃあ、何で…!?」
ニチカ「いつか、戻ってこられるようにその架け橋になりたかった…」
ルカ「えっ…」
やや「ニチカちゃん…」
ニチカ「ややさんは時々、寝ながら泣いてるの。その時は決まって…」
やや『ルカ、ルカ、どうして…』
ニチカ「って、零してる…」
やや「そう、なんだ…」
ルカ「いや、本人…」
ニチカ「アンタはいつまで意地を張ってんの…?」
ルカ「んだと!?」
ニチカ「作られた街に罪は無い…」
ルカ「うるせぇ、そんなの…!」
ニチカ「分かってたら、どうして去ったんですか!?」
ルカ「ぐ…」
やや「ルカ、あそこが嫌なら引っ越す。だから、お願い…!」
ルカ「やや…」
ニチカ「その『奇蹟』を早く手放して、さぁ!」
ルカ「う、うわぁぁぁぁぁっ!」
249 : Pちゃま   2024/04/13 20:57:14 ID:VpQwQFX6WU
>>248
ルカ「お前はそれで良いのかよ!!家族を奪われて!!それを餌にする糞共を!!口だけ同情するカス共を野放しにして!!」
やや「確かにあの時は辛かったよ・・・でもね」
ニチカ「一番辛かったのはルカさんが勝手な解釈で復讐しに家を出て行った事!!」
ルカ「なっ・・・何だと!?嘘だ!!!」
ニチカ「嘘なんかじゃない!!」
ハヅキ「だったら私達を拾う際にあんな泣きそうな表情しませんよ」
やや「え、そんな顔してたの・・・」
ニチカ「えぇ~・・・」
ハヅキ「無意識だったんですか~?」
ルカ「」動きが完全に止まる音葉
恋「今です!!ゼノビア!!」鎖を使い市長の元迄一気に詰め寄る音葉
・・・
遠くで見てる雫「うん、してた・・・無意識だったの?」
「随分と面白い友人を持ってね。良くってよ」
雫「正直近くに居て助かりましたよ。瑞樹さん・・・」
瑞樹「フフッそうね。偶然と言うのも愛さないといけないわね」
「姉様・・・」
雫「正直本家や実家の力を借りずに済ませたかったんですけどね」
瑞樹「あら、つまらない事を言うのね。お婆様が孫である私達にそんな意地悪する人だと思いかしら?」
雫「お婆様がそんな事する筈無いでしょ。ただ・・・」
瑞樹「はぁ・・・何時までも『あの二人』に固執するのは結構よ。でも・・・」
「行き過ぎる固執は二人に重荷に成りますよ雫さん」
雫「分ってます・・・」
瑞樹「なら偶には本家に顔を出しなさい。お婆様も皆、貴女を待ってるわ。出しなさい」
執事「分りましたお嬢様方」
「ご機嫌様雫さん」
ブロロロロロロロロ・・・
雫「アメリカツアーが終わったら帰ってみるかな・・・」
・・・
名前は萩野恋(はぎのこい)です
250 : 毎日変態   2024/04/14 05:07:26 ID:R1vyT9xoz2
>>249
恋「おばさま!」
市長「本当は、わかってるの…」
恋「もう、いいのよ…」
市長「何を、したって…」
恋「だから、前を向いて!」
市長「あの子は戻ってこないって…(涙を流して、瞳に生気を宿す音葉」
P「最後の一仕事だ、その前に萩野…!」
恋「えいっ!(市長をルカの拘束から開放する音葉」
市長「こい、ちゃん…(気絶する音葉」
恋「大丈夫です、あの人の『意思』はまだ生きてる…」
P「ニチカに緋根、萩野は先に降りててくれ…」
ニチカ「何をするつもりですか…?」
P「大人しくしてる、今がチャンスだ。コイツ(ルカ)と奇蹟を分離させる…!」
やや「お願い…!」
恋「それじゃ、行きましょう…!」
(先行して、地上へ戻る音葉)
ルカ「そんな、わたしは…」
P「ショックを受けてるとこに悪いが、ここいらでチェックメイトだ…!」
ルカ「ややが…」
P「『Release』!(最低限の奇蹟以外と分離させる音葉」
ルカ「おとうさんとおかあさんと…(その一言を残し、ネコに戻って落下する音葉」
やや「ルカ…(地上で優しく受け止める音葉」
P「『負のオーラ』に染まった『奇蹟』はこれで全部か…」
ハヅキ「そのようですねー」
(Pの眼前にはキマイラとネガメサイアが融合したような『奇蹟の残りカス』が顕現している音葉)
P「疾やがれ、第五の使い魔『ライトニング・レグルス』!(雷撃の獅子を放ち、破壊しつくす音葉」
ニチカ「これで終わったの…?」
ハルカ「いいえ…」
バステト「新しい始まりが訪れる…」
続く(というより後日談)
251 : そこの人   2024/04/14 05:36:17 ID:R1vyT9xoz2
>>250
(騒動が集結したのちを二葉の視点から)
『Pさん達はメモリにエネルギーが貯まったからといって、次の世界へと渡っていった。最後にややさんからもキスをされて…(ギリッ』
『また、平和な世界の均衡はいつ崩れるかも分からないと、バステト様はハルカさんを「新しい管理者」にしてPさんの中へと戻っていった。本人曰く「死の淵から戻った代償」との事らしい』
『「負のオーラ」に染まらなかった「奇蹟」の一部はそのまま野良猫たちが持つ事になった。また、リッくんが集めていた分はまるまるハルカさんの管理下に置かれた』
『それと市長は今回の騒動を引き起こした事や自身も巻き込まれた際のダメージが尾を引いて任期中ながら退任する事になった。それと恋の事は心配しなくても杞憂だったみたい、何故なら…』
・・・
(退任した市長が入院している病院。便宜上『市長』と記載)
市長「この子が…」
恋「『あの人(市長の息子』と私の間に生まれた息子です。おばあちゃんよ、挨拶して…」
息子「はじめまして…」
市長「はじめまして、貴方のおばあちゃんになるのよ…」
・・・
『恋は私や他の同級生達より遅れての卒業となっていた。というのも、予てからの持病で先が長くなかった『息子さん』は自分より年下ながら恋愛感情を抱いていた恋に告白。恋もその想いを受け入れて、ロマンティクスしていた』
『結果、恋は出産と育児のために休学。その間、市長と会っていなかったのは息子さんの死と向き合えていないと感じていたかららしい。私とシッポの心配は杞憂だったのだ…』
『ややさんは引っ越さずにハヅキとニチカ、それにルカ、ハナ、ハルキと新しい生活をスタートしている。傘下だった野良猫達は散り散りになった。雫さんも折を見て、様子を見に来ている』
『そして、Pさん達は…』
続く
252 : 貴殿   2024/04/14 05:43:21 ID:R1vyT9xoz2
>>251
(魅裏怨世界)
P「相変わらず、おどろおどろしいな…」
千早「そうね…」
ノヴァ『ここはそういう世界だ…』
バステト『そうだね…』
ハスタ「ようやく、来ましたか…」
P「ハスタ…」
ハスタ「ティルルは無事なんですか…?」
P「肉体的にはな…」
ノヴァ『最後の一仕事のために他のドラゴンメイドを総動員する必要があってね。平行世界を渡るための「エネルギー」を溜めているのさ…』
ハスタ「なるほど…」
P「のんびり過ごさせてもらえればありがたいが…」
バステト『どうも、そういう訳にはいかないみたいだね…』
千早「えっ、そうなの…?」
ハスタ「そうですね…」










『まるで貴方(P)の来訪を待っていたかのようにね…』
253 : P君   2024/04/14 08:52:42 ID:A4wxFg2QE6
>>252
ハスタ「まあ積もる話は私の社で・・・」ズルッ
頭が地面に落ちる音葉
P「」( ゚д゚)
千早「」( ゚д゚)
ノヴァ『ゲラゲラゲラゲラ!!』
バステト『あっひゃひゃひゃひゃ!!』
ハスタ「・・・」
拾い上げてそのまま首の上にブリキ人形の様に押し込める音葉
ハスタ「私の社で話しましょうか」
P「無かったことには出来ないからな!!」
千早「何処のどなたが首が落ちたのを無視できますか!!」
ハスタ「チッ、細かい事を気にすると禿げますよ。Mr.熱血馬鹿」
P「禿げとらんわ!!しかも今舌打ちしただろ!!」
