【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃん、何だか機嫌がいいね」【ミリオン】
1 : 1   2021/07/03 20:01:06 ID:djPz0.aehU
ドラえもん「もしかして何かいい事でもあったの?」
(>>4は未来、ロコ、翼以外の劇場アイドル36人の誰か)


★過去作はこちら
①春日未来編
【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃん、どうしたんだい?」【ミリオン】
http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=11488&log=past&res=751

②ロコ編
【安価SS】ドラえもん「>>4ちゃんが帰ってきたぞ!」【ミリオン】
https://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=14741

③伊吹翼編
【安価SS】ドラえもん「あ、>>4ちゃんから電話だ」【ミリオン】
http://imasbbs.com/patio.cgi?tr=all&read=19122&log=past&res=815
~あらすじ~
「Yチューブで人気者になれる道具出して~!」
翼の一言から人気動画サイト『Yチューブ』での活動の手伝いをさせられることになったドラえもん。
ジュリア、瑞希、恵美も加わり楽しく撮影をしていたのだが、そこに現れたのは黒井社長。
何と黒井社長は人気№1Yチューバーだったのだ!更に黄色いドラえもんまで登場して…
330 : Pさぁん   2021/07/24 22:06:29 ID:Q2cZEflXVo
女子更衣室
331 : 1   2021/07/24 22:50:24 ID:uVreobgo3k
劇場の魂と落ち合うのは『ステージ』
桃子たちは今、『佐竹飯店』にいる


ここは佐竹飯店劇場支店。

奈緒「ロボ子に投げ飛ばされた桃子を受け止めた私らも一緒に吹き飛んで、気づいたらここにたどり着いてたからついでに腹ごしらえをすることになったんや!」

美奈子「なるほどね!説明ありがとね!」

のり子「いや、何で説明口調!?」ガビーン

桃子「ロボ子…大丈夫かな?」

奈緒「まあ今は考えても何もわからんし、とりあえずクールダウンや!」

桃子「…うん、そうだね」

美奈子「わっほーい!ホットケーキ特大サイズお待たせしました~!」ドンッ

のり子「すっごいサイズ…!アタシたちで食べられるかな?」

奈緒「いざって時は私がどうにかしたる!」b

桃子「いただきま――」


シュウウンッ!

ドラえもん「うわあ!」ベチャ

ジャイアン「ここ、どこだ?」ベチャ

奈緒「あ…」

ドラえもん「良かった、みんな無事だったんだね!」

桃子「ちょっと二人とも!!」

ドラえもん「桃子ちゃんも元気そうでよかった!」

ジャイアン「俺が来たからにはもう安心だ!泥船に乗った気でいてくれ!」

奈緒「泥船だと沈んでまうがな…」ドヨーン

桃子「そんなことより!桃子のホットケーキをダメにした責任取ってよね!!」プンプン

ジャイアン「>>334
332 : Pはん   2021/07/24 22:52:03 ID:momNonK9KA
だが断る!
333 : ごしゅPさま   2021/07/24 23:01:49 ID:c7e40XywSc
美味しかったよ!ごちそうさま!
334 : プロデューサー殿   2021/07/24 23:39:08 ID:jqX1Znayvg
後で俺が特性シチューを作ってやるから機嫌を直してくれ!
335 : Pチャン   2021/07/25 00:33:57 ID:NEJsgXp6dc
化 学 兵 器 降 臨
336 : 1   2021/07/26 00:11:14 ID:BoQMNAwAo.
ジャイアン「後で俺が特性シチューを作ってやるから機嫌を直してくれ!」

桃子「嫌だよ。お兄ちゃんの料理は料理じゃないもん」プイッ

ジャイアン「お、反抗期か?可愛いやつめ!」ワシワシ

桃子「いや、そうじゃなくて…というか頭撫でるのやめてよ、もう!」

ジャイアン「この戦いが終わったら腹いっぱい食べさせてやるからな!もちろんお前たちにもな!」

奈緒「色んな方向からフラグ建てんのやめてくださいよ!」ガビーン

のり子「どっちにしてもアタシたち終わったかもね…ははは…」ドヨーン

ドラえもん「ジャイアンかロボ子さんか…、果たしてどっちの結末の方がマシなのだろう」ドヨーン


一方育は。

育「…後、少しで壊れそうだね」

環「ばぶばぶ!」

育「確かにスコップもこわれてきてる……もし次にとびらをこわせなかったもう出られないかも」

環「ばーぶ!」

育「環ちゃんの言う通りだね!桃子ちゃんたちに会うまでは絶対にあきらめないよ!」


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→扉の破壊に成功
奇数→扉の破壊に失敗
>>337~341
337 : Pサン   2021/07/26 00:13:33 ID:5ztmITJ5qw
hoi
338 : 貴殿   2021/07/26 00:29:56 ID:umB1iLKSxg
そいや
339 : EL変態   2021/07/26 00:37:53 ID:p0YZkgy8Es
やむ。
340 : プロデューサーはん   2021/07/26 00:49:00 ID:ig6xMo5616
ほ!
341 : ぷろでゅーしゃー   2021/07/26 12:16:10 ID:2v4rGXeJqw
最後のコンマ背負うの怖いんだけど
342 : 1   2021/07/26 13:56:44 ID:BoQMNAwAo.
33+56+53+0+10=152
偶数ルート

バキッ!

育「やった!これで出られるよ!」

環「ばぶばぶ!」

育「そうだね!桃子ちゃんを探そう!」


あれから5分が経過し、
しばらくあてもなく歩いていると、前方から誰かが近づいてきた。

亜利沙(劇場の魂)「良かった、無事に出られたのね」

育「亜利沙さん…?どうしたの、いつもよりなんかまじめ?」

亜利沙(劇場の魂)「後で説明するわ。桃子ちゃんはプロデューサーたちと合流してステージに向かっている。私たちもそこに――」


ロボ子「なるほど。桃子ちゃんはステージにいるんですね」


亜利沙(劇場の魂)「!?」

育「ロボ子さん、どうしたの急にいなくなって!それに凄いびしょ濡れ…今ハンカチ持っていくね!」

環「ばぶー!」グイイッ

育「え、環ちゃん?行っちゃダメってどういうこと?」

亜利沙(劇場の魂)「良い判断よ、環ちゃん。……育ちゃん、残念だけどこの子は私たちの敵なの」

育「嘘だよ!今のロボ子はいい人だよ?」

亜利沙(劇場の魂)「どういうわけか分からないけど、あなたたちと敵対していた頃の記憶を取り戻している。今もこうやってあなたを捕まえにやってきた…そうでしょ?」

育「…嘘だよね?」

ロボ子「…私の計画のために、一緒に来てもらうわよ、育」ニヤッ

育「そんな…せっかくお友だちになれたと思ったのに」

ロボ子「あらあら…わたしの友達は最初から桃子ちゃんただ一人だけよ」


育の行動は?
>>345
343 : バカP   2021/07/26 15:00:50 ID:BSY1Rm179Y
スコップを床に刺し、ここから先は通さないよ!
344 : Pさん   2021/07/26 15:03:01 ID:PmTRdNbZpI
変身して闘う
345 : Pチャン   2021/07/26 15:19:42 ID:j7uBvuzElg
なぜかマジギレしているシアターの真面目組を召喚する
琴葉や紗代子など
346 : 1   2021/07/26 19:37:03 ID:BoQMNAwAo.
たまたまなんだろうけど、琴葉がキレる展開、もはやミリドラの名物になりつつあるなw
347 : 1   2021/07/26 20:26:27 ID:BoQMNAwAo.
育「誰か助けてー!!」

ロボ子「そんな古典的な方法で都合よく誰か来るわけ――」

ドオオンッ!!