千早「今は気にするところではないでしょ!!」
ハスタ「サッサと行きますよ」ズルッ
今度は左腕が落ちる音葉
ハスタ「全く・・・」グイグイグイッ
ノヴァ『あぁ~面白~』
バステト『お前何時からそんなビックリドッキリ神に成ったんだ?』
ハスタ「何度も言わせないで、社で話すと言ったでしょ」転移する音葉
・・・
空の彼方・ハスタの社
ハスタ「・・・」
P「何か喋れよ」
千早「それでティルルさんが居なくなった後何が合ったんですか」
P「少なくともお前がバラバラになってるのは確かだ」
千早「まさか、想定以上に恐ろしい相手が!?」
ハスタ「まぁ私が呪術師とやりあってこうなっただけですよ・・・」
ノヴァ『へぇ~呪いの神と言われる君がそこ迄バラバラにされる程の奴が居るんだ~』
バステト『昔、呪いの王を名乗る若造に大人気なくキレて肉片も残さず滅したお前がね~』
ハスタ「平安時代の話はいいでしょ・・・」
P「切れたナイフだったのか・・・」
254 : 師匠   2024/04/14 17:30:05 ID:V2KUcrmnPE
>>253
P「とりあえず『そのまま』だと、見るに耐えん。『超回復(キュア』」パチン
ハスタ「いったい、何を…っ!?」
千早「傷口が塞がった…」
P「とりあえず、応急処置だな。これで完全に回復する訳じゃない…」
ハスタ「ティルルが居た頃はもっといい治療をしてもらえました…」
ノヴァ『大変だな、どの世界も…』
バステト『ティルルが居なくなって、どのくらいが経ってるの…?』
ティルル「3ヶ月ほどですね…」
P「改めて、時の流れがバラバラなのを感じるな…」
千早「ゲートが開通されたら、どうなるのかしら…」
ノヴァ『そればかりはやってみないと分からないな…』
P「やる事が増えたな。ったく、アキハの奴め…」
千早「ここでは何をしたらのいいかしら…」
ノヴァ『呪術師が何をしてるのかが気になる…』
バステト『叩いて終わるだけなら、ハスタもここまで苦戦はしてないだろうし…』
ハスタ「そうですね…」
・・・
(Pの世界、所家リビング)
静香「『平行世界』の私から連絡がありました…(メモ書きを見せる音葉」
恵美「バステト神が復活した…」
千鶴「ネコちゃんの方は居ますわよね…?」
琴葉「今はプロメアちゃんと一緒に居るけど…」
伊織「Pの使い魔になったって書いてあるわね…」
紬「どういう事やいね…」
カヨコ「…(そういう事やいね」
静香「後、美奈子さんが意識だけを向こうに飛ばして、P兄さんとイチャついたとか…」
恵美「アタシもそれが出来たらなぁ…」
千鶴「まずは記憶の共有が出来るようになってからった事らしいですけど…」
伊織「美奈子はそれを極めたと…」
琴葉「羨ましいような、そうじゃないような…」
紬「『平行世界』はコリゴリやいね…(入れ替えられた事がある音葉」
静香「『これ』を送りつけてきた世界の私は蕎麦派らしいのと、私よりスタイルが良いみたいです…」ハイライトオフ
255 : Pチャン   2024/04/14 18:22:56 ID:uhti5r/VYw
>>254
ハスタ「ただ普通の呪術師も呪詛師も私に挑み馬鹿は居ないはず」
P「その言い方だと普通じゃないようだな」
ハスタ「余程の愚か者か、呪霊位よ。私に挑むのは」
千早「余程の愚か者だったと?」
ハスタ「珍しい術者でしたし」
P「特徴を教えてくれ」
ハスタ「そうね。ある日突然やって来たわ。第一声が」
『この世界を征服する』
ハスタ「と言う愚か者極まれりだったわ」
P「突然やって来て?」
千早「きな臭いですね・・・」
ハスタ「最初は術者達に任せてたわ。でもあまりにもだらしないので私が相手したわ」
ノヴァ『何でそれで君がバラバラになったんだい?』
ハスタ「まあ多勢に無勢だったわ。面倒だったせいもある。お陰で久し振りに術式を使ったわ・・・」
P「どんな格好の連中だったんだ?」
ハスタ「そうね・・・」
邪神説命中
P「コレはどう見ても・・・」
千早「カッシーン・・・」
ハスタ「へぇ、そう言う名前ですか・・・」
バステト『何でだ?』
ノヴァ『おかしいね・・・』
P「平成ライダーは消えたはずだ・・・」
千早「それは私も確認してます」
ハスタ「思い出した。連中、こう名乗ってたわ『ハンドレッド』と・・・」
・・・
???「この世界にディケイドの力を感じるな・・・」ライダーケミーカードを見る音葉
・・・
カグヤ様参戦!!!!
先に言っておきます。アリア、クトゥルは復活させません
256 : あなた様   2024/04/14 18:55:55 ID:V2KUcrmnPE
>>255
P「ハンドレッド…」
千早「100…」
ノヴァ『「平成消失」しても、キミ(P)のように抜け道を作ってるヤツも居る…』
バステト『つまり、別の次元の存在…』
P「厄介なもんだ…」
・・・
(Pの世界、クロと未来のアパート)
クロ「たでーま…」
未来「おっかえりー!」
暁「おかえりなさい…」
クロ「ただいま、未来。暁もありがとうな…」
暁「もう、夜だよ…」
クロ「恵美さんはまだ頑なんだな…」
未来「『Pの責任なんだから、Pに取らせる!』って…」
ヴリトラ『何やら、使い魔が増えた予感がする…』
悠利(外套)『Pは本当に節操がねぇんだな…』
クロ「あまり、言ってやるな…」
未来「ただ、早く帰ってきてほしいかなぁ…」
クロ「何かあったのか…?」
未来「海美ちゃんのお家が大変かなぁって…」
暁「海美さんどうしが未だに入れ替わったままらしいし…」
クロ「となれば、入院してる豊川風花もだな。目を覚ましてないとか…」
ピンポーン
未来「どっちだろう…」
暁「誰かなのはもう分かっているんだね…」
クロ「1Fにはオートロックがあるし、外部の客は入りづらいからな…」
未来「いい加減、出るか…」ガチャ
鏡陸「こんばんは…」
未来「鏡の陸くん…!?」
クロ「鏡志保じゃないとな…」
暁「驚くのそこなんだ…」
鏡陸「お姉ちゃんはまだ仕事から帰ってきてないので…」
クロ「今日は隣の県に行ってたから、会ってなかったわ…」
未来「浮気…?」ギロッ
クロ「同じところ(県立研究都市)で働いているんだから、会うこともあろうよ」
暁「大変だね、こうはなりたくない…」
ヴリトラ『フラグだ…』
悠利(外套)『フラグが建った』
・・・
クトゥルは透の中で休眠したままって事だな
257 : P殿   2024/04/14 20:50:12 ID:Mw25b2PeWQ
>>256
ハスタ「恐らくですが、私が蹴散らしたので最後ではないでしょうね・・・」
ノヴァ『カッシーンは1機みたら複数居ると思った方が良いね』
バステト『全くゴ〇ブ〇じゃないんだから・・・』
P「しかし、想定外だったな・・・」
千早「全くですよ・・・」
ハスタ「相手が機械となると術者はキツいですね」
P「科学は呪い等を否定する為に発達した・・・」
千早「全身が機械のカッシーンは正に天敵ですね・・・」
P「そもそもが既存の技術じゃない」
ハスタ「ならコレもコイツらの仲間ですか?」
千早「ダイマッジーンまで・・・」
P「クォーツァーかコイツらは・・・」
ハスタ「コレだけデカいとそれだけで脅威。見つけ次第に排除して貰います・・・」
P「となると俺等は・・・」
ハスタ「ここに行って・・・」
千早「東京の山中ですね・・・」
ハスタ「此処に呪術師の東京での拠点がある、そこで接触を」
ノヴァ『お前は来ないのかい?』
ハスタ「私は呪術師側にも呪い側にも着かない。それが私のスタンスよ・・・」
バステト『神は常に中立でアレか、変わったなハスタ』
ハスタ「変わるものよ。神だって喪えば苦しい物よ・・・」
ノヴァ『言えてる』
P「早速向かうか・・・」
千早「そうね」
258 : Pたん   2024/04/15 06:42:12 ID:RllXgdkHQ.
>>257
P「というか、ナチュラルに『東京』つってるな…」
千早「そうね、気付かなかった…」
ハスタ「『こちら』の歴史では先の大戦にて敗戦国となっています。故に『東京』です…」
ノヴァ『バステト、キミの世界でもそうじゃないかい?』
バステト『後はブルトゥーム(超ビーチバレー世界)のところもかな…』
P「(後、現実世界に近かったのは『リッチの世界』と『アザトースの世界』…」
千早「改めて『認識』が恐ろしさを持つものと思わされるわね…」
P「そうだな…」
・・・
(東京西部、呪術師の拠点)
可憐「んー…」ソワソワ
律子「分かりやすいくらいにそわそわしてるわね、可憐…」
可憐「そ、そうかなぁ…」
翼「にゃあ…(ネコのわたしにも分かるわよと言わんばかりに前足で器用に触れる音葉」
可憐「今朝、こんな『メモ書き』が…(それを撮影したスマホの画面を見せる音葉」
律子「どれどれ…」
『多分、Pさんが訪れると思うのでよろしくお願いします 平行世界の篠宮可憐』
翼「にゃあ…(あの人、また来るんだ…」
律子「何年か前に私と入れ替わってた存在(※テオスナイア)を圧倒したって聞きましたけど…」
可憐「私達にとっても、追い風にはなるかと…」
律子「だと、いいんだけどねぇ…」
・・・
(東京都内某所)
ボス「そうですか…」







『テオスハスタに動きありと…』
259 : 5流プロデューサー   2024/04/15 10:57:10 ID:YXMH.EGeDo
>>258
ハスタ「敵の動きが読めない以上は近場の『東京』が良いでしょ。『京都』は離れすぎているので・・・」
P「術者の拠点は2つあるのか・・・」
ハスタ「そうよ。嘗ての首都と今の首都の二つ・・・」
千早「何故そんなに・・・?」
ハスタ「日本は世界的にも呪いが発生しやすいのよ・・・」
千早「そうなんですか・・・?」
P「日本はそういった類の物が広がり易いからな」
ハスタ「江戸時代には日常的に怪談『百物語』と言う物があったくらいよ」
P「取り敢えず早速行くとするか・・・」
千早「そうですね・・・」
ノヴァ『さてさて・・・吉と出るか凶と出るか』
バステト『まぁ気になるね。『ハンドレッド』って奴の目的が』
ハスタ「じゃあ、とっと行って下さい」
P「本当に可愛げないなコイツ・・・」
バステト『コイツはこんな奴だよ』
ハスタ「貴方に言われたくないですよMr.女誑し。色んな世界で旗を立てるのが好きなんでしょ?此処でも建てたらどうです?」
ノヴァ『もう建ってると思うね~』
ハスタ「まぁ私は貴方が黒ひげ危機一髪になる姿も見たいですがね」
・・・
東京郊外
カグヤ「・・・」
地面などの痕跡を見る音葉
カグヤ「『ハンドレッド』がここにも居るのか・・・」
バトラー「そうの様で御座いますな」
カッシーン「・・・」ゾロゾロ
カグヤ「早速御出ましか。見せてやるよ伝説の輝きをな・・・」
バトラー「はい、カグヤ様」ドライバーを渡す音葉
カグヤ「俺の伝説を目に焼き付けろ・・・」
『CHEMYRIDE』
カグヤ「変身!!」
『LE・LE・LE・LEGEND』
その姿はどう見ても金色のディケイドだった
260 : 番長さん   2024/04/15 14:12:05 ID:.zXCdTDgeQ
>>259
(移動してる電車内)
P「カッシーンとダイマジーンか…」
千早「ハスタでも苦戦を強いられているのは気掛かりね…」
P「駅で下りたら、沢山居そうだな…」
バステト『ちょっと、あんちゃん。フラグ建てないでよ!』
ノヴァ『滅多な事を言うと、180度違ったところから弾が飛んでくるんだからさ』
(流石に電車内での会話は憚れたので、メッセージアプリに念話を飛ばして会話する音羽)
千早「ですって…」
P「いや、そうはならんやろ…」プシュー
ワーキャーワーキャー
千早「何やら騒がしいわね…」
P「おいおい、事件か…?」
バステト『扉が開かないね…?』
千早「ねぇ、あれって…(思わぬものを見て、指をさす音葉」
P「ん、どうした。千早って、え?」
(窓の向こうを眺めるとホームをカッシーンが闊歩している音葉)
ノヴァ『はえーよ、フラグ回収…』
P「流石にこねーだろって思って、人払いはしてないぞ…」
千早「というより、停めてる場合じゃないんじゃ…」
ノヴァ『気付かれるのも時間の問題だろう…』
バステト『こうなれば、電車を出してもらった方が…』
P「このまま、動くみたいだが…」
千早「身を潜めていましょう。下手に動いたらバレそう…」
(そのまま電車は動き出す音葉)
P「次の停車駅にカッシーンが居たら、ヤバいな…」
千早「敵に私達の事がバレてるという事よね…」
ノヴァ『おそらく、ハスタの動きを察知されたか…』
バステト『思ったより、大変だね。この世界は…』
P「そうだな…ん?」
(視線の先には降りる筈の駅を通過されたのか少し慌てる北上麗花の姿がある音葉)
P「(悪いな、麗花。ここは耐えてくれ…!」
261 : Pサマ   2024/04/15 15:07:08 ID:YXMH.EGeDo
>>260
P「着いたな・・・」キョロキョロ
千早「・・・居ないですね」
ノヴァ『にしても簡素だね・・・』
バステト『いんや、何か変だ・・・』
P「第一村人発見。聞いてみるか・・・」
千早「すいません」
街の人「何でしょうか?」
千早「この駅周辺が静かなのは何でなんですか?」
街の人「あぁ、さっき、最近姿を見せる妙な奴が居たんだ・・・」
P「(カッシーン!」
千早「(やっぱり此処にも・・・」
P「それでその妙な奴は何処に・・・?」
街の人「それが金色の格好をしたこれまた妙な奴が蹴散らしたんだ」
P「金色の格好・・・」
ノヴァ『(術師じゃないよ。ハスタ曰彼らは表立って認知されてないって・・・』
バステト『(闇に生きて闇を狩るのが呪術師だそうだ・・・』
千早「(となると・・・一体誰が・・・」
P「そいつに関して分ってることがありますか?」
街の人「うぅ~ん、見て話したって奴は聞いてないね・・・」
街の人「それなら私は写真を偶然取れたわ・・・」
千早「それならその写真を見せてくれます?」
街の人「良いですよ。アプリで、あったコレですよ」
P「ッ!!」
千早「ディケイド・・・!?」
P「コイツが何処に行ったか分かるか!!」
街の人「えっ?確か・・・服装が変わったと思ったらそのまま山の方に行ったわね」
千早「山の方って・・・」
バステト『(もしかしてカッシーン共は!!』
ノヴァ『(コレは先手を打たれた!!』
P「急ぐぞ!!」地図アプリを起動する音葉
262 : レジェンド変態   2024/04/16 07:35:39 ID:4ZH7KGK2OU
>>261
(時を同じくして終点駅)
麗花「どうしよう…」
(カッシーン騒ぎが他の駅にも派生してたせいで終点までノンストップ運行にされてしまい、途方に暮れている音葉)
麗花「代行でタクシーは出てるけど…」
(麗花以外にも並んでいる人が複数居るのと、割と山奥の駅な為にタクシー自体が到着するのが遅い音葉)
麗花「可奈ちゃん達は…」チラッ
(メッセージアプリを開く音葉)
可奈『今日の集まりは中止かなー?』
瑞希『その方が良さそうです、残念ですが…』
美奈子『そうだね…』
可奈『蓮田さんにも伝えなきゃなー』
麗花「うーん…」
(集まりが無くなって、唐突に暇になった音葉)
麗花「山でも登ってみようかしら…?」
・・・
(ハスタの社)
ハスタ「集まりが中止…」
可奈『ごめんね、麗花さんも不審者騒ぎに巻き込まれたみたいだし…』
ハスタ「これはカッシーン…」
(可奈から送られた画像を見ている音葉)
ハスタ「まだ彼女の、麗花の中には『ぷっぷかさん』の残滓がある…」
・・・