ロボ子「な、なに!?」

志保「一つ、人の世の生き血をすすり」

紗代子「二つ、不埒な悪行三昧」

琴葉「三つ、ミラーボールはいらない」

育「志保さん、紗代子さん、琴葉さん!」

ロボ子「まさか本当に出てくるなんて思わなかったわ…」

紗代子「あなたね、今劇場内で暴れてる危ないロボットって言うのは」ピキピキ

志保「こっちはここ最近の家電故障事件でエアコンが壊れて暑さでイライラしているっていうのに…」ピキピキ

琴葉「カイダメタ、アイス…ゼンブトケタ…」ピキピキ

亜利沙(劇場の魂)(怒りのあまり片言になってる!?)ガビーン

ロボ子「それはお気の毒に…まあやったのわたしなんですけどね♪」

亜利沙(劇場の魂)「!?」

育「そうなの!?」

ロボ子「どうしても大きなエネルギーが必要だったのよ。ちょうど今活用させていただいているわ」

琴葉「そう…つまりあなたが諸悪の根源、というわけね」

ロボ子「悪…?それはこっちのセリフよ。わたしの大事な桃子ちゃんを誑かす悪の一味め!わたしの正義で懲らしめてあげるわ!!」ブチッ

志保「育、あなたは先に行って。ここは私たちが引き受けるわ」

ロボ子「っ!行かせるわけないでしょ!」


志保の攻撃
>>349
紗代子の攻撃
>>351
琴葉の攻撃
>>353

更に安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→ドラえもんのポケット奪還
奇数→劇場の魂は大ダメージを負い、弱体化
>>349>>353
348 : おにいちゃん   2021/07/26 20:32:01 ID:Ez.M1oWRHE
シザークロス!
349 : バカP   2021/07/26 20:34:38 ID:umB1iLKSxg
電磁力を両腕に纏ってフライングクロスチョップ「電磁エンド!」
350 : 我が下僕   2021/07/26 20:53:23 ID:p0YZkgy8Es
メガグラッシービーム(よその事務所のメガネアイドル直伝)
351 : バカP   2021/07/26 20:53:57 ID:umB1iLKSxg
どこからともなく現れたデストル刀で胴体を斬る、と見せかけて刺突
352 : ごしゅPさま   2021/07/26 21:42:22 ID:Ez.M1oWRHE
アイアンクロー
353 : プロデューサーちゃん   2021/07/26 21:54:46 ID:umB1iLKSxg
環に頼まれてDVDを見ながら一緒に両腕を十字に組んで特訓していたら習得できた、スペシウム光線
354 : 1   2021/07/27 00:52:09 ID:UkDmD2vMfk
38+23+57+22+46=186
偶数ルート

志保「電磁クロス!」キカイダー

ロボ子「きゃあっ!」

紗代子「出てきて、デストル刀!私に力を貸して!!」カチャッ

ロボ子(構えた…わたしを斬るつもりね)スッ

紗代子「隙あり!!」ザシュ

ロボ子「あうっ…し、刺突…!?」

琴葉「いくら敵とはいえ、女子小学生の姿をした娘を攻撃するなんて気が引けるわね……何て言うと思ったら大間違いよ!」

琴葉は特訓で習得したスペシウム光線でロボ子に攻撃!

ロボ子「きゃああっ!!」バタッ

琴葉「…アイスの恨みは怖いの、覚えておいて」キリッ

環「ばぶうううううううう!!」キャッキャッ

ヒラヒラ…

育「…これ、ドラえもんのポケット?」

亜利沙(劇場の魂)「そういえば私が来た時に彼女が持っていた。奪われていたのね」

育「そうなんだ。取り戻せてよかった!」
38+23+57+22+46=186
偶数ルート

志保「電磁クロス!」キカイダー

ロボ子「きゃあっ!」

紗代子「出てきて、デストル刀!私に力を貸して!!」カチャッ

ロボ子(構えた…わたしを斬るつもりね)スッ

紗代子「隙あり!!」ザシュ

ロボ子「あうっ…し、刺突…!?」

琴葉「いくら敵とはいえ、女子小学生の姿をした娘を攻撃するなんて気が引けるわね……何て言うと思ったら大間違いよ!」

琴葉は特訓で習得したスペシウム光線でロボ子に攻撃!

ロボ子「きゃああっ!!」バタッ

琴葉「…アイスの恨みは怖いの、覚えておいて」キリッ

環「ばぶうううううううう!!」キャッキャッ

ヒラヒラ…

育「…これ、ドラえもんのポケット?」

亜利沙(劇場の魂)「そういえば私が来た時に彼女が持っていた。奪われていたのね」

育「そうなんだ。取り戻せてよかった!」
355 : 1   2021/07/27 00:53:51 ID:UkDmD2vMfk
↑なんか二重になっちゃいました。すみません。


ロボ子「…いいわよ、そんなもの。必要なものは全部使わせてもらったし…」

育「!?」

紗代子「ま、まだ立ち上がれるの!?」

ロボ子「それよりあなたたちの攻撃、痛かったですわあ……だ・か・ら、そろそろお返ししても構いませんよね?」ニヤッ

その時、志保は背後に誰かの気配を感じた。
振り向く前に勢いよく前に跳びだす。刹那、背後にいた大柄のローブ姿の人物が先ほどまで志保がいた場所に攻撃を仕掛けていた!

???(大柄)「うむ、外したか」

志保「誰?というかいつの間に…?」

紗代子「志保ちゃん!」ダッ

???(浮遊)「あらあら、あなた随分頭に血が上っているのね?」

紗代子「!?」クルッ

上を見上げると、ローブ姿の物体が女性の声を発しながら宙を浮いている異様な光景が目に入った。

???(浮遊)「冷やしてあげるわね」ビュッ

浮遊物体は水を放出し、紗代子の顔面にぶっかけた!
その勢いで紗代子は吹き飛び、眼鏡が宙を舞う。

紗代子「いたた…めがね…めがね…」33

琴葉「いったい何が…?」

???(平ら)「か~のじょ~!髪の毛サラサラだね~!」クンカクンカ

琴葉「ひっ!!」

とても人とは思えないまっ平なローブ姿の男が背後から琴葉に密着。
あまりの不気味さにとっさに裏拳を放つが…

???(平ら)「ひゅ~!かわい子ちゃんの必死の抵抗たまんね~!」ヒョイッ

あっさりと避けられてしまう。

亜利沙(劇場の魂)「急に出てきて、一体何が起きているの?」
356 : 1   2021/07/27 00:54:36 ID:UkDmD2vMfk
ロボ子「…遊園地でわたしがやられたのは、あなたたちの友情や団結による力を侮っていたから。だからわたしも仲間の力を借りることにしたの。わたしの言うことを聞いてくれる頼もしい仲間の、ね♪」