(東京西部、呪術師拠点)
紬「カッシーンと対峙してる金色の派手な戦士が山に入ってきたやいね…」
可憐「また、それを追ってPさん達も入ってきました」
律子「よし、ここまでは『計画通り』…!」
紬「えっ…!」
可憐「これって…?」
律子「次はどうしたの…?」
可憐「別の登山道に僅かながら『ぷっぷかさん』の反応が…」
律子「いや、アレは3年前に対処したはず…!?」
・・・
ハスタ「ごく僅かでも、彼女のポテンシャルを考えると残滓でも油断は出来ない。それが『ぷっぷかさん』…」
263 : P様   2024/04/16 10:49:30 ID:q1/CRsUCLk
>>262
ハスタ「・・・」少し考え込む音葉
自分の腕の一部を引き千切り変異させる音葉
ビヤーキー「・・・」
シャンタク鳥「キー!!」
ハスタ「ビヤーキーは麗花をシャンタク鳥はP達の所へ」
ビヤーキー「・・・」コクリ
シャンタク鳥「キー!!」
ハスタ「『ぷっぷかさん』のポテンシャルは嘗て私が魂事喰らい尽くした呪いの王級、特級の呪霊すら可愛く見える。何事も無ければいいけど・・・」
思い出されるカッシーン共との戦いの最中『ぷっぷかさん』に斬撃でバラバラにされる自分とカッシーン共の記憶
ハスタ「残滓だけでも術式が使えるとは。呪い呪われとはこの事ね・・・」
・・・
山腹
カッシーン「ゴォア!?」チュドーン
未来「よし!!」
真「凄いね、呪力だけの強化で此処までなんて・・・」
未来「私は術式が無いからこうするしか方法がないんですよ~でへへへ」
真「とは言え、まさか機械が敵何て想定外だよ・・・」
未来「一直線でぶっ壊すしかないですからね~」
真「御蔭で身体強化の術式持ちが駆り出される始末だよ。呪霊の方がまだましだよ」
未来「そもそもこれ何ですか~?」
真「分かんないね。こんな高性能な機械自体初めて見るよ僕」
未来「なんでしょうね~?」
真「呪霊も力を持ち変な奴らも出て来る。呪術師は毎年人手不足。やになるよ僕は」
未来「でも真さんは特級も倒せる実力者じゃないですか~」
真「まぁ~ね~」テレテレテレ
・・・
山道・第二付近
千早「随分と走りましたけど・・・」
P「あの金色のディケイドさえ見つからねぇ・・・」
ノヴァ『仮にアイツがディケイドと同じ力があるなら・・・』
バステト『コイツの復活も早まるってもんだね!!』
P「出来れば話し合いで解決したいんだがね・・・!!』
264 : 夏の変態大三角形   2024/04/16 14:01:56 ID:EEuxUi5D9s
>>263
カッシーン「はぁっ!」
P「お出ましってか…!(エンドナイフを構える音葉」
千早「いくわよ、ノヴァ!」カチッ…ノヴァ
ノヴァ「やれやれ、ようやくか…!」
P「疾やがれ、第十五の使い魔『バステト・シン』!」
バステト「人づかいが荒いんだから、もう!」
P「ヒトではないだろう、少なくとも…」
未来「え、誰、何!?」
真「あ、律子が言ってた『吸血鬼』ってもしかして…!」
千早「未来と真、でも…」
P「『平行世界』の人間だ、俺達の知ってる2人じゃないよ…」
未来「春日未来でーす!」
真「菊地真、よろしく!」
P「Pだ、ふっ!」スパァン
千早「如月千早よ、はぁっ!」バコーン
バステト「我が名はバステト、かつて神だった者だよ♪」ザシュッ
(次々とカッシーン達をなぎ払っていく音葉)
・・・
(P達とは別の山の参道)
麗花「そろそろ、戻った方がいいかなぁ…」
カッシーン「たぁっ!」
(人間の反応を見つけて、集団行動から離れていた音葉)
麗花「駅で見たヒトだ…」
カッシーン「命、もらい受ける…!」
麗花「私、ずっと眠ってた事があるので、それは嫌ですね!」
(楽器箱の中から、ラッパを取り出す音葉)
カッシーン「何を…?」
麗花「すーっ…(大きく息を吸い込む音葉」
カッシーン「こんな所で演奏会か…?」
(槍の先を向けて、襲いかかろうとする音葉)
麗花「ぷっ…(マウスピースに息を吹き込む音葉」










『ぷっぷかぷーーーーーーーーー!!!!!!!!』
265 : EL変態   2024/04/16 15:10:51 ID:q1/CRsUCLk
>>264
山中離れた崖の上
カグヤ「・・・あの男か?」
バトラー「はい、ディケイドの反応が感知出来ました」
カグヤ「成程、アイツか」
バトラー「どうなさいますかカグヤ様?」
カグヤ「今は様子を見る。奴がハンドレッドの仲間ではないにしろ、平行世界の移動方法を持つ奴が居るのに用心を越したことはない」
バトラー「わかりました。そのようにします」
カグヤ「お前はどんな輝きを見せるんだ・・・」
・・・
P「今何か音が聞こえたような・・・」
カッシーン「よそ見とはいい身分だな!!」
未来「セェイ!!!」正拳突きを撃ち込む音葉
真「そこだ!!」追撃の空中間足蹴りを撃ち込む音葉
カッシーン「ぐわぁあああ!?」
真「考え事は銭湯の後でお願いしますよ!!」
P「・・・すまん」
千早「微かにラッパの音が聞こえたような・・・」
ノヴァ「ボクははっきりと聞こえただけど・・・」
バステト「なーんか嫌な予感がするね。例えるなら・・・」
二人「「ソニックブラスト?」」
・・・
鏡晶葉の自宅
鏡晶葉「アイツはまだ戻ってこなかったな・・・全くコレから忙しくなると言うのに」
フートンに潜り寝る音葉
鏡晶葉「はっ!!ナイスなアイディアが思い浮かんだぞ!!」
飛び起きる音葉
鏡晶葉「ん?私の部屋はこんな雰囲気だったか?と言うか埃っぽい・・・」
布団から出て窓を開ける音葉
鏡晶葉「・・・・・・はぁ?」
外を見るとそこは嘗ての故郷鏡面世界だった
鏡晶葉「何故私は故郷に帰ってきてる・・・?」
266 : プロデューサーさん   2024/04/16 16:43:50 ID:30BO8X7ImY
>>265
麗花「ふぅ…」
(汗を軽く拭う音葉)
麗花「危なかった…」
(少し離れたところでは無惨を越え、バラバラになったカッシーンの姿)
麗花「これ以上行くと、危ないかな。一旦、駅にもーどろっ♪」
・・・
カグヤ「規格外は『もう一人』居るみたいだな…」
バトラー「どう、なされますか…?」
カグヤ「さっきの『演奏』を見ただろう。ヘタに手を出せば…」
バトラー「そうですな…」
カグヤ「一旦、様子見だ。本当にな…」
・・・
P「こんなところか…」
千早「出てこなくなったわね…」
ノヴァ「それじゃ、ウォッチの方に戻らせてもらうよ…」
バステト「あんちゃん。わっち達から、少し話があるよ…」
P「話…?」
真「そういえば、少し離れた所の大気が震えてたね…」
未来「そうですね…」
千早「ラッパみたいな音だったわね…」
P「ラッパ…?」ヒクッ
バステト「なんだよ、あんちゃん。心当たりが…」
P「何となく、あるんだ…」
ノヴァ『何となく…?』
P「まさか『この世界』でも出鱈目なスペック持ちだとは思ってはいなかったが…」
ノヴァ『大気を震えさせる程のラッパ音なんて…』
バステト『最早、ソニックブームだよ…』
P「千早、どんな感じで聞こえたかを覚えてるか…?」
千早「言語にするなら『ぷっぷかぷー』かしら?」
P「卒倒しそう…」
真「まるで心当たりがある言い方ですね…」
P「やはり『規格外』だったか…」
未来「いったい、何のことを言ってるんですか?」
P「おそらく、それは北上麗花の吹いたラッパだ…」
千早「え…?」
P「ソニックブーム級って事は、この世界の北上麗花は大分『戦い慣れ』しているようだな…(片手で頭を抱える音葉」
267 : ミスター・オールドタイプ   2024/04/16 22:18:04 ID:zqXkG.PaVc
>>266
シャンタク鳥『ヤレヤレ予想通りですか・・・』バサバサ