???(大柄)「我らはロボ子様に“生命”を与えていただいた!我ら『四天王』!ロボ子様の盾となり剣となるものなり!!」

育「四天王…今どきシンプルな名まえだね!」

志保「ん…四天王、ってことは?」

???(小柄)「いええええええええい!!」ビュンッ

亜利沙(劇場の魂)「育ちゃん、左!!」

育「え!?」

ローブ姿の小柄な人物が壁を突き破り、そのまま育に向かって突進を仕掛けた。
その衝撃で育は吹き飛んだ。が、そのまま小柄が育をキャッチし、長く伸びた腕をまるでロープのようにして縛り付けた。

亜利沙(劇場の魂)「しまった!!」

育「…」ガクッ

環「ばぶー!!」

???(小柄)「久しぶりだな環ちゃん!赤ん坊になっててもおれにはわかるぜ!かつて戦ったお前のことはな!」

環「?」

???(平ら)「オイオイ!お前さあ、オレのかわい子ちゃんを気絶させてんじゃねえよ!」

???(小柄)「ピポ…育ちゃんはお前のじゃないだろうが!」

???(大柄)「ロボ子様、ご指示通り中谷育を捕らえました」キリッ

???(小柄)「ピピポ!何でお前が自分の手柄のように報告してるんだ!おれがやったんだぞ!」ガビーン

???(大柄)「うっさいわーっ!お前の手柄は余の手柄じゃーい!!」クワッ

???(浮遊)「あんたたち静かにしなさいよ…」ドヨーン
357 : 1   2021/07/27 00:55:20 ID:UkDmD2vMfk
亜利沙(劇場の魂)(…さっきこの者たちは生命を与えられた、と言ってた…おそらくドラえもんの不思議な道具の力を使って生み出された存在…けどあの小さいの、さっき環ちゃんに『久しぶり』って…)

ロボ子「ふふっ、これってもしかして形勢逆転…しちゃったのかしら?」ニヤニヤ

琴葉「…亜利沙ちゃん、ここは私たちに任せて環ちゃんを連れて先に行って!」

亜利沙(劇場の魂)「何ですって!無茶よ!」

紗代子「そんなことない。私たちはこの通り、まだ戦える!やる気もまだまだ有り余ってるよ!」ビシッ

ロボ子「う、うん…」

志保「紗代子さん、そっち敵の方です」ドヨーン

紗代子「あれ?みんないつの間に位置変わったの!?」

琴葉「ずっとみんな定位置だったけどね…。とりあえず眼鏡かけようか?」

志保「…とまあ、私たちは大丈夫ですから」

亜利沙(劇場の魂)「え、ええ…」


A:「私も残る」
B:「あなたたちの覚悟、受け取った」
>>360
358 : ぷろでゅーしゃー   2021/07/27 06:22:47 ID:F1AjEzXnYo
A
359 : 監督   2021/07/27 18:13:52 ID:sjKe8Jb0t2
B
360 : ごしゅPさま   2021/07/27 18:17:05 ID:8y2ymRZDMQ
A
361 : 1   2021/07/28 01:13:03 ID:ojMJ7YyTlM
亜利沙(劇場の魂)「私も残る」

劇場の魂は落ちていたポケットを環に渡す。

亜利沙(劇場の魂)「お願い、これを持って彼らの所に行って」

環「ばぶ!?」

ロボ子「それはさせませ……」


『桃子ちゃんの友だちをいじめちゃダメ!!』


ロボ子「っ!?」バチッ

???(浮遊)「ロボ子様!?」

突然、頭を抱えるロボ子。

ロボ子(頭の中で……なんで、ちゃんと『上書き』したはずなのに…っ!?)

亜利沙(劇場の魂)「…今の内に早く!」

環「…ばぶ~!」タタタタタ

???(大柄)「ぬっ!赤子が逃げるぞ!」

ロボ子「…あなたたちは環を追って。彼女たちはわたしが引き受けるわ」ゼェゼェ

???(大柄)「し、しかし…」

ロボ子「自分たちの“役割”を忘れたの?…絶対に桃子ちゃんを連れてくるのよ」

四天王「「「「はっ!!」」」」タッタッ

ロボ子「…お待たせしました」

志保「…1vs4ならこっちに分があるわよ」

ロボ子「ふふ、それはどうでしょうね」

亜利沙(劇場の魂)「悪いけど、私ももう手加減しない」

ロボ子「していただかなくて結構です。あなたたちの相手は私と――」

その瞬間、天井が大きな音と共に破壊される。
四人が上を見上げると、そこには巨大な何かがこちらを覗いていた。

ロボ子「――“彼女”でさせていただきます」

紗代子「まさかあれって…!」

琴葉「この間の…!」

亜利沙(劇場の魂)「あ、あんなものまで…!?」

ロボ子「言ったでしょう?頼もしい仲間の力を借りる、ってね♪」

???(巨大)「HOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」

ロボ子「うふふ、あははははは♪」
362 : 1   2021/07/28 01:13:44 ID:ojMJ7YyTlM
一方、桃子たちは美奈子と別れ、ステージに到着していた。

ドラえもん「後は育ちゃんたちを待つだけだね!」

奈緒「仮に敵が乱入してきても!」

ジャイアン「俺たちがギッタギタのメッタメタにしてやるぜ!」

桃子「…三人とも、まずはそのだらしないお腹どうにかしてよね!」

奈緒「いや~、美奈子の料理が美味しくってついつい♪」

ドラえもん「美奈子ちゃんの特大どら焼きはいくつ食べても飽きがこないんだ!」

ジャイアン「余裕があれば後一杯食いたかったぜ!」

桃子「…まったくもう!」

のり子「そういえば遠くの方から何かが壊れる音、みたいなのが聞こえてるけどもしかしてロボ子たちかな?」

ドラえもん「かもしれないね」

のり子「大丈夫かな?育たちのこともそうだけど、アタシたちの方も」

ドラえもん「大丈夫だよ!いざとなったらこのポケットで……ん!?ない!?僕のポケットがない!!?」

のり子「えええええええ!?」

ジャイアン「そういえばロボ子がポケット盗ってたな」

ドラえもん「そ、そんなああーっ!」ガックリ

奈緒「あかん!ポケットのないドラえもんなんてポンコ……」

ドラえもん「何かな?」グスッ

奈緒「何でもない何でもない!ポンコツロボットなんて言おうとしてへんよ……あ」

ドラえもん「うわあああああああん!」ナミダドバー

桃子「ドラえもん、元気出してよ。ほら、お弁当上げるから」

ドラえもん「お弁当…?」


更に安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→桃子のお手製弁当を渡す。ドラえもんは元気が出た!
奇数→ジャイアンシチュー入り弁当を渡す。ドラえもんはしばらくダメージを負う!
>>363~367
363 : ダーリン   2021/07/28 01:20:32 ID:i8dICy5aQQ
危険物弁当桃子だけど。
364 : プロデューサーさん   2021/07/28 01:24:01 ID:9T1CNfd.bY
ジャイアンシチューロボ子にぶつければ良くない?
365 : 仕掛け人さま   2021/07/28 01:28:58 ID:iRnllqtYs2
シチュー入りは漏れそう
366 : 番長さん   2021/07/28 01:47:55 ID:odMOvJsXkc
巨大ロボw
新しいネタをw
367 : 5流プロデューサー   2021/07/28 06:33:29 ID:CIEdMr8Z/.
>>364
暴走しちゃうかも
368 : 1   2021/07/28 18:46:45 ID:ojMJ7YyTlM
32+1+58+55+29=175
奇数ルート