P「うぉなんだコイツ!」
千早「鳥にしては冒涜的過ぎる見た目ですね・・・」
ノヴァ『ハスタか』
バステト『覗きとは感心しないね』
ハスタ『コレは私の化身シャンタク鳥、私の『眼』となって外界を監視してる・・・』
P「一応聞くぞ・・・」
ハスタ「貴方の想像通りよ。北上麗花には特級過呪怨霊だった頃の残滓が残ってるわ・・・」
P「チッ!マジかよ・・・」
千早「それはいったい何の話ですか?」
ハスタ「彼が各世界を旅した時の話よ・・・」
P「説明すれば長くなるが、北上麗花は一時期幽体離脱で・・・」
ハスタ「あの時の彼女は時間が経つに連れ呪力も影響力も増大したのよ。それこそ人一人を簡単に支配下に置くレベルに・・・」
P「時間が経てば街全体を支配下に置いて取り消しが着かんレベルなると所だった・・・」
千早「何処の世界でもあの人は規格外ね・・・」
P「目が覚めて回復したと思ったが・・・」
ハスタ「永久に憑き纏う物よ。呪い呪われの連鎖は・・・」
P「悪趣味なことで・・・」
バステト『コイツとクトゥルはアイオートから生まれたけど』
ノヴァ『本質はナイア側に近い悪趣味な邪神だからね』
シャンタク鳥「そこは認めるわ。ただアイツみたいな破壊願望は一切無いわ」
千早「コレからどうしますか?」
P「そうだな。まずはアイツらと一緒に・・・」
真「うわぁ!?なんだコイツ!」
未来「呪霊!?でもなんか変です!?」
P「なっ!?アイツは」
千早「どうして此処に!?」
P「ヘルギフテリアン!!」
・・・
Pはギフ、ディアブロの地球外生命体特有のフィールド書き換えにより管理者権限が機能できず、思い掛けずかなりの苦戦を強いられたのでギフ、ディアブロ系列はかなり苦手意識がある
268 : Pはん   2024/04/17 06:47:03 ID:UFD/KsOfwE
>>267
ヘルギフ「ほう、私を知っているのか…?」
千早「どういう事…?」
ノヴァ『コイツも「平行世界」の存在って事か?』
P「『三千世界』とはよく言うものだな…(エンドナイフを構える音葉」
バステト『わっちとノヴァは召喚べるまでに時間掛かるよ…!』
未来「どどどどうするんですか!?」
真「まずは一発、てりゃぁっ!(左半身が吹き飛ぶほどの一撃を与える音葉」
未来「やった!」
P「いや、ダメだ…」
真「ダメって、いったい…っ!?」
ヘルギフ「中々、やるようだが…(即座に復活する音葉」
真「え、何で…?(即座に復活したことに動揺する音葉」
千早「真!」
ヘルギフ「葬らせてもらう…!(超高速のパンチを放とうとする音葉」
P「スティールウィップ!(真の首根っこめがけて、ハンド部分を伸ばす音葉」
真「ぐえっ!?(首根っこを掴まれたので、流石に声が出る音葉」
P「回収!」
真「いきなりは苦しい…!」
シャンタク鳥『で、どうするんですか…?』
P「お前らの拠点が近くにあるはずだ…」
未来「それはそうだけど…」
ヘルギフ「やり手が居るみたいだな…」
千早「Pさん、早く…!」
P「これなら、いけるか…!」カチッ…
T2メモリ『サイクロン!』
(サイクロンメモリをT2マグナムにセットする音葉)
P「はぁっ!(銃口から竜巻を起こして煙幕代わりにする音葉」
・・・
(呪術師拠点)
可憐「未来ちゃん、真ちゃんともに撤退出来たようです…」
律子「真の攻撃を受けても倒れずに即座に復活…」
紬「もう、なんやいね…」ツムツムツムツム
・・・
(駅前)
麗花「人の列は無くなったけど、タクシーも来てないか…」
ビヤーキー「(あれが北上麗花…っ!?」
ヘルギフ「ほう、まだ人間が…」
麗花「あれ、さっきのとは違う…?(少し構える音葉」
ビヤーキー「(さて、お手並み拝見…」
269 : 変態・オブ・ザ・イヤー   2024/04/17 07:49:55 ID:kYIou99C/w
補足
魅裏怨世界の北上麗花はぷっぷかさんによる臨死体験を経てからはPの世界などにおける浮世離れした感じよりはやや現実的な性格になっている
言葉使いも少し俗っぽい
270 : Pさぁん   2024/04/17 11:28:04 ID:BZTakkCHwU
>>268
P「撒けたか・・・」
千早「まさか、ヘルギフテリアンが居るなんて・・・」
P「見た目が化物だからな・・・」
ノヴァ『君らしくないね』
バステト『そもそもアイツ何なんだ?』
千早「アレはギフが作り出したギフテリアンって言う眷属の集合体・・・」
シャンタク鳥『ギフ?あぁ・・・マリアが言っていた悪魔と言う種族ね』
P「奴の恐ろしい所は戦闘力もそうだがあの再生力だ・・・」
ノヴァ『身体が左半分消し飛んでも直ぐに再生したね・・・』
バステト『あんちゃんもそれ位出来るんじゃないの?』
P「馬鹿言え。加齢と度重なる死闘で能力が落ちて回数制に成ったよ・・・」
千早「それ以上にアレは只の量産可能な上級戦闘員でしか無い事」
P「流石にギフが死んだ今は量産は無理だが一体だけでも相当だ」
千早「今思うとギフ、ディアブロの後からですね。回数制になったのは・・・」
P「ギフはまだ慈悲が合ったが、ディアブロは容赦なかったからな・・・」
シャンタク鳥『成程ね、マリアが如何に戦力を整える為に色々仕出かしたわけね』
ノヴァ『アイオート最高傑作のアイツが殺しきれない時点で相当だよ』
バステト『奴さんは底が知れないね・・・』
P「この世界でヘルギフテリアンを倒せる奴が居るのかどうか・・・」
千早「せめて最強フォーム相当の武力が有ればヘルギフテリアンは倒せるけど・・・」
・・・
ビヤーキー「(ハスタ様・・・映像を送ります」
ハスタ『良好。左目に透過したわ・・・』
ビヤーキー「(北上麗花と先ほどの者が対峙しております」
ハスタ『この映像は私だけに共有して・・・』
ビヤーキー「(居世界の者には良いのですか?会話などは?」
ハスタ『この会話も念話で彼らには聞こえてないわ。それに・・・』





『彼女を危険と判断した時に私が駆除する為にも彼らは何も知らない方が良いわ・・・』
271 : P様   2024/04/17 16:27:26 ID:W.ew33/nYU
>>270
麗花「はぁー…」
ヘルギフ「溜め息とは余裕だな…」
麗花「『悪魔』ってやつはどこの世界にも居るもんだなって…」
(脳裏を過(よ)ぎる少女の断末魔)
麗花「ろくでもない世界もあれば、そうじゃない世界もある…」
ビヤーキー「ポエム…?」
ヘルギフ「さっきから何を言って…」
麗花「めんどくせぇから、とっととやろうぜ…(目付きが急に変わる音葉」キッ
ヘルギフ「纏ったオーラが変わった…」
ビヤーキー「何がどうなってる…?」
麗花「はっ!」
・・・
(呪術師拠点)
P「こんな山中にあるとはな…」
紬「お久しぶりです…」
可憐「お、お久しぶりです…」
P「て、本物の律子だよな…?」
律子「失礼ですね。ホンモノもニセモノも無いとは思いますが…」
千早「それにしても、コンピュータで監視してるのね…」
律子「意外と思うでしょ?」
P「千早、触るなよ…」
千早「分かってますよ…」
可憐「えっ…!?」
律子「何かあったの、可憐?」
可憐「駅前で反応のあった『特級扱い呪霊』が…」
P「ヘルギフテリアンがどうかしたのか…?」
可憐「反応がロストしました…」
P「倒されただと…!?」
・・・
麗花「ふぅー…」
(回想)
ヘルギフ「バカな、再生しないだと…!?」
麗花「お前、再生するのか。厄介だな…」
ヘルギフ「何者だ、貴様。ただの人間ではあるまい…?」ギリッ
麗花「さぁな、答える義理もねぇよ…(右手をヘルギフテリアンの方に向ける音葉」
ヘルギフ「次は何を…?」
麗花「生命が擦り切れるまで、救済措置はない…」
ヘルギフ「何をするつもりだぁっ!?」