ドラえもん「わ~い!桃子ちゃんの手作りだ~!」パカッ

桃子「あ、そっちは…」

ド ロ ~ リ

ドラえもん「じゃ、ジャイアンシチュー…!?」

ジャイアン「そうかそうか。そんなに俺の手料理が食べたいか」

桃子「さっきもらったの。後でこっそり処分しようと思ってたのに焦って取るから…」ボソッ

ドラえもん「ぼ、僕…お腹いっぱいで…」アセダラダラ

ジャイアン「お前まさか食えねえって言うんじゃねえだろうな?」ジロッ

ドラえもん「いただきますっ!」パクッ

のり子&奈緒「「いった!!」」

ドラえもん「……!!!?」

奈緒「ドラえもんの体がカラフルに点滅しとる…!」

のり子「ゲーミングドラえもんだ…!」

ドラえもん「」バタッ

ジャイアン「倒れるくらい美味かったか…やっぱり俺って料理の天才なんだなあ」ウンウン

桃子「ご、ごめん…」(合掌)


一方、環は。

環「ばぶうう~!!」タタタタタ

???(大柄)「赤子のくせになんとすばしっこい!全然追いつけんぞ!」

???(平ら)「赤ん坊とはいえ、女の子を追いかけるこの瞬間って超ウキウキするよな~!」

???(浮遊)「あなたたち、バカなこと言ってないで早く捕まえなさいよ!」ガンガン

???(小柄)「ポピ!おれに任せな!自慢のスピードで捕まえてやるぜ~!」ビュンッ

環「ばぶ!?」

???(小柄)「止まれ止まれ~!!」


A:止まる
B:そのままダッシュ
>>370
369 : プロちゃん   2021/07/28 18:51:14 ID:JjU/9pW4XE
a
370 : プロデューサーちゃん   2021/07/28 19:09:23 ID:CIEdMr8Z/.
A
371 : 1   2021/07/28 21:02:20 ID:ojMJ7YyTlM
環「…」ピタッ

???(小柄)「って急に止まっちゃだめえええええ!!」ビュンッ

???(平ら)「あらら…車は急に止まれない、ってね」

???(浮遊)「いや、あの子は車じゃないけどね…」ドヨーン

???(大柄)「あやつ、前方の扉に突進していったぞ!」

環「ばぶううう!!」タタタタタ


ドオンゥ!!

ジャイアン「なんだなんだ!?」

全員が音の方を向く。
扉が勢いよく開かれ、空中にローブ姿の小さいのが宙を舞っていた。
その後それは落下し、階段をゴロゴロと痛々しく転がってくる。

???(小柄)「」ピクピク

奈緒「なんやろこれ?」

奈緒はステージから降りて、落ちてきた謎の物体のローブをはぎ取った。
そこにあったのは青と灰色のボディー、胸の辺りに『1』と書かれたロボットだった。

奈緒「何でこんなところにロボットが?」

???(大柄)「ふふふ、まさかこんなところにおられるとは…見つけましたぞ桃子様」

桃子「!?」

のり子「また変なのが…今度は三人も!」

ジャイアン「おい起きろ、ドラえもん!」

ドラえもん「むにゃむにゃ…どら焼きおかわり…」

ジャイアン「言ってる場合か!」ポカッ

ドラえもん「いたた……ってなんだあいつら!?」

奈緒「敵さんのお出ましみたいや…」
372 : 1   2021/07/28 21:03:02 ID:ojMJ7YyTlM
環「ばぶううう!!」タタタタタ

のり子「環!無事だったんだね、良かった!」

のり子は階段をハイハイで降りてくる環を抱っこする。

ロボット「いてて…ピポ」

???(平ら)「ロボットちゃ~ん、超だっせぇ~!ウケる~!」

ロボット「うるさいうるさい!」プンプン

ドラえもん「君たち一体何者なんだ!?」

???(大柄)「しいて言うならこの765プロ劇場に恨みを持つ物…と言っておこうか」

ドラえもん「恨みを持つ…物?」

???(大柄)「見せてやろう!余たちの姿を!そして思い出すがいい!貴様らの罪を!!」

残りの三人が一斉にローブを脱ぐ。

???(大柄)「余は『アイドル雪まつり』ガシャで徳川まつりに作られた『雪将軍』!」

???(平ら)「オレは『甘ふわ♪ショコラハウス』イベントで所恵美ちゃんと共演した『GBM(ジンジャーブレッドマン)』!」

???(浮遊)「そして私は…」

のり子「縄文…土器?」

???(浮遊)「ってちがーう!『極めよ!アイドル道』イベントで宮尾美也に作られた…『やかん』よ!」

奈緒「ええ…」ガビーン

ロボット「そしておれが『サイエンスデート』ガシャで大神環ちゃんとサッカーで勝負した『ロボット』だ!」ビシッ

四天王「「「「我らロボ子様直属のしもべ!その名も四天王!!」」」」

雪将軍「そして余がリーダーだ!」
GBM「そしてオレがリーダーだぜ!」
やかん「そして私がリーダーよ!」
ロボット「そしておれがリーダーだ!」

373 : 1   2021/07/28 21:05:05 ID:ojMJ7YyTlM
雪将軍「ってちょっと待てえい!!この場合、余がリーダーであろう!」

やかん「なんでそうなるのよ?」

雪将軍「余はあの伝説の『ミリオンアドベンチャー』にセリフ付きで登場したのだ!つまり知名度的な意味ではお主たちより圧倒的に上!よって余がリーダーに相応しい!」ドヤッ

GBM「オイオイ雪将軍ちゃん、ちょい待ちよ?オレはあの所恵美ちゃんから『カワイイ』と言われた男だぜ?つまりアイドルたちから超絶モテてるオレこそがリーダーだろ?」ドヤッ

やかん「何言ってんの!あんたたちおバカさんをまとめ上げられる私こそがリーダーに決まってるじゃない!」フンッ

ロボット「おれは――」

雪将軍「あくまで譲らないつもりか…!」

やかん「譲るものですか!」

ロボット「ってナチュラルにおれを無視すなー!!」ガビーン

GBM「…考えてみたらよぉ、オレたち同じ目的のために手を組んだ同志じゃん?なのにオレたちがこんなところで争うのってなんか違くね?」

雪将軍「うむ…お主の言う通りかもしれんな」

ロボット「そうだ…!リーダーなんて必要ない!」

やかん「だって私たち――」

四天王「「「「仲間だもんげ!!」」」」

GBM「ウエエエエエエエエエエエイ!!」ワイワイ

ロボット「FOOOOOOOOOOOOO!!」ワイワイ


ドラえもん「…なんだろうあれ」ドヨーン

奈緒「四天王言うからどんなおっかない連中かと思ったら…ただの大ボケ芸人集団やん…」ドヨーン

桃子「…桃子でも勝てそうな気がしてきたよ」ドヨーン
374 : 1   2021/07/28 21:05:22 ID:ojMJ7YyTlM
多数決。多い方を採用。
A:先制攻撃を仕掛ける(四天王の好感度が3さがった)
B:とりあえず話を聞いてやろう(四天王の好感度が5あがった)
>>377

※これから先、何回か好感度が変動する安価が出ます。
好感度15以上になると、今後の展開で桃子側に何かいい事がある…かも?

現在の好感度:5
375 : 1   2021/07/28 21:06:04 ID:ojMJ7YyTlM
安価ミス
>>376~378
376 : 我が下僕   2021/07/28 21:07:47 ID:CIEdMr8Z/.
B意外と話せば丸め込まれてくれるかもしれない
377 : 我が友   2021/07/28 21:09:01 ID:i8dICy5aQQ
A
378 : Pさん   2021/07/28 21:41:30 ID:IoD/ssCv1o
慈悲無し
379 : プロデューサーくん   2021/07/28 21:42:59 ID:IoD/ssCv1o
>>378
あ、多数決か。すまんBで。
380 : 1   2021/07/29 00:31:30 ID:KSi0Q4ymdE
Bルート。好感度:10。


のり子「そういえばさっき罪がどうとか言ってたけどどういうこと?」

奈緒「せ、せや!私ら全然心当たりないんやけど?」

雪将軍「…聞くが貴様らは今日まで我らのことを覚えていた者がおるか?」

奈緒「いや…正直言うとあんまり…」

やかん「そうよね。私たちはそれほどまでに永い時間、あのくらい倉庫の中に閉じ込められていた。みんなの記憶からなくなるくらいにね…」

雪将軍「我らの存在を忘れた貴様ら765プロが憎い…!……もう一度返り咲きたい!あの輝かしい表舞台に!」ギリッ

桃子「そう、だったんだね…あなたたちも辛かったんだ…」

雪将軍「なのにアオノリだのでんでんむすくんだの茜ちゃん人形だのと!挙句の果てにチュパカブラ!!あのぽっと出のルーキーめ、イメージソングまで作ってもらいおって!!悔しいのじゃ悔しいのじゃ~!!余もライブで頭を鷲摑みにされたいんじゃ~!!」ジタバタ

桃子(ええーっ…!)ドヨーン

のり子「さっきまでの深刻な雰囲気はどこに…」ドヨーン

雪将軍「そんでもってCD化したいのじゃ~!だから貴様らを殲滅し、余たちでアイドルユニットを作って曲を作ってもらうんじゃ~い!!」ジタバタ

奈緒「アイドルユニットォ!?」ガビーン

ドラえもん「やめろ!そんなもの誰が得をするんだ!」

やかん「ロボ子様はこの無念を晴らす機会を、私たちに与えてくださった!」

ロボット「そして生命を与えてくれたのだ!」

GBM「…」
381 : 1   2021/07/29 00:32:08 ID:KSi0Q4ymdE
ドラえもん「…そうか、『生命のねじ』を使ったんだな!」

ジャイアン「確かおもちゃが生きて動けるようになる道具だろ?けどあいつら普通に人の言葉をしゃべってるぜ?」

ドラえもん「ピーブたちの時と同じさ。落雷のエネルギーにあてられて知恵をつけたんだ」

やかん「とまあ、私たちの事情は説明したわけだけど…それとは別に桃子様をロボ子様の元に連れて行くという目的もあるのよ」

桃子「…悪いけど、桃子はみんなのそばがいい」

雪将軍「中谷育は我らの手中にある、と言ってもですかな?」

桃子「え!?」

GBM「桃子様がオレたちの言うことを聞かねえのは想定済み。だから言うことを聞く“理由”を作ってやったってわけ☆」

やかん「友達想いの桃子様は中谷育を絶対に見捨てない…そうでしょう?」

ジャイアン「ロボ子のやつ、そのために育を…!」

奈緒「ただの大ボケ集団だと思っとったけど、やっぱりこいつら悪党やん…!」

桃子「桃子のせいで…育が危険な目に…!」

のり子「…一応言っておくけど、あいつらについていく必要なんてないよ」ポンッ

桃子「のり子さん」

のり子「あいつらを倒して、育の居場所を吐かせちゃおうよ!そうすれば桃子はずっとアタシたちのそばにいられるしね!」ニコッ

桃子「…うん、ありがと」

雪将軍「フハハハ!戦、大いに結構!お前たちを負かすことで我らの復讐は遂げられるのだからな!」

ドラえもん「そんなことはさせないぞ!」

雪将軍「面白い…ならば貴様から始末してくれようぞ!!」


A:福田のり子!
B:タヌキ!
>>384
382 : プロデューサーさん   2021/07/29 00:34:29 ID:RPpAZeeifE
B

マスコット枠は潰さないとね
383 : 仕掛け人さま   2021/07/29 00:37:39 ID:i2JFM.t...
B

てか青タヌキってポケットなくね?
384 : 高木の所の飼い犬君   2021/07/29 00:48:18 ID:JII/iNzhHw
B
385 : プロデューサーくん   2021/07/29 06:56:37 ID:wUWdorKIhE
>>383
ジャイアンがタヌキマグナムをするんじゃない?
386 : 1   2021/07/29 18:25:07 ID:KSi0Q4ymdE
ドラえもん「僕はタヌキじゃない!ネコ型ロボット!!」プンプン

雪将軍「我が剣技の餌食となるがいい!!」ビュンッ

ドラえもん「待って、話し合いをしよう!」

雪将軍「問答無用!!」

環「ばぶ~!」ヒョイッ

環は劇場の魂から預かっていた四次元ポケットをドラえもんへと投げる

ドラえもん「四次元ポケット!環ちゃんが取り返してくれたのか!」

雪将軍「遅いわ!!」

のり子「あっちの攻撃の方が早い!」

雪将軍「勝った!!」

ボキッ!!

雪将軍「!!!!?????」

GBM「刀が折れた!!」

やかん「氷でできているとはいえ、そんな簡単に折れるはずが…」

ジャイアン「甘いぜお前ら!ドラえもんはひみつ道具が使えなくたって、最終兵器『石頭』があるんだよ!!」

ドラえもん「じゃあ今度はこっちの番だね!」

雪将軍「待てタヌキ!話し合いをしよう!!」アタフタ

ドラえもん「だから僕はタヌキじゃなあああああああい!!」

雪将軍「ほげえええええええ!!」ゴロゴロ

ドラえもんの頭突きが雪将軍にクリティカルヒット!
雪将軍の氷の体が砕け、頭だけとなって吹き飛んでいく!