麗花「選択肢は『延命』か『粉砕』か…」
ヘルギフ「なんだ、これは…?(棘に絡まれて、目の前が暗くなる音葉」
麗花「エンダーエンダー…!」
ヘルギフ「ぐあぁぁぁぁぁ!?」
(回想終わり)
麗花「もう、やりすぎだよ。チヒロくん!」
272 : 最低最悪変態プロデューサー   2024/04/17 16:32:36 ID:W.ew33/nYU
補足
チヒロくん:『ぷっぷかさん』に魂を引きずられた『別の平行世界』の北上麗花。性別は男性なので、肉体が女性である事に困惑している。自身がかつて経験した『エンダー/ゲーム』をベースに技を構成している
普段は北上麗花の精神世界に潜んでいる。麗花が時々俗っぽい言葉使いになるのもチヒロくんの影響
※『息子のチヒロ』との混同を避けるため、くん付表記にしています
273 : 5流プロデューサー   2024/04/17 16:34:51 ID:W.ew33/nYU
間違えた『チトセ』だった。カタカナだけならくん付表記しなくても大丈夫か…
274 : プロデューサー様   2024/04/18 02:31:50 ID:kJitKBYNNA
>>271
ハスタ「今のは妙だ・・・明らかに魂が二人分ある・・・ッ!!」
・・・
ノヴァ『うん?」
バステト『にゃ?』
・・・
プロメア「♪~♪~♪」無断複製虫
ヤーネフェルト「プロメア様、その・・・」
百合子「ハァ・・・ハァ・・・何という本の数・・・私此処に住みます!!」
杏奈「百合子さん・・・」ドン引き
文香「あの、落ち着いて・・・ね?」
プロメア「ッ!」
・・・
神々の円卓
プロメア「此処は円卓・・・」
ハスタ「意識だけ招集とは何か用アイオート?」
ノヴァ「何か問題でもあったの?」
バステト「えぇ~わっちはもう神じゃ無いのに何で?」
クトゥル「ZZZZZZZ」
マキア(小さい比)「・・・」
アイオート『此処に招集した理由は一つ。新たに4つの席を追加する』
ハスタ「っ!!昇格世界が4つも!!」
プロメア「まさか4つも!?」
リリス「まぁ空席状況は良くないから仕方ないわね・・・」
ノヴァ「何で君生きてんの?何時復活したん?」
リリス「良い女は秘密が幾つもある物よ・・・」
ノヴァ「コイツぅ~・・・まあ、あの世界見れば君が生きてるの納得出来るよ」
リリス「世界の運営は人に譲渡済み私は優々気楽に生きてるわ・・・」
バステト「それで?新しい昇格した姉妹は誰?」
アイオート『席に着くがいい・・・』
続く
275 : イルデューサー   2024/04/18 03:01:20 ID:kJitKBYNNA
>>274
???「久しぶりねプロメア」
プロメア「えっ!?ルドミラ姉様!?」
ノヴァ「おぉ~ルドミラじゃん~久~」
ルドミラ「貴女、ノヴァよね?キャラが違わない?」
ノヴァ「再生復活したらこうなった~どっちもボクなんだし良くない?」
ルドミラ「昔の貴女は凛々しい騎士だったのに・・・ハァ・・・」
ハスタ「諦めなさい誰もが通った道世・・・」
???「おやおや懐かしい顔触れに手前、酷く心が躍っていますよ」
全員「ゲッ・・・アンタは」
シュロ「今宵も素晴らしき人類の輝きを見て、手前涙が止まりませぬ」
バステト「よりにもよって此奴かよ・・・」
ハスタ「あんなデスゲームまみれの世界で何で昇格できるのよ・・・」
シュロ「おやおや~?知りませんか?人は日常から非日常になる時成長の兆しが出るのです。その劇の中に繰り広げられる、人類賛歌とはまさにコレ!!手前泣きます!!」
プロメア「泣いちゃった・・・」
ノヴァ「それでいてガチの感涙だから手に負えないよ・・・」
???「あはぁ~久しぶり~」
ハスタ「・・・ドグマ」
ドグマ「ハスタ姉様も元気~?あはぁ~私は元気~」
ハスタ「チッ」
ドグマ「あ~今舌打ちした~」
ハスタ「悪趣味なアンタと一緒にされたら困るって言ってるのよ・・・」
クトゥル「ZZZZZZZZ」
ドグマ「ひど~い、同じ邪神族なのにその態度は無いよ~」
ハスタ「チッ」
???「いや~やっと昇格ですか~長かったですよホント!!」
全員「何だミステリーか・・・」
ミステリー「私の扱い酷くないですか!?」
・・・
昇格した神々の詳細は次回
276 : 5流プロデューサー   2024/04/18 03:42:57 ID:kJitKBYNNA
テオス・ルドミラ
担当世界:悪役?令嬢世界
通称氷の女皇。高貴な口調であるがよく笑い、他人を卑下する様な態度は一切取らず真の高貴と言える神。厳しく𠮟咤をするがその裏には強く成長して欲しいと言う優しさが含まれている。慈愛と厳格の女神である
神としての知名度は主神として祀られている
世界が限りなく近く極めて遠い故かプロメアから姉様と言われている

テオス・シュロ
担当世界:エンダー/ゲーム
通称人類愛者。芝居掛った口調と動作が特徴。世界のせいで勘違いされがちだが根は善性の塊の善神。人とは素晴らしい者だと信じ、試練を乗り越え成長する者だと信じ、その中で物語られる人類賛歌を喉が枯れるほど叫び泣く。それが神視線なのを除いて・・・
紛れも無く善神だが、人からしたら傍迷惑な存在
神としての知名度は皆無。本人曰く神頼みは堕落の極なのでと

テオス・ドグマ
担当世界:彼ハ誰ノ彼岸
通称:狂気の愛神。ゆるふわな口調と雰囲気が特徴だが、れっきとした邪神。人々を狂わし世界が狂気に満ちるのを愛する歪んだ女神。常に目を閉じてるがその瞳は白目も瞳孔も存在しない『血の複眼』。同時期に産れた邪神三人を姉と呼ぶがハスタからは嫌われている
神としての知名度は『ツァトゥグア様』と呼ばれ祀られている。過干渉も平気で行う

テオス・ミステリー
担当世界:ミステイク・マダー
通称謎の頂。ミステリーなどの謎を愛するドジっ子。謎を解き明かすのが大好きだが大体見当外れな方向に行ってします。皆からは馬鹿と思われている。残当である
神としての知名度は無い。謎を追い過ぎて完全に忘れ去られてる
277 : 変態お化け   2024/04/18 10:41:23 ID:0MupjKyG/w
>>275
ノヴァ『はっ…!』
バステト『戻ってこれた…?』
千早「どうしたの…?」
ノヴァ『意識だけではあるが、アイオートに呼ばれた…』
P「だろうな…」
バステト『あんちゃんの世界からは誰も来てなかったけど…』
P「俺も呼ばれてたんだ。でも『テオス』の名は持ってないから…」
アイオート『キミはオブザーバーだ』
P「ってね…」
千早「どんな集まりなのよ…」
ノヴァ『平たく言えば「平行世界」が増えた…』
バステト『正確に言えば、地球(ほし)として顕現する事が認められたってところかな…』
P「とは言って、管理者不在の世界を蔑ろにするわけでは無い。そこはアイオートが見ていくとは言っていたが…」
ノヴァ『そういえば、プロメアがビクビクしてたわね…』
バステト『大方、禁書を複製してるのをわっちら経由であんちゃんにバラされたくないってとこだとは思うけど…』
P「ヤーネフェルト達は止められなかったか…」
千早「プロメアさんはそんな事をしてるの…?」
P「してるのよ、これがまた…」
可憐「あのぅ…」
P「悪い。ヘルギフテリアンがロストした件だったな…」
律子「同時に強いエネルギーも感じました…」
紬「ですが、それも一瞬で消えました…」
P「駅前か…」
千早「また麗花さんかしら…?」
P「かもな…」
シャンタク鳥『・・・』
P「どうした…?」
シャンタク鳥「いえ、なんでもない…」
P「なら、いいが…(とは言いつつ、集められた時のハスタの表情を思い出す音葉」
・・・
(駅前)
麗花「あれ、蓮田ちゃんだ…」
ハスタ「北上麗花…」
麗花「うん…?」