ロボット「ゆ、雪将軍んんんんん!!」ガビーン

GBM「かませっぽいとは思ってたんだよな…」

やかん「アホ」

奈緒「やるやん、ドラえもん!」

桃子「ちょっと見直したよ」

ドラえもん「ふんす!」ムキッ

雪将軍「おのれ…」ゴロッ

桃子「うわっ、しゃべった!」

雪将軍「お前たち、あちまれェ!!」

四天王の三人はドラえもんたちから距離をとり、雪将軍を囲むように円陣を組む。
387 : 1   2021/07/29 18:25:33 ID:KSi0Q4ymdE
雪将軍「先の戦で分かったことがある……まともに戦っては余たちに勝ち目はないっ!!」ドンッ

やかん「凄んで言うことじゃないでしょう…」ドヨーン

GBM「オイオイ、オレは白旗上げるのは御免だぜ!」

雪将軍「話を最後まで聞け。余に名案がある」

ごにょごにょ…

ロボット「なるほど、それなら行けるかも」

やかん「悪くないわね」

GBM「異論はねーぜ」

雪将軍「ククク、決まりだな…」

奈緒「なんか気持ち悪い笑み浮かべながらこっちに近づいて来とるな」

ジャイアン「何企んでんだ…?」

雪将軍「貴様たち、ここは平和的な方法で決着をつけないか?」

ドラえもん「…と言うと?」

雪将軍「お互いの陣営から一人を選び、一対一で勝負をするのだ。勝負内容は先ほどの戦いではなく、ゲームやスポーツなどといった平和的なものだ。ルールは一戦ごとに交互に出していき、先に三勝した方が勝ち。負けた陣営は勝った陣営の言うことを聞く、どうだ?平和的であろう?」

桃子「…何だか怪しいよ。何か裏があるんじゃないかな?」

奈緒「私もそう思うわ~」

ジャイアン「俺は別にあいつらの話に乗ってもいいぜ」

のり子「アタシも乗ってもいいと思う」

桃子「ドラえもんはどう思う?」


多数決。多い方を採用。
A:提案に乗る(四天王の好感度が3あがった)
B:提案に乗らない(四天王の好感度が5さがった)
>>388~390

現在の好感度:10
388 : 3流プロデューサー   2021/07/29 18:29:12 ID:wUWdorKIhE
B
389 : 3流プロデューサー   2021/07/29 18:34:21 ID:izBwN7/BjA
a
390 : プロデューサーくん   2021/07/29 19:31:09 ID:GY9MHZsZzk
A
391 : 1   2021/07/29 23:16:59 ID:KSi0Q4ymdE
Aルート。好感度:13

ドラえもん「分かった、その提案に乗ろう!」

雪将軍「そう来なくてはな!」ニヤッ

やかん「くすくす」
GBM「へへへ…」
ロボット「ふふふ」

雪将軍「それでは、四天王vs765プロ“アイドル”の試合開始だ!」

ジャイアン「ん?アイドル?おい、それだと俺らはどうなるんだ?」

やかん「さっき言ったでしょう?私たちが恨みがあるのは765プロのアイドルよ。だったら彼女たちが相手してくれないとね」ニヤニヤ

ロボット「まさか今更嫌だとは言わないよなあ?」ニヤニヤ

ジャイアン「何だとふざけんな!」

ドラえもん「そうだそうだ!それに765プロとは言ってたけどアイドルとは言ってなかったぞ!」

やかん「言ってない証拠でもあるのかしら?」

ドラえもん「ぐぬぬ…」

桃子「…いいよ、それで」

ドラえもん「桃子ちゃん!」

桃子「…遊園地ではみんなに助けてもらったから、今度は桃子がみんなの役に立つ番!そして絶対に育を助けるんだから!!」

やかん「流石は桃子様。そうこなくては」

ドラえもん「とは言っても、こっちには桃子ちゃんと奈緒ちゃん、のり子さんに……」チラッ

環「ばぶ~♪」ブイッ

奈緒「これ、私らで三勝するしかないやん」

のり子「それしかないよね…」


春香「だったら私も参加するよ!!」ドンッ


突如ステージがせり上がり、春香が現れた。

ドラえもん「春香ちゃん!」

雪将軍「あ奴は天海春香…!」ザワ

やかん「何でこんなところにあの大物が…!」ザワ

ロボット「あの天海春香!?」ザワ

GBM「あの春香ちゃん!」ザワ

春香「四天王さん、それで文句ないよね?」ニコッ

雪将軍「…よかろう!」


一戦目は誰で行く?
A:桃子
B:春香
C:奈緒
D:のり子
>>394
392 : Pちゃま   2021/07/29 23:18:24 ID:i2JFM.t...
のヮの<行け、後輩 (訳:A)
393 : お兄ちゃん   2021/07/29 23:20:55 ID:SQ2O4.7VVs
のーりーこ!のーりーこ!!
394 : 監督   2021/07/29 23:20:56 ID:wUWdorKIhE
Bさあ、閣下の凱旋だ!
395 : 1   2021/07/30 22:55:03 ID:DEEdh5F2lQ
春香「私が行くね」

ジャイアン「おう、任せたぜ!」

雪将軍「天海春香か…、ならばリーダーである余の出番だな!」

ロボット「勝手にリーダーになるなーっ!」ガビーン

雪将軍「やかん、余の体を修復するのだ!」

やかん「はいはい…」スッ

GBM「ちょい待ち!ここはオレに任せちゃくれねえか?」

雪将軍「勝算はあるのか?」

GBM「オレが女の子から大人気のモテモテ超絶イケメンクッキーだから…理由はそれだけで十分だろう?」キリッ

やかん「不十分よ…」ドヨーン


ドラえもん「相手はあの変なクッキーおばけだ」

桃子「頑張って春香さん!」

春香「任せておいて!」

GBM「あの有名な天海春香ちゃんとお話しできるなんて夢のようだ、よろしくね」キラーン☆

春香「はい、よろしくお願いします!」

そして、お互い握手を交わす


多数決。多い方を採用。
A:GBMの手を握りつぶす(四天王の好感度が3さがった)
B:「あなたってかっこいいですよね!手加減してくれると嬉しいな~♪」(四天王の好感度が5あがった)
>>396~398
396 : お兄ちゃん   2021/07/30 23:15:22 ID:E7OcaHsxzU
A
ヴァイ!(砕く音)
397 : Pたん   2021/07/30 23:17:42 ID:9LePnPV/so
のヮの<か弱いアイドルですよ!か弱いアイドル!!(グシャァァァン(A
398 : そなた   2021/07/30 23:27:48 ID:agC1S/daJM
B敢えて
399 :   2021/07/30 23:37:57 ID:stgv7TEW9M
春香はお菓子作ってるからな、弱点はお見通しだ
400 : 1   2021/07/31 22:21:52 ID:qDXAVzqs.w
好感度:10

春香「ヴぁい!!」グチャァ

GBM「ぎゃああ!!」

ロボット「GBMんんんんん!!」ガビーン

ジャイアン「いいぞ春香!」

のり子「格闘技見てるみたいでワクワクしてきたよ!」

春香「ごめんなさい、“手加減”したつもりだったんだけど」

GBM「い、いや…いいんだ。オレの体って見ての通り脆いからさ、ははは…」

春香「そっか、よかったあ」ニヤァ

ドラえもん「お、おそろしい…」ブルブル

雪将軍「あんなに簡単に砕けるとは、軟弱者め」

やかん「GBMもあんたにだけは言われたくないと思うわ…」ジー

GBM「…その代わり、一戦目のルールはこっちで決めさせてもらうぜ」

春香「うん、別にいいけど」
401 : 1   2021/07/31 22:22:15 ID:qDXAVzqs.w
GBM「いよおおしっ!だったら今回の勝負は『王様ゲーム』だあああああ!!」

春香「ええ!?」

GBM「お互いにくじを引いて、辺りを引いたやつが王様!王様は負けたやつに一回命令できる!勝敗の決定はそうだな…命令をきかない、または実行できなかった方が負けってことでどうよ?」

ドラえもん「なんてやつだ!」

桃子「あなた最低だよ」

やかん「ここまで欲望に忠実なやつだったなんて、引くわ」

雪将軍「助平め」

GBM「はーはははは!なんとでも言えやあ!俺はこの瞬間を待ってんだ!かわい子ちゃんを合法的に好き勝手出来るこの瞬間をなあ!!」

桃子「春香さん、こんなエッチな人の言うことなんて聞く必要ないよ!ここは負けでいいから」

春香「…心配いらないよ、桃子ちゃん」ニコッ

GBM「それはつまり勝負を受けるってことでいいんだよな?」

春香「もちろん……まあ、ようは“当たりを引けば”いいわけだし…ね、ふふっ」


更に安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
偶数→春香の勝ち。このルートに確定の場合、後で別に命令する内容も安価取ります。
奇数→GBMの勝ち。
>>402~406
402 : P様   2021/07/31 22:24:08 ID:mekHjOnrvU
かっかー!
403 : der変態   2021/07/31 22:29:46 ID:64XBJtdZj.
工作は禁止ですぜ?
404 : 魔法使いさん   2021/07/31 22:42:08 ID:qr6kjURoaQ
完全にヒールの春香さん
405 : 貴殿   2021/08/01 12:58:40 ID:6MXl14R0qY
やっちまえ!
406 : プロデューサー   2021/08/01 13:07:43 ID:9FgpAAeYNE
ほい
407 : 彦デューサー   2021/08/01 23:23:28 ID:aKXaZRKxfQ
あーあ……
408 : 1   2021/08/02 00:00:54 ID:zNtv3F9dqc
8+46+8+40+43=145
奇数ルート

春香「外れ!?」ガーン

奈緒「あれだけ意味深な雰囲気だしといてこのオチかーい!」ガビーン

春香「いや~、強キャラ感出しておけば行けると思って…えへへ♪」

桃子「のんきなこと言ってる場合じゃないでしょ!このままじゃ変な命令されちゃうかもしれないのに!」

GBM「変とは失礼だぜ!オレはいついかなる時も真面目さ☆……さあ、オレに抱きつけ!これは命令だぜ!!」

春香「!?」

桃子「全然真面目じゃないよ!」ガビーン

ドラえもん「なんてやつだ、実にけしからん!」

ジャイアン「俺の事務所のアイドルを困らせやがって、許さねえ!」

GBM「何とでも言いやがれ!オレの真の目的を果たす第一歩を邪魔すんじゃねーぜ!」

ドラえもん「君たちの目的はアイドルデビューとかCD化とかそんな感じじゃないか。それと今のセクハラが何の関係があるんだ!」

GBM「それはあの三人が勝手に言ってることだろ。オレはそんなもんに興味はねえ!」

雪将軍「貴様どういうことだ、聞き捨てならんぞ!」

やかん「…まさか私たちを裏切るつもり?」

ロボット「ええ!?本当かよGBM!おれたち仲間じゃなかったのかよ!?」ガーン

GBM「落ち着けって。別にお前らを裏切るつもりはねえ。ただオレの目的はお前らとは別にあるってだけのことよ」

桃子「その目的って何なの?」

GBM「良い質問だ!オレの目的…それは『765プロのアイドル全員でオレのハーレムを作る』ことだ!」

奈緒「…」ドヨーン
のり子「…」ドヨーン
環「?」

春香「…」

桃子「…うわぁ」ドヨーン

ドラえもん「夢は寝てみるものだぞ」

GBM「どういう意味だ!?」ガビーン
409 : 1   2021/08/02 00:01:38 ID:zNtv3F9dqc
桃子「悪いけど、桃子の趣味じゃないよ」
奈緒「私もや」
のり子「アタシも」
環「ばぶばぶ」

GBM「うっ!言葉のフォーク突き刺さるぜ……けど、今の内にオレのハーレムに加わった方がいいぜ、どうせすぐにあんたら消されるんだからな」

奈緒「はあ!?どういうことやそれ!?」

GBM「ロボ子様はな、桃子様以外の全人類を滅ぼそうとしてんだよ!その先駆けとして犠牲になるのがあんたら765プロのアイドルって事!」

ジャイアン「なんだって!?」

ドラえもん「初めて聞いたぞ!」

桃子「ロボ子が…みんなを滅ぼす…嘘だよ…」

GBM「やっぱり知らなかったのか。だったらわかんだろ?あんたらの未来はオレたちに握られたも同然なんだよ。どうせロボ子様には勝てやしねえ!何せあの人には――」

やかん「おしゃべりが過ぎるわよ、少しは口を閉じなさい」

GBM「おっと…そうだったな、これ以上口を滑らしたらオレがやべえ…!」

雪将軍「そうだ、ロボ子様に『奥の手』があることは他言無用だ!」

ロボット「あの恐ろしい『兵器』のことは言っちゃいけないんだぞー!」

やかん「あんたたちわざとやってるの!?」ガビーン

GBM「とにかくだ!今の内にオレの女になればロボ子様に口添えしてやってもいいぜ!ハハハハ!!」

春香「…そっか、分かったよ」

桃子「春香さん!?」
ドラえもん「春香ちゃん!」

GBM「分かってくれて嬉しいぜ。まあルール上、出来ないのならその時点でこのゲームはオレの勝ちになっちまうからな。従わざるを得ないよなあ?」ニヤァ

春香「私の答えは――」


A:抱きつく(四天王の好感度が5あがった)
B:抱きつかない(四天王の好感度が5さがった)
>>412
410 : Pーさん   2021/08/02 00:03:17 ID:rs9utXg8b.
B
411 : 番長さん   2021/08/02 00:18:45 ID:jfV5tlOzIA
B
412 : ぷろでゅーしゃー   2021/08/02 00:34:54 ID:FEfUPBGrWo
B風穴開けるくらいのパンチをかましたれ
413 : 1   2021/08/02 22:47:20 ID:zNtv3F9dqc
好感度:5