チトセ『コイツ、いつもと様子が違う…?』
ハスタ「ごめんなさい…」








『これが「私の判断」…(力を開放する音葉』
278 : プロヴァンスの風   2024/04/18 10:44:19 ID:0MupjKyG/w
補足
麗花(※時々チトセを入れ替えさせている)、可奈、瑞希、美奈子、ハスタ(※蓮田として)、可憐(いつでも来れる訳ではない)はよく集まって演奏したり、遊んだりしている
279 : プロデューサーくん   2024/04/18 11:38:06 ID:kJitKBYNNA
>>277
麗花「えっ?えっ?」
チトセ『コイツ何なんだいったい・・・!?』
ハスタ「正体を明かす、私はこの世界の神、テオス・ハスタ・・・呪いの神だ」
麗花「い、意味が分かんないよ・・・神様って」
チトセ『神なんて空想の存在の筈じゃないのか・・・!!』
ハスタ「やはりね、『ぷっぷかさん』の力で魂がもう一つある。一つの肉体と言う器に二つの魂が同時に存在はあってはならない・・・」
麗花「それっていけない事なの・・・?」
ハスタ「人の内に受肉した呪霊も相手の魂によって精神の深淵に追い遣られる。それが当たり前の常識・・・」
チトセ『つまりどう言う事なんだ・・・』
ハスタ「何方かの魂を私の手で文字通り消す・・・術式解放」
麗花「術式・・・?」
ハスタ「私は複数の術式を宿す。まぁ神様特権ね・・・その一つ『直接魂を触れ、魂の形状を操作し対象の肉体も形状も無理矢理変化させる』術式・・・」
チトセ『魂を直接触れるってマズいな・・・』
ハスタ「人は自分の魂ほど知覚出来ない、故に防御不可の即死術式・・・悪く思わないでよ。これも世界の為・・・」
・・・
プロメア「・・・」ダラダラダラ
ヤーネフェルト「プロメア様?脂汗は酷いですがいったい何が?」
玲花「腹痛ですか?直ぐに薬を持って参ります」
プロメア「いえ、大丈夫です・・・ルドミラ姉様にもバレたかもしれない(ボソッ」
文香「・・・さっきまで陽気に鼻歌交りに複製していたプロメアさんが・・・」
一希「余程の事が有ったのか・・・」
百合子「フォォォォォォォォォ!!!この本は滅多にお目にかかりしぇん!?!?!」
杏奈「百合子さん、キャラが迷子だよ・・・」
プロメア「・・・どうしよう」ダラダラダラ
280 : ボス   2024/04/18 17:33:56 ID:GJxlqQd7lA
>>279
プロメア「パパに助けを求めたいけど…」
ヤーネフェルト「逆を突かれそうですね…」
文香「一希、そういえば…」
一希「シャンプーが切れそうだったな…」
杏奈「あれ…?」スン
百合子「どうしたの、杏奈ちゃん?」
杏奈「文香さんと一希さん、同じニオイがします…」
文香「あっ…!///」
一希「しまった…///」
百合子「2人とも、まさか…!」
プロメア「同じ家に住んでるんだから、当たり前じゃないの?」
百合子「でも、シャンプーって分けません?」
プロメア「あー、メアの時はそんな感じだったわ…」
杏奈「プロさんの時は…」
プロメア「所家は基準にならないわよ。家族が多いんだから…」
文香「(よし…!」
一希「(話題が逸れてくれ…」
百合子「ると思いますか?」
杏奈「2人暮らしで同じシャンプーはもう…」
百合子「フフフ、ロマンティクス!」
プロメア「やめい!」ペシン
・・・
(魅裏怨世界、奥多摩駅前※終着駅)
チトセ『代わってくれ、アイツの懐に飛び込む…』
麗花「分かりましたー」パチン
ハスタ「無駄、この術式からは逃れられない…!」
チトセ「逃げられないなら、向かうまでだ!」シュバッ
(一瞬でハスタの耳元にまで近付く音葉)
ハスタ「速っ…!?」
チトセ「いけっ、麗花!」パチン
ハスタ「何を…!?」
麗花「すーっ…」
チトセ『鼓膜の用意は出来てるか?』
ハスタ「は?」
麗花「わぁっ!!!!!!!!!!!!(クソデカボイスを耳元で発する音葉」
ハスタ「あぐっ…!?(展開してた術式が消失する音葉」
麗花「じゃ、蓮田ちゃん。また今度ねー♪(素早く走り去る音葉」
チトセ『逃げれたらの話だがな…』
ハスタ「みっ、みみ、みみが、みみ…」キーン
・・・
P「ルビーの鳴き声を完全に防ぐ耳栓が無かったら、死んでたな…」
千早「えぇ、そうね…」
(近くまで来て見ていた音葉)
281 : プロデューサーさま   2024/04/18 19:32:23 ID:kJitKBYNNA
>>280
ハスタ「くっ!!この程度なら・・・反転で!!」
音響のせいで方向感覚がズレていて立てない音葉
ハスタ「ちっ!!」体を引き千切り変異させる音葉
ロイガー「ウオロロロ・・・」
ツァーム「グルゥルル・・・」
ハスタ「奴を追え!!まさかここ迄なんて・・・」
・・・
カグヤ「アッチは追い駆けっこ俺は彼方に行くとするか」
バトラー「はい、カグヤ様」
・・・
真「はぁ~結局術式使う暇なかったね・・・」
未来「私なんか無いから苦戦しますよ・・・」
可憐「まあまあ・・・」
真「可憐は良いよ、結構強い術式持ってるんだから・・・」
可憐「でもあの機械には苦戦したよ・・・」
真「それでも負傷した皆の中では唯一無事じゃん・・・」
未来「回復の反転も持ってますしね~・・・」
可憐「アレは呪力消費が多いから多様出来ないよ・・・」
ズーン!!!
三人「「「!!」」」
カッシーン「・・・」
真「さっきの奴!?」
未来「でも格好が違わないですか?」
可憐「赤い機体・・・!!」
・・・
カッシーンカスタム(見た目仮面ライダーストリウスの顔だけ変えた奴):指揮官型カッシーンの総スペックを三倍の性能にカスタムした新型
282 : 高木の所の飼い犬君   2024/04/18 23:40:19 ID:N5hacXto.I
>>281
千早「で、どうするの…?」
P「ハスタの言わんとする事は分かるよ、管理者としての行動としては実際正しいが…」
千早「私にはちょっとやり過ぎに見えるわ…」
P「しかし、麗花の中にいる『もう1つの存在』をただ消失させるのも忍びない…」
千早「ただ、ハスタも本気よ…」
P「そうなんだよ、そこなんだよな…」
千早「何か問題が…?」
P「俺、ハスタと相性悪いんよ。敵対関係にあった頃はキツかった…」
千早「相性が悪いって事は、ハスタはフィジカル寄りでは無さそうね…」
P「『幻術』の類は勘弁してほしいぜ…」
千早「あら、意外…」
P「『痛いとこ』を突かれたんだ…」
千早「痛いとこ…?」
P「分からないなら、そのままでいてくれ…」
千早「なんか悔しいわね…」
P「さて、少し追いかけますか…」
千早「そういえば、ノヴァが大人しいわね…」
P「バステトもだな。まさか…」
ノヴァ『なんだ、何も聞こえないぞ!?』
バステト『引っ込んでいれば、良かったよ。ヘタに出てきてるから、鼓膜やられた!』
P「何をしてんだか…」
千早「神様すら凌駕する声量なのは確かね…」
・・・
チトセ『追ってきてるな…』
麗花「どうやら、神様ってのも伊達じゃないみたい…」
チトセ『音を立てれば、逆にバレそうだな…』
麗花「どこか、隠れられそうな場所は…」
チトセ『山奥だから、人混みは難しそうだもんな…』
麗花「青梅市まで行ければいいけど…」
チトセ『山ん中はヘタに隠れると天候が心配だが…』
麗花「まぁ、何とかなるよ!」
チトセ『本当に羨ましいよ、そういうトコがな…』
・・・
バトラー「カグヤ様、呪術師の拠点に現れたようです…」
カグヤ「来たか、急ぐぞ…」
バトラー「かしこまりました…」
・・・
ハスタ「平衡感覚が失われてる、なんだあの声量は…」グルグル
283 : 箱デューサー   2024/04/19 07:10:25 ID:/YI8RcSTY6
>>282