春香「…みんな、ごめん」

奈緒「全然問題あらへん!」
のり子「思いっきりやっちゃいなよ!」
桃子「後は桃子たちに任せて!」

GBM「え…おい、何だこの流れ…?」

春香「懐かしいなあ。前にテイルズとコラボした時のことを思い出すよ」

春香はオーバーブレイブを発動。全身に謎のオーラを纏った。

春香「これが私の秘奥義…!」ゴゴゴゴゴ

桃子「お願い、勝って!」
ジャイアン「やっちまえええええ!」
ドラえもん「いけえええええええ!!」

GBM「外野ァァァ!最終決戦みたいな盛り上がり方してんじゃねーっ!」ガビーン

やかん「天海春香が本気を出した以上、もう勝ち目はないわね」
雪将軍「その最期、見届けてやろう」
ロボット「忘れないよ、お前のことは…」

GBM「敗けムード出してないで、しっかりオレを応援して!?」ガビーン

春香「ら~♬ら~♬ら~♬ら~♬ら~♬」

GBM「ぎゃああああああああああ!!」ドゴオッ

春香の歌声攻撃がクリティカルヒット!
GBMの体はバラバラになり、砕けた部分は山のように積み上がっていった。

GBMだったもの「」

春香「勝利ですよ、勝利!」ブイッ

しかし、ルール上では命令に従わなかった春香の負け。
よって、四天王チームが一勝を収めたのだった。

雪将軍「GBM…お前のことは今日寝るまでは覚えておいてやろう…安らかに眠れ」

GBMだったもの「いや、生きてるから!」

ドラえもん「うわ、しゃべった!」

桃子「あれで生きてるんだ」

GBMだったもの「酷い目にあったぜ…体も修復するのに時間かかるし、参ったぜ…」

ロボット「今度はおれが行く!さあ、どいつが相手だ!どんな勝負でも受けて立つぜ!!」メラメラ


次の勝負内容
>>416

二戦目は誰?
A:桃子
B:奈緒
C:のり子
>>419
414 : 変態インザカントリー   2021/08/02 22:51:00 ID:rs9utXg8b.
カラオケ対決(曲:Fermata in Rapsodia)

C
415 : ご主人様   2021/08/02 22:51:02 ID:FEfUPBGrWo
Bアオノリが懐いてるし
416 : プロデューサーちゃん   2021/08/02 23:33:07 ID:4YvMrUWJTY
ペナルティキック5本
417 : Pサマ   2021/08/02 23:46:36 ID:fZawqmbwh6
サッカーなら奈緒やな!
418 : レジェンド変態   2021/08/03 00:21:30 ID:WORboS825g
B
奈緒ちゃんで!!
419 : お兄ちゃん   2021/08/03 00:25:44 ID:lQyQ7OCtdU
B
420 : 1   2021/08/03 19:46:31 ID:AiKVYrRLNg
奈緒「よっしゃ!私の出番やな!勝負方法はペナルティキック…PK5本勝負や!」

ロボット「へえ…いいぜ!」

ドラえもん「頑張れ、奈緒ちゃん!」

奈緒「任しとき!」ビシッ

桃子「でもあのロボットもサッカー得意なんだよね?大丈夫なのかな」

ロボット「その通り。わざわざおれの得意分野で勝負を仕掛けてくるなんて、よっぽど自信があるんだな!」

奈緒「ふっふっふ、まあな~」ニヤニヤ

ロボット「?」

奈緒「そんじゃ先行は私からいくでー!」

ロボット「どこからでもかかってこい!全部受けて止めてやるぜ!!」メラメラ

奈緒「…そういえばさっき、私の自信がどうとか言うてたな。教えたるわ、その秘密…」

やかん(このタイミングで?まさか揺さぶりをかけるつもりなの?)

ロボット「いったいどんな秘密が…」

奈緒「何を隠そう、私のアニキはプロサッカー選手なんやー!!」ドヤァ

やかん「って何を言うかと思えば!それあなた自身には関係ないじゃない!」

雪将軍「なん…だと…」ガタガタ
GBMだったもの「やべえよ…やべえよ…」ブルブル

ロボット「そ、そんな強敵がおれの相手だったなんて…か、勝てるのかおれは…」ガックシ

やかん「ほんと馬鹿ばっかりね!!」ガビーン

勝手に意気消沈する四天王チームであった。

奈緒「今や!!」バシュッ

思いっきり蹴り飛ばしたボールがゴールにシュート!
あっという間に先制点を獲得した!

桃子「やった!」

ジャイアン「流石うちの事務所のアイドルだぜ!」

ドラえもん「ずるいけど勝ちは勝ちだ!」

ロボット「流石プロサッカー選手の妹だ…勝てっこないじゃないか…」ドヨーン

奈緒「さあ次はあんたのターンや!」


秒数が…
奇数→シュート成功
偶数→シュート失敗
>>422
421 : プロデューサー   2021/08/03 19:59:01 ID:anp/UxHdgQ
ほい
422 : P殿   2021/08/03 20:00:00 ID:aXZ98nRL5o
はーい
423 : 我が友   2021/08/03 20:15:10 ID:lQyQ7OCtdU
んほ
424 : 1   2021/08/03 22:54:38 ID:AiKVYrRLNg
ロボット「頼む、入れ…!」バシュッ

ジャイアン「おいおい、何だあのへなちょこ玉は?」ニヤニヤ

春香「これは相当効いてますね」

奈緒「えいっ!」バシッ

ロボット「は、はじかれた…!」ガーン

奈緒「よっしゃ!1点リードや!!」

ロボット「くっ…くそお…、おれはやっぱりダメなのか…プロサッカー選手の妹には勝てないのか…」

やかん「いい加減にしなさい!!」

ロボット「やかんんんん!おれもう無理だよ!だってあいつプロサッカー選手の妹なんだぜ!」オイルドバー

やかん「あのね、プロ選手なのはあの子のお兄さんであって、あの子自身じゃないでしょ?」

ロボット「……あ、ああああ!!そうだよ!そうじゃん!!」

奈緒「って今頃気づいたんかーい!!」ビシッ

ロボット「よくもそんなこうみょーな嘘でおれを騙してくれたな!!」

奈緒「いや、ちょっとしたジョークで言ったんやけど…むしろいつツッコミ入るかわくわくしてたくらいや」

ロボット「許せないぞ……そうと分かればもう怖いものなんてない!」

のり子「あの子の空気、変わったね」

春香「この試合、荒れるかもしれないね」

奈緒「いうて私がリードしてるんや!このまま引き離したる!!」

ロボット「勝負だ奈緒ちゃん!!おれの本気でお前を倒すぜ!!」メラメラ


安価内の書き込みの「秒数の合計値」によって結果が以下の通りに
一桁目が偶数→A:奈緒のシュートが入る
一桁目が奇数→B:奈緒のシュートは入らない

二桁目が偶数→C:ロボットのシュートが入る
二桁目が奇数→D:ロボットのシュートは入らない


合計値98の場合:一桁目が「8」なのでA、二桁目が「9」なのでD
合計値123の場合:一桁目が「3」なのでB、二桁目が「2」なのでC、三桁目は無視します。

>>425~429
425 : 魔法使いさん   2021/08/03 22:57:22 ID:ONNfK82bZQ
めちゃやむ。
426 : そなた   2021/08/03 23:03:55 ID:lQyQ7OCtdU
魚雷
427 : der変態   2021/08/03 23:10:02 ID:nCcOODZbcQ
はい
428 : おやぶん   2021/08/03 23:55:30 ID:GVTXhvl21s
5本は多かったかな?
429 : ハニー   2021/08/04 00:08:01 ID:k8JgWz4Cq6
とりゃ
名前 (空白でランダム表示)
画像 (JPEG/PNG/GIF) ※最大サイズ: 8MB
画像は5日で自動削除する
コメント スレをTOPへ (age)

※コメントは15行まで
※画像などのアップロードの近道 : http://imgur.com/
※コメント書き込みの前に利用規約をご確認下さい。

- WebPatio -