真「つ・・・強い・・・」ガクッ
未来「うぅ~ん・・・」気絶
可憐「ハァ・・・ハァ・・・」
カッシーンC「此処の東京拠点を潰せば残りは京都・・・」
可憐「京都も狙ってるんですか!!」
カッシーンC「無論、お前達はこの世界の防人。そして防人はこの日本が一番多い」
可憐「(呪霊発生が世界的に多いのが日本と言うのもバレてる・・・」
カッシーンC「よってお前達の排除はこの世界の支配を意味する」
可憐「(どうしたら・・・」
・・・
回想
律子「可憐、貴女の『本当の術式』だけど・・・」
可憐「はい・・・」
律子「確かに強力ね・・・正直驚いてる、何で此処まで」
可憐「・・・私のせいなんです」
律子「先生も言ってたわね、愛ほど【歪んだ呪い】はないと、まさにそれね」
可憐「だからこそ、使いこなします・・・」
律子「使いどころを間違えないでよ・・・」
・・・
先生「僕達呪術師は呪い呪われの連鎖だ、自分達は幸せには出来ない」
可憐「・・・」
先生「でも誰かの幸せを護る事は出来る。僕はそう思うね」
・・・
可憐「・・・逝くよ【紅蓮】」
【アァ・・・任せろ姉貴】
可憐「術式解放・・・」
カッシーンC「何だコレは・・・」
可憐「私のせいで貴女を延々と縛り続ける罪を許して・・・」
可憐の後ろ巨大な悪霊の様な何かが出現する音葉
・・・
先生:現在最強の術師。こちらの世界のPみたいな存在。現在は全国各地で暴れてるカッシーンやギフテリアン対処の為拠点を離れて対処中。ハンドレッドもコイツが最強と理解してるので無尽蔵に戦力投入し足止めを続行
284 : プロデューサーさん   2024/04/19 13:32:30 ID:BhxNKd4JTI
>>283
紅蓮【いくぞ…!】
・・・
(Pの世界、愛増学園食堂※時系列は順不同)
可憐「今、P先生はハスタさんの『世界』に居るみたいです…」
律子「それじゃ、戻ってくるのも近そうですね…」
可憐「だといいんですけど…」
茜「その様子だと、また巻き込まれているみたいだね…」
可憐「そうですね…」
律子「ただで帰れない男ですね、本当に…」
茜「まぁ、それがプロちゃんたる所以なんだろうね…」
律子「それはそれとして…」チラッ
可憐「何かあるんですか…?」チラッ
茜「あー、アレね…」チラッ
ありす「(歩道が広いではないか…行けの顔をしている音葉」
晴「今までで、一番やべー顔してるぞ…」ヒソッ
志狼「こないだ、一希とふみ姉ちゃんとこ泊まってからだよな…」ヒソッ
梨沙「大方、予想はつくけど…」ヒソッ
千枝「それじゃ、答え合わせをしようか…」ヒソッ
小春「お泊りって事は一希さんと文香さんが…」ヒソッ
桃華「ステイですわ、小春さん!」ビシッ
仁奈「なんか、しょーもない感じがするでごぜーますよ…」ヒソッ
かのん「一希くんと文香さんが同じシャンプーを使ってたとか…」ヒソッ
『あー…』
直央「それ、正解かも…」ヒソッ
『えっ…!?』ザワッ
直央「この間、スーパーで買い物してる2人を見かけて…」
梨沙「決まりね…」
晴「決まりだ…」
小春「決まり手は同じシャンプー〜♪」
ありす「貴様ら、ヒソヒソうるさいんですよ!」
志狼「キャラが崩壊してるぞ、ありす!」
ありす「た・ち・ば・な・で・す!」ビシッ
桃華「ダメですわ。あーなったら、もう…」
律子「若いっていいわね…」
可憐「律子さん…」
茜「プラズマだね…」
可憐「教頭まで…」
・・・
P「へっくちょい…」
千早「何を急にカワイイくしゃみを…」
285 : Pちゃん   2024/04/19 20:25:23 ID:/YI8RcSTY6
>>283
先生「いや~来てくれて助かるよ~僕一人だったら心細かったよぉ~」
雨彦「良く言う、アンタ一人で如何にかなるだろ?」
先生「いやいや~僕だって人間だよ?疲れもするしお腹もすく。そんな時襲われたらさ~・・・」
小梅「・・・」
雨彦「・・・」
先生「あれ~?僕って人間扱いされてないって感じかなぁ~?」
雨彦「人間だが理不尽だとは思ってるがな」
小梅「人だけど、人で無しかな・・・?」
先生「僕だって傷付くんだよ君達~」
歌鈴「アノ~何で私此処に居るんですか!?3級相当しかない私が!?」
先生「それは君の術式がこういう時に役立つからさ」
歌鈴「只の術式の出力強化やバフくらいしか役立たない私がですかぁ~!?」
先生「どんな術式でも適材適所って奴が肝心さ」
歌鈴「先生・・・」
PLLLLL
先生「もしもし?僕だけど?どったの律子?」
律子『今何処ですか!?拠点にあの機械人が攻めて来たんですよ!?』
先生「真達を控えさせてたけど?」
律子『二人はやられました!!急いで戻って下さい!!』
先生「そうしたいのは山々なんだけどね~可憐は?」
律子『術式を使ってます!!』
先生「なら大丈夫、彼女は勝つよ。絶対にね・・・」
律子『先生!?ちょっ・・・』ブツン
雨彦「良いのか?」
先生「大丈夫」
・・・
紅蓮【うぉおおおおお!!】ハンマーナックルを叩き込む音葉
カッシーンC「むぅううん!!」槍で受け止める音葉
可憐「此処!!」距離詰め刀を振り被る音葉
カッシーンC「甘い!!」蹴りを入れる音葉
可憐「くっ!!」
カッシーンC「どけぇい!!」
紅蓮【ぐぅ!!】顔に蹴りを入れられる音葉
可憐「(完全に互角、いえ、私がまだ紅蓮と併せきれて無い・・・」
カッシーンC「出来るようだがまだまだだ」
可憐「(私は、この子を縛るだけじゃなく、足も引っ張るの・・・」
紅蓮【姉貴・・・】
286 : 番長さん   2024/04/20 15:13:24 ID:T7keEDNUw2
>>285
(Pの世界、愛増学園)
可憐「はっ…!」
律子「可憐…?」
可憐「誰なの、この声…?」
茜「どこからともなく聞こえる声…」
律子「最近、界隈で話題になってるやつですかね…」
可憐「似てます、昔の私に…」
茜「というより、それは可憐ちゃんの『声』だね。きっと…」
可憐「私の声…?」
律子「というよりは『平行世界の篠宮可憐』だったりして…」
可憐「よく、耳を澄ましてみます…」
『私は、この子を縛るだけじゃなく、足も引っ張るの…』
可憐「足を引っ張る…?」
律子「ねぇ、可憐。その『声』をメモ書きに出来る…?」
可憐「わ、分かりました…」サラサラ~
茜「走り書きでも10人中、10人が読めそうな文字なのは流石だねぇ…」
律子「はいはい、茶化さないの。『この子を縛る』…」
茜「『足も引っ張る』…」
可憐「誰かと一緒に戦っている…」
律子「ハスタの世界は呪術が盛んって聞いてるわね…」
茜「となると、あずさちゃんみたいに『式神』を使ってたり…」
律子「P殿のような『使い魔』を使役してる可能性もあったりして…」
可憐「導き出せる答えは…」
律子「自信を持つことね…」
茜「それは『ここ』の可憐ちゃんにも言えるかにゃぁ…」
可憐「うぅ…」
律子「可憐は少し…」
・・・
(魅裏怨世界)
紅蓮【まだ、そんな事を言ってるのか…】
可憐「紅蓮…?」
紅蓮【そんな考えで術式を扱うなといつも言ってるはずだ…】
可憐「で、でも、私は…」
紅蓮【姉貴は充分強い。もっと、自信を持て…】
カッシーンC「何をごちゃごちゃと…」
紅蓮【私はお前の中に強さを見出した。だから、共に戦っている…】
可憐「紅蓮…」
紅蓮【大体、姉貴は自分を卑下し過ぎだ。謙遜なんてカワイイもゆじゃない。そんなんだから…】
・・・
律子「頭でっかちなのよ…」
・・・
紅蓮【頭でっかちなんて言われるんだ…】
名前 (空白でランダム表示)
画像 ※JPEG/PNG/GIFのみ。最大サイズ合計: 8MB



画像は3650日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -